シカト 意味。 しかと

シカトの意味とは?語源や漢字はあるの?無視との違いや類語は?

シカト 意味

スポンサーリンク 「シカト」の意味は? 「シカト」とは 、「特定の人やものに対してそっぽを向くこと、無視すること」を意味します。 「無視」と「シカト」は意味は同じです。 どちらも相手の存在を認めず、いないものとして扱うことを意味します。 違いは無視が一般的に使われる表現なのに対して、シカトは口語表現というだけです。 学生や若者はどちらかというとシカトを使う人が多いですね。 「しかと見届ける」という場合の「しかと」は「しっかりと」という意味で、別の言葉です。 「シカト」の語源は? 「シカト」の語源は 、花札に由来します。 花札における10月の最高点の札に描かれている鹿が、前を向かずそっぽを向いていることから、「鹿」と「十月」で「鹿十(しかとう)」、「しかと」となりました。 かなり昔からある言葉で、初めは花札で賭博をするヤクザの間で使われていました。 そこから不良少年の間にも広がり、最近になって若者の間でも使われるようになったことで一般的に広まりました。 今は中高生の間でのいじめも問題になっていますが、いじめの場面でも使われることの多い言葉です。 話しかけても相手にしない時に「シカトする」、話しかけても相手にされない時に「シカトされる」といった形で使います。

次の

「シカト」って何が語源? 昭和30年代から使われ始めた言葉なの!?

シカト 意味

シカトの語源とは? それではさっそく「シカト」の語源について解説していきます。 実はシカトは花札が語源となって誕生した言葉であり、元々は十月札の絵柄である「 鹿の十(しかのとお)」の略語なのです。 なぜ「シカト」が「無視をする」という意味を持つようになったのかというと、花札に描かれている鹿の顔の向きが由来です。 描かれている鹿はこちらを見ずに横を向き、まるでそっぽを向いているように見えるんですね。 そのため、そっぽを向くということから「シカト」は「無視をする」という意味となったのです。 また、当初は「 しかとう」とされていましたが、 不良の間で使われているうちに「シカト」となっていったとされています。 他の花札が語源となった言葉 実は「シカト」以外にも、花札が語源となって誕生した言葉が日常的に使われています。 例えば 「ピカイチ」「ボンクラ」「買って出る」などの言葉は、全て花札が語源で誕生した言葉です。 ピカイチ たくさんの物がある中で際立って優れているものに対して「ピカイチ」という言葉を使いますよね。 「ピカイチ」についても、花札の「こいこい」にある 「光一(ピカイチ)」と呼ばれる手札役が語源となっています。 最初に配られた 8枚の札の中に1枚だけ20点札があり、 それ以外の札が全て1点札だった場合に「光一(ピカイチ)」という手札役が成立します。 20点札は「光り物」と呼ばれていることから「ピカ」と呼ばれるようになり、ピカが一枚しかない手札役ということで「ピカイチ」となったのです。 ボンクラ 「ぼーっとしていて鈍い人」という意味の言葉に「ボンクラ」というものがあります。 「ボンクラ」も花札などの賭博が語源で誕生した言葉であり、 元々は博打に弱い人のことを指す言葉でした。 ボンクラはあまり知られていませんが漢字で「 盆暗」と書き、実際に打って貰えばわかりますが、変換することも出来ます。 そのため、花札などの賭博に負け続ける人のことを「ボンクラ」と呼ぶようになったんですね。 やがて、 いつもぼーっとしているから賭博にも勝てないということで、鈍い人のことをボンクラと呼ぶようになったのです。 買って出る 「買って出る」という言葉は「苦労を買って出る」のように使われ、 自ら進んで引き受けるという意味の言葉ですよね。 実はこの「買って出る」についても、花札の勝負の場で生まれた言葉だとされています。 花札は三人という人数制限があることから、四人目以降は参加することが出来なくなります。 そのため、どうしても花札に参加したい場合には、 花札の参加者から札を買い上げて勝負に出ていたそうなのです。 「 札を買って勝負に出る」ということが語源で「 買って出る」になったということですね。 そのため「自ら進んで引き受ける」ということを意味するようになったとされています。 以上が「シカトの語源」についてでした。 注目記事 他にも、こんな雑学がお勧めです。 まとめ シカトは「無視をする」という意味があり、花札が語源となって誕生した言葉である。 10月札である鹿の絵柄の札は「鹿十」と呼ばれ、絵柄の鹿が横を向いていることから「無視する」という意味で「シカト」という言葉が誕生した。 ピカイチは最初に8枚の札が配られた時に、1枚だけ20点札であり、残りの7枚が1点札だった時の手札役が語源となっている。 ボンクラは盆暗と書き、盆は賭博場で暗いは賭博の負けを意味し、いつも花札などの賭博で負けている人をボンクラと呼ぶようになった。 「買って出る」は花札に人数制限があったため、参加したい場合には、札を買ってまで勝負に出ることから「買って出る」となった。

