世界 ふしぎ 発見。 世界ふしぎ発見! 大人の謎解き雑学 (中経の文庫)

「世界ふしぎ発見!」の無料視聴と見逃した方へ再放送情報

世界 ふしぎ 発見

地球のダイナミックな歴史の痕跡! アンダルシア地方のクリスタル 僕は世界遺産が好きなので、素晴らしい世界遺産がたくさんあるスペインは憧れの国のひとつでした。 そのスペインに初めて訪れることができ、さまざまな世界遺産を見られたことも嬉しいですが、建造物であれ自然であれその歴史を掘り下げていくことでより一層美しさへの感動が増し、また魅力も感じられることを実感できたことがさらに嬉しかったですね。 アンダルシア地方の大人気世界遺産 憧れのアルハンブラ宮殿でご満悦 スペイン南部のアンダルシア地方では、ジオードと呼ばれる、全面クリスタルで囲まれた空洞を取材してきました。 青空が美しいアンダルシア地方で、ほぼヘルメットを被っての取材でしたが(笑)、面白かったです。 この地方では、クリスタルが多く出るのです。 クリスタルといっても水晶ではなく、透明の結晶で、爪でひっかくと跡が付くくらい繊細なものでした。 現代ではそれほど価値のある資源ではないかもしれませんが、その柔らかさを利用して古代ローマの人たちは、生活に革新を起こした加工品を生み出しました。 美しさを楽しむ飾りにするだけでなく、実用品にしたというのが凄いですよね。 およそ2000年前の人たちにむしろ先進的なもの感じました。 アンダルシアにクリスタルをもたらした 地球の大事件の痕跡が見られる王の小道 アルボレアス洞窟にあるクリスタルで作られた橋 日本のメディア初取材! クリスタル洞窟 アルハンブラ宮殿から約200キロの町プルピにあるジオードは、本当に素晴らしかったです。 元は鉱山だったのですが、内部に手つかずのクリスタルが残っている希少な場所のため封印され、今年公開されたというホットな場所です。 一番美しい場所は、クリスタルが繊細なため近づけないのですが、交渉の末、僕とカメラマンさんだけ10分間の撮影を許可して頂いたのです。 生涯の思い出となる、貴重な体験でした。 これまで自分の頭になかった光景を目の前にした時、感動というより呆然としてしまいました。 カメラマンさんも撮影しながら「泣きそう、泣きそう」と言っていました(笑)。 あまりの美しさに言葉を失うというのはこのことなのでしょうね。 中山さんはここからさらにクリスタルの中へ 日本初取材の見事な映像をお楽しみに! 古代ローマ帝国の叡智によってできた景観 世界遺産ラス・メドゥラス 茶色い岸壁と木々の緑のコントラストが美しい世界遺産ラス・メドゥラスは、自然遺産のように見えますが、実は文化遺産。 古代ローマの人たちが金を採掘したためにできた絶景なのです。 その採掘法が実にダイナミック。 採掘法の詳しくは番組でお楽しみ頂きたいと思いますが、実際にラス・メドゥラスでその痕跡を見ると果てしない作業だと感じました。 再現VTRでは僕が古代ローマ人に扮して山を掘る場面を撮影したのですが、当時の状況を想像するとだんだん切なくなってきて…。 すると今度はディレクターさんがその映像を見て「なんか泣けてくる」と(笑)。 どのようにしてこの景観ができたのかを知って見ると、さまざまな感動が味わえる場所だと思います。 「古代ローマ人のダイナミックな採掘法は ジオラマで実験もしました」(中山さん) スペインを象徴する動物は 牛ではなく羊!? マドリードの公道を埋め尽くす羊羊羊 そしてこの羊は日本にも影響を!? 闘牛のイメージがあるスペインと羊ってあまり結び付かないですよね。 でも大航海時代をリードしていたスペインの繁栄を支えていたのは羊だと知り驚きました。 世界中に広まっている上質なウールを生み出す羊はスペインで改良された種なのです。 そしてスペインでは年1回大規模な羊のお祭りが開催されています。 羊飼いの人たちが羊と共に2週間もかけてマドリードまで向かう移牧祭りです。 お祭りを見に来ている方たちにお話を聞くと、羊はみなさんにとって特別なようです。 その気持ち、わかりますね。 僕は福井県出身なのですが、コシヒカリが福井で生まれたことを誇りに思っています。 産地としては圧倒的に新潟県が有名ですが…。 スペインで生まれた上質なウール、僕も山登りなどでよく愛用していて、実は今回のロケにも靴下を持って行っていました。 その良さは十分実感していますが、一層愛着が湧いてきました! 中山卓也さんのスペイン撮影秘話をお楽しみください。 衝撃的な美しさ! 輝くクリスタルの中で 僕とカメラマンさん2人だけが入ることを許されたプルピの洞窟のクリスタルジオートでは、これまで味わったことのない感動を体験しました。 その一方で、緊張の連続でもありました。 番組でもご紹介しましたが、アンダルシア地方のクリスタルはとても繊細で、衝撃は厳禁。 クリスタルの中はけっこう狭く、頭をぶつけたり、足の踏み場を間違えたりしてクリスタルを破損させては大変ということで、同行の研究者の方から常に「右上に気を付けて」「左足は右へ」など指示が出され、コーディネーターさんの通訳を聞いて動くという状態でした。 僕は身長がある上に身体が硬いので、狭い中で指示通りに動くことにけっこう体力も使いました。 それでもこんな体験は2度とできないと思ったので、もうすぐ制限時間の10分というところで、カメラマンさんと携帯で写真を撮りまくってしまいました(笑)。 クリスタルを傷つけないように フード付きのジャケットや靴も脱いで中へ パートナーダンサーのひと言で ふらふらメンコ!? 本番前もしっかり練習 決まってます! 子どもの頃から身体を動かすことは好きでしたがダンスは…。 10年くらい前に舞台のミュージカルに出演したことがあって、その時著名な振付師の方に「壊れたロボットみたいな踊り」とお叱りを受けたことがありまして(笑)。 以来、ダンスには苦手意識があります。 そんな僕にディレクターさんはフラメンコを踊ってもらいます、と(笑)。 ですから渡航前に日本でレッスンを受けることになりました。 とてもゆったりとした曲を選んで頂き、一生懸命練習しました。 とはいっても僕にとっては簡単ではなく、練習中にどっちが右手でどっちが左足かわからなくなることもしばしばでした(笑)。 この美しいパートナーからのリクエストは… そしてスペインでの撮影当日、現地の演奏家とダンサーに練習してきた曲を聞かせると、僕と踊る女性ダンサーに「こんな遅いテンポじゃ踊れない」と言われまして(笑)。 マジか!?ですが、そこはもう彼女が納得するテンポで踊るしかなく、必死に踊りました。 そして踊り終えた後、ディレクターさんはじめスタッフの顔を見ると、みなさん微妙な表情(笑)。 せっかく頂いた機会ですが、苦手意識克服とはならなかったですね。 残念です!.

