草木染 め やり方。 旬の「玉ねぎ」を使った草木染めのやり方。自然と共にある暮らしを始めよう。

草木染め10:インド茜(みょうばん媒染)

草木染 め やり方

アカネは古来から染料であったばかりでなく、優秀な生薬で、婦人科系のトラブルによく用いられたそうです。 利尿、止血、月経不順、神経痛などに効能があるそう。 とっても優秀な植物なんですね。 インド茜の根を乾燥させたチップを煮出して染めます。 染料店で購入することが可能です。 少量でも濃い赤が出せるので、茜染めの日は楽しい1日になります。 【材料】ストール生地2枚 インド茜200g 焼きミョウバン 水 ゴミや砂が付いていることがあるので、インド茜を水で洗ってから煮出します。 インド茜200gに水を3リットル注ぎ、約30分煮出します。 茜は100度で煮出すと色素が破壊されてしまうので、沸騰しないように煮出した方がいいそう。 布で濾して、ひとまずたらいへ移す。 2番と3番液は、煮出す時に少量のお酢を入れて煮出します。 布の重量の3%の焼きミョウバンを少量の熱湯で溶かし、水を注いで媒染液を作ります。 濃染処理したストールを媒染液に浸します。 みょうばん媒染は、先媒染が基本だそうです。 30分くらい浸してから布を絞って、1〜3番液を合わせた染液の中にストールを広げて入れます。 染めムラをつけたくない場合は、最初は大きなたらいの中で30分ほどゆらゆら動かしながら染め、その後に鍋に移して煮染めします。 温度を上げながら染めると染料がしっかり布に定着します。 30分煮染めしたら、もう一度媒染液に30分ほど浸します。 この時も時々ストールを動かします。 自然の材料からいただいた色は美しい。

次の

絞り染めの簡単なやり方や方法!藍染の模様の種類や絞り方・縫い方とは?

