股関節 しこり 痛い。 足の付け根が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

悪性リンパ腫とは?しこりの多くは痛みがない!症状や治療について

股関節 しこり 痛い

1- 冒頭でも触れましたが、股関節にしこりがあると、何だか都合が悪いですよね。 女性の場合は、 生理中やVラインにしこりが出来る場合が多いので、婦人科系で診てもらうことも出来ます。 股関節のしこりや痛みは、 スポーツ外科的なイメージがあって、男性の症状というイメージが強いですが、男性でも女性でも、股関節にしこりや痛みを伴うことがあります。 女性に特化、男性に特化した病気もあるのでチェックしてみて下さい。 股関節の病気1:リンパ節炎 股関節や脇、首、全身に張り巡らされているリンパ管の中にリンパ節がありますが、 このリンパ節が炎症を起こし て腫れてしまいます。 原因は細菌感染。 リンパ節が腫れて痛みと発熱の症状があります。 股関節の病気2:悪性リンパ腫 身体中を流れている リンパ球が癌に変異したもの。 股関節や首、脇の下の腫れ、しこり、痛みなどの症状があります。 腫瘍が急に大きくなることで、痛みや発熱が伴います。 2- 股関節の病気3:鼠経ヘルニア 鼠経ヘルニアは腹膜お腸の一部が、足の付け根の部分の筋膜の間から、皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。 鼠経ヘルニアの場合は、 立ち上がる時や、お腹に力を入れた時に 、股関節が膨らんでいるような感覚になります。 この膨らみがしこりのように見えます。 股関節の病気4:粉瘤 股関節にしこりが出来る粉瘤は、 別名「アテローム」と呼ばれています。 身体のどの部位にも発生する可能性のあるしこりで、しこりが小さければ経過観察でも済むケースもあります。 ただ、 股関節のしこりが粉瘤の場合は、座った際に痛みを感じます。 股関節の病気5:脂肪腫 脂肪腫は脂肪組織が集まり、腫瘍を形成した良性の腫瘍です。 40~50代の女性に多く、男性ではあまりなりません。 触るとぐりぐりしたしこりがあり、それは徐々に大きくなります。 3- 股関節の病気6:梅毒 梅毒は慢性の感染症であり、何年もかけて症状が進行します。 梅毒は女性と男性の性行為により感染します。 女性の場合は、 母体から赤ちゃんに移ることがある、とても怖い病気です。 股関節の病気7:性器ヘルペス 女性の性感染症で クラミジアに次いで多い病気です。 性器ヘルペスは、 症状が出ないまま、男性に感染させてしまうことが多いです。 男性の場合は痒みがあり、リンパ節がしこりのように腫れます。 女性の場合は、痛み、水膨れ、排尿痛による 排尿障害を起こします。 股関節の病気8:変形性股関節症 変形性股関節症は加齢による負担やケガによって、軟骨がすり減ることで発症します。 歩き始め、長い時間歩く、階段の昇り降りで痛みを感じます。 進行し末期になると、痛みもひどくなり筋力低下で、日常生活に支障をきたします。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 以上の情報がお役に立てれば幸いです。 ・お金をかけずにキレイになりたい• ・仕事に家事に育児に忙しいママさん• ・スタジオに通うのは恥ずかしい• ・マタニティヨガや産後の骨盤調整ヨガを日常的に受けたい• ・飽きっぽく、多くのプログラムを1つのサービスで受けたい• 起き抜け早朝から、部屋着・すっぴんで就寝前までいつでもできます! ・100人、100種類以上のインストラクター&プログラム 全国から選りすぐりの先生のレッスンを受けられます。 プログラムもヨガを中心にピラティス、部位トレーニング、バレエエクササイズと豊富! ・一人じゃないからサボらずできる! 先生に見てもらえるから無理なく続きます。 【0円だから安心!】 【無料体験申し込みはサイトの[体験予約]から!】.

