わかめ 食べ すぎ。 海藻の摂取量目安とは?ヨウ素過剰は健康に悪いのか [食と健康] All About

わかめも下痢の原因?ワカメを大量に食べすぎると下痢になる?

わかめ 食べ すぎ

たけのこの旬は? たけのこは成長がとても早く、 1日になんと80~100㎝伸びるとも言われています。 1日に子供一人分くらい伸びるってすごいですよね。 たけのこの旬は日本では主に 春先で、地面から芽が出かけているものを採って食べます。 種類はなんと 約70種類もありますが、一般的に食べられるのは 孟宗竹 もうそうちく と言われるもので、 3月~4月が最も美味しい時期とされています。 また、亜鉛や葉酸、他の食材と比べて取り立てて多くはありませんがビタミン群 ビタミンB1、B2、B6、C、E も含んでいます。 では、たけのこにはどのような効果があるのか見てみましょう。 アスパラギン酸と言えば、 アスパラガスですよね。 たけのこのアスパラギン酸含有量は100g当たり670mgと、実は アスパラガスの360mgよりも豊富なのです。 アスパラギン酸は、クエン酸回路に働きかけ、疲労のもととなる 乳酸の分解を促進します。 クエン酸回路は糖質代謝の要であり、エネルギーを作り出す重要な機能を担っていますが、クエン酸回路が上手く回らなくなると乳酸が蓄積し、疲労が溜まってしまいます。 クエン酸回路を効率良く回すにはカリウムやマグネシウムと言った ミネラルが必要なのですが、アスパラギン酸はカリウムやマグネシウムを細胞に取り込みやすくし、クエン酸回路を円滑に回す働きがあります。 このことから 疲労回復成分として 栄養ドリンクなどにも配合されています。 それに加え、アスパラギン酸はエネルギー源となるグリコーゲンの生成を促進する働きもあるため、 スタミナ向上効果も期待できます。 また、たけのこは野菜類の中では たんぱく質を多く含んでいる食材です。 不足すると 体力や筋力、免疫力が低下し、高齢者では 老化を早めてしまうこともあるのです。 もちろん、たけのこだけで充分なたんぱく質を摂取できるわけではありませんが、食事のバランスを整えるのには役立ってくれるでしょう。 たんぱく質と言えば、卵も栄養たっぷりで毎日食べたい食材です。 卵の栄養や効果はこちらをご覧ください。 何だか体に悪そうですし、丁寧に洗って取り除いていませんか? 実はあの粉は アミノ酸の一種の「チロシン」が結晶化したもので、チーズや大豆などに多く含まれいます。 チロシンは神経細胞の興奮や抑制を伝達するアドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質や、代謝や自律神経の調整を行う 甲状腺ホルモンの源となります。 チロシンは神経や脳の働きをサポートするために必要なアミノ酸で、脳を活性化して やる気や集中力をアップさせるだけでなく、 うつ病の改善や認知症の予防にも効果的と言われています。 年中ずっと筍を食べるのは難しいかもしれませんが、旬の季節には受験勉強中のお子さんに出してあげると効果があるかもしれませんね。 8gとそこまで多くはありませんが、たけのこは1度に食べるグラム数が多いので、他の野菜と比べて 食物繊維を多く摂取できると言えます。 そのうちの大半が不溶性食物繊維なので、便のかさを増やして腸の ぜん動運動を促進する働きがあります。 また、たけのこに含まれる カリウムは100g当たり520mgと 豊富です。 カリウムは体内のナトリウム濃度を調整し過剰であれば 体外へ排出する働きがあるので むくみ改善に効果的です。 また、血中のナトリウムが増加すると細胞から水分が出て、血液が薄まると、血液量が増えるので血液を送り出す強い力が必要となってしまいます。 すなわち血圧が上がることとなり、 高血圧になってしまいます。 カリウムはそんな 高血圧のリスク軽減にも役立ってくれます。 食物繊維繊維にカリウムと デトックス効果がある上に、たけのこは100g当たり26Kcalと 低カロリーです。 食べごたえもあるので、 満腹感も得られ、 食べすぎ防止にもなるのでダイエットにも活躍してくれるでしょう。 スポンサーリンク たけのこの食べすぎは注意が必要? たけのこに含まれる食物繊維は大半が不溶性食物繊維なので、食べ過ぎると 便が固くなり便秘になったり、逆に腸のぜん動運動が活発になり過ぎて 下痢になったりする恐れがあります。 また、あまり 消化によくない食べ物ですので、 消化不良を起こし、 胸焼け、吐き気の原因にもなります。 他にも、たけのこには尿路結石の原因となる シュウ酸が含まれています。 シュウ酸は えぐみのひとつでもあります。 「生のたけのこを買ったら、すぐに米ぬか汁で茹でて灰汁抜きをする」と言うことを聞いたことがあると思いますが、これがきちんとできていないと、シュウ酸がたけのこにたくさん 残ったままとなってしまいます。 体に取り込まれたシュウ酸はカルシウムと結合すると便として排出されます。 しかし取りすぎると尿の中に出てくるようになり、尿の中でカルシウムと結合し 結石となってしまうのです。 たけのこの食べ過ぎは 結石を起こりやすくしてしまう恐れもあります。 たけのこはしっかりとあく抜きが必要です。 あく抜きの方法はこちらをご覧ください。 たけのこにはアセチルコリンと言う物質が含まれているのですが、これがアレルギー反応と同様の症状を引き起こすと言われています。 下痢やおう吐になったり、喉がイガイガしたり、酷いと 全身蕁麻疹や喘息発作の症状が現れることもあります。 こういったことから、たけのこを食べるのは春先だけだから!と食べ過ぎるのは良くありません。 食べても 中サイズ1~2本 200~400g 程度にしておいた方がいいですね。 春と言えば、山菜のこごみも絶品です!特に天ぷらがおすすめですのでぜひ、味わってみてください。 たけのこはわかめと一緒に炊いたりしますが、まさにこの食べ方は理に適っている一品だったんですね。 また、大豆には 尿路結石を予防する カルシウムがたくさん含まれています。 腸内でシュウ酸と結び付くカルシウムを多くすることで、シュウ酸が便と排出されやすくなります。 他にも、生のたけのこを食べる際は 豆腐や納豆など、大豆製品と一緒に取ると 結石の心配も少なくなりますよ。 まとめ 今回はたけのこの栄養や効果効能についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?たけのこはヘルシーですし、煮ても焼いても揚げても美味しいですから、春の訪れを感じつつ、ついつい食べすぎてしまいますよね。 ダイエットにも役立つたけのこですが、食べすぎはやはりよくありません。 他の食材とのバランスも考えつつ、ぜひ味わってください。 また、たけのこは時間が経つごとにえぐみが増してしまいますので、購入したらすぐに下茹でして灰汁抜きするようにしましょう。 全体が浸るように水につけて冷蔵庫で保存し、水を毎日取り替えれば5日くらいは持ちますので、おいしいうちに食べてくださいね。 スポンサーリンク•

