49 日 お供え の し。 四十九日のお供え物とマナー|果物/お菓子/餅/表書き/孫

49日法要の香典:身内の、相場金額、「のし」の書き方、マナー

49 日 お供え の し

Contents• せっかくのお供えが迷惑にならないためには 大切な方が亡くなったと後から知った。 または、諸事情で法要を欠席しなければならない。 極楽浄土に旅立つ大事な四十九日法要。 せめてもの気持ちを形に、何かお供えものでも…。 とても良くわかります。 四十九日法要に伺えないのならお供えを郵送するのもあり。 やむなく欠席となる場合、いつ頃どちらへ送ったらよいか施主側に事前に確認が必要です。 私も経験済みですが、四十九日法要当日の施主はとにかく忙しい。 当日の荷物の受け取りが迷惑なことも。 なので、事前にどうするべきか聞いておくことが望ましいです。 法要当日、斎場またはお寺へという承諾を受けた場合。 法要時間の2時間前には届くような配慮も大事です。 故人が恩師、友人などなら遺族が直接あなたを知らないこともありますよね。 お供えを郵送するのであれば、法要当日を避けて手紙を添えてご自宅へ。 これがベストです。 ただ、注意が必要なのは事前に施主側からお供えの辞退があった場合。 ごく近い身内だけですませる家族法要などですね。 そんな時は弔問もお供えも控えるべきです。 施主側も香典返しを用意していないことが多い。 送ったお供えがかえって施主に手間をかけさせてしまうことも。 どうしても送りたいのであれば、手紙に香典返しは不要の旨を書きましょう。 手紙を書く時と郵送においての注意点 お悔やみの手紙をいざ書こうと思っても何を書けばいいのか…。 ポイントは「丁寧な言葉で、あなたの言葉で」です。 マニュアルのままの言葉では気持ちは伝わりにくいもの。 故人への哀悼、ご家族の方へのいたわりなどをあなたなりの言葉で書きましょう。 1つ目の注意点は忌み言葉。 忌み言葉は重ね言葉のことです。 くれぐれも、わざわざ、再度、いろいろ、重ね重ねなど。 弔事において、重なる言葉は次があるとの意味に取られるので避けましょう。 この重なるについては、手紙そのものにも注意が必要です。 封筒は二枚重ねのものではないものを選んでください。 便せんも1枚におさめましょう。 お菓子などのお品を郵送する時の注意点。 荷物に手紙を同封することは、法に触れてしまうことがあるんです。 それを避けるためには、手紙の内容が荷物に対する説明文であること。 封筒の封はしないこと。 これらの点に気をつければ大丈夫。 お供えがお香典などお金の場合。 こちらは郵便局の現金書留を使用します。 書留の封筒に、一緒に手紙を添えることができるので便利です。 施主側の都合を最優先にしましょう。 心を込めた手紙を書くためには相手を深く偲ぶことが大切です。 かといって、おおげさなお悔やみの言葉は余計遺族の哀しみを深めることも。 ほどほどにしておく方が無難です。 仏事においてタブーなことは多いもの。 少し注意をしながらあなたらしい手紙を書いてください。 スポンサードリンク•

