絆2 流星群。 バジリスク絆2 通常時のモード示唆演出

バジリスク絆2 モードテーブルまとめ!モード示唆・テーブル振り分けも続々判明!

絆2 流星群

4月24日(金)より東野圭吾氏の7社7作品が電子書籍で読めるようになります! それを記念し、ドラマ化もし絶大な人気を誇る『流星の絆』(講談社文庫)の冒頭部分を毎日1節ずつ、4節まで無料公開いたします。 1 物音をたてないよう、ゆっくりと窓を開けた。 首を伸ばし、夜空を見上げる。 「どうだ?」 功一 こういち が 訊 き いてきた。 「だめだ。 やっぱり雲が多いよ」 功一がため息をつき、舌打ちをした。 「天気予報通りか」 「どうする?」 泰輔 たいすけ は室内にいる兄のほうを振り返った。 功一は部屋の真ん中で 胡座 あぐら をかいていたが、傍らのリュックを手にして立ち上がった。 「俺は行く。 さっき下に行ってみたら、父さんと母さんは店のほうで何かしゃべってた。 今なら、たぶん気づかれないと思うし」 「星、見えるかな」 「だめかもしれないけど、とりあえず行く。 明日になって、じつはよく見えたっていう話を聞いたら悔しいからな。 泰輔は嫌ならやめたっていいぞ」 「行くよ、俺も」泰輔は口を尖らせた。 功一が勉強机の下からビニール袋を引っ張り出した。 その中には二人の運動靴が入っている。 夕方、両親に内緒でこっそりと隠しておいたものだ。 室内で靴を履き、リュックを背負った功一が窓から片足を出した。 窓枠をしっかりと握り、もう一方の足も外に出す。 そのまま懸垂の姿勢を取ったかと思うと、次の瞬間には功一の顔は消えていた。 泰輔は窓の外を見た。 すぐ下に物置のトタン屋根があり、功一はその上に降り立ち、何でもないような顔で服の汚れを払っていた。 ずいぶん昔からこの脱出遊びをしているだけに、六年生になった今ではさすがに慣れたものだ。 泰輔は最近になって真似をするようになったが、まだ要領が 掴 つか めない。 「音、たてんなよ、絶対に」 そういうと、まだ泰輔が窓枠にまたがった状態だというのに、功一はひらりと地面に飛び降りた。 下から、早くこい、というように手をひらひらさせている。 泰輔は兄に 倣 なら い、両手でしっかりと窓枠を掴んだまま、ゆっくりともう一方の足を窓の外に下ろした。 渾身 こんしん の力をふりしぼって、懸垂の姿勢を作る。 彼は兄よりも二十センチ近く背が低い。 当然、トタン屋根までの距離も長くなる。 そっと降りたつもりだったが、がん、と思った以上に大きな音が響いた。 泰輔は顔を歪め、功一を見た。 兄はしかめっ面で口を動かしている。 声は出していないが、馬鹿、といっているのはその形からわかった。 ごめん、と泰輔は声を出さずに謝った。 次にトタン屋根から飛び降りようと泰輔は腰を屈めた。 じつは窓から出るより、こちらのほうが苦手だった。 大した高さではないのだが、飛び降りようとすると、地面がひどく遠く感じられる。 功一がなぜあれほど易々と降りられるのか、まるでわからなかった。 さあ飛ぼう、と決心した時だった。 「タイ兄ちゃん」彼の頭の上から声が聞こえた。 ぎくりとして振り向き、見上げた。 静奈 しずな が窓から首を出していた。 寝ぼけたような表情だが、目はしっかりと泰輔のほうに向けられている。 「あっ、なに起きてきてんだよ」泰輔は妹を見上げ、顔をしかめた。 「いいから、シーは寝てろ」 「何やってるの? どこ行くの?」 「何でもないよ。 シーには関係ないから」 「シーも行く」 「だめだって」 「おい」下から功一の抑えた声が聞こえてきた。 「何やってんだ」 泰輔はトタン屋根の上で腹ばいになり、下を 覗 のぞ き込んだ。 「まずいよ。 シーが起きてきちゃった」 「はあ?」功一が口を大きく開けた。 「おまえがおっきな音をたてるからだ。 早く寝ろっていえよ」 「でも一緒に来るっていうんだ」 「ばかやろ。 そんなこと出来るわけねえだろ。 だめだっていえ」 泰輔は身体を起こし、窓から首を出している妹を見上げた。 「兄ちゃんがだめだってさ」 すると静奈は途端に泣き顔になった。 「シー、知ってるよ。 兄ちゃんたちばっかり、ずるいよ」 「なんで?」 「流れ星、見に行くんでしょ。 