ワーナー マイカル 板橋。 ワーナーマイカル 板橋:ワーナーマイカル大好き

イオンシネマ板橋 上映スケジュール

ワーナー マイカル 板橋

Screen01 クリックすると該当の上映回の座席表を表示します。 自由席制となります。 指定席制となります。 モーニングショーとなります。 レイトショーおよびミッドナイトショーになります。 プレミアシート 通常シートより、大きくゆったりとしたシートで、くつろぎながら映画鑑賞いただけます。 追加料金300円でワンドリンクサービスで、ご利用いただけます。 GOLD CLASS(ゴールドクラス) 映画鑑賞料金プラス500円で、ハイクオリティなシート、お好みの1ソフトドリンク付、専用のラウンジスペースなど、ワンランク上のサービスをご利用いただけます。 D-BOX (ディーボックス) 映画のシーンに連動して座席が動く!アトラクション感覚で映画をお楽しみいただけます。 映画鑑賞料金プラス1,000円です。 予めご了承ください。 12歳未満の方の観覧には適していない部分があります。 親又は保護者の助言・指導が必要です。 15歳以上のお客様がご覧になれます。 18歳以上のお客様がご覧になれます。 デジタル3-Dでの上映作品となります。 デジタルでの上映作品となります。 フィルムでの上映作品となります。 映画以外の上映となります。 旧作上映の作品となります。 マイマイシアター:旧作上映の作品となります。 (常設) 各種割引サービスの対象外となります。 テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテス• 人気映画の公開時や大型連休、サービスデイ等の混雑時には、お早めのご購入をお奨めいたします。 あらかじめご了承ください。 オンラインチケット購入に関するご注意• あらかじめご了承下さいませ。 また他の時間・曜日の検索もお勧めいたします。 0:15の間は、メインテナンスの為オンラインチケットはご利用いただけませんので、あらかじめご了承下さい。 お持ちの前売券や鑑賞券、割引券等との交換は一切お受けできません。

