スカイマーク 運行 情報。 【スカイマーク】モバイル搭乗券をiOSのWalletに入れても運航状況や出発時刻の変更が通知されない

スカイマークを利用するならこうしたら良いよ!

スカイマーク 運行 情報

スカイマークは、主に羽田空港を中心とした路線を就航しています。 主要な路線は羽田空港-新千歳空港、羽田空港-福岡空港、羽田空港-那覇空港などです。 運賃の種類は、予約の変更が可能な「普通運賃」はもちろん、「たす得(早期購入割引1日前)」「いま得(早期購入割引3日前)」といった搭乗予定日よりも予約するタイミングが早いほど割引率が高くなる早期購入割引があります。 たす得は普通運賃より航空券の料金が安いことに加え、予約の変更が可能な運賃です。 スカイマークを利用する場合は、たす得またはいま得を利用すると良いでしょう。 なお、航空券の料金は、ANAやJALと比べてお得であることがほとんどです。 荷物はANAやJALと同様に20kgまで無料で預けることができます。 空港では、座席を事前に指定しておくことで、チェックインせずにそのまま保安検査場に向かうことのできるスキップサービスは、スカイマークでは利用できないので注意しましょう。 座席間隔はJAL・ANAとそれほど変わらず、快適です。 また、航空券の料金に1,000円追加すれば、通常の座席と比べて19cm~38cmも足元に余裕のある「フォワードシート」を利用できます。 この座席は非常口付近にあるため、利用するためには条件があります。 フォワードシートは搭乗当日、空港カウンターにて承ります。 スカイマークは機内サービスも充実しており、コーヒー(ネスカフェ ゴールドブレンド)、キャンディー、おしぼり、毛布の貸出を無料で提供しています。 スカイマークには『いま得』『たす得』『SKYセール』など、さまざまな割引運賃があります。 SKYセールは発売期間が限定されていることが特徴で、スカイマークの一部の路線の一部の時間帯が普通運賃から最大で80パーセントほども安くなるお得な運賃です。 そのため、スカイマークでお得な運賃の利用を考える場合は、早めに予定を考える必要があるでしょう。 しかし、もし急に飛行機に搭乗することになった場合でも、スカイマークには『いま得』『たす得』などのお得な運賃があります。 『たす得』は、スカイマークが2018年3月より取り入れた割引運賃で、販売開始から搭乗日前日までが予約受付期間です。 この割引運賃は、空席状況により運賃が変わるシステムとなっています。 混み具合の予測が少なければ、予約日に関係なく安くチケットを予約できます。 『いま得』は、搭乗日3日前までに買える割引運賃になります。 以前は「フレックス」という名前で売り出していました。 いま得もたす得と同じく、席の空き具合により運賃が変動するシステムです。 スカイマーク自体には、マイレージプログラムなどマイルやポイントを貯める制度がありません。 そのため、自社のマイルによる特典などのサービスは利用できませんが、『デルタ航空』のマイルを貯めることでスカイマークの飛行機に無料で搭乗することはできます。 デルタ航空のマイレージプログラムは『スカイマイル』と呼ばれており、マイルを貯めるためにはデルタ航空の会員になる必要があります。 ただし、スカイマークの特典を利用するためには、日本在住でかつスカイマイル提携クレジットカードの本会員であること、またはデルタ航空の『メダリオン』という上級会員であることなどが条件です。 マイルは、デルタ航空やデルタ航空が提携する20社以上の航空会社の航空券を購入することで貯まりますが、クレジット機能付きのカードであればショッピングなどに利用した金額に応じてマイルが貯まる場合がほとんどです。 スカイマイルには有効期限がないため、失効を心配することなく気長にマイルを貯めることができるでしょう。 スカイマークの特典に交換するためには路線によって15,000マイルか20,000マイルが必要で、往復でも片道利用でも同じマイル数が必要となります。 一部対象外の路線や搭乗日などもありますが、多くの路線で利用することができます。 予約はスカイマークでなく、デルタ航空のオンラインから行わなければなりません。 出発日の14日以上前で、かつ60日以内に申し込みを行うことも条件で、マイルは予約確定後に引き落としとなります。 予約確定後は予約の変更や取り消しができなくなり、マイルのマイル口座への払い戻しも不可能です。 搭乗手続きの受け付けは有人カウンターのみで、運転免許証や健康保険証などの身分証明証の提示が必要となります。 予約変更は同じ区間、券種に限り可能ですが、搭乗日によっては運賃の差額調整が発生します。 この券種の特徴は、座席数に制限がないことで、ご希望便に空席がある限りはいつでも予約をすることが可能となっておりますので急遽決まった旅行や、 帰省の際に便利にご利用頂けます。 有効期限は航空券を発券した日、および、翌日から270日です。 キャンセル料金は、1区間につき500円の払い戻し手数料が必要となります。 また、出発前であれば取消手数料は発生しませんが、出発帰国以降は5,000円かかります。 この券種は、販売座席数に制限がないため、ご希望便に空席がある限りはいつでも予約することが可能となっておりますので、急遽決まった旅行や、帰省の際に便利にご利用頂けます。 キャンセル料金は、1区間につき500円の払い戻し手数料が必要となります。 また、出発前であれば取消手数料は発生しませんが、出発時刻以降は大人普通運賃の半額の料金がかかります。 現時点における便の最終的な混み具合の予測に応じて運賃額が変動する割引運賃です。 いま得では販売座席数に制限があり、ご予約いただいた便のみを対象としております。 そのため、予約の変更は不可となっております。 