津軽 なまこ 津軽 の プリンス の 愛称 が ある 元 大相撲 力士 は。 という職業の実業家有名人

大相撲優勝力士一覧

津軽 なまこ 津軽 の プリンス の 愛称 が ある 元 大相撲 力士 は

>相撲という職業の出身県別有名人 このサイトに登録されている有名人の数:70,856人 このサイトに登録されている有名人の「相撲」という職業とその関係者の有名人の数:1,266人 スポンサーリンク 北海道 1 矢後太規 北海道 芽室町 矢後 太規(やご たかのり、1994年7月8日 - )は、北海道河西郡芽室町出身で尾車部屋所属の現役大相撲力士。 本名同じ。 身長187cm、体重178kg、血液型はA型。 最高位は西前頭10枚目(2019年3月場所)。 取り口は左四つ、寄り。 取り口を参考にしている力士、目標とする力士は元横綱稀勢の里。 2 一山本大生・・・元役場職員・大相撲十両 北海道 福島町 一山本 大生(いちやまもと だいき、1993年10月1日 - )は、北海道岩内郡岩内町出身で、二所ノ関部屋所属の現役大相撲力士。 本名は山本 大生(やまもと だいき)。 身長186cm、体重128kg、血液型はB型。 最高位は東十両9枚目(2019年9月場所)。 3 一山本大生 北海道 岩内町 一山本 大生(いちやまもと だいき、1993年10月1日 - )は、北海道岩内郡岩内町出身で、二所ノ関部屋所属の現役大相撲力士。 本名は山本 大生(やまもと だいき)。 身長186cm、体重128kg、血液型はB型。 最高位は東十両9枚目(2019年9月場所)。 4 旭大星託也 北海道 旭川市 旭大星 託也(きょくたいせい たくや、1989年10月18日 - )は、北海道旭川市出身で、友綱部屋(入門時は大島部屋)所属の現役大相撲力士。 本名は大串 拓也(おおぐし たくや)。 身長183cm、体重142kg、血液型はB型。 最高位は西十両7枚目(2015年11月場所)。 5 樋口和貞 北海道 紋別市 樋口 和貞(ひぐち かずさだ、1988年10月24日 - )は、日本の男性プロレスラー、元大相撲力士。 DDTプロレスリング所属。 北海道紋別市出身。 6 錦風真悟 北海道 石狩市 錦風 真悟(にしきかぜ しんご、1978年2月14日 - )は、東京都江戸川区出身(後に北海道浜益郡浜益村を経て合併により石狩市に変更)で、尾車部屋に所属していた元大相撲力士。 現在は世話人。 本名は足達 康之。 現役時代の体格は身長179cm、体重147kg、得意技は左四つ、寄り、押し。 最高位は西幕下筆頭(2001年7月場所)。 好物はチョコレート。 7 若天狼啓介 北海道 根室市 若天狼 啓介(わかてんろう けいすけ、1977年10月18日 - )は北海道根室市出身で間垣部屋所属の元大相撲力士。 本名は上河 啓介(かみかわ けいすけ)、愛称はケイスケ。 身長185cm、体重170kg、血液型はAB型。 得意手は突き、押し。 趣味はウエイトトレーニング。 最高位は西十両2枚目(2010年9月場所)。 2011年4月に大相撲八百長問題による引退勧告処分により引退。 8 千代大海龍二 北海道 千歳市 千代大海 龍二(ちよたいかい りゅうじ、1976年(昭和51年)4月29日 - )は、大分県大分市出身(出生地は北海道千歳市)で九重部屋所属の元大相撲力士。 本名は須藤龍二(すどう りゅうじ)、旧姓は廣嶋(ひろしま)。 最高位は東大関。 現在は、年寄・九重(14代)、九重部屋の師匠。 9 北斗龍定裕 北海道 函館市 北斗龍 定裕(ほくとりゅう さだひろ、1971年3月16日 - )は、北海道函館市出身で、北の湖部屋(引退時は山響部屋)所属の元大相撲力士。 本名は丸山 定裕(まるやま さだひろ)。 身長181cm、体重121kg、血液型はO型。 最高位は東三段目53枚目(1995年5月場所)。 10 立洸熊五郎 北海道 斜里町 立洸 熊五郎(たつひかり くまごろう、1969年10月25日 - 2011年2月24日)は、北海道斜里郡斜里町遠音別出身で、かつて立浪部屋に所属した大相撲力士である。 本名は石橋 義光(いしばし よしみつ)。 11 大翔鳳昌巳 北海道 札幌市 大翔鳳 昌巳(だいしょうほう まさみ、1967年5月7日 - 1999年12月4日)は、北海道札幌市豊平区平岸出身で立浪部屋所属の元大相撲力士。 本名は村田 昌巳(むらた まさみ)。 最高位は東小結。 全盛期の体格は187cm、144kg。 得意手は突っ張り、右四つ、上手投げ。 現役時代はその人柄の良さと礼儀正しさで好感力士として知られた。 日本大学出身 12 北勝鬨準人 北海道 帯広市 北勝鬨 準人(きたかちどき はやと、1966年1月1日 - )は北海道帯広市大空町出身の元大相撲力士。 伊勢ノ海部屋所属。 本名は久我 準人(くが はやと)。 身長183cm、体重148kg。 得意手は右四つ、寄り切り。 最高位は西前頭3枚目(1994年3月場所)。 好物は卵焼き、趣味はサッカー観戦。 現・年寄12代伊勢ノ海。 13 琴冠佑源正 北海道 新冠町 琴冠佑 源正(ことかんゆう もとまさ、1966年2月2日 - )は、佐渡ヶ嶽部屋に所属した元大相撲力士。 14 陸奥北海勝昭 北海道 新ひだか町 旧三石町 陸奥北海 勝昭(むつほっかい かつあき、1964年6月24日 - )は北海道三石郡三石町(現:日高郡新ひだか町)出身の元大相撲力士。 現在は世話人。 現役時代は安治川部屋所属、現在は伊勢ヶ濱部屋所属。 本名は本間 勝明(ほんま かつあき)。 身長179cm、体重188kg。 最高位は東十両6枚目(1994年11月場所)。 趣味はパチンコ、血液型A型、星座は蟹座。 15 旭桜隆秀 北海道 旭川市 旭桜 隆秀(あさひざくら たかひで、1964年12月28日 - )は、大島部屋に所属した元力士。 本名は葛西 一雄、北海道旭川市出身。 最高位は東幕下筆頭。 16 北勝海信芳 北海道 広尾町 北勝海 信芳(ほくとうみ のぶよし、本名:保志 信芳(ほし のぶよし)、1963年6月22日 - )は、大相撲の力士で、第61代横綱。 北海道広尾郡広尾町生まれ。 現役時代の体格は身長181cm、体重150kg。 得意技は押し、左四つ、寄り。 愛称は本名に由来する「ポチ」、海外公演で付けられた「ブルドッグ」。 「花のサンパチ組」(昭和38年生まれ)の一人。 血液型はA型。 17 北勝海信芳大相撲力士) 北海道 広尾町 北勝海 信芳(ほくとうみ のぶよし、本名:保志 信芳(ほし のぶよし)、1963年6月22日 - )は、大相撲の元力士。 第61代横綱。 北海道広尾郡広尾町生まれ。 現役時代の体格は身長181cm、体重150kg。 得意技は押し、左四つ、寄り。 愛称は本名の「ほし」に由来する「ポチ」、海外公演で付けられた「ブルドッグ」。 「花のサンパチ組」(昭和38年生まれ)の一人。 血液型はA型。 18 森乃里治重 北海道 森町 森乃里 治重(もりのさと はるしげ、1963年7月26日 - )は北海道茅部郡森町出身の元大相撲力士。 立田川部屋所属。 本名は高道 治(たかみち おさむ)。 身長178cm、体重148kg。 得意手は突き、押し。 最高位は十両9枚目。 本名の高道で取っていた期間も長い。 19 北吹雪弘士 北海道 旭川市 北吹雪 弘士(きたふぶき ひろし、1963年10月28日 - )は、立浪部屋に所属した元力士。 本名は伊藤 広泰(いとう ひろやす)、北海道旭川市出身。 182cm、128kg、最高位は東十両9枚目(1987年11月場所)。 20 大乃国康 北海道 芽室町 大乃国 康(おおのくに やすし、1962年10月9日 - )は、北海道河西郡芽室町出身の元大相撲力士。 第62代横綱。 本名は青木 康(あおき やすし)。 21 騏ノ嵐和敏 北海道 夕張市 騏乃嵐 和稔(きのあらし かずとし、1961年7月6日 - )は、北海道夕張市出身で、押尾川部屋に所属した大相撲力士。 本名は石山 和敏(いしやま かずとし)。 身長183cm、体重162kg。 得意手は右四つ、寄り。 最高位は東前頭2枚目(1982年11月場所)。 血液型はB型。 22 北天佑勝彦 北海道 室蘭市 北天佑 勝彦(ほくてんゆう かつひこ、本名:千葉 勝彦(ちば かつひこ)、1960年8月8日 - 2006年6月23日)は、北海道室蘭市出身で三保ヶ関部屋所属の元大相撲力士。 最高位は東大関。 後の年寄・二十山。 現役時代の体格は身長183cm、体重149kg。 実弟も角界入りし、九重部屋で、富士昇の四股名で三段目まで昇進した。 血液型はO型、趣味はゴルフ、水墨画。 またその端整なマスクから女性からの人気が高く、当時としては珍しく女性ファンから黄色い声援が上がっていた。 23 富士の里昇 北海道 今金町 富士の里 昇(ふじのさと のぼる、1959年10月23日 - )は、九重部屋に所属した元力士。 本名は瀧 文彦(たき ふみひこ)。 北海道瀬棚郡今金町出身。 187cm、125kg。 最高位は東十両13枚目。 得意技は左四つ、寄り、上手投げ。 24 琴千歳幸征 北海道 千歳市 琴千歳 幸征(ことちとせ こうせい、1957年4月22日 - )は、北海道千歳市出身で、1970年代から1980年代にかけて活躍した大相撲力士。 佐渡ヶ嶽部屋に所属していた。 本名は山本 稔(やまもと みのる)。 身長182cm、体重127kg。 得意手は左四つ、突っ張り、寄り。 最高位は東前頭5枚目(1981年9月場所)。 25 佐ノ藤清彦 北海道 別海町 佐ノ藤 清彦(さのふじ きよひこ、1957年5月27日 - )は北海道野付郡別海町出身の元大相撲力士。 鏡山部屋所属。 本名は佐藤 清彦(さとう きよひこ)。 体重178cm、身長118kg。 得意手は左四つ、寄り。 最高位は東十両5枚目(1983年1月場所)。 なお、「彦」の「彡」の部分が「久」であった時期もある。 26 王湖伊津男 北海道 釧路市 王湖 伊津男(おうこ いつお、本名:鈴木 伊津男(すずき いつお)、1956年8月17日 - 2013年4月24日)は、北海道釧路市出身で、友綱部屋に所属した大相撲力士である。 最高位は東前頭14枚目(1982年7月場所)。 現役時代の体格は180cm、154kg。 得意手は左四つ、寄り。 27 千代の富士貢 北海道 福島町 千代の富士 貢(ちよのふじ みつぐ、1955年6月1日 - )は、北海道松前郡福島町出身の元大相撲力士。 第58代横綱。 本名は秋元 貢(あきもと みつぐ)。 血液型はA型。 28 千代の富士貢大相撲第58代横綱 北海道 福島町 千代の富士 貢(ちよのふじ みつぐ、1955年6月1日 - 2016年7月31日)は1980年代から1990年代初頭にかけて活躍した大相撲力士。 北海道松前郡福島町出身。 第58代横綱。 昭和最後の優勝力士。 本名・秋元 貢(あきもと みつぐ)。 血液型はA型。 29 琴若央雄 北海道 増毛町 琴若 央雄(ことわか ちかお、1954年4月7日 - )は、北海道増毛郡増毛町雄冬出身で、1970年代に活躍した大相撲力士。 佐渡ヶ嶽部屋に所属していた。 本名は香島 春男(かしま はるお)。 最高位は東前頭2枚目(1979年1月場所)。 現役時代の体格は197cm、139kg。 得意手は右四つ、上手投げ、突っ張りなど。 30 北の湖敏満 北海道 壮瞥町 北の湖 敏満 きたのうみ としみつ、1953年5月16日 - 2015年11月20日 は、北海道有珠郡壮瞥町出身の元大相撲力士。 第55代横綱。 本名は小畑 敏満 おばた としみつ。 血液型はAB型[2]。 日本相撲協会理事長 第9代、第12代。 息子は俳優の北斗潤。 31 琴ヶ嶽綱一 北海道 弟子屈町 琴ヶ嶽 綱一(ことがたけ こういち、 1952年9月24日 - )は、北海道川上郡弟子屈町出身で、1970年代半ばに活躍した大相撲力士。 佐渡ヶ嶽部屋に所属していた。 本名は竹内 孝一(たけうち こういち)。 最高位は西前頭筆頭(1977年5月場所)。 現役時代の体格は186cm、114kg。 得意手は左四つ、吊り。 32 琴乃富士太喜 北海道 留寿都村 琴乃富士 宗義(ことのふじ むねよし、1951年11月7日 - )は、北海道虻田郡留寿都村出身で、1970年代半ばから1980年代初めにかけて活躍した大相撲力士。 佐渡ヶ嶽部屋に所属していた。 最高位は東前頭5枚目(1975年11月場所)。 本名は藤沢 宗義(ふじさわ むねよし)。 現役時代の体格は181cm、140kg。 得意手は右四つ、寄り。 33 貴ノ山英二 北海道 根室市 貴ノ山 英二(たかのやま えいじ、1951年6月1日 - )は、二子山部屋に所属した元力士。 本名は田村 英二(たむら えいじ)。 現在の北海道根室市出身。 181cm、95kg。 最高位は西十両11枚目。 得意技は左四つ、上手投げ。 34 大受久晃 北海道 せたな町(旧瀬棚町) 大受 久晃(だいじゅ ひさてる、1950年3月19日 - )は、北海道瀬棚郡瀬棚町(現:久遠郡せたな町)出身の元大相撲力士。 本名は堺谷 利秋(さかいや としあき)。 現役時代の体格は身長177cm、 体重151kg。 最高位は東大関。 年寄・朝日山利秋として、朝日山部屋の経営にも携わった。 35 双津竜順一 北海道 室蘭市 双津竜 順一(ふたつりゅう じゅんいち、1950年2月28日 - 2014年8月12日)は北海道室蘭市出身の元大相撲力士。 本名・山本 順一。 時津風部屋所属。 身長185cm、体重171kg。 最高位は東小結(1979年7月場所)。 得意技は右四つ、寄り。 現役時代のニックネームは「象さん」。 後述の理由により、角界追放後は、報道などでは本名の「山本順一」で一般的に紹介されることが多い。 最高位は東前頭5枚目(1977年3月場所)。 現役時代の体格は182cm、107kg。 得意手は左四つ、突っ張り、上手投げ。 37 貴ノ花健士 北海道 室蘭市 貴ノ花 利彰(たかのはな としあき、1950年2月19日 - 2005年5月30日)は、青森県弘前市出身(北海道室蘭市生まれ)の元大相撲力士。 現役時は二子山部屋所属であった。 最高位は東大関。 本名は花田 満(はなだ みつる)。 身長183cm、体重114kg、血液型はB型。 得意技は左四つ、寄り、吊り、上手投げ。 「土俵の鬼」と謳われた第45代元横綱・初代若乃花の弟という血筋のよさに加え、細身で均整のとれた体格と甘いマスクから、角界のプリンスと呼ばれ、大相撲の歴史上、また日本のスポーツ史上屈指の人気を誇ったと言われる。 位階は従五位旭日小綬章受章。 38 金剛正裕 北海道 深川市 金剛 正裕(こんごう まさひろ、1948年11月18日 - 2014年8月12日)は、北海道雨竜郡一已村(現・深川市)出身の元大相撲力士。 本名は北村 正裕(きたむら まさひろ、旧姓:吉沢)。 得意技は右前褌、寄り。 最高位は東関脇。 39 朝登俊光 北海道 夕張市 朝登 俊光(あさのぼり としみつ、1948年6月3日- )は、北海道夕張市出身で、朝日山部屋に所属した大相撲力士。 本名は霜降 利昭(しもふり としあき)。 現役時代の体格は176cm、156kg。 最高位は東前頭2枚目(1970年1月場所)。 得意手は突き、押し。 40 凌駕精考 北海道 下川町 凌駕 精考(りょうが せいこう、1948年1月20日 - )は、1963年から約11年間、大相撲の立浪部屋に所属していた力士である。 本名は白戸 二三男(しらと ふみお)。 現役時代の体格は176cm、138kg。 得意手は左四つ、突き、押し、寄り。 最高位は東前頭13枚目(1973年3月場所)。 北海道上川郡下川町出身。 41 ケンドーナガサキ 北海道 網走市 桜田 一男(さくらだ かずお、1948年9月26日 - )は、日本の元大相撲力士、プロレスラー。 本名(戸籍上の表記)は櫻田 一男(読みは同じ)。 北海道網走市出身。 ケンドー・ナガサキのリングネームで知られる。 42 ロッキー羽田 北海道 厚岸町 ロッキー羽田(ロッキーはた、1948年9月12日 -1991年10月27日 )は、日本の元大相撲力士、元プロレスラー。 北海道厚岸郡出身。 本名は羽田 光男(はた みつお)。 43 力駒雄偉 北海道 小樽市 力駒 雄偉(ちからこま ゆうい、1948年2月28日 - )は、宮城野部屋に所属した元力士。 本名は相馬 雄偉(そうま ゆうい)だったが、相馬 鉄雄(そうま てつお)に改名している。 北海道小樽市出身。 最高位は西十両11枚目。 174cm、115kg。 得意技は押し、右四つ、寄り。 44 桜田一男 北海道 網走市 桜田 一男(さくらだ かずお、1948年9月26日 - )は、日本の元大相撲力士、プロレスラー。 本名(戸籍上の表記):櫻田 一男(読みは同じ)。 ケンドー・ナガサキのリングネームで知られる。 45 旭國斗雄 北海道 愛別町 旭國 斗雄(あさひくに ますお、1947年4月25日 - )は、立浪部屋所属の元大相撲力士。 最高位は東大関。 北海道上川郡愛別町出身で農家の三男として生まれる。 本名は太田 武雄(おおた たけお)、現役時代の体格は身長174cm、体重121kg、血液型はB型。 引退後は長く年寄・大島として大島部屋を経営し、日本相撲協会の理事として巡業部長も務めた。 46 サムソン・クツワダ 北海道 江別市 サムソン・クツワダ(Samson Kutsuwada)こと轡田 友継(くつわだ ともつぐ、1947年5月1日 - 2004年10月12日)は、日本の元大相撲力士、元プロレスラー。 北海道江別市出身。 47 坤龍文一郎 北海道 釧路市 坤龍 文一郎(こんりゅう ぶんいちろう、1946年2月23日 - )は、二所ノ関部屋に所属した元力士。 本名は福本 文一(ふくもと ぶんいち)。 北海道釧路市出身。 175cm、112kg。 最高位は西十両12枚目。 得意技は突き、押し、諸差し、寄り。 身長178cm、体重109kg。 得意手は突き、押し、右四つ。 最高位は西関脇。 拓殖大学第一高等学校卒業。 小柄さと機動型の相撲から土俵のキャッチフレーズが取り分け多かったことで知られており活字になったものだけでも今・牛若丸、チビッコ・ギャング、小さな巨人、鉄腕アトム、土俵のクレイ、ベトコン、忍者、土俵の魔術師など多数確認される[2]。 49 玄武満 北海道 芦別市 玄武 満(げんぶ みつる、1946年5月4日 - )は、北海道芦別市出身の元大相撲力士。 立浪部屋所属。 本名は栗原 満(くりはら みつる)。 最高位は東十両7枚目(1973年5月場所)。 身長175cm、体重123kg。 現タレント。 50 若吉葉重幸 北海道 夕張市 若吉葉 重幸(わかよしば しげゆき、1945年10月26日 - )は、大相撲のかつて宮城野部屋に所属していた力士である。 本名は千葉 重幸(ちば しげゆき)。 北海道夕張市出身。 最高位は西前頭6枚目(1967年11月場所)。 現役時代の体格は177cm、88kg。 得意手は左四つ、足癖、出し投げ。 51 長谷川勝敏 北海道 岩見沢市(旧栗沢町) 長谷川 勝敏(はせがわ かつとし、本名同じ、1944年7月20日 - )は、北海道空知郡栗沢村(現在の岩見沢市)出身(出生地は樺太恵須取支庁恵須取郡珍内町)で佐渡ヶ嶽部屋所属の元大相撲力士。 現役時代の体格は身長183cm、体重128kg。 得意手は左四つ、寄り、掬い投げ。 最高位は東関脇。 一時期、四股名を長谷川 戡洋(はせがわ かつひろ)としていた時期もあった。 52 北の花勝利 北海道 留寿都村 北の花 勝利(きたのはな かつとし、本名:国岡 治美(くにおか はるよし)、1944年5月22日 - )は、1960年から9年間、大相撲の出羽海部屋に所属した北海道虻田郡留寿都村出身の力士。 最高位は東前頭6枚目(1968年9月場所)。 現役時代の体格は175cm、97kg。 得意手は左四つ、寄り。 53 大雪嶺登 北海道 夕張市 大雪 嶺登(だいせつ みねと、本名:秋田 芳夫(あきた よしお)、1944年11月30日 - 1980年4月16日)は、北海道夕張市出身(本籍地は北海道夕張郡由仁町)で、1960年代後半から1970年代初めにかけて活躍した大相撲力士。 宮城野部屋に所属していた。 最高位は東前頭3枚目(1971年7月場所)。 現役時代の体格は183cm、120kg。 得意手は右四つ、投げ、蹴返し。 54 禊鳳英二 北海道 木古内町 禊鳳 英二(みそぎどり えいじ、本名:佐々木 禊(ささき けい)、1943年12月10日 - )は、北海道上磯郡木古内町出身で、1960年代後半に活躍した大相撲力士。 九重部屋(入門時は出羽海部屋)に所属していた。 最高位は東前頭2枚目(1966年11月場所)。 現役時代の体格は181cm、120kg。 得意手は左四つ、寄り、投げ、外掛け。 55 北の富士勝昭 北海道 旭川市(美幌町生まれ、留萌市育ち) 北の富士 勝昭(きたのふじ かつあき、1942年3月28日 - )は、北海道旭川市(出生は網走郡美幌町)出身の元大相撲力士。 第52代横綱。 本名は竹澤 勝昭(たけざわ かつあき)得意技は突っ張り、左四つ、寄り、上手投げ、外掛け。 56 高鐵山孝之進 北海道 小樽市 高鐵山 孝之進(こうてつやま こうのしん、1942年7月9日 - 1996年4月14日)は、北海道小樽市廐町出身で朝日山部屋に所属した大相撲力士。 本名は菅 孝之進(すが こうのしん)。 身長178cm、体重129kg、得意手は左四つ、寄り、押し。 最高位は西関脇(1967年1月場所)。 57 沢光幸夫 北海道 佐呂間町 沢光 幸夫(さわひかり ゆきお、本名:沢向 幸夫(さわむかい ゆきお)、1941年6月18日 - )は、北海道常呂郡佐呂間村(現・同郡佐呂間町)出身で、時津風部屋に所属した大相撲力士。 最高位は東小結(1964年7月場所)。 大相撲の黄金時代のひとつである「柏鵬時代」の中期に、幕内力士として活躍した。 現役時代の体格は173cm、105kg。 得意手は右四つ、突っ張り、寄り。 58 玉嵐孝平 北海道 芽室町 玉嵐 孝平(たまあらし こうへい、1941年8月1日 - 1993年2月28日)は、北海道河西郡芽室町出身で、1960年代に活躍した大相撲力士である。 本名は成田 幸平(なりた こうへい)。 片男波部屋(入門時は二所ノ関部屋)に所属していた。 最高位は東前頭4枚目(1962年11月場所、1963年7月場所、1964年1月場所)。 現役時代の体格は173cm、116kg。 得意手は右四つ、寄り、上手投げ、押し。 59 木村庄之助 32代 北海道 網走市 32代 木村 庄之助(きむら しょうのすけ、本名:澤田 郁也(さわだ いくや)、1941年2月13日 - )は、大相撲の立行司の一人。 木村庄之助としての在位期間は2006年1月〜2006年2月。 出羽海部屋所属。 60 式守伊之助 34代 北海道 赤平市 34代式守 伊之助(しきもり いのすけ、本名:棚田 好男、1941年2月10日 - )は、大相撲の立行司の一人。 式守伊之助としての在位期間は2006年1月〜2006年2月。 61 34代目式守伊之助 北海道 赤平市 34代式守 伊之助(しきもり いのすけ、本名:棚田 好男、1941年2月10日 - )は、大相撲の立行司の一人。 式守伊之助としての在位期間は2006年1月〜2006年2月。 62 ラッシャー木村 北海道 中川町 ラッシャー木村(ラッシャーきむら、1941年6月30日 - 2010年5月24日)は、日本のプロレスラー、大相撲力士。 本名は木村 政雄(きむら まさお)。 北海道中川郡中川町出身。 63 木村庄之助32代 立行司) 北海道 網走市 32代 木村 庄之助(きむら しょうのすけ、本名:澤田 郁也(さわだ いくや)、1941年2月13日 - )は、大相撲の立行司の一人。 木村庄之助としての在位期間は2006年1月〜2006年2月。 出羽海部屋所属。 64 大鵬幸喜 北海道 弟子屈町、樺太生まれ 大鵬 幸喜(たいほう こうき、1940年(昭和15年)5月29日 - 2013年(平成25年)1月19日)は、北海道川上郡弟子屈町川湯温泉(出生地は樺太敷香郡敷香町)出身の元大相撲力士。 第48代横綱。 本名は納谷 幸喜(なや こうき)であるが、一時期は母親の再婚によって住吉 幸喜(すみよし こうき)と名乗っていたこともあった。 65 松前山武士 北海道 松前町 松前山 武士(まつまえやま たけし、本名:渡辺 貞夫(わたなべ さだお)、1940年6月29日 - )は、北海道松前郡松前町出身で、出羽海部屋(のち九重部屋)に所属した大相撲力士。 最高位は東前頭9枚目(1965年5月場所)。 現役当時の体格は173cm、94kg。 得意手は左四つ、ハズ押し、寄り、投げ。 66 木村庄之助 31代 大相撲立 北海道 美瑛町 31代 木村 庄之助(きむら しょうのすけ、本名:阿部 正夫(あべ まさお)、1940年12月3日 - )は、大相撲の立行司の一人。 木村庄之助としての在位期間は2003年5月〜2005年11月。 立浪部屋所属。 67 木村庄之助 31代 北海道 美瑛町 31代 木村 庄之助(きむら しょうのすけ、本名:阿部 正夫(あべ まさお)、1940年12月3日 - )は、大相撲の立行司の一人。 木村庄之助としての在位期間は2003年3月〜2005年11月。 立浪部屋所属。 68 若十勝正雄 北海道 芽室町 若十勝 正雄(わかとかち まさお、1938年10月20日 - )は、花籠部屋に所属した元力士。 本名は高島 正雄(たかしま まさお)。 北海道河西郡芽室町出身。 177cm、83kg。 最高位は東十両10枚目。 得意技は右四つ、寄り。 69 北ノ國仁 北海道 札幌市 北ノ國 仁(きたのくに ひとし、本名:斎藤 仁(さいとう ひとし)、1938年1月15日 - )は、1960年代半ばに活躍した北海道札幌市西区出身の大相撲力士。 立浪部屋に所属していた。 現役時代の体格は178cm、124kg。 得意手は左四つ、寄り。 最高位は東前頭10枚目(1964年7月場所)。 70 栗家山恵三 北海道 日高町(旧門別町) 栗家山 惠三(くりけやま けいぞう、本名:橘井 恵三(きつい けいぞう)、1938年2月15日 - )は、1956年から凡そ8年間、大相撲の佐ノ山部屋・高砂部屋に在籍した北海道沙流郡門別町(現・日高町)富川出身の力士である。 最高位は西前頭5枚目(1962年5月場所)。 現役時代の体格は175cm、88kg。 得意手は左四つ、突っ張り、寄り。 71 明武谷力伸 北海道 釧路市(旧阿寒町) 明武谷 力伸(みょうぶだに りきのぶ、1937年4月29日 - )は、北海道阿寒郡阿寒町(現:北海道釧路市)出身の元大相撲力士。 