次の

ワーナー・マイカル・シネマズ

ワーナー マイカル 板橋

神奈川県海老名市にオープンした第1号劇場『ワーナー・マイカル・シネマズ(WMC)海老名』(2008年11月23日撮影) に日本初のマルチプレックスシネマ とされる『ワーナー・マイカル・シネマズ海老名』()を開業した。 商業劇場では国内初となる認定を1スクリーンで取得。 当時はあまり普及していなかったなどのや、傾斜角の大きいスタジアムシートを導入するなど、音響の良さ、見やすさを謳っていた。 また、6つ以上のスクリーンを持ちながら、入口・ロビー・映写室等を共有し、商業施設と併設するシネマコンプレックスの日本におけるオーソドックスなデザインを確立した。 また、映画の本編が始まる前のCM枠で流れる劇場マナームービーや館内のグッズなどでは、が製作しているを始めとするのキャラクターとされており、他のシネコンとの差別化を図っていた。 創業以降、(現:)や等マイカルの店舗に併設されるケースがほとんどであった。 しかし、マイカルの経営破綻によりイオングループに入り、や、などイオングループが運営するに併設されることも増えた。 一方で、多摩センターやノースポートモール 港北ニュータウン・マルイ系の運営会社 などイオングループ外のショッピングセンターに設置された例、また弘前・北上のように現在はマイカルの傘下から離れた店舗をキーテナントとするショッピングセンターに引き続き併設されている例もある。 ただし、が資本参画しているを核店舗とするには進出していない。 9月にマイカルが経営破綻した影響により、浦和 、川崎 、一関、帯広、本庄を初めとする複数の出店計画が中止となった。 このため、移転を除くと2001年に開業した加古川から開業のりんくう泉南まで3年以上の間、新規出店が行われなかった。 また後に、当時の親会社であるワーナー・ブラザース・インターナショナル・シネマズが日本国内に直営劇場の展開を計画したが、11月に取りやめを決定し、その余波で()への『ワーナー・マイカル・シネマズ鴻巣』の出店が急遽中止になるなどの影響が出た。 なお、ワーナー・マイカル・シネマズとして営業していた後述の改称以前の段階では、席数が最も多いのはにある『ワーナー・マイカル・シネマズ板橋』(2326席)で、最も少ないのはにある『ワーナー・マイカル・シネマズ米沢』(948席)であった。 統合3日前より「ありがとうの3日間」と称してイベントが開催された(ワーナー・マイカル・シネマズ海老名にて、2013年6月28日撮影) との吸収合併によりを以てマイカルは消滅しているものの、それに伴う改称は行われず、引き続き「マイカル」の名称が使用されていた。 しかし、2月28日にタイム・ワーナー(現:)グループが資本を撤退し、ワーナー・マイカルがイオンの完全子会社となり、同年にはワーナー・マイカルを存続会社としてイオンシネマズと統合。 社名は「」に改称した。 これによりスクリーン数は609となり、を抜いて日本国内最多のスクリーン数を運営する映画興行会社となった。 劇場名は同年6月から年内にかけて「ワーナー・マイカル・シネマズ」から改称し「イオンシネマ」に統一するとしていたが 、公式サイトにおける劇場名称 や劇場の公称としては会社の統合と同日付けで イオンシネマに統一され 、25年に渡り使用されてきたマイカルの名称も消滅した。 なお、看板などは同年内を目処に全劇場の変更を完了した。 統合前の最後の3日間(6月28日〜30日)には「ワーナー・マイカル・シネマズからのありがとうの3日間」 と称して、ルーニー・テューンズのサンクスカード(映画チケットの購入時)やオリジナルグッズ(やの購入時)を先着で貰えるプレゼントイベントが全館(61サイト)で開催された。 沿革 [ ]• - 1号劇場で日本初のマルチプレックスシネマとされるワーナー・マイカル・シネマズ海老名をオープン。 - 9大都市ロードショー地域に初の出店となるワーナー・マイカル・シネマズみなとみらいをオープン。 - 親会社のマイカルが民事再生法を申請。 - 親会社のマイカルがイオンをスポンサーとし会社更生法の適用を申請。 - マイカル破綻整理の影響を受けワーナー・マイカル・シネマズ鈴鹿が閉館。 後にイオンモール鈴鹿ベルシティへ移転。 - 運営している劇場の中で、50番目の劇場となるワーナー・マイカル・シネマズ大日をオープン。 - 親会社のイオンが2013年2月か3月に米ワーナー・ブラザース・エンターテインメントから全株を取得し完全子会社化することを発表。 - イオンの完全子会社になる。 - ワーナー・マイカル・シネマズ春日部開館。 ワーナー・マイカル・シネマズのブランド名としては最後の新規開業施設となった。 - ワーナー・マイカルを存続会社としイオンシネマズを。 社名は イオンエンターテイメントに変更した。 屋号はイオンシネマに統一している。 情報紙 [ ] Cinema Lifeという情報が掲載されたを配布している。 過去には、やはりフリーペーパーの「Comming Soon! 」を配布していた時期(1997年 - 1998年頃)や、有償の「近日くらぶ」と言う雑誌を販売していた時期(1999年 - 2001年頃)もあり、上映作品の宣伝戦略は何度か変わっている。 デジタル3-D上映 [ ] 2008年後半より方式の設備を各劇場に順次導入し、対応劇場では『 ワーナー・マイカル デジタル3-Dシネマ』として作品の上映を行っている。 日本国内ではを導入するチェーン系劇場・シネマコンプレックスチェーンが多いが、それと対比して「メガネが軽い」等の長所を等で取り上げている。 3D鑑賞料金は基本料金+400円だが、初回鑑賞時に渡された3Dメガネを持ち帰り次回鑑賞時に持参すれば3D鑑賞料金は300円に値引きされる。 一部の劇場では製方式の投影に対応した業務用と3Dメガネを設置し、3-D上映作品の予告編の再生を行っている。 コンセッション [ ] ・などの食品や、をはじめとした製品のドリンクを販売している。 1996年頃まではを販売していた。 ビールはサントリーではなく、を販売している所もある。 なお、コンセッションで購入していない持ち込み品の館内での飲食は禁止されている。 ポイントカード [ ] チケットラリー 開業当初から1999年頃まで夏と冬の年2回、チケットラリーというサービスが行われていた。 期間内に鑑賞したチケットを3枚、所定の台紙に貼り付け応募すると、抽選で賞品が当選するイベントであった。 賞品に年間パスポートなどがあったが、後に行われるポイントカードと異なり応募者全員に何らかの還元があるわけではない。 