予約をキャンセルする場合には、500円の払戻手数料と、搭乗日の30日前までであれば4,000円、それ以降であれば5,000円の取消手数料がお一人様1区間につき申し受けます。 なお、登場予定便出発時刻以降の払戻は不可となっております。 払戻有効期間は予約搭乗便の翌日から起算して10日以内に限り行います。 現時点における便の最終的な混み具合の予測に応じて運賃額が変動する割引運賃です。 たす得では販売座席数に制限があります。 有効期間は航空券発行の日及びその翌日から起算して270日で、同種運賃同一区間に限り予約の変更が可能です。 予約をキャンセルする場合には、500円の払戻手数料と、2,500円の取消手数料がお一人様1区間につき申し受けます。 なお、登場予定便出発時刻以降の払戻は不可となっております。 払戻有効期間は航空券の有効期間内および有効期間満了日の翌日から起算して10日以内に限り行います。 なお、出発時刻前までに取消されなかった場合はご予約便出発日の翌日から起算して10日以内が払戻有効期間になります。 【注意事項】 ・搭乗期間・売出期間は、キャンペーン実施期間による。 Webサイト、モバイルサイトでのみ取り扱い。 ・購入期限は、予約日当日の23時59分まで。 ・予約変更は不可。 ・販売する席数は限定。 ・有効期間は、予約便に限定。 【注意事項】 ・満12歳以上22歳未満のお客様が対象。 ・予約受付は、搭乗日前日(朝7時)~搭乗日当日まで。 予約センターでは朝8時より受付を開始。 ・予約変更は不可。 ・販売する席数は限定。 ・有効期間は、予約便に限定。 ・自動チェックイン機の利用可。 年齢を確認できる公的身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証、学生証など)の提示が必須。 ・払戻手数料は、取消日にかかわらず、一人一区間につき500円。 ・払戻は、航空券の有効期間内および有効期間満了日の翌日から起算して10日以内に限る。 ただし、出発時刻前までに取り消さなかった場合は、旅客施設使用料を除き払い戻しできません。 【注意事項】 ・満60歳以上のお客様が対象。 ・予約受付は、搭乗日前日(朝7時)~搭乗日当日まで。 予約センターでは朝8時より受付を開始。 ・予約変更は不可。 ・販売する席数は限定。 ・有効期間は、予約便に限定。 ・自動チェックイン機の利用可。 年齢を確認できる公的身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証、学生証など)の提示が必須。 ・払戻手数料は、取消日にかかわらず、一人一区間につき500円。 ・払戻は、航空券の有効期間内および有効期間満了日の翌日から起算して10日以内に限る。 ただし、出発時刻前までに取り消さなかった場合は、旅客施設使用料を除き払い戻しできません。 ・障がい者(第1種)ご本人と介護人の方(12歳以上で対象者本人と同時にご搭乗される方に限る)。 ・障がい者(第2種)ご本人。 ・戦傷病者手帳、療育手帳に「航空割引、本人、介護者」の証明印が捺印されているご本人と介護人の方。 ・戦傷病者手帳、療育手帳に「航空割引、本人」の証明印が捺印されているご本人。 【注意事項】 ・予約受付は、発売開始~搭乗日当日まで。 ・予約変更可能(同種運賃同一区間に限る、逆方向への変更も不可)。 搭乗日により運賃の差額調整が必要。 ・航空券購入時ならびに搭乗手続きの際には、該当する手帳を呈示。 ・販売座席数の制限なし。 ・有効期間は、航空券発行の日及びその翌日から起算して270日。 ・払戻手数料は、取消日にかかわらず、一人一区間につき500円(大人・小児同額)。 ・払戻は、航空券の有効期間内および有効期間満了日の翌日から起算して10日以内に限る。 ただし、出発時刻前までに取り消されなかった場合は、予約便出発日の翌日から起算して10日以内。 SKYの乗継方法について スカイマークの運航するフライト同士で乗り継ぐ場合は35分以上の乗り継ぎ時間を見込んでおきましょう。 その他航空会社に乗り継ぐ場合は、1時間以上の乗り継ぎ時間が必要です。 目的空港によっては空港間の移動が伴う乗り継ぎがあります。 空港によって異なりますが、乗り継ぎには最大で380分以上もかかることがあるので、注意が必要です。 スカイマーク便からスカイマーク便へ乗り継ぐ場合は、出発空港で最終到着地までの搭乗手続きが可能です。 また、出発空港で預けた手荷物は、最終到着地で受け取ることができます。 一方で、スカイマーク便と他社便で乗り継ぐ場合、他社との連帯運送契約がないので、航空会社ごとにそれぞれの出発空港において搭乗手続きを行う必要があります。 手荷物についても、搭乗手続きに合わせてそれぞれの航空会社で預けなければなりません。 乗り継いだ先の空港では、手荷物検査を終える時間、搭乗ゲートに集合する時間が決まっています。 手荷物検査を出発時刻の15分前までに済ませて、搭乗ゲートには出発時刻の10分前までに集合しておく必要があります。 乗り継ぎに慣れていない場合、空港にいるスタッフにどこに向かえばよいのか、手続きはどのようにすればよいのか、荷物の取り扱いはどうすればよいのかなどを確認すると良いでしょう。 座席指定はホームページ、または搭乗日当日に出発空港カウンターにて行うことができます。 『大人普通運賃』『小児普通運賃』『障がい者割引運賃』『いま得』『たす得』『SKYセール』『U21直前割』『シニアメイト1』などの個人運賃を利用する場合には事前に座席指定をすることが可能です。 ただし、全ての座席が事前座席指定の対象とはなっていないため、予約状況によっては事前に指定ができないこともあります。 また、予約のみで航空券の購入が済んでいない場合は搭乗日の3日前までしか座席指定ができませんが、航空券の購入が済んでいる場合は出発時刻の1時間前までホームページなどのサイトから指定ができるようになっています。 