川越市 助成金 コロナ。 コロナ対策国の助成金 売上減のA型B型事業所へ50万円

コロナウイルス感染症関連給付金・補助金・助成金一覧まとめ

川越市 助成金 コロナ

【新型コロナウイルス】閑散とした繁華街=2020年4月1日午後、東京都新宿区 写真提供:産経新聞社 「雇用調整助成金」をもらう まずサラリーマン、パート、アルバイトも含めて雇用されている人のなかには、仕事が減って減収している人がたくさんいます。 そのような人たちには、雇用調整助成金で手当てをすることができます。 雇用調整助成金というのは、会社都合で従業員を休ませた場合には、労働基準法で、雇い主は60%以上の休業補償金を支払わなければならないということになっているのです。 しかし、微妙なのは、「事業主の都合で休ませた場合」だということです。 今回のコロナで休ませた場合は、事業主の都合かどうかは微妙ですが、とりあえず積極的に動くべきです。 雇用調整助成金の制度を使えば、特に中小企業の場合、事業者は従業員に支払った分を国から補填してもらえるのです。 大企業の場合は政府から出るお金は減りますが、問題は中小零細企業で払っていない会社がたくさんあるということです。 その場合は「とりあえず休業補償を払ってください」と、働く人から声をあげましょう。 「その分は国から後でもらえるでしょう」という交渉をしてください。 会社が動けば可能性が高くなります。 【新型コロナウイルス】緊急事態宣言から一夜明け。 人通りの少ないJR渋谷駅前のスクランブル交差点=2020年4月8日午前8時18分 写真提供:産経新聞社 持続化給付金 持続化給付金は、中小企業の場合は最大200万円、フリーランス等の個人事業者の場合は最大100万円の給付金を支給するという制度です。 これは1年前の売上に比べて、今年(2020年)の売上が50%以上減った場合に支給されます。 1ヵ月でも条件を満たせばいいのです。 今年の年末までに、1ヵ月でも前年比50%割れになった月があれば、給付対象となります。 意外と中小零細企業の場合は1年前の売上がわからないものなのですが、売上を通帳に入れているのであれば、とりあえず去年(2019年)1年間の収入がどれだけあったかを調べて、半減した月があるかどうかを調べてみてください。

