水切り かご 使わ ない。 水切りかごを使わない方法!!水切りかごを置かないオシャレで快適な生活|map×map

【水切りかごは使わない?やっぱり必要?】1ヶ月模索した結果!代用アイテムも紹介|リノベと暮らしとインテリア

水切り かご 使わ ない

水切りかごを使わないおすすめの代用法その1は、水切りパネルの利用です。 もともと備え付けの水切りパネルがあるという人は、使わないでしまっていた水切りパネルを出して、有効活用しましょう。 また、最近は市販でも水切りパネルがたくさん販売されています。 シリコン製や折りたたみ可能な製品まで様々販売されており、直接シンクにかけて使えるので、滴った水が自動的に排水されていく手軽さからも非常におすすめなアイテムだと言えます。 使用後は洗って乾燥させれば、どこにでも収納可能なくらいコンパクトになるのも非常に嬉しい点ですね。 使用後は清潔に洗って干したり拭いたりすれば、キッチンの目隠ししてあるところにも収納しておくことができるため、水切りかごを使わないばかりかスッキリとした統一感のキッチンを演出することができます。 ふきんなら、そもそもどこの家庭でも専用のふきんラックなど、かけて干せる場所が用意されてあることから、わざわざ水切りかごを使わないで済みます。 また、白地の食器用ふきんなら毎回きちんと洗ったり漂白剤につけたり、さらには煮沸消毒などの殺菌・消毒することができるのでとても衛生的です。 ちょっとしたカトラリーや小さい食器類なら、手軽にそのまま拭きあげてしまってもいいですよね。 ふきんは、和風テイストなキッチン・台所にはもちろんなじむものですが、意外と欧風スタイルのキッチン・台所にも似合うものなのです。 そのため、インテリアやテイストにかかわらず、使い勝手の良さを存分に利用することができるのもふきんの良い点です。 最近の水切りマットは、シリコン製の洗って丸められるタイプから、珪藻土入りタイプの水切りマットまで、水切りかごには使わない素材でできたものがたくさん販売されています。 しかも、水切りマットは収納性がよいだけでなく、清潔に保つことができます。 洗って使ったり、簡単手軽なお手入れ方法ができるので、衛生的かつ速乾性にも優れている非常に便利なアイテムです。 また、ふきんやタオルと併用して使うことができるものも多く販売されており、複数枚あれば食器はもちろんのこと、野菜拭きやちょっとした調理中の手拭きなどにも使用することができます。 そもそも、備え付けの食器洗い機などを利用すれば水切りかごは使わないですよね。 乾燥も自動で行ってくれるので、食器用ふきんなども使わないです。 ただし、食器洗浄機や食器乾燥機は新たに設置するとなると結構な金額の本体費用がかかるほか、食器洗浄機や乾燥機を設置するためもスペースを用意するなど、多少リスク大きいという面も事実です。 そのため、台所が狭い人や手軽に今すぐなんとかしたいという人にとってはあまりおすすめの方法ではないかもしれません。 マイクロファイバーでできたこちらのワッフルタオルは、なんといっても優れた吸水性にあります。 マイクロファイバーの細かな繊維が、水滴をぎゅっと吸い込んでくれます。 また、毛羽立ちの少なさから、水切りはもちろん拭きあげにもとても便利です。 また、こちらのアイテムは普通のタオルやふきんと比べて速乾性があることから、なかなか乾きづらい冬場などの寒い季節でも、毎日清潔に洗って干して使えるアイテムです。 こちらのワッフルタオルは、大きさや色を選ぶことができるので、普段どれくらい食器を洗うかによって大きさを選んでみてもいいですね。 色々な使い方ができるキッチンクロスは、厚手でしっかり水滴をふき取ることができる点でも非常に優れているアイテムです。 使わない時でもおしゃれなキッチンクロスは、目隠しとして使ったり、ランチョンマットと併用することもできますよね。 さらにこちらのアイテムは、なんといっても厚手であることが特徴なので水切りとしての使用はもちろんのこと、食器を拭きあげることももちろん可能です。 2、3枚あれば、キッチン・台所のいたるところで大活躍してくれること間違いなしのアイテムです。 滑り止めの下には水受けトレーが付属されているので、水滴をキャッチしてくれます。 しかも、食器を置く面には傾斜ができており、水があふれる心配がありません。 そのため、まわりが水浸しになることが防げる点でも非常におすすめです。 場所を取る水切りかごとは異なり薄型のトレー型マットなので、立てて収納できる点でも非常に優れており、スペースを使わない点も嬉しいですね。 ちなみに、滑り止め機能がついたマットとトレーは、別々の使用ももちろんOK!シンク以外でも色々な使用ができそうな点も嬉しいですよね。 水切りマットのなかでは非常にスタンダードな水切りマットで、マイクロファイバーの吸水性を活かしたアイテムです。 タオルなどと同様に、洗って干すことができるので、清潔かつ衛生的でもあります。 こちらのアイテムは比較的大判サイズの商品なので、これまで設置していた水切りかごのようにお皿やカトラリーなどをたくさん置ける点でも非常におすすめです。 家族が多い人にも最適です。 カラーバリエーションも豊富なので、インテリアになじむものを選ぶのも楽しそうですね。

