グラグラ の 歯 を 抜く 方法 痛く ない。 歯周病で奥歯がグラグラしています抜歯するしかありませんか?

グラグラ乳歯は抜いてはいけない?子の歯を抜く時の注意点 [虫歯] All About

グラグラ の 歯 を 抜く 方法 痛く ない

本日、仕事から帰ってきたら 娘の乳歯がグラグラしていました。 いつものアレやりますか。 乳歯を痛みなく取りたい 「歯がグラグラして痛い。 」 開口一番、娘が言ってきました。 確かにグラグラしている。 でも、まだ歯茎にしっかりくっついているから抜くには痛そう。 基本的にはグラグラしていたら根っこは抜けてる 根っこが抜けてるのに歯茎だけでくっついてて、その状態でご飯食べてたら痛いに決まっています。 もちろん、ほんの少しだけのグラグラならまだ抜かなくていいのですが、 結構グラグラしていたら早く抜かないと、次の歯が変な方向に生える原因になってしまうので早く抜きましょう。 昔は糸を巻いて抜いたり、小さいペンチで抜いていました まぁ、抜き方は様々ありますが、相手は子供です。 糸を巻いたりする時間や、ペンチを目の当たりにしたら緊張感MAXですよね。 1回で抜けたらいいのですが、抜けなかった場合の落胆と言ったら半端ないです。 私も経験しました。 できたら、怖くない方法で抜きたいものです。 ハイチュウ(ヌガー)で抜きましょう 前置きが長くなりました(笑) 歯抜き用の「ハイチュウ」です。 ヌガー(ソフトキャンデー)ならどんなものでもOKですが、信頼のハイチュウがオススメです。 ハイチュウでの抜き方• まずは 先に歯を磨いておきましょう。 歯を抜いた後は磨きにくいし、出血が多いので先に念入りに磨いて口内を綺麗にしておきましょう。 ハイチュウを口内で1分くらい舐めて 柔らかくしましょう。 もしくはお湯などで濡らして柔らかくしましょう。 目的の歯にハイチュウを当てて、グッと噛みます。 できる限りしっかり噛みましょう。 「口をパカって開けて」と子供に言いましょう。 できる限り緊張感を和らげながら言うのがコツです。 勢いつけて開けるのがコツです。 これでほぼ100%で抜けます。 痛みはほとんどないです。 その後、出血がかなりあるので口内をゆすいで、ティッシュや綿球で2分くらい詰めましょう。 その後、取るとまた出血しますがしばらく放置しましょう。 多少まずいですが、血が「血餅(けっぺい)」となって結構早く固まってくるのでそれまで我慢です。 マズイからといって何度も口をゆすぐと血餅が取れるので出血が長引きます。 その後、他の歯を磨けるのなら磨いて寝てもいいし、磨くのが怖ければ、先にしっかり磨いているので口を数回ゆすいでから寝ればいいと思います。 で、今回も無事抜けました。 奥歯なので、結構出血しました。 あくまで民間療法です まぁ、邪道な方法ですので、神経質な人や、歯科医関係のご子息の方には向きません。 ちゃんと歯科に行って処置してもらうのが良いでしょう。 うちはテキトーな家庭なので、いつもこの方法で抜いています。 ハイチュウで抜くと、お菓子ということもあって緊張感も和らぐし、美味しいので抜歯に対する嫌悪感も軽減して結構オススメです。 我が家では歯がグラグラすると、娘の方から 「ハイチュウする」と言ってきます。

次の

歯のぐらつき・抜けそうな永久歯を固定する治療法 [歯周病] All About

グラグラ の 歯 を 抜く 方法 痛く ない

おっしゃるとおり、歯を少しずつ削って歯を浮かせてくる方法があることはあります。 が根が複雑なものは無理かと思いますし、状況によっては不可能な場合があります。 奥の歯ですので根が2から3本あるはずです。 更に深くまで削ってかぶせても、肝心なの治療がされていないので生物学的にも悪化するだけの処置になってしまいます。 基本的に被せるものは、ケアできるところまでの深さ、学問的に許される深さが基本です。 おそらく歯が揺れているとのことですから、歯を支える骨が無いことが考えられます。 従いまして、きちんとの治療計画を立てるための検査をして、その歯が残せるかどうか判断することが大事になります。 残せない歯を無理やり残しても、ご自身がつらくなる症状が出てしまいます。 かかりつけの歯科医院に行かれて、きちんと相談、説明を受けて一番いい治療方針治療、物を装着されることがいいのではないでしょうか。 あとは、残った歯を無くさないようなケアをすることがこの先大事になります。 渡辺 英弥先生からの回答 スー 様 で歯がグラグラしてきたのですね。 その歯の周りの骨がどの程度吸収しているかが問題です。 普通歯の周りの骨が相当無くなっても歯はなかなかグラグラしないものです。 ですから、グラグラしているということは希望が少ないと考えられます。 ただ、そのような歯の中にもきれいに炎症をコントロールすれば抜かなくてもすむケースがあります。 たいていの歯科医院では抜く方法を選ぶと思いますが、骨の状態によっては、を専門にしている歯科医院や、歯科大学の科というところでは抜かずに治療をしてもらえるかもしれません。 一度おたずねください。 早ければ早いほど(遅くなれば骨はどんどん無くなっていきます)良いと思います。 入れ歯にしたくない気持ちはわかりますが、グラグラしてその歯を保存できない(すなわち抜かなければならない)歯を無理に持たせると他に問題が出る場合もあります。 その辺はお口を見せていただかなければわかりませんので、できるだけ早く専門の歯科医院へ行かれることが最善の方法と考えます。 木村 也寸志先生からの回答.

