アップル ペンシル。 Apple Pencil(アップルペンシル)もういらない?Abidaのペンシルを使ってみて

【レビュー】アップルペンシル(第一世代)を購入したので使用感と使い方を簡単にまとめるよ!【オススメ】

アップル ペンシル

<目次>• Apple Pencil アップル ペンシル に興味はあるけど、自分のiPadに対応しているのかわからないし使い方がわからない。 そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか? いよいよiPadも無印、Air、mini、Pro2種類と現行の5種類にApplePencilが対応しました。 2019年新型iPhoneもApple Pencilに対応するという噂もありましたが、あくまで噂でしたね。 歴代のiPadが第1世代か、第2世代なのかどちらのApple Pencilに対応しているか どんなことができるのか わかりやすく解説します。 Apple Pencil アップル ペンシル の現行は2種類 Apple Pencilは今までで2種類発売されています。 第1世代と第2世代です。 それぞれの特徴は、充電方法とだダブルタップの動作です。 9インチと共に発売されました。 iPadの下部にあるLightning端子に挿して充電するのが特徴です。 形状は円筒形で表面は光沢があります。 長さは17. 5センチで対応機種は多いです。 iPad Pro に直接マグネットで接着すると充電されるのが特徴です。 形状は円柱の一面のみ平面で転がりにくい構造になっています。 長さは16. 6センチと第1世代よりも少し短くなっています。 iPad Pro 11インチ 2018 とiPad Pro 12. 9インチ 第3世代 2018 の2機種のみに対応しています。 2019年9月3日現在価格 14,500円 税別 ダブルタップの操作で鉛筆と消しゴムのツールを交互に変更できます。 Apple Pencilの魅力• 紙と見紛うような書き心地• ペアリングなどの設定の簡単さ• 手をあえて認識せずペンのみの操作が可能 誤作動を起こさない• 筆圧を感知してかすれた線や太い線も描写できる• アプリに依存するが水墨画や絵の具のように実際に水をたらしたような水の再現度• 短時間の充電で長時間の使用が可能• 本格的な漫画も表現可能• アプリに依存するが様々なアプリで自分好みの絵が描ける• 傾きを感知して濃淡も表現可能• 描画タイムラグを感じない• 線の強弱、濃淡の表現、 鉛筆のように芯を寝かして描けるなどアナログのような筆圧感知• 2インチ 2019 現行最安iPad。 2010年発売の第1世代より7世代目。 コストパフォーマンスは最高のiPad。 Webブラウジングや動画鑑賞、軽いメモ程度なら第1世代Apple Pencilとの相性も抜群です。 ディスプレイも第6世代の9. 7インチから10. 2インチに拡大。 無印として初のSmartKeyboard対応となりました。 9インチ 2019 現在最小のiPad。 2012年発売の第1世代より5世代目。 4年振りで最新の第5世代のみ第1世代Apple Pencilが使用できるようになりました。 iPad最軽の300グラム。 5インチ 2019 純正キーボード対応。 Airシリーズで第1世代Apple Pencilが使用できるようになりました。 同じくらいの大きさでは最軽量です。 縁にあたるベゼルも細くなり、ホームボタンもなくFace ID対応しました。 9インチ 第3世代 2018 iPad Pro 発売当初から既に3世代目。 大画面だけではなく動画・画像編集など負荷がかかる作業も楽々こなしてしまうハイスペックiPad Pro。 キーボードも付ければ、ほぼノートパソコンとして使えます。 端子がLightningケーブルからUSB Type-Cへ変更された。 縁にあたるベゼルも細くなり、ホームボタンもなくFace ID対応しました。 歴代iPadとApple Pencil対応表 デバイス名 年代 第1世代 第2世代 iPad Pro 12. 9インチ シリーズ iPad Pro 12. ですので第2世代に対応している機種も第1世代は使用できません。 今持っているiPadがどの機種かわからない?2つの調べ方 モデル番号とシリアル番号を混同されるからもいるかも知れないのですが、シリアル番号は個々に付けられる製造番号なので異なります。 今どのiPadを使用しているのか調べるには、モデル番号のほうがわかりやすいのでその確認方法です。 お手持ちのiPadをご用意ください。 「設定」アプリを開く• 「一般」をタップする• 「情報」をタップする• 9インチ シリーズ iPad Pro 12. 9インチ 第3世代 2018 A1876 A2014、A1895 iPad Pro 12. 9インチ 第2世代 2017 A1670 A1671 iPad Pro 12. 9インチ 2015 A1584 A1652 iPad Pro シリーズ iPad Pro 11インチ 2018 A1980 A2013、A1934 iPad Pro 10. 5インチ 2017 A1701 A1709 iPad Pro 9. 7インチ 2016 A1673 A1674、A1675 iPad Air シリーズ iPad Air 第3世代 2019 A2152 A2123、A2153 iPad Air 2 2014 A1566 A1567 iPad Air 2013 A1474 A1475 iPad mini シリーズ iPad mini 第5世代 2019 A2133 A2124、A2126 iPad mini 4 2015 A1538 A1550 iPad mini 3 2014 A1599 A1600 iPad mini 2 2013 A1489 A1490 iPad mini 2012 A1432 A1454 無印 iPad シリーズ iPad 第7世代 2019 A2 A2 iPad 第6世代 2018 A1893 A1954 iPad 第5世代 2017 A1822 A1823 iPad 第4世代 2012 A1458 A1459 iPad 第3世代 2012 A1416 A1430 iPad 2 2011 A1395 A1397 iPad 2010 A1219 A1337 Apple Pencilと相性の良いおすすめアプリ紹介 メディバンペイント 無料とは思えないほどのイラスト・漫画作成ソフトです。 多彩なブラシに、豊富な素材、有名なフォント、Cloud クラウド 管理もでき、動作が軽くて使いやすいアプリです。 Tayasui Sketches Pro メモやスケッチに特化したアプリです。 簡単に筆圧感知でリアルなブラシ使いが可能になります。 簡易的な扱いならProが有料でもそこまでかからないのでおすすめです。 Procreate 有料にはなりますが、プロのデザイナーも使用しているアプリ。 パソコンと遜色ない操作が可能で一度支払いを済ませばずっと使用できるのでおすすめです。 保護フィルムの違い ペーパーライクフィルムって? まず、iPadを購入されるかたは保護フィルムも一緒にご購入されると思います。 中でもペーパーライクフィルムというものがありますが、どういったものなのでしょうか?それは紙の質感を感じられる保護フィルムになります。 メリットは紙そのもの、普段光沢のある硬いところに書くのと、紙質感のものに書くのとでは大きく変わります。 ただ、デメリットもあるので気にしましょう。 フィルムによってはペン先の摩耗が激しいものや、画面が見づらいものもあります。 ぜひ、ノジマ店舗でもお取り扱いがありますので、自分に合ったフィルムを見つけてください。 まとめ いかがでしたか?ご自身でご利用されているiPadがどれに対応しているか調べられましたか?現行5種類のiPad以外でも対応している機種があります。 ただ、iPadが対応していないとApplePencilは利用できません。 ご自身のiPadがもし対応していなかったら、ノジマへご来店ください。 お使い頂いている古いiPadを下取りして、ApplePencilに対応した新しいiPadをお買い求めいただくこともできます。 ご相談はお気軽にしてください。 お待ちしております。