本名は明歩谷 清(みょうぶだに きよし)。 最高位は東前頭8枚目(1966年9月場所)。 得意手は右四つ、寄り、蹴手繰りなど。 現役時代の体格は178cm、115kg。 73 羽黒花統司 北海道 西興部村 羽黒花 統司(はぐろはな とうじ、本名:千葉 進(ちば すすむ)、1936年3月28日 - 1984年6月3日)は、北海道紋別郡西興部村出身で、かつて立浪部屋に所属していた大相撲力士である。 大相撲の黄金時代の1つである「柏鵬時代」に、幕内力士として活躍した。 最高位は東関脇(1963年3月場所・1964年7月場所)。 現役時代の体格は181cm、125kg。 得意手は左四つ、吊り、上手投げ。 74 北葉山英俊 北海道 室蘭市 北葉山 英俊(きたばやま ひでとし、1935年5月17日 - 2010年7月20日)は、北海道室蘭市出身の元大相撲力士。 本名は山田 英俊(やまだ ひでとし)。 75 吉野準 北海道 苫小牧市 吉野 準(よしの じゅん、1934年(昭和9年) - )は、日本の元警察官僚。 第79代警視総監。 東京大学出身 76 安念山治 北海道 下川町 安念山 治(あんねんやま おさむ、1934年2月23日 - )は、北海道上川郡下川町出身の元大相撲力士。 本名は安念 治(あんねん おさむ)。 77 若ノ里雄三 北海道 旭川市 若ノ里 雄三(わかのさと ゆうぞう、1932年3月20日 - 1983年4月29日)は、二所ノ関部屋、芝田山部屋、花籠部屋に所属した元力士、元世話人。 本名は山口 雄三(やまぐち ゆうぞう)。 北海道旭川市出身。 身長167cm、体重75kg。 最高位は東十両5枚目。 得意技は左四つ、寄り。 78 双ツ龍徳義 北海道 室蘭市 双ッ龍 徳義(ふたつりゅう とくよし、本名:荒木 徳義(あらき とくよし)、1930年3月3日 - 2006年2月4日)はかつて時津風部屋に所属していた大相撲力士である。 身長185cm、体重108kg。 得意手は右四つ、吊り、上手投げ。 北海道室蘭市出身。 最高位は東前頭筆頭。 79 福緑正義 北海道 旭川市 福緑 正義(ふくみどり まさよし、1930年3月20日 - 2018年1月31日)は、立浪部屋に所属した元力士。 本名は松井 政義(まつい まさよし)。 北海道旭川市出身。 176cm、89kg。 最高位は西十両15枚目。 得意技は左四つ、寄り。 80 佐藤清彦 北海道 別海町 佐藤 清彦(さとう きよひこ、1930年2月17日 - )は、日本のノンフィクション作家。 宮城県生まれ。 早稲田大学文学部卒。 読売新聞社を経て、ノンフィクション作家。 81 若乃花幹士 北海道 室蘭市 初代 若乃花 幹士(わかのはな かんじ)、本名:花田 勝治(はなだ かつじ、1928年(昭和3年)3月16日 - 2010年(平成22年)9月1日)は、青森県弘前市青女子(あおなご)出身で、入門当時は二所ノ関部屋(1953年に花籠部屋の独立とともに移籍)に所属した大相撲力士、第45代横綱。 身長179cm、体重107kg。 血液型はB型。 弘前市名誉市民。 土俵の鬼と呼ばれた。 戦後最軽量横綱である(歴代史上最軽量は栃木山の103kg)。 82 大晃定行 北海道 北斗市(旧上磯町) 大晃 定行(おおひかり さだゆき、1927年9月24日 - 1996年1月14日)は、北海道上磯郡上磯町(現在の北斗市)出身で出羽海部屋所属の元大相撲力士。 本名は柴田 定行。 現役時代の体格は身長181cm、体重115kg。 最高位は東小結(1958年7月場所)。 得意手は突っ張り、叩き、左四つ、寄り。 大相撲屈指の黄金時代といわれる栃・若時代の名力士として知られている。 引退後は年寄・阿武松を襲名した。 83 千代の山雅信 北海道 福島町 千代の山 雅信(ちよのやま まさのぶ、1926年6月2日 - 1977年10月29日)は、北海道松前郡福島町出身の元大相撲力士。 第41代横綱。 本名は杉村 昌治(すぎむら まさはる)。 84 千代の山雅信大相撲第41代横綱 北海道 福島町 千代の山 雅信(ちよのやま まさのぶ、1926年6月2日 - 1977年10月29日)は、北海道松前郡福島町出身の元大相撲力士。 第41代横綱。 本名は杉村 昌治(すぎむら まさはる)。 85 旭國強 北海道 旭川市 旭國 強(あさひくに つよし、1924年生まれ)は、立浪部屋に所属した元力士。 本名は山田 強(やまだ つよし)。 北海道旭川市出身。 174cm、83kg。 最高位は西十両12枚目。 得意技は右四つ、下手投げ。 86 北の洋昇 北海道 網走市 北の洋 昇(きたのなだ のぼる、1923年2月1日 - 2002年1月8日)は、北海道網走郡網走町北浜(現:北海道網走市北浜)出身で、1940年代後半から1960年代にかけて活躍した大相撲力士である。 本名は緒方 昇(おがた のぼる)。 87 緑嶋英三 北海道 石狩市 緑嶋 英三(みどりしま えいぞう、1923年1月25日 - )は、かつて立浪部屋に所属した大相撲力士である。 本名は今井 英三(いまい えいぞう)。 北海道石狩郡石狩町(現在の北海道石狩市)出身。 現役時代の体格は176cm、88kg。 自己最高位は東前頭4枚目(1947年11月場所)。 得意手は左四つ、押し。 88 輝昇勝彦 北海道 留萌市 輝昇 勝彦(てるのぼり かつひこ、1922年1月26日 - 1967年2月20日)は、北海道留萌市(出生時は留萌郡留萌町)出身で、1940年代から1950年代にかけて活躍した大相撲力士である。 本名は小林 良彦(こばやし よしひこ)。 89 輝曻勝彦 北海道 留萌市 輝昇 勝彦(てるのぼり かつひこ、1922年1月26日 - 1967年2月20日)は、北海道留萌市出身で、1940年代から1950年代にかけて活躍した大相撲力士である。 本名は小林 良彦(こばやし よしひこ)。 90 吉葉山潤之輔 北海道 石狩市(旧厚田村) 吉葉山 潤之輔(よしばやま じゅんのすけ、1920年4月3日 - 1977年11月26日)は、北海道厚田郡厚田村(現:石狩市)出身の元大相撲力士。 第43代横綱。 本名は池田 潤之輔(いけだ じゅんのすけ)。 91 藤錦千代吉 北海道 寿都町 藤錦 千代吉(ふじにしき ちよきち、本名:福田 千代吉(ふくだ ちよきち)、1920年1月9日 - 1961年6月28日)は、北海道寿都郡寿都町出身で、二所ノ関部屋に所属した大相撲力士。 最高位は東前頭18枚目(1948年10月場所)。 現役時代の体格は177cm、90kg。 得意手は右四つ、上手投げ。 92 十勝岩豊 北海道 大樹町 十勝岩 豊(とかちいわ ゆたか、1919年1月10日 - 1979年2月12日)は、北海道十勝郡大津村(現在の広尾郡大樹町)出身、出生地は北海道中川郡本別村(現在の足寄郡陸別町)で二所ノ関部屋に所属した大相撲力士。 本名は三好 豊(みよし ゆたか)。 現役時代の体格は176cm、105kg。 得意手は左四つ、寄り、吊り。 最高位は西前頭筆頭(1945年6月場所)。 93 斜里錦菊三 北海道 斜里町 斜里錦 菊三(しゃりにしき きくぞう、本名:京堂 菊三(きょうどう きくぞう)、1917年7月12日 - 1950年1月22日)は、北海道斜里郡斜里町出身で、1930年代末から1940年代にかけて活躍した大相撲力士。 二所ノ関部屋に所属した。 最高位は西前頭18枚目(1943年1月場所)。 現役時代の体格は173cm、102kg。 得意手は右四つ、押し。 94 名寄岩静男 北海道 名寄市 名寄岩 静男(なよろいわ しずお、1914年9月27日 - 1971年1月26日)は、北海道名寄市出身(出生地は北海道小樽市)の元大相撲力士。 本名は岩壁 静雄(いわかべ しずお)。 95 若浪義光 北海道 東川町 若浪 義光(わかなみ よしみつ、1914年5月6日 - 1982年12月30日)は、樺太恵須取郡恵須取町(現在のサハリン・ウグレゴルスク)出身で1940年代に活躍した立浪部屋所属の元大相撲力士。 最高位は東前頭19枚目(1940年5月場所)。 本名は若林 義光(わかばやし よしみつ)。 現役時代の体格は身長176cm、体重94kg。 得意手は右四つ、寄り。 96 巴潟誠一 北海道 函館市 巴潟 誠一(ともえがた せいいち、本名:工藤 誠一(くどう せいいち)、1911年3月30日 - 1978年12月24日)は、北海道函館市出身で高嶋部屋所属の元大相撲力士。 現役時代の体格は身長165cm、体重90kg、得意手は押し、突き落とし、巻き落とし。 最高位は西小結。 97 松前山熊義 北海道 函館市 松前山 熊義(まつまえやま くまよし、1909年8月5日 - 1984年3月3日は、高島部屋に所属した力士。 本名は川崎 熊義。 現在の北海道函館市出身。 173cm、87kg。 最高位は西前頭筆頭。 98 旭川幸之焏 北海道 旭川市 旭川 幸之丞(あさひかわ ゆきのじょう、1905年8月18日 - 1978年1月31日)は、北海道上川郡(現:北海道旭川市、出生地は富山県下新川郡(現:富山県魚津市))出身で、1930年代から1940年代にかけて活躍した大相撲力士である。 本名は宮坂 幸吉(みやさか こうきち)。 99 旭川幸之丞 北海道 旭川市 旭川 幸之丞(あさひかわ ゆきのじょう、1905年8月18日 - 1978年1月31日)は、北海道上川郡(現:北海道旭川市、出生地は富山県下新川郡(現:富山県魚津市))出身で、1930年代から1940年代にかけて活躍した大相撲力士である。 本名は宮坂 幸吉(みやさか こうきち)。 100 太刀光電右エ門 北海道 三笠市 太刀光 電右エ門(たちひかり でんえもん、1897年3月29日 - 1952年5月15日)は、北海道三笠市出身の元大相撲力士。 本名は八田 政次(はった まさつぐ(まさじ))。 101 一ノ濵善之助 北海道 七飯町 一ノ濵 善之助(いちのはま ぜんのすけ、1897年4月20日 - 1962年9月9日)は、井筒部屋に所属した力士。 引退後は7代九重を一時期襲名し、後進の指導につとめた。 本名は大塚 善作(旧姓佐々木、高橋)。 北海道亀田郡七飯町出身。 175cm、83kg。 最高位は西前頭4枚目。 102 三杦磯善七 北海道 八雲町(旧熊石町) 三杦磯 善七(みすぎいそ ぜんしち、1892年11月26日 - 1951年4月22日)は、北海道爾志郡熊石村(現:北海道二海郡八雲町)出身の元大相撲力士。 本名は小西 善七(こにし ぜんしち)。 103 太田武雄 北海道 愛別町 Wikipedia未登録 大相撲元大関旭國斗雄 104 清晃剛 北海道 厚岸町 Wikipedia未登録 元大相撲力士 105 阿部脩 北海道 旭川市 Wikipedia未登録 大相撲力士、プロレスラー、プロレスレフェリー、俳優 106 北瀬海弘光 北海道 せたな町(旧北檜山町) 北瀬海 弘光(きたせうみ ひろみつ、1948年7月2日 - )は、北海道瀬棚郡北檜山町(現・久遠郡せたな町)出身で九重部屋(入門時は出羽海部屋)所属の元大相撲力士。 本名は土谷 孝(つちや たかし)。 最高位は東関脇(1976年7月場所)。 現役時代の体格は身長175cm、体重115kg。 得意技は左四つ、寄り、もろ差し。 青森県 107 阿武咲奎也 青森県 中泊町 阿武咲 奎也(おうのしょう ふみや、1996年7月4日 - )は、青森県北津軽郡中泊町出身で、阿武松部屋所属の現役大相撲力士。 本名は打越 奎也(うてつ ふみや)。 身長176cm、体重163kg、血液型はO型。 最高位は東前頭14枚目(2017年5月場所)。 108 笹ノ山喜悌 青森県 八戸市 笹ノ山 喜悌(ささのやま よしとも、1992年12月30日 - )は、青森県八戸市出身で木瀬部屋(入門時は北の湖部屋)所属の現役大相撲力士。 本名は笹山 喜悌(ささやま よしとも)。 身長180cm、体重150kg、最高位は東幕下3枚目(2015年1月場所)。 同じ木瀬部屋の笹山は実兄。 109 大成道喜悌 青森県 八戸市 大成道 喜悌(だいせいどう よしとも、1992年12月30日 - )は、青森県八戸市出身で木瀬部屋(入門時は北の湖部屋)所属の現役大相撲力士。 本名は笹山 喜悌(ささやま よしとも)。 身長180cm、体重150kg、最高位は西十両12枚目(2017年11月場所)。 好きなタレントは岡本玲。 顔がメラニア・トランプに似ている。 平成4年度生まれの関取を指す、いわゆる「花のヨン組」の1人。 110 宝富士大輔 青森県 中泊町 宝富士 大輔(たからふじ だいすけ、1987年2月18日 - )は、青森県北津軽郡中里町(現在の中泊町)出身で伊勢ヶ濱部屋所属の現役大相撲力士。 本名は杉山 大輔(すぎやま だいすけ)。 愛称は、パンダ、角界のマツコ(・デラックス)、たーたん。 身長186cm、体重165kg、血液型はAB型。 得意手は左四つ、寄り。 最高位は東小結(2015年7月場所)。 趣味は音楽鑑賞。 好物はオムライスとハンバーグ。 嫌いなものは納豆。 近畿大学出身 111 誉富士歓之 青森県 鰺ヶ沢町 誉富士 歓之(ほまれふじ よしゆき、1985年5月6日 - )は、青森県西津軽郡鰺ヶ沢町出身で伊勢ヶ濱部屋所属の現役大相撲力士。 本名は三浦 歓之(みうら よしゆき)。 血液型はB型。 愛称は、ミッちゃん。 身長は180cm、体重は160kg。 得意手は突き・押し。 最高位は西前頭6枚目(2015年11月場所)。 好きな食べ物は寿司。 趣味はコレクション(ガンプラなど)、天体観測。 憧れの力士は武双山で、武双山に倣って銀ねずの締め込みをしていたこともある。 [2] 近畿大学出身 112 若三藤成豊 青森県 弘前市 若三藤 成豊(わかみふじ しげと 本名:藤田 成豊(ふじた しげと)、1985年7月16日 - )は間垣部屋(現存せず)に所属していた、青森県弘前市出身の元大相撲力士である。 身長176cm、体重193kg。 得意手は右四つ、寄り。 最高位は西幕下14枚目(2006年11月場所)、血液型はB型。 113 将司昂親 青森県 深浦町 将司 昂親(まさつかさ こうしん、1984年6月7日 - )は、青森県西津軽郡深浦町出身で入間川部屋所属の大相撲力士。 本名は小野正仁(おの まさひと)。 身長183cm、体重147kg、血液型はA型。 得意手は、突き、押し、食い下がり。 最高位は西前頭8枚目(2008年9月場所、2010年9月場所)。 2011年の大相撲八百長問題にて引退勧告処分を受け、引退した。 114 克乃富士修一 青森県 つがる市 克乃富士 修一(かつのふじ しゅういち、1984年5月4日 - )は、青森県つがる市出身で境川部屋所属の現役大相撲力士。 本名は鶴賀 修一。 血液型B型。 最高位は西幕下15枚目(2009年3月場所)。 115 寶千山幸観 青森県 弘前市 寶智山 幸観(ほうちやま こうかん、1982年1月18日 - )は、青森県弘前市出身で境川部屋(入門時は中立部屋)所属の元大相撲力士。 本名は棟方幸観(むなかた ゆきみ)。 身長188cm、体重155kg、血液型はO型。 得意手は突き、右四つ、寄り。 最高位は西前頭14枚目(2006年9月場所、2007年5月場所)。 現在は年寄・君ヶ濱。 なお、「寶」という文字は常用漢字外であるため新聞・雑誌などでは宝智山(のちの四股名の時は宝千山)と表記されることが多い。 関取として在位した場所はすべて寶智山の四股名で在位。 116 寶智山幸観 青森県 弘前市 寶智山 幸観(ほうちやま こうかん、1982年1月18日 - )は、青森県弘前市出身で境川部屋(入門時は中立部屋)所属の元大相撲力士。 本名は棟方幸観(むなかた ゆきみ)。 身長188cm、体重155kg、血液型はO型。 得意手は突き、右四つ、寄り。 最高位は西前頭14枚目(2006年9月場所、2007年5月場所)。 現在は年寄・君ヶ濱。 なお、「寶」という文字は常用漢字外であるため新聞・雑誌などでは宝智山(のちの四股名の時は宝千山)と表記されることが多い。 関取として在位した場所はすべて寶智山の四股名で在位。 117 栃翼祐一 青森県 鶴田町 栃翼 祐一(とちつばさ ゆういち、1980年10月3日 - )は、青森県北津軽郡鶴田町出身で春日野部屋に所属していた、元大相撲力士。 本名は加賀谷祐一(かがや ゆういち)、身長167cm、体重99. 8kg。 最高位は東幕下4枚目(2012年1月場所)。 118 安美錦竜児 青森県 深浦町 安美錦 竜児(あみにしき りゅうじ、1978年10月3日 - )は、青森県西津軽郡深浦町出身で伊勢ヶ濱部屋(入門時は安治川部屋)所属の現役大相撲力士。 本名は杉野森 竜児(すぎのもり りゅうじ)、愛称は「リュウジ」。 インターネット上では「あみたん」とも呼ばれる。 身長184cm、体重145kg、血液型はA型、星座は天秤座。 得意手は、右四つからの寄り、出し投げ、力も強く独特の間合いをとり変化も使う。 四股名は、「故郷に錦を飾る」との意味を込めて師匠の伊勢ヶ濱親方(当時の安治川親方)が命名した[2]。 趣味はテレビゲーム。 好物はワイン、甘口のカレーライス。 嫌いなものは梅全般。 [3]最高位は東関脇(2007年9月場所 - 2008年1月場所)。 いつも微妙な取り組みにより行司が軍配を上げにくい相撲をとるため「行司泣かせ」の異名を持つ。 119 岩木山竜太 青森県 旧岩木町 岩木山 竜太(いわきやま りゅうた、1976年3月2日 - )は、青森県中津軽郡岩木町(現弘前市)出身で境川部屋(入門時は中立部屋)所属の元大相撲力士。 本名は對馬 竜太(つしま りゅうた)、愛称はツシマ。 身長184cm、体重177kg、血液型はO型、趣味は音楽鑑賞と競馬研究。 最高位は東小結(2005年3月場所)。 現在は、年寄・関ノ戸。 青森大学出身 120 高見盛精彦 青森県 板柳町 高見盛 精彦(たかみさかり せいけん、1976年5月12日 - )は、青森県北津軽郡板柳町福野田常盤出身で東関部屋所属の元大相撲力士。 アマチュア相撲出身。 本名は加藤精彦(かとう せいけん)、愛称はカトちゃん、たかみー、角界のロボコップ。 身長188cm、体重145kg、血液型はO型。 得意手は右四つ、寄り。 最高位は東小結(2002年9月場所、2003年11月場所)。 現在は年寄・振分として同部屋で後進の指導に当たっている。 日本大学出身 121 武州山隆士 青森県 旧浪岡町 武州山 隆士(ぶしゅうやま たかし、1976年5月21日 - )は、青森県南津軽郡浪岡町(現在の青森市)出身で藤島部屋所属(入門時は武蔵川部屋)の元大相撲力士。 本名は山内 隆志(やまうち たかし)。 身長191cm、体重174kg、血液型はO型。 最高位は西前頭3枚目(2009年11月場所)。 現在は年寄清見潟として、藤島部屋で後進の指導に当たっている。 大東文化大学出身 122 十文字友和 青森県 階上町 十文字 友和(じゅうもんじ ともかず、1976年6月9日 - )は、青森県三戸郡階上町出身で陸奥部屋(入門当時は立田川部屋)に所属した元大相撲力士。 本名同じ、愛称はモン。 身長185cm、体重160kg、血液型はB型。 得意手は右四つ、寄り。 最高位は東前頭6枚目(2003年7月場所、2004年3月場所)。 2011年の大相撲八百長問題にて引退勧告処分を受け、引退した。 123 安壮富士清也 青森県 深浦町 安壮富士 清也(あそうふじ せいや、1976年1月17日 - )は、青森県西津軽郡深浦町出身で伊勢ヶ濱部屋(入門時は安治川部屋)所属の元大相撲力士。 本名は杉野森清寿(すぎのもり きよとし)、愛称はキヨ。 身長181cm、体重126kg、血液型はO型、趣味はカラオケ、格闘技観戦。 得意手は右四つ、投げ、突き。 最高位は東前頭13枚目(2006年11月場所)。 2011年の大相撲八百長問題にて引退勧告処分を受け、引退した。 124 舞風昌宏 青森県 十和田市 舞風 昌宏(まいかぜ まさひろ、1976年9月21日 - )は、青森県十和田市出身の元大相撲力士。 尾車部屋所属。 本名は佐藤 昌宏(さとう まさひろ)。 身長179cm、体重135kg。 得意手は突き、押し。 最高位は西十両10枚目(2005年1月場所)、愛称は「舞ちゃん」 125 一の谷崇帥 青森県 大鰐町 一の谷 崇帥(いちのたに そうし、1976年6月10日 - )は、青森県南津軽郡大鰐町出身で中村部屋所属の元大相撲力士。 本名は木田 崇帥(きだ そうし 以前は木田 崇師(読み方は同じ))。 現役時は身長182cm、体重128kg。 最高位は東十両12枚目(2004年7月場所)。 126 若の里忍 青森県 弘前市 若の里 忍(わかのさと しのぶ、1976年7月10日 - )は、青森県弘前市出身で鳴戸部屋(引退時は田子ノ浦部屋)に所属していた元大相撲力士。 本名は古川忍(こがわ しのぶ)、愛称はコガワ。 現役時代の体格は身長185cm、体重163kg、血液型はO型。 127 追風海直飛人 青森県 板柳町 追風海 直飛人(はやてうみ なおひと、1975年7月5日 - )は、日本の政治家。 自由民主党所属の青森県議会議員(2期)。 前青森県板柳町議会議員(1期)。 かつて追手風部屋(入門時は友綱部屋)に所属した元大相撲力士。 本名は齊藤 直飛人(さいとう なおひと)。 現役時代の体格は185cm、129kg。 得意手は右四つ、寄り、上手投げ。 最高位は西関脇(2000年11月場所)。 趣味は読書、愛称はサイトー。 血液型はO型。 128 北勝岩治 青森県 五所川原市 北勝岩 治(ほくといわ おさむ、1974年6月1日- )は、青森県北津軽郡金木町(現在の五所川原市)出身で八角部屋に所属した元大相撲力士。 本名は原田治(はらだ おさむ)。 身長177cm、体重167kg。 得意手は突き、押し。 最高位は東十両10枚目(2002年5月場所)、血液型はB型。 129 海鵬涼至 青森県 深浦町 海鵬 涼至(かいほう りょうじ 1973年4月17日 - )は、青森県西津軽郡深浦町出身で八角部屋に所属した元大相撲力士。 本名は熊谷涼至(くまがい りょうじ)、愛称はクマ。 現役時は身長177cm、体重125kg、血液型はO型、趣味はスポーツ観戦。 得意手は左四つ、下手投げ。 左を差して食いついての芸が持ち味で、小兵ならではの動きの良さが身上であった。 最高位は西小結(2001年11月場所)。 なお海鵬の四股名は、父が所有する漁船「海鵬丸」に由来する。 日本大学出身 130 貴ノ浪貞博 青森県 三沢市 貴ノ浪貞博(たかのなみ さだひろ、1971年10月27日 - 2015年6月20日)は、青森県三沢市出身で二子山部屋(入門時は藤島部屋、引退時は貴乃花部屋)所属の元大相撲力士。 最高位は東大関。 本名は浪岡貞博(なみおか ただひろ)。 現役時代の体格は身長196cm、体重175kg、血液型はO型、愛称は「貴にょ浪」(由来はやくみつるの4コマ漫画から)。 大関時代には部屋では「浪大関」と呼ばれていた。 趣味は釣り。 131 朝乃涛誠 青森県 中泊町 朝乃涛 誠(あさのなみ まこと、1971年6月19日 - )は、青森県北津軽郡中泊町出身で若松部屋所属の元大相撲力士。 本名は太田誠(おおた まこと)、身長187cm、体重140kg。 最高位は東十両3枚目(1993年3月場所)。 132 大殿英武 青森県 青森市 大殿 英武(だいでん えいぶ、1970年9月8日-)は青森市出身の元大相撲力士。 大鵬部屋所属。 本名は伊藤 英武(いとう えいぶ)。 身長175cm、体重127kg。 得意手は左四つ、下手投げ。 趣味は音楽鑑賞。 最高位は西十両13枚目(1994年3月場所)。 133 浪乃花教天 青森県 旧浪岡町 浪乃花 教天(なみのはな かずたか、1969年3月19日 - )は、青森県南津軽郡浪岡町(現:青森市)出身で二子山部屋に所属した元大相撲力士。 本名は工藤 和博(くどう かずひろ)。 現役時代の体格は178cm、135kg。 最高位は東小結(1995年3月場所)。 得意手は突き、押し。 134 舞の海秀平 青森県 鰺ヶ沢町 舞の海 秀平(まいのうみ しゅうへい、1968年2月17日 - )は、日本のスポーツキャスター、タレント、NHK大相撲解説者、出羽海部屋所属の元大相撲力士。 有限会社舞の海カンパニー(本人の個人事務所)所属。 本名は長尾 秀平(ながお しゅうへい)、愛称はシュウヘイ。 2013年現在の体格は身長169cm、体重85kg。 血液型B型、左利き。 日本大学出身 135 旭富士正也 青森県 旧木造町 旭富士 正也(あさひふじ せいや、1960年(昭和35年)7月6日 - )は、青森県つがる市出身で大島部屋所属の元大相撲力士、第63代横綱。 本名は杉野森 正也(すぎのもり せいや)。 現役時代の体格は身長189cm、体重143kg。 得意技は右四つ、寄り、掬い投げ。 現在は、年寄・9代伊勢ヶ濱親方。 近畿大学出身 136 三杉磯拓也 青森県 八戸市 三杉磯 拓也(みすぎいそ たくや、1956年(昭和31年)5月11日- )は、青森県八戸市出身で、放駒部屋(入門時は花籠部屋)に所属した大相撲力士。 最高位は西前頭2枚目(1979年1月場所、1982年3月場所)。 本名は上沢 秀則(かみさわ ひでのり)。 現役時代の体格は187cm、126kg。 得意手は左四つ、突っ張り、寄り、上手投げ、突き落とし。 137 綾の海金太郎 青森県 つがる市 綾の海 金太郎(あやのうみ きんたろう、1955年8月17日-)は、大鵬部屋に所属した元力士。 本名は黒滝 隆男(くろたき たかお)。 現在の青森県つがる市出身。 現役時代の体格は177cm、107kg。 最高位は東十両13枚目(1980年7月場所)。 得意手は左四つ、寄り、下手投げ。 138 2代目若乃花幹士 青森県 大鰐町 若乃花 幹士(わかのはな かんじ、本名:下山 勝則(しもやま かつのり)、1953年4月3日 - )は、元大相撲力士、第56代横綱。 引退後は年寄・間垣。 師匠であった初代若乃花の娘婿となったが、後に離婚。 大関時代までの四股名は「若三杉」だったが、横綱昇進を機に師匠の四股名「若乃花」を継承した(大関まで名乗った若三杉も当時部屋付きだった荒磯親方、元関脇若三杉彰晃の四股名を継承したものである)。 青森県南津軽郡大鰐町出身。 身長187cm、体重133kg。 血液型はA型。 現役時代の愛称は下の名前の勝則から「カンボ」と呼ばれていた。 139 大觥吉男 青森県 青森市 大觥 吉男(たいこう よしお、本名:横山 吉男(よこやま よしお)、1953年10月30日- )は、青森県青森市出身で、1970年代後半に活躍した大相撲力士。 二子山部屋に所属していた。 最高位は西前頭8枚目(1978年7月場所)。 