スカイマークの機内に持ち込みが可能となっているのは、ハンドバックや傘などの身の回り品の他に、荷物の幅と奥行き、高さの3辺の合計が115センチ以内におさまる荷物が1人につき1個までとなっています。 また幅と奥行き、高さの3辺のそれぞれが、40センチ、25センチ、55センチ以内におさまる必要もあり、1人あたりの機内持ち込みの重量制限は10キロまでです。 もしこの範囲内におさまるものでも、収納スペースに入れることができない場合は貨物室での預かりとなることを前提としましょう。 機内に持ち込んだ手荷物は座席の上の棚か、前の座席の下に収納する必要があります。 非常口前の座席の場合は、前に座席がないため、全て座席の上の棚に収納しなければなりません。 機内に持ち込みが禁止されている品物もあり、化粧用や裁縫用などの小さなはさみは除きますが、刃渡り4センチ以上のはさみやナイフなどの刃物類、バッドやゴルフクラブといったスポーツ用品は安全上の理由から持ち込むことができません。 ライターやアルコールなどには持ち込みに条件があり、ライターは液体ライターやオイルライターであれば可能で1人につき1個まで、アルコールは度数が24パーセント以下であれば量に制限はありませんが、25パーセント以上70パーセント以下のアルコールは1人あたり5リットルまでとなっています。 html)預ける手荷物は機内に持ち込む荷物の重量と別に、1人あたり20キロまで無料です。 大きさは荷物の幅と奥行き、高さの3辺がそれぞれ50センチ、60センチ、120センチ以内におさまるもので、1個あたりの重さが32キロ以内となることが条件となっています。 20キロを超えた場合、超過手荷物手数料を支払うことで100キロまで預けることが可能で、超過手荷物手数料は10キロごとに1,000円必要です。 例外として、スキー板やサーフボードなどであれば、120センチを超えても預かってもらうことができますし、ベビーカーや車椅子などは無料で預かってもらえます。 しかし、花火やガスボンベ、ペイント類などの発火や引火の可能性があるものは、預けることが禁止されているため注意が必要です。 手荷物の手続きは手荷物カウンターで行っており、受け付け締切時間は出発時刻の20分前までとなっています。 スカイマークの運賃には予約の変更が可能なものや、条件付きで変更が可能なもの、予約変更が不可能なものがあります。 予約が変更可能な運賃には『大人普通運賃』や『小児普通運賃』、『障がい者割引運賃』があり、購入日の翌日から120日間であれば何度でも日にちや時間を変更することが可能です。 運賃に差額が生じる場合は差額分の返金、もしくは差額を支払う手続きが必要となります。 変更が可能な運賃には『たす得』があり、ご搭乗前日までご予約可能で便ごとの空席予測数に応じて、運賃額が変動する便変更可能となっています。 『SKYセール』、『いま得』などの運賃は変更することができません。 また、払い戻しも航空券の種類によって異なり、予約変更が可能な航空券であれば、航空券1枚につき払い戻し手数料の500円を差し引いた金額が返金されます。 前割3や前割1を払い戻す場合は航空券1枚につき払い戻し手数料の500円と、路線によって2,000円や3,000円など所定の取り消し手数料がかかります。 いま得を払い戻す場合も払い戻し手数料の他に取り消し手数料がかかり、手数料は購入後から搭乗日の60日前までであれば4,000円、それ以降便出発前までは5,500円です。 SKYセールやSKYバーゲン45を取り消した場合は払い戻しできません。 ただし、国内旅客施設使用料だけは返金されます。 悪天候や機材調整などにより遅延や欠航が生じた場合は、これらのルールと異なり、払い戻す場合は全額返金となりますし、変更ができない運賃でも、もとの搭乗日から30日以内であれば日にちや時間の変更ができるようになります。 スカイマークでは3歳以上の小児から運賃が必要となり、小児運賃の対象となるのは11歳までです。 変更可能な運賃を希望する場合は小児普通運賃が利用できますが、割引運賃には小児の割引がないため大人と同額での利用となります。 割引運賃を予約した時、小児普通運賃の方が安い場合は自動で小児普通運賃が適用されます。 また、5歳以下の搭乗に関しては必ず12歳以上の保護者の同伴が必要です。 6歳、7歳であれば『SKY KIDS』と呼ばれるサポートサービスを利用することで1人で搭乗することができ、『SKY KIDS』の申し込みは予約センターや空港カウンターで受け付けてくれます。 8歳から11歳も『SKY KIDS』を利用することができますが、大人同様に1人で搭乗することも可能です。 『SKY KIDS』を利用する場合、搭乗当日、同意書などにサインが必要で、また子ども1人につき保護者1人が搭乗口まで見送りをすることができます。 到着空港では係員が到着ロビーまで案内をしてくれます。 スカイマークには乗客の身体が不自由であっても、病気や怪我をしていても安心して飛行機に乗ることができるよう、相談にのったり、必要な手配を行ったりできる専用ダイアルを設けています。 また、耳や言葉に不自由がある乗客のために、ファックスによる予約サービスも行っており、これらのダイアルは年中無休で8時から20時30分まで営業しているため、利用しやすいでしょう。 目が不自由な乗客のために、機内の安全のしおりにも点字版の用意があります。 病気や怪我の具合や、酸素ボンベなど医療機器の使用状況などに応じて診断書が必要となることもありますが、ペースメーカーを装着していたり、機内にインシュリンの注射を持ち込んだりする場合、診断書は必要ありません。 