ホトトギス カッコウ 違い。 ホトトギスの特徴や生態、鳴き声など

カッコウとホトトギスの違い!別名・鳴き声・大きさ・餌を解説

ホトトギス カッコウ 違い

ホトトギスは、万葉集や古今和歌集などの歌集に登場したりと、古くから日本では親しまれる、多くの人にとって馴染み深い鳥。 しかし ホトトギスの 鳴き声は?というと、案外知られていなかったりします。 「ホトトギスの鳴き声は?」と聞かれると、慌てて思わず 「ホーホケキョ!」と答えてしまいそうですが(苦笑)、 「ホーホケキョ」と鳴くのはホトトギスではなく、「春を告げる鳥」と呼ばれる「ウグイス」ですよね。 では、 ホトトギスの鳴き声とは、いったいどんなものなのでしょうか?。 また、「ホーホケキョ」と鳴くウグイスと、ホトトギスの違いとは?。 今回は、 ホトトギスとウグイスを比較しながら、 「ホトトギスの鳴き声」を中心に 音声を交えながら詳しくお伝え致します!。 ホトトギスとウグイスの違いとは?ホトトギスはウグイスの天敵? 「ホーホケキョ」の鳴き声は、「ホトトギスとウグイスどっちが本当なの?」なんて、何かと勘違いされてしまうホトトギスとウグイスですが、 鳴き声はもちろん、生態や特徴など全く違う鳥なのです。 しかし、似ても似つかない鳥ではあるものの、実は ホトトギスはウグイス にとって「天敵」であるという驚きの関係性が、浮かび上がってくるのです!。 ホトトギスの生態や特徴は? 「ホトトギス」はカッコウ目・カッコウ科に分類される鳥で、その姿は、カッコウに良く似ています。 大きさは、全長約28センチほどあり、体の模様は、 頭から背中は青灰色で、お腹の部分は黒色の横斑や黄色味がかったシマシマ柄が特徴的です。 また、ホトトギスは 「夏鳥」として知られており、 日本へは5月頃、夏よりも少し早めの時期に渡来してくるので、 「夏を告げる鳥」といわれ、実際ホトトギスの鳴き声を聞くようになると、「間もなく夏が来るなぁ」と感じる人もいるようですよ。 そして驚くことに、 ホトトギスは自分の産んだ卵を自分で育てません。 他の鳥に育てさせるのです!。 その他の鳥というのが、なんと「ウグイス」なのです。 ホトトギスはウグイスが産んだ卵を取り除き、 ウグイスの巣に自分の卵を産み付けて、 自身では全く世話をせず、その巣の親であるウグイスにホトトギスの卵の世話をさせます。 つまり、ウグイスがホトトギスの卵からヒナの「育ての親」ということになりますね。 このことを 「托卵(たくらん)」といい、ホトトギスは卵を産んだら、すぐに巣から飛び立ち、 「後はすべてウグイスにお任せ!」という、かなりの放任主義者なのです。 「ホーホケキョ」の鳴き声を間違えらるだけでなく、自分が産んだ卵を排除され、ホトトギスの卵の世話までさせられてしまう…。 ウグイスにとって、ホトトギスはまさに「天敵」他ならないですね。 さらに不思議なことに、ウグイスに育てられたホトトギスも、また大人になって巣立ちを迎えると、また、ウグイスなど他の鳥の巣に托卵するようになるのです。 まさに 「恩を仇で返す」というのはこのことを言うのかもしれませんが、ホトトギスの意外に知られていない、驚くべき生態であることが分かります。 ウグイスの生態や特徴は? 「ウグイス」は、 全長は約14センチほどと「スズメ」と同じくらいの大きさで、 「ホトトギス」に比べるとかなり小さく細身の鳥。 見た目も、スズメとよく似てます。 それもそのはず、 ウグイスはスズメ目に属する鳥。 頭から体は オリーブ褐色で、お腹の辺りの羽毛が白色をしているのが特徴的です。 ウグイスは別名 「春を告げる鳥」とも呼ばれていて、春先から盛夏にかけてウグイスの鳴き声を聞くことが出来ます。 このウグイスの鳴き声は、 「日本三大鳴鳥(にほんさんだいめいちょう)」の1つとされています。 