現役時代の体格は174cm、133kg。 得意手は左四つ、寄り。 140 隆の里俊英 青森県 旧浪岡町 隆の里 俊英(たかのさと としひで、1952年(昭和27年)9月29日 - 2011年(平成23年)11月7日)は、青森県南津軽郡浪岡町(現在の青森市)出身で二子山部屋所属の元大相撲力士、第59代横綱。 本名は高谷 俊英(たかや としひで)。 現役時代は身長181cm、体重158kg。 得意手は、右四つ、寄り、吊り、上手投げ。 引退後は年寄・鳴戸を襲名。 鳴戸部屋師匠として稀勢の里、若の里、隆乃若ら7人の関取を育成した。 血液型はO型。 141 魁輝薫秀 青森県 旧天間林村 魁輝 薫秀(かいき のぶひで、本名:西野 政章(にしの まさあき)、1952年6月12日- )は、友綱部屋に所属した元大相撲力士。 最高位は東関脇(1979年7月場所)。 青森県上北郡七戸町(現役時代は天間林村で、場内放送の出身地紹介では〈村〉を省いてアナウンスされていた)出身。 142 出羽の花義貴 青森県 旧中里町 出羽の花 義貴(でわのはな よしたか、1951年5月13日 - )は、青森県北津軽郡中泊町(旧・同郡中里町)出身で、出羽海部屋に所属した大相撲力士である。 本名は野村 双一(のむら そういち)。 日本大学出身 143 晃山昌士 青森県 五所川原市 晃山 昌士(こうざん まさし、1951年6月14日-)は、高島部屋に所属した元力士。 本名は高橋 力雄(旧姓・蒔田)。 青森県五所川原市出身。 184cm、115kg。 最高位は西十両筆頭。 得意技は突き、押し。 144 37代木村庄之助 青森県 六戸町 37代木村庄之助(きむら しょうのすけ、本名:畠山 三郎(はたけやま さぶろう)、1950年3月16日 - )は、大相撲の立行司の1人だった。 高島部屋、熊ヶ谷部屋、大島部屋を経て引退時は友綱部屋所属。 血液型はA型。 145 貴ノ花利彰 青森県 弘前市 貴ノ花 利彰(たかのはな としあき、1950年2月19日 - 2005年5月30日)は、青森県弘前市出身の元大相撲力士。 現役時は二子山部屋所属であった。 最高位は東大関。 本名は花田 満(はなだ みつる)。 身長183cm、体重114kg、血液型はB型。 得意技は左四つ、寄り、吊り、上手投げ。 「土俵の鬼」と謳われた第45代元横綱・初代若乃花の弟という血筋のよさに加え、細身で均整のとれた体格と甘いマスクから、角界のプリンスと呼ばれた。 大相撲の歴史上、また日本のスポーツ史上屈指の人気を誇った。 位階は従五位旭日小綬章受章。 146 北ノ花吉保 青森県 むつ市 北ノ花 吉保(きたのはな よしやす、1950年6月13日-)は、二子山部屋に所属した元力士。 本名は藤井 光雄(ふじい みつお)。 青森県むつ市(当時は下北郡田名部町)出身。 身長181cm、体重107kg。 最高位は西十両4枚目。 得意技は右四つ、投げ、突き。 147 若獅子茂憲 青森県 旧上北町 若獅子 茂憲(わかじし しげのり、1948年5月4日 - )は、青森県上北郡上北町(現・同郡東北町)出身の元大相撲力士。 二子山部屋所属。 本名は和田 耕三郎(わだ こうざぶろう)。 現役時の体格は174cm、130kg。 得意手は突っ張り、押し、蹴手繰り。 目が非常に細かった事から、愛称は座頭市。 入門前の転居した回数の多さや、引退後、数々の年寄名跡を襲名した事から「渡り鳥」の異名を持った。 最高位は東小結(1976年9月場所)。 148 栃勇義治 青森県 田舎館村 栃勇 義治(とちいさみ よしはる、1947年10月2日- )は、青森県南津軽郡田舎館村出身で、春日野部屋に所属した大相撲力士。 身長177cm、体重115kg。 得意手は左四つ、押し、吊り。 本名は阿保 鉄雄(あぼ てつお)。 最高位は東前頭7枚目(1971年1月場所)。 149 田中英壽 青森県 五所川原市 田中 英壽(田中 英寿、たなか ひでとし、1946年12月6日 - )は、学校法人日本大学第12代理事長。 150 陸奥嵐幸雄 青森県 東北町 陸奥嵐 幸雄(むつあらし ゆきお、1943年1月12日 - 2002年7月30日)は、青森県上北郡甲地村(現在の東北町)出身で宮城野部屋所属の元大相撲力士。 本名は南 幸雄(みなみ ゆきお)。 身長177cm、体重115kg。 得意手は左四つ、吊り、河津掛け。 最高位は東関脇。 151 二子岳武 青森県 金木町 二子岳 武(ふたごだけ たけし、1943年11月15日 - )は、青森県北津軽郡金木町(現在の五所川原市)出身で、二子山部屋(入門時は花籠部屋)に所属した大相撲力士。 本名は山中 武(やまなか たけし)。 現役時代の体格は178cm、113kg。 最高位は西小結(1967年11月場所、1968年3月場所、同年5月場所)。 得意手は左四つ、内無双、下手投げなど。 152 9代式守勘太夫 青森県 五戸町 9代式守 勘太夫(しきもり かんだゆう、本名:三浦 国男、1942年8月17日 - )は大相撲の元三役格行司。 153 津軽國芳隆 青森県 中泊町 津軽國 芳隆(つがるくに よしたか、1941年5月15日-)は、春日野部屋に所属した元力士。 本名は秋元 久伍(あきもと ひさご)。 現在の青森県北津軽郡中泊町出身。 183cm、109kg。 最高位は東十両3枚目。 得意技は左四つ、寄り。 154 魁罡功 青森県 青森市 魁功(かいごう いさお、1941年11月16日- )は、青森県青森市金沢出身で、1960年代から1970年代にかけて活躍した大相撲力士。 現役時代は、二子山部屋(入門時は花籠部屋)に所属した。 本名は大村 功(おおむら いさお)。 現役当時の体格は182cm、111kg。 得意手は右四つ、投げ。 最高位は西前頭5枚目(1969年5月場所、同年11月場所)。 155 栃ノ海晃嘉 青森県 田舎館村 栃ノ海 晃嘉(とちのうみ てるよし、1938年(昭和13年)3月13日 - )は、青森県南津軽郡光田寺村(現在の田舎館村)出身で春日野部屋所属の元大相撲力士、第49代横綱。 身長177cm、体重110kg。 得意技は左四つ、寄り、上手出し投げ、両前褌、足癖。 本名は花田 茂廣(はなだ しげひろ)。 花田という苗字で同じ青森津軽地方出身であるが、初代若乃花との血縁はない。 年寄・春日野時代、姓を『宮古』とするが停年(定年)退職後は再び花田に戻した。 156 一乃矢藤太郎 青森県 田舎館村 一乃矢 藤太郎(いちのや とうたろう、本名:須藤 良一(すどう りょういち)、1937年6月30日-1977年4月19日)は、青森県南津軽郡田舎館村出身で、かつて春日野部屋に所属した大相撲力士である。 最高位は西前頭4枚目(1962年3月場所)。 現役時代の体格は173cm、86kg。 得意手は右四つ、寄り。 157 一乃矢藤太郎大相撲力士、一ノ矢藤太郎の曾孫、前頭 青森県 田舎館村 一乃矢 藤太郎(いちのや とうたろう、本名:須藤 良一(すどう りょういち)、1937年6月30日-1977年4月19日)は、青森県南津軽郡田舎館村出身で、かつて春日野部屋に所属した大相撲力士である。 最高位は西前頭4枚目(1962年3月場所)。 現役時代の体格は173cm、86kg。 得意手は右四つ、寄り。 158 青ノ里盛 青森県 旧倉石村 青ノ里 盛(あおのさと さかり、1935年11月13日-2008年5月16日)は、青森県三戸郡倉石村(現役当時、現在は同郡五戸町)出身で、時津風部屋に所属した大相撲力士である。 本名は小笠原 盛(おがさわら さかり)。 最高位は西張出関脇(1963年5月場所)。 現役時代の体格は182cm、120kg。 得意手は右四つ、寄り、上手投げ。 159 栃ノ関雅清 青森県 田舎館村 栃ノ関 雅清(とちのせき まさきよ、1932年11月1日-)は、春日野部屋に所属した元力士。 本名は工藤 勇三(くどう ゆうぞう)。 青森県南津軽郡田舎館村出身。 167cm、79kg。 最高位は西十両20枚目。 得意技は左四つ、下手投げ。 160 芳野嶺元志 青森県 青森市 芳野嶺 元志(よしのみね もとし、1931年7月7日-2012年2月17日)は、青森県東津軽郡後潟村(現・同県青森市小橋)出身で、友綱部屋(入門から1961年5月場所前までは、高嶋部屋)に所属した大相撲力士である。 本名は山口 政志(やまぐち まさし)。 得意手は右四つ、寄り、押し。 身長173cm、体重96kg。 自己最高位は、東前頭8枚目(1958年9月場所)。 161 出羽ノ花好秀 青森県 つがる市 出羽ノ花 好秀(でわのはな よしひで、本名:小山内 清三(おさない せいぞう)、1928年11月1日- )は、1950年代に活躍した大相撲力士である。 最高位は西前頭13枚目(1957年1月場所)。 現役時代は出羽海部屋に所属していた。 現役時代の体格は176cm、94kg。 得意手は突っ張り、右四つ、寄り。 162 初代若乃花幹士 青森県 弘前市 初代 若乃花 幹士(わかのはな かんじ、本名:花田 勝治(はなだ かつじ)、1928年(昭和3年)3月16日 - 2010年(平成22年)9月1日)は、青森県弘前市青女子(あおなご)出身で、入門当時は二所ノ関部屋(1953年に花籠部屋の独立とともに移籍)に所属した大相撲力士、第45代横綱。 身長179cm、体重107kg。 血液型はB型。 弘前市名誉市民。 土俵の鬼と呼ばれた。 戦後最軽量横綱である。 (歴代史上最軽量は栃木山の103kg) 163 津軽海伝藏 青森県 黒石市 津軽海 伝藏(つがるうみ でんぞう、1928年5月13日 - 2013年7月14日)は、青森県南津軽郡(現黒石市)出身の元大相撲力士。 春日野部屋所属。 本名は宇野 傳三(うの でんぞう)。 身長167cm、体重79kg。 得意手は、左四つ、寄り。 最高位は西十両16枚目(1957年1月場所)。 得意技は左四つ、寄り。 引退後は若者頭・津軽海として長く後進の指導に当たった。 164 大瀬川半五郎 青森県 弘前市 大瀬川 半五郎(おおせがわ はんごろう、本名:石崎 賢四郎(いしざき けんしろう)、1927年2月1日-? )は、青森県弘前市出身で、伊勢ヶ濱部屋(一時、荒磯部屋)に所属した大相撲力士。 最高位は西前頭6枚目(1957年11月場所)。 現役時代の体格は179cm、115kg。 得意手は右四つ、寄り。 165 神錦國康 青森県 青森市 神錦 國康(かみにしき くにやす、本名:山口 健二郎(やまぐち けんじろう)、1925年8月28日-2005年10月22日)は、青森県東津軽郡奥内村(現役当時、現在の同県青森市清水)出身で、高嶋部屋に所属した大相撲力士である。 得意手は右四つ、外掛け、吊り。 最高位は西前頭5枚目(1953年5月場所)。 現役時代の体格は180cm、96kg。 166 一錦周之助 青森県 青森市 一錦 周之助(いちにしき しゅうのすけ、1924年5月20日 - 2012年7月20日)は、青森県東津軽郡横内村(現:青森市)出身で高嶋部屋所属の大相撲力士。 本名は鳴海 周之助(なるみ しゅうのすけ)。 現役時代の体格は身長177cm、体重79kg。 最高位は西十両7枚目(1951年5月場所)。 得意技は突っ張り・右四つ・上手投げ。 魁将龍の祖父、巴潟の義弟、魁輝の義父。 引退後は友綱部屋を継承し、停年まで後進の指導に当たった。 167 鏡里喜代治 青森県 三戸町 鏡里 喜代治(かがみさと きよじ、1923年4月30日 - 2004年2月29日)は、青森県三戸郡斗川村(現・青森県三戸郡三戸町)出身の元大相撲力士。 第42代横綱。 本名は奥山 喜世治(おくやま きよじ)。 168 陸奥ノ里敏男 青森県 鰺ヶ沢町 陸奥ノ里敏男(むつのさととしお、1916年9月25日 - )は、出羽海部屋に所属した元力士。 本名は山口敏男。 青森県西津軽郡鯵ヶ沢町出身。 173cm、92kg。 最高位は西前頭6枚目。 169 櫻錦利一 青森県 板柳町 櫻錦 利一(さくらにしき りいち、1916年6月26日 - 1962年6月4日)は、青森県北津軽郡板柳町出身で出羽海部屋(入門時は新興力士団)所属の元大相撲力士である。 身長171cm、体重93kg。 得意手は左四つ、押し、蹴手繰り。 最高位は西小結。 170 綾若真生 青森県 黒石市 綾若 真生(あやわか まさお、1909年3月3日 - 1989年11月10日)は、元大相撲力士である。 青森県南津軽郡(現在の黒石市)出身、本名は高橋勝雄(たかはし かつお)。 出羽海部屋所属。 最高位は西前頭5枚目(1940年1月場所)。 現役時代の体格は170cm、82kg。 得意手は右四つ、下手投げ、捻り、足癖、とったり。 171 鏡岩善四郎 青森県 十和田市 鏡岩 善四郎(かがみいわ ぜんしろう、1902年5月4日 - 1950年8月6日)は、青森県上北郡(現:青森県十和田市、出生地は青森県三戸郡)出身の元大相撲力士。 本名は佐々木 善四郎(ささき ぜんしろう)。 172 綾ノ浪俊一郎 青森県 田舎館村 綾ノ浪 俊一郎(あやのなみ しゅんいちろう、1901年8月25日-1984年7月1日)は、湊川部屋、追手風部屋、再度湊川部屋に所属した元力士。 青森県南津軽郡田舎館村出身。 本名は鈴木 俊一郎(すずき しゅんいちろう)。 身長170cm、体重94kg。 最高位は東前頭7枚目。 得意手は突っ張り、押し。 173 清水川元吉 青森県 五所川原市 清水川 元吉(しみずがわ もときち、1900年1月13日 - 1967年7月5日)は、青森県北津軽郡三好村(現:青森県五所川原市)出身の元大相撲力士。 本名は長尾 米作(ながお よねさく)。 174 綾櫻由太郎 青森県 西津軽郡 綾櫻 由太郎(あやざくら よしたろう、1898年3月11日 - 1982年12月8日)は、青森県西津軽郡出身の元大相撲力士。 本名は清野 由太郎(きよの(せいの) ゆうたろう)。 175 大ノ里萬助 青森県 藤崎町 大ノ里 萬助(おおのさと まんすけ、1892年4月1日 - 1938年1月22日)は、青森県南津軽郡藤崎町出身の元大相撲力士。 本名は天内 萬助(あまうち(てんうち) まんすけ)。 176 大ノ高純市 青森県 藤崎町 大ノ高純市(おおのたかじゅんいち、1891年8月10日-1948年4月30日)は、高砂部屋、振分部屋に所属した元力士。 本名は中村佐助。 青森県南津軽郡藤崎町出身。 168cm、88kg。 最高位は西前頭10枚目。 177 櫻川五良蔵 青森県 黒石市 櫻川五良藏(さくらがわごろぞう、1886年5月17日 - 1924年2月25日)は、立田山部屋に所属した元力士。 本名は木村慶次郎。 現在の青森県黒石市出身。 身長167cm、体重105kg。 最高位は西前頭2枚目。 178 十三ノ浦金四郎 青森県 中泊町 十三ノ浦金四郎(とさのうらきんしろう、1885年12月27日 - 1914年10月9日)は、二十山部屋に所属した元力士。 本名は岩田金四郎。 青森県北津軽郡中里町出身。 170cm、120kg。 最高位は西前頭9枚目。 本名は、清藤 純司(せいどう じゅんじ)。 引退後は8代高島を襲名して高島部屋を創設、大関をはじめとする多くの幕内力士を育てた。 180 小ノヶ嵜金蔵 青森県 黒石市 小ノヶ嵜 金藏(おのがさき きんぞう、1884年1月1日-1967年4月2日)は、熊ヶ谷部屋に所属した元力士。 本名は佐藤金作(旧姓工藤)。 現在の青森県黒石市出身。 170cm、86kg。 最高位は西前頭5枚目。 181 綾川五郎次 青森県 黒石市 綾川 五郎次(あやがわ ごろうじ、1883年11月2日 - 1933年2月16日)は、青森県南津軽郡(現:青森県黒石市)出身の元大相撲力士。 本名は村上 要作(むらかみ ようさく)。 182 雲竜辰五郎 青森県 つがる市 雲竜辰五郎(うんりゅうたつごろう、1880年3月-1919年12月30日)は、追手風部屋、高砂部屋、草風部屋(京都相撲)、藤島部屋(大坂相撲)、再度追手風部屋に所属した元力士。 7代千賀ノ浦。 本名は野宮辰五郎。 青森県つがる市出身。 165cm、98kg。 最高位は東前頭7枚目。 183 源氏山頼五郎 青森県 中泊町 源氏山 頼五郎(げんじやま らいごろう、1864年3月31日〈元治元年2月24日〉 - 1919年〈大正8年〉8月3日)は、高砂部屋に所属した元力士。 184 綾浪徳太郎 青森県 藤崎町 綾浪徳太郎(あやなみとくたろう、1856年6月3日(安政3年5月1日) - 1901年(明治34年)7月12日)は、高砂部屋に所属した元力士。 6代追手風。 本名は高木徳太郎。 陸奥国津軽郡(現在の青森県南津軽郡藤崎町)出身。 174cm、90kg。 最高位は東関脇。 185 一ノ矢藤太郎 青森県 田舎館村 一ノ矢 藤太郎(いちのや とうたろう、1856年3月25日 - 1923年2月15日)は、青森県南津軽郡田舎館村出身の大相撲力士。 高砂部屋所属。 最高位は大関。 本名は福士藤太郎。 現役時代の体格は178cm、95kg。 186 一ノ矢藤太郎大相撲力士、大関 青森県 田舎館村 一ノ矢 藤太郎(いちのや とうたろう、1856年3月25日 - 1923年2月15日)は、青森県南津軽郡田舎館村出身の大相撲力士。 高砂部屋所属。 最高位は大関。 本名は福士藤太郎。 現役時代の体格は178cm、95kg。 187 柏戸利助 青森県 五所川原市 柏戸 利助(かしわど りすけ、天明3年(1783年) - 文政13年10月27日(1830年12月3日))は、陸奥国津軽郡(現:青森県五所川原市)出身の元大相撲力士。 188 埒見恒 青森県 鰺ヶ沢町 Wikipedia未登録 元大相撲力士:最高位幕下、九重部屋所属、鯵ヶ沢高校出身 189 櫻錦守弘 青森県 板柳町 櫻錦 利一(さくらにしき りいち、1916年6月26日 - 1962年6月4日)は、青森県北津軽郡板柳町出身で出羽海部屋(入門時は新興力士団)所属の元大相撲力士である。 身長171cm、体重93kg。 得意手は左四つ、押し、蹴手繰り。 最高位は西小結。 岩手県 190 錦木徹也 岩手県 盛岡市 錦木 徹也(にしきぎ てつや、1990年8月25日 - )は、岩手県盛岡市出身で、伊勢ノ海部屋所属の現役大相撲力士。 本名は熊谷 徹也(くまがい てつや)。 身長186cm、体重167kg、血液型はA型。 最高位は東前頭14枚目(2016年5月場所)。 191 四ツ車大八 岩手県 花巻市 四ツ車 大八(よつぐるま だいはち、1980年7月24日 - )は、岩手県花巻市出身で伊勢ノ海部屋所属の元大相撲力士。 本名は、山影誠(やまかげ まこと)。 体格は身長184cm、体重154kg、血液型はO型。 得意手は右四つ、寄り、投げ。 最高位は西十両8枚目(2008年11月場所)。 192 栃乃花仁 岩手県 久慈市・旧山形村 栃乃花 仁(とちのはな ひとし 1973年2月28日 - )は、岩手県九戸郡山形村(現在の久慈市)出身で春日野部屋所属の元大相撲力士。 本名は谷地仁(やち ひとし)。 身長184cm、体重148kg。 得意手は右四つ、寄り、おっつけ。 最高位は東小結(2000年11月場所)。 現在は年寄・二十山。 193 外ヶ濱信行 岩手県 二戸市 外ヶ濱 信行(そとがはま のぶゆき、1968年7月8日 - )は、岩手県二戸市出身の元大相撲力士。 伊勢ノ海部屋所属。 本名は欠端信行(かけはた のぶゆき)。 身長182cm、体重130kg。 最高位は西幕下10枚目(1990年7月場所)。 194 木村晃之助 岩手県 一関市 木村 晃之助(きむら こうのすけ、本名:小島 俊明、1965年4月21日 - )は大相撲の幕内格筆頭行司である。 九重部屋所属。 血液型はO型。 195 岩手富士祐一 岩手県 奥州市 岩手富士 祐一(いわてふじ ゆういち、1963年8月9日 - )は、朝日山部屋に所属した元力士。 本名は鈴木 祐一 すずき ゆういち 、岩手県江刺市(現・奥州市)出身、身長185cm、体重133kg。 最高位は東十両6枚目。 得意技は左四つ、寄り。 196 福ノ里邦男 岩手県 軽米町 福ノ里 邦男(ふくのさと くにお、1961年6月4日 - )は岩手県九戸郡軽米町出身の元大相撲力士。 陸奥部屋所属。 本名は福田 邦男(ふくだ くにお)。 身長180cm、体重107kg。 得意手は上手投げ、寄り。 最高位は東十両13枚目(1989年9月場所)。 現在は若者頭。 197 影虎和彦 岩手県 軽米町 影虎 和彦(かげとら かずひこ、本名:滝沢 和彦(たきさわ かずひこ)、1954年5月21日- )は、岩手県九戸郡軽米町大字山内出身で、九重部屋に所属した大相撲力士。 最高位は東前頭11枚目(1980年7月場所)。 現役時代の体格は182cm、116kg。 得意手は左四つ、突き、押しなど。 198 若ノ海正照 岩手県 花巻市 若ノ海 正照(わかのうみ まさてる、1945年10月25日 - 1995年3月31日)は、岩手県稗貫郡内川目村(のち大迫町、現在の花巻市)出身で、花籠部屋に所属した大相撲力士。 本名は松田 秋夫(まつだ あきお)。 現役時代の体格は176cm、126kg。 得意手は左四つ、寄り。 最高位は東前頭2枚目(1973年1月場所)。 199 花光節夫 岩手県 八幡平市 花光 節夫(はなひかり せつお、1940年6月21日 - ?)は、岩手県岩手郡松尾村(現在の同県八幡平市)出身で、花籠部屋に所属した大相撲力士。 本名は遠藤 節夫(えんどう せつお)。 身長178cm、体重132kg。 得意手は左四つ、寄り。 最高位は東前頭3枚目(1968年1月場所)。 200 前田川克郎 岩手県 奥州市 前田川 克郎(まえだがわ かつろう、1939年2月9日-1998年11月4日)は、岩手県江刺市稲瀬(現役当時、現・同県奥州市)出身で、高砂部屋に所属した大相撲力士。 大相撲の黄金時代の一つである、「柏鵬時代」に活躍した力士の1人である。 本名は高橋 勝郎(たかはし かつろう)。 最高位は西関脇(1961年7月場所・1962年7月場所)。 現役当時の体格は170cm、117kg。 得意手は左四つ、寄り、突き、押し。 201 及川煌久 岩手県 奥州市 及川 煌久(おいかわ てるひさ、本名:及川 耕貢(- こうぐ)、1936年12月16日- )は、1950年代後半から1960年代初めにかけて活躍した、岩手県胆沢郡前沢町(現役当時、現在の同県奥州市)出身の大相撲力士である。 現役時代は、高砂部屋(入門時は尾上部屋)に所属した。 身長176cm、体重120kg。 得意手は左四つ、寄り。 最高位は東前頭10枚目(1960年9月場所)。 202 大海竹郎 岩手県 八幡平市 大海 竹郎(たいかい たけろう、1933年8月8日-)は、花籠部屋に所属した元力士。 本名は佐藤 竹郎(さとう たけろう)。 現在の岩手県八幡平市出身。 176cm、86kg。 最高位は東十両10枚目。 得意技は左四つ、寄り。 203 宮錦浩 岩手県 宮古市 宮錦 浩(みやにしき ひろし、1927年5月30日-1992年7月6日)は、1950年代に活躍した大相撲力士である。 本名は野澤 浩(のざわ ひろし)。 高砂部屋(入門時は芝田山部屋)に所属していた。 最高位は西小結(1955年1月場所)。 得意手は左四つ、寄り。 現役時代の体格は171cm、119kg。 204 美楯山海一郎 岩手県 盛岡市 美楯山 海一郎(みたてやま かいいちろう、1925年7月20日-)は、立浪部屋、時津風部屋(当初は双葉山相撲道場)に所属した元力士。 本名は樋下 茂(ひのした しげる)(旧姓田上)。 岩手県盛岡市出身。 174cm、77kg。 最高位は東十両2枚目。 得意技は右四つ、上手投げ。 205 木村庄之助 27代 岩手県 盛岡市 27代 木村 庄之助(きむら しょうのすけ、本名:熊谷 宗吉(くまがい そうきち)、1925年12月3日 - )は、大相撲の立行司の一人である。 木村庄之助としての在位期間は1977年11月〜1990年11月。 立浪部屋所属。 206 柏戸秀剛 岩手県 洋野町 柏戸秀剛 かしわど ひでたけ、1918年5月3日-1982年12月11日 は、春日山部屋に所属していた岩手県九戸郡種市町 現洋野町 出身の元大相撲力士である。 本名は佐々木秀剛。 最高位は東前頭筆頭(1947年6月場所)。 現役時代の体格は186cm、96kg。 得意手は右四つ、吊り、上手投げ。 207 照錦富治 岩手県 花巻市 照錦 富治(てるにしき とみじ、1911年6月15日 - 1971年3月9日)は、伊勢ノ海部屋、花籠部屋に所属した元力士。 また11、13代放駒、10代花籠。 本名は照井 富治(てるい とみじ)。 現在の岩手県花巻市出身。 164cm、105kg。 最高位は西十両4枚目。 得意技は右四つ、寄り、下手投げ。 208 宮城山福松 岩手県 一関市 宮城山 福松(みやぎやま ふくまつ、1895年2月27日 - 1943年11月19日)は、岩手県西磐井郡(現:岩手県一関市)山目町出身の元大相撲力士。 第29代横綱。 本名は佐藤 福松(さとう ふくまつ)。 209 錦木塚五郎 岩手県 花巻市 錦木 塚五郎(にしきぎ つかごろう、生年不明 - 1821年8月26日〈文政4年7月29日〉)は、二所ノ関部屋に所属した元力士。 宮城県 210 五城楼勝洋 宮城県 仙台市 五城楼 勝洋(ごじょうろう かつひろ、本名:小島 章朋(こじま あきとも)、1973年8月18日 - )は、仙台市青葉区出身で間垣部屋所属の元大相撲力士。 身長191cm、体重156kg。 血液型はAB型。 得意手は左四つ、寄り、突き、押し。 最高位は東前頭3枚目(1998年7月場所)。 趣味は釣りとパソコン。 現在は年寄・濱風。 211 泉田純至 宮城県 泉田 純(いずみだ じゅん、1965年10月28日 - )は、男性プロレスラー、元大相撲力士。 宮城県栗原郡一迫町出身。 全日本プロレス、プロレスリング・ノアを経て、現在はフリーランス。 212 泉田純 宮城県 栗原市 泉田 純(いずみだ じゅん、1965年10月28日 - 2017年1月? 日)は、日本のプロレスラー、元大相撲力士。 宮城県栗原郡一迫町出身。 全日本プロレス、プロレスリング・ノアに所属していた。 213 青葉山弘年 宮城県 大郷町 青葉山 弘年(あおばやま ひろとし、本名:高橋 幸一(たかはし こういち)、1950年4月3日 - 1997年9月24日)は、宮城県黒川郡大郷町出身で、1970年代半ばから1980年代にかけて活躍した大相撲力士。 現役時代は、木瀬部屋に所属した。 身長187cm、体重132kg。 得意手は右四つ、吊り。 最高位は東小結(1979年1月場所)。 1部マスコミには起重機と呼ばれていた。 214 不知火親方 宮城県 仙台市 青葉城 幸雄(あおばじょう ゆきお、1948年11月14日- )は、宮城県仙台市太白区出身で、1970年代から1980年代にかけて活躍した大相撲力士。 押尾川部屋(入門時は二所ノ関部屋)に所属した。 本名は庄司 幸雄(しょうじ ゆきお)。 現役時代の体格は181cm、152kg。