次の

置き場所に困る水切りカゴ、使わない生活がおすすめです【食洗機併用】|私だってていねいに暮らしたい!

水切り かご 使わ ない

せっかく洗った食器を、汚い水切りに置いてたら意味ないですね(笑)。 【ミニマリスト】水切りかごを使わないコツは洗い物を減らすこと 水切りかごを使わないコツは 「洗い物を減らす」ことです。 これが 大原則だと思います。 そもそも水切りを使うのは、 洗った食器をすぐに拭くのが面倒だからですよね。 洗う食器が少なければ、 洗ってそのままふきんで拭きとってしまえばいいわけです。 もしくは、少し拭きとって 台所にそのまま置いておけば、水切りがなくても自然乾燥できます。 物を減らすには、兼用できる物は兼用すること そこで、「 兼用できるものは兼用する」ことでアイテムの種類を減らすことをおすすめします。 例えばこんな感じ。 【ミニマリスト】水切りかごを使わない生活に。 代用品・使わないコツを紹介|まとめ ということで、水切りかごを使わないコツと、代用品を紹介してきました。 とは言え、別に 水切りかごを使うか使わないかで正解があるわけでもないです。 なので一番大切なのは、「 あなたがキッチンをどういう空間にしたいのか」意識することだと思います。 とにかく物が少ない空間にしたい• おしゃれな空間にしたい• 食器を乾燥させておく時もきれいに並べておきたい など、いろいろありますよね。 僕のキッチンは極端ではありますが、 「面倒なことを減らしたい」という意識で取捨選択した結果です。 ぜひこの記事や考え方を参考に、あなたの環境に置き換えてキッチンのインテリアに役立てて頂ければと思います。