とても美しい鳴き声とされている、 お馴染みの ウグイスの鳴き声 「ホーホケキョ」は、 実はオスのみの鳴き声で、ヒナ鳥のために餌を運ぶメス鳥に、オス鳥が 「縄張りに異常がない」ことを知らせるために発する鳴き声なのです。 「ホーホケキョ!」 なんと、 1日に1000回以上も鳴くこともあるそうですよ!。 ウグイスのオスは「ホーホケキョ」の鳴き声の他にも、「ピピョピョピョピョ」と鳴き声も発します。 ウグイスのメスはというと、通常「チッチチッチ」と鳴きます。 スポンサーリンク ホトトギスの鳴き声は?! 「ホーホケキョ」はウグイスの鳴き声ということは、覚えていただけたかと思います。 では、ホトトギスの鳴き声とは、いったいどんなものなのでしょう?。 実際に、ホトトギスの鳴き声を 音声で聞いてみましょう!。 いかがでしたか?。 ホトトギスの鳴き声は甲高く、ウグイスの鳴き声である 「ホーホケキョ」とは全く似ても似つかないものでしたね。 また、 ホトトギスの名前の由来は、「ホトホト」という鳴き声が聞こえたことから名付けられたという説がありますが、「ホトホト」と聞こえてきたでしょうか?。 さらにホトトギスの鳴き声は、「ホトホト」の他にも、江戸時代以降から様々な面白い表現がされてきたようです。 ホトトギスの鳴き声の表現の仕方 江戸時代以前までは、ホトトギスの鳴き声の表現は「ホトホト」のみだったのですが、江戸時代以降は色々と変化していき、色々な表現がされるようになりました。 その面白い表現というのが、 ・タケヤブヤケタ( 竹藪焼けた) ・ホンゾンカケタカ(本尊掛けたか) ・テッペンカケタカ(天辺欠けたか) ・トウキョウトッキョキョカキョク(東京特許許可局) などといったものです。 先ほど紹介したホトトギスの鳴き声、皆さんはどれに近いものが聞こえてきましたか?。 ちなみに個人的には、 「テッペンカケタカ」がホトトギスの鳴き声に近いのではないかと思いました。 「東京特許許可局」と聞こえるという意見も多いようですね。 みなさんは、いかがでしたか?。 まとめ 今回は、 ホトトギスの鳴き声は?というところから、ついつい勘違いしてしまう 「ホーホケキョ」と鳴くウグイスと、ホトトギスの生態や特徴について比較しながらお伝えしていきました。 ホトトギスとウグイスの違いは、 ・ 夏を告げる鳥 ・体長は28センチで、カッコウと似ている。 ホトトギスはカッコウ科 ・ ホトトギスの鳴き声は「ホトホト」や 「トッキョキョカキョク」、「テッペンカケタカ」などの様々なユニークな表現がされている。 ・ホトトギスは、 「托卵」という 他の巣に自分の卵を産み付けて面倒を見てもらうという行為を「ウグイス」にさせている。 ・ 春を告げる鳥 ・体長は14センチほどと、スズメくらいの大きさで、見た目もスズメと似ている。 ・ウグイスの鳴き声は、 「ホーホケキョ」でこれは、 オス鳥がメス鳥を呼ぶときの鳴き声。 「ホトトギス」と「ウグイス」は、鳴き声も生態も全く別のものでしたが、実は 「天敵」という意外な関係性で結びついているという興味深い事実が分かってきましたね!。 ホトトギスがウグイスに「托卵」をしているので、 ウグイスが生息する場所にホトトギスがいたり、ホトトギスが見られる時期が、ウグイスが見られる時期と同じになってしまったりするため、 ホトトギスとウグイスを間違えてしまい、「ホーホケキョ」の鳴き声をも勘違いしてしまうのかもしれません。 また、「ホーホケキョ」というウグイスの鳴き声はついつい、ホトトギスの鳴き声ではないの?と思ってしまうほど、耳に残る表現ですが、ホトトギスの本当の鳴き声も、1度聞けば覚えてしまうほど特徴的なものでした。 ぜひ、ホトトギスが渡来する季節になったら、耳をすませて、鳴き声を聞いてみていただけたらと思います!。

次の

ウグイスとホトトギスの違い。育児放棄はどっち?!