次の

LiLiCo&小田井のスウェーデン挙式を『世界ふしぎ発見!』で独占取材

世界 ふしぎ 発見

放送回数は2020年4月18日放送分までの回数。 2006年4月8日から放送を実施。 『 日立 世界・ふしぎ発見!』(ひたち せかい ふしぎはっけん、英称: Discovery of the World's Mysteries )は、で毎週21:00 - 21:54に放送されている、ほかの単独提供の世界各国をテーマにした。 略称は「 ふしぎ発見!」。 との共同製作番組。 概要 [ ] 各地の、、などの、、について、現地取材のレポートをスタジオで司会者と解答者がクイズやトーク形式で紹介する番組で、4月から続くである。 番組開始時のキャッチコピーは「 アタマもはしゃぐサタデーナイト」。 良質な取材により各国の遺跡などで「テレビ初取材」し、日本のテレビメディアでは初めて2007年にの発掘現場で棺引き上げ作業を取材している。 取材対象国は、、、、、、、、、、、 の順で各国に亘る。 4月19日から 放送されており、頃に開始した『』(フジテレビ系列、19時台)、『』(日本テレビ系列、20時台)、『』(テレビ東京系列、22時台)など土曜夜のクイズ番組中、本番組は唯一現在まで続くとなっている。 28局と、、の系列外3局 を合わせ全国31局で放送するの番組で、1997年9月以前はの一社提供番組だが、1997年10月以後は「日立グループ」各社の提供である。 番組枠を越える企業名宣伝を回避するため、前番組『』時代と同様に番組表への記載とCMや前番組終了後のでは「日立」を省き「世界・ふしぎ発見! 」をタイトルに用いている。。 『』とは異なり、日本国内が取材対象の場合も地元系列局は制作協力に加わらない(ただし地元系列局向けに当該回の番宣CMを制作することはある)。 受賞 [ ]• 「親が子どもに見せたい番組」のアンケート調査で第4位を獲得した番組である。 「優良放送番組クイズ番組部門」第1位。 9月 にやに対する興味を呼び起こし日本人のに対する憧れを常に刺激し続けてきたことから、がの発展に寄与したやに対して贈る「大賞」を受賞 している。 2018年、第34回 特別賞を受賞。 出演者 [ ] 司会 [ ]• - 番組開始から2005年3月までは単独で司会を担当。 アシスタント(TBS女性アナウンサー)が加入された2005年4月からは「スーパークイズマスター」という肩書きで出演していたが 、2013年7月13日のスペシャル回以降はその名称はなくなり「司会」に戻った。 MCアシスタント [ ] 2005年度から設けられている出演者ポジション。 (TBSアナウンサー) - 2009年度から出演。 () - 準レギュラー解答者を経て、2019年1月19日及び同年6月15日放送分以降、出水と共にアシスタントを担当。 過去のアシスタント [ ]• (出演当時TBSアナウンサー) - 2005年度から2008年度まで出演。 TBS退社と同時に番組を降板。 (出演当時TBSアナウンサー) - 出水の代理。 レギュラー解答者 [ ] 現在 [ ]• - 初回から出演。 本番組では、ほぼ毎回着物を着て出演する。 - 初回から出演しているが、最初期には準レギュラー。 1991年4月27日放送分から毎回出演。 過去 [ ]• - 最初期にレギュラー出演していた。 降板時期は不明。 番組最初期のルールで無謀な賭けを繰り返して2回もマイナス10個になったにもかかわらず、一度も罰ゲームを受けなかった。 - 最初期の約3か月間は準レギュラー。 その後長らくレギュラー出演するが、2012年12月に自身の所得隠し問題が報じられた影響で、同年12月22日放送分を最後に出演を自粛し 、2013年2月9日付で正式に降板した。 ゲスト解答者は、初期は作家などのや中高年の芸能人が主だったが、2000年7月のリニューアル以降は20代・30代の芸能人が多くなった。 1997年8月9日と8月16日、1998年7月25日と8月1日の4回 は野々村と男性ゲストの間にもう一つ解答席が設けられ、一般公募による視聴者(いずれも教師)が参加した。 ミステリーハンター [ ] 番組独自のリポーターの「ミステリーハンター」が海外取材して出題し、スタジオで進行するとの対比で主に劇団などに所属する女優やタレント、モデル、アナウンサーなどの女性が務めているが、内容によっては男性が務めることもある。 第1回の初代ミステリーハンターはで、最多出演はである。 1992年の放送300回 、2002年の800回 、2013年の1300回を記念してミステリーハンターを一般公募した。 第300回は2人、1992年5月9日の第301回 は2人がを取材した。 第800回も2人がそれぞれとを取材し2003年1月4日のスペシャル で放送され、第300回の1人と第800回の2人は後に数回出演している。 1300回は3人がそれぞれ、、を取材して2013年12月14日のスペシャル回で放送された。 2014年度も一般公募から6人が選ばれ、2014年12月20日の第1342回に前編として、、を担当した3名、2015年1月17日の第1343回に後編として、、を担当した3名。 それぞれが放送された。 2010年10月23日の2時間スペシャル は通常のミステリーハンターのほかに、司会を含むレギュラー出演者とゲスト出演者が現地へ赴き取材した 詳細は。 歴代ミステリーハンター [ ]• (最多出演)• (瀬戸たかの)• (五島静)• NANAKI()• ゲストミステリーハンター [ ]• (第669回)(当時:Yasuko)• ()(第1506回)• (第1322回)• (第371回、第415回、第456回)• (第546回、第601回)• (第587回、第644回)• (第1535回)• (第77回)• (当時:乃木坂46 )(第1441回)• (第1511回)• (第490回)• (第244回、第283回、第307回、第359回、第428回、第486回、第535回、第617回)• (第38回)• (第564回)• (当時:)(第1285回)• (第342回)• (第577回、第598回、第640回、第664回、第700回)• (第322回) 男性ミステリーハンター [ ]• (第1297回)• (当時:TBSアナウンサー)(第838回)• (第1279回)• (第407回、第457回、第508回、第573回、第605回、第676回)• (第452回、第543回、第631回、第686回)• (第628回、第654回)• (第59回)• (第1280回、第1293回)• (第233回、第251回、第273回)• (第251回)• (第933回)• (第1300回)• (第262回)• (第1367回) - ミステリーハンターの宮地眞理子と共に出演。 (第565回、第597回)• (第663回)• (第283回、第342回)• (第347回)• (第646回)• (第175回、2012年12月15日のスペシャル、2018年5月19日)• (第175回、第607回)• (第926回)• (第296回)(当時:林家こぶ平)• (第746回)• (第1303回)• (第584回)• (2012年12月15日のスペシャル)• (第1242回、第1287回) 第300回記念一般公募ミステリーハンター [ ]• 足利うづめ• 山下陽子 第800回記念一般公募ミステリーハンター [ ]• 第1300回記念一般公募ミステリーハンター [ ]• 大倉未沙都• 武市萌実• ミステリーハンター大募集2014一般公募 [ ]• 伊藤文• 佐々木有美• 藤川尚樹• 前田悠利• 山崎理美 クイズのルール [ ] 1986年4月19日 - 1986年9月27日 [ ] 問題数は4問。 の入っている砂金袋()10個を予め持ち、解答時にこの中から解答への自信に応じて砂金袋を賭け、正答の場合は賭け分のが2倍与えられたが、誤答の場合は賭け分のが(ボッシュート)された。 10個分を表す「大」というもあった。 また、途中から、最終問題に限り正答の場合には賭けた分の他に大も貰えるようになった。 の個数は基本的に増やしていく事で、に次回の出演時に持ち越し、引き継がれる。 合計50個を獲得すれば、解答者が(世界七不思議旅行)へ招待される。 逆にマイナス10個になってしまうと 、ヘビだらけの中に放り込まれる、刑務所に入れられる、ビーチで風鈴売りをさせられるなどといった過激な罰ゲームを受けなければならない。 50個に達したもしくは-10個で罰ゲームを受けた解答者は、次回の出演時はリセットされて10個から再スタートとなる。 1986年10月4日 - 2000年7月8日 [ ] 問題数は同じく4問。 砂金袋に替わり、司会の草野仁をモデルにしたマスコット「ヒトシ君人形」が登場した(人形がを背負っている)。 解答者は、「ヒトシ君人形」3個と、正解すると「ヒトシ君」3個を獲得できる「スーパーヒトシ君人形」1個の計4個を予め持っていた。 解答時に「スーパーヒトシ君」「ヒトシ君」のうち1個を賭け、正答だと賭け分の「ヒトシ君」が得点分となるスーパーヒトシ君は通常のヒトシ君人形3個に交換。 その際、コンパニオンによって「ヒトシ君」人形に砂金袋が付けられ、解答席前部のスペースに移される。 誤答だと、賭け分の「ヒトシ君」は没収 ボッシュート された。 一度得点分となった「ヒトシ君」は再び賭ける事は出来ない。 クイズ終了時の、ヒトシ君人形の獲得個数でトップ賞が決定する(ヒトシ君人形の獲得個数の多い解答者が、賞となる)。 4問全問正解の場合、ヒトシ君人形は6個となり、「賞」を獲得できる(解答者はトップ賞の賞品のみで、視聴者がに抽選で招待される)。 トップ賞はクイズのテーマにちなんだもの、取材国のブランド品や工芸品・民芸品が贈られた。 またスポンサーである日立の電化製品の場合もあった。 2000年7月15日 - 2005年3月26日 [ ] 問題数は4問から3問に減少し、「スーパーヒトシ君」の換算も「ヒトシ君人形」2個分と減少された。 そのため、パーフェクトは人形4個となった。 トップ賞獲得の条件は撤廃され、同じ数のトップ賞が2人以上出た場合、同時トップ賞となった。 クイズ演出の大幅変更のため、それまであった25秒間のシンキングタイムがカットされる様になり解答者達の草野へのヒントの質問後、SE音とともにすぐに解答オープンをするように変更された。 2005年4月9日 - 2008年3月2日 [ ] 放送開始20周年突入に当たり、解答者がクイズに挑戦してトップ賞を目指す番組形式から、解答者が書いた解答の中から、正答と思われるものに視聴者が投票し、視聴者へ賞品を授与する()形式へ変更。 トップ賞が廃止され、同時にスタジオセットも大幅に変わり、アシスタントとしてTBSアナウンサーのが進行役に加わった。 司会・はこの年から「スーパークイズマスター」と名乗り 、6名の解答が4種類以上に分かれた場合はその中から3個を選び出し、それを1・2・3の選択肢とする。 草野仁が行うこのテレゴングの選択肢を選び出す(あまりにも正解からかけ離れた解答を除外する)行為を「マスターズ・チョイス」と呼ぶ。 ただし、解答者の答えが3種類以内の場合は「マスターズ・チョイス」の選出はなし。 「マスターズ・チョイス」後、選ばれた選択肢を書いた解答者は、解答への自信に応じて「金」「銀」「銅」のヒトシ君人形からひとつ選ぶ。 ただし、これが得点や賞品に影響を及ぼす事はなく、テレゴングで投票する際の参考にするだけである。 解答者の中に正解者がいなかったときのために、4「正解なし」という選択肢も用意されている。 文字フォントの色も受信機のリモコンの色に準じて1に「青色」、2に「赤色」、3に「緑色」、4に「黄」の文字フォントがそれぞれ使われている。 2006年4月現在、デジタル放送で解答を選べる双方向サービスは実施されていない。 3択で出される問題も出題されるが、その場合は4「正解なし」がない。 また、「視聴者限定! ラスト・クエスチョン」で出される問題も同様である。 2006年6月3日放送分からは、にサービスを切り替えたため、NTT東日本・西日本の加入電話だけではなく、などでも参加できるようになった。 2008年4月5日 - 2012年1月21日 [ ] 2008年4月からは、それまでの電話投票形式に加えて、3年ぶりにトップ賞を争う形式が復活した。 解答者は答えの自信度に合わせ、金、銀、銅のヒトシ君人形を賭け、正解すればそれぞれ3ポイント、2ポイント、1ポイントを獲得できる。 すなわち2005年3月以前の『ヒトシ君人形』『スーパーヒトシ君人形』を賭けたルールに近い形になった。 不正解での減点は今までどおりない。 正解、不正解にかかわらず一度賭けた色の人形は使えない。 つまり3問正解パーフェクトなら6ポイントとなる。 またマスターズチョイスが廃止された(すなわちテレゴングでは、解答者が出した全種類の解答に、全員不正解の「正解なし」を加えた最大7択(8択)から選ぶことになる。 また、不正解の解答は2005年3月以前同様全てボッシュートされる)。 なお、点数状況の表示は2005年3月以前のヒトシ君人形を置く形式とは違い、モニターで点数を数字で表示する形式になったが、現在はこれに加え、クイズ終了毎(途中経過の得点状況)及びトップ賞の発表時(最終結果の発表)に画面の右下に小画面で点数状況を表示する形式を採っている(正解数1 - 3問(パーフェクト)がトップ賞)。 2009年4月からはアシスタントをTBSアナウンサーのに交代した。 