次の

【使わない】アップルペンシルを購入したけど不要だったお話

アップル ペンシル

おすすめのアップルペンシル代用品1点目は、エレコムのタッチペンです。 こちらのタッチペンの魅力は何といっても低コストであるという点です。 1,500円以下で購入できるのに、感度もいいため愛用者からの評価も高いのが特徴です。 イラストを描くのはもちろんのこと、複雑な動きをするゲームなどにも使いやすいペンです。 またこちらは、iPad以外でも、iphone、androidにも互換性があるので、スマホやタブレットをお持ちの多くの方におすすめのアップルペンシル代用品です。 ちなみにこちらは、大き目のペン先となっているため、細かいイラストには少々不便となります。 簡単なイラストから、iPad、スマホでの操作用途を重視するという方にとくにおすすめですので、まずはタッチペンを使ってみたいという初心者に最適です。 おすすめのアップルペンシル代用品7点目は、オウルテックの多機能タッチペンです。 こちらは、本来のスタイライスペンから少し用途が外れてしまいますが、1つ持っていると非常に便利なアイテムでもあります。 というのも、こちらはタッチペン機能に加えて6つの便利機能が備わっているのです。 ボールペン、定規、プラスドライバー、マイナスドライバー、スマホスタンド、栓抜きと、ここまで必要かなと思うほどの機能を兼ね備えているタッチペンです。 そのため、他のスタイラスペンに比べゴム製でできていることもあり、タッチペンとしての性能はやや落ちますが、持っていると何かと便利なアイテムです。 作り方はとても簡単!綺麗に洗って水けを取ったお菓子の袋の裏(銀色の面)が表になるようにセロテープを使ってペンに巻いていくだけ。 たったこれだけなのに、簡単な代替ペンのできあがりです。 紹介しているtwitterのサイトでは、このペンを使った動作動画も公開しているので、ぜひチェックしてみてください。 ちなみに、ここで使うお菓子の袋は、裏面が銀色の面のあるものです。 ポテトチップスなどの袋を選ぶとよいでしょう。 QUOTE 【自作スタイラスペンの作り方】ミサです。 伝導スポンジは、なかなかお店などで目にする機会はありませんが、インターネットなどでは簡単に購入することができます。 伝導性があるので、ペン先に巻き付けて使えば、あっという間にタッチペンの完成です。 割りばしや、ペンに適当な大きさに切ったスポンジを置いたら、テープなどで固定します。 このように作り方はいたってシンプルで、とても簡単です。 ただし、他の方法に比べてコストはかかってしまいます。 ただし、伝導スポンジは、筆圧が表現しやすいので、他の方法に比べると性能的には優れていると言えます。 ちなみに、別の記事でも実はタッチペンの自作方法を紹介しています。 次の2つの記事では、スマホ用のタッチペンを自作するための方法についてを紹介しています。 タッチペンを買う前に、まずはどんなものかをお金をかけずに作って試してみたい!という方は、ぜひ次の記事を参考にしながらチャレンジしてみましょう。

