臨海 ブラキ 弱点。 【MHWアイスボーン】臨界ブラキ(猛り爆ぜるブラキディオス)の攻略と弱点【モンハンワールド】|ゲームエイト

【MHWI】むしろ弱い?臨界ブラキの最終エリアの仕様と攻略ポイントを解説

臨海 ブラキ 弱点

砕竜の闘志:挑戦者・極意【2】、砲術・極意【4】 バージョンアップ前の情報では臨界ブラキの防具は「ガンランスを使う人に使いやすい」ということでした。 4部位装備で「砲術・極意」が発動するのがそういうことだろうと思いますが、この装備が面白いのは 2部位装備で「挑戦者・極意」が発動するところかなと。 おまけに頭と脚には弱点特効もついているので、ガンランスで使うとすれば 拡散型のガンランス向けっていう感じですよね。 臨界ブラキのガンランス 僕がガンランス好きということで、ここでは臨界ブラキの素材で作れるガンランスだけ紹介します。 砕光の銃槍• レア:12• 攻撃力:690• 属性:爆破270• 龍封力:なし• スロット:4-3• 砲撃タイプ: 拡散型Lv7 初の拡散Lv7が登場!これはアツい! 臨界ブラキ装備は拡散型ガンランス装備向けかなと先程言いましたが、臨界ブラキガンスが拡散型である上にまさかのLv7。 これは拡散型ガンランス装備が面白くなりそうですよね。 砕光の銃槍はスペックもなかなか良さそうに見えるのですが、覚醒爆破ガンランスと比べるとどれほどのものかと気になったので、 僕が持っている覚醒爆破ガンランスと比較してみるとこんな感じでした。

次の

【モンハンダブルクロス】ブラキディオス 攻略情報~弱点属性・肉質・報酬まとめ~|GAMY

臨海 ブラキ 弱点

砕竜の闘志:挑戦者・極意【2】、砲術・極意【4】 バージョンアップ前の情報では臨界ブラキの防具は「ガンランスを使う人に使いやすい」ということでした。 4部位装備で「砲術・極意」が発動するのがそういうことだろうと思いますが、この装備が面白いのは 2部位装備で「挑戦者・極意」が発動するところかなと。 おまけに頭と脚には弱点特効もついているので、ガンランスで使うとすれば 拡散型のガンランス向けっていう感じですよね。 臨界ブラキのガンランス 僕がガンランス好きということで、ここでは臨界ブラキの素材で作れるガンランスだけ紹介します。 砕光の銃槍• レア:12• 攻撃力:690• 属性:爆破270• 龍封力:なし• スロット:4-3• 砲撃タイプ: 拡散型Lv7 初の拡散Lv7が登場!これはアツい! 臨界ブラキ装備は拡散型ガンランス装備向けかなと先程言いましたが、臨界ブラキガンスが拡散型である上にまさかのLv7。 これは拡散型ガンランス装備が面白くなりそうですよね。 砕光の銃槍はスペックもなかなか良さそうに見えるのですが、覚醒爆破ガンランスと比べるとどれほどのものかと気になったので、 僕が持っている覚醒爆破ガンランスと比較してみるとこんな感じでした。

次の

アイテム「砕竜の天殻」の詳細データ、入手方法、使い道|【MH4G】モンスターハンター4Gの攻略広場

臨海 ブラキ 弱点

「 攻撃Lv7」や「 挑戦者Lv7」など火力スキルを積みつつ、「 ガード性能」や「 ガード強化」で防御を固めています。 また、「 体力回復量UP」をLv3まで積み「 フルチャージ」を発動させやすくなっているのもポイント。 ただし、 徹甲榴弾が与えるダメージには 上限があり、この装備は少々火力オーバーしていると思われます。 火力スキル外して生存スキルをいくつか積んだ方が良さそうです。 レアな装飾品をあまり必要としないのがポイント。 火力を落とす代わりに「 気絶耐性」や「 回避性能」といった生存スキルを積んでいます。 「 納刀術」も積んでいるので、あまりヘビィを使わないという人も安定して立ち回ることができるでしょう。 シールドパーツ 激昂ラージャンヘビィ「 鬼神雷砲【獣神】」用の装備です。 火力は「金獅子砲【重雷】」よりも劣りますが、 「鬼神雷砲【獣神】」はLv3徹甲榴弾 4発を反動「 中」リロード「 普通」で撃つことができ、Lv2麻痺弾とLv2睡眠弾を装填することができます。 かなり使い勝手が良いおすすめの装備です。 こちらの装備もレアな装飾品を必要としないので、早い段階で装備を揃えることができるでしょう。 徹甲ヘビィ使ってみた感想まとめ 紹介した徹甲ヘビィ装備で「 猛り爆ぜるブラキディオス」と「 激昂したラージャン」に挑戦してみたところ、どちらも 約10分程度で討伐することができました。 「まあまあ強いかな?」といった感じです。 かなりスタンを取ることができるのでマルチで使えば活躍できるかもしれません。 「 アン・イシュワルダ」の頭の部位破壊周回にも使えそうです。 「地啼龍の慈眼殻」を集めたい時などは徹甲ヘビィが役立ちます。 ぜひ徹甲ヘビィ装備を作ってみてください!.

次の