次の

相撲という職業の出身県別有名人

津軽 なまこ 津軽 の プリンス の 愛称 が ある 元 大相撲 力士 は

>社長・実業家という職業の出身高校別有名人 このサイトに登録されている有名人の数:56,644人 このサイトに登録されている出身高校別有名人の「社長・実業家」という職業の有名人の数:3,726人 スポンサーリンク 北海道札幌西高等学校の出身者 1 有末真哉 早稲田大学へ進学 有末 真哉(ありすえ しんや、1958年(昭和33年)3月17日 - )は、日本の経営者。 三井生命保険代表取締役社長。 2 成毛眞 札幌市 中央大学へ進学 成毛 眞(なるけ まこと、1955年9月4日 - )は、日本の実業家。 北海道札幌市出身。 3 阿部修平 上智大学へ進学 阿部 修平(あべ しゅうへい、1954年5月10日 - )は、日本の投資家、実業家。 スパークス・グループ株式会社 創業者。 4 港浩一 札幌市 早稲田大学へ進学 港 浩一(みなと こういち、1952年 - )は、共同テレビジョン代表取締役社長。 愛称は「みなとっち」「みなといち」。 血液型B型。 5 川村隆 東京大学へ進学 川村 隆(かわむら たかし、1939年12月19日 - )は、日本の実業家。 日立製作所相談役。 みずほフィナンシャルグループ社外取締役。 元日立製作所代表執行役会長兼執行役社長。 元日本経済団体連合会(経団連)副会長。 6 内山斉 日本大学へ進学 内山 斉(うちやま ひとし、1935年2月6日 - )は、読売新聞グループ本社顧問、同社元代表取締役社長、日本新聞協会会長、第13代横綱審議委員会委員長。 7 森本正夫 北海道大学へ進学 森本 正夫(もりもと まさお、1931年 - )は、日本の経済学者(専門は開発政策・農業経済学)・教育者で、学校法人北海学園の経営者。 名誉法学博士(レスブリッジ大学)。 名誉経営学博士(大田大学校)。 8 小野栄一 北海道大学へ進学 小野 栄一(おの えいいち、1930年2月5日 - )は、日本の司会者、コメディアン、ボードビリアン、実業家である。 娘は歌手の小野ひとみ。 9 高杉年雄 弘前市 北海道大学へ進学 高杉 年雄(たかすぎ としお、1904年(明治37年)-1984年(昭和59年))は、日本の医学者、学校経営者。 医学博士(北海道帝国大学)。 北海道札幌南高等学校の出身者 10 岩田聡 札幌市 東京工業大学へ進学 岩田 聡(いわた さとる、1959年12月6日 - 2015年7月11日)は、日本のプログラマ、経営者。 11 清水建宇 札幌市 神戸大学へ進学 清水 建宇(しみず たてお、1947年 - )は豆腐店経営者、元朝日新聞論説委員。 12 近藤龍夫 札幌市 北海道大学へ進学 近藤 龍夫(こんどう たつお、1945年3月21日 - )は、日本の実業家。 北海道電力の社長、会長を経て、現在名誉顧問。 元北海道経済連合会会長。 元公益社団法人北海道観光振興機構会長。 13 金井昭雄 早稲田大学へ進学 金井昭雄(かない あきお 1942年10月9日 - )は、樺太豊原市生まれの富士メガネ会長・社長兼任、日本眼鏡技術者協会副会長、WOF理事、APCO理事。 父は富士メガネ元社長の金井武雄。 14 池上公介 札幌市 東京経済大学へ進学 池上公介(いけがみ こうすけ、1940年 - )は、日本の教育者で、学校および予備校経営者。 現在、学校法人池上学園理事長、社団法人池上学院学院長、池上学院グローバルアカデミー専門学校学校長。 専門分野は英語教育。 15 大久保尚武 東京大学へ進学 大久保 尚武(おおくぼ なおたけ、1940年3月16日 - )は、積水化学工業の会長。 北海道札幌南高等学校、東京大学法学部卒業。 1962年同社に入社。 1999年1月から代表取締役社長。 16 下妻博 旭川市 東京大学へ進学 下妻 博(しもづま ひろし、1937年1月13日 - 2015年11月15日)は、日本の実業家。 鹿島アントラーズ・エフ・シー取締役。 元住友金属工業代表取締役社長。 17 大星公二 札幌市 東京大学へ進学 大星 公二(おおぼし こうじ、1932年4月7日 - )は日本の実業家。 NTTドコモ社長、同社会長を歴任。 北海道札幌市出身。 18 安井誠 安井 誠(やすい まこと、1926年5月19日 - 1997年3月11日)は、北海道出身の大蔵官僚、実業家。 19 伊藤義郎 早稲田大学へ進学 伊藤 義郎(いとう よしろう、1926年 - )は、日本の実業家。 北海道札幌市出身。 現在、伊藤組土建取締役名誉会長・伊藤組木材代表取締役社長・テレビ北海道取締役名誉会長。 20 石田達郎 札幌市 慶應義塾大学へ進学 石田 達郎(いしだ たつろう、1918年7月18日 - 1990年7月19日)は元ニッポン放送・フジテレビジョン(現フジ・メディア・ホールディングス)社長。 北海道札幌市出身。 21 関四郎 札幌市 北海道大学へ進学 関 四郎(せき しろう、1909年3月29日 - 1990年12月12日)は日本の探偵小説家、電気技師。 小説作品に「電気機関車殺人事件」があり、電気技師としては明電舎社長、電気学会会長などを務めた。 ペンネーム芝山 倉平(しばやま そうへい)は、上越線の電化工事に関わっていた際に勤務していた事務所が、「芝倉沢」という沢の近くであったことが由来。 22 高倉新一郎 帯広市 北海道大学へ進学 高倉 新一郎(たかくら しんいちろう、1902年11月23日 - 1990年6月7日)は、日本の農業経済学者、歴史学者。 北海道大学名誉教授。 農業経済学・北海道史・アイヌ文化史を専攻。 農学博士(北海道帝国大学、1945年)(学位論文「アイヌ政策史」)。 北海道帯広市出身。 父は十勝の産業振興に尽くした実業家で、北海道議会議員も務めた高倉安次郎。 23 栗林友二 室蘭市 東京大学へ進学 栗林 友二(くりばやし ともじ、1898年 - 1977年8月8日)は、日本の実業家。 栗林五朔の息子として北海道室蘭市に生まれ、東京帝国大学農学部獣医学科を卒業後、イギリス・ケンブリッジ大学に留学。 帰国後は父が興した栗林商船に入社し、後に会長を務めた。 本業の傍らで競走馬の馬主としても著名であり「ミスター・ケイバ」と呼ばれ、全日本馬主協会連合会(現・日本馬主協会連合会)会長などを歴任した(後述)。 1977年8月8日、肺炎により79歳で死去。 24 佐藤貢 札幌市生 北海道大学へ進学 佐藤 貢(さとう みつぎ、1898年 明治31年 2月14日 - 1999年 平成11年 9月26日)は、大正時代から昭和時代の北海道の経営者・教育者。 長らく学校法人酪農学園の理事長を勤めた。 25 地崎宇三郎(2代目) 地崎 宇三郎・二代(ちざき うさぶろう・にだい、1897年1月2日 - 1951年6月29日)は、日本の政治家、実業家。 旧名・晴次。 北海道札幌市出身。 秋田鉱山専門学校中退。 26 伊藤豊次 伊藤 豊次(いとう とよじ、1893年(明治26年)6月 - 1962年(昭和37年)11月2日)は、日本の実業家・政治家。 北海道札幌出身。 伊藤組土建初代代表取締役社長。 北海道庁立札幌中学校卒。 27 林光繁 Wikipedia未登録 十勝毎日新聞社長、主筆 28 荒川勝利 Wikipedia未登録 共栄火災海上保険社長 29 河原崎篤 Wikipedia未登録 元三井鉱山社長 30 倉井敏麿 Wikipedia未登録 元新潟鉄工所社長 31 児島仁 Wikipedia未登録 元NTT社長 32 清水慧 Wikipedia未登録 日水コン社長 33 下斗米寛泰 Wikipedia未登録 札幌通運社長 34 瀬尾俊三 Wikipedia未登録 元雪印乳業社長 35 高田哲夫 Wikipedia未登録 元雪印乳業社長 36 津田紘 Wikipedia未登録 元スズキ社長兼COO 37 安川英昭 Wikipedia未登録 元セイコーエプソン社長 38 山本庸一 Wikipedia未登録 元雪印乳業社長 39 湯川龍二 Wikipedia未登録 元日本電設工業社長、国鉄常務理事 40 若林彊 Wikipedia未登録 元東北電力社長 北海道札幌北高等学校の出身者 41 長内順一 北海学園大学へ進学 長内 順一(おさない じゅんいち、1947年(昭和22年)3月7日 - )は、日本の経営者。 衆議院議員(2期)と札幌市議会議員(2期)を務めた。 42 丹羽祐而 北海学園大学へ進学 丹羽 祐而(にわ ゆうじ、1943年 - )は、日本の実業家、市民活動家、環境活動家、大学講師。 43 松田昌士 北海道大学へ進学 松田昌士(まつだ まさたけ、1936年1月9日 - )は会社経営者で東日本旅客鉄道(JR東日本)社長、同社会長を歴任。 北海道北見市出身。 井手正敬、葛西敬之と共に「国鉄改革3人組」と称され、日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化に尽力した。 44 大星公二 札幌市 東京大学へ進学 大星 公二(おおぼし こうじ、1932年4月7日 - )は日本の実業家。 NTTドコモ社長、同社会長を歴任。 北海道札幌市出身。 北海道札幌工業高等学校の出身者 45 石水勲 東洋大学へ進学 石水 勲(いしみず いさお、1944年5月4日 - )は、日本の経営者。 関東州大連市生まれ、北海道札幌市育ち。 札幌市の製菓メーカーの石屋製菓の創業者である石水幸安の長男に当たる。 また、元北海道放送所属のアナウンサー 山田泰子は義娘である。 長男の妻 46 菊地日出男 北海学園大学へ進学 菊地 日出男(きくち ひでお、1934年 - )は、北海道を中心に活動する写真家、画家、実業家。 北海道江別市出身。 47 戸田一夫 東京工業大学へ進学 戸田 一夫(とだ かずお 1922年 - 2006年10月21日)は、日本の実業家。 フィンランド視察を基にした、北海道産業クラスター構想提唱者。 北海道札幌市出身。 東京工業大学卒。 北海道有朋高等学校の出身者 48 桜庭清治(朝日住設代表取締役社長、 Wikipedia未登録 朝日住設代表取締役社長、ラジオパーソナリティー、演歌歌手 北海道札幌東高等学校の出身者 49 平井睦雄 小樽商科大学へ進学 平井 睦雄(ひらい むつお、1949年4月7日 - )は、日本の実業家。 進学会創業者、現同社代表取締役会長。 北海道出身。 1972年小樽商科大学卒業。 50 山本益博 早稲田大学へ進学 山本 益博(やまもと ますひろ、1948年(昭和23年〉4月11日 - )は、日本の落語評論家であり、料理評論家。 株式会社マスヒロジャパン代表取締役社長。 妻・山本美穂子は舞台衣装や歌舞伎バックなどを制作する織衣装作家。 51 穂積保 札幌市 早稲田大学へ進学 穂積 保(ほづみ たもつ、1947年 - )北海道札幌市出身。 東京理科大学大学院教授。 メディアリンクス・ジャパン代表取締役社長。 非営利団体こどもの本WAVE代表。 社団法人日本書籍出版協会知的財産権委員会委員。 北海道札幌白石高等学校の出身者 52 藤井幸大 札幌市 日本大学へ進学 藤井 幸大(ふじい こうだい、1981年12月3日 - )は、北海道札幌市出身の実業家。 身長171cm。 血液型はB型。 サンマルコ食品株式会社マーケティング本部部長。 一般社団法人日本コロッケ協会会長兼理事長。 東京都文京区在住。 北海道札幌月寒高等学校の出身者 53 小西政秀 北海学園大学へ進学 小西政秀(こにし まさひで、1936年(昭和11年) - )は、日本の実業家。 現在、医療法人や清掃業者、建設会社、食品製造会社などを傘下に置く北武グループ代表・北武記念絵画館オーナー。 樺太(現サハリン州)豊原町生まれ。 北海道江別高等学校の出身者 54 豊島知雄 北日本広告社社長 北海道函館中部高等学校の出身者 55 田中清玄 七飯町 東京帝国大学へ進学 田中 清玄(たなか きよはる、明治39年(1906年)3月5日 - 平成5年(1993年)12月10日)は日本の実業家、政治活動家、CIA協力者、フィクサーともいわれる。 「せいげん」とも通称された。 北海道小樽潮陵高等学校の出身者 56 秋野豊 小樽市 早稲田大学へ進学 秋野 豊(あきの ゆたか、1950年7月1日 - 1998年7月20日)は、日本の政治学者で、元筑波大学助教授。 専門は、ロシア外交、中央アジア政治。 中村研一門下。 実業家の堀義人は親戚。 57 北村俊昭 東京大学へ進学 北村 俊昭(きたむら としあき、1948年(昭和23年)11月15日 - )は、日本の官僚、経営者。 国際石油開発帝石株式会社代表取締役社長。 元経済産業審議官。 北海道小樽市出身。 58 地崎宇三郎 三代 札幌市 立命館大学へ進学 地崎 宇三郎・三代(ちざき うさぶろう・さんだい、1919年7月21日 - 1987年11月11日)は、日本の政治家、実業家。 旧名は九一。 北海道札幌市出身。 旧制小樽中学卒業、立命館大学経済学部中退。 59 諏訪博 小樽市 慶應義塾大学へ進学 諏訪 博(すわ ひろし、1915年6月11日 - 1989年12月9日)は日本の実業家。 北海道小樽市出身。 TBS社長などを歴任した。 60 伴素彦 小樽市 北海道大学へ進学 伴 素彦(ばん もとひこ、1905年1月1日 - 1998年9月3日)は、1920年代に活躍した元スキージャンプ選手、実業家で、後に全日本スキー連盟の会長を務めた。 京都府出身。 61 東海林武雄 秋田市 早稲田大学へ進学 東海林 武雄(しょうじ たけお、1900年1月14日 — 1988年9月20日)は、日本の実業家。 旭電化工業社長、日本専売公社(現・日本たばこ産業)総裁。 62 岸道三 小樽市 東京帝国大学へ進学 岸 道三(きし みちぞう、1899年12月1日 - 1962年3月14日)は、日本の実業家・財界人。 経済同友会代表幹事(第10代)・日本道路公団初代総裁。 北海道小樽桜陽高等学校の出身者 63 鈴井亜由美 伊藤 亜由美(いとう あゆみ)は、日本の芸能プロモーター・実業家、映画プロデューサー。 CREATIVE OFFICE CUE代表取締役社長、株式会社キュー・プロダクツ代表取締役社長。 北海道小樽市出身。 北海道倶知安高等学校の出身者 64 谷碧 元リズム時計工業社長 北海道岩見沢東高等学校の出身者 65 鹿内信隆 由仁町 早稲田大学へ進学 鹿内 信隆(しかない のぶたか、1911年(明治44年)11月17日 - 1990年(平成2年)10月28日)は、日本の実業家。 フジサンケイグループ会議議長。 66 鈴木豊 Wikipedia未登録 キユーピー株式会社 相談役、元代表取締役社長 北海道岩見沢農業高等学校の出身者 67 山本市英 早稲田大学へ進学 山本 市英(やまもと いちえい、1891年(明治24年)1月1日 - 1969年)は、日本の政治家・実業家。 石川県出身。 空知農学校卒。 1915年早稲田大学専門部政治経済科卒業。 北海道会議員、衆議院議員、北海道岩見沢市長(1947年-1954年)。 北海道美唄尚栄高等学校の出身者 68 伊東英幸 伊東 英幸(いとう ひでゆき、1943年(昭和18年))は、日本の実業家。 ダスキン代表取締役会長。 北海道夕張高等学校の出身者 69 藤倉肇 夕張市 日本大学へ進学 藤倉 肇(ふじくら はじめ、1941年4月7日 - 2016年7月3日)は、元夕張市長(1期)。 元夕張市議会議員(1期)。 日本の実業家、政治家。 北海道夕張市出身。 70 後藤健二 夕張市 法政大学へ進学 後藤 健二(ごとう けんじ、1941年9月22日 - )は、日本の政治家・実業家。 元北海道夕張市長。 夕張観光開発、石炭の歴史村観光の各社長。 夕張市出身。 北海道夕張北高等学校卒業。 北海道長沼高等学校の出身者 71 鈴井貴之 赤平市 北海学園大学へ進学 鈴井 貴之(すずい たかゆき 1962年5月6日 - )は、北海道を中心に活動するタレント、映画監督、放送作家。 株式会社CREATIVE OFFICE CUEの取締役会長、株式会社 キュー・プロダクツの取締役会長、有限会社 マンホールフィルム取締役会長も務める。 愛称はミスター。 CREATIVE OFFICE CUE社長の伊藤亜由美は元妻。 北海道砂川高等学校の出身者 72 山崎修 滝川市 山崎 修(やまざき おさむ、 1964年12月25日 - )は、日本の実業家。 フリースタイルスキー・モーグル選手、モーグル解説者。 石・アート創業者。 アルベールビルオリンピック代表。 北海道滝川市出身。 北海道砂川南高等学校卒業。 北海道旭川東高等学校の出身者 73 八木祐四郎 日本大学へ進学 八木 祐四郎(やぎ ゆうしろう、1929年8月21日 - 2001年9月9日)は、日本の実業家。 74 平岡敏男 旭川市 東京帝国大学へ進学 平岡 敏男(ひらおか としお、1909年9月18日 - 1986年8月6日)は、日本のジャーナリスト、新聞社経営者。 75 前田義徳 東京外国語大学へ進学 前田 義徳(まえだ よしのり、1906年(明治39年)1月31日~1983年(昭和58年)12月17日)は、日本の放送経営者、ジャーナリスト。 76 滝野啓次郎 滝野啓次郎(たきの けいじろう、1899年(明治32年)5月10日 - 1973年(昭和48年)1月13日)は、日本の政治家・実業家。 北海道旭川市出身。 北海道北見市長(1963年 - 1967年、1期)。 北海道旭川北高等学校の出身者 77 中島尚俊 旭川市 東京大学へ進学 中島 尚俊(なかじま なおとし、1947年(昭和22年)2月11日 - 2011年(平成23年)9月中旬)は、北海道旅客鉄道(JR北海道)の元代表取締役社長。 78 白井芳夫 Wikipedia未登録 日野自動車社長 北海道旭川工業高等学校の出身者 79 福嶋康博 日本大学へ進学 福嶋 康博(ふくしま やすひろ、1947年8月18日 - )は、日本の実業家。 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス名誉会長。 北海道旭川市出身。 スクウェア・エニックスの前身の一つである株式会社エニックスの創設者であり、スクウェア・エニックス・ホールディングスの筆頭株主。 北海道旭川商業高等学校の出身者 80 五十嵐広三 旭川市 五十嵐 広三(いがらし こうぞう、1926年3月15日 - 2013年5月7日)は、日本の実業家、政治家。 勲等は勲一等。 北海道留萌高等学校の出身者 81 赤尾昭彦 留萌市 札幌短期大学へ進学 赤尾昭彦(あかお あきひこ、1940年(昭和15年) - 2016年(平成28年)8月19日)は、日本の実業家。 セイコーマート代表取締役会長。 82 藤田進 賀茂郡黒瀬町 大阪工業大学へ進学 藤田 進(ふじた すすむ、1912年1月8日 - 1990年3月23日)は、日本の俳優である。 昭和期において、黒澤明監督作品の主演を多数務めるなど、日本映画界の大スターの一人であった。 戦時中は戦意高揚映画に、戦後も戦争映画に多く出演した。 83 福嶋聖子 Wikipedia未登録 元朝日新聞取締役、元朝日エージェンシー社長 84 川村忠男(元 Wikipedia未登録 元千代田火災海上社長 85 小山茂夫 Wikipedia未登録 元世紀東急工業社長 86 中本芳 Wikipedia未登録 元オニキス社長 北海道網走南ヶ丘高等学校の出身者 87 髙橋洋一 タカハシ 北海道 社長 北海道遠軽高等学校の出身者 88 本橋浩一 室蘭市 中央大学へ進学 本橋 浩一(もとはし こういち、1930年4月12日 - 2010年10月26日)は、日本の実業家、アニメーションプロデューサーである。 北海道室蘭市生まれ、小樽市育ち。 日本アニメーション社長。 北海道湧別高等学校の出身者 89 尾﨑晌 駒澤大学へ進学 実業家 北海道伊達高等学校の出身者 90 多田憲之 洞爺湖町 中央大学へ進学 多田 憲之(ただ のりゆき、1949年 昭和24年 9月6日 - )は、日本の実業家。 東映株式会社社長。 北海道苫小牧東高等学校の出身者 91 中尾則幸 早稲田大学へ進学 中尾 則幸(なかお のりゆき、1946年12月19日 - )は、日本の政治家、実業家。 北海道メディアポート代表取締役。 参議院議員(1期)を務めた。 92 小野塚勝 安平町 日本大学へ進学 小野塚 勝(おのづか まさる、1945年1月20日 - )は、日本の企業経営者。 北海道テレビ放送(HTB)の元報道局長・解説委員。 93 板谷実 北海道大学へ進学 板谷 実(いたや みのる、1928年 - 2011年11月30日)は、日本の政治家、実業家。 北海道苫小牧市市長を経て、元北海道議会議員(5期)。 北海道静内高等学校の出身者 94 伊東真二 Wikipedia未登録 株式会社ファーストページ元代表取締役社長 北海道浦河高等学校の出身者 95 小池聰行 新ひだか町(旧三石町) 同志社大学へ進学 小池 聰行(こいけ そうこう、1932年10月15日 - 2001年1月20日)は、日本の実業家で、オリコンの創業者。 北海道帯広柏葉高等学校の出身者 96 穀山敏 帯広市 明治大学へ進学 穀山 敏(こくやま さとし、1958年9月12日 - )は、元北海道文化放送(UHB)アナウンサー。 出典wikipedia北海道文化放送より 97 和多田進 法政大学へ進学 和多田 進(わただ すすむ、1945年10月5日 -2016年6月22日)は、日本のジャーナリスト、編集者、実業家。 晩聲社創立者、週刊金曜日初代編集長・社長。 筆名に轍寅次郎 わだち とらじろう。 北海道帯広三条高等学校の出身者 98 関寛 北海学園大学へ進学 関 寛(せき ひろし、1946年11月4日 - )は、日本の実業家。 2010年現在中道リース株式会社代表取締役社長。 また同社の筆頭株主でもある。 北海道新得高等学校の出身者 99 菊地敬一 青山学院大学へ進学 菊地敬一(きくち けいいち、1948年2月12日 - )は、日本の実業家。 ヴィレッジヴァンガード代表取締役会長。 北海道足寄高等学校の出身者 100 徳山幸善 Wikipedia未登録 ジャパンケアサービス社長 北海道釧路湖陵高等学校の出身者 101 石井至 東京大学へ進学 石井 至(いしい いたる、1965年 - )は、日本のコンサルタントである。 石井兄弟社社長。 北海道釧路商業高等学校の出身者 102 竹林一城 Wikipedia未登録 実業家 北海道札幌旭丘高等学校の出身者 103 星野康二 札幌市 創価大学へ進学 星野 康二(ほしの こうじ、1956年5月7日 - )は、日本の実業家。 学位はMaster of Business Administration(ニューヨーク州立大学)。 株式会社スタジオジブリ代表取締役社長、カドカワ株式会社社外取締役。 北海道札幌清田高等学校の出身者 104 島本和彦 池田町 大阪芸術大学へ進学 島本 和彦(しまもと かずひこ、1961年4月26日 - )は、日本の漫画家、実業家。 本名は手塚 秀彦(てづか ひでひこ)。 北海道中川郡池田町出身、北海道札幌市在住。 漫画プロダクション「ビッグバンプロジェクト」代表。 主な作品に『炎の転校生』、『逆境ナイン』、『燃えよペン』、『吼えろペン』、『アオイホノオ』がある。 北海道札幌啓北商業高等学校の出身者 105 本多一夫 本多 一夫(ほんだ かずお、1934年7月11日 - )は、日本の劇場経営者、実業家、俳優である。 本多劇場グループ代表、社団法人日本劇団協議会顧問。 北海道札幌藻岩高等学校の出身者 106 丹波孝司 将軍ジャパン代表取締役社長・ Wikipedia未登録 表取締役社長・COO 市立函館高等学校の出身者 107 岩橋成典 Wikipedia未登録 メディカルジョブセンター社長 札幌光星高等学校の出身者 108 合田道人 釧路市 札幌大学へ進学 合田 道人(ごうだ みちと、1961年12月13日 - ) は、北海道釧路市出身の日本の歌手・作家・構成作家・作詞家・作曲家・音楽プロデューサー。 株式会社ミュージック・オフィス合田代表取締役社長。 有 オフィスキコ、 有 キタガワサウンズ代表取締役会長。 日本歌手協会理事。 日本音楽著作権協会正会員。 日本報道協会理事。 父はノンフィクション作家の合田一道。 109 加藤欽也 Wikipedia未登録 昭和交通代表取締役社長 110 若狭高司 Wikipedia未登録 ワカサリゾート代表取締役社長 札幌静修高等学校の出身者 111 広田レオナ 札幌市 広田 レオナ(ひろた レオナ、1963年3月7日 - )は、日本の監督・女優・エージェント代表。 本名、吹越 久美(ふきこし くみ)。 北海道札幌市出身。 株式会社ジュ・デテストゥ・レ・コンコンブル(ジュデコン)代表取締役社長。 札幌第一高等学校の出身者 112 橋満士郎 橋満 士郎(はしみつ しろう、1972年12月28日 - )は、京都府出身の実業家である。 また、元サッカー選手でもあり、ポジションはフォワード、ミッドフィールダーであった。 藤女子高等学校の出身者 113 大黒摩季 札幌市 大黒 摩季(おおぐろ まき、1969年12月31日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。 所属事務所はビーイング。 所属レコード会社はBeing。 北海道札幌市南区出身、藤女子高等学校卒業。 実家は老舗菓子札幌キムラヤで前社長の長女、現社長の姉である(製パン業)。 血液型はA型。 北海道科学大学高等学校の出身者 114 似鳥昭雄 北海学園大学へ進学 似鳥 昭雄(にとり あきお、1944年3月5日 - )は、日本の実業家。 株式会社ニトリの創業者で同社代表取締役社長。 サイバー大学客員教授 流通経営論 115 安永久人 Wikipedia未登録 株式会社住協ホールディングス社長 函館ラ・サール高等学校の出身者 116 本城愼之介 釧路市 慶應義塾大学へ進学 本城 慎之介(ほんじょう しんのすけ、1972年 - )は、株式会社音別代表、元株式会社楽天取締役副社長、元校長(2007年3月まで)。 北海道音別町(現釧路市)出身。 117 玉山和夫 一橋大学へ進学 玉山和夫(たまやま かずお、1953年 - )は、日本の経営学者・エコノミスト・実業家。 専門は国際ビジネス論。 札幌学院大学教授。 