花冷え 使い方。 「時節柄・時節・時節の候」の意味と使い方・季節別の時節の挨拶

花冷えと寒の戻りの違いと使い方や例文は?英語訳も調べてみた!

花冷え 使い方

「花冷え」の意味とは? 「花冷え」の読み方• 「花冷え」の使い方• 「花冷え」を使った言葉と意味を解釈• 「花冷え」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「花冷え」の類語や言い換え シソーラス 言い換え• 「花冷え」の英語 解釈 など• 「花冷え」と「寒の戻り」の違い 「花冷え」の意味とは? 花冷えとは、 「桜が咲く頃にまた寒くなる」ことを表現する為の言葉です。 桜は暖かさを基準にして開花する習性のある植物なので、これが例年ちょうど暖かくなってきた4月頃に一斉に開花します。 しかし、まだまだ寒いことも多い季節なので、日によっては2月頃の寒さに戻ってしまったと思う日も少なくありません。 そのような日に対して、 「花冷えの一日だった」などと使う言葉です。 もう桜 花 が咲く春になったというのに、また寒くなったと言いたい時に使われる表現です。

次の

花冷えとは?意味と季語や使い方は?

花冷え 使い方

「時節柄」は、手紙の前文の頭語 「謹啓」、「拝啓」など に続いて書き出す「時候の挨拶」でよく使われる用語です。 このような時候の挨拶は、春夏秋冬の四季が豊かな日本ならではの礼儀文で、時の移ろいとともに変化する四季折々の美しさを繊細な心情で書き綴り、相手の安否を気遣う心配りは、他の国の書信には見当たりません。 「時候の挨拶」のキーワードである「時節柄」の意味と使い方を見ていきます。 「時節柄」の読み方 「時節柄」は、「じせつがら」と読みます。 「時節柄」の意味 「時節柄」は一つの語句ではなく、「時節」と「柄」の二つの単語で構成されています。 「時節」の用語は、単に「季節」や「時候」を表すだけでなく、いろいろな意味合いを持つマルチな用語ですが、詳しくは次項の引用を参考にして下さい。 「柄」は、「時節」の末尾に接尾語的に付いて、「時節」に本来備わっている性質やその置かれている状況を示します。 「以上のような意味合いから、時節」と「柄」が結語した「時節柄」は、「時期が時期だから」の意味で表現されます。 「時節」の用語には、単に「季節」や「時候」を表すだけでなく、次のような意味があります。 ・その時の世の中の情勢。 ・何かをするのによい時期。 悟る機会 仏教。 「時節柄」の類語・類義語 「時節柄」の類語・類義語は次のとおりです。 「時分柄 じぶんがら 」とは、その時分にふさわしいこと、その時分を表象する特徴を備えている有様を言います。 用例:「初対面のあいさつから、基本どおりに時分柄絡みの挨拶をする。 」 折柄 おりから 「折柄 おりから 」とは、ちょうどよい時、ふさわしい時を表します。 用例:「折柄、思いかけない心地がしてびっくりしました。 」 時代色 じだいしょく ・時代相 じだいそう 「時代色 じだいしょく 」「時代相 じだいそう 」は、その時代特有の傾向や特徴やその時代の様相を言います。 用例:「時代色を映し出した映画作品に魅了される」「時代相をうつし出す」 時勢 じせい ・時流 じりゅう 「時勢 じせい 」「時流 じりゅう 」は、世の中の変わりゆく様子や世の中の成り行き、時代の流れを言います。 用例:「時勢に従う」「時流に乗る」 時世 ときよ 時節柄の用例は次のとおりです。 用例:「全国各地で災害が発生して多くの人が困窮している時節柄、イベントを中止する。 」 用例:「木枯らしが吹きすさぶ時節柄、外出時の服装には気をつけましょぅ。 