御仏前 お供え。 「御霊前」と「御仏前」の違いは?御香典や四十九日についても解説

【解説】法事のお供えを郵送で送る場合の注意点とは?

御仏前 お供え

Sponsored Links 御香典を渡す意味とは? 不幸があった際にご用意される 御香典 これは線香や抹香、お花の代わりに霊前に備えるものとして 現金を 不祝儀袋という水引が結ばれた袋に包みお渡しします。 意味もきちんとあり、 不幸というものはいつも突然訪れるもの! 葬儀に際して突然の出費が必要となる中で、 お互いに助け合うといった意味を持ちます。 訃報の知らせを受けた場合には、 香典を持参しお悔やみを伝えるのがマナーです。 しかし、訃報を受けすぐに弔問に訪れる場合は、 喪家も取り込んでいる事が多いため、 通夜や告別式に持参することが一般的とされています。 遠方の場合は不祝儀袋に入れて、 メッセージを添えて現金書留で送る方法もあります。 Sponsored Links 御霊前と御仏前の違いは? 不祝儀袋には既に表書きがされていることが多いです。 宗旨によっても違いはありますが多くの場合、 故人が亡くなった日より 初七日~四十九日法用までを 御霊前 四十九日法要も過ぎて百日宝生や一周忌、 三回忌以降などは 御仏前・御佛前を持ち入ります。 この言葉の使い分けには、 四十九日を境に故人の御霊が成仏するという 考えが元になっている様です。 しかし 浄土真宗に至っては、 すぐに仏になるという思想があるので、 香典には 御仏前・御佛前を用いります。 とはいえ相手の宗旨って分かりませんよね? そうした場合は 御香典・御香奠と書くか、 表書きをされている不祝儀袋を用意してください。 新盆や初盆に招かれた場合の表書きは御霊前?御仏前? 法要などについては分かったけれど、 結構、悩む事が多い 新盆や 初盆。 故人が死後、初めて迎えるお盆を言います。 新盆を迎えた喪家では僧侶を招き読経を行って 参列者には精進料理を振舞うのが一般的です。 新盆に招かれた場合も 香典を持参するものですが、 表書きにみなさん悩まれる様です。 香典の場合には御仏前や御供物料、 相手の宗旨が分からない場合は御供物料です。 しかし香典以外に仏壇に お供え物を用意する場合は 御供や 御仏前。 ここでも悩む場合は 御供にするとよいでしょう。 水引は香典共に同じで 黒白や双銀、藍銀、黄白で結び切りを使用します。 マナーとしては薄墨で記入する事が多く、 さらに香典に入れるお札に対しては、 新品ではなく使い古された札を包むのがマナーです。

次の

【解説】法事のお供えを郵送で送る場合の注意点とは?

