いちご キシリトール。 キシリトール

キシリトールたっぷりのいちごで虫歯予防!?

いちご キシリトール

いちごは果物であると思われがちですが、農学上ではに分類されます。 韓国でも日本と同じく野菜として分類されていますが、その他の国では果物として扱われています。 いちごの果実とは、表面にあるツブツブの部分を指します。 このツブツブを種だと思っている方も多いのですが、実はこのツブツブこそが「痩果 そうか 」と呼ばれるいちごの果実です。 一般的に果実だと思われている赤い部分は、痩果を保護するためのふかふかの布団の役割を果たしており、「花托(かたく)」と呼ばれます。 痩果の数と花托の大きさは比例関係にあり、痩果の数が多いと花托も大きくなり、いちごのサイズは大きくなります。 まず、野生の木いちごがイクラやすじこに似ていたことから、昔の人は「魚(いお)の血のある子のごとし」と言ったため、魚・血・子の頭文字をとって「いちご」と呼ばれるようになったという説があります。 2つ目に、1月~5月がいちごの収穫時期なので1と5で「いちご」と呼ばれるようになったという説もあります。 当時のいちごは現在のものに比べ、小粒でした。 世界初のいちごの栽培は、17世紀にフランスやベルギーで栽培されていた「エゾヘビいちご」であるといわれています。 本格的にいちごの栽培が始まったのは、ほんの200年程前のことです。 その頃のいちごは、「御苑(ぎょえん)いちご」や「御料(ごりょう)いちご」などと呼ばれ、庶民には簡単に手に入らない皇室のための高価なものでした。 現在よく見かけるいちごは、「オランダイチゴ」とも呼ばれるように、1830年代(江戸時代後半)、オランダ人によって日本に伝えられました。 当初は、いちごの真っ赤な色が血を想像させることから、食用というよりも観賞用として広まりました。 昭和に入りいちごのハウス栽培が日本各地で広まるにつれて、生産量が格段に増え、価格が下がったことでようやく庶民の口にも入るようになりました。 いちごの品種名には、佐賀県の「さがほのか」や新潟県の「越後姫」のように産地名がつけられているものや、「なつみ」「けんたろう」のように人名がつけられているものも多く存在します。 出荷量の第1位は栃木県、第2位は福岡県で、この2県の出荷量が全体の出荷量の約4分の1を占めています。 以下、熊本県、静岡県、長崎県、佐賀県と続きます。 いちごの旬は、晩春から初夏にかけての時期です。 しかし、近年ではいちごのハウス栽培が盛んに行われるようになったため、真夏を除き、旬の時期に関わらず手に入れることができます。 いちごの出荷量は、ケーキに使われることが多いクリスマスの時期に最も多くなります。 ヘタ近くの部分が長く伸びていて、白くなっていないことも甘いいちごの証です。 いちごは摘み取られた後にさらに熟すということはなく、それ以上甘くも赤くもなりません。 ヘタがしおれていると、摘み取って長い時間が経っているというサインなので、ヘタが新鮮で濃い緑色のものほど、新鮮ないちごであるといえます。 いちごは大変デリケートで、いたみが早いという短所を持っています。 鮮度が落ちて栄養成分が失われてしまう前に、購入後はできるだけ早く食べきり、余ってしまった場合は冷凍保存することで栄養成分を守ることができます。 また、いちごは洗う前にヘタをとると、豊富に含まれるビタミンCが水に溶け出てしまうので、ヘタを取らずに洗うことがとても大切です。 いちごは部位によっても甘さが異なり、先のとがった部分の方に、より甘味があります。 いちごを食べる時は、ヘタ側から食べると後から甘さを感じることができるので、より甘くおいしく感じます。 も100g中に62mgと大変豊富に含まれており、1日に7~10粒のいちごを食べるだけで、1日に必要なビタミンC量を満たすことができるといわれている程です。 