北海道美唄市生まれ 118 山下弘 北海道大学へ進学 山下 弘(やました ひろし、1947年(昭和22年)10月2日 - )は日本の経営者、ウイスキー製造者、技術者。 ニッカウヰスキーの代表取締役社長、会長を務めた。 北海道函館市出身。 119 吉澤慶信 北海道大学へ進学 吉澤 慶信(よしざわ よしのぶ、1944年11月15日 - )は、日本の経営者、元北海道副知事、元北海道庁経済部長。 120 菊池育夫 横浜国立大学へ進学 菊池 育夫(きくち いくお、1944年 - )は日本の経営者。 北海道新聞社の元代表取締役社長。 北海道上磯町(現在の北斗市)出身。 北照高等学校の出身者 121 佐々木明 北斗市 武蔵野美術大学へ進学 佐々木 明(ささき あきら、1981年9月26日 - )は、北海道大野町(現:北斗市)出身のアルペンスキー選手、実業家である。 北海道北照高校から日本体育大学体育学部体育学科出身。 オーストリア・インスブルック在住。 日体大2年次にソルトレークシティーオリンピックに初出場、のちトリノ五輪・バンクーバー五輪3大会連続日本代表。 アルペンスキー・ワールドカップで日本人最多の3回表彰台に立った(2006年3月現在)。 使用スキーメーカーはサロモン。 実業家としては、ゴーグル・アパレルブランドEMUSIを所有する有限会社AKスクエアの社長である。 元妻はレスリング界で有名な山本美憂。 青森県立青森高等学校の出身者 122 猪谷千春 日本体育大学へ進学 猪谷 千春(いがや ちはる、1931年5月20日 - )は、日本のアルペンスキー選手、実業家。 123 長谷川才次 青森市 東京帝国大学へ進学 長谷川 才次(はせがわ さいじ、1903年(明治36年)10月1日 - 1978年(昭和53年)3月10日)は、時事通信社の初代代表取締役。 時事画報社、内外ニュースの創業者。 勲一等瑞宝章受章。 青森県立弘前高等学校の出身者 124 佐々木修 弘前市 ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学へ進学 佐々木 修(ささき おさむ、1955年1月15日 - )は、日本の指揮者、プランナー、経営者。 弘前大学附属小学校、同中学校卒業。 弘前高校卒業。 武蔵野音楽大学教育科卒業。 125 長崎昭義 長崎 昭義(ながさき あきよし、1945年3月3日[3] - )は、日本のノルディックスキー・クロスカントリースキー選手、放送記者、ニュースキャスター、実業家。 青森放送代表取締役社長、青森商工会議所相談役、東北稲門スキー倶楽部会長[4]、青森県スキー連盟会長。 青森県南津軽郡大鰐町生まれ[5](本籍地は弘前市)。 早稲田大学(教育学部国語国文学科)卒業[5]。 旧姓:松岡[6](まつおか)。 126 松岡昭義 長崎 昭義(ながさき あきよし、1945年3月3日[3] - )は、日本のノルディックスキー・クロスカントリースキー選手、放送記者、ニュースキャスター、実業家。 青森放送代表取締役社長、青森商工会議所相談役、東北稲門スキー倶楽部会長[4]、青森県スキー連盟会長。 青森県南津軽郡大鰐町生まれ[5](本籍地は弘前市)。 早稲田大学(教育学部国語国文学科)卒業[5]。 旧姓:松岡[6](まつおか)。 127 葛西清美 東北大学へ進学 葛西清美 かさい きよみ、1914年(大正3年)4月10日 - 1995年(平成7年)2月20日 は、日本の銀行家、実業家。 元みちのく銀行頭取。 青森朝日放送初代社長。 128 成田乾一 Wikipedia未登録 元日放サービス社長 129 藤田昌次郎 Wikipedia未登録 元鬼怒川ゴム工業社長 130 島川聖明 Wikipedia未登録 元ユニオンクレジット取締役社長 131 宇野清治 Wikipedia未登録 元東北鉄鋼社長 132 藤野道格 Wikipedia未登録 ンダエアクラフトカンパニー社長 133 下山徳弘 Wikipedia未登録 元陸奥新報社代表取締役社長 青森県立八戸高等学校の出身者 134 畑山篤 五戸町 上智大学へ進学 畑山 篤(はたやま あつし、1959年8月9日 - )は、日本テレビ海外ビジネス推進室長。 元:台湾・黒剣テレビ番組製作副社長。 NNN事務局長。 青森県三戸郡五戸町出身。 血液型O型。 135 北村正任 東京大学へ進学 北村 正任(きたむら まさとう、1941年4月29日 - )は、日本の実業家。 第15代横綱審議委員会委員長。 136 中村隆司(日清製粉社長) Wikipedia未登録 日清製粉社長[5] 青森県立八戸北高等学校の出身者 137 田中義剛 酪農学園大学へ進学 田中 義剛(たなか よしたけ、1958年3月13日 - )は、日本のタレント、シンガーソングライター、酪農家、実業家である。 株式会社花畑牧場代表取締役。 所属事務所はアップフロントクリエイト(2013年10月1日より所属。 同年9月30日まではアップフロントプロモーションに所属していた。 花畑牧場はアップフロントグループの子会社)。 青森県立八戸商業高等学校の出身者 138 川上正男(いわぎんディーシーカード代表取締役社長、岩手銀行元 Wikipedia未登録 いわぎんディーシーカード代表取締役社長、岩手銀行元執行役員 139 谷地先次郎 Wikipedia未登録 元・八戸市議会議長第25代、八戸魚市場元社長 青森県立五所川原農林高等学校の出身者 140 三上大和 五所川原市 三上 大和(みかみ やまと、1976年9月22日 - )は、日本の実業家、元俳優。 青森県五所川原市出身。 青森県立五所川原農林高等学校農業土木科卒。 父は羽柴グループ代表の三上誠三(羽柴誠三秀吉)。 141 津島文治 五所川原市 早稲田大学へ進学 津島 文治(つしま ぶんじ、1898年(明治31年)1月20日 — 1973年(昭和48年)5月6日)は、日本の実業家、政治家、地主。 金木銀行頭取。 衆議院議員。 参議院議員。 青森県知事。 青森県多額納税者。 陸奥銀行・津軽鉄道・津軽酒造各取締役。 所属事務所はオーバーレコード/太田プロダクション。 広島県安芸郡府中町出身。 身長186cm、体重86kg、血液型A型。 第19代WBA世界ミドル級王者。 東奥義塾高等学校の出身者 143 陸羯南 弘前市 陸 羯南(くが かつなん、安政4年丁巳10月14日(1857年11月30日) - 明治40年(1907年)9月2日)は、日本の国民主義の政治評論家。 日本新聞社長。 正岡子規を育てた。 幼名は巳之太郎、のち実、号が羯南。 岩手県立盛岡第三高等学校の出身者 144 熊谷史人 盛岡市 横浜市立大学へ進学 熊谷史人(くまがい ふみと、1977年11月24日 - )は、岩手県盛岡市出身の男性実業家。 2004年12月、最年少でライブドア(後のLDH)の取締役に就任し、2006年1月にライブドアの代表取締役に就任した。 ライブドアの株式分割や資金調達などの資本政策、ライブドアによる近鉄バファローズの買収や新球団設立、ニッポン放送買収(ニッポン放送の経営権問題)など経営企画・金融・投資ビジネスで中心的な役割を果たす。 岩手県立水沢高等学校の出身者 145 小沢昌記 東京経済大学へ進学 小沢 昌記(おざわ まさき、1958年6月16日 - )は、日本の政治家、実業家。 第2代奥州市長。 146 菊地広哉 奥州市 立教大学へ進学 菊地 広哉(きくち こうや、1957年 - )は、日本の実業家。 インターナショナル・マネジメント・グループ日本支社(IMGジャパン)代表。 147 田中康男 奥州市 田中 康男(たなか やすお、1955年 - )は、岩手県水沢市(現・奥州市)生まれのIBC岩手放送元アナウンサー。 148 菊池恩恵 岩手大学へ進学 菊池 恩恵(きくち めぐみ、1953年11月 - )は、日本の実業家・小説家。 株式会社コムネット代表取締役社長。 149 藤田和芳 上智大学へ進学 藤田 和芳(ふじた かずよし、1947年2月6日 - )は、日本の社会起業家。 大地を守る会会長、株式会社大地を守る会代表取締役社長。 100万人のキャンドルナイト呼びかけ人代表、アジア農民元気大学理事長、ふるさと回帰支援センター理事、食料・農林漁業・環境フォーラム幹事、日本NPOセンター評議員。 岩手県胆沢郡胆沢町(現・奥州市)出身。 150 山口光 国際基督教大学へ進学 山口 光(やまぐち こう、1944年 - )は、日本のジャーナリスト。 共同通信社顧問。 岩手県水沢市(現・奥州市)に生まれる。 岩手県立一関第一高等学校の出身者 151 島地勝彦 一関市 青山学院大学へ進学 島地 勝彦(しまじ かつひこ、1941年9月25日 - )は、日本の編集者・実業家・作家。 岩手県立一関第二高等学校の出身者 152 佐々木貴 一関市 文教大学へ進学 佐々木 貴(ささき たかし、1975年1月16日 - )は、日本のプロレスラー。 岩手県一関市出身、神奈川県茅ヶ崎市在住。 プロレスリングFREEDOMS代表取締役社長。 岩手県立花巻北高等学校の出身者 153 梅原誠 Wikipedia未登録 シチズン時計社長 岩手県立釜石高等学校の出身者 154 佐藤ひろ美 大槌町 佐藤 ひろ美(さとう ひろみ、1970年12月10日 — )は、日本の実業家、元シンガーソングライター。 岩手県立大船渡高等学校の出身者 155 鈴木裕 釜石市 岡山理科大学へ進学 鈴木 裕(すずき ゆう、1958年6月10日 - )は、日本のゲームクリエイター。 株式会社YS NET代表取締役社長。 156 桜田和之 早稲田大学へ進学 桜田 和之(さくらだ かずゆき、1954年2月21日 - )は、静岡第一テレビ代表取締役社長。 元日本テレビ放送網取締役執行役員、元日本テレビホールディングス取締役、元チーフプロデューサー。 日本テレビ在籍時は人事・労政担当兼人事局長や同社の制作系子会社である日テレアックスオン代表取締役社長等を歴任した。 岩手県大船渡市出身。 岩手高等学校の出身者 157 前田剛秀 岩手医科大学 岩手医科大学へ進学 前田剛秀(まえだ たけひで、1979年2月17日 - )は、日本のレーシングドライバー。 実業家 水沢第一高等学校の出身者 158 千昌夫 千 昌夫(せん まさお、本名:阿部 健太郎(あべ けんたろう)、1947年4月8日 - )は、日本の演歌歌手、実業家。 血液型はO型。 岩手県立盛岡第一高等学校の出身者 159 三鬼隆 花巻市 東京帝国大学へ進学 三鬼 隆(みき たかし、1892年1月14日 - 1952年4月9日)は、日本製鐵・八幡製鐵(現・新日鐵住金)元社長。 鉄鋼業界の大御所だった。 岩手県花巻市出身。 父は実業家・政治家の三鬼鑑太郎。 長男は元新日本製鐵会長の三鬼彰。 出川哲朗の外大伯父にあたる。 160 郷古潔 奥州市 東京帝国大学へ進学 郷古 潔(ごうこ きよし、1882年11月13日 - 1961年4月28日)は、三菱重工業社長、太平洋戦争時の東條内閣顧問。 戦後はA級戦犯として逮捕され、公職追放された。 宮城県仙台第二高等学校の出身者 161 粟野学 東北大学へ進学 粟野 学(あわの まなぶ、1956年(昭和31年)2月7日 - )は、日本の銀行家。 きらやか銀行代表取締役頭取。 じもとホールディングス代表取締役社長。 162 斎藤博明 東北大学へ進学 斎藤博明(さいとうひろあき、1951年3月8日 - )は、日本の実業家、会計士補。 TAC株式会社代表取締役社長、同社取締役会議長、資格の学校TAC学院長。 TAC株式会社の大株主であるヒロエキスプレス、サンレイの代表取締役社長を兼ねる。 ヒロエキスプレスは斎藤の資産管理会社であり、2008年3月末現在ヒロエキスプレス、サンレイ及び斎藤でTAC株式会社議決権の35. 9%を保有する。 このため斎藤はTAC株式会社の株主総会特別決議を阻止することができる。 163 小野寺正 東北大学へ進学 小野寺 正(おのでら ただし、1948年(昭和23年)2月3日 - )は、日本の実業家。 KDDI代表取締役会長。 164 中鉢良治 大崎市 東北大学へ進学 中鉢 良治(ちゅうばち りょうじ、1947年9月4日 - )は、日本の実業家。 学位は工学博士(東北大学・1977年)。 国立研究開発法人産業技術総合研究所理事長。 165 高橋宏明 東北大学へ進学 高橋 宏明(たかはし ひろあき、1941年(昭和16年)1月20日 - )は、日本の実業家。 東北電力相談役。 東北経済連合会名誉会長。 166 那須翔 那須 翔(なす しょう、1924年9月19日 - 2014年6月25日)は第7代東京電力社長(1984年6月 - 1993年6月)。 元会長(1993年6月 - 1999年5月)。 167 安藤太郎 東京帝国大学へ進学 安藤太郎(あんどう たろう、1910年(明治43年)1月3日 - 2010年5月9日)は、日本の実業家。 住友銀行副頭取、住友不動産社長、会長、相談役を務めた。 168 掛川振興 Wikipedia未登録 日本舗道社長 169 伊藤豊 Wikipedia未登録 日本通運代表取締役副社長 170 西紘平 Wikipedia未登録 元雪印乳業社長、旧ロッテスノー社長、ロッテアイス社長 171 一力健 Wikipedia未登録 元電通国際情報サービス社長、会長 172 菅原正人 Wikipedia未登録 ジェイ・アイ・シー社長 宮城県宮城第一高等学校の出身者 173 松岡佑子 国際基督教大学へ進学 松岡 佑子(まつおか ゆうこ、1943年9月10日 - )は、日本の元通訳で翻訳家・実業家。 出版社の静山社社長。 福島県原町市(現・南相馬市原町区)出身。 ミドルネームはハリス。 宮城県仙台第三高等学校の出身者 174 西條剛央 仙台市 早稲田大学へ進学 西條 剛央(さいじょう たけお、1974年 - )は、日本の心理学者、哲学者、実業家である。 また、絵本作家としてもデビューしている。 早稲田大学大学院商学研究科専門職学位課程(MBA)客員准教授。 株式会社本質行動学アカデメイア代表取締役社長。 宮城県仙台第一高等学校の出身者 175 一力雅彦 立教大学へ進学 一力 雅彦(いちりき まさひこ、1960年5月14日 - )は、日本の実業家。 河北新報社代表取締役社長。 東北放送社外取締役。 仙台経済同友会代表幹事。 公益社団法人ACジャパン副理事長。 一力一族の御曹司。 宮城県仙台市出身。 176 清野智 仙台市 東北大学へ進学 清野 智(せいの さとし、1947年9月30日 - )は、東日本旅客鉄道(JR東日本)取締役会長。 177 一力一夫 仙台市 東北帝国大学へ進学 一力 一夫(いちりき かずお、1925年(大正14年)9月8日 - 2014年(平成26年)7月20日)は、日本の実業家。 ジャーナリスト。 河北新報社社主。 178 武田豊 栗原市<旧高清水町> 山形大学へ進学 武田 豊(たけだ ゆたか、1914年1月6日-2004年2月15日)は、日本の実業家。 宮城県高清水町出身。 新日本製鐵(新日鉄)代表取締役会長、経済団体連合会(経団連)副会長、日本鉄鋼連盟会長などを歴任した。 東京帝国大学法学部政治学科卒業。 179 平井弥之助 柴田町 東北帝国大学へ進学 平井 弥之助(ひらい やのすけ、1902年(明治35年)5月16日 - 1986年(昭和61年)2月21日)は日本の電力土木技術者、電力事業経営者。 昭和時代の電力開発に卓越した見識と強い使命感をもって貢献した。 また女川原子力発電所等の建設にあたっては貞観地震、慶長三陸地震による大津波を考慮した適切な技術的助言を与えた。 平井彌之助とも書く。 180 早川種三 慶應義塾大学へ進学 早川 種三(はやかわ たねぞう、1897年(明治30年)6月6日 - 1991年(平成3年)11月10日)は、日本の実業家。 戦後数々の大型倒産において管財人として企業再建に取り組み、「会社再建の神様」と呼ばれている。 181 内ヶ﨑贇五郎 富谷市 東京帝国大学へ進学 内ヶ﨑 贇五郎(うちがさき うんごろう 1895年(明治28年)9月25日 — 1982年(昭和57年)9月22日)は、日本の実業家。 182 一力次郎 仙台市 京都帝国大学へ進学 一力 次郎(いちりき じろう、1893年(明治26年)8月12日 - 1970年(昭和45年)7月7日)は、日本の実業家。 河北新報社元社長、会長、社主。 183 高橋文五郎 高橋 文五郎(たかはし ぶんごろう、1893年11月 - 1978年3月19日)は、日本の政治家、自由民主党参議院議員 2期。 宮城県仙台西高等学校の出身者 184 CUZSICK 仙台市 東北学院大学へ進学 CUZSICK(カズシック、1973年3月10日 - )は、宮城県仙台市出身、在住のラッパー。 東北学院大学卒業。 株式会社シークエンス代表取締役社長。 宮城県石巻高等学校の出身者 185 中村雅俊 女川町 慶應義塾大学へ進学 中村 雅俊(なかむら まさとし、1951年2月1日 - )は日本の俳優、歌手。 所属はエム・ジェイ・エンタープライズで、代表取締役社長を務めている。 また、マリンパル女川の名誉館長も務めている。 家族は、妻・五十嵐淳子とのあいだに1男3女がおり、その長男は元俳優の中村俊太。 三女はタレント・モデルの中村里砂。 姉が2人居る。 宮城県気仙沼高等学校の出身者 186 岩手佳代子 気仙沼市 仙台白百合短期大学へ進学 岩手 佳代子(いわて かよこ、1980年4月20日 - )は、日本のフリーパーソナリティ、実業家。 宮城県白石高等学校の出身者 187 幕田圭一 福島大学へ進学 幕田 圭一(まくた けいいち、1935年(昭和10年)9月11日 - )は日本の実業家。 宮城県白石市出身。 東北電力や東北経済連合会において要職を歴任している。 188 八島俊章 東北大学へ進学 八島 俊章(やしま としあき、1932年(昭和7年)4月24日 - )は、日本電気協会会長。 元東北電力代表取締役社長。 女川原子力発電所の設立に力を尽くしたことで知られる。 宮城県出身。 宮城県白石高等学校、東北大学工学部卒業。 189 平間宏 Wikipedia未登録 サインペン製作者(ぺんてるケミカル㈱ 代表取締役社長) 宮城県農業高等学校の出身者 190 佐藤亀八郎 法政大学へ進学 佐藤 亀八郎(さとう かめはちろう、1871年(明治4年)10月 - 1936年(昭和11年)7月15日)は日本の政治家、実業家。 貴族院議員、宮城県農工銀行頭取、宮城県販売購買組合理事長。 宮城県角田高等学校の出身者 191 伊藤真一 伊藤 真一(いとう しんいち、1966年12月7日 - )は、宮城県角田市出身のオートバイロードレースライダー。 仙台SOSモデルエージェンシー所属。 宮城県岩沼市でGARAGE EDIFICE(ガレージ エディフィス)を経営する実業家としての顔も持ち合わせる。 192 大槻文平 東京帝国大学へ進学 大槻 文平(おおつき ぶんぺい、1903年9月27日 - 1992年8月9日)は、宮城県生まれの日本の実業家。 三菱鉱業セメント社長、三菱鉱業会長、旧日経連(現経団連)会長を歴任した。 宮城県名誉県民。 193 木川田一隆 山形大学へ進学 木川田 一隆(きがわだ かずたか、男性、1899年8月23日 — 1977年3月4日)は、1950年代から1960年代にかけて活躍した日本の実業家。 東京電力社長や、経済同友会代表幹事(1960年〜1962年 複数代表幹事制 、1963年〜1975年)を歴任した。 「企業の社会的責任」を唱導した、哲人的財界人として名を残している。 宮城県佐沼高等学校の出身者 194 伊藤正美 Wikipedia未登録 日本製罐社長 195 阿部俊則 Wikipedia未登録 積水ハウス社長 宮城県築館高等学校の出身者 196 尾山暁 Wikipedia未登録 七十七ビジネスサービス社長 宮城学院高等学校の出身者 197 野口美佳 野口 美佳(のぐち みか、1965年(昭和40年)1月13日 - )は、日本の実業家。 株式会社ピーチ・ジョンの創業者で、代表取締役社長を務めた。 血液型はA型。 198 渡辺美佐 横浜市 日本女子大学へ進学 渡邊 美佐(わたなべみさ、1928年9月25日 - )は、渡辺プロダクショングループ代表・株式会社渡辺プロダクション名誉会長、株式会社イザワオフィス代表取締役、芸能プロモーター。 マナセプロダクション社長・曲直瀬道枝は妹。 199 相馬黒光 相馬 黒光(そうま こっこう、1876年9月12日 - 1955年3月2日)は、夫の相馬愛蔵とともに新宿中村屋を起こした実業家、社会事業家である。 旧姓は星、本名は良(りょう)。 秋田県立秋田高等学校の出身者 200 石井浩郎 八郎潟町 石井 浩郎(いしい ひろお、1964年6月21日 - )は、秋田県南秋田郡八郎潟町出身の元プロ野球選手(内野手、1990年 - 2002年)、実業家、政治家。 自由民主党所属の参議院議員(2期)。 201 進藤孝生 秋田市 一橋大学へ進学 進藤 孝生(しんどう こうせい、1949年9月14日 - )は、日本の実業家。 新日鐵住金代表取締役社長、世界鉄鋼協会副会長、日本鉄鋼連盟会長。 202 藤原清悦 慶應義塾大学へ進学 藤原清悦(ふじわら せいえつ、1943年(昭和18年)5月15日 - )は、日本の銀行家。 秋田銀行相談役。 一般財団法人秋田経済研究所理事長。 一般社団法人秋田県経営者協会会長。 203 辻兵吉 5代目 辻 兵吉(つじ ひょうきち、1926年(大正15年)5月26日 - 2008年(平成20年)7月5日)は、日本の実業家。 辻兵グループ総帥、元日本バスケットボール協会会長。 また参議院議員・金田勝年の後援会会長を金田の参議院選出馬時から長年務めた。 1991年(平成3年)藍綬褒章受章、2005年(平成17年)旭日中綬章受章。 秋田県秋田市出身。 旧名は辻 良一(つじ りょういち)。 204 人見誠治 人見誠治(ひとみ せいじ、1898年(明治31年)1月12日 - 1978年(昭和53年)1月16日)は、日本のジャーナリスト、マスメディア経営者。 205 安藤和風 安藤 和風(あんどう はるかぜ、慶応2年1月12日(1866年2月26日) - 昭和11年(1936年)12月26日)は、日本のジャーナリスト、マスメディア経営者、俳人、郷土史研究家。 通名および俳号は「和風」をそのまま音読みして「わふう」。 秋田県立秋田南高等学校の出身者 206 安田久 男鹿市 安田 久(やすだ ひさし、1962年7月15日 - )は、日本の実業家。 秋田県立秋田中央高等学校の出身者 207 野口周治郎 元・秋田酒類製造株式会社高清水社長、2010年に秋田県文化功労者として表彰を受ける。 秋田県立秋田工業高等学校の出身者 208 土田雅人 同志社大学へ進学 土田 雅人(つちだ まさと、1962年10月21日 - )は、日本のラグビー選手・監督。 サントリー酒類執行役員 スピリッツ事業部長、サントリーフーズ社長(現:取締役)を経て、サントリービバレッジソリューション社長。 日本ラグビーフットボール協会理事。 209 瀬下和夫 明治大学へ進学 瀬下 和夫(せじも・かずお 1957年 - )は、日本の元ラグビー選手。 ポジションはフォワード(ナンバーエイト No. 8 )。 現在は実業家。 210 天野芳太郎 男鹿市 天野 芳太郎(あまの よしたろう、1898年(明治31年)7月2日 - 1982年(昭和57年)10月14日)は大正、昭和の日本の実業家、アンデス文明研究家。 第二次世界大戦前にパナマに渡り、戦時中は日本に強制送還されるも、再びペルーに渡り事業を興した。 アンデス文明のチャンカイ文化の調査研究でも知られ、天野が収集した文化遺産をもとにペルーのリマに博物館が開設されている。 秋田県立横手高等学校の出身者 211 上田準二 横手市 山形大学へ進学 上田準二(うえたじゅんじ、1946年12月27日 - )は、日本の実業家。 ユニー・ファミリーマートホールディングス取締役相談役。 秋田県立能代高等学校の出身者 212 水木初彦(元 Wikipedia未登録 元神奈川新聞社社長 秋田県立能代工業高等学校の出身者 213 後藤隆幸 後藤 隆幸(ごとう たかゆき、1960年8月7日 - )は、日本の男性アニメーター、キャラクターデザイナー。 Production I. G副社長、第一スタジオチーフ。 秋田県立本荘高等学校の出身者 214 植村伴次郎 植村 伴次郎(うえむら ばんじろう、1929年3月30日 - )は、日本の実業家、東北新社創業者。 秋田県立湯沢高等学校の出身者 215 伊藤助成 羽後町 一橋大学へ進学 伊藤 助成(いとう じょせい、1929年(昭和4年)5月25日 - 2005年(平成17年)4月21日)は日本の実業家。 日本生命保険の社長や会長、経済同友会副代表幹事、生命保険協会会長を務めた。 また生命保険業界出身者としては初めて経団連副会長を務めた。 日本人として8人目の「保険の殿堂」入り。 2004年ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字章受章。 秋田県立角館高等学校の出身者 216 田口三昭 大仙市 明治学院大学へ進学 田口 三昭(たぐち みつあき、1958年6月16日 - )は日本の実業家。 株式会社バンダイナムコホールディングス代表取締役社長。 日本商品化権協会副理事長 217 坂本尚夫 仙北市 東北大学へ進学 坂本 尚夫(さかもと たかお、1943年9月14日- )は、秋田県仙北市出身の薬学者。 東北大学薬学部教授、東北大学高等教育開発推進センター長、東北大学大学院薬学研究科長、東北大学副学長、国立薬学部長会議議長などを歴任。 東北7県(新潟県を含む)の産学官連携を具現化するための組織、インテリジェント・コスモス研究機構の社長を務めている[4]。 秋田県立秋田北鷹高等学校の出身者 218 嶺脇育夫 嶺脇 育夫(みねわき いくお、1967年5月28日 - )は、日本の実業家。 タワーレコード株式会社の代表取締役社長。 秋田県出身。 山形県立山形東高等学校の出身者 219 相馬健一 山形大学へ進学 相馬健一(そうま けんいち、1931年(昭和6年)8月13日 - )は、日本の実業家。 元山形新聞社社長、会長。 220 三浦新七 一橋大学へ進学 三浦 新七(みうら しんしち、1877年(明治10年)8月12日 - 1947年(昭和22年)8月14日)は、日本の経済学者、実業家。 専門は経済史。 1942年(昭和17年)帝国学士院会員。 