御仏前 お供え

「御霊前」と「御仏前」の違いとは? 「御霊前」と「御仏前」はお香典やお供えの表書きに使う そもそも「御霊前」と「御仏前」とは通夜や葬儀、また仏教の法要の際に渡す「お香典」や「不祝儀袋」などのお供えの表書きに、献辞(けんじ)として使われる言葉です。 お香典(及び弔慰金)は亡くなった人を心から弔い、遺族を慰める意図をもって贈るものです。 「御霊前」と「御仏前」は本来の意味が違う 「御霊前」と「御仏前」は似たような響きがありますが、本来持つ意味が異なります。 「御霊前」の意味は「亡くなった人の霊の前」で、「御仏前」は「亡くなった人の仏の前」となります。 つまり、亡くなった人の霊に供えるものか、亡くなった人の仏に供えるものかという意味です。 仏式において「御霊前」とは、亡くなった日から49日の間は「霊」としてこの世に存在し、そして49日目に仏として成仏されると考えられています。 「御霊前」と「御仏前」は使うべき期間が違う 上記の通り、「御霊前」と「御仏前」では、亡くなった日から四十九日目を境に呼び方が異なってきます。 そのため、亡くなってから49日の間で行われる通夜や葬儀では、お香典の表書きは「御霊前」、そして故人が成仏される49日を過ぎた後は「御仏前」となります。 「御霊前」と「御仏前」の使い分け・書き方 【仏教の場合】 四十九日法要では「御仏前」が正しい 四十九日法要では「御仏前」を使いましょう。 仏式の場合は亡くなった人が霊として存在する期間、つまり四十九日法要まで7日ごとに合計7回の追善法要を行います。 そして、49日を迎え成仏が許されると、無事に霊から仏となります。 初七日は「御霊前」、初盆・一周忌・三回忌は「御仏前」 仏式の場合「御霊前」を使うのは「通夜」「葬儀」の他「初七日」となります。 一方「御仏前」を使うのは「四十九日法要」の他「初盆」「一周忌」「三回忌」となります。 また、四十九日法要が平日にあたる時、法事に招く人たちの都合を考えて、四十九日前の週末に繰り上げて営むことがあります。 また、四十九日法要は、通常亡くなってから49日目に行うのがしきたりですが、遺族の都合や状況によっては特例として、35日に忌明け法要を実施する場合もあります。 このように四十九日法要が繰り上げて行われた場合、また35日目に忌明け法要を行う場合は「御仏前」を使うのが良いとされています。 ほとんどの場合、法要日に故人が成仏されたこととされるため、「無事仏となった」という意味で「御仏前」を使うのが正しいと考えられています。 「御仏前」の書き方は3つ「御仏前」「御沸前」「ご仏前」 「御仏前」を表書きにする際、献辞が印刷された袋を使わず、手書きで書き入れる場合もあるでしょう。 この場合、「御仏前」の書き方は全部で3つ、「御仏前」「御沸前」「ご仏前」となります。 「御霊前」と「御仏前」のルールは宗派によって異なる? 浄土真宗・真宗は葬儀から「御仏前」を使う 仏教の浄土真宗や真宗は、亡くなった時と同時に成仏されると考えられています。 浄土真宗や真宗の場合は亡くなった人が「霊」になるという考え方を持ちません。 そのため、臨終を境にすぐ成仏され「仏」になると考えられているのです。 そのため、浄土真宗や真宗の場合は、通夜・葬儀・初七日から表書きは「御仏前」を使うのが正しいとされています。 曹洞宗・日蓮宗も同様の考え方が多い 仏教の曹洞宗や日蓮宗も、浄土真宗や真宗と同じく通夜や葬儀から「御仏前」を使う場合が多いとされています。 キリスト教式・神式では「御霊前」を使っても良い 通常キリスト教式は「献花料」、神式では「御神前」や「御玉串料」という表書きが一般的です。 しかし、どちらも「霊」という観念を持つため「御霊前」を使っても良いとされています。 宗派が不明な時は 「御香典」を 使う 宗派がわからない時には「御香典」を使うこともできます。 仏教では一般的に四十九日まで「御霊前」となりますが、宗派によっては四十九日以前でも「御仏前」を使うこともあります。 宗派はとてもセンシティブな面でもあり、思った以上に複雑なこともあります。 もちろん、悲しみに暮れる遺族に「宗派はどこですか?」と聞くのも気が引けることもあるでしょう。 「御香典」はもともと「お香やお花の代用としてお供えするもの」という意味を持ち、仏教の宗派であれば、どの宗派でも失礼なく使うことができます。 しかし、 キリスト教式や神式の際は「御香典」を使うことはできません。 場違いな表書きとなりますので気をつけましょう。 まとめ 「御霊前」と「御仏前」は「霊の前に供える」か「仏の前に供える」かという点で意味が異なります。 「御霊前」は亡くなってから49日の間に行われる行事のお香典やお供え料などの表書きに使われる献辞です。 一方「御仏前」は亡くなってから49日以後、四十九日法要を境に一周忌や三周忌などの表書きに使われます。 繰り上げ法要や35日の忌明け法要の場合も「法要=成仏される」という考えが根底にあるため、「御仏前」を使うのが正しいとされています。 ただし、 宗派によっては通夜や葬儀から「御仏前」を使うこともあるので、最小限の確認は必要でしょう。 万が一、宗派がわからない場合は「御香典」を使うこともできます。 正しい表書きを心がけ、遺族に失礼のないように気をつけましょう。

次の

御香典と御霊前と御仏前の違いとは?お通夜、四十九日はどれ?