次の

水切りかごを置きたくない人へ!一人暮らしのキッチン食器置きスタイル

水切り かご 使わ ない

水切りかごを使わないおすすめの代用法その1は、水切りパネルの利用です。 もともと備え付けの水切りパネルがあるという人は、使わないでしまっていた水切りパネルを出して、有効活用しましょう。 また、最近は市販でも水切りパネルがたくさん販売されています。 シリコン製や折りたたみ可能な製品まで様々販売されており、直接シンクにかけて使えるので、滴った水が自動的に排水されていく手軽さからも非常におすすめなアイテムだと言えます。 使用後は洗って乾燥させれば、どこにでも収納可能なくらいコンパクトになるのも非常に嬉しい点ですね。 使用後は清潔に洗って干したり拭いたりすれば、キッチンの目隠ししてあるところにも収納しておくことができるため、水切りかごを使わないばかりかスッキリとした統一感のキッチンを演出することができます。 ふきんなら、そもそもどこの家庭でも専用のふきんラックなど、かけて干せる場所が用意されてあることから、わざわざ水切りかごを使わないで済みます。 また、白地の食器用ふきんなら毎回きちんと洗ったり漂白剤につけたり、さらには煮沸消毒などの殺菌・消毒することができるのでとても衛生的です。 ちょっとしたカトラリーや小さい食器類なら、手軽にそのまま拭きあげてしまってもいいですよね。 ふきんは、和風テイストなキッチン・台所にはもちろんなじむものですが、意外と欧風スタイルのキッチン・台所にも似合うものなのです。 そのため、インテリアやテイストにかかわらず、使い勝手の良さを存分に利用することができるのもふきんの良い点です。 最近の水切りマットは、シリコン製の洗って丸められるタイプから、珪藻土入りタイプの水切りマットまで、水切りかごには使わない素材でできたものがたくさん販売されています。 しかも、水切りマットは収納性がよいだけでなく、清潔に保つことができます。 洗って使ったり、簡単手軽なお手入れ方法ができるので、衛生的かつ速乾性にも優れている非常に便利なアイテムです。 また、ふきんやタオルと併用して使うことができるものも多く販売されており、複数枚あれば食器はもちろんのこと、野菜拭きやちょっとした調理中の手拭きなどにも使用することができます。 そもそも、備え付けの食器洗い機などを利用すれば水切りかごは使わないですよね。 乾燥も自動で行ってくれるので、食器用ふきんなども使わないです。 ただし、食器洗浄機や食器乾燥機は新たに設置するとなると結構な金額の本体費用がかかるほか、食器洗浄機や乾燥機を設置するためもスペースを用意するなど、多少リスク大きいという面も事実です。 そのため、台所が狭い人や手軽に今すぐなんとかしたいという人にとってはあまりおすすめの方法ではないかもしれません。 マイクロファイバーでできたこちらのワッフルタオルは、なんといっても優れた吸水性にあります。 マイクロファイバーの細かな繊維が、水滴をぎゅっと吸い込んでくれます。 また、毛羽立ちの少なさから、水切りはもちろん拭きあげにもとても便利です。 また、こちらのアイテムは普通のタオルやふきんと比べて速乾性があることから、なかなか乾きづらい冬場などの寒い季節でも、毎日清潔に洗って干して使えるアイテムです。 こちらのワッフルタオルは、大きさや色を選ぶことができるので、普段どれくらい食器を洗うかによって大きさを選んでみてもいいですね。 色々な使い方ができるキッチンクロスは、厚手でしっかり水滴をふき取ることができる点でも非常に優れているアイテムです。 使わない時でもおしゃれなキッチンクロスは、目隠しとして使ったり、ランチョンマットと併用することもできますよね。 さらにこちらのアイテムは、なんといっても厚手であることが特徴なので水切りとしての使用はもちろんのこと、食器を拭きあげることももちろん可能です。 2、3枚あれば、キッチン・台所のいたるところで大活躍してくれること間違いなしのアイテムです。 滑り止めの下には水受けトレーが付属されているので、水滴をキャッチしてくれます。 しかも、食器を置く面には傾斜ができており、水があふれる心配がありません。 そのため、まわりが水浸しになることが防げる点でも非常におすすめです。 場所を取る水切りかごとは異なり薄型のトレー型マットなので、立てて収納できる点でも非常に優れており、スペースを使わない点も嬉しいですね。 ちなみに、滑り止め機能がついたマットとトレーは、別々の使用ももちろんOK!シンク以外でも色々な使用ができそうな点も嬉しいですよね。 水切りマットのなかでは非常にスタンダードな水切りマットで、マイクロファイバーの吸水性を活かしたアイテムです。 タオルなどと同様に、洗って干すことができるので、清潔かつ衛生的でもあります。 こちらのアイテムは比較的大判サイズの商品なので、これまで設置していた水切りかごのようにお皿やカトラリーなどをたくさん置ける点でも非常におすすめです。 家族が多い人にも最適です。 カラーバリエーションも豊富なので、インテリアになじむものを選ぶのも楽しそうですね。

次の