2008年12月20日放送分からは、クイズのルールは2008年4月からのものと変わらないが、2005年4月から導入された各問題での電話投票形式が廃止された。 金・銀・銅のヒトシ君人形の頭に3・2・1と獲得できるポイントの数字が付けられ、各解答者の獲得ポイントがひと目で分かるようになった。 正解すると賭けたヒトシ君人形の頭についている数字部分の電飾が点滅し、後に点灯状態になるほか、クイズ終了後の最終結果を発表直後、トップ賞及びパーフェクトを達成した解答者のみ獲得したヒトシ君人形の頭についている数字部分が点滅する。 また以前のスタジオセットの床下にあったモニター画面がなくなったため、クイズ終了毎(途中経過の得点状況)及びトップ賞の発表時(最終結果の発表)にモニター画面や画面の右下に子画面で点数状況を表示する形式はなくなり、アシスタントが口頭で途中経過の得点状況や最終結果を発表する。 番組最後の予告前に電話投票形式での視聴者プレゼントクイズ(視聴者限定ラストクエスチョン)がある。 2011年3月26日放送分からは基本的ルールをそのままにセットを変更。 金・銀・銅のヒトシ君人形を賭けるのは同じだが、点数表示はヒトシ君人形でなく、その前面に設置された数字パネルで表示されるようになった。 また、アンサー制度が導入され、各問題ごとにアンサーVTR、アンサーウーマン、アンサーマンなどがスタジオに登場し、問題を詳しく解説する制度が登場した。 なお、これに伴い問題の正解を発表(表示)される際の「正解」が「アンサー」に変更された。 番組25周年特別企画 [ ] 2010年10月には番組開始25周年を記念して3週にわたる特別企画を放送。 10月9日、10月16日は問題が全問三択となり、その全てが電話投票形式での視聴者プレゼントクイズとなった。 同年10月23日には2時間スペシャル(19:56 - 21:54)を放送。 当時の番組出演者一同がハワイへ上陸し、解答者2チームと司会者に分かれて取材を行いながら、視聴者向けに電話投票クイズを出題した。 その後、取材の成果をもとにの前に特設セットを設け、解答者チームが対抗で電話投票形式のクイズ対決を行った。 また、ミステリーハンターの日記も現地の小学校を取材。 小学生と共に特設セットに飾るための絵を描き、電話投票クイズの出題を行っていた。 2012年1月28日 - [ ] 2012年1月28日放送分のスペシャル回から、2005年度より一旦廃止した「スーパーヒトシ君人形」が復活、更に得点表示もヒトシ君人形による表示が復活し、概ね2000年度中盤までのルールに戻った。 ノーマルの場合は1ポイント、スーパーヒトシ君の場合は3ポイント。 つまり、3問全問正解・5ポイント(2012年のスペシャル版は、4問全問正解・6ポイント)獲得するとパーフェクト賞獲得者と抽選により視聴者が海外旅行に招待される。 2012年のスペシャル版は問題が1問増えるため、使用可能なノーマルヒトシ君人形の数が1つ増える。 未使用のヒトシ君人形は解答者席横のボックスに収納されている。 正解すると獲得できるヒトシ君人形は解答者席前面のスペースにあらかじめセットされており、獲得ポイント分のヒトシ君人形が出てくる仕組みになっている。 パーフェクト賞の解答者にはトップ賞の賞品に加え、クリスタルスーパーヒトシ君が贈呈される。 この没収のことをのは ボッシュートと呼んでおり、草野のニックネームである「 HBK( Hitoshi Bosshoot Kusano)」の由来にもなっている(本来は団体のプロレスラー、のニックネーム「ハートブレイク・キッド( Heart Break Kid)」)。 視聴者からの問い合わせがあった際に、『「没収」と「シュート」を合わせた言葉』だと説明した。 ヒトシ君人形のデザイン [ ] 最初にこの人形の企画およびデザインを行ったのはの作者でもある。 非常に精巧な制服と小道具、頭が揺れるデザイン、ボッシュートの際にある程度の高さから落ちても大丈夫な耐久性、といった条件を満たすために非常に高価であり、製作はひとつひとつが手作りだった。 2008年には放送1000回を記念して、各ヒトシ君人形の貯金箱や首振りフィギュア、首振りマスコット、マスコットストラップなどが商品化された。 ヒトシ君人形(基本形) [ ] 初代:1986年10月 - 2005年3月26日 2頭身で、首振り人形である。 の衣装を身にまとっており、左肩に地図、ズボンのベルトにハンマーを提げ、を1個背負っている。 頭部に帽子()をかぶっており、正面にイニシャルである「 H」( Hitoshi)の文字が描かれている。 帽子・服・ズボンの色はクリーム色。 2代目:2005年4月9日 - 現在 衣装の基本的なデザインは初代と同じだが、2頭身から3頭身になり、頭が揺れるデザインでなくなった。 また、ガリンペイロを背負わなくなった、服のボタンの色が黒から赤に変わった、のダブルバイセップスのようなポーズから、草野が行う「ふしぎ、発見! 」のポーズになったりするなど、大きくモデルチェンジした。 先述通り、ルール変更により「金・銀・銅のヒトシ君人形」の登場したため、2012年1月21日まで長らくオープニングなどのCGアニメーションのみの登場となっていた。 同年1月28日にルールが戻された事により、ようやく新たな2代目フィギュアが製作された。 スーパーヒトシ君人形 [ ] 初代:1986年10月 - 2005年3月26日 服の色はヒトシ君人形と同じであるが、帽子・ズボンのみ赤色である。 ヒトシ君人形はガリンペイロ袋1個背負っているのに対し、スーパーヒトシ君人形は2個背負っている。 頭部に帽子の正面にはガリンペイロのマーク(の黄金マスクを模したイラスト)が描かれている。 2代目:2005年4月9日 - 2012年1月21日 ガリンペイロを背負わなくなり、スーパーヒトシ君人形の帽子に描かれていた先述のマークは金色で「H」の文字に変更された。 2代目は当初、ヒトシ君人形と同じくCGアニメーションのみの登場となっていたが、後にパーフェクト賞を達成した解答者への賞品としてのフィギュア が製作された。 3代目:2012年1月28日 - 現在 ルール変更により、新たなフィギュアが製作された。 衣装のデザイン、色は2代目に準ずるが、赤いを装着しており、帽子には金色で「SUPER」の文字が描かれている。 金・銀・銅のヒトシ君人形 [ ]• 2005年4月のルール変更により、新たに3色の衣装をまとったヒトシ君人形が登場。 このうち金・銀のヒトシ君人形は後に衣装が鏡面仕上げになった。 人形は解答者席に既にセットされており、ボタンを押すことによって出すことができる。 クリスタルヒトシ君人形 [ ]• 2005年4月から視聴者向けクイズの正解者に贈られる、スケルトンタイプのヒトシ君人形が登場。 