大玉 トマト プランター。 トマトの育て方・プランター(コンテナ)選び

中玉・大玉トマトの栽培・育て方手順|地植え・畑

大玉 トマト プランター

年々家庭菜園の人気は高まり、誰でも気軽に農業を楽しめる市民農園の数は20年前から増え続けています。 とはいえ、「自分で作った野菜を食べたい」「家庭菜園を始めたい」と思っていても、「畑を持つのは大変そう…」と感じる人も多いのでは?しかし、家庭菜園はプランターを置くスペースさえあれば、自宅でも始められます!とくに、4、5月頃に苗を植えると夏に収穫できるトマトは、手軽に育てられると人気の野菜です。 その中でも、食べごたえがあり、育てやすい中型トマト栽培の事前の準備と苗を植えるまでをご紹介。 必要なものはホームセンターでひととおり揃います。 用意するもの• トマトの苗• プランター• 野菜用培養土• 鉢底石• じょうろ• 移植ごて(小型の園芸用シャベル)• 支柱(直径2cm、長さ2m)• 麻ひも(ビニールひも、ビニールタイなどでも可) 土は、1苗15リットル以上を目安にプランターの大きさに合わせて準備しましょう。 ただし、プランターいっぱいに入れるのはNG。 水を入れたときにあふれないような高さを残しておきましょう。 プランターの土台づくり プランターの準備ができたら苗を植えていきましょう。 プランターに植付ける2時間前くらいに苗にたっぷりと水やりする。 こうすることで、苗が簡易のビニール容器から抜けやすくなる。 プランターの中心に、苗の根鉢(根と土がかたまりになったもの/写真)が入るくらいのくぼみを作る。 苗を容器ごと軽くひっくり返して、根鉢を崩さないように取り出す。 苗を無理に引っぱると茎が折れたり、根が切れたりして、その後の生育が大幅に遅れたり、植付けしにくくなるので注意。 根鉢が土の中にすっぽり入るように植付けたら、苗が倒れないように土寄せ(根元に土を寄せかけること)し、軽く押さえる。 植付け後は根を土になじませるため、たっぷりと水をやる。 日当たりや風通しがよく、雨が直接当たらない場所で育てましょう。 室内の日当たりの良い場所に移してあげましょう。 植付けが終わったら支柱立て&誘引を 苗を植えたら、生長して折れたり倒れたりしないように、苗のそばに支柱を立てます。 さらに、支柱と茎を麻ひもなどで結びつけていきましょう。 この作業を誘引といいます。 今後も生長にあわせて1週間に1回程度、伸びた茎を追加で誘引するようにしましょう。 《手順》• 苗から10cmのところに支柱をしっかりと差し込み、立てる。 茎に麻ひもをかけて、支柱との間で8の字形になるように2~3回ゆるく交差させる(下の写真1枚目)。 ひもを支柱に回してしっかり固定し、結ぶ(下の写真2枚目)。

次の

かんたん家庭菜園!プランターでトマト栽培[摘芯&病気対策]