ポイントカード(磁気カード式) 2004年頃にバッグス・バニーが描かれたスケルトンデザインの磁気プラスチックカードによるポイントカードを発行開始。 半年以内に6回分有料鑑賞をすると1回分が無料となる「シックスワンダフリー」サービスを行っていた。 Tカードへの移行により2006年に取り止めとなった。 Tポイント・Tカード 2005年11月の多摩センター館開業と同時にサービスに加盟し、チケット・コンセッション・シネマストアの購入代金に応じてTポイントの積算がされるサービスを開始。 2006年には全館に対象を拡大し、従来のシックスワンダフリーが「Tポイント・シックスワンダフリー」として、Tカードの番号に紐付けする形で回数情報が登録される様になり、館内でTカードの申込・発行も行われた。 2009年6月27日にTポイントと提携解消によりサービスが終了した。 ポイントカード(スタンプ押印式) Tポイント提携解消に伴い2009年6月より運用されているポイントサービスで、1回鑑賞する毎に日付スタンプを押印し、5個押印されると無料鑑賞券として次回利用することができる。 有効期限はカード購入日の半年後の月末までで、参加費として1枚100円必要である。 チケット売場で直接購入するか、その付近に設けられた状の自動販売機に100円玉を投入してポイントカードが納まれた厚紙を引き出す形となる。 なお、無記名持参人式のため複数人で使い回して押印させる事は可能だが、複数人同時に鑑賞する場合は人数分の押印をすることは出来ず、1人1枚必要となる。 ときめきポイントクラブの加盟店。 マイカルカードが2001年4月にに売却され、2004年にマイカルとの提携が終了した後もこのサービスは続けられたが、2010年8月31日に終了した。 この提携終了に伴い、イオン傘下入りした旧マイカルグループ各社とポケットカード間の提携は全て解消された。 但し、ポケットカードの加盟店契約は継続されている。 劇場 [ ] 以下に記すのは2013年6月まで株式会社ワーナー・マイカルが運営していた、もしくはそれ以前に撤退した映画館である。 各映画館の規模・併設施設等も2013年6月時点、もしくは閉館時点のものを記す。 イオンシネマに名称統一後の映画館については、を参照。 北海道 [ ]• ワーナー・マイカル・シネマズ小樽 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ江別 (北海道、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ北見 (北海道、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ釧路 (北海道、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ江別 東北 [ ]• ワーナー・マイカル・シネマズ弘前 (、弘前シティ内)• ワーナー・マイカル・シネマズ北上 (、北上店内)• ワーナー・マイカル・シネマズ新石巻 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ名取 (宮城県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ米沢 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ福島 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ米沢 関東 [ ]• ワーナー・マイカル・シネマズ守谷 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ浦和美園 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ大宮 (埼玉県さいたま市、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ大井 (埼玉県、イオン大井店内)• ワーナー・マイカル・シネマズ熊谷 (埼玉県、イオン熊谷店内)• ワーナー・マイカル・シネマズ羽生 (埼玉県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ春日部 (埼玉県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典 (、イオン市川妙典店内)• ワーナー・マイカル・シネマズユーカリが丘 (千葉県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ千葉ニュータウン (千葉県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ板橋 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ多摩センター (東京都、丘の上パティオ内)• ワーナー・マイカル・シネマズむさし村山 (東京都、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ日の出 (東京都、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ新百合ヶ丘 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウン (神奈川県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズみなとみらい (神奈川県横浜市、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ海老名 (神奈川県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ茅ヶ崎 (神奈川県、イオン茅ヶ崎店内)• ワーナー・マイカル・シネマズつきみ野 (神奈川県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズつきみ野 北信越 [ ]• ワーナー・マイカル・シネマズ新潟 (、イオン新潟西店内)• ワーナー・マイカル・シネマズ新潟南 (新潟県新潟市、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ県央 (新潟県、イオン県央店内)• ワーナー・マイカル・シネマズ金沢 (、イオン金沢店内)• ワーナー・マイカル・シネマズ御経塚 (石川県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ御経塚 中部・近畿 [ ]• ワーナー・マイカル・シネマズ各務原 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ豊川 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ大高 (愛知県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ桑名 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ津 (三重県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ鈴鹿 (三重県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ近江八幡 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ草津 (滋賀県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ高の原 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズりんくう泉南 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ茨木 (大阪府、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ大日 (大阪府、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ明石 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ三田ウッディタウン (兵庫県、イオン三田店内)• ワーナー・マイカル・シネマズ加古川 (兵庫県、イオン加古川店内)• ワーナー・マイカル・シネマズ西大和 (、イオン西大和店内)• ワーナー・マイカル・シネマズ明石 中国・四国 [ ]• ワーナー・マイカル・シネマズ広島 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ防府 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ高松 (、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ宇多津 (香川県、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ綾川 (香川県綾歌郡、内)• ワーナー・マイカル・シネマズ東岸和田• ワーナー・マイカル・シネマズ鈴鹿 (三重県鈴鹿市、鈴鹿サティ内)• 鈴鹿サティ(現:)の閉店に伴い同時閉館した後、「」に移転し、ワーナー・マイカル・シネマズ鈴鹿ベルシティとして2003年7月12日に再オープンした。 ワーナー・マイカル・シネマズ福岡東 (福岡県糟屋郡粕屋町、福岡東サティ内)• 「」に移転し、福岡ルクルとして2004年6月4日に再オープン(上表)。 入居していた「福岡東サティ」は「」に店名変更の上、営業を継続している。 ワーナー・マイカル・シネマズ石巻 (宮城県石巻市、さくら野百貨店石巻店内)• さくら野百貨店石巻店(現:)閉店に先がけ、郊外にオープンした「」に移転し、新石巻として2007年3月30日に再オープン(上表)。 ワーナー・マイカル・シネマズ東岸和田 (大阪府、東岸和田サティ内)• 後継の劇場がない純粋な閉館としてシネコンが閉館するのは国内初。 入居していた「東岸和田サティ」は「」に店名変更の上、営業を継続している。 ワーナー・マイカル・シネマズ高岡 (、内)• 入居していた「高岡サティ」自体が同日をもって閉店。 ワーナー・マイカル・シネマズ上峰 (、上峰サティ内)• 県内初のシネマコンプレックスだったが、商圏が競合する範囲内に4サイトが開館し入場者数が低迷したこと、設備が老朽化したことなどを理由に閉館。 入居していた「上峰サティ」は「」に店名変更の上、営業を継続していたが、2019年2月28日に閉店予定。 関連劇場 [ ] 旧:マイカル松竹シネマズ本牧 (写真はMOVIXになってからのもの)• マイカル松竹シネマズ本牧 (神奈川県横浜市中区、内)• ワーナー・マイカル系列ではなくとマイカルの合弁である株式会社マイカル松竹が運営する劇場としてオープンした。 しかしながら、ワーナー・マイカルの共通前売券が使用できたり、人事交流があったりするなど、実質的にワーナー・マイカルと同一系列の扱いであった。 マイカルの破綻後に整理対象となり、株式会社松竹ニューセレクト運営のとして2004年4月30日に同一施設にて再オープン。 その後、2011年1月16日に閉館した。 再オープン以降の変遷については「」の項を参照のこと。 の2013年6月18日時点におけるアーカイブ。 2013年6月12日閲覧。 2012年12月19日. 2018年3月2日閲覧。 株式会社ワーナー・マイカル. 2013年6月30日時点のよりアーカイブ。 2013年4月22日閲覧。 PDF プレスリリース , イオンエンターテイメント, 2018年1月5日 , 2018年3月2日閲覧。 谷川季実子 2010年2月25日. asahi. com. 2010年3月7日閲覧。 PDF プレスリリース , イオン九州, 2018年5月22日 , 2018年5月28日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 イオン食品館• KIMISAWA Gratt - KIMISAWA - The COMBO• KOHYO - KOHYO鮮度館• ma:ru - スーパーセンター - パワーシティ• PEACOCK STORE• maruetsu - LINCOS - 魚悦• Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー• SEIBU - 食彩館SEIBU• Belc• MV九州• SHIMIZU• ビオセボン・ジャポン.