ホトトギス カッコウ 違い

この記事でどんなことが知りたいですか!?• ホトトギスの名前の由来 ホトトギスの名前は、その鳴き声から由来しているようです。 ホトトギスの鳴き声は「キョッキョッキョキョキョキョ」などと聞こえますが、これを 昔の人は「ホットホトギ」などと聞こえていたようで、この鳴き声に鳥を表す接尾語の「ス」を付けて、「ホトトギス」となったようです。 最近では「特許許可局」や「テッペンカケタカ」などの聞きなしの方が有名になり、鳴き声が由来とは思いにくくなってしまいましたね。 漢字表記・英語名・学名 ホトトギスの漢字表記はたくさんあるようで、 「杜鵑」「不如帰」「時鳥」「子規」など、他にもたくさんの漢字表記があるようです。 英語名は 「 Lesser Cuckoo 」となります。 「小さいカッコウ」という感じでしょうか。 また、学名は 「 Cuculus poliocephalus 」となります。 ホトトギスの季語 ホトトギスは季語になり、 夏の季語になるようです。 夏といっても、5、6、7月のことを指すようです。 昔の人は夏を告げるホトトギスの第一声を心待ちにしていたようで、ホトトギスの「一声」という言葉も季語になっているそうです。 ホトトギスの特徴 ホトトギスは カッコウ目カッコウ科に分類される鳥です。 その姿はカッコウにそっくりで、大きさはカッコウよりも小さいのですが、見た目はカッコウとほぼ同じで、素人が見分けるのは難しいと言われています。 カッコウとの違いは胸の横線がしっかり入っているのがカッコウ、少なめがホトトギス、また、しっぽの斑点があるのがカッコウ、ほとんどないのがホトトギス、となるようです。 足の指が特徴的で、前2本、後2本という珍しい形態をしています。 とても警戒心の強い鳥のようで、鳴き声は聞こえても、姿を見せることはあまりないようです。 ホトトギスの大きさ ホトトギスの大きさは、 全長が約28cm、羽根を広げた状態の大きさが46cmほどになるようです。 ヒヨドリよりも少し大きく、ハトよりかは少し小さい感じになるようです。 見た目の特徴や色・模様 ホトトギスの見た目の特徴としては、 「青灰色の頭部と背中」「黒褐色の翼と尾羽」「腹にある黒い横斑」「黄色いアイリング」が主な特徴になります。 色は全体的にみるとグレーっぽい感じで、地味な印象があります。 オスメスの違い ホトトギスはオスとメスがほぼ同じなので、見た目で雌雄を判別することは難しいようです。 ですが、鳴き声がかなり違うようで、 オスは「キョッキョッキョキョキョキョ」と4節目にアクセントのある独特な鳴き方をするそうで、メスは「ピピピピ」と高くテンポの速い鳴き声を出すそうです。 スポンサードリンク ホトトギスの寿命 ホトトギスの寿命は調べても記載してある場所がありませんでした。 ですが、カッコウの寿命は野生下で6年ほどといわれているようなので、カッコウに似ているホトトギスの寿命もそれくらいなのではないかと思います。 野生の鳥は成長になり1年たつまでに、多くの個体が命を落としてしまうので、 平均寿命は1~2年ほどとされているようです。 ホトトギスの生態 ホトトギスは繁殖のために夏になると渡ってくる 夏鳥になります。 九州以北に渡ってくるようですが、九州と北海道では少ないようです。 食性は肉食で、托卵する習性を持っています。 日本へ渡ってくると、昼夜問わず鳴き続け、夏を告げる鳥、時告げ鳥の役割も果たすそうです。 