ミズノプロ 520。 ミズノプロ120と520と920の違いを比較してみました!

ミズノプロ120と520と920の違いを比較してみました!

ミズノプロ 520

『ミズノプロ520 アイアン』は、ミズノが2019年の9月20日に発売したクラブです。 前モデルの『ミズノプロ518 アイアン』は、特に女子ツアーにおいて勝率ナンバーワンアイアンになりました。 すごい実績です。 それを超えるアイアンになる宿命を背負って、『ミズノプロ520 アイアン』は登場しました。 『ミズノプロ520 アイアン』は、カスタム専用オーダーモデルとしてのこだわりが詰まっています。 まず、バックフェースを見て、形状が中空構造みたいだと感じるかもしれません。 名器『TN-87』を想起させるバックフェースの形状は、『ミズノプロ120 アイアン』とコンボセットを作りやすいようにという工夫の表れです。 もちろん、オールドゴルファーにとって、このバックフェースは、それだけで高機能であるように感じさせます。 一世を風靡した形状に、僕も興奮した一人です。 軟鉄鍛造ヘッドに穴を開けて、中空ではなく、チタンを配置することで軽くして、余った重量を他に配分する構造です。 それで、中空構造の感触ではなく、ソリッドな感触を出しているのです。 ミドルアイアンで、12グラムのチタンを入れて、スタンレスでフタをしています。 トウ側に10グラムのタングステンも入っています。 打点がばらついても、飛距離に影響しない工夫です。 ショートアイアンは、10グラムのチタンのみで、タングステンは未装着です。 『ミズノプロ520 アイアン』は、ソール幅を増やして、より低重心化しました。 これは、バッグに入っている印象でやさしそうだという安心につながります。 そして、「銅下メッキ」です。 20世紀末まで、「銅下メッキ」は当たり前の加工でしたが、軟らかく感じるという科学的根拠がないということで消えてしまいました。 復活した「銅下メッキ」は、ミズノ独特です。 軟鉄鍛造のボディーがあって、ニッケル、銅、ニッケル、クロムと四層です。 これが、抜群の打感をさらに良くするそうです。 『ミズノプロ520 アイアン』は、ツアーモデルとして最先端のテクノロジーを詰め込んでいます。 それでいて、構えると、まさにツアーモデルです。 ネックの曲面の処理、トップブレードのライン、素晴らしいです。 『ミズノプロ520 アイアン』のロフトは7番で32度です。 いわゆるスタンダードなロフトに比べると2度の差しかないのです。 この辺りもツアーモデルです。 アイアンも飛ばしたいゴルファーを対象としていない、という強い意志を感じます。 試打したクラブは、4番~ピッチングウェッジ(PW)で、シャフトは「N. PRO MODUS3 TOUR120」のSフレックスでした。 動画を見てください。 7番アイアンを最初に打ちました。 135ヤード飛べば良いと考えて打ちましたが、グリーンの奥のカラーにキャリーして少しオーバーしました。 計測すると143ヤードキャリーしていました。 これは飛びます。 打音はミズノらしい小気味の良い単音で、澄んでいます。 やや音量が控えめかなぁ、と思いました。 打たれたボールは、初速感があります。 カップフェース構造のアイアンのようです。 打ち応えもしっかりしていて、軟らかさもあります。 弾道はロフトなりで高過ぎず、低過ぎない、強い弾道です。 『ミズノプロ520 アイアン』は、ナチュラルに振ると、ミドルアイアンはややフェードします。 ショートアイアンはストレートです。 振った感じと、球筋が合っています。 これは『ミズノプロ520 アイアン』の最大の強みです。 『ミズノプロ520 アイアン』で一番驚いたのは、ロフトよりも飛ぶことです。 クラシックなロフトのアイアンより1番手近く飛びます。 そして、シャープな感触は犠牲にしていないのに、やさしいのです。 ミスヒットに強く、どんなライからでも抜けが良いです。 個人的には、ミドルアイアンより、ショートアイアンが良かったです。 狙ったところに、ビシビシ止められる感じでした。 スピンの具合は、通好みです。 落ちたところに止まろうとする感じです、 『ミズノプロ520 アイアン』は、様々なタイプのゴルファーを満足させる完成度が高いアイアンです。 やさしいという意味で、多少のミスヒットはアイアンが助けてくれます。 でも、それは最小限です。 狙ったところに、狙った弾道で止めるために作られたのが『ミズノプロ520 アイアン』なのです。 高機能のツアーモデルが使いたいゴルファーに、『ミズノプロ520 アイアン』はオススメです。 また、パワーで飛ばすことに夢中になっていたゴルファーが、スコアメイクを優先するゴルフにシフトチェンジしたいと考えたときにも『ミズノプロ520 アイアン』はオススメです。 『ミズノプロ520 アイアン』は、カスタム専用オーダーモデルですので、フィッティングの結果で推薦されるゴルファーのためのアイアンです。 とはいっても、『ミズノプロ520 アイアン』は名指しで使ってみたいと考えてしまうアイアンです。 前モデルの『ミズノプロ518 アイアン』を超えられるか? という問いに、「間違いなく超えます」というのが『ミズノプロ520 アイアン』を打ってみてわかった答えです。

次の

ミズノプロ120と520と920の違いを比較してみました!