ずるいよ。 シーだって見たいのに。 流れ星、兄ちゃんたちと一緒に見たいのに」 泰輔は 狼狽 ろうばい した。 聞いていないような様子だったが、兄たちの冒険計画はしっかりと彼女の耳に入っていたらしい。 泰輔は再び腹ばいになった。 「シー、俺たちが流れ星を見に行くってことを知ってるんだ」 「だからなんだよ」功一は不機嫌そうに訊く。 「見たいっていってるんだ。 俺たちと一緒に見たいって」 功一は激しくかぶりを振った。 「小さい子はだめなんだっていえよ」 泰輔は 頷 うなず き、立ち上がった。 窓を見上げた。 静奈はべそをかいていた。 ぷっくりと丸い頬に涙が流れているのが、暗がりの中でもわかった。 彼女の目は懇願するように泰輔を見つめていた。 彼は激しく頭をかきむしり、腰を屈め、もう一度功一に呼びかけた。 「兄ちゃん」 「なんだよ」 「やっぱり、シーも連れてってやろうよ。 仲間外れはかわいそうだよ」 「そんなこといったって、無理なものはしょうがないだろ。 すっげえたくさんの石段を上るんだぞ」 「わかってる。 俺がおぶっていくよ。 それならいいだろ」 「おまえなんかにそんなことが出来るわけないだろ。 一人で上るのだってやっとなのに」 「出来るよ。 ちゃんとやるから。 だから、シーも連れていこうよ」 功一はげんなりした顔をした後、泰輔に向かって手招きした。 「とにかく、おまえはさっさと降りてこい」 「えっ、でも、シーが……」 「おまえがそこにいると邪魔なんだよ。 それともおまえがシーを下ろしてやれるのか」 「あっ、そうか」 「早くしろ」 功一に 急 せ かされ、泰輔は夢中で飛び降りた。 ずしんと音をたて、彼は尻餅をついた。 尻をさすりながら立ち上がった時には、功一はすでにトタン屋根の縁に飛びつき、その上によじのぼりつつあった。 トタン屋根の上に立った功一は、窓に向かって何かしゃべっている。 やがてパジャマ姿の静奈が、足を外に出し、窓枠に腰掛けた。 絶対に平気だから、兄ちゃんを信じろ、と功一が小声でいっている。 静奈の身体が窓から離れた。 それを功一はがっちりと受け止めた。 ほら大丈夫だろ、と幼い妹に声をかけている。 功一は静奈を残し、飛び降りてきた。 そして泰輔のすぐ前でしゃがみこんだ。 「ほら、またがれ」 「えっ?」 「肩車だよ。 さっさと乗れ」 泰輔が首にまたがると、功一は物置の壁に手を添えながら、ゆっくりと立ち上がった。 泰輔の顔の位置は、トタン屋根よりも少し上になった。 「今度はおまえがシーを肩車するんだ。 気をつけろよ。 おまえは落ちてもいいけど、絶対にシーに怪我をさせるな」 「わかった。 首にまたがるんだ」 「わあ、すっごい高い」 静奈が泰輔の肩に乗ったのを確認すると、功一はゆっくりと腰を下ろしていった。 静奈が小さいとはいえ、二人分の体重を肩に乗せているのだから、足腰には相当な負担がかかっているはずだった。 兄ちゃんはやっぱりすごい、と泰輔は感心した。 静奈を無事に下ろすと、功一はリュックからウインドブレーカーを出し、彼女に羽織らせた。 「裸足だけど、おぶってやるから心配するな」 うん、と静奈はうれしそうに頷いた。 一台の自転車に三人で乗り込んだ。 功一が漕ぎ役で、泰輔は荷台に腰掛け、二人の間にさらに静奈がまたがって乗るという格好だ。 功一のリュックは泰輔が背負うことになった。 「しっかり掴まってろよ」そういって功一はペダルを漕ぎ始めた。 しばらく走ると左側に小高い丘が迫ってきた。 その手前に校舎がある。 三人が通う小学校だった。 そこを過ぎて間もなく、道沿いに小さな鳥居が立っていた。 その前で三人は自転車から降りた。 鳥居の脇に幅一メートルほどの石段がある。 「よし、行くぞ」功一が静奈を背負い、上り始めた。 泰輔もその後についていく。 横須賀は海と丘で成り立っている。 海辺から少しでも離れれば、すぐに上り坂だ。 その傾斜は決して緩くないが、ふつうの街と同じように民家が建ち並んでいる。 三人が上っている石段も、そうした民家の住人たちのために作られたものだった。 「学校のみんな、来てるかなあ」泰輔は息をきらせながらいった。 「来てないだろ。 