北川温泉 旅行。 北川の温泉旅行の国内旅行・観光ガイド

北川温泉ホテルの宿泊予約

北川温泉 旅行

水平線を眺める 海の上の絶景露天風呂 「きたがわ」ではなく、「ほっかわ」と読む。 伊豆諸島の東岸に位置する温泉街のすぐ目の前には太平洋が広がり、伊豆大島や房総半島も眺めることができる。 昭和初期に地元の漁師に発見されたというほど、漁港が近く港町の雰囲気を味わえる。 開湯時に作られた「黒根岩風呂」は、北川温泉宿泊者なら無料で入れる人気の露天風呂。 海抜0mの波打ち際で、海を眺めながら温泉を楽しめる。 キャッチコピーは「海の向こうにアメリカが見える」。 真偽の程は、ご自身でご確認を。 温泉街には和モダンな建物と街灯が連なり、海を眺めつつ散策するだけで贅沢な気分にさせてくれる。 首都圏からも日帰りでアクセスできる北川温泉。 海辺の温泉で非日常を体験するのも良いだろう。

次の

北川温泉の温泉・旅行ガイド(2020年版)|ゆこゆこ

北川温泉 旅行

吉祥の取り組み コロナウイルス対策強化中 新型コロナウイルスの感染拡大防止策について 吉祥CARENは、お客様の健康と安全を考慮し、安心してお過ごしいただけるよう、以下の予防衛生管理対応を強化しております。 何卒ご理解並びにご協力賜りますようお願い申し上げます。 従業員の予防対策および健康管理の実施 従業員は始業時に検温、健康確認と手洗い、うがい、手指消毒を徹底しております。 また、スタッフはマスクを着用してサービスの提供しております。 消毒液の設置 ホテル館内各所(玄関、フロント、ロビー、トイレ、各レストラン入り口等)にアルコール消毒液を設置しております。 ご入館の際には手指の消毒にご協力をお願い致します。 館内換気の実施 8:00~18:00の間で2時間に1回1時間程度の換気を実施致しております。 館内温度が適温に保てない場合もございます。 【換気場所】ロビー、ロビーラウンジ、レストラン 4. 共用スペースの消毒実施 客室キー、ドアノブ、エレベーターのボタン、階段の手摺り、カート、温泉の脱衣所、フロントカウンター、ショップ、チェックイン時にお使いいただくボールペン等、細部にわたり手が触れる場所の定期的な拭き取り消毒を行っております。 レストランの衛生管理 ご利用の際は、マスクの着用をお願いしております。 また、感染防止の観点より営業形態(食事提供方法)の一部変更や混雑が確認・想定される場所での入店制限を適時行います。 お客様のご利用ごとにテーブルと椅子、メニューの拭き取り消毒に次亜塩素酸水を使用して行っております。 お座席は可能な限りお客様ごとの間隔を取りご用意しております。 客室の衛生管理 客室清掃作業のスタッフはマスク着用の上、入念に換気と清掃を行っております。 特に清掃後の仕上げとして次亜塩素酸水やアルコールによる家具類・ドアノブ・壁・ベーシン台・バス・トイレ他、手の触れる場所の拭き上げを徹底し、客室全体への次亜塩素酸水を設置しております。 お客様の体調管理 ご到着時にマスクの着用、検温にご協力いただききます。 マスクをご持参されていないお客様は従業員までお申しつけください。 またご滞在中に体調不良が発覚した場合は、速やかに従業員までお知らせいただくようお願いいたします。 体調不良を確認した場合は、お客様の早期回復を第一に考え、症状により医療機関の受診をお勧め致します。 症状を確認した上で場合によっては、客室の異動、外出の制限、お食事提供の変更や救急車手配、保健所への連絡、防護服での対応をさせていただきます。 大浴場及び貸切風呂の衛生管理 温泉施設ご利用の際、タオル類は客室よりご持参いただいております。 化粧水や整髪料等は設置しておりません。 予めご自身でご用意くださいませ。 また、当面の間、三密回避のためサウナの営業を中止させて頂きます。 臨機応変な対応 現在は、以上のような対応を行っておりますが、今後の状況変化により、お客様及び従業員の安全と健康を第一に、臨機応変に対応してまいります。 変更及び追加事項は随時公式ホームページにてご案内いたします。 以上 2020年5月27日現在.

次の

北川温泉が人気の3つの理由!旅館や観光情報から名物グルメ&お土産についても

北川温泉 旅行

水平線を眺める 海の上の絶景露天風呂 「きたがわ」ではなく、「ほっかわ」と読む。 伊豆諸島の東岸に位置する温泉街のすぐ目の前には太平洋が広がり、伊豆大島や房総半島も眺めることができる。 昭和初期に地元の漁師に発見されたというほど、漁港が近く港町の雰囲気を味わえる。 開湯時に作られた「黒根岩風呂」は、北川温泉宿泊者なら無料で入れる人気の露天風呂。 海抜0mの波打ち際で、海を眺めながら温泉を楽しめる。 キャッチコピーは「海の向こうにアメリカが見える」。 真偽の程は、ご自身でご確認を。 温泉街には和モダンな建物と街灯が連なり、海を眺めつつ散策するだけで贅沢な気分にさせてくれる。 首都圏からも日帰りでアクセスできる北川温泉。 海辺の温泉で非日常を体験するのも良いだろう。

次の