次の

子どもの歯がグラグラしてきた・・抜くべき?

グラグラ の 歯 を 抜く 方法 痛く ない

子どもの成長は早いもので、乳歯が生えそろったと思っていたら今度は生え替わりの時期がやってきます。 乳歯がグラグラしてくると、子どもは気にして何度も触ってしまったり、不快さを訴えたりします。 お母さんとしてはどうしたらよいのか悩みどころですね。 今回はグラグラの乳歯に対して、自分で抜いてしまっていいのか、それとも自然に抜けるまで待つべきかについてアドバイスします。 正しい抜き方や、歯医者さんに抜いてもらったほうがよいケースについても合わせてご紹介します。 乳歯が抜けそう!どんな兆候がある? 乳歯は生後6ヶ月ごろから生えはじめ、平均すると2歳半ごろまでに生えそろいます。 乳歯の数は通常で20本。 そして、5~6歳ごろに最初の永久歯である「六歳臼歯」が生えてきます。 乳歯の奥に生えてきて、永久歯の歯並びや噛み合わせの基本となる大切な歯です。 「六歳臼歯」が生えてくるのと同じころに、下の前歯から順次生え替わってきます。 最終的にすべての永久歯は、14歳ごろまでに生えそろいます。 生え替わる順番や時期には個人差があるので、6歳を基準に前後2年くらいのズレなら気にする必要はありません。 抜ける前の兆候として、乳歯がグラグラしはじめます。 永久歯の歯根がつくられはじめるとともに、乳歯の歯根が溶けてくるためにグラグラするのです。 中には、永久歯が上の歯を押す影響によって、グラグラする前に痛みを感じる子どももいます。 乳歯がグラグラして痛そう・・・自分で抜いても大丈夫? 乳歯がグラグラしてきたとき、自然に抜け落ちるのを待つのがいいのか、抜いたほうがいいのか心配になる親御さんも多いことでしょう。 自分で簡単に抜けそうだからと抜いてしまうと、後でトラブルを起こすことも。 どんなときなら抜いてよいのか、さらには正しい抜き方について説明します。 自分で抜くのはちょっとリスクあり グラグラしはじめると子どもが食事のときなどにいやがったりします。 子どもの不快の原因を取り除いてあげようと、歯を抜いてしまいたくなる気持ちは分かります。 でも、抜きたいからといって力任せに引っ張ることは避けましょう。 歯根がしっかりしている状態で引っ張ると、歯ぐきが裂けてしまったり、歯根が折れてしまったりすることがあるのです。 子どもにトラウマが残ってしまうかもしれません。 乳歯が抜けるよりも前に永久歯が生えてきたときでも、グラグラしていればそのまま様子を見守っていただいて大丈夫です。 とはいえ、強い痛みが出てきたり、いつまでも抜けそうでなかったりしたら、躊躇せずに歯医者に診てもらいましょう。 逆に乳歯が抜けた後、いっこうに永久歯が生えてこないときにはどうしたらよいでしょうか? 基本的には経過観察でOKですが、乳歯が抜けてから半年以上も生えてこない場合には、やはり歯医者で診てもらってください。 自分で抜いてもOKなケース グラグラの度合いが強くなってきて、かろうじて歯ぐきとつながっているくらいの状態になったら、自分で引っ張っても問題なく抜けるでしょう。 ただし、くれぐれも力を入れ過ぎないことがポイント。 簡単に抜けない場合は、そのまま様子を見るようにしましょう。 正しい乳歯の抜き方はこれだ! 生え替わり時期が近づくと、乳歯はいっそうグラグラしていき、歯ぐきと歯がかろうじてつながっているだけの状態に。 子どもはグラついた歯がたえず気になってしまうかもしれません。 ストレスも痛みもない一番の方法は、自然に抜けるのを待つことです。 どうしてもガマンできなければ、自分の舌や指で歯を揺らすことで抜くことが可能です。 無理のない程度に引っ張ってみてもよいでしょう。 しかし、ここで注意点です。 歯ぐきが雑菌に感染しないように、手をきれいに洗ってから揺らすようにしてください。 抜いた後は清潔なガーゼなどを歯が抜けた箇所に当てて5分ほど噛んだままにして止血するようにしましょう。 こんな場合は自分で抜かないで!歯医者に診てもらいましょう 歯の生え替わり時期にグラグラしてきたのであれば、下から永久歯が生えてきたというサイン。 この場合は、正常な生え替わりと考えられるため、歯医者さんに行く必要はありません。 そのまま見守っていてください。 とはいえ、転んだり衝突したりして歯に強い衝撃が加わった場合や、歯ぐきが炎症を起こした場合には、生え替わり時期でなくてもグラグラすることがあります。 原因をきちんと突きとめるためにも、歯医者に診てもらうと安心です。 また、グラついて食事がしづらいときや、永久歯が出てきたのに全然グラつかず抜けそうもないときには、歯医者で抜歯してもらうことをおすすめします。 虫歯でボロボロになっている場合には、きちんと抜けきらないこともあるので歯医者で診てもらってください。 抜けてしまったのに、なかなか永久歯が生えてこないのも気になりますね。 一般的に歯は左右対称で生え替わってきます。 片方の歯が生え替わったのに、もう片方の歯が生え替わる気配がないなど、気になるときは歯医者に相談してみましょう。

次の