その他にもいちごには、や、いった私たち人間の体に必要不可欠であるや、天然甘味料の一種であるキシリトール、の一種であるやいちごの酸味成分であるメチルサリチル酸など多くの栄養成分がつまっています。 以前から美肌に効果が高いと知られているビタミンCとメラニンの生成を抑えるポリフェノール、どちらの成分も含んでいるいちごは美肌・美白に効果抜群です。 また、ビタミンCは肌に欠かせない(細胞結合組織)の生成にも必要不可欠な成分であり、肌にハリと弾力を与える効果もあります。 アントシアニンには、目の網膜に働きかけ視力の悪化を防いだり、疲れ目をやわらげる効果があります。 ビタミンCは、体内に侵入した細菌やウイルスなどを退治する白血球の働きを強化し、ビタミンC自体も細菌やウイルスに攻撃を仕掛ける力を持っています。 そのため、ビタミンCを積極的に摂取することは、免疫力を向上させ、風邪などの感染症を予防したり、回復を早めることに効果があります。 どちらか一方が不足しても正常な赤血球はつくられず、貧血や赤血球の異常が引き起こされます。 また、葉酸はがうまく働くためのサポートをしてくれます。 人間の体は約60兆個の細胞からできており、常に細胞の生まれ変わりが行われています。 核酸は細胞の生まれ変わりをコントロールする重要な存在です。 葉酸が不足すると核酸がうまく働かなくなり、細胞の生まれ変わりが正しく行われなくなります。 特に、赤ちゃんの新しい細胞や血液がつくられる妊娠期や授乳期のお母さんにとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。 妊娠中だけでなく、妊娠前から葉酸を摂取することにより、赤ちゃんの神経系の病気の発生リスクを軽減させることができるといわれています。 また、ペクチンは強い粘性を持っているため、腸内の有害物質を吸着させて一緒に体外に排泄させる作用を持つため、便秘の解消に効果があります。 キシリトールは、虫歯の予防に大変効果的な成分として、キシリトール配合のガムや歯磨き剤も人気を集めています。 代表的なホルモンに、コルチゾールやアルドステロンがあります。 消化管内で食物の脂肪や脂溶性のビタミン類をより吸収しやすくする働きをします。 健康に役立つ働きを行っており、もともと大腸に住すんでいる腸内ビフィズス菌や乳酸菌、腸球菌などが善玉菌といわれます。 ] いちごの研究情報 【1】いちごはアントシアニンをはじめとした抗酸化および抗炎症作用のあるポリフェノールを複数含み、UVAなどの光の照射による疾患からヒトの細胞を守る可能性があります。 それを確かめるため、アントシアニン量とヒト繊維芽細胞を保護する能力の関係を分析しました。 その結果、いちごが細胞におけるUVA照射に対して皮膚を保護する物質を含む可能性を示しました。 【2】いちごの胃粘膜での抗酸化作用と、アルコール誘発性胃障害に対する抑制効果を調べました。 結果、いちご抽出物はラットの胃粘膜へのアルコール由来の損傷を防ぎ、いちごは胃の障害を予防する効果を持つ可能性があるといえます。 【3】ヒトの食後に起こる炎症とインスリン反応に及ぼすいちごの抗酸化作用を調査しました。 肥満の成人24名を対象に高炭水化物・脂肪食を食べさせ、その後6時間の炎症反応やインスリン、グルコースなどの変化を記録しました。 いちご飲料は有意に食後の炎症を抑え、インスリンの反応を低下させるという結果を示しました。 2012 Mar 7;60 9 :2322-7. 2011;6 10 :e25878. ・Edirisinghe I, Banaszewski K, Cappozzo J, Sandhya K, Ellis CL, Tadapaneni R, Kappagoda CT, Burton-Freeman BM. 2011 Sep;106 6 : 913-22.