次の

49日法要の香典:身内の、相場金額、「のし」の書き方、マナー

49 日 お供え の し

四十九日とは 故人の命日から四十九日目におこなう法要のことです。 厳密にいうと「法要」とはお経をあげてもらうことを指し、その後の焼香や会食までをあわせて「法事」と言います。 大乗仏教、特に日本の多くの宗派では、人が死ぬとしばらく現世と来世の境にとどまって、やがて来世に行き、そして生まれ変わるといわれています。 この境にとどまる期間が四十九日間、仏教用語では「中陰」といいます。 この間に、人は閻魔大王などから現世でのおこないを審判され、どの世界に生まれ変わるかの判決を受けます。 善行、つまり善いおこないを積んでいれば、極楽浄土に生まれ変わることができます。 そこで故人が極楽浄土へ行けるように祈るのも、四十九日までの法要の役割です。 そのためこの間の法要は「追善法要」とも呼ばれます。 追善法要は命日から7日間ごとにおこなわれます。 そして生まれ変わりの最終審判が下る四十九日目は特に重要とされ、ご遺族以外にも親族や友人が参列して、焼香したりお供えをしたりするのです。 ちなみに近年では、より多くの方が集まりやすいようにと、ちょうど四十九日目でなく、それより前の週末に法事を行うところも増えています。 四十九日のお供えの一般的な品物 お供え物は 故人の冥福(冥途での幸福)を祈り、生前の感謝を伝え、またご遺族をなぐさめるためのものです。 特に四十九日は葬儀や初七日以降のもっともおおきな法事で、香典とともにお供え物を持参するところもあります。 四十九日の一般的なお供え物の例を、以下にまとめました。 お菓子と果物 和菓子や洋菓子、せんべいやゼリーといったお菓子は、お供え物の定番です。 故人だけでなくご遺族も喜ばれるでしょう。 菓子店やデパート、スーパーにネットショッピングなど、購入できる場所が多いのも特徴です。 よく吟味して、気持ちの伝わるお菓子を選びましょう。 また、季節の果物も喜ばれます。 バラで購入する場合でも、詰め合わせや盛りかごなどでも、スーパーやデパートなどで身近に購入できるので、お供え物の定番のひとつです。 お花 お供え物としてお花を届ける方も多いかと思います。 四十九日までは忌中になるので、故人を弔い、ご遺族にお悔やみをする意味で、菊やユリなどの 白を基調としたお花をお供えします。 ただご遺族をなぐさめるため、あるいは故人が子どもだった場合などに、カラフルな花を添えることもあります。 なお四十九日には、献花ではなく、かごがついていてそのまま飾れるアレンジメントが好まれます。 また生花を乾燥させたブリザーブドフラワーや造花も、水を代える手間がはぶけて重宝されます。 ただ 地域によって慣習も異なるので、注意が必要です。 「終活ねっと」の下記の記事では、四十九日のお花について詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。 線香 極楽浄土への道しるべと言われているのが、線香の煙です。 線香には、香り付きのものがあり、フローラル・香木など一般的な香りのほかに、コーヒーやお菓子といった変わった香りのものもあり故人が好きだった香りを選ぶことができます。 また、近年ではマンションなどの集合住宅などが増えため、煙の量が少ない線香も人気を集めてきています。 その他にも、内容料や質などにより様々な価格設定の線香が販売されているので、お供え物のひとつとして注目を集めています。 ビールなどのお酒、故人の好きだったもの 故人が生前好きだったものをお供えするという方もいらっしゃいます。 たとえばお酒が大好きだった人にビールや日本酒をお供えするなどです。 ただ宗派や地域の慣習、ご遺族の意向もありますので、気になる場合は 確認してからお供え物を用意するといいでしょう。 お供え物を選ぶときの注意点 こうしたお供え物を選ぶときには、しきたりや、ご遺族の迷惑とならないように配慮しなければなりません。 お供え物を購入するときの注意点についてまとめてみました。 お供え物のお金の相場はどれくらい? 気になる金額の相場ですが、四十九日のお供え物は香典とともに持参するので、それほど高価でなくてもかまいません。 地域などによって差はありますが、 5千円~1万円程度が相場とされています。 この金額をだいだいの目安に、あとは周囲とも相談しながら、お供え物の金額を設定しましょう。 お菓子や果物は日持ちのするものを お供え物は長期間、仏前に置かれます。 特に夏場は劣化も早いので、 日持ちのする食べ物を選びましょう。 お菓子であれば1か月以上の賞味期限があるものを、果物であればバナナやイチゴなどよりも、実のかたいものがいいでしょう。 またお菓子をお供えする場合、あとでお下がりをいただいて分配することを考えて、 個別に包装されたものが喜ばれます。 羊羹であれば一切れずつ包装されたものを、クッキーやおかきであれば小分けにされたものを選べればなおよいでしょう。 また、下記の記事ではお供え物におすすめなお菓子について詳しく紹介しています。 ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。 トゲのある花、香りの強い花は避ける バラやあざみなど、 トゲのある花は避けたほうがよいでしょう。 ご遺族が水を代える際のさまたげとなりますし、仏前がトゲトゲしくもなってしまいます。 また、 香りの強い花も避けたほうがいいでしょう。 強烈な香りに体調が悪くなるというご遺族もいらっしゃるからです。 ユリなどの花粉が多い花はあらかじめ花粉を取り除いておきましょう。 肉や魚など、殺生につながるものも避ける 仏教では基本的に殺生を禁じています。 どこまで厳格に当てはめるかはかなり差がありますが、お供え物に肉や魚など、 殺生のイメージとつながる食べ物も避けたほうが無難です。 ただ故人が大好きでご遺族からもぜひとお願いされたので、ハムをお供えしたという例もあります。 しきたりよりも気持ちが大事という人も増えています。 お供え物に肉や魚などをお供えしたい場合は、ご遺族やお寺などによく相談することが大切です。 お供え物を持参するときのマナー お供え物を選んで、いざ四十九日となったとき、ご遺族にたいして不快な思いはさせたくないものです。 そこで お供え物を持参したときの当日のマナーを、紹介していきたいと思います。 「のし」の選び方と書き方 どんなお供え物をするにしても、表紙には必ず弔事用の「のし(熨斗)」をつけます。 のしとは白地に水引が印刷された掛け紙のことです。 