」 用例:「飲酒運転に対する世間の批判が厳しい時節柄、酒席をできるだけ控える。 」 「時節柄」を使う場合の留意事項 「時節柄」を書信で使う場合、「時節柄」の用語とそれに続く文章との整合性が大切になります。 例えば、上記用例の場合は理由や原因を意味する「時節柄」と後に続く文章との文脈の続き具合が良く、読み手の理解を助けます。 「時節柄」を季節や時候を表す意味で使う場合は、季語や気候の状況を示唆する文章と「時節柄」の用語を脈絡させ、時候の挨拶文であることを読み手にわかりやすく伝えましょう。 用例:寒さ厳しい時節柄、どうぞお体に気をつけてください。 用例:気候不順の毎日が続いております。 時節柄、体調維持には十分ご配意下さい。 用例:時節柄、朝夕冷え込んで参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 「時節」の意味と使い方 「時節」は、前述の引用の項の説明のとおり、次のような意味を持っています。 ・季節、時候 ・世の中の情勢、時世 ・よい時期、チャンス ・時間、時期 「時節」の類語・類義語には次のようなものがあります。 ・季節 ・時季 そのことが盛んに行われる季節 ・シーズン ・折節 季節。 その折りその折り ・時期 ・時機 何かを行うのに適した時機 ・機会 ・機運 時の巡り合わせ。 徐々にそうなる巡り合わせ 「時節」の四字熟語 「時節」が関連する四字熟語には次のようなものがあります。 時節到来 じせつとうらい 「時節到来 じせつとうらい 」とは、チャンスがやってくるという意味で、「好機到来」「時機到来」も「時節到来」と同じ意味になります。 時節因縁 じせついんねん 「時節因縁 じせついんねん 」とは、自分の身の回りに折々生起するさまざまなでき事や人との出会いを言います。 時世時節 ときよじせつ 「時節」の用例は次のとおりです。 用例:「災難に遭う時節には災難に遭えばよい。 死ぬ時節には死ねばよい。 」 用例:「焦る必要はない。 待っていれば向こうから欲しいものが飛び込んでくる時節があるだろう。 」 用例:「冬ごもりの時節となりました。 」 「時節の候」の意味と使い方 季節の到来や変化を表す「時節の候」は、書信に欠かすことのできないキーワードです。 その意味や使い方を見てみましょう 「時節の候」の意味 「時節の候」とは、「時節(じせつ:季節や気候)」と「候(こう:季節の表れ)」の複合語として位置づけされ、「折々の季節の表れや変化の兆し」を表します。 「時節の候」の使い方 「折々の季節の現れや変化の兆し」を表象する用語、例えば、初春・大寒などは、手紙の前文の頭語 「謹啓」、「拝啓」など に続いて書き出す「時候の挨拶」のキーワードとして使われます。 手紙の定型として、この「時候の挨拶」に続いて「手紙の相手先の安否を尋ねる挨拶」が続きます。 このような「時候の挨拶」と「安否の挨拶」をワンセットにした手紙の構成は、冒頭で説明したように四季豊かな日本ならではの礼儀文と言えます。 月別時節の挨拶 1月の歳時語は次のとおりです。 ・あらたまの年:「新玉」とも書きます。 磨きのかかっていない玉を指し、真新しく、汚れのない状態を表します。 ・去年今年 こぞことし :行く年来る年を感慨をこめていう語で、元旦など新年を迎えたときに使います。 ・初明かり:元日の日の出が地平から昇り始めるころ、東の空が白々と明るくなりかける空模様を景色を表します。 ・淑気 しゅくき :新年を迎え、天地の自然のすべてに充ち満ちる瑞祥 ずいしょう の気の爽やかさを言います。 ・若水 わかみず :元日の未明に初めて汲む水をいい、邪気を払うご神水として歳神に供え福茶を点てるのに使います。 ・寒暁 かんぎょう :「寒」のころの日が昇る直前は夜明けの寒さが一段と厳しく、夜が明けるにつれ、辺りの景色が凛とした風情を示すことを言います。 ・寒月 かんげつ :寒の底冷えのする夜に皓々と照る月の冴えわたった研ぎ澄まされた美しい姿を表します。 1月の時候の挨拶文 1月の時候の挨拶文は次のとおりです。 ・寒月の候 ・寒暁の折 ・寒さがことのほか厳しい折柄 ・凍てつく寒さが毎日続いております ・ご家族皆様方よいお年をお迎えのことと存じます ・松の内も明けて ・松飾りもはずれ、平常の日々が戻って参りました ・お正月休みもあっという間に終わり、お忙しい毎日を過ごされていることと存じます ・大寒を迎え、いよいよ寒さがつのってまいりました 2月 2月は、「如月 きさらぎ 」「恵風 けいふう 」「梅つ五月 うめつさつき 」「初花月 はつはなづき 」「小草生月 おぐさおいづき 」「令月 れいげつ 」「花朝 かちょう 」とも言われています。 2月の歳時語 2月の歳時語は次のとおりです。 ・春隣 はるとなり :風冷たく寒気も厳しいなかに、梅や沈丁花のつぼみの膨らみはじめているころで、春を待ち望む気持ちを含意しています。 ・寒梅 かんばい :「寒」のころに咲く梅を言います ・鬼遣らい おにやらい :「追儺 ついな 」とも呼ばれ、「儺 疫鬼 」を追い払う行事で、立春の前日に行われます。 現在では、「豆撒 まめまき 」として神社などで執り行われています。 ・立春:二十四節季の一つで、初めて春の気配が感じられるころを言います。 ・雛市 ひないち :雛人形や雛祭りの調度品を取り扱う市 いち を言います。 ・こと納め ことおさめ :陰暦二月八日に歳神の棚を外して正月の行事を終わることを言います。 2月の時候の挨拶文 2月の時候の挨拶文は次のとおりです。 ・寒梅の候 ・余寒の厳しきおりがら ・立春とは言え名のみの寒さが続いております ・庭の沈丁花のつぼみも膨らんでまいりました春隣の候 ・こと納めも終え、正月気分も覚めてまいりました今日この頃 ・近くの神社で雛市が賑わう時候となりました 3月 3月は、「弥生 やよい 」「花見月」「花咲月」「春惜月」「季春」とも呼ばれています。 3月の歳時語は次のとおりです。 ・雛納め ひなおさめ :三月節句に飾った雛を吉野紙などに包んで箱にしまいます。 ・鶯 うぐいす :風の冷たさが残る早春に山間の林などから春を告げる鶯の声が聞こえます。 鶯の初鳴きは、西日本では3月4日ごろとされています。 ・啓蟄 けいちつ :二十四節季の一つで、外気も徐々に暖かくなり、冬眠していた虫などが地表に顔を出すことを指します。 ・桃の節句:三月三日の節句を言います。 ・春彼岸 はるひがん :「春分の日」を中日とする七日間で、季節の変わり目の節目となっています。 ・春分の日:二十四節季の一つで、彼岸の中日にあたります。 ・斑雪 はだれ :春の訪れとともに雪が解け出し地面にまだら模様になっていることを言います。 ・春炬燵 はるごたつ :季節は春と言え、寒のぶり返しにはつい部屋にある炬燵が恋しくなります。 ・山笑う:草木が萌え始めた春の山ののどかさを表します。 3月の時候の挨拶文 3月の時候の挨拶文は次のとおりです。 ・啓蟄の候 ・春彼岸のみぎり ・春とは言え、寒のぶり返しには春炬燵がまだまだ恋しい今日この頃 ・春の彼岸のころ ・近在の山々に斑雪の模様が遠望できる季節を迎え ・卒業式帰りの学生が街角に散見される時期になり ・弥生の空が美しく澄みわたり 4月 4月は、「卯月 うづき 」「卯花月 うのはなづき 」「麦秋 ばくしゅう 」とも呼ばれています。 