後に、パーフェクト賞を達成した解答者にも贈られるようになった。 2012年1月28日より、パーフェクト賞として贈呈されるクリスタルヒトシ君人形は、クリアレッドのマントを着けた「クリスタルスーパーヒトシ君人形」に変更された(ただし、実際に進呈されるのは視聴者プレゼントの賞品と同じクリスタルヒトシ君人形である)。 セットのデザイン・解答者席 [ ] セット自体は何度も入れ替わっているが、デザインは2000年7月15日、2005年4月9日、2008年12月20日、2013年7月13日の4回分で大幅な変更がされている。 以下はセット全体のデザインの変遷である。 1986年4月19日 - 1991年5月4日 1987年10月24日の第80回 は「飛び出しスペシャル」としての前から出演者が解答席で回答し、同じく1990年3月24日の第197回 は第2弾としてインドのからの前でスペシャルを行った。 1991年5月11日 - 2000年7月8日 使用期間が最も長い、司会者席と解答席の間にスポンサーである日立製のモニターを設置、1996年4月6日から司会者席と解答席前や床に置いてある丸い置物が変更され、パネラーのネームプレートの書体も同時に徐々に石井ゴシックから角ゴシック調に変更、1997年から5人のパネラー全員角ゴシックに統一された。 2000年7月15日 - 2005年3月26日 それまでに比べて、全体的に白を基調とした明るめなデザインとなり解答席がそれまでの横1列5人からのように前3人、後3人というように大幅にチェンジされ、パネラーのネームプレートを廃止し解答者席モニターに常時解答者名を表示するように、司会者席横に新たにモニターを設置し、そこにも解答者6人全員の答えを表示(モニターの解答は白で正解には赤)。 2005年4月9日 - 2008年3月22日• 2008年4月5日 - 2008年12月13日• 2008年12月20日 - 2011年3月19日 2010年4月10日から置物をチェンジした。 2011年3月26日 - 2013年7月6日 2012年1月28日から解答席のデザインが大幅にチェンジされ、同年8月18日より壁面と床面のデザインがリニューアルされ、2012年12月15日から司会者席のバックのデザインがチェンジされた。 2013年7月13日 - 現在 天窓からやさしい光が差し込む博物館をイメージしたセット、2代目以来13年ぶりに解答席が横1列に戻った。 解答者席 [ ]• 1986年4月19日 - 2000年7月8日 解答者はレギュラー3人と準レギュラーまたはゲスト2人の5人体制で、解答者席のモニターはパネリストの上にあるセットだった。 2000年7月15日 - 2005年3月26日 セットを白を基調に大幅に明るくリニューアルし、モニターを解答者の下へ移動し、レギュラー3人・ゲスト3人の6人体制となった。 2005年4月9日 - 2008年12月13日 司会席がセット中央に、解答者はそれを取り囲むように左右に3人ずつ並び、モニターは司会席の後方に置かれるようになった。 2008年12月20日 - 2011年3月19日 スタジオセットを一新し、解答者もレギュラー3人とゲスト4人の7人体制になった。 2011年3月26日 - 2013年7月6日 解答者は司会席を取り囲むように、右側に3人・左側に4人 横に並ぶようになった。 2013年7月13日 - 初期の頃とほぼ同じ形で、6人横一列に並ぶように戻った。 オープニング [ ] テーマ曲 [ ]• 初代:番組開始 - 2003年度、作曲• 2代目: 2004年度、初代のアレンジ版• 3代目:2005年度 - 現在、編曲によるアレンジ版 エンディング [ ] 2012年6月30日放送分までエンディングテーマに様々な版権曲が使用されており、2 - 3か月おきに変更されていた。 2012年7月7日放送分以降はエンディング曲が廃止された。 エンディングテーマ [ ] 「日立 世界・ふしぎ発見! 」歴代エンディングテーマ曲 曲名 歌手 使用期間 1. feat. アーミ・アミーコ! アーミ・アムージ! 番組開始-1994年3月 : ホワイトバックにタイトルの右端に「来週もおたのしみ」と表示• 1994年4月-2000年7月8日 : 砂漠にいるヒトシ君人形を背景に、タイトル画面に「おわり」と表示• 2000年7月15日-2005年3月26日、2013年の1回 : 出演者全員がカメラに向かって手を振っている映像を背景に、タイトル画面に「おわり」と表示• 2005年4月-2008年3月、2008年10月-2014年3月 : 照明が落とされた無人のスタジオ映像を背景に、タイトル画面に「おわり」と表示• ナレーション [ ] 現行 [ ]• (次回予告を担当)• 竹内海南江(提供読みを担当) 過去 [ ]• (「ゴジラ生誕40周年記念」を担当)• ()(第1301回担当)• (第1303回担当)• (第1338回担当、これ以前にもにて出演)• (第1460回担当)• (第1476回担当)• (第1517回担当、これ以外にも何回かゲスト出演)• (第1525回担当)• (視聴者限定ラストクエスチョン)• ミステリー・ハンター1人、他• は主にと、、所属の声優が担当。 ネット局と放送時間 [ ] 放送対象地域 放送局名 系列 放送時間 遅れ 備考 土曜 21:00 - 21:54 制作局 同時ネット 1989年10月の開局時から 1990年10月の開局時から ・ 1992年10月の開局時から 土曜 12:00 - 12:55 7日遅れ 1995年4月から 日本テレビ系列 1995年10月から 日本テレビ系列 土曜 13:00 - 13:54 1995年4月から ネット局に関する備考 [ ] 当初は土曜22:00 - 22:54の放送であったが、より21:00 - 21:54に枠移動した。 枠移動後の初回は編成の都合上、基本放送時間より30分遅れでの放送となった。 また、スポーツ中継の影響により30分以上遅れる回もあった。 のでは、に、同年の開催に合わせ、やオリンピック関連のテーマを取り扱った回の再放送が行われた。 系列外のABS・JRT・FBCは1995年に開始(いずれも非局。 ABS・JRTは4月に、FBCは10月に開始)。 系列外ネット開始当初は木曜19:00-19:54(当時ローカル枠だった『』を差し替え)での放送であったが、日本テレビ系列では1999年3月をもって、ゴールデンタイムのローカル枠が廃止となった ため、現在の放送時間となる。 なお、番組名に特定の企業名が入っていることから、ABS・FBC・JRTによる放送でもスポンサーの変更はない(いわゆる、時差スポンサードネット)。 