新 青森 県 総合 運動 公園 陸上 競技 場。 行事予定表

行事予定表

新 青森 県 総合 運動 公園 陸上 競技 場

概要 [ ] に開催された開催を機に、2002年11月に完成した。 また、テニスコートや屋内プールも完備されている。 陸上競技場 [ ] を目処に陸上競技場を新設する計画があり2014年度に着工する予定だが、新競技場が2013年時点ののスタジアム要項(特に「全観客席を屋根で覆う」点)を満たしておらず、完成後も・の試合が開催できないことが分かった。 このことについて、当初はメインスタンドのみを屋根で覆うとしており、これでもJ2リーグ以上を開催可能と一旦は確認したが、2013年に新設競技場である場合「屋根で覆う客席の割り合い」は「できるだけ多く」 から「全てに敷設すること」と改正されてしまっていた。 青森県は屋根を全席に設置する場合、追加費用として55-70億円程度が必要とされるため、現実的ではないとしているが、青森県サッカー協会や青森市のサッカーチームのの関係者からは「Jリーグから連絡がなかった」としており、建設計画の見直しなどを求めている。 その後、2016年4月に着工したが、当初の見積もり額から30億円以上も上回った。 施工は、丸喜齋藤組、西村組、設計・監理は建築設計事務所である。 2018年12月に完成して、2019年9月より使用開始。 2019年8月2日、陸上競技場の命名権を()が取得すると報じられた。 期間は同年9月1日から2022年3月31日まで、契約金額は年間1,000万円となり、「 カクヒログループ アスレチックスタジアム」の呼称を用いる。 所属でのが、Jリーグに届け出た本拠地として登録しているが、当競技場を本拠地として使用するのはシーズンから(予定)となる。 競技場概要 [ ] メインスタジアム• 走路用トラック9レーン(全天候型ブルーレーン 1周400m・直線140m)• 室内練習場 100mトラック4レーン• 集会走路 1周543m2レーン• 収容人員20,809人(メインスタンド:二層、バックスタンド・コーナースタンド:一層)• 照明設備 鉄塔4基・メインスタンドの屋根一体型• 大型電光掲示板あり 補助競技場• 走路用トラック8レーン(全天候型ブルーレーン、1周400m)• 収容人員320人(メインスタンドのみ)• 照明設備 鉄塔5基 投てき・アーチェリー場• フィールド136. 5m 球技場 [ ]• 照明塔、得点用電光掲示板、トイレ、本部席、更衣室、駐車場70台。 収容人員3300人(うちメインスタンド・固定座席1500人、バック・ゴール裏スタンド芝生席1800人)。 前述の通り、収容人数5000人未満のため、加盟に必要な収容能力は満たしていない。 ラインメール青森が時代から本拠地として使用。 青い森アリーナ [ ]• では、J2以上を開催する場合のスタジアムについて、「観客席の屋根は3分の1以上を覆うこと」をB等級(ライセンスは取得できるが、そのスタジアムを使うクラブには文書の提出を求める制裁処分を科される条件付き交付案件)として、また「観客席全体を覆うこと」についてはC等級(ライセンス取得に際しての制裁の対象とはならないが、推奨される案件)として明示されている• では、すでに着工しているか、着工予定が確定している場合を除き、新設、もしくは大規模な建て替えが必要となるスタジアムについては基本的にすべての客席を覆うようにすることを、「具備(設置)は必要とされているが、期限については今後も検討を続ける条件」(C等級と同じく、ライセンスの制裁対象ではない)として定義している• (河北新報2015年9月3日 9月29日閲覧)• (2016年4月7日 日刊建設工業新聞)• プレスリリース , , 2018年5月17日 , 2019年8月9日閲覧。 2019年3月2日. 2019年8月11日閲覧。 2019年8月2日. 2019年8月11日閲覧。 2019年8月3日. 2019年8月11日閲覧。 プレスリリース , , 2019年2月19日 , 2019年10月1日閲覧。 ・ プレスリリース , 公式サイト, 2019年2月19日 , 2019年10月1日閲覧。 立地や収容台数の都合上、一般客の駐車はできない(関係者のみ駐車可)。 一般客は他施設と同様、アリーナ周辺の駐車場を利用することになる。 2016年のJFL昇格以後はをメイン会場とし、青森市内では当球技場と交互でホーム戦を開催。 東北社会人リーグ所属時は当球技場をメインとし、会場および日程の都合で当地での開催ができない試合はにて開催していた。 - 陸奥新報、2011. 5 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

