ウォーターサーバー デメリット。 ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーは卓上が便利!?デメリットもしっかり押さえておこう!

ウォーターサーバー デメリット

ウォーターサーバーというと、大型のものを思い浮かべる人も多いでしょうが、さまざまな種類があります。 そんなたくさんのウォーターサーバーの中でも、卓上タイプのものが注目を浴びているのです。 この記事では、卓上タイプのウォーターサーバーのメリットやデメリット、卓上タイプを使ったほうがいいケースなどについて詳しく解説していきます。 卓上タイプのウォーターサーバーのメリット 卓上タイプのウォーターサーバーのメリットは、なんといってもコンパクトなことです。 卓上に置けるサイズなので、テーブルなどの上に置くことができ場所をとりません。 通常の大型タイプだと、場合によっては、置くところがない、スペースをとって狭く感じてしまうといったデメリットがありました。 その点、卓上タイプは、あまり部屋が広くない場合でも気軽に使うことができるのです。 重量制限のある棚などは注意が必要ですが、キッチンカウンターなどにも置くことできます。 スペースを有効活用できるため、部屋に物が多い場合でも安心です。 小さいため、置き場所の移動が簡単なのもメリットの1つでしょう。 模様替えをしたい、掃除などをするため移動させたいという場合に、スタンドタイプのウォーターサーバーだと動かすのが大変でした。 一方、卓上タイプは小型ですから、簡単に置き場所を移動させることができるのです。 低い場所にウォーターサーバーを置けば、ボトルの交換も簡単になります。 見た目がおしゃれなものが多いこともポイントです。 ウォーターサーバーを使いたいけれども、インテリアと馴染まない、おしゃれなものが欲しいと思っている人も多いでしょう。 卓上タイプのウォーターサーバーは、見た目がおしゃれなものがたくさんあります。 テーブルに置いても浮くことがなく、インテリアと馴染むのです。 部屋のインテリアにこだわりがある、おしゃれな空間を作りたいと思っている人でも、使いやすいのが卓上タイプのメリットとなっています。 卓上タイプのウォーターサーバーのデメリット 卓上タイプのウォーターサーバーのデメリットは、床置きができないことです。 卓上タイプのウォーターサーバーは、大型のもののように床に置くことができません。 必ずテーブルや棚の上などに置かなければいけないのです。 コンパクトだとはいっても、ある程度の重量がありますから、丈夫な棚やテーブルなどに置くことが求められます。 そのため、置き場所を制限されてしまうのは気になるところです。 また、転倒の危険性があることもデメリットになります。 床置きのウォーターサーバーは、転倒防止に固定用の器具などが付属していることがあります。 しかし、卓上タイプには付属していないことが多いでしょう。 簡単に動かせることがメリットですから、しっかりと固定せずに使用していることが多いのです。 そのため、振動に弱く、地震などが起こった際に転倒してしまう可能性があります。 小さい子どもがいる場合には、走り回ってぶつかってしまうこともあるでしょう。 転倒することで水がこぼれて片付けが大変になる、もしくは壊れてしまう場合もあるのはデメリットです。 置き場所によっては、ボトル交換が大変になるケースもあります。 低い場所に置けるのならいいのですが、高い棚の上などに設置した場合には、ボトルを棚の上まで持ち上げて交換することになります。 そのため、非力な女性やお年寄りなどは交換しにくくなってしまいます。 卓上タイプは、スタンドタイプよりもボトルの交換が頻繁になるため、交換がしにくい場所に置くと手間です。 ボトルを持ち上げても大変ではない高さに設置することがポイントになるでしょう。 卓上タイプのウォーターサーバーの電気代は? 