ザシアン いじっぱり。 【ポケモン剣盾】ザシアンの厳選方法と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

剣盾日誌vol.10 ザマゼンタの厳選と育成など|ふにでぐ|note

ザシアン いじっぱり

特性の効果による先制攻撃も受けない。 第8世代からは、音系の技。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 通常攻撃。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。

次の

【ポケモン剣盾】マックスレイドバトルを効率よく周回攻略できるポケモンを紹介!【ポケモンソードシールド】

ザシアン いじっぱり

60 [弱点]• ソニアがやってくる• ソニアから『 ソニアのほん』をもらう 手持ちのポケモンが弱っている場合、この後の流れで戦闘になってしまうのでこのタイミングで回復しておいたほうがいいかもしれません。 祭壇に『』 『』 を返す• 『ソッド』と『シルディ』が現れる• ソッドが『』を手に入れ、シルディが『』を手に入れる• ソードの場合はソッドと、シールドの場合はシルディとバトル! ホップ戦と連戦の場合、回復はされないので注意してください。 現チャンピオンなら問題なく倒せるはずです。 ターフスタジアムへ• ヤローとネズに話しかける• 暴れているダイマックスポケモン『』を大人しくさせる 主人公、ホップ、ネズ、ヤローでの「マックスレイドバトル」になります。 以下、ダイマックスポケモンとのバトルは『』の『ダイマックスほう』が有効です。 相手がダイマックスしているとダメージが2倍になるため、素の威力100ということもあってかなり強力な技になります。 通常のレイドバトルでもムゲンダイナは重宝しますので、『けいけんちアメ』を大量投入してレベル100にしてしまうことをオススメします。 バトル終了後、ゲットチャンスはありません。 ヤローから『 ヤローのレアリーグカード』をもらう• ソッドとシルディが現れる• ターフスタジアムを出る• ソニアがやってくる• バウタウン エンジンシティ へ どちらから進めても構いません。 62 [4倍弱点] [弱点] ポケモントレーナーのシルディ ドータクンLv. 62 [弱点] タイレーツLv. 62 [弱点] ギギギアルLv. 62 [弱点]• ソッドとシルディに『』を取られる• ポケモン研究所を出る• 各地のスタジアムに行こう 順不同 このチャートでは、ジムバッジ順に進んでいきます。 すべてのスタジアムを回った後にナックルスタジアムのエネルギープラントに入ります。 そのため、ナックルスタジアムは最後にするとスムーズに進行できます。 また、最後に訪れるスタジアムをナックルスタジアムにすると、ネズのセリフが少しだけ変化します。 ラテラルタウン シールド ザシアンLv. 70 [弱点]• 『』 『』 が現れる もう一方の伝説のポケモンが現れます。 ホップが『』 『』 を取り返す• 『』 『』 とバトル! ザシアン ザマゼンタ を捕まえなければいけません。 倒しても即座に復活してやり直すことができます。 ムゲンダイナとは異なり、かなり捕まえにくい設定になっています。 夜に戦えば『』が捕獲率が一番高く、オススメです。 特性『』は効かないようです。 オートセーブを切って、バトル前にレポートを書くのを忘れずに!.

