トリドール ホールディングス 株主 優待。 (3397)トリドールホールディングスの株主優待情報

トリドールホールディングス(3397)の株主優待が到着しました!

トリドール ホールディングス 株主 優待

トリドールホールディングスは、「丸亀製麺」などを国内外でチェーン展開する企業。 トリドールホールディングスは、毎年3月末と9月末時点の株主を対象に株主優待を実施しており、内容は「100株以上の株主に、保有株数と継続保有期間に応じた枚数の『100円割引券』を年2回贈呈」というもの。 トリドールホールディングスの株主優待の変更は、2020年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。 継続保有期間1年未満の場合)。 14% トリドールホールディングスの株主優待は、子会社の株式会社トリドールジャパンなどが運営する店舗で利用できる優待割引券。 主な利用可能店舗としては、讃岐うどんの「丸亀製麺」、炭火焼鳥・釜めしの「とりどーる」、ラーメンの「丸醤屋」、焼きそば専門店の「長田本庄軒」、ハワイアンパンケーキの「コナズ珈琲」、カツ丼・トンテキ専門店の「豚屋とん一」、天ぷら定食の「まきの」などがある。 これによって投資金額はこれまでの半額になり、分割後の100株を保有していた場合の株主優待利回りは4. 58%に! 丸亀製麺などの店舗をよく利用する人には、保有を検討する価値が十分あるだろう。 トリドールホールディングスは、焼き鳥店から発祥し、現在は「丸亀製麺」のチェーン展開を主軸とする企業。 2020年3月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上収益9. 7%増、事業利益31. 7%増、営業利益190. 6%増、税引前利益293. 9%増。 48% 【2020年5月27日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 逆指値などの 自動売買機能が充実しているのも魅力だ。 さらに、PTSなどを併用して有利な価格の約定が狙えるSOR注文も利用できる。 米国株は取扱銘柄数が業界トップクラスのうえ、最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。 また「USAプログラム」対象の米国ETFなら、売買手数料が全額キャッシュバックされる! 銘柄選びのツールとしては、バフェットやソロスなど、著名投資家のポートフォリオを解析するサービス「iBillionaire」が便利。 他にも、多彩な注文方法や板発注が可能な「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールがそろっている。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」では、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円とお得だ。 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、信用取引、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ別冊編集部(2017. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ別冊編集部(2017. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ポイ探ニュース(2020. 27)• ザイ編集部(2020. 28)• ザイ・オンライン編集部(2019. 16).

次の

丸亀製麺のトリドールHD(3397)、株主優待を拡充して、優待利回り4.5%超に! 1株⇒2株の株式分割に伴う配布基準の変更で、最低投資額は従来の半額に!|株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]|ザイ・オンライン

トリドール ホールディングス 株主 優待

2020年6月12日金曜日にトリドールホールディングス 3397 より普通郵便で定時株主総会の招集通知とともに株主優待が届きました。 トリドールホールディングスは、あまり聞きなれない会社名ですが『丸亀製麺』の運営会社となります。 株主優待は、お食事券となりますがなんと100円券となります。 100株の場合は、40枚で4000円分いただけます。 なお、2020年4月1日で株式分割を行っており、1対2で分割となり、100株の人は、200株に増えます。 2020年4月以降は、100株で30枚3000円分、200株で40枚4000円分、1000株で100枚10000円分、2000株で150枚15000円分となります。 また長期優待もあり、200株以上を1年以上保有していると30枚3000円分追加となります。 しかも年2回いただけますのまで今までだと100株で1回4000円で年間8000円分いただけたということです。 100円単位というところもうれしいポイントですね。 まぁ丸亀製麺が主体ですから一杯いくらという事になりますからね。 有効期限については、通常約1年少々先となり、2020年6月に届くと2021年7月末までとなるところです。 しかし今年に限っては、新型コロナウイルスの関係で通常に3か月プラスとなり、2021年10月31日までとなります。 まぁ余裕で使い切りますが・・・ 最近の投稿• カテゴリー•

次の

トリドールの株主優待おすすめの特典と使い方|いつ届く?使い方は?

