ぺこぱ。 ぺこぱ|Sun Music Group Official Web Site

ぺこぱ、ブレークも先月給料は4万円 松蔭寺“ひもじさ”忘れず「ちょっとした移動は自転車」

ぺこぱ

このうち、シュウペイの驚きぶりに視聴者はハラハラしていたようだ。 【関連】ほか この日は「ぺこぱ」に〝カウントダウンドッキリ〟を敢行。 シュウペイ、松陰寺太勇の2人を、仕切りを設けた別々の部屋に招き入れてドッキリを予告。 声は聞こえるもののお互いの姿が見えない状態にし、別々にドッキリを発動させた。 その際リアクションの大きかったシュウペイに対して、今回は大きめのドッキリを用意した。 「5」からカウントダウンが始まると、シュウペイは「もう嫌なんだよ、ホントに…」と怯えた表情に。 そのまま本棚の本が突然崩れ落ちるドッキリが発動すると、シュウペイは跳び上がってその場に倒れ込んだ。 さらに突っ立った状態のシュウペイに床からクリーム砲を噴射すると、シュウペイは足を滑らせる様子を見せながら真後ろに吹っ飛んで転倒、仰向けに倒れ込んだ。 視聴者はリアクションを見て面白がっていたが、一部では、リアクションをとる際に頭を打ち付けていたのではと心配する声もあがっていた。 《シュウペイさんのリアクション安定のおもしろさだったけど泣きそうになってるの見たらだんだんかわいそうって思っちゃう》 《かわいそうになっちゃいました 本気でビビってるんですもん…》 《相変わらずいじめっぽいな。 ぺこぱが気の毒だった》 《毎回思うけどシュウペイちゃんはドッキリの時に後ろに倒れるから色んなとこ打ってて怖い…怪我しないでね》 《シュウペイちゃんのリアクションにびっくりするのと同時に 、頭打ってない?大丈夫?》 ケガだけには気を付けて欲しい。

次の

週刊誌に「もう付けられてる」ぺこぱ・シュウペイが番組で自白

ぺこぱ

(、)が、7月14日放送の『』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)に出演。 以前、好評だった企画「ぺこぱカウントダウンドッキリ」の第2弾が仕掛けられた。 しかし、何をやってもリアクションがイマイチだったため、相方・シュウペイを巻き沿いにしたところ、予想外の好リアクションが。 それを受け、途中からターゲットを松陰寺からシュウペイに乗り換えるという前代未聞の展開に。 そこで今回も、「カウントダウン仕掛け発動ドッキリ」をシュウペイに再びお見舞い。 あわせて、前回リアクションが上手く取れなかった松陰寺にもドッキリを仕掛けてリベンジの機会を与えることになった。 別室でが()と()が指示を出していく。 偽のリモート収録で呼び出されたぺこぱは、真ん中で仕切られた部屋にそれぞれ入ることに。 すぐに状況を察した松陰寺は、「リベンジのチャンスをありがとう。 あの日からずっとモヤモヤしていたんだ……」と意気込む。 しかし、実は松陰寺の仕掛けは全てショボい設定になっており、リアクションが取りづらい細工がしてあった。 そのため、風船の破裂、ビンの落下も大したことがなく、黒水の噴射にいたってはチョロチョロと流れる程度だったため、自ら濡れにいくハメに……。 一方のシュウペイは、仕掛けに導かれるかのようにポジショニングを取り、本の落下、炭ガス、おもちゃのへびが落下、パイ噴射と全てベストタイミングで引っ掛かることに。 ビビりなためリアクションも秀逸なことから、淳と山崎も「面白い」「スゴイね」と絶賛。 片や松陰寺は、わかりやすく設置してあったケーキ爆発をも外し、「クリーム砲出たのに俺そこいなかった」「時、戻してくださーい」と絶叫。 ラストには壁から毎日顔を合わせている担当マネージャーがサプライズ登場し、「こんな悲しい収録はない」と落胆。 一方シュウペイは、前回は壁から母親が登場し驚いたことから、さらに上回る人物が来ると予見するも、出て来たのはというオチに唖然。 「三瓶です」「シュウペイでーす」という互いの持ちネタを披露し合った。 インターネット上では、「最高だな……。 ドッキリにかかるだけじゃない辺り、ツッコミ方改革と同じ匂いがするわ」「ぺこぱドッキリ笑いながらもう泣けてきてほんとに楽しかった!」「紫スーツの努力は認めよう」といった声が上がっていた。

次の

ぺこぱ(芸人)の経歴やコンビ名の由来は?実力や戦歴も調べてみた!