こんな夜中に」 「じゃあ、自慢できるね」 「一個でも見れたらな」 石段が緩やかな斜面になり、やがて広々とした空き地が三人の前に現れた。 ニュータウンの建設予定地で、一ヵ月ほど前に整地が行われたばかりだった。 目をこらすと、ブルドーザーやショベルカーなどの重機が置かれているのがわかる。 功一が懐中電灯で足元を照らしながら進んだ。 地面のところどころにビニールロープの仕切り線が走っていた。 「このあたりでいいだろ。 泰輔、ビニールシート」 功一にいわれ、泰輔はリュックサックから二枚のビニールシートを出した。 それを広げて地面に敷いた。 三人はその上で仰向けに寝転んだ。 静奈を二人の兄が挟む形だ。 功一が懐中電灯のスイッチを切ると、手元さえもよく見えないほどの闇に包まれた。 「兄ちゃん、真っ暗」静奈が不安そうな声を出した。 「大丈夫だ。 ここに俺の手があるだろ」功一が答えた。 泰輔は目をこらしていた。 今夜の空には光というものがまるでなかった。 流れ星どころか、ふつうの星すらも見えない。 泰輔がペルセウス座流星群のことを知ったのは去年の今頃だった。 今夜と同じように家を抜け出した功一が、友達と一緒に見てきたことを自慢したのだ。 その時泰輔は、どうして自分も連れていってくれなかったのかと抗議した。 そして、来年は絶対に誘ってくれと頼んだのだった。 泰輔はその様子を想像し、胸を躍らせた。 彼は流れ星自体を見た記憶がなかった。 本で読んで知っているだけだ。 だがいくら待っても流れ星は現れなかった。 泰輔は次第に退屈になってきた。 「兄ちゃん、全然見えないね」 「そうだな」功一もため息まじりに返事してきた。 「この天気じゃ、やっぱり無理かな」 「せっかく来たのに……。 シーもつまんないよな」 だが静奈の返事がない。 すると、「とっくに寝てるよ」と功一がいった。 その後、少しだけ待ってみたが、やはり流れ星は見えなかった。 それどころか、冷たいものが顔に落ちてきた。 「わっ、降ってきた」泰輔はあわてて起き上がった。 「帰ろう」功一が懐中電灯を点けた。 来た時とは逆に石段を下りていった。 幸い雨は本降りになっていない。 しかし石段が濡れているので、足元には一層の注意が必要だ。 静奈を背負っている功一も、上りの時以上に慎重に足を運んでいるようだった。 鳥居まで戻ったが、自転車には乗らなかった。 静奈がすっかり眠り込んでしまい、三人で乗ることは不可能だったからだ。 功一は静奈を背負ったまま歩きだした。 泰輔も自転車を押しながら兄に続いた。 雨は降り続いていた。 静奈のウインドブレーカーに雨粒の当たる音がした。 家の裏まで戻ってきたが、問題は静奈をどうやって二階の窓まで上らせるかだった。 「表の様子を見てくる。 父さんたちがもう眠っているようなら、こっそり入るから」 「鍵は?」 「持ってる」 静奈を背負ったまま功一は表に回った。 泰輔は裏の路地のそばに自転車を止め、チェーン式の鍵をかけた。 その時、路地から物音が聞こえた。 戸の開く音だ。 泰輔が覗くと、裏口から一人の男が出てくるところだった。 横顔が見えたが、知らない男だった。 男は泰輔のいる場所とは反対の方向に走りだした。 不審に思いながら、泰輔は家の表に回った。 功一の姿はない。 『アリアケ』と彫られた扉を引いてみると、簡単に開いた。 店内は暗かった。 だがカウンターの先にあるドアは開いていて、そこから光が漏れていた。 ドアの向こうには両親たちの部屋があり、その手前が階段になっている。 泰輔がそちらに向かって歩きかけた時、功一が出てきた。 まだ静奈を背負っている。 逆光のせいで顔がよく見えなかったが、兄の様子が尋常でないことに気づいた。 「兄ちゃん……」思わず声をかけた。 「こっち来るな」功一がいった。 「えっ?」 「ころされてる」 兄の言葉の意味が泰輔にはわからなかった。 瞬 まばた きした。 「殺されてる」功一はもう一度いった。 声に抑揚がなかった。 「父さんも母さんも殺されてる」 今度はその意味を理解した。 しかし状況を把握したわけではなかった。 泰輔はわけもなく笑い顔になっていた。 そのくせ、兄が冗談をいっているのでないことは感じていた。 功一の背中で気持ちよさそうに眠っている静奈の顔が見えた。 泰輔の足が震え始めた。