草木染 め やり方

天然の植物に含まれる色素を染料に用いて布などを染める 草木染が、大人の女性を中心にじわじわと人気を集めていることをご存知ですか。 草木染とは、染料家の山崎斌氏によって昭和時代の初めごろに命名された染色方法のことであり、地球上に存在するほぼ全ての植物が染料として用いることができると言われています。 特に日本は温暖多雨で四季の変化に富むことから、植物の種類が豊富であり、染色と染織に関する文化の発達が著しかったこともあり、草木染も発展したのではないかとされています。 草木染の材料となる植物には、特にこれといった決まりがありませんので、道端に生えている名も知らない草花やお庭で育てているハーブ、シンボルツリーとして植えた果樹など、何を使ってもキレイに染めることができます。 また、調理中に出る玉ねぎやナス、果物の果皮、小豆や黒豆などの煮汁、インスタントコーヒーや紅茶のティーバッグなども草木染の材料として用いることができます。 なかでも特に20代から30代の女性を中心に人気の素材が 「ビワの葉」です。 ビワの葉を用いて草木染を行うと、真っ白なTシャツも可愛らしい鮮やかなピンク色へと変化し、化学染料では引き出すことのできないフェミニンな雰囲気を演出できるようになります。 ですが、ビワの葉で草木染をするためには、いろいろと準備が必要だったり、染めたい布製品の素材によって染め方も変わってきます。 お家でビワ染めを行う手順 ビワの葉を用意する。 ビワ染めを始める前に材料となるビワの葉がたくさん必要になります。 使用する葉の量は、生葉ならば糸の重さに同量から3倍、乾燥葉ならば、糸の重さの半量から同量となります。 より濃いピンク色に染めたい場合は、使用する葉の量を増やし、淡いピンク色にしたい場合は葉の量を減らしてください。 ビワの葉を細かく刻みましょう。 葉を細かく刻んでおくと 煮出した際にビワの葉から色素が出やすくなります。 材料を煮出しましょう。 銅のお鍋を用意し、糸の重さのおよそ30倍となる水と先ほど刻んだビワの葉を入れて、水から煮出してゆきます。 沸騰してから20分ほど煮たら、バケツにざるを置いて染料を濾してください。 このとき非常に熱くなっていますので ヤケドに注意しましょう。 材料の植物によっては、2回、3回と煮出すことができますので、 濃いめの染液を作りたい場合は何度も煮出すことをオススメします。 染液を冷まして、糸に合った染め方で染めてゆきます。 ウール素材の場合 1、銅のお鍋に糸の重さの20倍から30倍のぬるま湯を入れ、糸の重さの5%にあたる焼きミョウバンを入れて溶かして「媒染液」を作ります。 2、 精練 ソーピング 済みの糸を媒染液へ入れましょう。 ムラの無いキレイなビワ染めを完成させるためには、気泡が出来ないようにゆっくりとかき混ぜて、全体にまんべんなく媒染液が浸るようにするのがポイントです。 3、 媒染後、糸をぬるま湯で洗って軽く絞りましょう。 また、ウール素材は熱に弱い性質を持っていますので、 糸をこまめに動かさないように時々かき混ぜる程度に留めましょう。 5、 染色後、糸から色が出てこなくなるまでぬるま湯でしっかりと洗ってください。 6、洗濯機の脱水コースで糸を脱水したら、 日陰干しにして乾燥させましょう。 2、20分後、糸をぬるま湯で洗って軽く絞ってください。 3、 後媒染します。 4、媒染後、糸をぬるま湯でしっかりと洗って軽く絞ってください。 6、 染色後、糸から色が出てこなくなるまでぬるま湯でしっかりと洗ってください。 ただし、 手順を繰り返した際は必ず染色で終えるようにしてください。 7、 洗濯機の脱水コースでしっかりと水気を抜き取ったら、日陰干しをして乾燥させましょう。 まとめ ビワの葉を使ったビワ染めの作り方についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。 「精練 ソーピング 」や「媒染」など、聞きなれない単語がたくさん出てきて難しそうと感じた方も多いかもしれませんが、精練とは布製品に付着した汚れやゴミをキレイに洗い落として染めムラを無くす作業、媒染は繊維に植物由来の染料を染めやすくするためのものです。 これからビワの葉を用いてビワ染めを始めようとお考えの方は、 草木染に関する知識を事前に身に付けておくと、より鮮やかなピンク色のビワ染めを作ることができるようになりますので、草木染めの専門書や草木染めの体験イベントなどに参加してコツをつかんでおくことをオススメします。

