ヨクバリス ほおばる。 『ヨクバリス』とのコンボを決めます!!『きょうせいヤレユータン』【育成論】

ほおばる

ヨクバリス ほおばる

皆さん、こんにちは。 級に上がった際の記事で、ヨクバリスは紹介させてもらったのですが、再度、ヨクバリス単体の記事をあげたいと思います。 ヨクバリス対面で を選択する が多いため、返り討ちにすることが可能。 ックスした際、ダイスチルとなり追加効果のB上昇が後述の技と相性がよいため、 必須技である。 ボディプレス 格闘 技レコード99 この型のヨクバリスの メインウェポン。 Bの数値とBランクを使ってダメージ計算を行う。 ヨクバリスはBがかなり高く、またダイスチルや後述のコンボによりBランクも上昇しているため、かなりの高火力で打つことができる。 ックスした際、ダイナックルとなりA上昇の追加効果も物理技を用いるヨクバリスと相性が良い。 雷 技レコード86 自由枠。 や アーマーガアを意識してこの技を採用した。 実際、 物理特化理アーマーガアにはAランク上昇なしヨクバリスでは確定4発なので、ックスダイサンダーを打つか、おとなしく交代したほうがよさげ。 ほかの選択肢としては、 に役割の持てる じしん 確定2発 や相手のアイテムを奪うことのできる ほしがるを採用するのが無難か こだわりアイテムには気を付けて。 ほおばる ノーマル Lv技 この型のコンセプト技。 B3段階上昇した状態だとほとんどの物理ポケでは倒せなくなる。 また、前述のボディプレスも高火力技として打つことができる。 使い方 物理受けとして採用。 また条件さえ整えば全抜きも可能。 現環境は物理が非常に多いため、かなりの頻度でこの ヨクバリスは選出できる。 戦い方としては物理の前でほおばるをして、Bを3段階上昇させ全抜きする。 その条件を整えるために弊害となるは や トゲッキスなどの特殊や アーマーガアや ガラルなどの物理受けなどである。 それらを他の選出したほかの2体で処理をするのが勝ち筋となる。 だけではなかなか強そうには見えないが一度使ってみるとその強さがわかるので、前向きに検討してもらいたい。 tukkomutou.

次の

ヨクバリス (よくばりす)とは【ピクシブ百科事典】

ヨクバリス ほおばる

概要 進化• 24で ポケモンずかんの説明文 しっぽに きのみを ためこむ。 ためこみすぎて ポロポロ こぼすが にぶいので きがつかない。 漢字 しっぽに 木の実を 溜めこむ。 溜めこみすぎて ポロポロ こぼすが 鈍いので 気がつかない。 どんなに かたい きのみの からも じまんの はで ボリボリ かじる。 ガラルでは よく みる ポケモン。 漢字 どんなに 硬い 木の実の 殻も 自慢の 歯で ボリボリ 齧る。 ガラルでは よく 見る ポケモン。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 わざ 第八世代 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾 鎧 このポケモンはおしえわざを覚えません。 太字のわざはタイプ一致です。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 ソード・シールド Lv. 24 をレベルアップさせる。 攻撃を受けると体毛に蓄えていたきのみを落とす演出がある。 アニメにおけるヨクバリス マンガにおけるヨクバリス ポケモンカードにおけるヨクバリス• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の

ヨクバリス育成論 : 【リュガのみむしゃむしゃ】ほおばるヨクバリス【物理受け】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ヨクバリス ほおばる

『さいはい』はでしか使えないからこそ、使おう!! どうも、シホドラです。 今回は 『』の使い方について紹介していきたいと思います。 レッツーー!! 目次• 5) パー HP 90 攻撃 60 防御 80 特攻 90 特防 110 素早さ 60 合計 490 通常特性 せいしんりょく テレパシー きょうせい 今回使う特性は『きょうせい』です!! 味方が道具を使ったり、失った時、自分の持っている道具を味方に渡す。 9〜77. 2〜58. 味方の『ヨクバリス』が上げた能力を自分にもかけることが出来る。 さいはい 技説明 相手が最後に使用した技をその場でもう一度使わせる。 『』などの反動のある技やックス技、『ックスほう』などの一部の技には反映されない。 今回のコンセプト的に必須。 技説明 後攻技(優先度-7)。 5ターンの間、素早さが低いから攻撃をするようになる。 先制技は通常通り、先制出来る。 もう一度使用した場合、元の素早さ関係に戻る。 素早さの遅い(『ヨクバリス』など)と相性が良いので採用。 アシストパワー 技説明 通常攻撃技。 急所に当たった場合は、効果は発動しない。 交代した場合でも、効果は続く。 後続が動きやすくなる。 リフレクター 技説明 5ターンの間、相手が使う物理攻撃技のダメージを半減する。 急所に当たった場合は、効果は発動しない。 交代した場合でも、効果は続く。 後続が動きやすくなる。 相手からの攻撃を防ぐ。 連続で使うと失敗しやすい。 では、とても使いやすい。 ちょうはつ 技説明 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 相手の変化技を止めることが出来る。 使い方 今回の育成論は『ヨクバリス』とのコンボを想定しています。 『』下。

次の