卓上タイプは通常のスタンドタイプに比べると小型であるため、電気代が安くなると思っている人もいるでしょう。 しかしこれは勘違いです。 卓上タイプのウォーターサーバーは、本体サイズこそ小さいものの、電気代は変わりません。 ウォーターサーバーは、毎日使うためコンセントを差しっぱなしにすることが通常です。 また、ウォーターサーバーは、水を冷やしたり温めたりといった機能があるため、冷蔵庫ほどではありませんが電気代が意外とかかります。 メーカーによって電気代は異なりますが、一般的には月々300~800円程度かかってしまうでしょう。 電気代を節約したい場合には、省エネタイプのウォーターサーバーを契約するのがポイントです。 省エネタイプなら、消費電力が従来のウォーターサーバーよりも少なくなっているので、電気代を抑えることができます。 スタンドタイプのウォーターサーバーのメリットとは? スタンドタイプのウォーターサーバーのメリットは、転倒の危険性が低いということです。 スタンドタイプは卓上タイプよりも大型であるため重量があります。 そのため、地震などで振動が起こった場合でも転倒のリスクが低いのです。 また、転倒防止用に固定器具をつけやすいので、地震対策に力を入れている人や、小さな子どもがいる場合にはいいでしょう。 設置場所を選ばないのもポイントです。 床置きのスタンドタイプの場合には、スペースさえ空いていれば、キッチンやリビングなど、どこにでも置くことができます。 卓上タイプの場合には、テーブルに置くスペースがなければ棚などを用意しなければいけません。 しかし、スタンドタイプなら、棚がなくても寝室やリビングなどに置くことが可能です。 スペースを空けなければいけませんが、ある程度の空間があれば置くことができるのはメリットでしょう。 ボトルの交換回数が少なくて済むのも良い点です。 スタンドタイプは大型ですから、ボトルも大容量になっています。 そのため、1ボトルを長く使うことができるのです。 家族の人数にもよりますが、3人家族なら1週間程度はもつでしょう。 卓上の場合には2~3日で交換することになるため、手間がかかります。 何度も交換するのが面倒だという人には、スタンドタイプはメリットが大きいでしょう。 こんな場合は卓上タイプがおすすめ! 卓上タイプがおすすめな家庭の特徴はいくつかあります。 まずは、小さな子どもがいない家庭です。 小さな子どもは走り回ったり卓上ウォーターサーバーを揺らしてしまったりという危険性があります。 そのため、転倒のリスクが高いのです。 小さな子どもがいなければ、転倒のリスクは低くなるでしょう。 そのため、子どもが大きくなった家庭や、独立して夫婦二人暮らしといった家庭には、卓上タイプがおすすめです。 部屋の広さが十分ではない場合も卓上タイプを選ぶといいでしょう。 卓上タイプは、置く場所をとらないことが大きなメリットです。 スタンドタイプは置く場所がない、置くと部屋のスペースを圧迫して生活しにくくなるといった家庭でも、問題なく使用することができます。 テーブルやキッチン棚などに設置することができるので、スペースがなくても安心です。 インテリアにこだわりがある場合もいいでしょう。 卓上タイプはコンパクトな作りになっています。 そのため、インテリアの邪魔にならないのです。 また、卓上タイプはおしゃれなデザインのものも多くなっています。 部屋の雰囲気やインテリアに合うようなデザインのウォーターサーバーを選ぶことができるので、インテリアにこだわっている家庭にもおすすめです。 家庭環境に合わせてサーバーの種類を選ぼう! ウォーターサーバーは、さまざまなタイプがあります。 各家庭によって、ベストなものは違うのです。 そのため、それぞれの家庭の事情に合わせてタイプを選択することが重要になります。 小さな子どもがいるかどうか、置くスペースは十分かといったことをしっかりと考えてみましょう。 より安全に使えて生活スタイルにマッチしているウォーターサーバーを選ぶことが、快適な生活につながります。