もともとはアワビをのした慶事用の贈り物でしたが、転じて掛け紙の右上に付ける六角形の飾りを意味し、また転じて掛け紙全体を指すようになり、さらに現在では六角形の飾りのない弔事用の掛け紙をも「のし」と言うようになりました。 四十九日における「のし」は、基本的には 黒白または双銀の水引のものを使います。 ただ、地域によってはのしの種類が異なる場合があります。 例えば、 関西などでは四十九日以降から黄白の水引を使う場合があります。 のしを選ぶ際は、よく確認するようにしましょう。 また、包装紙の下にのしを貼ってしまうと誰からのお供え物かわからなくなるので、参列する場合、のしは 包装紙の上から貼りましょう。 水引の上側には黒で「御供」「御供物」などと書きます。 また仏教の多くの宗派では「御霊前」とも書きますが、浄土真宗では死後すぐに来世に行き仏となると考えられているので「御仏前」と書きます。 そして水引の下には参列者の代表名をフルネームで書きます。 もし夫婦ともにお世話になった場合には、下の名前を連名にします。 お供え物の袋 お菓子や果物などをお供え物として持参する場合、紙袋に入れていくことが多いと思います。 その際には、紙袋ごと渡すのではなく、 中身だけ取り出して渡しましょう。 残った紙袋は、小さくたたんで持ち帰ります。 また 風呂敷につつんで持参するとより丁寧です。 家庭に風呂敷がある場合はぜひ活用してください。 このときも風呂敷からとりだして、中身だけ渡すようにしましょう。 お供え物を渡すとき お供え物は、直接みずから仏壇に置いてはいけません。 仏壇に供えるのはご遺族の役目なので、かならず 施主(法事の代表者)やご遺族に手渡すようにしましょう。 また、手渡す際は、片手ではなく両手で丁寧に差し出すよう心がけましょう。 そして同時に、ご遺族に声をかけましょう。 四十九日に案内していただいたお礼を述べるとともに、ともに故人を供養させていただくこと、そして「些少ながらお供えください」などと言って手渡します。 こうしたちょっとしたマナーが故人への感謝の気持ちを表すとともに、ご遺族の心も和らげることにつながります。 お供え物を送る場合は? 四十九日法要では、参列者だけでなく、施主側もお返しとして品物を送ります。 しかし、何をお返しとして送ればよいか迷ってしまう方もいるかと思います。 そこで、ここからは、施主側の お返しの品の選び方について解説していきたいと思います。 おすすめのお返し お返しの基本として、 あとに残らないものを選ぶのが良いとされています。 以下に、おすすめのお返しを紹介していくので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。 お菓子や飲み物 一般的なお返しはお菓子や飲み物です。 お供え物と同様、 賞味期限の近いものは避け、なるべく日持ちするものを選びましょう。 お菓子の中でもおすすめなのは、クッキーやマーマレードなどの焼き菓子や、羊羹、饅頭などです。 洗剤などの消耗品 洗剤、タオルなどの消耗品は、お返しとして送るのもおすすめです。 消耗品を選ぶ際は、 派手すぎるもの、香りの強いものはなるべく避けるようにしましょう。 ギフト券 最近話題になっているお返しとして、ギフト券が挙げられます。 他のお供え物と異なり、持ち帰りするときにかさばらず、また受け取った側が好きな商品を選ぶことができる点が、大きなメリットとなります。 しかし、ギフト券は金額が分かってしまうので、よろしくないと思われる方もいます。 特に、 目上の方にギフト券を贈るのは失礼にあたる場合があります。 お返しで避けたほうが良いもの お返しで避けたほうが良い品物として、肉・魚類が挙げられます。 肉・魚類は「四足生臭物」と呼ばれ、 縁起の良くないものとされています。 しかし、カタログギフトや、商品券などで送られた側が自分の意志で肉や魚類を選んだ場合、暗黙の了解で良いとされています。 お返しの相場は? お返しの金額は、地域や慣習にも依りますがお供え物の3分の1または半返し程度、平均して 3千円~5千円と言われています。 また、会食などの費用などの兼ね合いで金額を決めることもあります。 四十九日のお供え物についてまとめ• 四十九日とは、故人の命日から四十九日後に執り行われる法要のことを指す。 ただ、近年では、四十九日前に四十九日法要を行う家庭も増えてきている。 一般的なお供え物の例としては、お菓子・果物・お花が挙げられる。 故人が生前好んでいたものをお供えする場合もありますが、地域や慣習、遺族の意向を考慮する必要がある。 お供え物の金額は、5千円~1万円が一般的。 お供え物を選ぶ際の注意点として、飲食類はなるべく日持ちするものにする、お花は棘のある、香りの強いものは避ける等が挙げられる。 また、肉や魚などの殺生を連想させるものは、良くないとされている。 四十九日にのしは、基本的には黒白または双銀の水引のものを使うが、関西の一部などでは黄白の水引のものを使うこともある。 水引の上には「御仏前」「御供物」と黒で書き、水引の下には、参列者の代表氏名をフルネームで書く。 お供え物の袋として、紙袋を用意するのが一般的とされており、風呂敷だとより丁寧とされている。 ただし、お供え物を渡す際は、中身を取り出して渡すようにする。 お供え物は、直接仏壇にお供えするのではなく、施主やご遺族に渡す。 この時、片手ではなく、両手で渡すのがより丁寧とされている。 また、渡す際、ご遺族に声をかけるのが良いマナー。 やむを得ず法要を欠席する場合は、お供え物を送ることもある。 しかし、事前に送っていいかどうかの確認や送る時期などへの注意が必要。 お供え物のお返しとして人気な品物には、お菓子・飲み物・日用品・商品券あどが挙げられる。 費用は3千円~5千円程度が一般的。 こうしたしきたりは、地域によっても宗派によってもさまざまですので、上に紹介した例はごく一般的なものに過ぎません。 わからないことは年長者や僧侶など、くわしい方によく確認されるのがいちばんでしょう。 また、四十九日は故人の死を悼むとともに、冥福を祈り、感謝をささげ、自分と故人との関係に思いを致す場でもあります。 なによりその気持ちが大切で、その気持ちを形にしたものがお供え物でもあります。 心のこもったお供え物をお贈りください。 また、下記の記事では一周忌のお供え物の選び方について紹介しています。 ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