御仏前 お供え

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 突然、通夜や葬儀に参加しなければならず、不祝儀袋を買いにいった際「御香典」「御霊前」「御仏前」などが並んでいて、どれを買ったらいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。 どれでもいいと思っている方もいるのではないでようか。 意味があって香典の表書きを分けています。 よって、 使い分けることがマナーであり、どちらでもいいということはないのです。 知らずに違う表書きで通夜や葬儀に参列すれば、自分が恥をかくだけではありません。 マナー違反ですので故人や親族に対して失礼になってしまいます。 御仏前と御霊前の違いについて、以下で詳しく解説いたします。 御仏前と御霊前はなにが違うの? 御仏前と御霊前にある「仏」と「霊」の違いはなんなのでしょうか。 仏教においては、故人が お亡くなりになられてから四十九日までを「霊」、 四十九日を過ぎて忌明けとなると「仏」になるとされています。 「御霊前」と「御仏前」の違いはここにあります。 以下で更に詳しく解説いたします。 御仏前とは? 故人が成仏した仏様の前ということを意味しています。 仏教では、四十九日法要を終えると、成仏して極楽浄土に行くという考え方があります。 「御仏前」は仏様に供える金品や供物の表書きとして用いられます。 御霊前とは? 故人の御霊の前ということを意味しています。 仏教では、人が亡くなると霊になるという考え方があります。 「御霊前」は御霊に供える金品や香典の表書きとして用いられます。 御霊前と御仏前の違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。 どちらが書いてある香典を使うの? 「霊」と「仏」で使い分けますので、四十九日法要を基準とすれば分かりやすいです。 亡くなってから四十九日法要を堺目にして「御霊前」と「御仏前」を使い分ける形となります。 宗派によっては、四十九日法要前でも「御霊前」を用いない場合がありますので注意が必要です。 御仏前が書いてある香典を使う場合 「仏」になってから用いる表記ですので、 四十九日法要が終わってからの法要の際は「御仏前」を用いてください。 新盆法要や一周忌法要などの香典袋や不祝儀袋の表書きは「御仏前」になります。 御霊前が書いてある香典を使う場合 亡くなってから四十九日法要までの「霊」の期間に用いる表記ですので、 四十九日法要までは「御霊前」を用いてください。 通夜や葬儀、四十九日法要などの香典袋や不祝儀袋の表書きは「御霊前」になります。 宗派による違いについて 「御霊前」と「御仏前」を分けるのは仏教の考え方から来ています。 仏教といっても宗派がたくさんあります。 宗派によっては「御霊前」を使いません。 例えば、同じ仏教の浄土真宗では、亡くなるとすぐに「仏」になるという考えです。 そのため「霊」の期間がありません。 浄土真宗では、四十九日法要前でも「御仏前」を使います。 神道の場合は「御霊前」は使いますが「御仏前」は使わず「御玉串料」「御神前」「御榊料」などを使います。 神道では仏になるという考えが無いからです。 キリスト教では「御霊前」の代わりに「御花料」を使うのが一般的です。 ただし、「御霊前」を使っても問題はありません。 亡くなったら霊魂となり、神に召されると考えられているからです。 お通夜や葬儀に参列する場合は、事前に宗派を確認しておくことをお奨めします。 香典の渡し方 香典はいつ渡せばいいのか、どうやって渡せばいいのか。 分からない方がいるかと思います。 香典を渡すタイミングや渡し方にもマナーがあります。 常識として身に付け、自分が恥をかいたり、相手に失礼がないようにしたいものです。 