次の

悪性リンパ腫とは?しこりの多くは痛みがない!症状や治療について

股関節 しこり 痛い

Q こんにちは。 今すごい悩んでるものがあって、 膣の左側にしこりがあるのを見つけました。 お風呂に入ってるとき 洗っていたら指にひっかかるような感じで 3日くらい前からあるのですが 最初はそんなに気にしてなかったのですが 昨日触ったら前よりちょっと大きく なってて触ると痛かったです・・・。 皮膚の表面にできているのではなく 内側にかたまりがあるという感じです。 普通に生活をしてる分には 痛みや違和感は全くありません。 癌や性病なのでしょうか? 親 母 には話しました。 様子を見て病院に行こうと 言われましたが、 どこの病院行けばいいの? と聞かれました。 出来ることなら女の先生に診て もらいたいんです・・・。 切らないと 切開 いけないのでしょうか? 回答お願いします! A ベストアンサー こんにちは。 37歳の女性です。 場所が場所だけに、先生に見せづらいですよね。 皮膚科で恥ずかしかったら、産婦人科や婦人科で大丈夫ですよ。 そういう場所を診察するのは、産婦人科の先生の方が慣れています。 毎日見ていますから、歯医者さんが口の中を見るのと同じ感覚です。 多分、膿がたまっているのだと思います。 私は、太ももの付け根にしこりができてしまい、歩くのに痛かったので、 産婦人科で切ってもらい、膿を出しました。 抗生剤を処方されて、それを飲みきって終わりでした。 女性の先生がいるところは、ネットで探すと見つかるかもしれません。 【お住まいの地域 産婦人科 女医】で検索してみてください。 若い人患者さんもいますし、病気ではなくて検診で来る人もたくさんいます。 自然に治ることもありますが、芯が残っていると、またできるかもしれません。 痛みが続いたら、受診した方が良いと思います。 Q 過去ログを調べてみましたがどれも女性の方による質問だったのと、体の表面(皮膚)のしこりに関する質問のようでしたので新たに質問させて頂くことにしました。 当方21歳の男です。 今までは気付かなかったのですが、足の付け根の部分を何気なく指で探ってみるとシコリのようなものがあることに気付きました。 これは皮膚のしこりではなく、体の内側にあるコリコリしたシコリのことです。 ・両足にある。 ・左右対称になっているようにも感じる。 触ってみても痛みなどはありません。 また、外から見ても触ってみなければしこりの存在は確認できません。 僕は左側の首筋にも似たようなしこりがあるのですが、これは脂肪が固まっているだけということで今まで何もせずに放置してきました。 もちろんこれも見た目では確認できない、内部のしこりです。 この首のしこりと同じで無害なモノであればいいのですが・・・ 参考になればと思い、自分の生活面についても2,3記述しておくことにしました。 最近は非常に不規則な生活リズムになってしまっています。 栄養も激しく偏ってしまっています。 そして運動不足です(太ってはいません)。 有酸素運動は皆無に等しい生活を送っています。 ジムでの筋肉トレーニングは2日に一回ほど続けています。 睡眠時間は少ないので(3~5時間)疲れは溜まっています。 癌などの病気を主に心配しています。 また、自分以外の男性の方も似たようなしこりを持っているかどうか、この点についても知りたくて質問してみました。 どうかよろしくお願い致します。。 過去ログを調べてみましたがどれも女性の方による質問だったのと、体の表面(皮膚)のしこりに関する質問のようでしたので新たに質問させて頂くことにしました。 当方21歳の男です。 今までは気付かなかったのですが、足の付け根の部分を何気なく指で探ってみるとシコリのようなものがあることに気付きました。 これは皮膚のしこりではなく、体の内側にあるコリコリしたシコリのことです。 ・両足に... A ベストアンサー 始めまして。 都内の某大学病院で形成外科の医師をしていたものです。 足の付け根のコリコリとしたシコリ、とのことですが、おそらくリンパ節ではないかと思います。 脂肪腫であればコリコリとした感触がすることは稀だと思います。 気になるようであれば「リンパ節生検」という検査法があります。 シコリの部分に局所麻酔をして、皮膚を少し切開します。 コリコリの部分を切除して、顕微鏡の検査に出します。 結果が出るのは少し時間がかかりますが、単なるリンパ節の腫れなのか、悪性の前兆なのかどうかが分かります。 同時に血液検査をしたほうがいい、と言われるかもしれません。 それも病気の鑑別の助けになります。 局所麻酔の手術なので、時間も短く日帰りでできると思います。 費用のことは申し訳ないですがよくわからないので、病院で聞いてみてください。 