4月の歳時語 4月の歳時語は次のとおりです。 ・晩春 ばんしゅん :春の終わりで四月にあたります。 ・春の宵:夕暮れから夜がまだ更けないころを指します。 春宵は心が浮き立つ艶めいた感じを醸し出します。 ・朧月 おぼろづき :春の夜のわずかに霞む月を言います。 ・日永 ひなが :春分から少しずつ日が伸び始めなかなか暮れない季感を表します。 ・花曇り:桜の咲くころの曇りがちの天気を言います。 ・花冷え:桜の咲くころ陽気が不安定で急に冷え込むころの季感を指します。 ・春深し:桜も散り、景色の様子にどことなく春の盛りを過ぎたと感じられる風情を言います。 ・行く春:過ぎ去ろうとしている春に惜春の感慨を深めた季語となっています。 4月の時候の挨拶文 4月の時候の挨拶文は次のとおりです。 ・春うららな季節を迎え ・春宵一刻値千金の候 ・一日一日と日永の宵となりました今日この頃 ・春とは言え、時折の花冷えの時節でもございます ・春深き候 ・行く春に惜春の情を思い致す季節となり ・桜花爛漫の候 ・春爛漫の候 5月 5月は、「雨月」「皐月 さつき 」「五月雨月 さみだれづき 」「月不見月 つきみずづき 」とも呼ばれています。 5月の歳時語 5月の歳時語は次のとおりです。 ・端午の節句:五月五日の男子の節句で、「菖蒲 しょうぶ の節句」とも言います。 ・立夏:二十四節季の一つで、暦の上ではこの日から夏の始まりとなります。 ・八十八夜:立春から八十八日目の日をいいます。 野良仕事、茶摘み、養蚕など農家の繁忙時期となります。 ・五月晴れ:入梅前の五月の好天を言います。 ・青嵐:青葉のころに吹くやや強い南風で、繁茂した草木を揺り動かす風を表します。 ・菖蒲葺く しょうぶふく :端午の節句に家々の軒に菖蒲を挿す風習を言います。 ・大相撲夏場所:五月に東京の両国国技館で十五日間行われる大相撲本場所を言います。 5月の時候の挨拶文 5月の時候の挨拶文は次のとおりです。 ・このところ五月晴れの好天が続いております ・立夏の候 ・端午の節句の候 ・八十八夜の繁忙の日々を迎え ・青嵐にざわつく草木に心とられる今日この頃 ・大相撲夏場所のふれ太鼓も聞こえ ・牡丹の花が咲き誇る時候となり ・街角の軒先に菖蒲葺く景色が似合う時節を迎え 6月 6月は、「水無月 みなづき 」「風待月 かぜまちづき 」「涼暮月 すずくれづき 」「松風月 まつかぜづき 」「旦月 たんげつ 」とも呼ばれています。 6月の歳時語 6月の歳時語は次のとおりです。 ・入梅 にゅうばい :立春から百三十五日目を入梅とします。 ・夏至 げし :二十四節季の一つで、昼間がもっとも長い日を言います。 ・更衣 ころもがえ :制服着用の学校などでは、夏服の更衣を行います。 ・夏越の祓 なごしのはらえ :6月晦日に神社で行われる祓 はらえ の行事を言います。 ・桜桃忌 おうとうき :小説家太宰治の忌日を言います。 ・時の記念日:天智天皇の十年 671年 に大津宮に漏刻 水時計 が設けられた日を記念日としています。 6月の時候の挨拶文 6月の時候の挨拶文は次のとおりです。 ・入梅の候・うっとうしい梅雨の季節となりましたが・梅雨明けを待ち望む今日この頃・桜桃忌も間近に迫るみぎり・恒例の名越祓いを迎える季節となりました・更衣の学生たちが街角で目に付く今日この頃・時の記念日の候・夏至を迎え日も一段と長くなりました 7月 7月は、「文月 ふみづき 」「七夜月 ななよづき 」「蘭月 らんげつ 」「文披月 ふみひらづき 」とも呼ばれています。 7月の歳時語 7月の歳時語は次のとおりです。 ・半夏生 はんげしょう :七十二候の一つで、梅雨が明け田植えの終期とされています。 ・大暑:二十四節季の一つで、暦の上ではこのころが夏の暑さのピークとされています。 ・鬼灯市 ほうづきいち :東京浅草寺の境内に立つ市で、子供の虫封じに効能があるとして鬼灯 ほうづき が商われます。 ・山開き:夏の登山シーズンの幕開けとして各山で行われる儀式を言います。 ・富士詣 ふじもうで :富士山頂の富士山本宮浅間大社奥宮に参ることを言います。 ・祇園祭 ぎおんまつり :京都東山の八坂神社の祭礼を言います。 ・七夕:五節句の一つで、七月七日の夜に星を祭る行事を言います。 7月の時候の挨拶文 7月の時候の挨拶文は次のとおりです。 ・大暑のみぎり・半夏生の時候となり・各地で山開きが執り行われ、本格的な夏山シーズンを迎えました今日この頃・祇園祭の祭礼も賑わう頃・神社の境内も鬼灯市で賑わう季節となりました・七夕の候・土用の入りとなり 8月 8月は、「葉月 はづき 」「木染月 こぞめづき 」「桂月 けいげつ 」「紅染月 こうぞめづき 」とも呼ばれています。 8月の歳時語 8月の歳時語は次のとおりです。 ・夏の果て:朝晩涼しくなる晩夏から、そこはかと忍びよる秋の気配を知る季感を言います。 ・秋近し:まだ夏とは言え、どことなく秋色を感じる時期を言います。 ・ねぶた:睡魔祓いの行事で、張りぼての人形の中に明かりをともして町を練り歩きます。 ・酷暑:暑さの最も厳しい時候を言います。 ・立秋:二十四節季の一つで、暦の上ではこの日から秋に入るとされています。 ・終戦記念日:8月15日に全国各地で戦争の根絶と平和を誓い戦没者を追悼する日です。 ・処暑 しょしょ :夏の暑さも、この頃で終わると言われています。 ・八朔 はっさく :「田の実節句」ともいい、穀物の実りを祈ります。 灯籠流し とうろうながし :「精霊流し しょうりょうながし 」とも言い、盆の夕刻または早朝に供物を川や海に流し精霊を送る行事を言います。 8月の時候の挨拶文 8月の時候の挨拶文は次のとおりです。 ・酷暑厳しき折・夏の果てを感じる今日この頃・立秋とは名ばかりの暑さが続いております・処暑の候とは言え、まだまだ暑さが続いております・八朔の候・処暑とは言え、秋の新涼が恋しく感じます・灯籠流しも終わり、夜空に秋の景色を感じる頃・酷暑の日々が続きます 9月 9月は、「長月 ながつき 」「紅葉月 もみじづき 」「色取月 いろどりづき 」「菊開月 きくさきづき 」とも呼ばれています。 9月の歳時語 9月の歳時語は次のとおりです。 ・二百十日 にひゃくとおか :立春から数えて二百十日目の九月一日を言い、台風がよく襲来します。 ・秋霖 しゅうりん :秋口に入ると幾日にもわたって降り続く雨天の天候を言います。 ・秋彼岸 あきひがん :「秋分の日」を中日とした一週間で、このころから涼しくなっていきます。 ・重陽の節句 ちょうようのせっく :五節句の一つで、九月九日に菊酒を飲み災難を免れる行事が伝わっています。 ・秋の七草:万葉の昔から秋の七草を愛でる習俗が今も続いています。 萩、すすき、なでしこ、おみなえし、藤ばかま、桔梗、くずが七草となっています。 ・風の盆:二百十日の風祭と盂蘭盆納めが習合したもので、各地で踊り明かす行事が繰り広げられます。 ・大相撲秋場所:九月に東京の両国国技館で十五日間行われる大相撲本場所を言います。 ・雁渡し かりわたし :初秋に吹く北風に乗って雁が渡ってくることから、この北風を雁渡しと言います。 9月の時候の挨拶文 9月の時候の挨拶文は次のとおりです。 ・二百十日も災禍なく過ぎ・秋霖の日々が続く今日この頃・秋彼岸の候・菊薫る重陽の節句の候・雁渡しの風に秋の深まりを感じます・秋彼岸を迎え日増しに涼しくなりました・大相撲秋場所のふれ太鼓も聞こえる時候・風の盆の候・秋の七草を愛でる今日この頃・秋涼も深まり、秋の気配が一段と濃くなる時候となりました 10月 10月は、「神無月 かんなづき 」「陽月 ようげつ 」「鎮祭月 ちんさいげつ 」「時雨月 しぐれづき 」「神去月 かみさりづき 」とも呼ばれています。 10月の歳時語 10月の歳時語は次のとおりです。 ・稍寒 ややさむ :秋の半ばから晩秋にかけて感じる季感を表します。 ・松手入 まつていれ :松の木の古葉を取り去り枝を剪定する秋口の時期を言います。 ・風炉の名残 ふろのなごり :茶道では、この時期が風炉の季節の終わりとなり、風炉と別れを惜しむ茶会が催されます。 ・秋蒔き あきまき :冬や春に収穫する野菜の種をこの時期に蒔きます。 ・赤い羽根:社会福祉活動の一環として街頭などで行われる共同募金活動を言います。 ・時代祭:京都平安神宮の祭典。 平安時代から明治までの歴史風俗を再現した時代行列が市中 を練り歩きます。 ・菊供養:東京浅草寺で行う菊花の供養で、参詣者が持ち帰った供養菊は病難や災難の厄除けになります。 ・新蕎麦 しんそば :秋に収穫した新蕎麦の粉で打った蕎麦で、走り蕎麦とも言います。 10月の時候の挨拶文 10月の時候の挨拶文は次のとおりです。 ・新蕎麦の美味しい季節となりました・菊供養の菊花が香る時節となりました今日この頃 ・甘藷祭の候・時代祭の練り歩きが賑やかな時候を迎え・赤い羽根が襟元に目立つ季節の候 ・日ごとに秋が深まり、秋蒔きの農作業が散見される今日この頃・風炉の名残の茶会が執り行われる季候となり・家々の庭で松手入れも見られる候・秋の夜長には、やや寒の季感を感じる時候となり 11月 11月は、「霜月 しもつき 」「雪待月 ゆきまつつき 」「葭月 かげつ 」「露隠端月 つゆこもりのはづき 」とも呼ばれています。 11月の歳時語 11月の歳時語は次のとおりです。 酉の市 とりのいち :11月の酉の日に大鳥神社で行われる祭りで、縁起物の熊手を商う露店で賑わいます。 一葉忌:名作「たけくらべ」の作者・樋口一葉の命日に台東区竜泉の「一葉記念館」で執り行われる供養を言います。 立冬 りっとう :二十四節季の一つで、暦の上ではこの日から冬となります。 小春日和 こはるびより :冬を知らせる大陸の移動性高気圧の合間に、秋晴れで風静かな春を思わせるような暖かい日和が訪れます。 ふいご祭り:鍛冶・鋳物など鞴 ふいご を使う業界が、鞴に感謝する祭りを行います。 顔見世 かおみせ :歌舞伎で、1年に一度新しい役者の顔ぶれで行う最初の興行を言います。 報恩講 ほうおんこう :仏教諸宗派で、その祖師の忌日に報恩のため行う法会を言います。 11月の時候の挨拶文 11月の時候の挨拶文は次のとおりです。 ・残菊に惜別の情を感じる今日この頃・小春日和に心穏やかになる季節となり・報恩講の合掌念仏をそこはかとなく耳にする時節となりました・顔見世のまねきの墨跡に心躍る時候が訪れ ・ふいご祭りの候・立冬を迎え、寒さ一段と厳しき折・酉の市の賑わいにゆく秋の感慨も深く感じる今日この頃 12月 12月は、「師走 しわす 」「春待月 はるまちづき 」「梅初月 うめはつづき 」「親子月 おやこづき 」とも呼ばれています。 12月の歳時語 12月の歳時語は次のとおりです。 年の市:社寺の境内に新年用の品物を商う大市が立ちます。 飾売 かざりうり :社寺の境内などの天幕張の露店で、注連縄飾り・門松などの正月用の飾りを売ることをいいます。 