次の

キシリトール

いちご キシリトール

意外と知られていない、その効果 キャンディーやチョコレートなど、甘い物を食べるとむし歯になってしまうイメージがありますよね。 むし歯は、歯の表面を覆う「硬いエナメル質」が、砂糖や人工甘味料によってつくられる「酸」に溶かされることによって発生するもの。 キシリトールはその原因となる酸をつくらないため、むし歯になりにくくなり、むし歯の菌を減らしてむし歯の進行を防ぐこともできるのです。 さらに、溶けてしまったエナメル質を修復できる「唾液」の分泌を促進する役割もあります。 まるで万能薬のように聞こえるかもしれませんが、あくまでむし歯予防の一部。 歯みがきの代わりになるわけではありませんし、キシリトールガムをいくら噛んでも、できてしまったむし歯は治りません。 キシリトールには、他の甘味成分が酸をつくるのを止める機能まではないのです。 むし歯予防としておやつを食べるのであれば、主に歯科医院で販売されている「甘味料としてキシリトールしか使用していないもの」を選ぶべきです。 シュガーレスや糖質ゼロという表記だけでは判断できません。 歯みがき後に食べた方がいいってホント?なぜ? お子さまの歯を守るため、なるべく間食はさせたくないもの。 とはいえ、おやつが大好きなママだっているはず!おやつを全く食べさせないというのは難しいですよね。 食べ方としては、なるべく長い時間をかけて口の中に含んでおくと効果的だそうです。 一日に何度も食べるのがおすすめですが、なんでもやりすぎは禁物。 一度に大量に食べてしまうと、おなかがゆるくなってしまうこともあるそうなので、気を付けましょう。 ガムだけじゃない!キシリトール100%のおやつはこんなに! 「キシリトール入りのおやつ=ガム」というイメージを持っている方も多いと思いますが、実はガム以外にもいろんなおやつがあるんです。 歯みがきの後にチョコレートやグミを食べても良いなんて意外ですが、うまく活用して「歯みがきのご褒美」にすれば、親子で楽しく歯みがきできそうですね。 あくまで補助的に利用するものとはいえ、おやつを食べてむし歯になりにくい強い歯になれるなんて嬉しいですよね。 ぜひ一度お試しください。