食性は肉食 ホトトギスは肉食性で、ガの幼虫や昆虫を主食としています。 中でも、他の鳥が好んで食べない 「毛虫」を好んで食べるようです。 他の鳥と違う餌を食べることで、餌の奪い合いを回避していると考えられているようです。 托卵する習性がある ホトトギスは ウグイスの巣に托卵することで有名です。 ホトトギスの産む卵は、ウグイスの卵と同じようなチョコレート色をしており、大きさは少し大きめです。 托卵するときは、巣から卵を1個くわえ取り、自分の卵を1個産み付けます。 ウグイスの卵より孵化するまでが早く、先に孵化したホトトギスのヒナは、まだ孵化していないウグイスの卵を背中に乗せて巣の外に押し出してしまうそうです。 ホトトギスの繁殖期 ホトトギスはウグイスなどの托卵相手の繁殖期に合わせて日本に渡ってきます。 だいたい 5月の中旬頃に渡って来ます。 自分では巣を作ることがないので、産卵中のウグイスの巣を探して卵を産み付けます。 一度の繁殖期で産む卵の数は 10~15個と言われているようで、卵を産み付け終わると、早々に南へと渡りを始めるようです。 ホトトギスの生息地 ・分布 ホトトギスの生息地は 中国南部、インド、マダガスカル、アフリカ東部と広い範囲に分布しています。 この中の、インドから中国で越冬するホトトギスが日本へ渡りを行います。 日本では九州以北で繁殖を行いますが、九州と北海道では数が少ないようです。 ウグイスの巣がある 林ややぶの中で生息しているようです。 スポンサードリンク ホトトギスの鳴き声 ホトトギスの鳴き声は 「キョッキョッキョキョキョキョ」と4節目にアクセントがある独特な鳴き方をします。 この鳴き声を「本尊カケタカ」や「テッペンカケタカ」「特許許可局」などと聞きなされていることは有名ですよね。 鳴き声の種類と意味 ホトトギスの鳴き声の「キョッキョッキョキョキョキョ」はさえずりになるようで、 メスへの求愛や縄張りを主張する意味があるようです。 また、 「ピ、ピ、ピ、ピ、ピ」と鳴くこともあり、この鳴き声は地鳴きになります。 メスはこの地鳴きだけになるようです。 なぜホトトギスは夜も鳴くの!? ホトトギスはオスが先に渡り、広大な縄張りを持ちます。 このころオスは夜中の間も鳴くと言われ、メスの飛来を待っているそうです。 夜に鳴くのは 天敵の目から避けるため、と言われています。 ですが、実際には夜中に鳴くということは少なく、宵のうちと早暁の3時頃から日の出ごろにかけてが良く鳴く時間帯になるようです。 また、ペアになったホトトギスは昼間に鳴くようになるそうです。 ホトトギスとウグイスの違い ホトトギスもウグイスも鳴き声に特徴のある鳥ですよね。 ホトトギスはカッコウの仲間で、ウグイスはスズメの仲間になります。 大きさもだいぶ違い、ウグイスはスズメより少し小さいくらいの大きさです。 色はオリーブ色で、「ホーホケキョ」と特徴的な鳴き声を出します。 托卵関係のため、ウグイスがいるところにホトトギスがいるので、間違われることもあるようです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 ここではホトトギスの鳴き声や特徴、生態についてのまとめをご紹介しました。 警戒心が強く、なかなか姿を見ることは難しいようですが、繁殖期にしか見れない珍しい鳥なので、鳴き声が聞こえたらぜひ探してみてくださいね。 スポンサードリンク カテゴリー• カテゴリー•

