個体値 ランク チェッカー。 【ポケモンGO】育成支援ツール

個体値カリキュレーター(ソードシールド対応)|ポケモン徹底攻略

個体値 ランク チェッカー

スクリーンショットを撮る• 名前編集ボタンをタップ• (選択されてない場合は)Poke Genie キーバードを選ぶ• 自動で個体値計算がされる• (必要あれば)リーダー評価を入力して個体値を確定させる• 名前生成ボタンをタップして名前に反映 以降、詳しく解説します。 「新しいキーボード」から「Poke Genie」を選択して追加します。 これでインストールは完了です。 フルアクセスを許可 インストール後、キーボード一覧に「Poke Genie Keyboard」と表示されるので選択し、「フルアクセスを許可」を ON にします。 フルアクセスを許可しようとすると警告メッセージが出力されます。 使用するには「許可」を選択します。 名前生成機能を設定 確認した 個体値(IV)のパーセンテージや、攻撃・防御・HPの各個体値を名前(ニックネーム)に自動入力できます。 その入力フォーマットの設定です。 Poke Genie アプリを開いて、左のメニューから「名前生成機能」を選択します。 すると、名前をセットするテンプレートを選択できます。 ここで好きなテンプレートを選択するかカスタムで作成します。 通常のポケモン名のあとに 「攻撃・防御・HP」の個体値を入れたい場合は、「カスタムテンプレートを追加」で 「名前」「IV組合わせ」の2つを選択したカスタムテンプレートを作っておきます。 使用手順 それでは、実際に個体値計算を使用する手順です。 ポケモンGOアプリで個体値を確認したいポケモンを開いたら、まず普通にスクリーンショットを撮ります。 そして、名前横の変更ボタン(ペンアイコン)をタップ。 キーボードはインストールした「Poke Genie」を選択しておく・選択すると撮影したスクリーンショットが自動でスキャンされて個体値の計算結果が下側に表示されます。 個体値が確定されない場合は、バッジアイコンをタップしてリーダーの評価内容を入力して確定させます。 個体値が決まると設定したテンプレートの名前が表示されるので、この部分をタップするとポケモンGOの名前箇所に反映されます! 無料版は利用回数制限あり Poke Genie の 無料版では、この自動スキャンを利用できる回数は 50回まで です。 50回以上利用するには、 Poke Genie アプリ内から「キーボードPro」を 480円 で購入する必要があります。 50回は無料で利用できるので、購入するかどうかは試してみてから決めるで良いと思います。 毎日ポケ活し数多くのポケモンをゲットして個体値厳選している場合は、かなり時間が削減できるため購入する価値はあるかもしれませんね。 個体値確認関連情報 ポケモンGOアプリでも個体値を確認できる機能があります。 表示の意味や詳しい確認方法を以下ページにまとめています。