次の

お知らせ

川越市 助成金 コロナ

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う中小企業支援について(給付・補助、融資関係) 新居浜市の中小企業支援について(給付・補助関係) (全業種の方対象) 新型コロナウイルス感染症拡大により、事業収入が大きく減少している市内の事業者を対象に、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える新居浜市中小企業者等応援給付金を支給します。 新型コロナウイルス感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える補助金を支給します。 新型コロナウイルス感染症拡大により、特に大きな影響を受けるタクシー事業者に対して、事業の継続を下支えすることで、市内の公共交通の維持を図るとともに、雇用を維持するため、市内びタクシー事業者に給付金を支給します。 新型コロナウイルス感染症により、特に大きな影響を受ける飲食店事業者が、売り上げ確保に向けた新たな取組として、テイクアウト・デリバリー事業を開始する方に補助金を支給します。 新型コロナウイルス感染症拡大により、利用者が減少し大きな影響を受けるタクシー事業者を支援し、市内の公共交通の維持と雇用を維持を図ることを目的に、タクシー事業者がフードデリバリーサービス事業を実施するための費用を補助します。 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためには、「三つの密」を避けるなど、感染の危険性を減らすことが重要とされています。 新居浜市では、在宅勤務やモバイルワーク等を目的に、新たにテレワークシステムを導入する市内事業者を対象に、補助金を支給します。 雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用維持を図った場合に、休業手当、賃金等の一部を助成する制度です。 新居浜市では、国の雇用調整助成金について、愛媛県と連携し上乗せ助成を行うほか、申請書類の作成等を社会保険労務士に依頼した場合に係る費用を補助する制度を創設しましたので、是非ご活用ください。 新居浜市の中小企業支援につきましては、下記にお問い合わせください。 新居浜市役所 緊急経済対策室 緊急経済グループ 直 通 番 号:0897-65-1584(直通) 受 付 時 間:平日8時30分~17時15分 新居浜市の中小企業支援について(融資、セーフティネット認定関係) 新型コロナウイルス感染症により影響を受けた中小企業者への資金繰り支援をします。 小規模事業者持続化補助金申請に際し、審査時の加点や補助金の即時支給を受けるための売上減少証明書を発行します。 市内の経営相談窓口 市内の各機関において、経営相談窓口が設置されておりますので、ご活用ください。 日本政策金融公庫 新居浜支店 0897-33-9101 愛媛県信用保証協会 新居浜支所 0897-33-8282 新居浜商工会議所 0897-33-5581 その他(ご協力のお願い、税制上の措置について) 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けたご協力のお願いについて 市内の各企業・団体の皆さんにおかれましては、愛媛県における新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取り組みを今一度ご理解、徹底いただき、御協力頂きますようお願いいたします。 新型コロナウイルス感染症拡大等を踏まえ、税制上の措置が講じられております。 国・愛媛県の中小企業支援について <外部リンク> 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆さんにご活用頂ける支援策がパンフレットにまとめられております。 <外部リンク> 国では、幅広い業種の事業者に対して、事業の継続を支え、事業全般に広く使える、給付金を支給します。 【給付額】 中小法人等は200万円、個人事業主等は100万円 【対象者】 新型コロナウイルス感染症の影響により、 ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者 申請方法等の詳細につきましては、下記にお問い合わせください。 持続化給付金事業 コールセンター 直通番号:0120-115-570、IP電話専用回線:03-6831-0613 受付時間:8時30分~19時00分 (5月・6月(毎日)、7月から12月(土曜日を除く)) 持続化給付金申請 事前相談窓口 0570-015-078 (平日8時30分 ~ 17時) 市内に持続化給付金の申請サポート会場が開設されましたので、オンライン申請ができない方は、是非ご利用ください。 会 場 名:新居浜会場(会場番号:3805) 場 所:新居浜商工会議所1階(新居浜市一宮町2-4-8 開 設 日:5月24日(日曜日)から <外部リンク> 国では、5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を支給します。 <外部リンク> 新型コロナウイルス感染症の影響により、県内の事業者が多くの困難に直面する中、 愛媛県では、3密回避など感染拡大防止や新ビジネスに取り組む事業者を支援する協力金のほか、 新しい生活様式に対応しながら前向きに活動する事業者への給付金・補助金により県内事業者を応援します。 雇用調整・休業に関する助成金 <外部リンク> 労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行った中小企業者を支援します。 <外部リンク> 愛媛労働局長から「雇用調整助成金」または「緊急雇用安定助成金」(以下「雇用調整助成金等」という。 )の支給決定を受けた事業主に対し、助成金を上乗せ助成して、雇用の安定及び事業活動の継続を支援します。 <外部リンク> テレワークの新規導入や特別休暇の規定整備に取り組む中小企業者を支援します。 <外部リンク> 年次有給休暇とは別途、有給の休暇を取得させた中小企業者に対する助成金制度が創設されます。 雇用関係助成金に関する問い合わせ先は下記のとおりです。 ・愛媛労働局 職業対策課分室(助成金センター) 089-987-6370 ・ハローワーク新居浜(新居浜公共職業安定所) 0897-34-7100 設備投資・販路開拓支援 <外部リンク> 中小企業・小規模事業者等が取り組む「革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善」を行うための設備投資等を支援します。 <外部リンク> 小規模事業者の販路開拓等のための取組みを支援します。 <外部リンク> 事業継続性確保の観点から、ITツール導入による業務効率化等を支援します。 <外部リンク> 専門家が、Web及び電話にて主にICT面でテレワーク導入に関するアドバイス等を実施します。