青森県総合運動公園陸上競技場

新 青森 県 総合 運動 公園 陸上 競技 場

マエダアリーナ カクヒログループアスレチックスタジアム 新青森県総合運動公園は あおもりECOにこオフィス に登録されております。 主な施設 マエダアリーナ マエダアリーナは放物線とその軸が計画の手がかりになっております。 円錐の曲面が活用された屋根形を持つスポーツラウンジは、その東側に配置されたメインアリーナ、サブアリーナ、スポーツ科学センター、合宿所の4つのブロックを緩やかにつないでいます。 環境エネルギーをコントロールしながら室内環境へ積極的に取り入れるとともに、風、雪等の厳しい自然環境にはできるだけ逆らわず柔軟に対応しています。 スポーツラウンジとそれぞれの施設の屋根は、積雪が卓越風で吹き払われやすい形状として、吹き溜まりのできにくい形状にしています。 メインアリーナ サブアリーナ トレーニングルーム 室内プール 合宿所 レストラン カクヒログループアスレチックスタジアム 青森県内唯一の第1種公認陸上競技場で、IAAF認証クラス2のため国際大会も開催可能です。 また、J3リーグやラグビーなどのスポーツイベントや、大型映像装置・夜間照明を使用したイベントもご利用いただけます。 補助競技場 第3種公認陸上競技場として小規模な陸上大会などが開催可能です。 貸切以外では団体・個人でのランニングなどにご利用いただけます。 投てき・アーチェリー場 第1種公認陸上競技場の公認付帯投てき場として、陸上競技大会の予選や練習ができ、アーチェリー競技場としてもご利用いただけます。 テニスコート コート数24面、ナイター設備も完備。 硬・軟式ともに利用できる砂入り人工芝コートです。 多目的運動場 自然に囲まれた90m四方のフィールドは、サッカーや各種大会にも活用いただけます。 球技場 サッカー、ラグビー等の試合や練習ができる天然芝フィールドで、ナイター照明・電光掲示板が設備されています。 ジョギングコース 緑に囲まれた一周2. 5kmと1. 0kmのウッドチップの散策路は、散歩やジョギングなどにご利用いただけます。 遊具広場 複合遊具やふわふわドーム・健康遊具など、親子で楽しめるスペースとしてご利用いただけます。 多目的広場 緑化広場 沿革 1996. 8 都市計画決定 86. 0ha 2003. 1 一部開園(27. 9ha 青い森アリーナ 2003. 8 アーチェリー場(仮設)供用開始 2009. 4 公園追加供用開始 31. 5ha ジョギングコース 多目的広場 緑化広場 2011. 7 サブコート供用開始 2012. 6 球技場供用開始 2013. 7 遊具広場供用開始 2019. 9 陸上競技場 補助競技場 投てき・アーチェリー場 共用開始 公園案内図• この記事をSNSでシェアする•

次の

新青森県総合運動公園陸上競技場(工事状況)

新 青森 県 総合 運動 公園 陸上 競技 場

歴史 [ ] に完成し、その後、の開催のために、スタンドの増改築を行い、に現在の収容人数のスタンドに改修された。 の公式戦が開催されたほか、には、サッカーフェスティバルin青森として、U-22日本代表対U-22ロシア代表の試合を行った。 ラグビーでもに行われたのメイン会場となった他、高校ラグビー青森県大会でも使用された。 毎年8月の最終日曜日には青森県障害者スポーツ大会の会場としても使用される(2006年はで9月に開催)。 2006年には、再度改修工事が実施され、同年秋に完成、同年11月の全国高校サッカー選手権青森県大会準決勝より、使用を再開されている。 公園内には他に、かつてプロ野球も開催されていたや補助競技場などが隣接して設置されている。 2016年からは、に参入したが当競技場をメインとしてホーム戦を開催している(と交互に開催)。 概要 [ ]• 所在地:青森市大字安田字近野234-7• 第3種公認• 収容人数:17,000人(座席数 6,500・メインスタンドのみ固定座席、他は芝生席)•

次の