何科にかかればいいか、ですが、外科もしくは形成外科(整形外科ではありませんので注意)がよろしいと思います。 まずは病院に行ってみてください。 それではご自愛のほどを。 A ベストアンサー 粉瘤か毛嚢炎が、炎症を起こしているのではないでしょうか? 他にも色々、原因が考えられます。 膿が出ておしまいという場合もありますし、できやすい人は、何度も同じところにできたりするそうです。 私の友人は腫れがひかなかったので、外科で切ってもらったそうです。 過去にも同様の質問がありましたので、参考にしてください。 okweb. php3? neweb. okweb. php3? 3週間ほど前に、右足付け根そけい部のリンパにしこり(小指の先程度)を見付け、特に痛みもなかったんですが、気になったため、2~3日後に病院に行きました。 病院では、血液と尿の検査をしてもらい、「検査では特に異常はありません。 今後、大きくなるようだったらまた診せて」と言われ、抗生剤を処方してもらいました。 細菌等に感染するような傷も、その他心当たりも全くなかったんですが、言われるままに抗生剤を10日程で飲み終わり、今現在に至っております。 受診後~今まで、確かに…確実にしこりは小さくなってはいるんですが、やっぱりリンパ節という特殊な場所だけに、だんだん心配になってました。 相変わらず痛みもなければ、何か他の症状があるわけでもありません。 このような症状に詳しい方、経験された方等、、、 今後、無くなるまで様子を見るべきなのか、もう一度病院で診てもらうべきなのか、 アドバイスを頂けないでしょうか。 Q 先週の水曜日に右の鼠径部に2センチ程度のぐりぐりを発見しました。 その前からなんだか違和感があったり下腹が重かったりしたので、もっと前からしこりがあったのかもしれません。 場所は恥骨の右端というか恥骨の横というか・・・その辺りです。 触ったり圧迫したら痛い時もあれば、鈍痛の時も、痛みが無いときもあります。 気のせいか日によって大きさが変わるようにも思います。 今日からですが何をしなくてもズキ~ンと鈍痛が時々するようになりました。 今回は先週末から風邪を引いていたのでそのせいかとも思ったのですが、実は去年の8月も同じようなことがありました。 そのときの体調は覚えていませんが、腫れはいつの間にか引いたのかと思います。 リンパへの細菌感染なのかなぁって思うのですが、いつも同じ右で同じ場所っていうことはあるのでしょうか?同じ場所ということでヘルニアの可能性が高いのかなぁって思ったり。 悪性の腫瘍ならどうしようかと・・・ちょっと心配したり。 どちらにしろ気になるので病院に受診しようかとは思っていますが、何科に行けばいいのでしょう。 掛かり付けの整形外科・皮膚科・内科(以上開業医)・婦人科・アレルギー科(以上総合病院)はありますが、外科は最寄りになく・・・。 紹介状がなくてお金をとられても総合病院にいって血液検査やレントゲンをその日に撮ってもらったほうがいいのか?と思い悩んでいます。 経験者の方、ご存じの方、病気のこと、受診科のことアドバイスをいただければ嬉しいです。 よろしくお願いします。 先週の水曜日に右の鼠径部に2センチ程度のぐりぐりを発見しました。 その前からなんだか違和感があったり下腹が重かったりしたので、もっと前からしこりがあったのかもしれません。 場所は恥骨の右端というか恥骨の横というか・・・その辺りです。 触ったり圧迫したら痛い時もあれば、鈍痛の時も、痛みが無いときもあります。 気のせいか日によって大きさが変わるようにも思います。 今日からですが何をしなくてもズキ~ンと鈍痛が時々するようになりました。 今回は先週末から風邪を引いていたのでそのせいか... Q 2日前にお風呂で体を洗っている時に、右足の付け根(パンツの線上)にしこりのような、 リンパが腫れているような、1センチ程のコリコリを発見しました。 見た目ではまったく分からず、触らないとわかりません。 触ると少し痛かったです。 熱も風邪も引いていませんが、その日履き慣れない靴でたくさん歩いたので 足全体が痛かったです。 それとお風呂から出て、母に見せようとすると あまりしこりが分からなくなりました。 なので様子を見ることにしました。 しかし今日お風呂でまたしこりがあるのがはっきり分かりました。 触ると、2日前よりは痛くありません。 触りも何もしなければ何の違和感もありません。 また、私は顎のラインに左右平等にコリコリがあります。 何年も前からです。 特に大きくもなっていませんし、特に異常はないと聞いた事があります。 ですが、何でもない日にたまーに一瞬だけ左の顎のラインが痛いような違和感が あることがあります。 