スタッフ [ ]• 編曲:• TD:柳田智明(以前はCAM)、中里子• CAM:廣岡達之、梶谷美保• VE:木野内洋、青柳陽子、後藤静香、青木智奈未(美)、佐藤陽子、湊里実、加藤佑太、森竜二、佐藤希美• 音声:原田光、藤井忍• 照明:山本和宏• VTR:湊里実• VTR編集:小野貴志、小部昌史、水津太盛、吉田愛、馬込壮志• MA:森岡浩人• 音響効果:溝口博子• CG:水留健吾・久世友喜(MandB Design)、大澤宏二郎・小口祥直()、宮井勇気、嶋ヨシユキ• 美術プロデューサー:小美野淳一• 美術制作:平原道夫、落合竜司• 装置:鈴木匡人(時折大道具も担当)• メカシステム:大谷圭一• 電飾:芹沢茂明• 衣裳:岡崎貴子• 番組宣伝:河野裕之(TBS)• 編成:矢野大亮・松岡洋太(共にTBS)• TK:阿部直子• 演出補:杉山哲也、飯笹雅之、齋藤龍太、工藤加奈子、阿由葉聡子• FD:林(朴)泰斗、牟田口わか菜、宮本剛、松村昴、福島広子、冨吉雅成、臼田太郎、小林健雄• 制作プロデュース:五十井菊(以前は総合デスク)、飯笹雅之(以前はFD)• キャスティング:今山典子• 制作補:草地正典• 企画渉外:菅沼直之、冨吉雅成• 海外プロデュース:黒田亜希• 海外デスク:金井理恵、下村絵美、岩田亜美、高田好子• アドバイザー:小堺有希子(以前は演出補)• ロケ演出:冨吉雅成(以前は制作)、工藤加奈子、野村明浩、山嵜隆央、鬼頭明(以前は演出補)、鈴木洋平(以前は演出補)、久保日見子、佐藤寿一、三好雅信、原口花琳• プロデューサー:重延浩• 技術協力:、、、、• 美術協力:、、、ユニオン企画、ネクステージ、テクト• 収録スタジオ:• 製作:、 過去のスタッフ [ ]• プロデューサー:藤井康夫・峰岸進・佐々木卓(全員TBS)• 編成:神成尚史・太田寛・・津村有紀・上田学・福田健太郎・荒井麻理子・高橋智大(全員TBS)• ロケ演出:村田吉廣、上野関一郎、内山雄人、小山清悟• 演出補:国分禎雄、服部圭介、高垣圭介、野口康裕、名倉亜希子、佐野達也、久保日見子、松田朋之、波入敏彦、友利栄太郎、萩原篤、清水耕一郎、熊谷喜一、金井良祐• 会場担当:廣中信行(TBS)• 制作補:• 制作プロデュース:金廣純子• 海外プロデュース:畠山陽子、木村恵• キャスティング:佐藤志保、河村奈美、石田優子• 構成:、松林展也、、田中伊知郎• TM:小林敏之(TBS)• 撮影:鈴木淳、館岡悟、笠井知彰、新井賛二、植松昌美、安彦龍太郎• VE:対馬ヒロミ、佐藤徹、池義明、星野一司、工藤久哉、岩佐治彦• 音声:大口真・坂井健志・佐久間優(全員TBS)、松本百合雄、高橋進、橋爪繁輝• 照明:松村劦・鈴木孝夫・田中豊治・石川博章(全員TBS)、五十嵐和昭、、遠藤光弘()• 特機:サークル、滝沢健太• タイトル:、勝聡• 編集:宮島文、宮島亜紀• VTR編集:大石康弘、浮谷康至、岩立登志雄、野田智雄、秋葉武弘、原康子、松田和茂、伊藤英二• リサーチ:矢橋千尋、柳沢裕美子、山森みゆき、土方奈青、林由香里、冨田紀子、古井知克、大熊昭子、西川アンナ、呉珉慧• アシスタント:笠間あゆみ、来宮香織、栗原玲子、仁科沙耶、高橋あゆみ、前田優子、高橋麻美• MA:堀田元子、阿左美茂樹• 音響効果:館野忠之、半藤徹、東谷尚• CG:勝聡、桜井崇、三田邦彦、依田真一郎• 美術プロデューサー:河瀬洋男(TBS)、飯田稔(TBSテレビ美術センター)• 美術デザイン:、宇野宏美• 美術制作:岩井愛• メカシステム:金野壽雄• 電飾:藤山雅夫、池苗大助• 大道具:渡辺通泰• 小道具:菅原芳隆、臼田義和、川原栄一• 衣裳:早船光則• 床山:水口誠也• タイトル画:• メイク:アートメイク・トキ• デスク:宮嶋文、薬師寺真紀• スーパーバイザー:中谷直哉• 技術協力:、、• 収録スタジオ:、 書籍・ゲーム [ ]• 書籍『世界・ふしぎ発見! クイズで学ぶアメリカ史』(、)• 書籍『世界・ふしぎ発見! クイズで学ぶヨーロッパ史〈ギリシア・イタリア編〉』(1989年、小学館)• 書籍『世界・ふしぎ発見! クイズで学ぶヨーロッパ史〈フランス・スペイン編〉』(1989年、小学館)• 書籍『世界・ふしぎ発見! 古代エジプト7つの謎』(吉村作治監修、、)• 書籍『世界・ふしぎ発見! これが世界の新・七不思議』(、幻冬舎)• 書籍『世界・ふしぎ発見! 南米・消えた黄金文明』(、幻冬舎)• 書籍『マンガ版世界・ふしぎ発見! 奪われたノーベル賞』(、)• ゲームソフト『世界・ふしぎ発見! トロイア』(発売元:TBS) 同名で(1999年7月22日発売)に移植されている。 『世界ふしぎ発見! ゲーム』(発売、発売元:)• DVDブック『世界ふしぎ発見! わんぱくパンダ ふしぎ発見! 』(発売、発売元:) パンダについて取り上げた作品を抜粋し、児童向け書籍化したもの。 ゲームソフト『世界ふしぎ発見! DS 伝説のヒトシ君人形を探せ! 』(2009年発売、発売元:) スポンサーについて [ ] 第1回から(以下「日立」)の一社提供だったが、10月からは日立とにスポンサーが変更となり、番組の後半に『』をBGMにしてグループ参加企業一覧を流すCMが放送され始めた。 これは、日立グループ提供だったとスポンサー枠を交換したためである。 提供テロップのフォントは石井ゴシックを使用している。 日立グループ各社の名義となっても、日立の樹以外のCMは基本的に日立製作所または日立の家電品を事業とするグループ各社(現:)だけであり、グループ各社の協賛はこの日立の樹のCMでのロール字幕表示のみとなっている。 当初の画面は、オープニングの司会者挨拶時に右下に縮小表示した後、一問目終わりのCM前に改めてを表示していたが、5月末からは世界風景の映像を背景に提供テロップがアニメーションする形式に変更された。 同年7月8日放送分以降、OP映像が終わったあとスタジオ画面が映し出されたと同時に、提供画面が表示される形式に変更された。 EDについてはこれまでと同様。 これに伴いCMは、答えの発表後から答えの発表前に流れる形式に変更された。 提供アニメーションは、2005年4月(テレゴング形式への変更時)にパターンが変更されている。 初期は、提供CM枠は6分だったが、2005年10月から2014年3月末までは本編終了後の明けにCM が放送されていたため、提供CM枠は5分30秒(『日立の樹』の1分間を含む) となっていた。 2014年4月12日放送分より提供CM枠が4分30秒に短縮され、後クレは右下表示されるようになったため(ラストクエスチョンのVTRが終わり、スタジオに切り替わった時点で『提供 HITACHI Inspire the Next』と出る)提供読みは前クレのみとなった。 これに伴いヒッチハイクCMが拡大され、CM1 - 3が日立のCMが90秒ずつ、CM4が90秒ヒッチハイク(いわゆる複数社提供枠)として本編中に内包して流れるようになった。 