しかし、保安検査場の通過は、糖尿病患者であることやペースメーカーを使用していることなどを証明できるものがあった方がスムーズになるでしょう。 車椅子を希望する場合は、空港や機内で車椅子を手配してもらうことができます。 車椅子の予約はホームページなどでは受け付けができないため、予約センターへの連絡が必要です。 また、スカイマークは高齢者の搭乗のためのサポートも行っており、長距離の歩行が困難であれば、出発空港や到着空港で車椅子の手配などを行ってくれます。 飛行機への搭乗が階段となる場合にも、リフトカーなどの手配をしてくれるため安心でしょう。 相談は予約センターで受け付けており、予約センターは年中無休で営業しています。 スカイマークでは、カブトムシなどの昆虫や金魚などであれば逃げ出したり、他の乗客から見えないようにしたりといった条件を満たすことで機内に持ち込むことが可能です。 ハムスターやウサギ、猫、犬などのペットは機内に連れていくことはできないため、預ける必要があります。 その際、必ずペットケージが必要となり、ペットケージは乗客自身で用意することもできますし、スカイマークでも貸し出しを行っています。 パグやシーズー、ブルドッグなどの短吻種犬も体調を崩しやすいといった理由から、飛行機に乗せることができないようになっています。 ペットの預かりについて、事前の予約は必要ありません。 出発当日、直接カウンターで手続きを行うことで預けることができ、手続きの締め切り時間は出発時刻の60分前までとなっています。 料金は全国一律5,000円で、ペットケージの貸し出しは無料です。 スカイマーク機内の機内にはコーヒー(ネスカフェ ゴールドブレンド)、キャンディー、おしぼり、毛布の貸出を無料で提供しています。 有料のサービスもあり、100円か就航地のおすすめ品や各種お飲み物・お菓子・おつまみを購入することができます。 また飛行機の模型やボールペンなど、スカイマークオリジナルグッズの販売があることも魅力でしょう。 機内でのエンターテイメントには機内誌や、子供向けの絵本の貸し出しがあります。 オーディオやwi-fiなどのサービスはありませんが、電波を発しない電子機器であれば利用できるため自分で持ち込んだオーディオ機器などを使用することはできますし、機材によりますが、座席の下にコンセントが設置されており自由に使うことができるため便利でしょう。 スカイマークの飛行機には、『フォワードシート』と呼ばれる足元が広めの座席もあります。 通常の座席に比べ足元が19センチから38センチも広くなっているため、機内でゆったりと過ごすことができるようになっています。 事前に予約はできないため、出発当日に出発空港での申し込みが必要となり、利用料金は1,000円です。 さらに『フォワードシート』には、優先搭乗やソフトドリンクを1杯まで無料で提供してくれるなどのサービスもあります。 スカイマークには空港ラウンジがありません。 しかし、スカイマークが運航しているほとんどの空港には、有料の空港ラウンジがあり、クレジットカードの会社によりますがゴールド会員であれば無料で利用することができます。

次の

スカイマーク、定時性1位 最小欠航率も 国交省17年度情報公開

スカイマーク 運行 情報

スカイマークのお得情報をゲットしよう!おすすめの方法を紹介 スカイマークを頻繁に利用する方の中には、お得情報をゲットしたいと思っている方も多いでしょう。 SKYセールなどを開催している スカイマークでは、やはり情報をゲットする方法も知っておくと便利です。 そこで、今回はそんな情報収集におすすめの方法を紹介します。 スカイマークでは会員サービスがない? まず、 スカイマークでは昔から 会員制度などは基本的に設けていないという特徴があります。 普通の航空会社では会員登録があったり、メルマガ登録ができたりするのですが、 スカイマークでは未だに明確に実装されているわけではありません。 ほとんどの航空会社では、 予約の際に入力の省略ができるよう、 会員登録をしたり情報を残しておいたりすることができるのですが、 スカイマークではそれらの対応に遅れていると言われています。 近年になり、スマホなどの 予約では入力省略なども可能となっているようですが、 他の航空会社に比べて汎用性は低いかもしれません。 しかし、上手に使えばとても安く旅行ができるということと、 やはりネームバリューとして スカイマークを利用するという方も多いです。 そういう方は、上手な情報収集方法を知っておくことが必要となるでしょう。 まずは、その点もしっかり確認しておき、 会員登録などはなくても情報を効率的に集められるようにしておくと良いです。 ちなみに、情報について詳しく知りたい場合は、ホームページが何よりも便利です。 そちらも合わせて下記にて確認しておいてください。 skymark. その場合は、まずは右上のFacebookボタンに注目してください。 facebook. そちらを活用すれば、 スカイマークの情報をリアルタイムでゲットすることが可能です。 最近ではこの スカイマークのように、SNSにて情報を拡散している航空会社も増えています。 本当はメルマガなどを登録しておけばメールにて情報を収集できるのですが、 SNSはリアルタイムで更新されるし、メールが送られてくることもないので負担にもなりません。 さらに、SNSではフォローしておくだけで情報を常にゲットできるので、かなり便利です。 スカイマークの場合、ほとんどはその日の運行情報などを更新していて、 簡単に飛行機の情報がわかるようになっています。 その他、就航地が新しく増えたり、器材が新しくなったりするなど、 スカイマークにとってのニュースを配信しています。 稀にセール情報なども出ていることがあると思うので、適宜確認すると良いでしょう。 ただ、SNSで確認するなら、実際にセール情報を定期的に確認した方が、確実とも言えます。 