ミズノプロ 520

オグさんです。 今回はミズノ「Mizuno Pro」シリーズから、2019年に発表となった3モデルの試打をさせていただきました。 軟鉄鍛造製法で作り上げたアイアンは、ていねいな作り込みによる製品精度の高さや、芯で打ったときのいい打感が、プロや上級者に好まれてきました。 製造技術が進歩し、さまざまな素材や複雑な製法が可能になった今でも、それらは高い評価を得ています。 ミズノの軟鉄鍛造は素材からこだわり、同社のアイアン専用に調合された鉄を使用したり、鍛造製法においても独自の技術を持っていたりします。 今回発表になった3モデルは、同社が誇る特許を持つ鍛造技術「グレインフローフォージド製法」が進化した「グレインフローフォージドHD」で作られたもの。 今回のHDではその鍛流線を打点付近に密集させることに成功し、打球音が長く響くことから打感のさらなる向上が実現したそう。 打つのがとても楽しみです。 今回試打させてもらったMizuno Proシリーズは、同社のフィッティングを受けて初めて手にできるフィッティング専売ブランドになっています。 これはゴルファーの個性に合わせて最大限性能を発揮するモデルを使ってもらいたいと思いからなのでしょう。 非常に美しく、所有感を高めてくれます ボールの操作性が重視されるモデルだけあって小顔でシャープな形状。 ネックとフェースの間の懐も狭く、操作性のよさが顔から伝わってきます ブレードが短く、かなり小ぶりなのがフェースを見てもわかります 直接ボールにコンタクトしやすくするためソール幅は狭め。 リーディングエッジに丸みを持たせることで、ヌケのよさを演出しています フックもスライスも自由自在 構えてみると、ヘッドの小ささが際立ちます。 溝のあるフェース部分のサイズは、ボール幅とほぼ変わりません。 さすがにちょっと気合いが入る顔ですが、打ってみるとこれが非常に気持ちいい。 やや重めの打感、パシっという乾いた打音。 芯で打ったときのやわらかさで「フェースに乗っている!」と感じさせてくれます。 練習場で打っているだけでも飽きませんね。 機能としては「操作性」を大事にしているだけあって、とてもコントローラブル。 フックもスライスも自由自在。 ボールの高低も楽に打ち分けられます。 大げさかもしれませんが、ドローやフェードは頭で意識するだけで自然と打ち分けられるぐらい、自分の意思をしっかりとボールに届けてくれるアイアンです。 半面、ミスすれば飛距離ロスはそれなりにありますが、個人的にはこれはいいことだと思っています。 ミスしたときに想定以上に飛んでしまうのは、怪我をより大きくしてしまう可能性があるからです。 テクニックをある程度持っていて、スコアにこだわる方にとっては、むしろやさしく感じるのではないでしょうか? 美しい伝統的なマッスルバック。 しかし最新の技術と設計思想で作られていて、番手別にスイートスポットを最適化するなど、しっかりと進化しています ぜひこの打感は皆さんに味わってもらいたいですね。 病みつきになると思います 120の 7:意外とスピンが少なめでしたが、イメージどおり、狙ったところに打ち出した軽いドロー弾道が打てました。 芯を外しても飛距離ロスが少なくなるよう設計されたモデルです 120と比べると、シャープな形状はそのままですがブレードがやや長くなっています フェース側から見てもブレードの長さ以外の形は120とほぼ同じ。 洗練された形状です ソール幅がやや厚くなりましたが、一般的なアスリート向けのモデルとしては標準的なサイズです 芯を外したときに距離が落ちにくい 形状は120同様非常に美しいですね。 ブレードが若干長くなった以外、ほとんど違いは感じません。 早速打ってみると、これまた気持ちいい打感。 120と比べると若干軽く、音も高め。 120の重厚な打感とは異なった、爽快感のある感触でした。 操作性は120を10としたら7〜8ぐらいといった印象。 十分コントロールはできますが、曲がり幅はやはり120のほうが大きいです。 520の強みは、芯を外したときの飛距離ロスの少なさ。 少々芯を外しても飛距離の低下は少なく、曲がり幅も少なめでした。 さすがにアベレージ向けのアイアンと比べてしまうと違いはありますが、それでも効果は十分でしょう。 このステンレスプレートの中にはチタンが内蔵されており、ミスへの許容度を高めつつ、打感の低下を防いでいます 520の 7:ブレードが長いせいか、やや右に打ち出した軽いドローボールになりました。 高さもしっかり出てスピンも十分。 ややグースネックにもなっており、ミスに強そうな顔ですね フェース側から見るとブレードの長さ以外はほかのモデルと共通のフォルムをしています 520よりさらにワイドなソール幅で、ダフリのミスにも強そう。 重心が低くボールが上がりやすそうです 打点がズレても球の高さが出せる アドレス時のヘッドは120、520と似たきれいなフォルム。 ですが920は、ブレードを長くトップブレードをやや厚くすることで、安心感の高いやさしそうな顔になっています。 特に意識することなく打った1発目は、やや右に飛び出した高い弾道でした。 120、520と比べてブレードが長い分だけ重心距離が長いのか、同じように打ったら、やや右に打ち出してしまいました。 それを考慮してスイングすると、非常に直進性の高い弾道が打てます。 左右の打点のミスにもかなり強く、少々のズレではほとんど曲がりませんでした。 飛距離性能ですが、通常のアスリートモデルよりは飛びますが、極端ではありません。 何より、打点がズレても高さが簡単に出せるので、安定したショットを打ちやすいアイアンと言えるでしょう。 2段階で削られたポケット部分がこのアイアンのポイント。 後から溶接するのではなく、一体で鍛造したヘッドに加工することで、打感とやさしさと飛距離を高い次元で両立させています 920の 7:重心距離が長い分、やや右に打ち出しやすいですが、慣れれば問題なし。 高さがあって直進性の高い弾道を安定して打つことができます メディア向け発表会にミズノ契約の女子プロ登場 この3モデルの発表に際してメディア向けの発表会が行われ、同社契約の原英莉花、吉本ひかるの2名のプロが登場、それぞれ使用モデルの試打デモンストレーションを行いました。 吉本ひかるプロ(左)、原英莉花プロ(右) 芝の上から、原プロの試打デモンストレーション 実戦で使用するという920を手にし、力強いインパクト音と鋭い弾道を披露 「(前モデルの)918より、打音が大きくなったように感じました。 球は高くなりましたね。 機能だけを追求するなら、手間やコストのかからない素材や製法が別にあります。 しかし、あえてそれを選択せず、感性やフィーリング面も大切にするために高価な素材や複雑な製法を選択しているのがMizuno Proのすごいところだと思います。 前述したようにMizuno Proブランドのこれらのアイアンは、同社のフィッティングを受けないと購入できません。 購入を考えている方は、近くのショップでミズノのフィッティングが受けられるかどうか、チェックしてから来店したほうがいいですね。 フィッティングを受ければ、自分にはどのヘッドが合うのか勧めてもらえますよ。 私が言うのは野暮だということを承知でおすすめモデルをあげるならば……ボールを操作してプレーしたい、1打1打を楽しみたいという方は「120」、ミスの幅を減らしたいがフィーリングも大事にしたいという方は「520」、やさしいアイアンを使いたいが、打感が悪いモデルは好ましくないという方は「920」、といった感じでしょうか。 もし試打できる機会があったら、ぜひ打ってみてください。 写真:野村知也(クラブ).