次の

『シカト』とはどういう意味?由来や使い方もわかりやすく解説!|ワードバンク

シカト 意味

LINEで既読無視する人の心理について。 家族や友達とLINEで連絡を取り合うのが当たり前になっていますが、LINEでは相手がメッセージを読んだかを確認できるため、その反応から自分に対しての思いをも知ることができるケースがあります。 あまり気分的に良くはない既読無視や既読スルーといった行為をする人は、どんな思いであなたのことを見ているのでしょうか。 LINEで既読無視する人の心理 いつまでもだらだら続くのが面倒 友達同士や仲間内では、だらだらと意味もないLINEのやりとりをしてしまうことがあるでしょう。 実況中継のように自分の行動をLINEしたり、インスタ代わりに画像を載せたり、スタンプだけを何度も送ったりと、気を遣わない関係になればなるほど、LINEの内容が頻繁で、尚且つ内容も雑なものになってきますよね。 疲れていたり忙しい時、誰かと一緒に居る時は、こうしたLINEを「面倒」「うざい」と感じることも多く、親しい仲だからこそ既読無視するということもあります。 いつまでもだらだらと続く意味もないLINEに、面倒になっている可能性があります。 反応が薄くなってきたり、既読無視されるようなことがあれば、空気を読んでLINEを終わらせることも大事でしょう。 スポンサーリンク 回答に迷っている 例えば「明日一緒に遊ばない?」など、質問した形で既読無視となっている場合、相手が回答に迷っていることもあります。 用事が入っていて時間の確保に難しい時や、気分的に落ち込んでいる時、他からも誘いが来ている時など、すぐには回答できない状況にあるのでしょう。 それ以外にも、「この人とは遊びたくないな」という思いが隠されていることもあります。 既読無視しているのは、「遊びたくないけど、ストレートに言えない」「毎回断っているから断りづらい」などの理由があり、回答できないでいる状態です。 相手のことを好きだったり、仲の良い人だと思っている場合は、必ずといって良いほど回答はすぐにする人が多く、仮に予定が入っていても「明日また連絡する」とか「予定が分かり次第返事するね」といったように、相手に誤解されないよう返信はするものです。 しかし回答がない既読無視の場合は、関係が浅かったり、お互いの意識に差があったり、相手から嫌われているという可能性も否定できません。 何度もこのようなLINEが続く場合は、相手に距離を置かれていると察知し、相手から誘ってくるまで様子を見ることも一つの方法です。 あなたと関わりたい、あなたと遊びたいと思っていれば、いずれ誘いが相手から来るはずでしょう。 反応せず状況を見ている 友達や同僚とグループLINEをしているという人も多いでしょう。 複数人いる中、誰からも返信がなく、周りにイライラしてしまうという人も少なくはないかもしれませんね。 グループLINEの場合は、「誰かが返信するだろう」「皆はなんて言うのかな」と様子を伺う人がいます。 周りの状況を見てから自分も返信しようと様子を伺っている状態で、返信したくないからという理由ではないことが多いです。 主に女性の場合、複数人のグループだと「自分だけ浮かないように」という意識を持つために、こうして状況を見てからの返信が多く見られます。 誰かが何か返信したことをきっかけに、次々と他の人からもLINEが来るのも、こうした理由が含まれます。 あなたに対して返信したくないとか、嫌がっているという訳ではなく、単に周りの様子を伺っているだけ。 重く受け止めず、「皆に気を遣ってるんだな」程度に捉えると、気も楽になるでしょう。 スポンサーリンク 興味自体がない 既読無視するつもりがなくても、「そういえばLINEきてた」と後から気付くタイプの人もいるでしょう。 うっかりと返信し忘れていたり、来ていたことをすっかり忘れてしまっていた場合、相手に興味がなかったり、LINEの内容に興味がない可能性があります。 重要なこと、自分にとって大切な人、興味あることであれば、考え事があっても「今すべきこと」として優先的に考えるようになりますが、他に意識が取られたままだったり、頭の中から消えてしまっている状態であれば、「気にもしていない」といった様子が見て取れるでしょう。 あなたにあまり関心がないか、LINEの内容に興味が湧かない、あるいはLINE以上にもっと重要な出来事があるなど、そのLINEに没頭できない状態であると言えます。 このような人に、大事なこと以外のLINEをする場合は、再度送ってみることで気付かせることができます。 二度目になれば、「前回も返信していない」という意識が出てくるため、「返さなきゃ」という思いを煽ることができるでしょう。 まとめ 友達や同僚に既読無視されてしまうと、「嫌われてるのかな」と思ったり、「悪いこと言ったかな」と気にしたりしてしまうものですよね。 相手の状況やあなたに対する思いによって、返信の重要性や優先順位が変わってきます。 嫌っているとは言い切れませんが、何度も同じようなことが続く場合は、察知して距離を置いた方が良いかもしれません。

次の