次の

ザマゼンタ

ザシアン いじっぱり

今回の日誌は、クリア後に行っていたことのもろもろのまとめ。 金策準備完了 前回までは、マックスレイドでひたすらアメを集めるところまで書きましたが、そのかいあってニャースのレベルは100に到達。 そこでニャースを引き連れトーナメントへ。 キョダイマックスニャースのキョダイコバンを3回打つことで、1試合で99999円が獲得できるようになった。 注意点は、相手がゴーストだとキョダイコバンが発動しないので、相手がゴーストでないときを狙う。 あと、相手が格闘技もってるとそれもけっこう辛いので、ニャースが出てくるタイミング調整が重要。 ダンデ戦で言えば、ガマゲロゲで出すのが最適かなと思う。 図鑑埋め作業 次に、図鑑埋め作業の一環で、ワイルドエリアの探索を行う。 図鑑の機能でオススメポケモンが表示されるので、迷うこともない。 で、その作業が一通り終わると、進化前のポケモンだけいなかったりするポケモンが結構いたので、メタモンとともに預け孵化マラソンで未取得ポケモンのタマゴを作り、走る。 ほのおのからだ持ちのセキタンザンのみを引き連れ、過去作で何度も行ってきた孵化マラソンの作業w 今作では卵あずけ屋が2箇所あるけど、どっちも直線が長いのでマラソンに最適。 未発見のものだけでなく、シールドのみに出てくるポケモンも増やしておく。 長男と次男はソードをしているので、どこかのタイミングで交換してもらうための下準備w 技マシンの収集 図鑑の次は技マシンの全取得。 まず店に売っている技マシンを金策で用意したお金を使用し買い漁る。 全部買ったあとに、道具一覧から番号順にソートし、抜けているものをリストアップする。 それがどこにあるのかをググり、確保に向かう。 一番面倒だったのがボルトチェンジで、わざわざしたくもないロトムラリーに参加し、2万点以上のスコアを出す必要があって、そのスコア出すためには長距離コースじゃないと出ない感じ。 けっこうめんどいので、こういうのは勘弁してほしい。 でもその努力の甲斐もあり、技マシンはコンプした。 技レコードは今後のマックスレイドでいずれコンプできるだろうと思う。 ザマゼンタの捕獲・厳選 育成環境はメタモン厳選以外はできたので、次はいよいよメタモン厳選かと思ってたけど、思ったよりも面倒そうなので最初にザマゼンタの厳選をすることにした。 今回はマスターボールを使う。 このタイミング以外で使う事もなさそうだと思ったので、楽をしようと思う。 ザマゼンタの話を進めるためにまどろみのもりに行くと、またホップがいたので、返り討ちに。 その後いかれた髪型の兄弟が登場。 展開が急やで…。 で、当然のようにバトルになる。 盾の髪型のほうとバトルに。 いざ始まると、相手はドータクンを出してきたw こいつわかってんな。 よし、こっちもドータクンで、ドータクンのミラーにしようw その後、ストーリーを進め、いよいよザマゼンタが登場。 今回はマスターボールを使うので、初手マスターボールで捕獲し、性格と個体値を見て気に入らなければリセットするという感じの古典的な厳選方法にした。 ザマゼンタをどんな感じで育成しようかなと思ったけど、結局バトルでは使わんので、物理特化型のオーソドックスなタイプで育成することにした。 なので、ASのVがあればオッケーで、残りどこかにVついてたらいいなくらいのゆるい厳選にした。 せいかくはいじっぱりかようきのどっちかで。 3回ほどやると、HASにVがついた個体を確保。 これでよさげやなと思い、性格を確認すると うっかりや…。 うーん、まじか。 って思ったけど、そう言えば今作では性格補正のパラメーターをミントで変更できるんやったということを思いだしたので、実際にミントを使って調整するようにしてみた。 うっかりやのザマゼンタとか、愛嬌があっていいかなと思うし。 ミントは50BPするので、バトルタワーでレンタルポケモンを使用してバトルをする。 50集めるのけっこうめんどいなーと思っていたところ、ランクが上がっていじっぱりミントがでたw こりゃラッキー。 さっそくザマゼンタにいじっぱりミントを使用し、性格のパラメーターを変更。 この変更した内容って確認できないんかな…。 性格の準備ができたので、次は努力値。 今作では、ドーピングアイテムのみで努力値を振り終えることができるので、タウリンとブロムヘキシンを25個ずつご購入。 過去作みたいに戦闘しなくていいのは楽だ。 努力値を振り終え、スタータス画面でXボタンを押すと努力値の配分が確認できる。 マスターボールにはいったうっかりやのザマゼンタの育成が完了。 あとは技構成を考えていたものにすれば、育成は完了。 ザマゼンタはマックスレイドにも使えるそうなので、ムゲンダイナ一択だったこれまでよりもより幅広い敵に対応できるようになったのはいい感じ。 次はいよいよメタモン厳選やけど、けっこうめんどいので腰が重いw.

次の