次の

オシャレなApple Pencil(アップルペンシル)のアクセサリーを一挙公開!これだけ知っておけばiPad Proとの連携も大丈夫!│tetumemo

アップル ペンシル

私はiPadを使うことがあります。 最新作ではありませんがiPad pro10. 5インチを使用しています。 ご存知の方も多いと思いますが、少し前のiPadからApple pencil(アップルペンシル)が使えて手書きでの入力や描写が可能になっています。 以前は私もアップルペンシルを使っていた経験もあるのですが、本体ともども売却したため今回買いなおそうと色々調べました。 探していくと、3,000円前後でも良さそうな商品がありました。 調べていくうえで出会ったのは 「Abida」というメーカーから販売されているペンシルでになります。 今回はAbidaのペンシルについて私なりの見解も含めて紹介したいと思います。 Amazonの情報を掲載しています 私が初めてアップルペンシルを購入したときは、もう少し効果だったと記憶しています。 iPadの周辺機器に1万円以上の出費は痛手でしたので、代用品を購入したことになります。 Apple pencilとAbidaのペンシルの比較 ここからは、アップルペンシルとAbidaのペンシルの機能的なところを比較していきたいと思います。 サイズはAbidaのペンシルが少し小さい 公式サイト等を確認するとアップルペンシルの第1世代、第2世代、Abidaのペンシルのサイズ感は以下になります。 9mm、重量20. 7mm、直径…8. 9mm、重量20. 4mm、直径…約10mm、重量…約17g 長さはアップルペンシルのほうが長いですが、握るとAbidaのペンシルのほうが少し太いと認識してもらうといいですね。 アップルペンシルは普通の鉛筆を握ったくらいの太さ、Abidaのペンシルはそれよりも少し太いイメージです。 重さはAbidaのペンシルが少しだけ軽いんですね。 その他の特徴をみてみると、アップルペンシル第2世代はiPad proの11インチ、12. 9インチのモデルのために作られた仕様。 ペン自体がアイパッド本体に磁石でくっつくようになっています。 第一世代は磁石でくっついたりすることはなかったので持ち運びには便利になったわけですね。 Abidaのペンシルは磁気によってくっついたりはしませんので、持ち運びには注意しなければなりません。 ただ、長さは一般的なシャープペンシルや蛍光ペンなどよりも少し長いだけですから、筆箱やペンケースに入れ手持ち運ぶのもいいでしょう。 もしくはペンホルダー付きのiPadケースを購入してみるといいですね。 太さが約1cmですから、収納できるかどうかはしっかり確認しましょう。 私はロジクールのiPadケース(10. 5インチ用)を購入しました。 ペンの収納部分は伸縮するゴムのような素材でしたのでぴったりフィットしています。 少し話はずれますが私が使っているのはロジクール社のキーボード付きケースです。 キーボード部分は磁石でくっついていて簡単に取り外し可能です。 興味のある方は下記から商品の内容等を確認してみましょう。 Amazonの情報を掲載しています 充電が楽 アップルペンシルの初代を使っていたころに思っていたのは、「充電がしにくい」ということでした。 ペンの頭の部分にキャップがついてあって、外すとライトニング端子のオスがあらわれます。 そして、アイフォーンやアイパッドに接続しての充電でした。 ケーブルやアダプタをうまく使うことで、アイパッドなどを使わなくても充電可能です。 しかし、アップルペンシルの充電中はiPhoneやiPadの充電ができないなど、不便さもありました。 一方の第2世代は磁気で本体にくっつけると充電ができるようですから便利になっていますね。 では、 AbidaのペンシルはどうかというとmicroUSB端子の接続で充電を行います。 microUSB端子はandroid(あんどろいど)のスマートフォンの充電端子と同じです。 (タイプCの端子が増えていますが…) スマホを充電するように簡単な充電ができるのは嬉しいポイントですよ。 フル充電で12時間の連続使用が可能なのでかなり長持ちするイメージです。 対応機種 最後に、アップルペンシルとAbidaのペンシルがどの機種に対応しているかを紹介します。 9インチ iPad pro (第2世代) 12. 9インチ iPad pro (第1世代) 10. 5インチ iPad pro 9. 使用感はアップルペンシルにも引けを取りませんし、申し分なく使えます。 価格を考えると個人的には買いの商品です。 iPadのペンシルをお探しの方はぜひとも検討していただきたい商品ですよ。

次の