質問なのですが、それぞれ顎・付け根のしこりは悪性なんてことはあるでしょうか? また、リンパ腺はお風呂などで暖まっている時はふくらんだりするのでしょうか? なにか分かる事があれば教えてください。 2日前にお風呂で体を洗っている時に、右足の付け根(パンツの線上)にしこりのような、 リンパが腫れているような、1センチ程のコリコリを発見しました。 見た目ではまったく分からず、触らないとわかりません。 触ると少し痛かったです。 熱も風邪も引いていませんが、その日履き慣れない靴でたくさん歩いたので 足全体が痛かったです。 それとお風呂から出て、母に見せようとすると あまりしこりが分からなくなりました。 なので様子を見ることにしました。 しかし今日お風呂でまたしこりがあるのがはっきり分かり... A ベストアンサー 医師です 質問者様がおっしゃるパンツのライン上には、 鼠径リンパ節というリンパ節があります。 それが触れているという可能性はあると思います。 ただ、そこには鼠径靭帯というスジも通っており、 健常者でも縦長にコリコリとしたシコリとして触れます。 問題は病的かどうかという事ですが、それは医師の診察が必要ですね。 また、エコー検査が出来るのなら、正確なサイズや性状、血流の程度まで分かります。 簡単な検査ですので、お時間がある時に受診してみては。 患者自身での触診はあいまいで誤診のリスクが高いという事を理解してもらっての事ですが、 通常、それがリンパ節であったとしても、片方一つの腫れだけで、そのサイズも触診上大豆程のサイズなら 経過観察で問題ないとされるでしょう A ベストアンサー 同じかどうかはわかりませんが私の経験を書いておきますね。 太股の付け根のかなりアソコに近いところに、大きな吹き出物ができた事があります。 中には脂肪が溜まっていて、最初はニキビだとおもって自分でつぶそうとしたんですがうまくいかず、翌朝にはパンパンに腫れて歩けないぐらいになっていました。 小さいうずらの卵ぐらいの大きさです。 先端に突起などはなく、丸々で中の脂肪が透けて見えているような白色、その周囲は赤く腫れていました。 白くて丸い本体部分から周りの赤いところまでまんべんなく痛かったです。 皮膚科に行ったら「粉瘤(ふんりゅう)」だといわれ、局所麻酔でまるごとゴッソリ切り取りました。 その後、似たような場所に同じような吹き出物ができたのですが、それほど大きくならないうちにつぶれてしまったので自分で傷口にガーゼを当てて、傷がふさがるまで清潔に保つようにしました。 その後も同じ所に同じようなものができましたが、やはりある程度の大きさでつぶれるので病院には行かずに自分で処理していました。 たくさん歩いた後、風邪などで体調が落ちている時、お酒を飲んだ後などによくできました。 最初の手術から6年ほどたったある日、吹き出物がいつも以上の大きさになったのですが皮膚科にいく時間が無くそのままにしていました。 すると最初の時と同じぐらいの大きさになり、3日目には椅子に座れず安眠もできない状態になったのであわてて病院に行きました。 この時の大きさはうずらの卵1.5倍ってカンジです。 そこでも「粉瘤」といわれたのですが、仕事が忙しい時期なので手術はしたくないというと、局所麻酔をして傷口を切開し、膿を押し出されました。 麻酔を追加してもらったにもかかわらず失神しそうな痛さで、看護婦さん2人に押え込まれながらぎゅーぎゅー押し出されまして…最後にはちょっと泣いてしまったほどです。 時間は30分もかかりませんでした。 金額は保険適用で4000円ほどでした。 傷口は小さいものだったので、一週間は湯船につかるのは控えましたが、その後はおおきめのばんそうこうをあててシャワーを浴びる事ができました。 余談ですが、私の弟は足の指の間に、父は背中に、祖父はおしりに、それぞれ粉瘤持ちでした。 弟は馬にかける麻酔のような太い注射針で吸い取ってもらったそうです。 父は手術で取りました、局所麻酔で1時間ほどだったそうです。 一度皮膚科にいかれてみてはいかがでしょうか?局所麻酔ですむかもしれません。 sankei. html 同じかどうかはわかりませんが私の経験を書いておきますね。 太股の付け根のかなりアソコに近いところに、大きな吹き出物ができた事があります。 中には脂肪が溜まっていて、最初はニキビだとおもって自分でつぶそうとしたんですがうまくいかず、翌朝にはパンパンに腫れて歩けないぐらいになっていました。 小さいうずらの卵ぐらいの大きさです。 先端に突起などはなく、丸々で中の脂肪が透けて見えているような白色、その周囲は赤く腫れていました。 白くて丸い本体部分から周りの赤いところまでまんべんなく痛かっ...