次の

旬の「玉ねぎ」を使った草木染めのやり方。自然と共にある暮らしを始めよう。

草木染 め やり方

草木染めの本の種類 草木染めを扱った本には、複数のタイプがあると思います。 子供向けの本(教育的な要素を含みつつ、身近なもので簡単に染める)• 手芸向け、キッチン染めの本(女性向けで、写真が多くておしゃれな感じ。 ハーブが多用される)• 日本の伝統色を染める、工房系の本(染料店で売ってるような染料中心。 伝統的なやり方で丁寧に染める)• 染料、染色化学の本(染料の特徴や染色の原理が書かれている。 文章が多い) どれを読むかは目的次第です。 カラフルでかわいい感じのキッチン染めの本が手芸コーナーに置いてあるので、私はそこから入りました。 でも、やってみるうちに疑問が増えてきて、手芸本では情報不足なので、草木染め専門の工芸本を読むようになりました。 そして、伝統的な染め方の書籍の場合、原理がはっきりしない感じがモヤモヤしてきたので、これからは染料化学系の書籍を読みたいと思っているところです。 とりあえず読むとよい本 草木染め大全 草木染めに興味を持って、やってみたいけれどやり方がわからないという時に読むべき本は、「草木染め大全」です。 写真も豊富で、草木染めの基本的な方法が詳しく書かれています。 植物・染料の種類が多いので、「この植物は草木染めできるのか?」「どんな色に染まるのか?」と思った時に見ると、たいがい載っています。 内容の範囲も広いです。 豆乳濃染の方法や藍の生葉染め、和紙の染め方、花びら染め、カセ糸の作り方やカセ糸の分け方まで載っています。 分厚い本です。 誰でもできる草木染めレッスン 同じ著者の、内容を軽くした小さめの本もあります。 草木染め大全が重すぎると思ったら、こちらがよいかと思います。 誰でもできる草木染めレッスン(著者:箕輪直子) 染料色見本がグラデーションみたいに一覧で載っていて、染めたい色から使う染料を検討しやすいです。 草木染めしたくなる本 上記の本以外にも、はじめて草木染めをするのに手軽な本はたくさんあります。 女性が好きそうな感じ、おしゃれでかわいい雑貨の写真がきれいで、「染めてみたい!」という気分になれる本です。 楽しんで、ナチュラル染色 子どもも一緒に楽しめる染色の本(著者:松本道子)• 草木染めレッスン帖 材料から染め上がりまで写真でわかる(著者:佐藤麻陽)• キッチン染めを楽しむ12か月(著者:石井せつ子) 幼稚園や小学校向けの草木染め本 かんたん染めもの:児童書 野菜、花、葉っぱ、木の実など身近なもので布を染める方法が書かれた児童書です。 花・木の実・藍・野菜・葉っぱのかんたん染めもの(著者:春田香歩) 小さい子供と一緒に草木染めしたい時、この本の手順でやるとよさそう。 写真入りの手順でわかりやすいです。 豆乳下地の方法、媒染の方法、絞り染めの模様をつける方法も載っています。 2018年11月に発売されたこの本、とても素敵です。 泥染めまで載っていて、ワクワクします。 タンニン下地のやり方がわかる本 草木染の絵本:児童書 タンニン下地のハウツー本が見当たらない中、この子供向けの絵本に、五倍子を使ったタンニン下地のやり方が書いてありました。 草木染の絵本 つくってあそぼう (編集:山崎和樹、イラスト:川上和生) 大人向けの本より解説がしっかりしていて、草木絵の具(顔料)の作り方、天日干しと陰干しのこと、変色した場合の染め直す前の処理方法なども書かれています。 文字も多いし、絵本というより教科書みたいな感じです。 伝統的な染め方の本 昔ながらのきちんと染める方法が知りたくなったら、工房系の本を読むといいと思います。 自然の色を染める 家庭でできる植物染 京都の老舗、染司よしおか工房系の本。 家庭というより、工房で行う作業が書かれていそうな?本格的な本です。 自然の色を染める 家庭でできる植物染(監修:吉岡幸雄、福田伝士) 染料ごとに染色手順が細かく書いてあります。 とても丁寧に染めるやり方です。 4回繰り返し染めるし、布の大きさに対する染料の使用量も多めです。 染めるものも和小物で、伝統的な感じがします。 本格的に染めてみたいと思ったら、大きい寸胴鍋を準備してから、この本の通りに(自己流にアレンジせずに)やってみるのがいいのかもしれません。 大きくて重くて高い本で、読むのに根気がいります。 わら灰や椿灰、木灰の灰汁の作り方や、糸や布の精練方法、型染の糊の作り方、インド更紗の染め方、筒描きの方法も詳しく載っています。 よしおか工房に学ぶ はじめての植物染め こちらも、染司よしおか工房系の本。 基本的な染め方は上記と同じ感じで、若い人向けでかわいい感じになった本。 薄くて読みやすく、文字は小さいです。 よしおか工房に学ぶ はじめての植物染め(監修:吉岡幸雄、染司よしおか工房) 染料の数は上記の本ほど多くはないけれど、一つずつ、写真入りの手順があってわかりやすいです。 