次の

新型コロナウイルス感染症により影響を受けた市内中小企業への支援措置について 川越市

川越市 助成金 コロナ

質問 回答 1 売上高の減少率がひと月でも50パーセントを超える場合や、「持続化給付金」の申請対象となる場合は、支援金の申請はできないのか。 今回の支援金は、前年同月比の売上高の減少率が50パーセント未満で、国の「持続化給付金」の対象とはならない方を緊急的に支援するものです。 このため、申請時点で、前年同月比の売上高の減少率が50パーセントを超え、持続化給付金の対象となることが明らかな場合は支援金の対象とはなりません。 なお、申請月の売上げ見込みについては、今般の事態による先行きの予測を立てることは困難と思われますが、申請時点の見込みとして50パーセントを超えないことを「売上高減少申告書・誓約書」に署名・捺印いただければ、支援金の申請を受け付けています。 2 売上高減少率の対象月となる2月から5月とは、任意で選択してよいか。 任意の月で構いません。 ただし、2月から5月のうち、売上高の減少率が15パーセント以上50パーセント未満である月を選択してください。 3 川越市外に本社(主たる事業所)があり、事業所の一部が川越市内にある場合は対象者となるか。 本社(主たる事業所)が市外の場合でも、支援金の申込みの日以前、川越市内に3箇月以上事業所があれば、対象となります。 ただし、市内に事業所(支店含む)があることが確認できる資料の添付が必要となります。 1 川越市内に事務所又は事業所を有する中小企業者(個人事業主含む)なお、中小企業者の定義は、 をご参照ください。 2 必要な許認可を取得のうえ、支援金申請日までに3箇月以上市内で事業を営み、かつ今後も市内で事業を継続していく意思があること 3 新型コロナウイルス感染症による影響のため、令和2年2月から5月のいずれか1月における売上高が前年同月と比較して15パーセント以上50パーセント未満の割合で減少していること(小数点以下切捨て) 注:創業後1年未満で前年同月との売上高の比較が困難な場合は、例外として令和2年2月から5月のいずれか1月と、その直近2箇月間の平均売上高との比較になります。 4 令和2年1月から支援金申請月の前月までの間の1箇月の売上高の減少率が50パーセント未満、かつ支援金申請月の売上高の減少率が50パーセント以上とならない見込みであること 1 川越市中小企業者事業継続緊急支援金申請書(様式第1号) 2 申請時チェックリスト(様式別紙) 3 売上高減少申告書・誓約書(様式第2号)(一般用・創業者用) 注:創業後3箇月以上1年未満の事業者等で、前年同月との売上高の比較が困難な場合は、「創業者用」を使用してください。 4 2019年の確定申告書類の写し ただし、税務署収受日付印があるもの(e-Taxで申告の場合は受信通知などデータを送信したことがわかる書類)を添付してください。 法人 右記すべて 確定申告書別表一 法人事業概況説明書 (表面及び裏面) 個人事業主 右記のいずれかひとつ 所得税青色申告決算書 (青色申告の場合) 収支内訳書 (白色申告の場合) 5 支援金申請日時点で、市内で3箇月以上事業を営んでいることが確認できる書類 法人 右記2から5のいずれか• 個人事業の開業・廃業等届出書の写し• 営業許可書の写し• 賃貸借契約書の写し• 土地・家屋評価証明書(一般用)• 公共料金の支払い領収書(3箇月分)の写し、等 個人事業主 右記1から5のいずれか なお、上記4「2019年の確定申告書類の写し」で確認できる場合は不要です。 6 令和2年2月から5月のいずれか1箇月間の売上高が分かる書類 月別の売上台帳、月別試算表(損益計算書部分のみ)、等 注:創業後1年未満で、前年の売上高と比較困難な場合は、「令和2年2月から5月のいずれか1か月の売上高」と「当該月の直近2箇月間の売上高」が分かる書類 7 前年同月の1箇月間の売上高が分かる書類(以下のいずれかに該当する場合のみ)• 上記4「2019年の確定申告書類の写し」で「収支内訳書(白色申告の場合)」を提出した場合• 確定申告をしていない場合 8 支援金申請者名義の預金通帳の写し等、支援金振込先の金融機関名、支店名、金融機関コード、支店コード、預金種別、口座番号、口座名義が分かる書類 通帳を開いて1・2枚目の写し、ネット銀行などの場合は画面データ、等.

次の