止利仏師 鞍作鳥。 鞍作止利

【国宝仏像】釈迦三尊像(止利仏師)【法隆寺】の解説と写真

止利仏師 鞍作鳥

人物 [ ] 飛鳥時代を代表する仏師である。 13年()はのを始め諸王・諸臣に対して、ともにを立てること、一丈六尺のとを各1体ずつ制作を始めることを命じたが、その際に止利は造仏の工(担当者)に任ぜられた。 翌推古天皇14年()は完成したものの、金銅仏の高さが元興寺()の金堂の戸より高く、戸を破壊しないと堂内に入れられない問題が発生したが、止利の工夫により無事に金堂に安置した。 この功績により止利は大仁のに叙せられるとともに、坂田に水田20町を与えられたという。 のに篤い一族であり、父の多須奈はのために坂田寺の建立を発願し、のちにして、日本で最初のである徳斉法師となったと伝えられる。 と深いつながりがあったと見られ、により蘇我氏が失脚するとともに止利様式の作品も見られなくなった。 作品 [ ] 金堂本尊銅造()が代表作。 安居院()本尊の()も止利作とされているが、後世の補修が甚だしく、当初の部分は頭部の上半分、左耳、左手の指の一部のみとされていた。 しかし、7月にの大橋一章らの研究チームが詳しく調査を行った結果、現存像の大部分は造立当初のものである可能性が高いとの結論を得ている。 その他、法隆寺等には「止利様式」と呼ばれる同系統の仏像が現存する。 中国の仏像の様式の影響を受けた、古式の衣文や服制、杏仁形の眼、古式の微笑()などに止利および止利式の仏像の特色がある。 また、止利式の金銅仏の特徴として、銅の厚みが薄く均一に仕上がっており、鋳造の際に中型の固定に使う鉄心を取り去っているなど、他の金銅仏に比べて卓越した技法が見られる。 系譜 [ ]• 父:鞍部多須奈• 母:不詳• 妻:不詳• 男子:• 男子:鞍作人足• 男子:鞍作真枝 脚注 [ ].

次の

飛鳥寺

止利仏師 鞍作鳥

人物 [編集 ] 飛鳥時代を代表する仏師である。 13年()はのを始め諸王・諸臣に対して、ともにを立てること、一丈六尺のとを各1体ずつ制作を始めることを命じたが、その際に止利は造仏の工(担当者)に任ぜられた。 翌推古天皇14年()は完成したものの、金銅仏の高さが元興寺()の金堂の戸より高く、戸を破壊しないと堂内に入れられない問題が発生したが、止利の工夫により無事に金堂に安置した。 この功績により止利は大仁のに叙せられるとともに、坂田に水田20町を与えられたという。 のに篤い一族であり、父の多須奈はのために坂田寺の建立を発願し、のちにして、日本で最初のである徳斉法師となったと伝えられる。 と深いつながりがあったと見られ、により蘇我氏が失脚するとともに止利様式の作品も見られなくなった。 作品 [編集 ] 金堂本尊銅造()が代表作。 安居院()本尊の()も止利作とされているが、後世の補修が甚だしく、当初の部分は頭部の上半分、左耳、左手の指の一部のみとされていた。 しかし、7月にの大橋一章らの研究チームが詳しく調査を行った結果、現存像の大部分は造立当初のものである可能性が高いとの結論を得ている。 その他、法隆寺等には「止利様式」と呼ばれる同系統の仏像が現存する。 中国の仏像の様式の影響を受けた、古式の衣文や服制、杏仁形の眼、古式の微笑()などに止利および止利式の仏像の特色がある。 また、止利式の金銅仏の特徴として、銅の厚みが薄く均一に仕上がっており、鋳造の際に中型の固定に使う鉄心を取り去っているなど、他の金銅仏に比べて卓越した技法が見られる。 系譜 [編集 ]• 父:鞍部多須奈• 母:不詳• 妻:不詳• 男子:• 男子:鞍作人足• 男子:鞍作真枝 脚注 [編集 ].

次の

日本最古の仏像「飛鳥大仏」が鎮座する飛鳥寺は蘇我馬子が建立した古寺

止利仏師 鞍作鳥

飛騨市河合町にこんな看板があった。 止利仏師というのは鞍作鳥(くらつくりのとり)とも呼ばれ、法隆寺の釈迦三尊像や飛鳥寺の釈迦如来像(通称:飛鳥大仏)の作者とされる飛鳥時代の仏師。 ここ河合町には彼の生誕伝説が残っていて、天生峠には止利仏師の屋敷跡といわれる場所もある。 昔々のことじゃ。 「しのぶ」というそれはそれは醜い村娘が住んでおった。 あまりの醜さに嫁の貰い手がなかったそうな。 ある時しのぶが、月の光が映った川の水をすくって飲みほすと、あら不思議。 妊娠してしまったそうな。 生まれた子供は赤毛でギョロ眼、鼻がひどく出っ張っておった。 これは鳥に似ているということで、その子供は「鳥」と呼ばれるようになったということじゃ。 というのが伝説のあらすじ。 月の光が川面に映ったので「月ヶ瀬」、天から子供を授かったので「天生」という、このあたりの地名の由来にもなっている。 鳥に似ていたという止利仏師の容貌も興味深い。 止利仏師の祖父は、日本に仏教を持ち込んだとされる渡来人・司馬達等といわれているので、外国人風の顔だったのかもしれない。 これほどの山の中に、こんな伝説が残っているとは。 いろいろ想像するのも楽しい。 心はすでに飛鳥時代である。 天生地区のとなり月ヶ瀬地区には「飛騨匠」碑がある。 止利仏師は「飛騨匠の祖」と考えられている。 石碑の横には案内板もあったのだがご覧の有様。 文章もやたら古めかしい。 いったいいつ建てられたんだろうか。 これは余部の里(あまりべのさと)。 今も残る古代の住居・・・というわけではなく飛鳥時代の住居を再現したキャンプ場だったりする。 新しいのか古いのかよく分からない施設だ。 このあたりには他にも「匠童夢」「レジェンドあすか」など、止利仏師伝説を意識したらしい施設があった。 静かで良い所ですよ。 山奥だけど。

次の