セール情報専門のスカイマークアカウントがあれば良いのですが、そのようなサービスはありません。 情報を的確に活用したいという場合は、まずはSNSを登録しつつ、セール情報なども小まめにチェックすると完璧です。 その点は他の航空会社とは違うので、ちょっとコツが必要となりますね。 スカイマークは少し異色の航空会社となっているため、 他の航空会社のように色々と幅広く手掛けているわけではありません。 本当に、言うなれば純粋に飛行機を提供している利便性に特化した企業だと言えるでしょう。 ただ、今後はもっとメルマガなどの登録もできるようにし、 利用者を大切にすれば、さらに業績もアップしそうな気がします。 SNSでスカイマークの情報をゲット スカイマークの情報に関して、リアルタイムで知りたい方は、 SNSとホームページを活用しましょう。 ホームページではより細かな情報が掲載されているので、そちらをメインに使い、 運行情報や スカイマークのニュースなどはSNSでゲットするのが良いです。 ちなみに、 スカイマークはあまり細かなキャンペーンなどをおこなっているわけではなく、 長いスパンでセールをおこなっていることもあります。 そういう情報に関しては、定期的に調べておくと安心です。 もちろんFacebookで得られる情報でも活用できるものは多いですが、 それだけだと不十分なものもあります。 より安く使いたいと思っているのであれば、その点はじっくりと考えて使っていく方が良いのではないでしょうか。 もちろん、情報に関しては常に更新されていくので、その点も合わせて考えておくと便利です。 上手に使うことさえできれば、 スカイマークもセールで安く乗ることができます。 結局のところ 予約などはホームページでおこなうことが必要となるため、 その点はじっくりと考えて使っていく方が良いと言えるでしょう。 個人情報の取り扱い スカイマークでは、SNSの登録などが可能ですが、 そちらをフォローするだけでは情報が相手に知られることはありません。 つまり、 他のメルマガなどに比べても安全性は高いでしょう。 個人情報などに関しても、 外部に漏えいされたりすることはないので、安心して利用することができます。 まとめ スカイマークでお得な情報をゲットしたい方は、メルマガ登録や会員登録などは期待せず、 SNSを活用することをおすすめします。 ただ、その更新も頻繁におこなわれているので、チェックするタイミングが重要となるでしょう。 合わせてホームページも見ておくと安心ですね。 航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので 最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう お願い申し上げます。 予めご了承くださいませ。

次の

発着案内・運航状況|スカイマーク SKYMARK

スカイマーク 運行 情報

スカイマークは、主に羽田空港を中心とした路線を就航しています。 主要な路線は羽田空港-新千歳空港、羽田空港-福岡空港、羽田空港-那覇空港などです。 運賃の種類は、予約の変更が可能な「普通運賃」はもちろん、「たす得(早期購入割引1日前)」「いま得(早期購入割引3日前)」といった搭乗予定日よりも予約するタイミングが早いほど割引率が高くなる早期購入割引があります。 たす得は普通運賃より航空券の料金が安いことに加え、予約の変更が可能な運賃です。 スカイマークを利用する場合は、たす得またはいま得を利用すると良いでしょう。 なお、航空券の料金は、ANAやJALと比べてお得であることがほとんどです。 荷物はANAやJALと同様に20kgまで無料で預けることができます。 空港では、座席を事前に指定しておくことで、チェックインせずにそのまま保安検査場に向かうことのできるスキップサービスは、スカイマークでは利用できないので注意しましょう。 座席間隔はJAL・ANAとそれほど変わらず、快適です。 また、航空券の料金に1,000円追加すれば、通常の座席と比べて19cm~38cmも足元に余裕のある「フォワードシート」を利用できます。 この座席は非常口付近にあるため、利用するためには条件があります。 フォワードシートは搭乗当日、空港カウンターにて承ります。 スカイマークは機内サービスも充実しており、コーヒー(ネスカフェ ゴールドブレンド)、キャンディー、おしぼり、毛布の貸出を無料で提供しています。 スカイマークには『いま得』『たす得』『SKYセール』など、さまざまな割引運賃があります。 SKYセールは発売期間が限定されていることが特徴で、スカイマークの一部の路線の一部の時間帯が普通運賃から最大で80パーセントほども安くなるお得な運賃です。 そのため、スカイマークでお得な運賃の利用を考える場合は、早めに予定を考える必要があるでしょう。 しかし、もし急に飛行機に搭乗することになった場合でも、スカイマークには『いま得』『たす得』などのお得な運賃があります。 『たす得』は、スカイマークが2018年3月より取り入れた割引運賃で、販売開始から搭乗日前日までが予約受付期間です。 この割引運賃は、空席状況により運賃が変わるシステムとなっています。 混み具合の予測が少なければ、予約日に関係なく安くチケットを予約できます。 『いま得』は、搭乗日3日前までに買える割引運賃になります。 以前は「フレックス」という名前で売り出していました。 いま得もたす得と同じく、席の空き具合により運賃が変動するシステムです。 スカイマーク自体には、マイレージプログラムなどマイルやポイントを貯める制度がありません。 そのため、自社のマイルによる特典などのサービスは利用できませんが、『デルタ航空』のマイルを貯めることでスカイマークの飛行機に無料で搭乗することはできます。 