山形 コロナ ウイルス twitter。 【山形コロナ】道の駅米沢で新型コロナウイルス感染者が確認される

山形)県境越える移動の自粛、月内で解除へ 県が決定 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

山形 コロナ ウイルス twitter

弱点もわかってきました。 COVID-19(新型コロナウイルス)との戦いは長期戦になりそうですが、僕らができる防御策も見えてきました。 同時にやっつけるための弱点も除々に判明してきましたよ。 ライティング製品を開発しているSignify社は、COVID-19に対してUV-Cライト(紫外線ライト)の有効性を報告しています。 これはボストン大学の研究室で行なわれた実験で、 Signify社の紫外線ライト照射後、数秒でウイルスは検出されなくなったとのこと。 他のウイルスや細菌の例に漏れず、新型コロナウイルスも紫外線は苦手なんですね。 そしてSignifyでは、技術を独占的に使用するのではなく、COVID-19対策としてUV-C照明技術を他の照明会社が広く利用できるようにするとのことですよ。 詳しい発表内容はをどうぞ。 ところでSignifyって何の会社?と言うと、 昔の名前は「フィリップス ライティング」。 そう、IoT対応照明「Hue」などを作っているところと言えば、僕らには馴染み深い会社かと。 紫外線への有効性を示すデータは他にもある この他にも、ウイルス・細菌への紫外線の有効性を示すデータはやでもチェックでき、それらも参考になります。 特にスタンレー電気はSignifyと同じくヒトコロナウイルス(COVID-19)への検証結果も掲載しています。 Signify社と同様に、紫外線で不活化できるといったデータが出ていますよ。 注意点としては、現在でも広く紫外線ライトは手に入りますが、 ウイルスや細菌の不活化目的なら専門家の指示のもと適切な用法でお願いしますね。 自宅に採用するなら、アルコール消毒がお手軽で安全かもね。 Source: via , ,• Tags :•

次の

市民・事業者の皆様へのご支援について【新型コロナウイルス感染症に係る支援策】 — 山形市役所

山形 コロナ ウイルス twitter

「道の駅米沢で新型コロナウイルス感染者」に関するツイート 本日、判明した本県61例目の新型コロナウイルス感染者の方の詳細についてお知らせします。 今後、さらに詳しく行動歴を確認し、濃厚接触のあった方の健康観察を行い、必要に応じてPCR検査を実施していきます。 米沢市長のFacebookより。 県の会見より早い情報に感謝。 ご覧の通り、で新型コロナウイルス感染者が確認されたことが報告されています。 感染者は、セブンイレブン道の駅米沢店従業員の10代女性と公表されています(詳細は、あるいはをご覧ください)。 これに対して困惑する声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 「道の駅米沢で新型コロナウイルス感染者」に対する世間の反応 「道の駅米沢でコロナ出たんか…」 「道の駅米沢にコロナ出てるな…」 「道の駅米沢にもコロナ出てしまった…」 「道の駅米沢もコロナ出たみたい。 危なくなってきた」 などの声があがりました。 やはり世間では、セブンイレブン道の駅米沢店で新型コロナウイルス感染者が確認されたことに対して困惑する声が多く見られました。 最後に 今回は、山形県のセブンイレブン道の駅米沢店で新型コロナウイルス感染者が確認されたことについてご紹介させていただきました。 山形県内で新型コロナウイルス感染者が増加しているということで、住民の間で不安が広がっています。 都会・地方問わず、日本全国で新型コロナウイルス感染者が急増していますので、自分だけでなく家族や友人のためにも感染症対策を念入りに行いたいですね。

次の

【随時更新】新型コロナウイルスの終息願い山形でも「アマビエ」続々

山形 コロナ ウイルス twitter

山形県は26日、政府が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を全国で解除したことなどを受け、新しい対応方針を決めた。 県境を越えた移動の自粛要請は今月いっぱいで解除し、今後の感染拡大防止策については、感染状況に応じた「注意・警戒レベル」と対応例を設定し、これを基準にしていくことを決めた。 新方針は同日、県庁で開かれた危機対策本部員会議で決まった。 他県との往来自粛については5月末で解除。 ただし、最後まで国の緊急事態宣言の対象となっていた5都道県(北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川)への不要不急の移動は、6月18日まで慎重にするよう求める。 吉村美栄子知事は「できれば控えてほしいという意味だ」と説明した。 6月18日までは屋内が100人、屋外は200人まで。 6月19日~7月9日はともに1千人、7月10日~31日は5千人までとした。 また、県は新たに県内の新規感染者数など感染状況を目安にした4段階の「注意・警戒レベル」を設定。 吉村知事は「第2波の感染拡大があっても乗り越えるためにシミュレーションしておき、県民が共通認識を持つための判断基準を示した」と説明した。 直近の7日間で新規感染者10人以上、感染経路不明者2人以上となった場合は「レベル4(非常事態)」に相当。 対応として、県内の事業者への営業自粛要請などが挙がる。 対象業種などは「その時点の状況などを踏まえて決めることになる」とした。 (三宅範和).

次の