次の

四十九日のお供えの手紙|正しいマナーと書き方の例文集

49 日 お供え の し

四十九日(49日)の意味や数え方、四十九日(49日)までの過ごし方や法要の仕方などのマナーを詳しく解説します 死者の霊は、(仏教では)亡くなった日から7週間 四十九日間)はこの世とあの世をさまよっているとされています。 この期間を 「忌中(きちゅう)」といい、四十九日を過ぎると 「忌明け(きあけ)」といいます。 忌中の期間は、死者が、死から新しい生へと生まれ変わる準備をしているのです。 その間に遺族が丁寧に冥福をお祈りすることによって、亡くなった人は、初めて無事に極楽浄土に送り届けられる(浄土真宗をのぞく)とされています。 忌明けには四十九日法要(49日法要)を行い、親戚縁者を招いてお寺さんにお参りいただき、故人の成仏をお祈りします。 とても大切な法要ですので、しっかりマナーを知っておき、故人の供養をしましょう。 <目次>• 始めの七日目を初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)と続いて、七七日が満中陰すなわち四十九日(49日)にあたります。 この四十九日間(49日間)に残された遺族の別れの悲しみが癒され、落ち着いて亡くなった人の死と向き合える期間でもあるのです。 仏教には、「四有」という考え方があります。 人が生まれることを「生有」、生まれてから死ぬまでの間を「本有」、人が死ぬことを「死有」、死んでから次の生に向かうまでの間を「中有」 中陰)といいます。 この「中有」にあたるのが四十九日(49日)です。 実際はどうなのでしょう? 迷信だと思いつつもやはり早めに切り上げて、四十九日の法要を行われる場合がほとんどですね。 しかし故人が亡くなった日から7週間 四十九日間)は死者の霊は現世と来世をさまよっていると思ったら、実際には成仏できるようにしっかりとその期間中は供養したいものですね。 四十九日(49日)までの過ごし方や準備すべきこと 四十九日(49日)法要までにやることをリスト化 四十九日(49日)までの過ごし方や、四十九日(49日)法要までに必要な準備を時系列にリスト化してみましたので、ご確認ください。 2:葬儀の時 神棚)にはった紙をはがす。 故人の霊を祭ることに専念するため、神棚の扉を閉め、白い紙を張って封印する(「神棚封じ」) 3:白木の位牌を菩提寺に納め、遺影は仏壇にしまうか仏壇の外に飾るかする。 四十九日法要(49日法要)当日の流れ:服装やお布施について 四十九日法要(49日法要)当日の流れは、葬儀と違って進め方にはっきりとした決まりはありませんが、ここでは、代表的な例をあげてみましたのでご参考に。 参列者は、略式喪服や地味な服装でもかまいません。 2:法要後、参列者をおもてなしする会席 会席の席には、僧侶の方もお招きしますが、辞退された場合は「御膳料」を(だいたい、5千円から1万円ぐらい包むことが多いようです)「御車料」、「謝礼」(御布施)などと一緒に渡します。 その場合は手提げ袋など人数分を事前に用意しておき、持ち帰りに便利なようにしておくとよいでしょう。 四十九日法要(49日法要)は忌明け後の大切な法要です。 かといって盛大に行う事が重要ではなく、大切なのは、礼拝する心です。 亡くなった方を偲び、冥福を祈る心を大切にする事が大事なのです。 【関連記事】•

次の