香典の渡し方や持っていく際の注意点について以下で解説いたします。 香典は袱紗に入れて持っていく 香典は袱紗 ふくさ に包んで持参するのがマナーです。 不祝儀袋を上着のポケットや鞄などに、そのまま入れて持参するのだけは避けてください。 渡す直前に香典を取り出し、取り出したら手早く袱紗を折りたたんでください。 また、間違っても受付に行く前や、並んでいる途中で袱紗から出すことはしないでください。 袱紗の色は男性なら青色、女性ならえんじ色が一般的です。 紫色なら男女兼用で使える色のため、持っておくと便利かもしれません。 袱紗の包み方にもマナーがありますので、知らない方は事前に確認しておいてください。 御霊前の香典の渡し方について 通夜・葬儀に参列する場合、受付の方に香典を渡すことになります。 渡し方にもマナーがあるため注意が必要です。 手順としては、 受付に着いたら一礼します。 次に お悔やみの言葉を述べ、袱紗から香典を取り出します。 袱紗のまま渡すことはマナー違反ですので注意してください。 袱紗から取出した香典は自分の正面向きになるよう袱紗の上に置き、それを180度右に回転させ、相手から見て、正面向きになるようにして手渡します。 お悔やみの言葉について、下記に例文を記載しますので参考にしてください。 法要は自宅で行うケースが多いです。 この場合、持参した香典や供物は拝む際に仏壇にお供えします。 どの様に置いたらいいのかご存じですか? 置き方にもマナーがあります。 葬儀やお通夜で香典を渡す向きと仏前で置く向きに違いがありますので注意が必要です。 仏前に香典を供える時の向きとは? お通夜や葬儀で受付へ香典を渡す時は、正面が受付側になるようにして渡します。 それに対し、 仏前に香典を供える時は、正面を自分に向けて置きます。 仏様に正面を向けてお供えすることで、仏様が慈悲を感じ、香典をあなたの方へ向けようとしますが、仏様は向きを変えられないため最初から自分の方へ向けるのだと言われています。 香典を置く向きにも意味があるため、間違わないよう、しっかり覚えておいてください。 仏前に供物を置く向きとは? 香典と一緒に故人の好きだった食べ物や御花を持参する方もいるかと思います。 香典と同様に、必ず、 供える時は自分の方へ正面を向けるようにして置いてください。 香典の御仏前と御霊前の違いまとめ• 御仏前と御霊前は「仏」と「霊」の違いで分けている。 通夜や葬儀、四十九日法要などの香典袋や不祝儀袋の表書きは「御霊前」になる。 新盆法要や一周忌法要などの香典袋や不祝儀袋の表書きは「御仏前」になる。 仏教でも宗派によっては「御霊前」を使わない。 神道の場合は「御霊前」は使うが「御仏前」は使わず「御玉串料」「御神前」「御榊料」などを使う。 キリスト教では「御霊前」の代わりに「御花料」を使うのが一般的。 ただし、御霊前を使っても問題はない。 香典は袱紗に包んで持参するのがマナーである。 斎場の受付に着いたら一礼し、お悔やみの言葉を述べ、袱紗から香典を取り出す。 お通夜や葬儀の受付へ香典を渡す時は、正面が受付側になるようにして渡す。 仏前の香典は霊前の香典と同様に袱紗に包んで持参するのがマナー。 仏前に香典を供える時は、霊前とは逆に正面を自分に向けて置く。 仏前への供物は香典同様に、自分の方へ正面を向けるようにして置く。 今後、お通夜や葬儀、法要などに香典や供物を供える場合はマナー違反にならないよう、今回の記事をぜひ参考にしてください。 「終活ねっと」では、他にも法事・法要に関する記事も多数掲載しております。 以下では、香典袋の正しい書き方について詳しく解説していますので、ぜひそちらもご覧になってください。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の