次の

イオンシネマ-映画館、映画情報、上映スケジュール、試写会情報、映画ランキングのシネマ情報サイト

ワーナー マイカル 板橋

東京都 板橋区にある板橋サティ内5階に ワーナーマイカル・シネマズ板橋があります。 ワーナーマイカル・シネマズ板橋には、最大の12スクリーンが完備されており、DTSが採用されています。 米国に本社を置くデジタルシアターシステムズが開発し、今や世界に誇る音響システムの「DTS]。 日本全国に展開しているワーナーマイカル・シネマズでもほとんどの劇場にDTSを採用しています。 世界最高の音響システムをワーナーマイカル・シネマズ板橋で体感してみてはいかがでしょうか? ちなみに、2月のイベントにはあの可愛いルーニー・チューンズの無料上映会を開催するようですよ。 気になる方は早めに問い合わせた方がいいですね。 ワーナーマイカル・シネマズ系列で最大12スクリーンを完備している、ワーナーマイカル・シネマズ 板橋では、THX社の認定を受けています。 THXとは、(ルーカスフィルム社の一部門)THX社が開発した劇場用映像・音響の品質規格のことです。 (開発者のトム・ホールマンからTHXの由来がきているそうです) THX社によって、音響のみならず、映像や外部からの雑音などに対しても厳しいチェックがなされ、全ての項目をクリアした劇場のみにTHXが始めて認定されるようです。 さらに、音響システム最先端のDTSも備わっていますので、ワーナーマイカル・シネマズ板橋では、世界品質の映像と音響を体感することができます。 ワーナーマイカル・シネマズ板橋は、映画好きな方にはかなりお勧めな劇場です! 12スクリーンを完備し、2,326席数を誇る ワーナーマイカル・シネマズ 板橋では、TSUTAYAカード・ローソンカード・ENEOSなどの提携ポイントカードを利用することができます。 TSUTAYAカードなどで貯めたポイントを、ワーナーマイカル・シネマズ板橋で1ポイントを1円として、映画鑑賞クーポン券に交換することもできます。 ワーナーマイカル・シネマズ板橋では、映画を鑑賞された方に、駐車場を3時間無料で提供しています。 ワーナーマイカル・シネマズ板橋でのイベント情報などは、インターネットで随時更新して見ることができます。 ちなみに、2月のサプライズイベントは、あの可愛い「トゥイーティ」がロビーに遊びに来るそうです。 写真撮影などもできるそうですので、子供をお持ちの方は要チェックですね。 ワーナーマイカル・シネマズ板橋の営業開始時間は、毎日AM9:00? になっています。 ワーナーマイカル・シネマズ 板橋は、東京都板橋区徳丸の板橋サティ内5階にあります。 駐車場は950台用意されており、東武東上線東武練馬駅北口下車してすぐの場所にワーナーマイカル板橋があるので、マイカーと公共機関のどちらをご利用になっても便利です。 ちなみに、ワーナーマイカル・シネマズ板橋で映画を観た方には駐車場3時間無料サービスをしているようです。 ワーナーマイカル板橋では、インターネット上でホームページを設けていますが、イベントカレンダーを開くと、上映終了日や上映開始日など詳しく掲載されていますので劇場に行かれる前にホームページをチェックしていくことをお勧めします。 他にも、前売り券発売日や割引対象の日付などもありますので、自分にお得な情報が満載です。 ワーナーマイカル・シネマズ 板橋は、東武線東武練馬駅北口を下車してすぐ目の前にあります。 昔からの沿線近くにオープンしたため、ファミリー層のお客が多く、今までデートスポット的な印象のあった映画館のイメージを一掃しました。 ワーナーマイカル・シネマズ板橋のスクリーンは、系列の中でも最多の12スクリーンを完備しており、総席数何と2,326席になります。 ワーナーマイカル・シネマズ板橋の12スクリーンの内、11番と12番は共に100席前後で、椅子の色もイタリアンレッドで統一されていて、子供向けアニメーションが上映されることが多いようです。 ワーナーマイカル・シネマズ板橋のキャラクターショップも可愛いと評判です。 またロビーの壁面に飾られた人気キャラクターの大きなイラストも季節ごとに入れ替えられ、来場者を飽きさせない施設作りになっています。

次の