次の

「いちご」で虫歯予防できるって本当?その秘密はキシリトール | 歯科オンライン

いちご キシリトール

というのも下痢は発生してから、数年~数十年も下痢の症状を抱えている人があまりにも多いからです。 病院で検査しても下痢の原因は確定できなくて、下痢が慢性化し日常生活に支障をきたしている人々もいます。 下痢の原因・・・イチゴのキリシトール 慢性的な 下痢の原因はその殆どが食生活と密接な関係があるようです。 普段下痢にはならないだろうと思いる食物もおなかが弱い方には刺激となり下痢になってしまうことがあります。 慢性的な下痢の方は 下痢の原因となる様な食べるものには最新の注意が必要です。 これから年末になると様々なケーキが賑やかに店頭に並びます。 中でもイチゴのケーキは人気を集める商品です。 この美味しいイチゴが 下痢の原因になることがあるのです。 その下痢の原因となるイチゴをご一緒に考えてみましょう。 下痢の原因はイチゴの食べ過ぎ 真っ赤でとてもジューシーないちごは見るだけでも美味しそうです。 スイーツ店ではいちごフェアなどが催され、ショーケースの中はいちごで彩られています。 また、採りたての新鮮ないちごをたらふく食べられるイチゴ狩りなども人気の一つです。 しかし食べ過ぎると下痢になる可能性があるのです。 イチゴには虫歯を防ぐ天然の甘味料、キシリトールが果物の中でも多く含まれています。 キシリトールはむし歯の発生を防ぐ効果があるのですが、摂り過ぎると、下痢など腹部の不調が生じることがあるのです。 1日に30g以上でお腹の調子が悪くなるといわれています。 イチゴのキシリトールの量は乾燥重量100gあたり300mgとされています。 イチゴ1パックが300gぐらいなので1パックあたりのキシリトールの量は900mgです。 9gなので1パック全部食べたとしても、キシリトールの量は2. 7gとなります。 小ぶりなイチゴ10コほどで、1日に必要なビタミンCの量が摂ることができます。 だから、小ぶりのいちごなら1日10コ、大ぶりのいちごなら1日5コぐらいがいいでしょう。 しかし、イチゴ狩りに行ったらそれでは済まないでしょうが、多く食べ過ぎない様にしましょう。 ですので、普通にいちごを食べるぐらいならキシリトールの量はそれほど気にする必要はないでしょう。 ただ、体質によっては少量でもお腹を壊す人もいるので、注意が必要です。 また、イチゴの食物繊維に敏感な人も下痢をしやすくなるようです。 下痢の原因になるイチゴの栄養素 肌荒れの対策に効果的なビタミンCがイチゴにはたくさん含まれています。 このビタミンCを摂り過ぎた時に、最もよくみられる副作用が下痢となります。 この症状は特にお腹が空いてるときに起こりやすくなります。 ビタミンCが腸の運動を活性化させてくれるはたらきがあるためです。 イチゴにはお腹を不調にする物質がビタミンCとと2つもあることになります。 おなかの弱い方は食べ過ぎに注意しましょう。 下痢の原因を作るキシリトールとは キシリトールは白樺や樫の木を原料として作られた天然素材の甘味料で、ソルビトールやマルチトールと同じ糖アルコールと呼ばれる炭水化物の仲間です。 自然界ではイチゴをはじめ多くの果物や野菜にも含まれています。 キシリトールが分類される天然の糖アルコールというものは、非常に消化吸収されにくいという特徴があります。 吸収されなかった糖アルコールを消化しようとして腸管壁から水分を引き出し、大腸の中の水分が増えるため下痢をしやすくなると言われています。 小腸では吸収されずに大腸まで運ばれ、そのまま排出されることがほとんどなのです。 水分の多い便、つまり下痢便となるのです。 これらの現象は一過性のものであって身体に害はありません。 また、お砂糖と同じくらいの甘さがあり、口の中で溶ける時に熱を奪うので口に含むとスーッとした冷たい感覚があります。 このような仕組みで起きてしまうキシリトールでの下痢で特に気をつけたいのは子供や高齢者です。 キシリトールは幅広い年齢の人が食べることができるものなので、体力があまりない子供や高齢者のキシリトールの食べすぎには注意しておきましょう。 キシリトールはどの位の量で下痢をするの 牛乳を飲むとお腹が緩くなってしまうという方がいるのと同じで、個人差があるのでどのくらいの量だと大丈夫という目安はありません。 人によってはキシリトールガム1粒でお腹が緩くなってしまう人もいれば、何粒食べても大丈夫という人もいます。 お腹が弱い方やお子さま、高齢者は少しの量から摂取してみて問題なければ効果的な量を摂取するようにしましょう。 キシリトールの安全性について キシリトールは1日の摂取量に制限を与えない食品として扱われています。 1983年JECFA(FAOとWHOの食品添加物専門家共同委員会)は、キシリトールの「1日の許容摂取量」に関しては「特定せず」としました。 それはキシリトール摂取量に特別な制限は不必要であるということです。 1986年FASEB(Federation of American Societies for Experimental Biology)の専門研究班による報告においても、キシリトールの安全性に重大な懸念はない、と評価されています。 また、日本では1997年4月に食品添加物として認可されましたが、その10年以上前から点滴の輸液成分として使用されるなど、キシリトールは人体に安全なものとして知られていました。 実は人間の身体の中でも、肝臓で1日あたり約15gのキシリトールが作られていて、私たちの身体とも身近な存在です。 イチゴの農薬散布は下痢の原因に? イチゴの農薬散布回数はだいたい40回ぐらい、みかんやリンゴも同じくらいだそうです。 しかも毎回、「したたるぐらい」かけるそうです。 いちごのツブツブに何十種類もの農薬が溜まり、お湯で洗うと水がにごるぐらいだそうです。 だから洗わずにそのまま食べる「イチゴ狩り」は、おなかの弱い人、子供や妊婦にとって危険な食べものとなります。 またイチゴを洗う時、殺菌作用があるということで、塩水で洗う人がいますが、浸透圧で表面の残留農薬が中身に浸みこんでしまうので、余計に危険だそうです。 元々、イチゴの旬は4~6月だったのだが。 ショートケーキなどのピークがクリスマスになるのでそれに合わせるように旬もずらしていったようです。 旬をずらしたので苗づくりから収穫までの期間が、これまでの約7ヶ月から1年を超えるようになってしまい、それで栽培期間が長くなって農薬の回数も増えたようです。 後はビニールハウス内は自然とは違い、人工的に「春」を作り出すのだがその高温・多湿なハウス内は病害虫にとって住みやすく、それにともない農薬も増えていったようです。 収穫前日まで農薬約60品目が使用ができるとも言われています。 最近は日本のイチゴの残留農薬が強すぎて、台湾に出荷できないというニュースがNHKで放映されました。 農薬使用量が台湾の基準の200倍もあるそうです。 おなかの弱い方は、農薬に敏感な方は 下痢の原因となるかもしれませんので、イチゴを良く洗って食べるか、食べ過ぎない様にしましょう。 下痢改善の秘訣は腸内環境を良好する 同じものを食べても下痢になる、下痢にならない人の違いは腸内環境の違いにあるようです。 腸内環境が良好な人は腸内が正常に働き、有害なものを排出する能力も大きいものです。 下痢の改善は一段と早くなります。 「下痢の原因」の記事一覧•

次の