山形県立寒河江高等学校の出身者 221 斎藤脩 Wikipedia未登録 JFEエンジニアリング社長 山形県立新庄北高等学校の出身者 222 小林武史 新庄市 小林 武史(こばやし たけし、1959年6月7日 - )は、山形県新庄市出身の音楽家、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、キーボーディスト。 山形県立新庄北高等学校卒業。 烏龍舎代表取締役社長。 ap bank代表理事。 音楽制作者連盟理事。 Bank Band、Lily Chou-Chou、BRADBERRY ORCHESTRAのメンバー。 また、My Little Loverの元メンバー。 223 服部敬雄 早稲田大学へ進学 服部 敬雄(はっとり よしお、1899年(明治32年)12月10日 - 1991年(平成3年)3月14日)は山形県の実業家。 山形県山形市出身。 山形県立米沢商業高等学校の出身者 224 千葉源蔵 法政大学へ進学 千葉 源蔵(ちば げんぞう、1915年(大正4年)3月25日 - 1988年(昭和63年)9月21日)は、日本の実業家。 文藝春秋名誉会長、日本雑誌協会・日本雑誌広告協会・出版健康保険組合各理事長を歴任した。 山形県立長井高等学校の出身者 225 荒川詔四 東京外国語大学へ進学 荒川 詔四(あらかわ しょうし、1944年(昭和19年)4月8日 - )は、日本の経営者。 株式会社ブリヂストン代表取締役社長や会長を歴任した。 山形県立酒田東高等学校の出身者 226 佐高信 慶應義塾大学へ進学 佐高 信(さたか まこと、1945年1月19日 - )は、日本の評論家、東北公益文科大学客員教授。 週刊金曜日編集委員・株式会社金曜日前代表取締役社長。 「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」共同代表。 先住民族アイヌの権利回復を求める署名呼びかけ人 をつとめる。 山形県酒田市出身。 山形県立酒田西高等学校の出身者 227 池田章子 Wikipedia未登録 ブルドックソース社長 山形県立庄内農業高等学校の出身者 228 上野隆一 鶴岡市 農業者大学校へ進学 上野 隆一(うえの りゅういち、1948年(昭和23年) - )は、山形県東田川郡藤島町(現・鶴岡市)出身の、実業家。 株式会社ウエノ代表取締役社長、NPO法人庄内みずほの郷理事長。 229 佐高信 慶應義塾大学へ進学 佐高 信(さたか まこと、1945年1月19日 - )は、日本の評論家、東北公益文科大学客員教授。 週刊金曜日編集委員・株式会社金曜日前代表取締役社長。 「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」共同代表。 先住民族アイヌの権利回復を求める署名呼びかけ人 をつとめる。 山形県酒田市出身。 230 新田嘉一 鶴岡市 新田 嘉一(にった かいち、1933年〈昭和8年〉10月6日 - )は、日本の実業家。 平田牧場会長、東北公益文科大学理事長、平田町名誉町民(現:酒田市名誉市民)。 山形市立商業高等学校の出身者 231 熊谷眞一 熊谷眞一(くまがい しんいち、1941年(昭和16年)5月18日 - )は、日本の実業家。 シベール創業者。 同社特別顧問。 公益財団法人弦地域文化支援財団代表理事。 232 山澤進 東北薬科大学へ進学 山澤進(やまざわ すすむ、1930年(昭和5年)1月5日 - )は、日本の実業家。 ヤマザワ代表取締役会長・創業者。 旭日小綬章(2010年(平成22年))。 日本大学山形高等学校の出身者 233 板垣公一 山形市 板垣 公一 いたがき こういち、1947年11月12日 - は、山形県山形市在住の日本の実業家、アマチュア天文家。 株式会社豆の板垣代表取締役社長。 アマチュア天文家としては、新天体ハンター、特に超新星発見数の国内最多記録を持つ世界有数の超新星ハンターとして知られる。 山形城北高等学校の出身者 234 井上京子 南陽市 井上 京子(いのうえ きょうこ、1969年4月22日 - )は、日本のプロレスラー。 ワールド女子プロレス・ディアナ所属代表。 2012年3月までは株式会社ワールド女子プロレス・ディアナ代表取締役社長を務めた。 山形県南陽市出身。 酒田南高等学校の出身者 235 天音里望 余目町 鎌倉女子大学へ進学 天音 里望(あまね さとみ、本名:渡部千春、1973年(昭和48年) - )は、日本の演歌歌手。 山形県東田川郡余目町(現・庄内町)出身。 学習塾経営者。 福島県立福島明成高等学校の出身者 236 瀬戸弘幸 瀨戸 弘幸(せと ひろゆき、1952年3月3日 - )は、日本の行動する保守系の政治活動家・ブロガー。 在日特権を許さない市民の会(在特会)の会員。 果樹園の経営者でもある。 福島県立福島南高等学校の出身者 237 千葉麗子 千葉 麗子(ちば れいこ、1975年1月8日 - )は、日本の実業家、ヨーガインストラクター、元女優・声優・アイドル、元市民活動家。 愛称は「チバレイ」。 福島県立安積高等学校の出身者 238 糠沢和夫 一橋大学へ進学 糠沢 和夫(ぬかざわ かずお、1936年11月20日 - )は、日本の経済人、外交官。 むつ小川原開発社長、経団連専務理事を経て、経団連出身者として初の特命全権大使や、民間人初の外務省大臣官房文化交流部長を務めた。 初代本宮市名誉市民、タイ王国功労賞受賞、ハンガリー共和国功労中十字型章受章。 239 大高善兵衛 大高 善兵衛(おおたか ぜんべえ、1935年6月11日 - 2014年8月3日)は日本の実業家、元ヨークベニマル社長。 240 小針暦二 矢吹町 小針 暦二(こばり れきじ、1914年1月1日 - 1993年11月7日)は、日本の実業家。 福島県立郡山商業高等学校の出身者 241 大高善興 大高善興(おおたか ぜんこう、1940年3月1日 - )は、日本の企業家。 福島県立須賀川高等学校の出身者 242 小出伸一 青山学院大学へ進学 小出伸一(こいで しんいち、1958年10月1日 - )は、日本の実業家。 株式会社セールスフォース・ドットコム 代表取締役会長 兼 CEO。 元日本ヒューレット・パッカード代表取締役社長執行役員。 元ソフトバンクテレコム代表取締役副社長兼最高執行責任者。 243 羽鳥兼市 羽鳥 兼市(はとり けんいち、1940年10月12日 - )は実業家、ガリバーインターナショナルの創業者、取締役会長。 福島県立白河高等学校の出身者 244 瀬谷俊雄 慶應義塾大学へ進学 瀬谷 俊雄(せや としお、1936年(昭和11年)4月2日 - )は、日本の銀行家。 原子力損害賠償支援機構運営委員。 東邦銀行相談役。 元全国地方銀行協会会長。 元株式会社地域経済活性化支援機構代表取締役社長。 245 金田幸三 白河市 東京大学へ進学 金田 幸三(かねだ こうぞう、1928年(昭和3年)6月10日 - )は日本の実業家、元ニチレイ社長・会長。 福島県白河市出身。 246 竹井博友 明治大学へ進学 竹井 博友(たけい ひろとも、1920年(大正9年)10月9日 - 2003年(平成15年)7月29日)は、日本の実業家。 福島県立磐城高等学校の出身者 247 能勢秀幸 東京大学へ進学 能勢秀幸 のせ ひでゆき、1954年6月13日 - )は、日本の銀行家。 SBJ銀行監査役。 大東銀行社長、新生信託銀行社長等を歴任した。 248 矢内廣 中央大学へ進学 矢内廣(やない ひろし、1950年1月7日 - )は日本の実業家。 東証一部上場企業、ぴあ株式会社の創業者であり代表取締役社長。 その他、ぴあ主要グループ会社の代表を務めると共に、一般社団法人チームスマイル 代表理事、社団法人日本雑誌協会理事、日本アカデミー賞協会組織委員会委員、公益財団法人ユニジャパン評議員、公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会顧問、株式会社BSフジ番組審議委員会 委員、財団法人新国立劇場運営財団 評議員、首都大学東京経営審議会学外委員、エンジン01文化戦略会議副幹事長兼事務局長、観光庁アドバイザー、株式会社 海外需要開拓支援機構(クールジャパン推進機構)アドバイザリーボード、 東京の観光振興を考える有識者会議 委員等の公職を務める。 249 吉野正芳 早稲田大学へ進学 吉野 正芳(よしの まさよし、1948年8月8日 - )は、日本の政治家、実業家、福祉事業家。 自由民主党所属の衆議院議員(6期)。 復興大臣(第7代)、福島原発事故再生総括担当大臣。 250 品川萬里 東京大学へ進学 品川 萬里(しながわ まさと、1944年(昭和19年)12月19日 - )は、日本の政治家、郵政官僚。 福島県郡山市長(第14代)。 元郵政審議官。 251 中村敦夫 東京外国語大学へ進学 中村 敦夫(なかむら あつお、1940年2月18日 - )は、日本の俳優、作家、脚本家、ニュースキャスター、政治家。 株式会社中村企画社長。 日本ペンクラブ環境委員長。 身長179cm。 本名は中村 敦雄(なかむら あつお)。 旧姓は遠藤(えんどう)。 1994年『集団左遷』 252 佐藤安太 山形大学へ進学 佐藤 安太(さとう やすた、1924年3月20日 - )は、日本の実業家。 勲等は勲四等。 学位は博士(工学)(山形大学・2010年)。 山形大学工学部客員教授、福島工業高等専門学校客員教授、財団法人日本玩具文化財団名誉理事長、特定非営利活動法人ライフマネジメントセンター理事長。 おもちゃの王様との異名を持つ。 福島県立平工業高等学校の出身者 253 渡辺淳弥 渡辺 淳弥(わたなべ じゅんや、1961年 - )はファッションデザイナー。 株式会社コムデギャルソン取締役副社長。 福島県出身。 文化服装学院卒業。 福島県立湯本高等学校の出身者 254 田子忠 Wikipedia未登録 株 湖池屋社長 福島県立双葉高等学校の出身者 255 常盤文克 東京理科大学へ進学 常盤 文克(ときわ ふみかつ、1933年11月13日 - )は、日本の実業家。 元花王会長。 理学博士(大阪大学)。 福島県出身。 福島県立双葉高等学校、東京理科大学理学部卒業。 日本大学東北高等学校の出身者 256 小林日出夫 明治大学へ進学 小林 日出夫(こばやし ひでお、1946年 - 2009年9月17日)は日本の政治家。 実業家。 泉崎村村長(2000年 - 2009年)。 松韻学園福島高等学校の出身者 257 八島信夫 Wikipedia未登録 株福島建設工業新聞 代表取締役社長 元保原青年会議所 副理事長 若松第一高等学校の出身者 258 鹿目広行 Wikipedia未登録 アルフレッサ株式会社 代表取締役社長 福島県立福島高等学校の出身者 259 板倉雄一郎 船橋市 上智大学へ進学 板倉 雄一郎(いたくら ゆういちろう、1963年12月26日 - )は、日本の実業家、コンサルタント、経済評論家。 千葉県船橋市出身。 福島県立福島高等学校卒業。 上智大学理工学部中退。 260 後藤亘 東北大学へ進学 後藤亘(ごとう わたる、1933年1月30日 - )は日本の実業家。 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)代表取締役会長。 エフエム東京(TOKYO FM)名誉相談役。 261 高橋雅行 Wikipedia未登録 福島民報社長 262 菅野利徳 Wikipedia未登録 元北海道経済産業局長、元全国中央会専務理事、日本割賦保証社長 263 尾形充生 Wikipedia未登録 元静岡中央銀行社長 264 加藤徳衛 Wikipedia未登録 元理研工業社長、元経済同友会幹事 265 木村健一郎 Wikipedia未登録 元米国富士電機社長 266 久米滋三 Wikipedia未登録 元土佐電気鉄道 現とさでん交通 社長 267 佐藤篤二郎 Wikipedia未登録 九州電力初代社長 268 三瓶昭一 Wikipedia未登録 元マーシュ・アンド・マクレナン日本社長 269 高島英也 Wikipedia未登録 サッポロビール社長 270 塚原菫久 Wikipedia未登録 元三菱自動車工業社長 271 桃井好一 Wikipedia未登録 元ソニー・テクトロニクス社長 272 岩瀬太一 Wikipedia未登録 元岩瀬書店社長 273 菅野光弥 Wikipedia未登録 元福島テレビ社長 274 斎藤俊雄 Wikipedia未登録 元協三工業社長 275 大和郭二 Wikipedia未登録 元北芝電機社長、元福島県教育委員長 茨城県立水戸第一高等学校の出身者 276 堀義人 水戸市 京都大学へ進学 堀 義人(ほり よしと、1962年3月28日 - )は、日本の実業家。 学位はMBA(ハーバードビジネススクール)。 グロービス経営大学院大学学長、グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナー。 新自由主義の立場をとる。 政治学者の秋野豊は親戚。 277 篠田博之 一橋大学へ進学 篠田 博之(しのだ ひろゆき、1951年 - )は日本の編集者、ジャーナリスト。 月刊『創』編集長、『マス読』編集長、創出版社長。 「コミック表現の自由を守る会」事務局長、「日本ペンクラブ言論表現委員会」副委員長。 茨城県出身。 278 足立吉正 一橋大学へ進学 足立 吉正(あだち よしまさ、1948年(昭和23年)11月27日 - )は、日本の実業家。 JX日鉱日石金属社長兼パンパシフィック・カッパー社長などを務めた。 279 難波靖治 茨城大学へ進学 難波 靖治(なんば やすはる、1929年7月16日 - 2013年11月27日)は、日本のラリードライバー、実業家。 280 檜山廣 一橋大学へ進学 檜山 廣(ひやま ひろ、1909年12月18日 - 2000年12月25日)は、日本の実業家である。 丸紅の社長や会長を歴任し、同社中興の祖と言われる。 一方、ロッキード事件における中心人物のひとりとして有罪となった。 281 川又克二 水戸市 一橋大学へ進学 川又 克二(かわまた かつじ、1905年(明治38年)3月1日 - 1986年(昭和61年)3月29日)は日本の実業家。 日産自動車中興の祖として知られる。 茨城県立水戸商業高等学校の出身者 282 長谷川浩嗣 Wikipedia未登録 日清製粉グループ本社社長 茨城県立日立第一高等学校の出身者 283 小林寛 中央大学へ進学 小林 寛(こばやし ひろし、1959年3月17日 - )は茨城県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。 茨城県立土浦第一高等学校の出身者 284 守安功 守安 功(もりやす いさお、1973年9月21日 - )は日本の実業家。 株式会社ディー・エヌ・エー代表取締役社長。 モバゲータウンの仕掛け人。 285 幡谷祐一 日本大学へ進学 幡谷祐一(はたや ゆういち、1923年 - )は、日本の実業家。 茨城県東茨城郡小川町(現在の小美玉市)生まれ。 286 小野瀬忠兵衛 小野瀬 忠兵衛(おのせ ちゅうべえ、明治32年(1899年)8月 - 昭和52年(1977年)12月11日)は、衆議院議員(3期)、実業家。 黄綬褒章、紺綬褒章を受章。 287 高杉晋一 高杉 晋一(たかすぎしんいち、1892年(明治25年)3月1日 - 1978年(昭和53年)6月6日)は、日本の実業家。 288 岡野保次郎 岡野 保次郎(おかの やすじろう、1891年〈明治24年〉2月1日 - 1976年〈昭和51年〉12月7日)は、日本の実業家、経営者。 茨城県出身。 289 武井大助 一橋大学へ進学 武井 大助(たけい だいすけ、1887年(明治20年)4月25日 - 1972年(昭和47年)3月30日)は、日本の海軍軍人、実業家。 最終階級は海軍主計中将。 昭和産業・安田銀行・文化放送の元社長。 1940年勲一等旭日大綬章受章。 290 宮崎仁 Wikipedia未登録 経済企画事務次官、元アラビア石油社長 291 田山正雄 Wikipedia未登録 東洋製紙現王子製紙社長 292 入江俊昭 Wikipedia未登録 日本モトローラ代表取締役会長、元米モトローラ上席副社長、大河内記念賞受賞 293 北島正和 Wikipedia未登録 古河電池社長 294 土井修 Wikipedia未登録 東洋製油(現J-オイルミルズ)社長 295 糸賀勲 Wikipedia未登録 日本信託銀行株式会社現三菱UFJ信託銀行社長 296 永松惠一 Wikipedia未登録 新むつ小川原社長、(社)日本経済団体連合会常務理事 297 栗原権右衛門 Wikipedia未登録 日本電子代表取締役社長 茨城県立竜ヶ崎第一高等学校の出身者 298 宮嶋宏幸 法政大学へ進学 宮嶋 宏幸(みやじま ひろゆき、1959年10月24日 - )は日本の実業家。 ビックカメラ代表取締役社長・代表執行役員。 299 塩瀬盛道 牛久市 國學院大學へ進学 塩瀬 盛道(しおせ もりみち、1931年5月 - 2001年3月25日)は、日本のプロ野球選手(投手。 右投右打)、大学野球指導者(監督)、実業家。 300 武藤清 取手市 東京大学へ進学 武藤 清(むとう きよし、1903年1月29日 - 1989年3月12日)は、日本の建築家、建築構造学者、構造家。 千葉工業大学工学部建築学科の創設者。 元鹿島建設副社長。 兄は医学者の武藤完雄。 301 市川忍 神戸大学へ進学 市川 忍(いちかわ しのぶ、1897年1月9日 - 1973年11月2日)は日本の実業家。 丸紅の初代社長。 「正・新・和」の精神で総合商社「丸紅」発展の基礎を築いた。 茨城県立太田第一高等学校の出身者 302 栗山利男 Wikipedia未登録 元読売新聞社長 茨城県立取手第二高等学校の出身者 303 吉田剛 堺市 関西大学へ進学 吉田 剛(よしだ たかし、1966年11月28日 - )は、元プロ野球選手(内野手)、野球解説者、実業家。 茨城県立竹園高等学校の出身者 304 猪野仁志 Wikipedia未登録 1991年3月卒業。 茨城県立勝田高等学校の出身者 305 藤田尚弓 藤田 尚弓(ふじた なおみ)は、日本のコミュニケーション研究家、コラムニスト、コメンテーター、実業家。 茨城県立鉾田第一高等学校の出身者 306 箕輪幸人 早稲田大学へ進学 箕輪 幸人(みのわ ゆきと、1957年6月28日 - )は、テレビ新広島代表取締役社長。 血液型B型。 茨城高等学校の出身者 307 鶴田卓彦 茨城中学校卒 早稲田大学へ進学 鶴田 卓彦(つるた たくひこ、1927年9月1日 - )は、元日本経済新聞社社長、元横綱審議委員会12代委員長。 茨城県水戸市出身。 土浦日本大学高等学校の出身者 308 大月俊倫 日本大学へ進学 大月 俊倫(おおつき としみち、1961年12月18日 - )は、日本のレコード会社・キングレコード専務取締役(2016年1月31日までスターチャイルドレーベル担当)。 また、アニメ・特撮企画会社ガンジス社長でもある。 大阪芸術大学芸術学部キャラクター造形学科アニメーションコース客員教授、日本工学院、81プロデュース特別非常勤講師。 2010年10月末からは、円谷プロダクションの取締役に就任。 栃木県立宇都宮高等学校の出身者 309 宮島清次郎 佐野市 東京帝国大学へ進学 宮島 清次郎(みやじま せいじろう、明治12年(1879年)1月20日 — 昭和38年(1963年)9月6日)は、大正・昭和期の経営者・財界人・代議士。 元日清紡績社長・会長、元日本工業倶楽部理事長。 310 樺山資英 コロンビア大学へ進学 樺山 資英(かばやま すけひで、明治元年11月19日(1869年1月1日) - 昭和16年(1941年)3月19日)は、日本の官僚、政治家。 貴族院議員。 栃木県立宇都宮南高等学校の出身者 311 佐藤栄一 明治大学へ進学 佐藤 栄一(さとう えいいち、1961年10月5日 - )は、日本の政治家、実業家。 栃木県宇都宮市長(4期)。 栃木県立石橋高等学校の出身者 312 角間惇一郎 佐渡市 角間 惇一郎 (かくま じゅんいちろう、1983年5月25日 - )は日本の社会起業家、一般社団法人GrowAsPeople代表理事。 身長170cm。 主に日本国内の性風俗産業に係る女性に対してのセカンドキャリア支援事業を行っている。 元越谷市男女共同参画推進委員。 栃木県立佐野高等学校の出身者 313 柿沼博彦 北海道大学へ進学 柿沼 博彦(かきぬま ひろひこ、1943年 - )は、日本の技術者・実業家。 元会社経営者。 314 酒巻久 芝浦工業大学へ進学 酒巻久(さかまき ひさし、1940年3月6日 - )は、日本の経営者。 キヤノン電子代表取締役社長。 315 寺沢芳男 佐野市 早稲田大学へ進学 寺澤 芳男(てらさわ よしお、1931年10月3日 - )は、日本の実業家、政治家。 栃木県立真岡高等学校の出身者 316 ジャイアント白田 神奈川大学へ進学 白田 信幸(しろた のぶゆき、1979年4月20日-)は日本の元フードファイター、タレント、実業家。 愛称ジャイアント白田(ジャイアントしろた)。 317 大塚実 益子町 中央大学へ進学 大塚 実(おおつか みのる、1922年 大正11年 10月9日 - )は、日本の実業家。 大塚商会株式会社元会長。 318 宮澤栄一 Wikipedia未登録 株式会社ハーツユナイテッドグループ代表取締役社長CEO(創業者) 足利工業大学附属高等学校の出身者 319 川田利明 栃木市 川田 利明(かわだ としあき、1963年12月8日 - )は、日本のプロレスラー、実業家、調理人、タレント。 栃木県下都賀郡大平町(現:栃木市)出身。 プロレスラーとしてはフリーでタレントとしては太田プロダクション所属。 2010年以降、プロレスラーとしての活動は休業中である。 320 三沢光晴 夕張市 三沢 光晴(みさわ みつはる、1962年6月18日 - 2009年6月13日)は、日本のプロレスラー。 本名:三澤 光晴(みさわ みつはる)。 1981年に全日本プロレスにてデビュー。 同団体のトップレスラーとして活躍した後、2000年にプロレスリング・ノアを旗揚げ。 レスラー兼社長として同団体を牽引。 2009年6月13日、試合中リング禍により死去。 46歳没。 國學院大學栃木高等学校の出身者 321 和田薫 和田 薫(わだ かおる、1965年4月8日 - )は、芸能事務所ハーモニープロモーションの代表取締役社長兼マネージャー。 大阪府出身。 血液型B型。 群馬県立前橋工業高等学校の出身者 322 佐田武夫 前橋市 茨城大学へ進学 佐田 武夫(さた たけお、1925年6月16日 - 2008年11月9日)は、元佐田建設社長。 2004年に経営不振の責任を取って辞任した。 群馬県前橋市出身。 佐田一郎元参議院議員の娘婿で、息子は佐田玄一郎衆議院議員。 群馬県立前橋商業高等学校の出身者 323 坂本幸雄 Wikipedia未登録 エルピーダメモリ株式会社 代表取締役社長兼CEO 群馬県立高崎高等学校の出身者 324 田原邦男 川崎市 慶應義塾大学へ進学 田原 邦男(たはら くにお、1967年 - )は日本の実業家、株のディーラー・トレーダー、馬主。 325 吉川廣和 東京大学へ進学 吉川 廣和(よしかわ ひろかず、1942年 - 2015年7月8日)は日本の実業家。 群馬県生まれ。 DOWAホールディングス相談役。 過去に、内閣府参与などを歴任。 326 反町勝夫 東京大学へ進学 反町 勝夫(そりまち かつお、1940年8月12日 - )は、日本の実業家。 弁護士(弁護士法人LEC社員)・弁理士(反町特許事務所)・税理士(税理士法人LEC)・会計士補・社会保険労務士(社会保険労務士法人LEC代表社員)の資格を持つ。 東京リーガルマインド(LEC)創立者で代表取締役会長。 LEC東京リーガルマインド大学院大学(LEC会計大学院)の学長。 「日本教育再生機構」代表委員。 雑誌「法律文化」の出版者。。 327 平田正 東京大学へ進学 平田 正(ひらた ただし、1939年6月24日 - )は、協和醗酵工業会長。 大胆な経営戦略で改革を断行し、また、ベンチャービジネスにも積極的に進出。 また「博士社長」としても知られ、農学博士号を取得している。 非常に厳格な性格で激しい仕事ぶりで知られるが、趣味は映画鑑賞。 好きな映画は北野武の「HANA-BI」。 尊敬する人物は塩原太助。 群馬県出身。 328 山本富雄 草津町 山本 富雄(やまもと とみお、1928年(昭和3年)11月5日 - 1995年(平成7年)3月16日)は、日本の政治家、実業家。 元参議院議員(当選3回)。 旧制高崎中学(群馬県立高崎高等学校)卒業。 群馬県吾妻郡草津町出身。 長男は参議院議員の山本一太。 329 七五三木敏幸 一橋大学へ進学 七五三木 敏幸(しめぎ としゆき)は、日本の実業家。 群馬銀行やメルセデス・ベンツ日本(以下MBJ)ならびにクライスラー日本(以下CJ)を経て、現在はポルシェジャパンの代表取締役社長。 群馬県立高崎商業高等学校の出身者 330 牛久保海平 牛久保 海平(うしくぼ かいへい、1905年7月26日 - 1999年11月20日)は、日本の実業家。 サンデンホールディングス創業者。 群馬県出身。 高崎商業学校卒業。 群馬県立高崎工業高等学校の出身者 331 松浦幸雄 早稲田大学へ進学 松浦 幸雄(まつうら ゆきお、1930年1月27日 - )は、日本の政治家、実業家。 1987年から2011年まで群馬県高崎市長を6期に渡って務めた。 群馬県立桐生高等学校の出身者 332 阿久戸庸夫 慶應義塾大学へ進学 阿久戸 庸夫(あくと つねお、1944年9月13日 - )は、日本の実業家。 ミツバ代表取締役社長。 群馬県出身。 最終学歴は慶應義塾大学大学院工学研究科修了。 333 関口忠 関口 忠(せきぐち まこと、1942年5月9日 - 2014年10月10日)は、日本の実業家。 セキチュー社長。 家業の老舗製材屋から、一代で有数のホームセンターを作り上げた立志伝中の人物である。 彼の創業したセキチューは自身の高校時代のニックネーム「関忠」(せきちゅう)に由来し、総合商社の伊藤忠にあやかったものという。 334 浦田直治 桐生市 浦田 直治(うらた なおじ、1936年9月8日 - )は、群馬県桐生市出身の元プロ野球選手(捕手)。 335 森喜作 京都大学へ進学 森 喜作(もり きさく、1908年10月4日 - 1977年10月23日)は、群馬県桐生市出身の農学者である。 群馬県立桐生高等学校、京都大学農学部卒業。 森産業株式会社社長。 歴史学者の羽仁五郎は叔父。 衆議院議員で元内閣総理大臣の森喜朗と血縁関係はない。 群馬県立伊勢崎商業高等学校の出身者 337 田中仁 田中 仁(たなか ひとし、1963年1月25日 - )は、日本の実業家。 