ぺこぱ

」かまいたち・ぺこぱ・ミルクボーイを支え続けたファンが語る漫才ファイナリストの魅力とはいったい!? の母も乱入で仁義なき戦いが勃発!! — しゃべくり007 公式 shabekuri007ntv 今回は「M-1グランプリ」ファイナリストの3組が出演。 オープニングの挨拶で、ぺこぱ・松陰寺 太勇さんは「シュウペイが今のままで大丈夫か不安」と相方への本音を吐露。 松陰寺さんによると、シュウペイさんは元々芸人ではなく「役者とかモデルをやりたいギャル男だった」とのこと。 シュウペイさんは2年ほどギャル男だったそうですが、そのセンスを見込んだ松陰寺さんが「一緒に無理やりお笑いの道に誘って」コンビを結成することになったそう。 2人の出会いについて松陰寺さんは、「居酒屋のバイトなんですけど、洗い場で、皿洗ってるんですけど、ギャル男が縦ノリで洗ってるんですよ。 なんだこいつおもしれぇって思って」と明かすと、くりぃむしちゅー・上田晋也さんは「ただ、ちょっと痛いやつだよ」と鋭いツッコミを入れます。 ダウンタウンさんとかも音楽番組のうまくアーティストを回す人だと思ってたんですよ」とコメント。 この言葉にミルクボーイ・駒場孝さんが反応し「『Mー1』で優勝した後の、打ち上げみたいなんがあったんですけど。 その時、僕らトロフィー持ってて、他の後輩の方とかも、そのトロフィー持たせてくださいって言うんですけど。 でも後輩が『いや、やっぱやめときます、これはちょっと自分で持ちたいんで』って結構、後輩、みんな断ったんですけど、シュウペイだけ『僕触っていいですか』って、めちゃくちゃ触ってました」と、打ち上げの席でのシュウペイさんの行動を暴露。 ちなみに、シュウペイさんによると「そんな、触れる距離にあったら、行くしかないでしょ」と思い、トロフィーに触りに行ったとのこと。 さらに「でも光ってたらね、やっぱり触りたいですよね」と話すと、上田さんは「お前、発想が蛾と一緒だよ」と、再び鋭いツッコミを入れます。 ぺこぱファンの女性は彼らの魅力について「圧倒的顔面」と、2人のかっこよさに惹かれると回答。 この言葉を聞いた上田さんが「やっぱりファンの人には、かっこいいって言われることが多いのか?」と質問すると、松陰寺さんは「僕は芸で見せたいタイプなんですけども」と芸人としてのプライドを見せました。 「しゃべくり」に出演した松陰寺さんにはネット上で、「顔面じゃなくて芸で見せたいタイプって言う松陰寺太勇が好き。 私はあなたの芸が好き。 面白い所が好き」「しゃべくり最高だったなぁ……シュウペイさんも松陰寺さん…ていうか松井さんwもかなり面白かったwwwにわかだと少しの情報でもマジで嬉しいから、なんでも楽しめちゃうぜ」「しゃべくり007おもしろかった。 ぺこぱのおもしろさは思いもよらない様な肯定的な松陰寺さんのセリフとキザポーズ。 今夜はM-1 以来に見たけど、あの世界観は見てるとクセになるものがある。 笑った」などのコメントが上がっています。 今回は、ぺこぱのコンビ結成に関する逸話、顔ではなく芸で勝負したいという、松陰寺さんのプライドなど、色々な話が聞けて興味深い内容となったのではないでしょうか。 (文:かんだがわのぞみ).

次の