次の

ミズノ Mizuno Pro 520 アイアン

ミズノプロ 520

【飛距離】8. 5 7番で32度のノーマルロフトの標準的な飛び。 オフセンターのロスがさらに軽減されている。 【弾道の高さ】8. 5 ロフトなりの高さが出しやすい。 薄めにヒットしてもよく持ち上がります。 低重心化された感じがする。 【つかまり】9. 0 フェースが自然にターンして、つかまり過ぎない程度によくつかまります。 【操作性】9. 5 フェードもドローも打ちやすい。 安心して操作できます。 【打感】10. 0 柔らかくて心地いい感触。 ズシンとくる分厚さはないがソフトで最高に気持ちいい打感です。 【やさしさ】9. 0 このシリーズにはバックフェースにチタンが埋め込まれている。 その効果でスイートエリアが広くミスに強い。 が素晴らしかったが、さらにオフセンターのロスが軽減されている。 トップ気味にミスしてもピンまでしっかり届いてくれそうなやさしさがあります。 フェースローテーションを意識しなくてもつかまってくれるし、振り遅れてもプッシュせず持ちこたえてくれる。 引っ掛かりのミスも軽減されている。 狙いやすさに磨きがかかった素晴らしいアイアンです。 打感は今さら細かく言うまでもない、ミズノらしい素晴らしい感触。 バックフェースのデザインがすっきりしたので、外観のかっこよさが買い替えを迷った時に背中を押してくれそう。 本当に素晴らしい! ツアープロの使用者が増えそうな予感がします。 シャフトは カスタムオーダー専用モデル。 様々なシャフトが用意されています。 5 USGA 現在 1. 競技と仕事を両立しながらのゴルフ漬け。 シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています。 ゴルフ歴34年、飛距離とスコアのアップを目指して、あらゆるギアの研究を重ねています。 スコアは負けても、専門的な知識は負けません。。。 アーカイブ アーカイブ.

次の