次の

【バジリスク絆2】天井期待値・ゾーン・設定狙い・やめどき・勝ち方・攻略

絆2 流星群

ハヤシライスが名物の名店を作るんだ!静奈さあああああん! ハヤシライスの感想を!ぜひ!!! ・・・・え?俺騙されてんの? 保護者のようで、なんでも出来る万能な頼れるアニキ。 功一くんはイケメンです。 【流星の絆】小説のあらすじ 小説ベースであらすじです。 横須賀でハヤシライスが名物の洋食屋「アリアケ」。 そこの幼い兄弟3人で深夜に家を抜け出し獅子座流星群を見に行った帰り、 両親が惨殺されています。 その後犯人はなかなか捕まらず、 兄弟は犯人のいつか犯人を殺害することを誓うも、結局事件は迷宮入りし14年の時が経過します。 幼い兄弟はその後施設で育ち、卒業後は3人で生き抜いていくため、詐欺グループを組織し、生活していくようになります。 そんな生活に見切りをつけ、最後の獲物と決めたあるターゲットの男に近づいていくと、その 男の父親の顔が泰輔が14年前に現場で目撃した顔と瓜二つなのでした・・・。 そして その男が経営している会社も洋食屋、そして看板メニューもハヤシライスなのでした・・・。 そして犯人と思しき男の息子の戸神行成さんに恋をしてしまう静奈なのです。 や、やっぱやめよう・・・兄ちゃん!まずいって! みたいな葛藤を描くのがテーマだと思っていたので見事に引っかかってしまいました・・・。 ドラマ見た人は犯人自体はわかると思いますが、ラストの展開は原作とドラマで少し違うので、未読の人には読んでみてほしいですね。 3. 無性にハヤシライス食べたくなる(僕だけかな・・・) 本作のキーワードの「ハヤシライス」。 おふくろの味ならぬオヤジの味。 こだわり抜いた【洋食屋アリアケ】自慢の一品は物語中最も重要なもので、一体どんな味なんだろうと想像して読んでいました。 僕ハヤシライスとても好きなので、ハヤシライス速攻で作ってしました。 ハインツのデミグラス缶は無敵です。 これマジで美味いのでさり気なくおすすめしてみる。 トマトよりもデミグラスソースで作る方が美味いと思います。

次の

2020年に肉眼で見れる流星群の一覧カレンダー【随時更新中】

絆2 流星群

ハヤシライスが名物の名店を作るんだ!静奈さあああああん! ハヤシライスの感想を!ぜひ!!! ・・・・え?俺騙されてんの? 保護者のようで、なんでも出来る万能な頼れるアニキ。 功一くんはイケメンです。 【流星の絆】小説のあらすじ 小説ベースであらすじです。 横須賀でハヤシライスが名物の洋食屋「アリアケ」。 そこの幼い兄弟3人で深夜に家を抜け出し獅子座流星群を見に行った帰り、 両親が惨殺されています。 その後犯人はなかなか捕まらず、 兄弟は犯人のいつか犯人を殺害することを誓うも、結局事件は迷宮入りし14年の時が経過します。 幼い兄弟はその後施設で育ち、卒業後は3人で生き抜いていくため、詐欺グループを組織し、生活していくようになります。 そんな生活に見切りをつけ、最後の獲物と決めたあるターゲットの男に近づいていくと、その 男の父親の顔が泰輔が14年前に現場で目撃した顔と瓜二つなのでした・・・。 そして その男が経営している会社も洋食屋、そして看板メニューもハヤシライスなのでした・・・。 そして犯人と思しき男の息子の戸神行成さんに恋をしてしまう静奈なのです。 や、やっぱやめよう・・・兄ちゃん!まずいって! みたいな葛藤を描くのがテーマだと思っていたので見事に引っかかってしまいました・・・。 ドラマ見た人は犯人自体はわかると思いますが、ラストの展開は原作とドラマで少し違うので、未読の人には読んでみてほしいですね。 3. 無性にハヤシライス食べたくなる(僕だけかな・・・) 本作のキーワードの「ハヤシライス」。 おふくろの味ならぬオヤジの味。 こだわり抜いた【洋食屋アリアケ】自慢の一品は物語中最も重要なもので、一体どんな味なんだろうと想像して読んでいました。 僕ハヤシライスとても好きなので、ハヤシライス速攻で作ってしました。 ハインツのデミグラス缶は無敵です。 これマジで美味いのでさり気なくおすすめしてみる。 トマトよりもデミグラスソースで作る方が美味いと思います。

次の