これに従い、これまで番組の最後に放送されていた『日立の樹』のCM放送が番組の中盤に移動した。 また、後クレが表示された後は次回予告などでの番組タイトル表示が「日立 世界ふしぎ発見」ではなく「世界ふしぎ発見」と、企業名が外れている。 また2019年現在、日立の樹のCMは番組中2回流れるようになっている。 2018年度以前は1回で、2バージョンを交代で放送していた。 また、2007年3月17日放送分の1000回突破記念3時間スペシャルなど、放送時間枠が大幅に拡大した場合でも日立グループの一社提供となり、他社のスポンサー及びは一切入らなかった。 視聴者へプレゼントされる海外旅行は「ルックJTB」(。 現在はJTBワールドバケーションズ の提供)である。 以前は司会のが「いつも、いちばん新しい旅を。 ルックJTB」と紹介していたが、TBSアナウンサーのがアシスタントとなったことで交代した。 現在は、「海外旅行のルックJTB」と紹介されており、草野自身が「ルックJTB」のCMキャラクターである。 番組開始当初は、が海外旅行を担当していた。 先述した通り、この番組の放送時間中のCMは日立グループだけであるが、この番組の放送時間中にしか放映されないCMがいくつかある(デジタルハイビジョンプラズマテレビ「」のCMなど。 日立のホームページで視聴可能)。 2007年3月17日放送分のスペシャルでは、日立に勤める父親とその息子が『ふしぎ発見』を見ながら会話するという、この日限定の3分間のミニドラマ仕立てのCMが放映されたが、2017年1月21日放送分のスペシャルでは、放送開始30周年を記念してレギュラー2人の名場面を織り交ぜた、この日限定の特別版CMが放送された。 1996年に野々村真がのキャンペーンキャラクターに起用された。 野々村の本番組でのできが悪いというイメージを逆に利用し、日経で勉強するというものである。 広告は、新聞を読む野々村に「草野さん、見てなさい」「黒柳さん、待ってなさい」「板東さん、笑ってなさい」という3種類のコピーがついていた。 2013年からは日立の企業CM(『日立はすべてを 地球のために』シリーズ)に限り、字幕台詞が付けられたCMが放送されるようになった。 提供表示 [ ] 1986年4月 - 2000年5月(オープニングの司会者挨拶時のみ) 『提 供 HITACHI』 右下に縮小表示。 提供読みはなし。 1986年4月 - 1997年9月(一問目終わりのCM前のみ) 『提 供 HITACHI -技術の日立-』 ブルーバック。 2014年4月 - (ラストミステリーのクエスチョンの時のみ) 『提 供 HITACHI Inspire the Next』 提供読み [ ] 1986年4月 - 1997年9月 「この番組は技術の日立の提供でお送りします(しました)」 1997年10月 - 2000年5月 「この番組は技術の日立・日立グループ各社の提供でお送りします(しました)」 2000年5月末 - 2009年12月、2011年1月 - 2014年3月 「次の時代に新しい風を。 Inspire the Next(インスパイヤー・ザ・ネクスト). 日立グループがお送りします(しました)」 2010年1月 - 2010年12月 「おかげ様で創業100周年。 Inspire the Next(インスパイヤー・ザ・ネクスト). 日立グループの提供でお送りします(しました)」 2014年4月 - 「次の時代に新しい風を。 Inspire the Next(インスパイヤー・ザ・ネクスト). 日立グループがお送りします」 パロディ [ ] 世界サプリ発見! 『』の2005年7月2日放送分において、本番組のパロディ問題が出題された。 世界七ふしぎ発見 木梨憲武が行く韓国の旅 2010年12月7日にTBS系列のバラエティ番組『』で放送。 司会(マスター)は。 アシスタントは出水麻衣(オリジナルと同じ)。 オリジナルと同じセットを使用し、「ヒトシ君人形」のかわりに木梨をモデルにした「憲くん人形」及び「スーパー憲くん人形」を使用。 解答者は草野仁(オリジナルの司会者)、野々村真(オリジナルのレギュラー)、大竹一樹、三村マサカズ、はいだしょうこ・森本慎太郎ペア、大島美幸・鈴木おさむペア、村上知子・黒沢かずこペアの7組。 謎のホームページ サラリーマンNEO 『』の単発放送時代、2005年に行われたニュースコント。 本家のミステリーハンターのがコントで事件現場レポーター役に出演し、「この現場でいったい何をしているのでしょうか」と本家の番組同様に、クエスチョン(問題)を出題(SEも本家をパロディ化したものが流れた)。 が板東英二の真似をして本家の番組同様に解答した。 世界ふしぎオハッケン ()の『』の2010年12月24日放送の特別企画のコーナー。 オープニングは本家オリジナルの物を流用。 ルールは本家と一緒(ヒトシ君人形が番組マスコットのオハナにかわっただけ)。 問題は日本テレビの海外局(ニューヨーク・パリ・カイロの特派員)からの「今年あった出来事」に関しての3択問題。 司会進行は、曜日メーンキャスターのが担当。 ホストふしぎ発見 TBS系列のバラエティ番組『』で放送。 司会は。 ミステリーハンターは。 2代目のセットと、当時のシンキングタイムの音楽と、中居をモデルとした「正広くん人形」「スーパー正広くん人形」を使用。 ホスト業界に関するクイズを4問出題した。 回答者は、当時レギュラーの、他。 大泉洋の世界のふしぎ発見! 2008年3月19日に北海道テレビ放送の『』・「5泊6日テント生活 ユーコン160キロ 6 」内で放送。 大泉洋が、ミステリーハンター・草野・黒柳・板東のモノマネで番組のフォーマットそのままに道中で発見した「ふしぎ」を紹介する。 世界 お悩み発見! 2015年2月10日より、の情報番組『』の火曜コーナーとして放送。 タイトルロゴは本家に似せているが、内容としてはお悩み相談のコーナーである。 火曜日のレギュラーコメンテーター(ダンディ)として、本家の元レギュラーである板東英二が出演している(他には(元)、が出演)。 変態ふしぎ発見 2015年7月8日に放送された『』内で放送。 VTR明けのBGMは本家にほぼ似せたものが使われた。 またヒトシ君人形の代わりに局部を露出した人形(放送上はぼかしが入った)が使われた。 本家におけるミステリーハンターの役として「変態ハンター」をが担当。 過去の変態事件に関するクイズ3題を番組レギュラーのの2人とが回答した。 新世界 ふしぎ発見! 2016年10月6日に放送された『 10年目突入SP!東西焼きそば対決&大阪新世界の謎』内で放送。 