大玉 トマト プランター

トマトの苗を植え付けする前に準備するものは? 苗を植える時期が来る前に、必要なものをそろえておきましょう! トマトをプランターで育てるのに必要なものを紹介します。 プランターor鉢植え トマトは、支柱を立てて栽培する必要があります。 プランターで栽培する場合は、直径30cm以上の丸型の深いプランター(鉢植え)か、60cm以上の長方形の深いプランターを選びましょう。 小学校で朝顔を育てるプランターでもトマトを栽培することができますよ~ 支柱&紐 トマトの栽培には支柱を準備しておく必要があるので、直径2cm長さ160cm以上の支柱を用意しましょう。 鉢底石 プランターの底には、穴が開いていますがそれだけでは水はけが十分ではありません。 トマトは、水分を多く含みすぎると玉割れをしてしまうので水はけの良さは重要になってきます! 鉢底石は、ネットに入れて使用しますが、 野菜用で軽いものやネットに個包装されているものを選ぶのがおすすめとなります。 土 トマトの栽培は、野菜栽培用の培養土を選びましょう。 肥料の不足や肥料の偏りで病気になってしまうこともあるので、 初めから元肥(もとごえ)の入っている培養土がおすすめです。 肥料 トマトは成長するのに多くの栄養を必要とするので、追肥用に肥料を準備しておきましょう。 追肥には、粒状の肥料と液体肥料があります。 液体肥料の方が与える頻度は増えますが手を汚さずに与えることができるのでおすすめです。 トマトの苗を植え付けするのに適している時期や苗を選ぶポイント! 初心者向けの苗から育てる方法を紹介します! 苗を植え付けるのに適した時期は? 苗を植え付けるのは、4月上旬から5月上旬になります。 苗を選ぶ時のポイントは? 苗の様子を観察して選ぶというのがポイントになります!• トマトの苗は、元気なものを選びましょう。 黄色い葉が付いているものは、病気にかかったり害虫の被害にあったりしているので、よく見て選びましょう。 トマトの苗は、葉がたくさんついていますが双葉(初めに生えてくるし小さい葉)が残っているものを選ぶようにしましょう。 苗が元気で、 ツボミや花が咲いているものがあれば一番おすすめです。 そして、 品種を選ぶという事も大切になります。 そこで、ミニトマト、中玉、大玉トマトのおすすめ品種をご紹介いたします! ミニトマトおすすめ品種のご紹介 アイコ 最近では、スーパーなどもよく見かける細長いような形をしたトマトで、酸味弱く甘みが強いものになります。 そして、収穫量が多いのでおすすめです。 千果 ミニトマトらしい丸いフォルムのトマトで糖度が高く、玉割れをしにくいのでおすすめです。 中玉トマトでおすすめの品種のご紹介 フルティカ 中玉トマトの中では糖度の高い品種で、スーパーでも扱われており高級スーパーでも人気のトマトになります。 シンディースイート きれいな赤色でツヤも良いトマトになります。 中玉トマトの中では、小ぶりなほうですが酸味と甘みのバランスが良いのでおすすめです。 深さのあるプランターに、水はけをよくするために底が隠れるように鉢底石を入れます。 鉢底石を入れたら野菜用の培養土をいれていきます。 プランターの8分目程度まで土を入れましょう。 このとき、土を押さえすぎないように気を付けましょう。 次にトマトの苗を植える場所を決めます。 プランターの2点(プランターの左右から15cmほどの場所)に、ポット1つ分ぐらいの穴をあけましょう。 穴に、ポットの土と一緒に苗を植えます。 土を無理に払ったりすると根がちぎれてしまうので気をつけましょう。 土をならしたら、苗の横に細い支柱を立ててひもで軽く結びつけましょう。 きつく結んでしまうと成長した時に、茎を痛める原因になってしまうので注意!• 支柱と苗を結ぶことができたらプランターの底から水が出てくるぐらいまで水やりをしましょう。 家庭菜園ではなく、 畑を借りて野菜を育てることもできます!• 栽培に必要なものは全て揃っているので 手ぶらでOK! 初心者でも安心! プロのサポート付き! トマトの栽培で注意するべき点や失敗しないコツ! トマトを栽培するのは初心者の方でも簡単ですが、注意する点さえまもれば失敗することなく栽培することができますが これだけは注意!という点を3つ紹介するので、 この3点だけは注意しましょう! 注意その1:日当たり風通りの良い場所で育てる トマトは、太陽が大好きな野菜です。 太陽の光で大きく育ち真っ赤な実をつけためには、 日当たりの良い場所にプランターを設置するようにしましょう トマトは、太陽光が大好きな反面加湿が苦手な野菜になります。 水をやりすぎたり加湿な場所で育てたりすると、病気になってしまったりせっかく実ったトマトが割れてしまいます。 風通しの良い場所にプランターを設置するようにしましょう。 注意その1:水やりは朝やる トマトは、多くの水を必要としますが 水をやりすぎてもダメ! 水やりは、毎朝行うようにしましょう。 水やりの量はプランターの底から水が出てくるぐらいがベストです。 注意その3:追肥を忘れない トマトは栄養をたくさん必要とする野菜です。 プランターで栽培する場合は、 土の量が少ないのですぐに栄養が足りなくなってしまいます。 追肥を忘れず与えましょう! 追肥は、肥料ごとに与える量が決まっています。 粒状の化学肥料の場合は2週間に1回、液体肥料の場合は1週間に1回与えるのがおすすめです。 スポンサードリンク まとめ 今回は、トマトの植え付け方法を紹介しました。 トマトは、ミニトマトや大玉トマトなど様々な種類があるので、育てるのも見ていて楽しい野菜です。 自分のお気に入りの品種を見つけてみてはいかがでしょうか? スーパーで買うトマトよりも新鮮でおいしいはずです! 注意することさえ守れば、初心者の方でのプランターで簡単に育てられるので今年の夏は、自分で育てたトマトで食卓を彩ってみてくださいね!.