煤払い:新年を迎えるため、年末に家屋・調度の塵埃を掃き清める風習を言います。 忘年会:年の暮れに仕事仲間や一族が集い、年中の労を慰安し無事を祝しあいます。 寒稽古:寒中に行われる柔道や剣道など武術の稽古を言います。 除夜の鐘:除夜の夜半、諸方の寺々で百八の煩悩を除くために撞く鐘を言います。 仕事納め:12月28日までにその年の残務処理をして机上を片付け、正月三が日の休みに入ります。 年守る:除夜に眠らず、除夜の鐘を聞きながら行く年来る年に思いを致し元旦を迎えることを言います。 晦日蕎麦 みそかそば :大晦日の夜に食べる蕎麦で、細く長くの縁起の意味が籠められています。 12月の時候の挨拶文 12月の時候の挨拶文は次のとおりです。 ・師走の候・社寺の境内で飾り売りの露店が賑わう時候となり ・煤払いの時期を迎えあっという間の一年に嘆息している今日この頃 ・正月前の寺社の境内では年の市の用意が気忙しくなる時候となりました ・飾り売りの露店の呼び込みが賑やかな風情を醸し出す今日この頃 ・忘年会の掛け持ちが忙しい時節となり ・早朝の寒稽古の声が響き渡る今日この頃 ・除夜の鐘を聞きながらの晦日蕎麦の美味に舌をうつ大晦日のみぎり 「時節」の使い分けで文章表現を磨こう 「時節」の適時適切な使い分けで、あなたの書信の文章表現のレベル・アップができます。 いろいろな歳時語を習得しながら、その用い方に推敲を重ねましょう。 四季折々の美しさを繊細な歳時語で表現し、あなたの心情を書き綴りながら相手の安否を気遣う心配りは、書信を読んだ人にあなたのアイデンティティを十分に伝えるでしょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

花冷えの意味とは?季語としての時期&日本酒との使い方は?

花冷え 使い方

花冷えの意味 「花冷え」とは、 桜が咲く頃の、一時的な冷え込むことを意味します。 確かに、桜が咲くころには昨日はぽかぽか陽気だったのに、今日はコート引っ張り出したくなるような寒さ、という時がありますよね。 お花見の日程を決めるのを難しくさせる、あの寒さやその時期のことを「花冷え」というのです。 具体的にいつごろかというと、 3月の下旬から4月上旬辺りが花冷えの時季と言えますね。 もちろん、地域によってもその時期は多少前後するでしょう。 「花冷え」と呼ばれる急激な冷え込みは、高緯度地方から冷たい空気を伴った高気圧が南下して起こるようです。 また、 冷え込みというだけではなく、桜の咲く頃、空一面がねずみ色になるほどの曇り空を指すこともあります。 スポンサーリンク 「花冷え」という言葉が使われる場面 ニュースや天気予報で耳にすることが多い「花冷え」という言葉ですが、 他にも、手紙などの時候の挨拶として用いられたり、俳句の季語としても使われます。 季語としては、「花冷え」はもちろん春の季語です。 桜の開花から見頃の時季を表すものとされます。 そしてとても興味深いのは、日本酒「冷や」の温度を表す時にも使われているということです。 正に「花冷え」の時の気温と同じくらいです。 なんだか日本人らしい素敵な表現ですよね! 日本の風土と情緒を感じされてくれる言葉ですね。 不安定な陽気の頃ですから、健康や安否を尋ねる文を続けるとよいと思います。 同様に、結びの文として、 「花冷えの頃です。 お風邪など召しませぬ様どうぞご自愛ください。 」 と手紙の締めくくりに使うのも良いですね。 手紙に花冷えなど、季節に応じた季節の挨拶を交えながら手紙を書くことが出来ると、素敵ですね。 カテゴリー• 892• 410• 119• 189• 148•

次の