かわいい感じの本ではあるものの、ウバイやワラ灰を使って紅花を染めていたり、藍を発酵建てする方法まで載っています。 型染でアルギン酸ソーダを使う方法や、生の渋柿での引き染めの方法、媒染を変えて重ね染めする方法も書かれています。 草木染 日本の縞(新版) 草木染研究の第一人者の山崎青樹さんの本。 シマ模様の織り方と染め方の本なのですが、それぞれの色を糸染めするための分量と手順が書いてあります。 染料別の特徴もざっくり書いてあるので、参考にしています。 草木染 日本の縞 日本に伝わる多彩な縞模様の魅力を知る(著者:山崎青樹) 他の本と違って、写真入りの染色手順がレシピみたいには載っていません。 文字を読む部分が多いです。 草木染 四季の自然を染める(新版) 植物別の染め方や色見本が図鑑のように出ていて、採取の時期や量、染め方のメモが参考になります。 手に取りやすいサイズの本です。 新版 草木染 四季の自然を染める(著者:山崎和樹) かわいい手芸本と少し違うのは、色見本が落ち着いた色である点です。 豆汁下地のやり方が写真入りで詳しく載っています。 伝統色を作るのに何と何を重ねるか一覧になっています。 緑染めの方法がわかる本 草木染 染料植物図鑑 3 こちらも山崎青樹さんの本。 緑染めの方法が書かれている本が見当たらなかったのですが、この本に書いてありました。 草木染 染料植物図鑑 3 草木の色を生かした「緑染」(著者:山崎青樹) 草木染めにつかう植物図鑑シリーズの3冊目。 アマゾンのなか身!検索でも、若葉による緑色の染色方法がわかります。 草木染 型染の色(新版) こちらも山崎青樹さんの本。 型染についての本ですが、こちらにも緑染めの手順が書いてあります。 104ページです。 草木染 型染の色 草花をモチーフにした美しい型染図案と伝統色(著者:山崎青樹) 全部読み切れてませんが、読む部分が結構多くて、勉強になります。 他の本と違って、写真入りの染色手順がレシピみたいには載っていません。 文字を読む部分が多いです。 ウールの染め方がわかる本 ウールは特別な染め方になるので、ウールの染める時はウール染色の本を読むとよいです。 草木染ハンドブック—ウール染めの植物図鑑(著者:山崎和樹)• ウールの植物染色(著者:寺村祐子)• 植物染料による絞り染め(著者:寺村祐子) 寺村祐子さんの本は、ウメノキゴケみたいな地衣類の染め方も出ています。 小さめアクセサリー本 Veritecoの草木染め 草木染めをした布や材料でお花のアクセサリーを作っている、人気作家のヴェリテコさんの本。 色あいが自然の美しい色で、アクセサリーも素敵なので、気分が上がります。 Veritecoの草木染め 春・夏・秋・冬 手づくりのあるくらし(著者:Veriteco) アクセサリーなどの小さい手芸用に布を染める場合は、この本を参考にするのがよいと思います。 草木染めをして、お花のアクセサリーを作る方法がわかります。 2018年3月発売の本です。 染色の原理、仕組みが書いてある本 化学寄りの本は、まだ読み始めたばかりです。 おすすめがあればぜひ教えてください。 天然染料の科学 染色の仕組みについて、かみ砕いて書いてある解説本。 読み物になっているので、読みやすいです。 天然染料の科学 おもしろサイエンス (著者:天然色工房tezomeya 青木正明) 染料の色素名や化学式がきちんと出ています。 藍染の仕組みもわかりやすいです。 2019年3月発売の新しい本。 原理が書かれた本が見当たらなかったので、この本を読んでありがたいと思いました。 天然染料と出会いましょう 天然繊維、色素の種類による染め方の違いや、結合について書いてある本です。 藍染の発酵建て、化学建てのやり方、インド藍の赤紫染めの方法が書いてあります。 アカニシでの貝紫染めについても、ざっくり書いてあります。 本の大半が、染料ごとの簡単な説明と色見本。 アルカリで煮出す方法が多いので、一般的な色あいとは違う感じがします。 特に、目からウロコの草木染技法という特集連載が興味深いです。 例えば、「木綿・麻は糊抜き精練しない方が良く染まる」など、バックナンバーを読んでみたいテーマがたくさんあります。 草木染めが出てくる小説 からくりからくさ 染織をしている人が主人公の小説。 色あいの美しさが表現されていると、名前が出てきた植物で染めてみたくります。 からくりからくさ(著者:梨木香歩) 小説の内容についていけずに途中で挫折したので、また今度、続き読もうと思っています。 これから読みたい本• 増補改訂 合成染料の技法 染色の基礎知識 (著者:高橋誠一郎)• 一色一生(著者:志村ふくみ)• これから読む本や、書ききれなかった本についても、今後このページに追加していけたらと思います。

次の