次の

【ポケモンGO】個体値ランクチェッカー

個体値 ランク チェッカー

おすすめ個体値チェッカー3選! ポケモンGOの個体値厳選に便利な個体値チェッカーを紹介します。 操作が少なく、便利なアプリを紹介していますので、どれを使うか迷っている人は参考にしてください! Poke Genie アイコン おすすめポイント Poke Genie ・写真を送るだけ(操作が簡単) ・全体的に見やすい ・最大強化時のCP・必要なほしのすなとアメの数が見れる ・前に計測したポケモンの履歴が見れる 使い方 個体値計算の手順• トレーナーレベルを入力(初回のみ)• スクリーンショットを送る ダウンロード時にトレーナーレベルを入力したら、それ以降はスクリーンショットを送るだけで個体値が計算できます。 個体値の構成が複数ある場合でもリーダーの評価のコメントを選ぶと正確な数値がわかります。 過去に計算したポケモンのデータも履歴として一覧に残るので、見返すことも可能です。 必要な内容がキレイに並んでいるので見やすいです。 履歴はいつでも消去できます。 全自動個体値チェッカー アイコン おすすめポイント 全自動個体値 ・スクショをカードにできる ・ポケモンの図鑑や技の詳細も見れる ・最大強化時のCP・必要なほしのすなとアメの数が見れる ・前に計測したポケモンの履歴が見れる 使い方 個体値計算の手順• スクショを送る(複数選択可)• 個体値カードを作成を押す こちらも基本操作はスクショを送るだけです。 個体値カードの作成を押すと上の画像のようなカードが入手できます。 これを集めるために利用する方もいるようです。 また、ポケモンの図鑑なども見ることができます。 個体値の構成が複数ある場合でもリーダーの評価のコメントを選ぶと正確な数値がわかります。 スクショで1秒個体値計算 アイコン おすすめポイント 1秒個体値計算 ・スクショを送るだけで簡単 ・他のユーザーの結果も見れる 使い方 個体値計算の手順• スクショを送るだけ こちらも基本操作はスクショを送るだけですが、ポケモンの名前を変更しているとうまく測定できない場合があります。 他のユーザーと競う要素も取り入れられているので、ただ個体値を計算するだけでなくライバルの情報も見たい方にはおすすめです。 第三世代• 伝説のポケモン• おすすめ攻略情報• レイドバトル攻略• ジムバトル攻略• ランキング• データベース• 各世代別ポケモン図鑑• タイプ別ポケモン一覧• タイプ別わざ一覧• 初心者向け攻略情報• 掲示板•

次の

【ポケモンGO】個体値の計算機(チェッカー)の使いやすさランキング7選

個体値 ランク チェッカー

スクリーンショットを撮る• 名前編集ボタンをタップ• (選択されてない場合は)Poke Genie キーバードを選ぶ• 自動で個体値計算がされる• (必要あれば)リーダー評価を入力して個体値を確定させる• 名前生成ボタンをタップして名前に反映 以降、詳しく解説します。 「新しいキーボード」から「Poke Genie」を選択して追加します。 これでインストールは完了です。 フルアクセスを許可 インストール後、キーボード一覧に「Poke Genie Keyboard」と表示されるので選択し、「フルアクセスを許可」を ON にします。 フルアクセスを許可しようとすると警告メッセージが出力されます。 使用するには「許可」を選択します。 名前生成機能を設定 確認した 個体値(IV)のパーセンテージや、攻撃・防御・HPの各個体値を名前(ニックネーム)に自動入力できます。 その入力フォーマットの設定です。 Poke Genie アプリを開いて、左のメニューから「名前生成機能」を選択します。 すると、名前をセットするテンプレートを選択できます。 ここで好きなテンプレートを選択するかカスタムで作成します。 通常のポケモン名のあとに 「攻撃・防御・HP」の個体値を入れたい場合は、「カスタムテンプレートを追加」で 「名前」「IV組合わせ」の2つを選択したカスタムテンプレートを作っておきます。 使用手順 それでは、実際に個体値計算を使用する手順です。 ポケモンGOアプリで個体値を確認したいポケモンを開いたら、まず普通にスクリーンショットを撮ります。 そして、名前横の変更ボタン(ペンアイコン)をタップ。 キーボードはインストールした「Poke Genie」を選択しておく・選択すると撮影したスクリーンショットが自動でスキャンされて個体値の計算結果が下側に表示されます。 個体値が確定されない場合は、バッジアイコンをタップしてリーダーの評価内容を入力して確定させます。 個体値が決まると設定したテンプレートの名前が表示されるので、この部分をタップするとポケモンGOの名前箇所に反映されます! 無料版は利用回数制限あり Poke Genie の 無料版では、この自動スキャンを利用できる回数は 50回まで です。 50回以上利用するには、 Poke Genie アプリ内から「キーボードPro」を 480円 で購入する必要があります。 50回は無料で利用できるので、購入するかどうかは試してみてから決めるで良いと思います。 毎日ポケ活し数多くのポケモンをゲットして個体値厳選している場合は、かなり時間が削減できるため購入する価値はあるかもしれませんね。 個体値確認関連情報 ポケモンGOアプリでも個体値を確認できる機能があります。 表示の意味や詳しい確認方法を以下ページにまとめています。

次の