株式会社ジンズの創業者で代表取締役社長。 群馬県前橋市出身。 群馬県立太田高等学校の出身者 338 谷津龍太郎 東北大学へ進学 谷津 龍太郎(やつ りゅうたろう、1952年 - )は、日本の環境官僚、環境省顧問。 環境事務次官等を歴任。 339 清水聖義 慶應義塾大学へ進学 清水 聖義(しみず まさよし、1941年12月7日 - )は、日本の政治家。 群馬県太田市長(通算7期)。 群馬県議会議員(3期)、太田市議会議員(1期)を務めた。 340 小山五郎 静岡大学へ進学 小山 五郎(こやま ごろう、1909年3月25日 - 2006年3月2日)は、日本の銀行家。 三井銀行(現:三井住友銀行)の社長、会長を歴任した。 341 秋草篤二 一橋大学へ進学 秋草 篤二(あきくさ とくじ、1909年7月7日 - 2001年11月22日)は、日本の実業家。 342 殿岡利男 殿岡 利男(とのおか としお、1901年1月1日 -1982年3月29日 )は、栃木県足利市出身のアキレス創設者。 343 大屋晋三 一橋大学へ進学 大屋 晋三(おおや しんぞう、明治27年(1894年)7月5日 - 昭和55年(1980年)3月9日)は、日本の政治家、実業家。 参議院議員。 帝人社長、日本・ベルギー協会会長(初代)を歴任。 群馬県立沼田高等学校の出身者 344 楠部大吉郎 沼田市 楠部 大吉郎(くすべ だいきちろう、1934年12月10日 - 2005年8月27日)は、日本のアニメーター、シンエイ動画の創立者、前会長。 旧・満州国生まれ。 シンエイ動画2代目社長の楠部三吉郎は実弟。 楠部工、楠部文は子。 345 阿久津哲造 名古屋大学へ進学 阿久津 哲造(あくつ てつぞう、1922年 - 2007年8月)は、日本の医学者。 医学博士(名古屋大学)。 ミシシッピ州立大学医学部教授。 テキサス・ハート・インスティテュート教授。 国立循環器病センター研究所副所長。 テルモ社長。 日本人工臓器学会名誉会長。 世界で初めて人工心臓を開発し、人工心臓の父と呼ばれる。 群馬県出身。 群馬県立館林高等学校の出身者 346 大屋晋三 一橋大学へ進学 大屋 晋三(おおや しんぞう、明治27年(1894年)7月5日 - 昭和55年(1980年)3月9日)は、日本の政治家、実業家。 参議院議員。 帝人社長、日本・ベルギー協会会長(初代)を歴任。 347 内田信也 一橋大学へ進学 内田 信也(うちだ のぶや、本名:のぶなり、1880年(明治13年)12月6日 - 1971年(昭和46年)1月7日)は日本の実業家、政治家。 348 松沢幸一 Wikipedia未登録 麒麟麦酒社長(2009年3月26日就任) 群馬県立渋川高等学校の出身者 349 入内島道隆 東北大学へ進学 入内島 道隆(いりうちじま みちたか、1963年2月6日 - )は、日本の政治家。 群馬県吾妻郡中之条町の元町長(2期)。 中之条町内の国民保養温泉地である四万温泉の温泉旅館「湯元 四萬舘」の経営者。 350 青木初夫 東京大学へ進学 青木初夫(あおき はつお、1936年4月8日 - )は、日本の実業家。 元アステラス製薬株式会社代表取締役会長。 群馬県立渋川高等学校卒業、1960年、東京大学農学部農芸化学科を卒業。 同校で1963年に農学修士、1972年に農学博士。 研究畑出身であるが、米国支社社長などを経て、1999年藤沢薬品工業の社長に就任。 山之内製薬との合併に踏み切り、2005年アステラス製薬を誕生させた。 351 木暮剛平 渋川市 東京大学へ進学 木暮 剛平(こぐれ ごうへい、1924年9月19日 - 2008年12月14日)は、電通社長・会長を経て電通相談役。 日本広告業協会理事長・日本広告業協会会長として広告代理店業界の発展に尽力。 経済同友会副代表幹事、経済団体連合会理事、東京商工会議所議員などを歴任。 通商産業省(現在の経済産業省)情報処理振興審議会会長として行政運営の円滑化にも手腕を発揮した。 また、 60歳を過ぎて始めた俳句だったが、 俳人としても知られ、「万象」同人。 国際俳句交流協会会長を務めた。 2008年12月14日、肺炎のため死去。 352 小渕岩太郎 陸軍中野学校へ進学 小渕岩太郎(おぶち いわたろう)は、日本の軍人・実業家・政治運動家。 元光山社代表取締役会長、日本工業大学後援会会長。 群馬県吾妻郡中之条町出身。 群馬県立富岡高等学校の出身者 353 新関八洲太郎 一橋大学へ進学 新関 八洲太郎(にいぜき やすたろう、1897年(明治30年)4月2日 - 1978年5月30日)は、埼玉県浦和市出身の実業家で、元三井物産社長・会長。 群馬県立嬬恋高等学校の出身者 354 黒岩彰 嬬恋村 サラエボオリンピック男子500m銅メダル・世界スプリント選手権優勝 専修大学へ進学 黒岩 彰(くろいわ あきら、1961年9月6日 - )は、1980年代に活躍した日本のスピードスケート選手で、現在は富士急行スケート部の監督。 現役引退後は、西武ライオンズ球団代表を務めた経歴を持つ。 桐生市立商業高等学校の出身者 355 高橋康三(慶應義塾大学法学部卒業・ Wikipedia未登録 慶應義塾大学法学部卒業・㈱上毛新聞社 元代表取締役社長 新島学園高等学校の出身者 356 藤口光紀 前橋市 慶應義塾大学へ進学 藤口 光紀(ふじぐち みつのり、1949年8月17日 - )は、日本のサッカー選手。 元日本代表。 群馬県粕川村(現前橋市)出身。 日本プロサッカーリーグ元理事。 浦和レッドダイヤモンズ(株式会社三菱自動車フットボールクラブ)前社長。 現在広島経済大学教授。 埼玉県立大宮中央高等学校の出身者 357 与沢翼 秩父市 早稲田大学へ進学 与沢 翼(よざわ つばさ、1982年(昭和57年)11月11日 - )は、ドバイ在住の実業家である。 早稲田大学卒業。 ネオヒルズ族を自称していた。 株式会社YOZAWA TSUBASA Holdings、株式会社フリーエージェントスタイルホールディングス[5]、株式会社All of me(オールオブミー)代表取締役社長[6]。 埼玉県立大宮高等学校の出身者 358 平松庚三 早稲田大学へ進学 平松 庚三(ひらまつ こうぞう、1946年1月6日 - )は、北海道出身の男性実業家である。 埼玉県立大宮高等学校卒業、早稲田大学第二文学部中退。 アメリカン大学ジャーナリズム学科卒業(学士号取得)。 株式会社ライブドアホールディングス(現LDH)の代表取締役前社長、弥生株式会社の代表取締役前会長、ならびに株式会社セシール前取締役。 埼玉県立大宮東高等学校の出身者 359 大森征之 (元名古屋グランパス)さいたま市(旧・浦和市) 大森 征之(おおもり まさゆき、1976年11月9日 - )は、埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身の元サッカー選手、実業家。 現役時代のポジションはMF(特にサイドやボランチ)およびDF(サイドバック、やストッパーなど)。 埼玉県立浦和高等学校の出身者 360 蓮実一隆 一橋大学へ進学 蓮実一隆 はすみ かずたか 1965年 - は、日本の実業家(ソフトバンクモバイル サービスコンテンツ本部長、株式会社ビューン代表取締役社長、UULA取締役、ソフトバンクロボティクス取締役プロダクト本部長)で、元テレビ朝日プロデューサー。 埼玉県蕨市出身。 一橋大学卒。 361 村井満 村井 満(むらい・みつる、1959年8月2日 - )は、日本の実業家。 第5代日本プロサッカーリーグ理事長(Jリーグチェアマン)。 362 国部毅 國部 毅(くにべ たけし、1954年(昭和29年)3月8日 - )は、日本の銀行家。 三井住友フィナンシャルグループ取締役社長グループCEO。 363 椎橋章夫 埼玉大学へ進学 椎橋章夫(しいばし あきお、1953年6月9日 - )は、日本の技術者(工学博士)。 東日本旅客鉄道(JR東日本)IT・Suica事業本部副本部長兼企画部長などを歴任し、Suicaの開発に関わった。 2013年(平成25年)から、JR東日本の子会社であるJR東日本メカトロニクスの代表取締役社長を務める。 埼玉県出身。 364 金子眞吾 金子 眞吾(かねこ しんご、1950年11月25日 - )は、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身の実業家。 凸版印刷代表取締役社長。 365 木村惠司 木村 恵司 (きむら けいじ、1947年2月21日 - )は、日本の実業家。 三菱地所前会長。 埼玉県浦和市(現さいたま市)出身。 366 犬飼基昭 さいたま市 慶應義塾大学へ進学 犬飼 基昭(いぬかい もとあき、1942年7月5日 - )は、日本の元サッカー選手。 第11代日本サッカー協会会長。 埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身。 367 櫻井孝頴 櫻井 孝頴(さくらい たかひで、1932年(昭和7年)10月30日 - 2014年(平成26年)1月3日)は日本の実業家、元第一生命保険社長。 368 内田輝紀 Wikipedia未登録 元大蔵省印刷局長、元大阪証券取引所副社長、元武富士副会長、弁護士 369 荒谷俊昭 Wikipedia未登録 元JR東海副社長、元運輸省自動車交通局長 370 大澤秀次郎 Wikipedia未登録 元新日本石油社長、元経団連副会長 371 篠塚勝正 篠塚 勝正(しのづか かつまさ)は、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身の実業家。 沖電気工業元会長。 372 大根田伸行 Wikipedia未登録 ソニー副社長兼最高財務責任者 373 荻野洋 Wikipedia未登録 埼玉高速鉄道社長 374 須賀等 Wikipedia未登録 UBS投資部門最高責任者、元三井物産投資部門社長 375 川野幸夫 川野 幸夫(かわの ゆきお)は、埼玉県小川町出身の実業家。 ヤオコー会長。 日本スーパーマーケット協会会長。 ヤオコー川越美術館館長。 376 安達二郎 Wikipedia未登録 元サッカー指導者(日産自動車サッカー部初代監督)、元ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル代表取締役社長 377 桑原道夫 桑原 道夫(くわはら みちお、昭和23年10月24日 - )は、埼玉県出身の実業家。 ダイエー元社長。 元丸紅副社長。 埼玉県立浦和西高等学校の出身者 378 石川昭人 市原市 石川 昭人(いしかわ あきひと 1974年10月21日 - )は、放送作家。 千葉県市原市生まれ、埼玉県さいたま市(旧浦和市)出身。 埼玉県立浦和西高等学校卒、専門学校中退。 身長180cm、血液型A型。 379 鈴木裕史 早稲田大学へ進学 鈴木 裕史(すずき ひろふみ、1967年1月28日 - )は、日本の放送作家、映画評論家。 テレビ番組の企画、構成、制作、ウェブ制作も行う。 自称「報道からコントまで何でも屋のエンタテイメント職人」。 東京都出身、埼玉県立浦和西高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。 有限会社ミンナハッピー取締役社長。 日本ゴルフ改革会議副議長、一般財団法人東京メトロポリタンオペラ財団評議員。 ニックネームはカニちゃん。 妻は実業家の蟹瀬令子。 381 梨元勝 旧与野市(芸能レポーター) 法政大学へ進学 梨元 勝(なしもと まさる、1944年12月1日 - 2010年8月21日)は、日本の芸能リポーター、タレント。 株式会社オフィス梨元(東京都渋谷区代々木上原)代表取締役社長、函館大学商学部客員教授などを歴任した。 382 林野宏 埼玉大学へ進学 林野 宏(りんの ひろし、1942年(昭和17年)8月5日 - )は、株式会社クレディセゾン代表取締役社長。 埼玉大学フェロー。 383 千野晴己 東京芸術大学へ進学 千野 晴己(ちの はるき)は、東京都出身のディレクター、実業家。 埼玉県立川口工業高等学校の出身者 384 輝咲翔 草加市 輝咲 翔(きざき しょう、1973年11月15日 - )は、ハワイと日本のセルフメンテナンス研究家・美容研究家。 実業家。 お酒が飲めないにもかかわらず「帝王」としてマンガ・ドラマのモデルとなった人物。 現在は拠点をハワイに移し、癒しをテーマに世界に向けて活動している。 埼玉県出身。 血液型A型。 埼玉県立蕨高等学校の出身者 385 真佐美ジュン さいたま市 真佐美 ジュン(まさみ じゅん、1945年10月14日 - )は、1960年代後半から1970年代前半にかけて活動した日本のアニメスタッフ。 埼玉県立新座高等学校の出身者 386 鈴木亜久里 城西大学へ進学 鈴木 亜久里(すずき あぐり、1960年9月8日 - )は、元レーシングドライバーで実業家、株式会社アルネックス代表取締役。 埼玉県所沢市出身。 身長:180cm。 ホスト、経営者。 埼玉県出身。 血液型B型。 星座おとめ座。 身長180cm。 埼玉県出身。 埼玉県立川越高等学校卒業。 中央大学理工学部中退。 愛称は"てっかまき"。 388 眞島真太郎 眞島 真太郎(まじま しんたろう、1965年 - )は、日本のゲームクリエイター。 アルテピアッツァ代表取締役社長。 東京都出身。 デジタルエンタテインメントアカデミー他、特別講師。 389 辛坊治郎 入間市、生まれは鳥取県米子市、ただしプロフィールによっては大阪府岸和田市を出身地としている記述もあり 早稲田大学へ進学 辛坊 治郎(しんぼう じろう、1956年4月11日 - )は、日本のニュースキャスター、シンクタンク経営者である。 また、読売テレビ時代より芦屋大学客員教授も務める。 読売テレビ時代には、情報番組のプロデューサーを務めた事もある。 390 福澤桃介 慶應義塾大学へ進学 福澤 桃介(ふくざわ ももすけ、慶應4年6月25日(新暦:1868年8月13日) - 1938年(昭和13年)2月15日)は、明治から昭和初期にかけて活動した日本の実業家。 391 井上勝 井上 勝(いのうえ まさる、天保14年8月1日(1843年8月25日) - 明治43年(1910年)8月2日)は、日本の幕末から明治にかけて活躍した武士(長州藩士)、官僚。 正二位勲一等子爵。 幼名は卯八(うのはち)、通称は弥吉(やきち)。 鉄道発展に寄与し、日本の鉄道の父と呼ばれる。 長州五傑の1人。 ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン卒業。 392 根岸秋男 明治安田生命相互会社社長 埼玉県立川越工業高等学校の出身者 393 椎橋章夫 埼玉大学へ進学 椎橋章夫(しいばし あきお、1953年6月9日 - )は、日本の技術者(工学博士)。 東日本旅客鉄道(JR東日本)IT・Suica事業本部副本部長兼企画部長などを歴任し、Suicaの開発に関わった。 2013年(平成25年)から、JR東日本の子会社であるJR東日本メカトロニクスの代表取締役社長を務める。 埼玉県出身。 394 高篠静雄(ソニー副社長中国総代表、 Wikipedia未登録 ソニー副社長中国総代表、WALKMAN開発者 埼玉県立所沢北高等学校の出身者 395 杉本聖一 駒澤大学へ進学 杉本 聖一(すぎもと せいいち、1966年6月24日 - )東京生まれ。 カメラマン(鉄道写真家)、ライター、エディター、株式会社鳳梨舎代表取締役。 396 揖斐憲 Wikipedia未登録 イゾー(Cyzo inc. )取締役社長 埼玉県立秩父農工科学高等学校の出身者 397 神山健治 秩父市 神山 健治(かみやま けんじ、1966年3月20日 - )は、日本のアニメーション監督、脚本家、演出家、経営者。 株式会社クラフター代表取締役共同CEO。 398 田上明 秩父市 田上 明(たうえ あきら、1961年5月8日 - )は、日本の実業家、元プロレスラー、元大相撲力士。 身長192cm、体重120kg。 大相撲力士時代は身長192cm、体重120kg。 現在はプロレスリング・ノアの相談役を務める。 埼玉県立熊谷高等学校の出身者 399 大塚陸毅 北京市 東京大学へ進学 大塚 陸毅(おおつか むつたけ、1943年1月5日 - )は、東日本旅客鉄道(JR東日本)相談役。 400 鴨田宗一 東京帝国大学へ進学 鴨田 宗一(かもだ そういち、1906年9月17日 - 1979年2月8日)は、日本の政治家、実業家。 衆議院議員(7期)、熊谷市長(3期)。 従三位勲一等。 熊谷市名誉市民。 1953年3月熊谷商工信用組合を設立し、初代理事長に就任。 その後、自由民主党より国政へ進出し、商工部会長、中小企業調査会長、政調審議委員、副幹事長、池田内閣建設省政務次官、佐藤内閣経済企画庁政務次官、衆議院大蔵委員長などを歴任。 専門は中小企業問題、経済企画。 地元、熊谷駅への新幹線開通を実現した。 衆議院議員の鴨田利太郎は息子。 401 清川浩男 Wikipedia未登録 2012年、一橋大学法学部卒、三菱出身)三菱マテリアル株式会社取締役副社長宇部三菱セメント株式会社取締役社長 埼玉県立熊谷工業高等学校の出身者 402 富岡大輔 Wikipedia未登録 現 株式会社ゼネラルパートナーズ代表取締役社長 埼玉県立深谷商業高等学校の出身者 403 鳥羽博道 深谷市 鳥羽 博道(とりば ひろみち、1937年 - )は、日本の実業家。 株式会社ドトールコーヒー名誉会長。 埼玉県立不動岡高等学校の出身者 404 小島慶三 羽生市 一橋大学へ進学 小島 慶三(こじま けいぞう、1917年(大正6年)3月11日 - 2008年(平成20年)8月30日)は、日本のエコノミスト、思想家、教育者、実業家、官僚、政治家、俳人。 参議院議員(1期)。 埼玉県立春日部高等学校の出身者 405 大塚勝久 春日部市 大塚 勝久(おおつか かつひさ、1943年4月27日 - )は日本の実業家。 匠大塚代表取締役会長。 埼玉県立蓮田松韻高等学校の出身者 406 ライオネス飛鳥 蓮田市 ライオネス飛鳥(ライオネスあすか、1963年7月28日 - )は、日本の元女子プロレスラー、タレント、実業家。 本名は北村 智子(きたむら ともこ)。 東京都生まれ、埼玉県蓮田市育ち。 パーフィットプロダクション所属。 埼玉県立小川高等学校の出身者 407 SIN さいたま市 マジシャンSIN(マジシャンシン、1987年1月15日 - )は日本のプロマジシャン及び実業家である(GARNET GROUP(ガーネットグループ)代表取締役)。 本名:飯島 健太(いいじま けんた)、血液型はO型。 慶應義塾志木高等学校の出身者 408 大川弘一 慶應義塾大学へ進学 大川 弘一(おおかわ こういち、1970年8月12日 - )は、埼玉県出身の日本の実業家。 メールマガジン配信サイトまぐまぐの創業社長。 409 松下賢次 慶應義塾大学へ進学 松下 賢次(まつした けんじ、1953年3月2日 - )は、日本のアナウンサー、実業家である。 東京都港区青山生まれ。 血液型はO型。 身長は170cm。 410 石原裕次郎 逗子市 慶應義塾大学へ進学 石原 裕次郎(いしはら ゆうじろう、1934年(昭和9年)12月28日 - 1987年(昭和62年)7月17日)は、日本を代表する俳優、声優、歌手であり、司会者やモデルといったマルチタレント。 実業家・ヨットマンとしても活動していた。 身長178cm、血液型はA型。 愛称はタフガイ・裕ちゃん・ボス・ユージロー。 石原プロモーション元代表取締役社長(初代)兼会長。 立教新座高等学校の出身者 411 押阪雅彦 杉並区 立教大学へ進学 DJ OSSHYは、日本のディスコ・ラジオDJである。 本名押阪雅彦は、1965年10月1日生まれ、東京都出身。 エス・オー・プロモーション所属で代表取締役社長も務める。 412 二木正人 立教大学へ進学 二木 正人(ふたつぎ まさと、1950年4月17日 - )は、日本の実業家。 413 みのもんた 世田谷区 立教大学へ進学 みの もんた(本名:御法川 法男(みのりかわ のりお)、1944年8月22日 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者、ニュースキャスター、実業家であり、自身の個人事務所である株式会社ニッコク代表取締役社長である。 愛称は、みのさん、みのちゃん、など。 414 関口宏 立教大学へ進学 関口 宏(せきぐち ひろし、1943年7月13日 - )は、日本の俳優、タレント、司会者、ニュースキャスター、芸能プロモーター、経営者。 芸能事務所・三桂代表。 身長170cm、体重68kg、血液型A型。 東京都港区在住。 二人兄弟の長男。 415 成田純治 立教大学へ進学 成田 純治(なりた じゅんじ、1940年11月18日 - )は博報堂代表取締役社長。 東京都出身。 城西大学付属川越高等学校の出身者 416 飯野賢治 荒川区 飯野 賢治(いいの けんじ、1970年5月5日 - 2013年2月20日)は、日本のゲームクリエイター、実業家。 417 佐久間悟 駒澤大学へ進学 佐久間 悟(さくま さとる、1963年7月7日 - )は、東京都出身の元サッカー選手、サッカー指導者。 現役時代のポジションはディフェンダー(DF)。 現在はJリーグ・ヴァンフォーレ甲府の副社長、ゼネラルマネージャー。 東野高等学校の出身者 418 安藤太郎 東京帝国大学へ進学 安藤太郎(あんどう たろう、1910年(明治43年)1月3日 - 2010年5月9日)は、日本の実業家。 住友銀行副頭取、住友不動産社長、会長、相談役を務めた。 自由の森学園高等学校の出身者 419 山本謙治 今治市 慶應義塾大学へ進学 山本 謙治(やまもと けんじ、1971年3月4日 - )は、日本の農産物流通・ITコンサルタント、食生活ジャーナリスト。 (株)グットテーブルズ 代表取締役社長。 聖望学園高等学校の出身者 420 大久保竹治 大久保 竹治(おおくぼ たけじ、1916年(大正5年)1月5日 - 2010年5月30日)は、日本の実業家。 丸広百貨店グループ創業者。 勲四等瑞宝章。 日本百貨店協会常任理事、埼玉県公安委員長、川越商工会議所会頭などを務めた。 千葉県立千葉高等学校の出身者 421 藤田浩一 千葉市 藤田 浩一 ふじた こういち、1947年3月21日 - 2009年10月11日 は、日本のギタリスト、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー、実業家。 トライアングルプロダクション、バミューダ音楽出版の社長を務めた。 422 吉田填一郎 中央大学へ進学 吉田 塡一郎(よしだ しんいちろう、1946年4月25日 - )は、日本のアナウンサー、実業家。 千葉県出身。 千葉県立千葉高等学校、中央大学経済学部卒業。 423 花田力 市川市 慶應義塾大学へ進学 花田 力(はなだ つとむ、1944年1月15日-)は、日本の実業家。 京成電鉄第10代社長である。 現在は同社代表取締役会長。 関東鉄道監査役、北総鉄道監査役を兼任。 千葉県市川市出身。 424 鳥海巌 一橋大学へ進学 鳥海 巖(とりうみ いわお、1933年2月22日 - 2014年1月10日)は日本の実業家。 丸紅社長・会長、東京国際フォーラム社長、東京都交響楽団理事長、経済同友会副代表幹事を歴任。 425 中江利忠 千葉市 東京帝国大学へ進学 中江 利忠(なかえ としただ、1929年10月4日 - )は、日本のジャーナリスト。 元朝日新聞社社長。 426 川口為之助 天津市 東京帝国大学へ進学 川口 為之助(かわぐち ためのすけ、川口爲之助、1881年 - 1962年2月23日)は、大正・昭和期の日本の政治家。 千葉県印旛郡志津村(現在の佐倉市上志津)出身。 日本国憲法制定後の初代民選千葉県知事(通算では36代目)。 後に参議院議員。 427 羽山正孝 サハリン石油ガス開発社長、中小企業庁次長 428 佐藤脩 Wikipedia未登録 JFE商事ホールディングス社長 429 町田公志 リクルートコスモス現 コスモスイニシア社長 430 南村博二 南村 博二(なむら ひろじ)は、日本の税理士、神奈川工科大学大学院教授、国立大学法人筑波技術大学客員教授である。 千葉県立千葉女子高等学校の出身者 431 杉野芳子 杉野 芳子 すぎの よしこ、1892年3月2日 - 1978年7月24日 は、20世紀の大正時代から昭和時代にかけて活動した日本のファッションデザイナーで、学校経営者。 「ドレメ式洋裁」の創案者で、杉野女子大学学長、杉野学園ドレスメーカー学院創立者[4]。 千葉県佐倉市長(3期)。 千葉県立船橋東高等学校の出身者 434 三橋貴明 東京都立大学へ進学 三橋 貴明(みつはし たかあき、本名:中村 貴司〈なかむら たかし〉、1969年〈昭和44年〉11月22日 - )は、日本の作家、経済評論家[4]、中小企業診断士。 株式会社経世論研究所(旧・三橋貴明事務所)[5]代表取締役社長、国家ビジョン研究会経済財政金融分科会副会長。 千葉県立木更津高等学校の出身者 435 岡崎高之 中央大学へ進学 岡崎 高之(おかざき たかゆき)は、日本の陸上競技選手・実業家。 ローマオリンピック、1964年東京オリンピック日本代表。 千葉県出身。 千葉県立木更津高等学校、中央大学卒業。 436 松本知子 木更津市 松本 知子(まつもと ともこ、1958年8月17日 - )は、オウム真理教元幹部(出版事業を行っていた株式会社オウム社長)にして、麻原彰晃こと松本智津夫の妻。 ホーリーネームはマハーマーヤ、のちにヤソーダラーへ変更となる。 旧姓は石井(石井久子とは血縁関係はない)。 家庭裁判所への申請を経て松本 明香里(まつもと あかり)と改名[出典無効]。 千葉県立小金高等学校の出身者 437 横山隆俊 都留文科大学へ進学 横山隆俊(よこやま たかとし)は、日本の実業家。 T・ZONE(現・MAGねっとホールディングス)元社長。 東京都出身。 都留文科大学文学部卒業。 千葉県立佐原高等学校の出身者 438 山村新治郎 10代目 10代目山村 新治郎(やまむら しんじろう、明治41年(1908年)3月2日 - 昭和39年(1964年)10月2日)は、日本の政治家、実業家。 元衆議院議員。 予算委員長、議院運営委員長、自由民主党の国会対策委員長等の要職を歴任し、池田内閣において行政管理庁長官を務めた。

次の

伊勢ケ浜親方は組長で怖い?おかみさんや子供を調査!貴乃花に謝罪も車で無視?