次の

ミニトマトの育て方!プランターで初心者がベランダ栽培できる方法

大玉 トマト プランター

中玉トマトやミニトマトでは不要ですが、大玉トマトの場合は、1つの果房あたりのトマトを4、5個まで減らす「摘果」を行います。 房の先端にある生長の遅いものを中心に、小さな実や形の悪い実を早めに取り除きましょう。 残った実に栄養分が集まって、大きく甘くなります。 トマトの実が大きく甘く生長していく時期は、生長不良になったり、病気にかかったりとまだまだ油断は大敵です。 「何かいつもと違うな?何か変だな?」と思ったらすぐに対策をとりましょう。 生育不良の予防策 日照不足や多湿、寒冷などの天候不順、肥料・水の過不足によって、さまざまな症状が葉や実に現れることがあります。 これを生育不良といい、同一株で、同じ時期に着果した実にはほぼ同じような症状が現れます。 病気と違って他の株には伝染しないため、すぐに対処すれば、影響を最小限にとどめることができます。 肥料不足によって起こるもの 葉が黄色く色褪せて落ちたり、枯れたりしてしまったときは、肥料不足の可能性があります。 液体肥料を追肥し、栄養を与えてください。 また、カルシウム不足によって、実の先端部分が褐変・陥没し、腐ったようになる「尻腐れ症(写真)」や、カリウム不足によって、縦方向にすじが入る「すじ腐れ症」があります。 その場合はすぐに発症した実を取り除き、不足している栄養分を与えましょう。 肥料を与えすぎて茎ばかりが育ち、実がつかなくなることもあります。 葉が濃い緑色になる、縁のギザギザが鋭い、葉柄が上を向くなどの症状が「肥料を与えすぎ」のサインです。 その場合は新しい培養土に植え替えるか、水やりの量を増やして水で肥料を流しましょう。 病気の予防策 野菜の病気の原因は主にカビ、ウイルス、細菌の3種類に分かれます。 これら、病気による被害は、生育不良と違い、他の株や野菜に伝染したり、収穫できなくなったりする恐れがあります。 感染しないよう、しっかりと対策をとって予防しましょう。 [カビ]高湿に気をつけて 病気の中でも特に多いのが、カビによるものです。 実が灰色になる「灰色かび病」や円形の斑点ができる「炭そ病」などがあります。 これらは、湿度が高いと発病しやすい特徴があります。 日当たりや風通しをよくして、雨の当たらない場所で育てましょう。 発病した実や葉・茎などは取り除き、土は日光に当てて消毒してください。 [ウイルス]害虫をつけない対策を ウイルスによる病気は、アブラムシが媒介し、葉の表面が凸凹したり、葉に濃淡のあるモザイク模様が生じたりする「トマトモザイク病」や、タバココナジラミが媒介し、先端の葉が黄色く縮む「黄化葉巻病」などがあります。 これらは一度発症してしまうと回復する見込みがなく、株ごと撤去して他の植物への被害の拡大を防ぐしかありません。 虫などによって運ばれることが多いため、天然農薬の散布で害虫をつけないように、事前に対策をとっておくことが大切です。 天然農薬とは、天然由来のものを使った農薬のこと。 とくに、水あめや酢で作られた防虫剤は食品成分なのでおすすめです。 トマトの葉を食べたり、病気を媒介したりするアブラムシ、ハダニ、コナジラミなどの予防に効果的です。 虫がついているのを見つけたら、霧吹きを使って水で飛ばしたり、割り箸で掴んだりして、駆除してください。 [細菌]銅剤をまいて予防 過湿などにより土で繁殖した細菌が、雨などではねて気孔や茎や葉の傷口から入り込むことにより、株が病気になってしまいます。 殺菌作用のある銅材を水で800倍に薄めて霧吹きで葉っぱに吹きかけると、菌の繁殖を防ぐことができます。 発症後に殺菌剤などの農薬をまいて対処することもできますが、生で食べるトマトにはおすすめできません。 事前の予防を心がけましょう。

次の