次の

ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ウォーターサーバー デメリット

ウォーターネットについて ウォーターネットは、ミネラルウォーターの製造・宅配・販売事業、ウォーターサーバー事業を行っている会社ですが、この会社からウォーターサーバーを導入するに際しての基本的な情報を紹介していきます。 サーバーについて ウォーターネットは4種類のサーバーを提供しており、WNC-904H スタイリッシュモデル 、WNC-804H 床置きモデル 、 WNC-604H 卓上モデル 、AQUA WING 最新機能モデル があります。 全てのサーバーに チャイルドロックがついており、最大で 連続コップ8杯分の水を出せる高機能です。 またAQUA WINGには 高温循環機能がついていて、温水を通水部に流すことでクリーンな状態を保つことのできる優れものです。 サイズと重さはこのようになっています。 WNC-904H スタイリッシュモデル WNC-804H 床置きモデル WNC-604H 卓上モデル AQUA WING 最新機能モデル 幅 31cm 30cm 30cm 29cm 奥行 33cm 31cm 31cm 30cm 高さ 99. 5cm 96. 5cm 58. 4cm 98. 4cm 重量 17kg 15. 5kg 12. 5kg 17kg 費用について サーバーの レンタル代は月々1,100円になっています。 AQUA WING 最新機能モデル のみ1,500円で割高ですが、比較的に 手ごろな価格で利用できるのではないでしょうか。 またこれにはメンテナンス費用も含まれているので値段は格安です。 ミネラルウォーターの料金ですが、 12リットルボトル代金1本につき1,320円で送料は無料です。 1L当たり100円ほどなので、お得にミネラルウォーターを飲むことが出来ます。 また、解約手数料や水が余ってしまうときなどに定期配送を一時停止する 手数料は0円なので、安心して利用することができます。 水について ウォーターネットではアメリカで開発された0. 0001ミクロンの極細フィルター ROフィルター でのろ過を行っています。 ROフィルターは水のみを通し、電解イオンや塩類など水以外の不純物は透過しません。 こうしてできた水をRO水といい、 赤ちゃんのミルクや薬を飲む際も、安心して利用できるものとなっています。 メンテナンスについて みなさんが不安に感じるメンテナンスですが、ウォーターネットは メンテナンスに力を入れています。 3か月に1回クリーンメンテナンスとして給水口周りを中心にメンテナンスを行い、 1年に1回リニューアルメンテナンスとして、給水口周りとタンク内の洗浄を行ったメンテナンス済みの代替機に交換するメンテナンスを行っています。 これは すべて無償で行っています。 ウォーターネットの評判と口コミ ここまでウォーターネットについて紹介してきましたが、実際に利用した人の声や評判についてみていきましょう。 いい評判・口コミ ウォーターネットの口コミを見ると最初に目に入るのが、やはり 料金の安さ。 サーバーのレンタル料がネックになりますが、 無料のメンテナンス、期間や本数の制限がない、解約金・違約金がないことが利用者からの支持を得ています。 また、メンテナンスについても他社のサービスならば、1年から3年に1回のメンテナンスや有料のサービスになるところが、3か月に1回クリーンメンテナンスに加え1年に1回リニューアルメンテナンスと 高頻度でメンテナンスを行ってもらえることも高評価の一つです。 肝心の水に関しても「とてもすっきりしていて飲みやい」「味もくせがなく飲みやすい」などと日本に馴染みのある弱アルカリ性の軟水が、 口当たりがいいと高評価なのではないでしょうか。 悪い評判・口コミ ウォーターネットの残念な点が、高評価であったメンテナンスが契約から 1年間しかメンテナンスに来ないという利用者の口コミが多いということです。 また水を 注文してから届くまでに時間がかかってしまうため、追加注文は早めに電話で注文しないといけないという口コミがありました。 そして、 契約・解約受付の対応が悪いという方もいました。 ウォーターネットの総合的な評価 様々な口コミ・評判がありましたが、ウォーターネットの総合的な評価をまとめてみました。 ウォーターネットは比較的高評価! 良い点 悪い点 料金、メンテナンス頻度、水の味 メンテナンス期間、配達速度、受付対応 水の追加注文の際に、 「受付の態度」や「配達の速度」の悪い点はあるが、良い点に関して 「値段が安い」「水の味がおいしい」という重視されるポイントが多いため、 比較的高評価だと考えられます。 ウォーターネットは評判がいい! 今回はウォーターネットの評判・口コミを紹介しました。 いろいろな口コミがありましたが、ウォーターネットは料金や味の評価が高く、 非常に満足度が高いサービスだといえます。 また、ウォーターサーバーを導入しようか迷っている方にも、ウォーターネットなら 手ごろな価格で気軽に始められるため、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

次の

ウォーターネットの評判って?口コミからメリット・デメリットを徹底解説!