次の

股関節のしこりを対処するには?女性と男性の痛みの違いについて

股関節 しこり 痛い

1- 冒頭でも触れましたが、股関節にしこりがあると、何だか都合が悪いですよね。 女性の場合は、 生理中やVラインにしこりが出来る場合が多いので、婦人科系で診てもらうことも出来ます。 股関節のしこりや痛みは、 スポーツ外科的なイメージがあって、男性の症状というイメージが強いですが、男性でも女性でも、股関節にしこりや痛みを伴うことがあります。 女性に特化、男性に特化した病気もあるのでチェックしてみて下さい。 股関節の病気1:リンパ節炎 股関節や脇、首、全身に張り巡らされているリンパ管の中にリンパ節がありますが、 このリンパ節が炎症を起こし て腫れてしまいます。 原因は細菌感染。 リンパ節が腫れて痛みと発熱の症状があります。 股関節の病気2:悪性リンパ腫 身体中を流れている リンパ球が癌に変異したもの。 股関節や首、脇の下の腫れ、しこり、痛みなどの症状があります。 腫瘍が急に大きくなることで、痛みや発熱が伴います。 2- 股関節の病気3:鼠経ヘルニア 鼠経ヘルニアは腹膜お腸の一部が、足の付け根の部分の筋膜の間から、皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。 鼠経ヘルニアの場合は、 立ち上がる時や、お腹に力を入れた時に 、股関節が膨らんでいるような感覚になります。 この膨らみがしこりのように見えます。 股関節の病気4:粉瘤 股関節にしこりが出来る粉瘤は、 別名「アテローム」と呼ばれています。 身体のどの部位にも発生する可能性のあるしこりで、しこりが小さければ経過観察でも済むケースもあります。 ただ、 股関節のしこりが粉瘤の場合は、座った際に痛みを感じます。 股関節の病気5:脂肪腫 脂肪腫は脂肪組織が集まり、腫瘍を形成した良性の腫瘍です。 40~50代の女性に多く、男性ではあまりなりません。 触るとぐりぐりしたしこりがあり、それは徐々に大きくなります。 3- 股関節の病気6:梅毒 梅毒は慢性の感染症であり、何年もかけて症状が進行します。 梅毒は女性と男性の性行為により感染します。 女性の場合は、 母体から赤ちゃんに移ることがある、とても怖い病気です。 股関節の病気7:性器ヘルペス 女性の性感染症で クラミジアに次いで多い病気です。 性器ヘルペスは、 症状が出ないまま、男性に感染させてしまうことが多いです。 男性の場合は痒みがあり、リンパ節がしこりのように腫れます。 女性の場合は、痛み、水膨れ、排尿痛による 排尿障害を起こします。 股関節の病気8:変形性股関節症 変形性股関節症は加齢による負担やケガによって、軟骨がすり減ることで発症します。 歩き始め、長い時間歩く、階段の昇り降りで痛みを感じます。 進行し末期になると、痛みもひどくなり筋力低下で、日常生活に支障をきたします。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 以上の情報がお役に立てれば幸いです。 ・お金をかけずにキレイになりたい• ・仕事に家事に育児に忙しいママさん• ・スタジオに通うのは恥ずかしい• ・マタニティヨガや産後の骨盤調整ヨガを日常的に受けたい• ・飽きっぽく、多くのプログラムを1つのサービスで受けたい• 起き抜け早朝から、部屋着・すっぴんで就寝前までいつでもできます! ・100人、100種類以上のインストラクター&プログラム 全国から選りすぐりの先生のレッスンを受けられます。 プログラムもヨガを中心にピラティス、部位トレーニング、バレエエクササイズと豊富! ・一人じゃないからサボらずできる! 先生に見てもらえるから無理なく続きます。 【0円だから安心!】 【無料体験申し込みはサイトの[体験予約]から!】.

次の