トリドール ホールディングス 株主 優待

3月31日にと9月30日に株主名簿に記載さ入れていること、つまり3月末と9月末に株を持っていることです。 そうすると、3月末の場合は 6月中旬、9月末の場合は 11月下旬に株主優待券が発送されます。 どんな内容 最低単位の100株保有から優待が付与され、その金額は 3,000円相当の優待券です。 さらに保有株数が増えるとその金額が下のように増えていく。 これが年に2回実施されるから、 100株保有しているだけで年間6,000円相当の優待券が手に入るのです。 これは破格ですね。 保有株式数 優待内容 実施回数 年2回 100株以上~200株未満 100円割引券 30枚(3,000円相当) 200株以上~1,000株未満 100円割引券 40枚(4,000円相当) 1,000株以上~2,000株未満 100円割引券 100枚(10,000円相当) 2,000株以上 100円割引券 150枚(15,000円相当) また 長期保有者への優遇があり、「200株以上」かつ「1年以上」保有していると上記に追加でさらに3,000円相当の優待券が付与されます。 これも年2回実査されるので、この条件を満たしていればなんと年に12,000円相当もの優待券を取得できることになります。 優待だけで家族4人で2か月に1回ぐらい行けそうです。 使用条件はある? 丸亀製麺だけでなく、トリドールホールディングス傘下の店舗であればどこでも使えます。 ただし、一部の券売機を利用する店舗では使用できないことがありますのでご注意ください。 参照: 有効期間も約1年と長いです。 3月31日に権利取得したものは翌年の7月末まで、9月30日に権利取得したものは翌々年の1月末まで使えます。 優待券でおつりは出ませんが、ほかの金券や割引券との併用も可能です。 毎月1日のうどんが半額になる「釜揚げうどんの日」にも使用できるし、 持ち帰りの場合でも使えます。 トリドールホールディングスの財務状況は? さてこのように魅力的な丸亀製麺を擁するトリドールホールディングスの、財務内容はどうでしょうか。 購入して長期保有に値するか、割安度はどうか、などを見てみました。 直近3期で見ると、売り上げは42%増と大きく伸びていますが、これに反して利益は大幅減で、ちょっと心配になりますね。 2020年3月期の第3四半期までの実績を見る限りはこの落ち込みが続いている様子はありません。 粗利率が悪化している傾向もないので、基本的には売り上げが伸びているのは順調なサインとみていいのかもしれません。 資産や株主資本に応じた利益を稼げていないということになります。 私の場合はいずれも10%を期待したい指標です。 しかしこのROEは大幅減になった利益をベースにしているので、 利益が回復すればROEは回復はするはずです。 ただやはりROAが低いというのは変わりありません。 自己資本比率や剰余金率も低いですね。 これはおそらく資金の借り入れが多くそれを店舗拡大に投じているからではないかと思います。 利益剰余金が低いのも利益を内部留保せずに積極的な拡大に投じていると考えることができます。 そう考えればAmazonのような成長企業に典型的にみられるケースと解釈することはできます。 結論 今見える財務実績の状況では、私が長期保有に値するかどうかの判断基準としている「財務健全性」が低いというのは否定できません。 なので長期保有目的で購入するには、ややためらいを感じます。 一方でこれからの株価上昇に期待する成長株投資の銘柄としては期待できるかもしれません。 また株主優待内容も非常に魅力的です。 特にユーザーにとっては年間6,000円の株主優待というのは生活費の削減に直結する内容です。 なので、結論としては20~30万円の投資でこの優待が得られるという条件が続くならば、100株は買いでいいのではないかと思います。 それ以上の保有については、優待目当てというよりは、成長に伴う株価上昇に期待して購入するべきかどうかという判断になります。 PERが30を超える状況ではあまり割安とは思えません。 利益水準が以前の50億円レベルに戻れば検討に値するかもしれませんが、そこからさらに成長できるかどうかは丸亀製麺を中心とした業態やポジショニングをどう評価するかにかかわってくるようなことでしょう。 二極化、デフレ、ブランド力などといったキーワードから、丸亀製麺のような業態が今後も一定層から支持されるのではないかという期待はできます。 また、うちのようなエンゲル係数の高い子育て家庭にとって外食時の強い味方であることは間違いなく、同じような人たちはそれなりにいるとも思います。 このような見方に賛成でき、また個人的にそのブランドや味、サービスに魅力を感じているとしたら、成長期待で買い進めるのはいいかもしれません。 ただやはり今後の利益水準とPERは注視していく必要があると思います。

次の