津軽 なまこ 津軽 の プリンス の 愛称 が ある 元 大相撲 力士 は

大相撲優勝力士一覧(おおずもうゆうしょうりきしいちらん)とは現在成績と番付がたどれる江戸時代からの江戸相撲本場所の幕内最高成績力士の一覧である。. 131 関係: 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。 千代の富士 貢(ちよのふじ みつぐ、1955年6月1日 - 2016年7月31日)は北海道松前郡福島町出身の元大相撲力士。 第58代横綱。 本名・秋元 貢(あきもと みつぐ)。 血液型はA型。. 新しい!! 大相撲などにおいて多く用いられる。 相撲は個人の実力とほぼ同程度にこの合口が影響する競技となる。 大相撲において番付下位の力士にこの合口が味方する組み合わせの場合、勝敗がほぼ互角でどちらが上位かわからないような対戦成績になったり、下位が大きく勝ち越すといったことまで起こる。 逆に上位に合口が味方する組み合わせの場合、10回20回と対戦を重ねても1回も勝たせない一方的な対戦となることさえある。 最高位で見ると上位が横綱で下位が関脇という組み合わせに最も多いのだが、稀に番付が同じ組み合わせの例もある。 ただし、組み合わせによっては一方がこれを克服し関係が逆転することもある。. 新しい!! 最高位は西関脇(1983年(昭和58年)11月場所)。 現役時代の体格は179cm、139kg。 本名は黒谷 昇(くろたに のぼる)。 得意手は右四つ、寄り、上手出し投げベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ 5 時津風部屋』p28。 現在は、年寄・鏡山である。. 新しい!! 第62代横綱。 本名は青木 康(あおき やすし)ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ 2 ニ所ノ関部屋』p23。. 新しい!! 新しい!! 幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(13勝2敗・3場所連続9回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(14勝1敗・3場所連続6回目). 新しい!! 幕内最高優勝は大関・琴欧洲勝紀(14勝1敗・初)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(15戦全勝・3場所ぶり7回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・2場所連続8回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(15戦全勝・12回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・朝青龍明徳(14勝1敗・23回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(15戦全勝・2場所ぶり10回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は大関・日馬富士公平(14勝1敗・初)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・11回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・朝青龍明徳(14勝1敗・24回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・5場所連続17回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・朝青龍明徳(13勝2敗・25回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(15戦全勝・13回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(15戦全勝・2場所連続14回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(15戦全勝・3場所連続15回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(全勝・4場所連続16回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・2場所連続21回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・6場所連続18回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は大関・日馬富士公平(14勝1敗・13場所ぶり2回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(13勝2敗・20回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(14勝1敗・23回目). 新しい!! 幕内最高優勝は、大関・把瑠都凱斗(14勝1敗・初). 新しい!! 幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(13勝2敗・22回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は、前頭7枚目・旭天鵬勝(12勝3敗・初). 新しい!! 幕内最高優勝は、大関・日馬富士公平(15戦全勝・6場所ぶり3回目). 新しい!! 幕内最高優勝は、大関・日馬富士公平(15戦全勝・2場所連続4回目). 新しい!! 幕内最高優勝は、横綱・日馬富士(15戦全勝・5回目). 新しい!! 幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(14勝1敗・4場所連続32回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・2場所ぶり29回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(13勝2敗・2場所連続30回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・3場所連続31回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は、横綱・日馬富士公平(13勝2敗・12場所ぶり7回目). 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・6場所連続34回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は関脇・照ノ富士春雄(12勝3敗・初)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・2場所ぶり35回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は、横綱・鶴竜力三郎(12勝3敗・9場所ぶり2回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・鶴竜力三郎(14勝1敗・7場所ぶり3回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は大関・琴奨菊和弘(14勝1敗・初優勝)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(14勝1敗・4場所ぶり36回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・白鵬翔(15戦全勝・2場所連続37回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・日馬富士公平(13勝2敗・4場所ぶり8回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は大関・豪栄道豪太郎(15戦全勝・初優勝)。. 新しい!! 幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(14勝1敗・2場所ぶり40回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は、大関・稀勢の里寛(14勝1敗・初). 新しい!! 幕内最高優勝は、横綱・稀勢の里寛(13勝2敗・2場所連続2回目). 新しい!! 幕内最高優勝は、横綱・白鵬翔(15戦全勝・6場所ぶり38回目). 新しい!! 興行場所は愛知県体育館。. 新しい!! 興行場所は両国国技館。 幕内最高優勝は、横綱・日馬富士公平(11勝4敗・7場所ぶり9回目). 新しい!! 大相撲平成30年1月場所 幕内最高優勝は、前頭3枚目・栃ノ心剛史(14勝1敗・1回目)。. 新しい!! 幕内最高優勝は横綱・鶴竜力三郎(13勝2敗・8場所ぶり4回目)。 大相撲平成30年3月場所. 新しい!! 第48代横綱。 本名は納谷 幸喜(なや こうき)であるが、一時期は母親の再婚によって住吉 幸喜(すみよし こうき)と名乗っていたこともあった。. 新しい!! sumogames. aspx? 新しい!! 本名は一宮章(旧姓は渡辺)。 身長175cm、体重136kg。 得意手は突き、押し。 最高位は東小結。 長男はプロレスラーの一宮章一。 次男は元横綱朝青龍マネージャーの一宮章広。 その風貌と優しく穏やかな性格から「平和ちゃん」の愛称で親しまれたベースボールマガジン社『大相撲戦後70年史』25ページベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ 3 高砂部屋』p20。. 新しい!! 現在はKONISHIKI(コニシキ)の芸名でタレント活動を行っている。 他に子供向け教育番組などでコニちゃんの芸名を使用することもある。 本名の旧姓は塩田、米国籍時代の本名はサレバ・ファウリ・アティサノエ Saleva'a Fuauli Atisano'e。 帰化以前の大相撲時代にはサレバ・アティサノエと記載されたこともある。 愛称はサリー、コニちゃん、黒船。 現在の体格は身長184cm、体重153kg。 血液型はAB型、星座は山羊座。 関取時代のプロフィールは、身長187cm、体重275kg(最重量時は285kg)。 ロンドン巡業では当時大相撲史上最重量の巨体を形容する「ダンプトラック」の異名が与えられた。 得意手は突き、押し、きめ出し。 最高位は東大関(外国出身初)。 横綱を含む幕内力士としては3人目の小錦、十両以下を含めては6人目の小錦である。 生粋のハワイアンではなく、両親はサモアからの移民(ただしポリネシア人の身体形質・言語上の同質性は極めて高い)でサモア系アメリカ人でもある。 10人兄弟姉妹の8番目(上から6人はサモア生まれ、小錦含む下の3人はハワイ生まれ、1人は従姉妹)。 兄にアントニオ猪木と格闘技戦で戦ったこともあるアノアロ・アティサノエ。 親族の中にアメリカのgangsta rapグループ、Boo Yaa T. のメンバーがいる。. 新しい!! sumogames. aspx? 新しい!! 四股名は他に温海嶽(あつみだけ)、鶴ヶ嶽(つるがたけ)、常山(つねやま)、花頂山(かちょうざん)。 幕内では花頂山が一番長く、錦絵や史跡でもその名で呼ばれることが多い。 最高位は大関だが、病のため実際に土俵をつとめたのは関脇まで。 身長176cmと伝わる。 雷電爲右エ門に2度勝った唯一の力士として知られる。. 新しい!! 第57代横綱。 本名は石山 五郎(いしやま ごろう)。 現役引退後は年寄として後進の指導に尽くし、日本相撲協会の理事長職も務めた。 また、相撲博物館の館長職にも就いている。. 新しい!! 十両の上。. 新しい!! 特に明記のない場合1909年(明治42年)6月場所の優勝額贈呈開始によって、現在の個人優勝制度が確立して以降のもの。. 新しい!! かつては簡素なものであったが時代とともに賞品の数が増え、現在では20種類以上の表彰が行われ時間も40分以上かかる。 また優勝賞品は、開催地自治体からのものなど各場所によって多少異なる場合がある。 なお、土俵上は女人禁制であるため、授与する人物は男性に限定される。 天皇賜杯を筆頭とする優勝賞品のトロフィーは、本場所開催中入り口付近に展示され来場者の目を楽しませている。. 新しい!! sumogames. aspx? 新しい!! 第50代横綱。 本名は市川(旧姓:佐々田)晋松(いちかわ しんまつ)。. 新しい!! 第52代横綱。 本名は竹澤 勝昭(たけざわ かつあき)得意技は突っ張り、左四つ、寄り、上手投げ、外掛け。. 新しい!! 第55代横綱。 本名は小畑 敏満(おばた としみつ)。 血液型はAB型。 元日本相撲協会理事長(第9代、第12代)。 息子は俳優の北斗潤。. 新しい!! 北海道広尾郡広尾町生まれ。 現役時代の体格は身長181cm、体重150kg。 得意技は押し、左四つ、寄り。 愛称は本名の「ほし」に由来する「ポチ」、海外公演で付けられた「ブルドッグ」。 「花のサンパチ組」(昭和38年生まれ)の一人。 血液型はA型。 現在は、年寄・八角 信芳(はっかく のぶよし)として八角部屋(高砂一門)の師匠。 第13代日本相撲協会理事長 朝日新聞 2015年12月18日閲覧。. 新しい!! 各横綱の成績・人物等については各横綱の項を参照。 北海道出身の横綱は8人で全都道府県中最多であるが、北勝海の引退を最後に北海道出身の横綱はもとより大関も誕生しておらず、北海道相撲界の地盤低下を心配する声も聞かれる。. 新しい!! 日本駐箚エストニア特命全権大使。 オーストリア駐箚エストニア特命全権大使、外務省儀典局局長、ハンガリー駐箚エストニア特命全権大使、リーギコグ事務局外国関係局議長相談役などを歴任した。. 新しい!! 日本では、大相撲の幕内最高優勝力士表彰の際の活躍で広く知られた。. 新しい!! 狭義には、市場経済において「自由競争による地元勢の淘汰」を表す用語である。 特に、市場開放により外資系企業により国内系企業が淘汰されてしまうことをいう。 ウィンブルドン効果とも呼ばれる。. 新しい!! この名称は、「gas(ガス)」とアルコールやフェノール類の接尾辞であるolと不飽和炭化水素の接尾辞であるineに由来する。 ガソリンは代表的な液体燃料である。 米国ではガスと呼ばれることが多く、燃料切れを意味するガス欠はこれに由来する。 日本の法令などでは揮発油(きはつゆ)と呼ばれる場合がある。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 現役時代の最高位は東大関。 現在は年寄・大鳴戸。. 新しい!! かつて部屋から育った横綱や大関、あるいは関脇以下でも幕内最高優勝を経験する等名力士と呼ばれた者、歴史ある部屋では歴代の師匠の四股名が主に該当する。 特に一時代を築いた横綱や部屋の開祖あるいは中興の祖と呼ばれる親方の名前はその部屋の出世名の筆頭とされることも多い。 番付や実績では若干不足と思われる力士であっても所属部屋や年寄名跡の後継者と決定したことにより襲名される例もある。 平成以降は返上や襲名辞退が多くなり、さらに同10年代以降は新興部屋の増加とそれに伴う伝統部屋の衰退もあり、血縁関係による襲名を除けばこうした四股名を名乗る力士はほぼ皆無となっている。 また行司においても出世名は存在し、主に歴代立行司が前名として名乗ったもの、あるいは立行司名に次ぐような地位と歴史ある名跡が該当する。 こちらの詳細は行司の項目を参照。. 新しい!! 1984年に発売された。 1994年には、X68000でビデオゲームアンソロジーVol. 5(エキサイティングアワーと合同で)として発売され、2015年1月22日には、PlayStation 4のアーケードアーカイブスシリーズの一環として配信された。. 新しい!! 新しい!! 試合そのものは個人戦であり、その個人戦の成績をチームで総合し勝敗が決まる。 チーム対チームで戦うものは集団競技であって団体戦とは呼ばないが、集団競技を団体戦的に行うことは可能である(各国のクラブチームの5チーム一組での対抗試合、など。 ただし実例はほとんどない)。 また、オリンピックのように、個人戦の集積ではあっても総合優勝が発表・表彰されないものも団体戦とはいわない。. 新しい!! 第51代横綱。 得意技は突っ張り、右四つ、寄り、吊り、上手投げベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ 2 ニ所ノ関部屋』p22。. 新しい!! 第32代横綱。 本名は西ノ内 彌寿喜(にしのうち やすき)。. 新しい!! 本名は中山 浩一(なかやま こういち)。 江東区立深川第二中学校卒業。 最高位は東大関。 現役時代の体格は身長183cm、体重173kg。 得意手は左四つ、寄り。 現在は年寄・尾車。 愛称は「ペコちゃん」ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ 2 ニ所ノ関部屋』p23。. 新しい!! 佐渡ヶ嶽部屋所属。 本名は松澤英行。 最高位は東関脇。 現役時代の体格は身長177cm、体重144kg。 得意技は突き、押し、右四つ、寄り、もろ差し、掬い投げ。 現在は年寄・朝日山。. 新しい!! 本名は森脇 幸太郎。 初代緋縅力弥と養子縁組した。 身長176cm、体重148kgの太鼓腹が持ち味だった。 京都府(旧山城国)出身。 最高位は西大関。 平戸藩のお抱え力士だった。 1817年10月初土俵。 1823年2月十両昇進。 10月場所で、養父の四股名を引き継いで2代目・緋縅力弥となった。 1824年1月新入幕。 入幕2場所目の1824年10月場所では大関源氏山吉太夫,関脇小柳(後の手柄山繁右エ門)を破って8勝1敗1休の優勝次点の好成績を残した。 1828年は飛躍の年となり、3月場所では7勝1敗2休,10月場所では8勝2休の成績で2場所連続優勝相当成績を挙げた。 しかし、稲妻雷五郎(後の第7代横綱)が大関にいたため、中々関脇から昇進できず9場所も留め置かれるなど、番付運に恵まれなかった。 1833年10月場所、漸く大関に昇進。 しかし大関時代は怪我で出場することができなかった。 後に関脇に戻って現役生活を続けていたが、1836年2月場所終了後の8月5日、現役中のまま38歳で死去した。 幕内通算20場所 88勝29敗54休5分11預1無の成績を残した。 また優勝相当成績は2回(1828年3月、10月場所)ある。 阿武松緑之助(第6代横綱)、稲妻と並んで「文政角界の三傑」と謳われた名力士だった。 新しい!! 新しい!! 第38代横綱。 本名は菅 萬藏(すが まんぞう)で、のちに大野 萬蔵(おおの まんぞう)となるベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ 4 立浪部屋』p30。. 新しい!! 新しい!! 各横綱の成績・人物等については各横綱の項を参照。 青森県出身の横綱は6人で全都道府県中2番目 1番は北海道 であるが、旭富士の引退を最後に青森県出身の横綱は20年近く誕生していない。. 新しい!! 現役時は二子山部屋所属であった。 最高位は東大関。 本名は花田 満(はなだ みつる)。 身長183cm、体重114kg、血液型はB型。 得意技は左四つ、寄り、吊り、上手投げ。 「土俵の鬼」と謳われた第45代元横綱・初代若乃花の弟という血筋のよさに加え、細身で均整のとれた体格と甘いマスクから、角界のプリンスと呼ばれた。 大相撲の歴史上、また日本のスポーツ史上屈指の人気を誇った。 位階は従五位旭日小綬章受章。 1993年1月場所後に次男の花田光司が四股名を「貴花田」から「貴ノ花」に変え、そして1994年11月以降の四股名であり後に一代年寄名跡となった「貴乃花」にして以降は、父の方は「初代貴ノ花」または「先代貴ノ花」と呼ばれている。. 新しい!! 最高位は東大関。 本名は浪岡貞博(なみおか ただひろ)。 現役時代の体格は身長196cm、体重175kg、血液型はO型、愛称は「貴にょ浪」(由来はやくみつるの4コマ漫画から)。 角界では「浪大関」「浪関」と呼ばれていた。 趣味は釣り。. 新しい!! sumogames. aspx? 新しい!! 本名は吉永 一美(よしなが かずみ)。 最高位は東大関。 現役時代の体格は身長187cm、体重132kg。 得意手は左四つ、寄り、吊り、出し投げ。 現在は陸奥親方ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ 5 時津風部屋』p28。. 新しい!! 本名、天野久富。 実弟の稲妻咲右エ門も大関で、大相撲史上初の兄弟幕内力士でもある。. 新しい!! 現役時代の体格は身長183cm、体重128kg。 得意手は左四つ、寄り、掬い投げ。 最高位は東関脇。 一時期、四股名を長谷川 戡洋(はせがわ かつひろ)としていた時期もあった。 叔父に大相撲の八百長告発手記を発表した経験のある四季の花範雄がいる。. 新しい!! 最高位は東大関。 身長188cm、体重125kg。 本名は日高六男(ひだか むつお)。 現在は年寄・12代二所ノ関。 夫人は、自身と同じ鹿児島県出身の元アイドル歌手だった高田みづえ(若嶋津が幕内に昇進した頃に雑誌のインタビューで「理想の女性は」と聞かれてみづえ夫人の名を出していた。 それから4年ほど後に実際に結婚することとなる)。 南国出身の精悍な顔立ちで、「南海の黒豹(クロヒョウ)」の異名で呼ばれ、当時人気だった少年漫画『キャプテン翼』の登場人物の名前にも起用されるなど、人気の高い力士だった。. 新しい!! 引退後は年寄・間垣。 師匠であった初代若乃花の娘婿となったが、後に離婚。 大関時代までの四股名は「若三杉」だったが、横綱昇進を機に師匠の四股名「若乃花」を継承した(大関まで名乗った若三杉も当時部屋付きだった荒磯親方、元関脇若三杉彰晃の四股名を継承したものである)。 青森県南津軽郡大鰐町出身。 身長187cm、体重133kg。 血液型はA型。 現役時代の愛称は下の名前の勝則から「カンボ」と呼ばれていた。. 新しい!! 最高位は東小結(1968年5月場所)。 本名は冨山 順(とみやま じゅん)。 現役時代の体格は178cm、103kg。 得意手は左四つ、寄り、吊り、うっちゃり ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ 4 立浪部屋』p24。 引退後は、年寄・大鳴戸から同・玉垣を襲名した。. 新しい!! 現在はオフィス北野に所属しタレント及び格闘家として活動している。 血液型はA型。 単に把瑠都またはカタカナでバルトとも表記される。 スウェーデン系エストニア人。 「把瑠都 凱斗」は力士時代の四股名であり、「把瑠都」は母国エストニアが面するバルト海から北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)216ページから217ページ、「凱斗」は本名Kaido(カイド)の音に、日本で素晴らしいものをつかみ母国に「凱旋」してほしいという願いを込めた漢字をあてて、三保ヶ関親方が名づけた。 大相撲力士としては三保ヶ関部屋に入門、その後尾上部屋に所属。 史上初のエストニア出身力士。 最高位は東大関、得意技は右四つ・左四つ・寄り・投げ・吊りであった。 2012年1月場所に初めての幕内最高優勝を成し遂げ、一時綱獲りに挑んだこともあったが、故障などが響いてその年の11月場所限りで大関から陥落、番付を下げた末に2013年9月場所前に十両の地位で現役引退となった。. 新しい!! 第47代横綱。 本名は富樫 剛(とがし つよし)ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ 5 時津風部屋』p28。. 新しい!! 身長177cm、体重110kg。 得意技は左四つ、寄り、上手出し投げ、両前褌、足癖。 本名は花田 茂廣(はなだ しげひろ)。 花田という苗字で同じ青森津軽地方出身であるが、初代若乃花、貴ノ花との血縁はない。 年寄・春日野時代、姓を『宮古』とするが停年(定年)退職後は再び花田に戻した。 2018年5月現在存命中の歴代横綱の中では最も古い代の横綱である。. 新しい!! 現在は年寄・14代玉ノ井。 最高位は東大関、現役時代の体格は身長180cm、体重155kg。 得意手は、おっつけ、ハズ押し、叩き、いなし、右四つ、寄り、上手出し投げ。 本名は志賀 太祐(しが だいすけ)、血液型はA型、星座は蠍座。 趣味は若い頃はラジコン、大関昇進後はゴルフ。. 新しい!! 最高位は東大関。 本名は尾曽武人(おそ たけひと)。 身長184cm、体重177kg。 現在は年寄・藤島、得意手は突き、押し、突き落とし、巻き落とし、左四つ、寄り。 趣味は釣り。 新しい!! 第67代横綱。 本名同じ、旧名・米国名:フィアマル・ペニタニ(Fiamalu Penitani)。 身長192cm、体重235kg。 現在は年寄・武蔵川。 得意手は、突き、押し、右四つ(かつては左四つ)、血液型はA型、8人兄弟の4番目、趣味はゲーム、音楽鑑賞。 愛称は「マル」、「角界の西郷隆盛(西郷どん)」。 2008年(平成20年)4月にフラダンス教室経営の女性と結婚、同年8月23日に故郷のハワイで挙式。 2014年(平成26年)6月28日には第1子となる長男が誕生。. 新しい!! 最高位は東大関。 本名は佐藤 忠雄(さとう ただお)。 現役時代の体格は182cm、133kg。 得意手は左四つ、寄り、押しベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ 4 立浪部屋』p30。 元十両・玉ノ国、元関脇・玉乃島の兄弟は甥。 長男嘉由生は2009年3月に落語家の林家木久扇に入門して林家木りん(はやしや きりん)の名前を貰う。. 新しい!! 現役時代の体格は身長189cm、体重145kg。 得意技は左四つ、寄り。. 新しい!! 最高位は東大関。 現在は年寄・7代高砂浦五郎。 本名は長岡 末弘(ながおか すえひろ)、現役時代の体格は身長183cm、体重183kg。 得意手は突き、押し、左四つ、寄り。. 新しい!! 力士にとっては技量審査の性質があり、本場所での結果に基づき番付の昇降や力士褒賞金の加算が行われる。 本場所における取組は公式戦とされ、通算の成績などは本場所のものを採用している。. 新しい!! 掲載範囲は、日本相撲協会による本場所および協会の直接の源流である江戸(東京)相撲、江戸時代は共に隆盛を誇った京都相撲、大坂(大阪)相撲の本場所である。. 新しい!! 本名は芳野 金治。 身長、体重は不明だが色黒で中背だったと伝わる。 現在の千葉県安房郡(旧・安房国平郡)出身。 最高位は西前頭2枚目。 1761年10月初土俵(三段目とも四段目〈序二段クラスか〉とも伝わる)、1765年10月十両昇進、その場所7戦全勝を達成した。 1770年3月新入幕を果たした。 1771年10月場所では、7勝1敗で優勝相当成績となっている。 しかし、1773年3月場所後の5月30日、巡業先の大坂にて死去。 生年不明だが、初土俵から逆算すると30代で亡くなったと推算される。 通算 3場所 15勝6敗1預1無1休の成績を残した。 優勝相当成績2回(十両時代の1765年10月、幕内で1771年10月)。 しかし番付運が大変悪く、優勝した翌場所はいずれも番付が下がる,十両では負け越しが無かった(4勝4敗はあった)にも関わらず入幕まで4年半(9場所)かかるなど悲運の力士でもあった。 これは、まだ江戸時代には番付制度が確立されていなかった事や江戸時代(特に18世紀)の相撲の記録が散逸している事などが原因である。 化粧廻しが現存しており、最古の物だと言われている。 新しい!! 現在は年寄・11代友綱を襲名し友綱部屋の師匠として後進の指導に当たっているベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ 4 立浪部屋』p29。 愛称は「テンホー」(四股名に由来)。 37歳で史上最年長初優勝を果たし、40歳になって以降も幕内力士として活躍したことから、マスコミでは「角界のレジェンド」とも形容されていた。 現役時代の体格は身長191cm・体重161kgで、長身による懐の深さを生かした取り口で知られた。 得意手は右四つ、寄り。 最高位は西関脇(2003年7月場所・11月場所、2004年5月場所)。. 新しい!! 本名は杉野森 正也(すぎのもり せいや)。 現役時代の体格は身長189cm、体重143kg。 得意技は右四つ、寄り、掬い投げ。 現在は年寄・9代伊勢ヶ濱親方。 元日本相撲協会理事日馬富士が起こした傷害事件の監督責任を取り、2017年12月20日理事を辞任。 親方として参照。。 血液型はB型、趣味は音楽鑑賞、映画鑑賞。 近畿大学を中途退学して入門後、同大学通信教育課程に再度入学し卒業。. 新しい!! 第64代横綱。 のちにプロレスラー、総合格闘家、タレントに転向。 格闘技・プロレス分野では曙(あけぼの)のリングネームで活動している。 2016年現在、東関部屋の師範代もつとめている。 本名同じ(1996年4月22日に日本国籍を取得)。 旧名・米国名: チャド・ジョージ・ハヘオ・ローウェン(Chad George Haaheo Rowan)。 ハワイ・パシフィック大学中退。 日本人以外で初の横綱。 プロ野球・横浜大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)に所属していたジョーイ・マイヤーは従兄弟に当たる。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 新しい!! 新しい!! 翌31日、師匠の尾車浩一親方が日本相撲協会に同力士の引退届を提出。. 新しい!! また、今回の処分で謹慎となった理事長武蔵川晃偉の代行として、外部理事の村山弘義(元東京高等検察庁検事長)が名古屋場所終了後まで務めることも併せて決議した。. 新しい!! また、フジテレビは2月6日に開催予定であった『日本大相撲トーナメント』の開催並びに中継を中止することを発表した。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 新しい!! 新しい!! 新しい!! 新しい!! 新しい!! 新しい!! ユニオンペディアは百科事典や辞書のように組織化概念地図や意味ネットワークです。 これは、それぞれの概念との関係の簡単な定義を与えます。 これは、概念図の基礎となる巨大なオンライン精神的な地図です。 これを使うのは無料で、各記事やドキュメントをダウンロードすることができます。 それは教師、教育者、生徒や学生が使用できるツール、リソースや勉強、研究、教育、学習や教育のための基準、です。 学問の世界のための:学校、プライマリ、セカンダリ、高校、ミドル、大学、技術的な学位、学部、修士または博士号のために。 論文、報告書、プロジェクト、アイデア、ドキュメント、調査、要約、または論文のために。 ここで定義、説明、またはあなたが情報を必要とする各重要なの意味、および用語集などのそれに関連する概念のリストです。 日本語, 英語, スペイン語, ポルトガル語, 中国の, フランス語, ドイツ語, イタリア語, ポーランド語, オランダ語, ロシア語, アラビア語, ヒンディー語, スウェーデン語, ウクライナ語, ハンガリー語, カタロニア語, チェコ語, ヘブライ語, デンマーク語, フィンランド語, インドネシア語, ノルウェー語, ルーマニア語, トルコ語, ベトナム語, 韓国語, タイ語, ギリシャ語, ブルガリア語, クロアチア語, スロバキア語, リトアニア語, フィリピン人, ラトビア語, エストニア語 と スロベニア語で利用できます。 すぐにその他の言語。 すべての情報は、から抽出し、それがクリエイティブで利用することができます。 Google Play、Android および Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

次の