ウォーターサーバー デメリット

真空パックで安心• 軽いので水交換がしやすい• ごみが少なくて済む ビニールパックは真空状態に水が入っており、サーバーにセットすることでニードルで穴を開けて水を出すという仕組みです。 水を使うとパックは空気が入らないようにへこんでいくので、水をずっと新鮮な状態で飲むことができます。 また、一般的なウォーターサーバーのボトルより 容量が小さめで軽いという特徴があります。 最も多いウォーターボトルは12リットル入りで、女性1人では持ち上げるのが大変な重さですが、ビニールパックは7~8リットル入りです。 「女性でも簡単に交換できて楽」という口コミも多いです。 ワンウェイ方式のウォーターボトルと同じく使い捨てなので、 手のひらサイズまで折りたたんで捨てられるコンパクトさもメリットです。 ゴミを増やしたくないけど、リターナブルタイプのガロンボトルを保管するスペースもない、という人におすすめです。 ビニールパック型のウォーターサーバー3社 ビニールバックタイプのお水を取り扱うウォーターサーバー会社はまだ少数派です。 その中でも主要なビニールバックのウォーターサーバーを3社まとめました。 2017年10月時点で、ビニールパックタイプのRO水を扱うウォーターサーバー会社は見つかりませんでした。 フレシャス フレシャスのデザインサーバー dewo(デュオ)と、従来サーバー SIPHON(サイフォン)は、 7. 2リットルのウォーターパックを使うサーバーです。 特に、グッドデザイン賞を受賞したデザインサーバーのデュオは人気が高く、おしゃれなデザインだけでなく電気代の安さも大きなメリットです。 一般的なウォーターサーバーは月々の電気代が約1,000円ほどかかりますが、デュオは 約330円まで電気代をカットすることに成功しています。 Kirala キララ 浅田真央さんがブランドパートナーのウォーターサーバーキララは、 7. 2リットル入りのウォーターパックです。 ビニールバックの設置方法を工夫することで サーバーのスリム化に成功しています。 一般的なサーバーが奥行き30cm以上なのに対して、キララのサーバーの奥行きは 約18cmです。 女性の靴サイズくらいの奥行きが確保できれば設置できます。 ウォーターサーバーの中ではとてもめずらしい、 炭酸水を作ることもできるサーバーなので、にもおすすめです。 アクアセレクト 天然水ウォーターサーバーで1,2を争う安さで評判のアクアセレクトは、を選べる珍しいブランドです。 そのうちワンウェイサーバーを選ぶと、 8リットル入りのビニールパックでお水が届きます。 ワンウェイ方式の天然水の平均価格が500mlあたり75~80円のところ、 500mlあたり73円で飲めるので、価格重視で選びたい人におすすめです。 バッグ・イン・ボックス型というタイプもある ダンボールの中にビニールパックを入れた バッグ・イン・ボックスというタイプで水を提供する会社もあります。 大手企業では、リーズナブルさが売りの業者ではなどがこのタイプです。 ダンボールに入っているので 日光による水の変質を最大限抑えられる点が大きなメリットです。 また、 お水が入ったダンボールを縦に積んで保管できるので、保管スペースも少なくて済みます。 ふじざくら命水は 無料お試しもできるので、気になる人は一度お試しをしてみてもいいと思います。 豆知識:ビニールパックの水からビニール臭? ビニールパックのウォーターサーバーについて調べていると、「水からビニール臭がした」というクレームの口コミを見かけました。 これについて調べてみたところ、未開封のウォーターパックを 直射日光が当たる場所や 高温多湿の場所で保管していると、水の状態が悪くなる可能性があるようです。 日が当たらない場所で保管すれば、水の変質はほぼ防げるようです。 もし水の保管をしっかりしていたのに水の味がおかしい場合などは、カスタマーセンターに問い合わせるとサーバーを無料交換してもらえる場合があります。

次の