デルタ航空のマイレージプログラムは『スカイマイル』と呼ばれており、マイルを貯めるためにはデルタ航空の会員になる必要があります。 ただし、スカイマークの特典を利用するためには、日本在住でかつスカイマイル提携クレジットカードの本会員であること、またはデルタ航空の『メダリオン』という上級会員であることなどが条件です。 マイルは、デルタ航空やデルタ航空が提携する20社以上の航空会社の航空券を購入することで貯まりますが、クレジット機能付きのカードであればショッピングなどに利用した金額に応じてマイルが貯まる場合がほとんどです。 スカイマイルには有効期限がないため、失効を心配することなく気長にマイルを貯めることができるでしょう。 スカイマークの特典に交換するためには路線によって15,000マイルか20,000マイルが必要で、往復でも片道利用でも同じマイル数が必要となります。 一部対象外の路線や搭乗日などもありますが、多くの路線で利用することができます。 予約はスカイマークでなく、デルタ航空のオンラインから行わなければなりません。 出発日の14日以上前で、かつ60日以内に申し込みを行うことも条件で、マイルは予約確定後に引き落としとなります。 予約確定後は予約の変更や取り消しができなくなり、マイルのマイル口座への払い戻しも不可能です。 搭乗手続きの受け付けは有人カウンターのみで、運転免許証や健康保険証などの身分証明証の提示が必要となります。 予約変更は同じ区間、券種に限り可能ですが、搭乗日によっては運賃の差額調整が発生します。 この券種の特徴は、座席数に制限がないことで、ご希望便に空席がある限りはいつでも予約をすることが可能となっておりますので急遽決まった旅行や、 帰省の際に便利にご利用頂けます。 有効期限は航空券を発券した日、および、翌日から270日です。 キャンセル料金は、1区間につき500円の払い戻し手数料が必要となります。 また、出発前であれば取消手数料は発生しませんが、出発帰国以降は5,000円かかります。 この券種は、販売座席数に制限がないため、ご希望便に空席がある限りはいつでも予約することが可能となっておりますので、急遽決まった旅行や、帰省の際に便利にご利用頂けます。 キャンセル料金は、1区間につき500円の払い戻し手数料が必要となります。 また、出発前であれば取消手数料は発生しませんが、出発時刻以降は大人普通運賃の半額の料金がかかります。 現時点における便の最終的な混み具合の予測に応じて運賃額が変動する割引運賃です。 いま得では販売座席数に制限があり、ご予約いただいた便のみを対象としております。 そのため、予約の変更は不可となっております。 予約をキャンセルする場合には、500円の払戻手数料と、搭乗日の30日前までであれば4,000円、それ以降であれば5,000円の取消手数料がお一人様1区間につき申し受けます。 なお、登場予定便出発時刻以降の払戻は不可となっております。 払戻有効期間は予約搭乗便の翌日から起算して10日以内に限り行います。 現時点における便の最終的な混み具合の予測に応じて運賃額が変動する割引運賃です。 たす得では販売座席数に制限があります。 有効期間は航空券発行の日及びその翌日から起算して270日で、同種運賃同一区間に限り予約の変更が可能です。 予約をキャンセルする場合には、500円の払戻手数料と、2,500円の取消手数料がお一人様1区間につき申し受けます。 なお、登場予定便出発時刻以降の払戻は不可となっております。 払戻有効期間は航空券の有効期間内および有効期間満了日の翌日から起算して10日以内に限り行います。 なお、出発時刻前までに取消されなかった場合はご予約便出発日の翌日から起算して10日以内が払戻有効期間になります。 【注意事項】 ・搭乗期間・売出期間は、キャンペーン実施期間による。 Webサイト、モバイルサイトでのみ取り扱い。 ・購入期限は、予約日当日の23時59分まで。 ・予約変更は不可。 ・販売する席数は限定。 ・有効期間は、予約便に限定。 【注意事項】 ・満12歳以上22歳未満のお客様が対象。 ・予約受付は、搭乗日前日(朝7時)~搭乗日当日まで。 予約センターでは朝8時より受付を開始。 ・予約変更は不可。 ・販売する席数は限定。 ・有効期間は、予約便に限定。 ・自動チェックイン機の利用可。 年齢を確認できる公的身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証、学生証など)の提示が必須。 ・払戻手数料は、取消日にかかわらず、一人一区間につき500円。 ・払戻は、航空券の有効期間内および有効期間満了日の翌日から起算して10日以内に限る。 ただし、出発時刻前までに取り消さなかった場合は、旅客施設使用料を除き払い戻しできません。 【注意事項】 ・満60歳以上のお客様が対象。 ・予約受付は、搭乗日前日(朝7時)~搭乗日当日まで。 予約センターでは朝8時より受付を開始。 ・予約変更は不可。 ・販売する席数は限定。 ・有効期間は、予約便に限定。 ・自動チェックイン機の利用可。 年齢を確認できる公的身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証、学生証など)の提示が必須。 ・払戻手数料は、取消日にかかわらず、一人一区間につき500円。 ・払戻は、航空券の有効期間内および有効期間満了日の翌日から起算して10日以内に限る。 ただし、出発時刻前までに取り消さなかった場合は、旅客施設使用料を除き払い戻しできません。 ・障がい者(第1種)ご本人と介護人の方(12歳以上で対象者本人と同時にご搭乗される方に限る)。 ・障がい者(第2種)ご本人。 ・戦傷病者手帳、療育手帳に「航空割引、本人、介護者」の証明印が捺印されているご本人と介護人の方。 ・戦傷病者手帳、療育手帳に「航空割引、本人」の証明印が捺印されているご本人。 【注意事項】 ・予約受付は、発売開始~搭乗日当日まで。 ・予約変更可能(同種運賃同一区間に限る、逆方向への変更も不可)。 搭乗日により運賃の差額調整が必要。 ・航空券購入時ならびに搭乗手続きの際には、該当する手帳を呈示。 ・販売座席数の制限なし。 ・有効期間は、航空券発行の日及びその翌日から起算して270日。 ・払戻手数料は、取消日にかかわらず、一人一区間につき500円(大人・小児同額)。 ・払戻は、航空券の有効期間内および有効期間満了日の翌日から起算して10日以内に限る。 ただし、出発時刻前までに取り消されなかった場合は、予約便出発日の翌日から起算して10日以内。 SKYの乗継方法について スカイマークの運航するフライト同士で乗り継ぐ場合は35分以上の乗り継ぎ時間を見込んでおきましょう。 その他航空会社に乗り継ぐ場合は、1時間以上の乗り継ぎ時間が必要です。 目的空港によっては空港間の移動が伴う乗り継ぎがあります。 空港によって異なりますが、乗り継ぎには最大で380分以上もかかることがあるので、注意が必要です。 スカイマーク便からスカイマーク便へ乗り継ぐ場合は、出発空港で最終到着地までの搭乗手続きが可能です。 また、出発空港で預けた手荷物は、最終到着地で受け取ることができます。 一方で、スカイマーク便と他社便で乗り継ぐ場合、他社との連帯運送契約がないので、航空会社ごとにそれぞれの出発空港において搭乗手続きを行う必要があります。 手荷物についても、搭乗手続きに合わせてそれぞれの航空会社で預けなければなりません。 乗り継いだ先の空港では、手荷物検査を終える時間、搭乗ゲートに集合する時間が決まっています。 手荷物検査を出発時刻の15分前までに済ませて、搭乗ゲートには出発時刻の10分前までに集合しておく必要があります。 乗り継ぎに慣れていない場合、空港にいるスタッフにどこに向かえばよいのか、手続きはどのようにすればよいのか、荷物の取り扱いはどうすればよいのかなどを確認すると良いでしょう。 座席指定はホームページ、または搭乗日当日に出発空港カウンターにて行うことができます。 『大人普通運賃』『小児普通運賃』『障がい者割引運賃』『いま得』『たす得』『SKYセール』『U21直前割』『シニアメイト1』などの個人運賃を利用する場合には事前に座席指定をすることが可能です。 ただし、全ての座席が事前座席指定の対象とはなっていないため、予約状況によっては事前に指定ができないこともあります。 また、予約のみで航空券の購入が済んでいない場合は搭乗日の3日前までしか座席指定ができませんが、航空券の購入が済んでいる場合は出発時刻の1時間前までホームページなどのサイトから指定ができるようになっています。 スカイマークの機内に持ち込みが可能となっているのは、ハンドバックや傘などの身の回り品の他に、荷物の幅と奥行き、高さの3辺の合計が115センチ以内におさまる荷物が1人につき1個までとなっています。 また幅と奥行き、高さの3辺のそれぞれが、40センチ、25センチ、55センチ以内におさまる必要もあり、1人あたりの機内持ち込みの重量制限は10キロまでです。 もしこの範囲内におさまるものでも、収納スペースに入れることができない場合は貨物室での預かりとなることを前提としましょう。 機内に持ち込んだ手荷物は座席の上の棚か、前の座席の下に収納する必要があります。 非常口前の座席の場合は、前に座席がないため、全て座席の上の棚に収納しなければなりません。 機内に持ち込みが禁止されている品物もあり、化粧用や裁縫用などの小さなはさみは除きますが、刃渡り4センチ以上のはさみやナイフなどの刃物類、バッドやゴルフクラブといったスポーツ用品は安全上の理由から持ち込むことができません。 ライターやアルコールなどには持ち込みに条件があり、ライターは液体ライターやオイルライターであれば可能で1人につき1個まで、アルコールは度数が24パーセント以下であれば量に制限はありませんが、25パーセント以上70パーセント以下のアルコールは1人あたり5リットルまでとなっています。 html)預ける手荷物は機内に持ち込む荷物の重量と別に、1人あたり20キロまで無料です。 大きさは荷物の幅と奥行き、高さの3辺がそれぞれ50センチ、60センチ、120センチ以内におさまるもので、1個あたりの重さが32キロ以内となることが条件となっています。 20キロを超えた場合、超過手荷物手数料を支払うことで100キロまで預けることが可能で、超過手荷物手数料は10キロごとに1,000円必要です。 例外として、スキー板やサーフボードなどであれば、120センチを超えても預かってもらうことができますし、ベビーカーや車椅子などは無料で預かってもらえます。 しかし、花火やガスボンベ、ペイント類などの発火や引火の可能性があるものは、預けることが禁止されているため注意が必要です。 手荷物の手続きは手荷物カウンターで行っており、受け付け締切時間は出発時刻の20分前までとなっています。 スカイマークの運賃には予約の変更が可能なものや、条件付きで変更が可能なもの、予約変更が不可能なものがあります。 予約が変更可能な運賃には『大人普通運賃』や『小児普通運賃』、『障がい者割引運賃』があり、購入日の翌日から120日間であれば何度でも日にちや時間を変更することが可能です。 運賃に差額が生じる場合は差額分の返金、もしくは差額を支払う手続きが必要となります。 変更が可能な運賃には『たす得』があり、ご搭乗前日までご予約可能で便ごとの空席予測数に応じて、運賃額が変動する便変更可能となっています。 『SKYセール』、『いま得』などの運賃は変更することができません。 