次の

似た野鳥の見分け方のポイント

ホトトギス カッコウ 違い

ウグイスとは? ウグイスはスズメ目ウグイス科 ウグイスのからだの特長 見た目の色は、全身オリーブ色がかった茶褐色。 全長は、メスが14cm 大体スズメと同じ 、オスは15. 色はオスもメスも同じ色をしていますが、オスのほうが大きいです。 上面と尾は緑褐色で、胸腹部は汚白色をしています。 くちばしは、やや長いです。 ウグイスの生息地 ユーラシア大陸東部やサハリン・日本に繁殖分布があります。 日本では、ほぼ全国で、繁殖しています。 基本的には、渡り鳥ではありませんが寒い地方のウグイスが冬の間, 暖かい地方に移り住んで越冬するものもあります。 また、まれに中国南部・台湾・フィリピンに越冬のため渡っていくウグイスもいます。 ウグイスってどんな鳥? 平地や高山の笹やぶや下生えの多い林で繁殖をしています。 秋や冬には平地に移動し、公園や庭に姿を見せることもあります。 舌打ちをしたような「チャッチャ」という鳴き方をします。 この鳴き方はウグイスの地鳴きで、その鳴き声からか「笹鳴き」と呼ばれています。 またおなじみのウグイスのさえずりは、「ホーホケキョ」ですが、ホーは息を吸う音で、ケキョが鳴き声です。 「ケキョケキョケキョ」と続けて続けて鳴くのは、ウグイスの谷渡りといわれます。 この鳴き声はオスが警戒声として鳴いています。 ウグイスは、警戒するとき音を低くしたり、高くしたり、と状況で違う鳴き方をします。 ホトトギスとは? ホトトギスはホトトギス目ホトトギス科 ホトトギスのからだの特長 見た目はカッコウによく似ていますが、日本にいるカッコウ類4種の中では一番小さいです。 背面は、ねずみ色で、尾羽は黒くて、先端と羽軸の上に小白斑があります。 のどと上胸は灰色をしています。 下胸以下は白くて黒色の横斑がまばらにあります。 このほかメスには、赤色型もあります。 ホトトギスの生息地 ホトトギスは、アジア東部からマレー諸島まで分布しています。 ホトトギスは、渡り鳥で毎年5月上旬、東南アジアから日本へ渡ってきます。 日本では、山麓や少し高い山で開けた森林に生息しています。 ホトトギスってどんな鳥? 昔の人は、ホトトギスの鳴き方を「てっぺんかけたか」と表現しました。 実際よく聞くと、「キョッ、キョン、キョキョキョ」と 聞こえます。 どうして「てっぺんかけたか」だったのでしょう? ホトトギスは渡り鳥ですが、日本にくる春の渡り鳥の中で一番遅くきます。 渡ってくるとすぐに大きな声で昼・夜を問わず鳴きます。 そのため、ホトトギスが鳴く声を初夏の風物詩として、日本では古くから多くの和歌や俳句に詠まれています。 また、季節を表す鳥として、小説や物語にも多く書かれています。 では、なにゆえホトトギスは大声で鳴くのでしょうか? 実はホトトギスは、主にウグイスの巣に自分の卵を托卵(たくらん)するのです。 つまり卵を産みっぱなしで、あとはウグイスに預けてしまうのです。 ウグイスは気づくと育てませんから、ホトトギスは、いろいろなウグイスの巣に卵を預けます。 そこで、托卵するため、ウグイスの縄張りを含めて自らの縄張りを主張しなければなりません。 それも広い縄張りが必要なので、猛烈に昼夜を問わず鳴くのです。 【スポンサーリンク】 ウグイスとホトトギスの違い• 日本に生息しているウグイスは、渡り鳥ではなくほとんどが留鳥です。 寒い時期高山から平地に降りて生活をするウグイスもいます。 ごくまれに大陸へ渡るウグイスもいます。 ホトトギスは渡り鳥で初夏が近くなるころ、日本にきます。 ウグイスは雌雄同色で緑褐色をしていてオスがメスより少し大きいです。 ウグイスは14㎝~15. 5㎝ぐらいの大きさをしています。 ホトトギスの見た目は黒っぽく、黒と灰色の約28㎝の大きさです。 ウグイスは「ホーホケキョ」のほか「ケキョケキョケキョ」などと鳴きますが、オスの警戒声です。 ホトトギスは、ウグイスに托卵するため、広範囲の縄張りを主張して昼夜を問わず鳴きます。 ホトトギスは、自分で卵を育てず、主にウグイスに托卵します。 まとめ ホトトギスはウグイスの約2倍の大きさで、毎年ウグイスに托卵をするため日本にくる渡り鳥です。 ホトトギスは、托卵をするため縄張りの主張をして昼夜を問わず鳴きます。 それが昔から初夏の風物詩と言われています。 ウグイスは、ほとんど日本の笹やぶや林で生息しています。 春を告げるウグイスの「ホーホケキョ」は、実はオスの警戒声です。 それにしてもわざわざ海を渡って日本で子育てをするのではなく、ウグイスに卵と子育てを任せるホトトギスって、どうなのでしょうか?.

次の