タイトルも本家にほぼ似せたものが使われたほか、VTR中のBGMは本家で使われるものが流れた。 視聴率ふしぎ発見! 2017年4月22日(土曜) 19:00 - 21:54 に同局で放送された『 人気司会者&俳優女優が集結!テレビの裏側ぶっちゃけ3時間SP』で、通常版が放送される21時台になって「」に関するコーナーで放送された。 草野はこの回の『ジョブチューン』にゲスト出演したが、このコーナーだけはに代わって司会を担当した。 ミステリーハンターは白石みきが担当。 脚注・出典 [ ] []• JATA ツーリズム大賞. 日本旅行業協会. 2013年2月9日閲覧。 TBSテレビ. 2013年1月16日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 TBSテレビ. 2009年5月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 』などのお断りテロップあり。 資料DATA. 27-32(ペーパー上は23-28) 2007年3月. 2011年11月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 アンケート調査結果. 1-4 2009年8月. 2013年2月9日閲覧。 じゃたこみ2008年11月号. 日本旅行業協会. 6-7. 2013年2月9日閲覧。 TBSテレビ. 2013年1月16日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 2013年1月から板東が出演していた放送分は、板東が一切映されない編集により放送された。 デイリースポーツ online 2013年2月27日. 2015年11月16日閲覧。 TBSテレビ. 2009年7月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 TBSテレビ 2002年11月2日. 2003年8月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 TBSテレビ. 2003年10月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 TBSテレビ 2003年1月4日. 2003年6月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 TBSテレビ. 2011年8月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 TBSテレビ 2010年10月23日. 2011年10月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2019年2月20日. 2019年3月20日閲覧。 現・アナウンサー• 0個になった場合は10個借りる事が可能で、解答席のプレートの出演者名が赤くなる。 その分も無くなった場合。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2012年1月28日. の2012年3月2日時点におけるアーカイブ。 2012年2月1日閲覧。 TBSテレビ. 2006年1月17日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 TBSテレビ 2005年4月9日. 2005年12月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 TBSテレビ 2008年12月20日. 2009年3月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年2月9日閲覧。 TBSテレビ. 2013年2月9日閲覧。 左側の一番端が板東の解答席だったが、板東降板後はこの解答席が撤去され、左側も3人となった。 パーフェクト賞が出た場合は、視聴者プレゼントの電話番号の説明で終了となる。 2014年3月15日(2013年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、中部日本放送。 2010年6月19日放送分は『』対戦中継(製作)を放送したため、同年6月24日の19時に5日遅れの時差スポンサードネットで放送した。 2015年4月に金曜19時でゴールデンタイムのローカル枠が復活したが、この際前出の3局は制作の番組を同時ネット。 なお、2011年度内より『日立の人』編のシリーズCM(30秒)がこの日立グループCMの手前に流されている。 過去に同じ日立グループの一社であるとが隔週で流れていた。 なお、発生直後の2011年4月30日 - 6月11日の間は3分間。 親会社であるジェイティービーの方針により、海外旅行あっ旋に関わる業務を継承して分社化・設立した子会社。 外部リンク [ ]• - プレイリスト 22時台 前番組 番組名 次番組.

次の

日立 世界ふしぎ発見!|TBSテレビ

世界 ふしぎ 発見

写真もあるけどカラーなのは巻頭だけなのが惜しい。 内容的には面白く申し分ないですが、「ふしぎ発見」で扱ったネタであるならばその回の 放送日と担当ミステリーハンターの紹介もちょっと付けてくれればうれしかったかな…とも 思いますが版が小さいから難しいか。 合間に「ふしぎ発見」に関するミニコラム、2016. 7の放送1400回までのデータながら ミステリーハンター出演ランキング(ぶっちぎりは竹内海南江の275回、2位の坂本三佳で 80回)や訪問国ランキング(アメリカ158/中国106/フランス105、エジプトは6位で70回) 、パーフェクト賞(220回も取っている黒柳さんと初パーフェクトが番組開始から20年たって いた野々村さんw)など。 教養クイズバラエティ番組である「世界ふしぎ発見!」で取り上げた内容の中から「謎」や「不思議」を厳選し、最新情報をくわえながら紹介・解説している。 オーパーツの「水晶ドクロ」「黄金ジェット機」の不思議や、「イエネコ」の起源。 中国に伝わる不老不死をかなえる食べ物「太歳」、ノアの方舟の残骸と思しきものがアララト山で発見された等、心踊る話が満載で、読み物として非常に楽しめました。 話のネタで使えるものも多くオススメです。 バイカル湖の話が一番のお気に入りです。 百年ほど前、ロシア革命が勃発し、赤軍と白軍がぶつかります。 劣勢の白軍は、赤軍の手から逃れるために東海岸を目指す。 バイカル湖を渡れば追っ手をまける。 残り25万の人間は最後の力を振り絞り、渡ろうとするが、真冬の寒さで悲しくも全滅。 今も25万人の魂がバイカル湖の底で眠っているそうです。 悲しいですねー。

次の