また、払い戻しも航空券の種類によって異なり、予約変更が可能な航空券であれば、航空券1枚につき払い戻し手数料の500円を差し引いた金額が返金されます。 前割3や前割1を払い戻す場合は航空券1枚につき払い戻し手数料の500円と、路線によって2,000円や3,000円など所定の取り消し手数料がかかります。 いま得を払い戻す場合も払い戻し手数料の他に取り消し手数料がかかり、手数料は購入後から搭乗日の60日前までであれば4,000円、それ以降便出発前までは5,500円です。 SKYセールやSKYバーゲン45を取り消した場合は払い戻しできません。 ただし、国内旅客施設使用料だけは返金されます。 悪天候や機材調整などにより遅延や欠航が生じた場合は、これらのルールと異なり、払い戻す場合は全額返金となりますし、変更ができない運賃でも、もとの搭乗日から30日以内であれば日にちや時間の変更ができるようになります。 スカイマークでは3歳以上の小児から運賃が必要となり、小児運賃の対象となるのは11歳までです。 変更可能な運賃を希望する場合は小児普通運賃が利用できますが、割引運賃には小児の割引がないため大人と同額での利用となります。 割引運賃を予約した時、小児普通運賃の方が安い場合は自動で小児普通運賃が適用されます。 また、5歳以下の搭乗に関しては必ず12歳以上の保護者の同伴が必要です。 6歳、7歳であれば『SKY KIDS』と呼ばれるサポートサービスを利用することで1人で搭乗することができ、『SKY KIDS』の申し込みは予約センターや空港カウンターで受け付けてくれます。 8歳から11歳も『SKY KIDS』を利用することができますが、大人同様に1人で搭乗することも可能です。 『SKY KIDS』を利用する場合、搭乗当日、同意書などにサインが必要で、また子ども1人につき保護者1人が搭乗口まで見送りをすることができます。 到着空港では係員が到着ロビーまで案内をしてくれます。 スカイマークには乗客の身体が不自由であっても、病気や怪我をしていても安心して飛行機に乗ることができるよう、相談にのったり、必要な手配を行ったりできる専用ダイアルを設けています。 また、耳や言葉に不自由がある乗客のために、ファックスによる予約サービスも行っており、これらのダイアルは年中無休で8時から20時30分まで営業しているため、利用しやすいでしょう。 目が不自由な乗客のために、機内の安全のしおりにも点字版の用意があります。 病気や怪我の具合や、酸素ボンベなど医療機器の使用状況などに応じて診断書が必要となることもありますが、ペースメーカーを装着していたり、機内にインシュリンの注射を持ち込んだりする場合、診断書は必要ありません。 しかし、保安検査場の通過は、糖尿病患者であることやペースメーカーを使用していることなどを証明できるものがあった方がスムーズになるでしょう。 車椅子を希望する場合は、空港や機内で車椅子を手配してもらうことができます。 車椅子の予約はホームページなどでは受け付けができないため、予約センターへの連絡が必要です。 また、スカイマークは高齢者の搭乗のためのサポートも行っており、長距離の歩行が困難であれば、出発空港や到着空港で車椅子の手配などを行ってくれます。 飛行機への搭乗が階段となる場合にも、リフトカーなどの手配をしてくれるため安心でしょう。 相談は予約センターで受け付けており、予約センターは年中無休で営業しています。 スカイマークでは、カブトムシなどの昆虫や金魚などであれば逃げ出したり、他の乗客から見えないようにしたりといった条件を満たすことで機内に持ち込むことが可能です。 ハムスターやウサギ、猫、犬などのペットは機内に連れていくことはできないため、預ける必要があります。 その際、必ずペットケージが必要となり、ペットケージは乗客自身で用意することもできますし、スカイマークでも貸し出しを行っています。 パグやシーズー、ブルドッグなどの短吻種犬も体調を崩しやすいといった理由から、飛行機に乗せることができないようになっています。 ペットの預かりについて、事前の予約は必要ありません。 出発当日、直接カウンターで手続きを行うことで預けることができ、手続きの締め切り時間は出発時刻の60分前までとなっています。 料金は全国一律5,000円で、ペットケージの貸し出しは無料です。 スカイマーク機内の機内にはコーヒー(ネスカフェ ゴールドブレンド)、キャンディー、おしぼり、毛布の貸出を無料で提供しています。 有料のサービスもあり、100円か就航地のおすすめ品や各種お飲み物・お菓子・おつまみを購入することができます。 また飛行機の模型やボールペンなど、スカイマークオリジナルグッズの販売があることも魅力でしょう。 機内でのエンターテイメントには機内誌や、子供向けの絵本の貸し出しがあります。 オーディオやwi-fiなどのサービスはありませんが、電波を発しない電子機器であれば利用できるため自分で持ち込んだオーディオ機器などを使用することはできますし、機材によりますが、座席の下にコンセントが設置されており自由に使うことができるため便利でしょう。 スカイマークの飛行機には、『フォワードシート』と呼ばれる足元が広めの座席もあります。 通常の座席に比べ足元が19センチから38センチも広くなっているため、機内でゆったりと過ごすことができるようになっています。 事前に予約はできないため、出発当日に出発空港での申し込みが必要となり、利用料金は1,000円です。 さらに『フォワードシート』には、優先搭乗やソフトドリンクを1杯まで無料で提供してくれるなどのサービスもあります。 スカイマークには空港ラウンジがありません。 しかし、スカイマークが運航しているほとんどの空港には、有料の空港ラウンジがあり、クレジットカードの会社によりますがゴールド会員であれば無料で利用することができます。

次の