次の

わかめも下痢の原因?ワカメを大量に食べすぎると下痢になる?

わかめ 食べ すぎ

わかめ料理は美味しいですが食べ過ぎには注意してください。 わかめ(若布・和布・稚海藻)は、褐藻綱コンブ目チガイソ科の海藻になります。 日本海側では北海道以南の海岸・太平洋岸では北海道南西部から九州にかけての海岸に生育しています。 わかめは根状の部分で岩などに固着し、葉状部を水中に伸ばして長さは2mにもなります。 わかめは海苔と同じく、古くから日本人に親しまれてきた海藻です。 古くから食用として・酢の物・汁物の具として使われています。 日本では人気の食材ですが、世界では侵略的外来種ワースト100選定種の1つになっています。 ニュージーランド・オーストラリア・ヨーロッパ諸国の沿岸では外来生物として問題になっています。 日本では海苔とわかめは人気の海藻で、旬のものであれば生で流通することもあります。 塩漬けや乾燥させて保存性を高めた商品がお店に並んでいます。 塩浸けや乾燥わかめを使うときは水に漬け、塩抜きあるいは戻して料理につかいます。 わかめは味噌汁などの汁物の具・酢の物・炒め物・サラダなどに使われています。 地域によっては天ぷらやしゃぶしゃぶ等で美味しく食べられています。 わかめは低カロリーで旨み成分を多く含むことから、ダイエット食品としても人気があります。 わかめに多く含まれる栄養素は、食物繊維・アルギン酸・フコイダンなどになります。 わかめに含まれている有効成分は、血中コレステロール値の低下・動脈硬化予防・心筋梗塞予防に効果があるとされています。 生活習慣病対策の食材として注目されています。 日本人には美味しい食材ですが、わかめを食用に供する食習慣があるのは日本と朝鮮だけです。 中国でもわかめを食べる食習慣はありませんでした。 朝鮮半島でのわかめの使用量は多く、韓国国民一人あたりの年間わかめ平均消費量は日本の約3倍と言われています。 次に、わかめの栄養・効果効能や食べ過ぎでの注意などの紹介をします。 わかめの注目成分 わかめは美味しいですが食べ過ぎはよくないようです。 わかめには海の栄養素がたくさん含まれています。 美味しいわかめ料理で栄養を摂取して健康美容に役立ててください。 わかめに含まれている栄養成分にはフコイダンがあります。 わかめには注目の栄養成分の「フコイダン」が豊富に含まれています。 フコイダンとは、海藻が自らの身を守るために持っているネバネバ成分です。 わかめだけでなく、もずく・昆布などにも多く含まれています。 フコイダンにはNK細胞を活性化する働きがあります。 フコイダンのNK細胞を活性化で、免疫力の向上・がん予防が期待されます。 フコイダンを豊富に含むわかめですが、食べ過ぎには注意したいですね。 わかめの栄養成分 わかめに含まれているのはフコイダンだけではありません。 ヨウ素・マグネシウム・カリウム・食物繊維も含まれています。 ヨウ素は甲状腺ホルモンの成分になります。 マグネシウムには骨を形成する働きや酵素の働きをサポートする効果があります。 カリウムにはナトリウムの排泄を促す作用があります。 高血圧予防やむくみ改善に役立ちます。 わかめには食物繊維も豊富に含まれています。 食物繊維には、便秘改善や血糖値の上昇抑制の働きがあります。 わかめの食べ過ぎ わかめの食べ過ぎが体調不良を招くこともあります。 わかめを食べ過ぎると食物繊維の働きで下痢になることがあります。 わかめに含まれる食物繊維は便秘解消に役立ちますが、食べ過ぎると消化不良による下痢を発症します。 わかめにはヨウ素が含まれています。 ヨウ素は自律神経の安定や代謝を促す効果がありますが、食べ過ぎると甲状腺機能亢進症のリスクが高まります。 甲状腺亢進症の症状には、動悸・息切れ・手の震え・疲れやすい・大量の汗・食べても痩せるなどがあります。

次の

たけのこの栄養、食べ過ぎはダメ? 効果的な食べ方はわかめと?!

わかめ 食べ すぎ

わかめは便秘や髪の毛美肌に効果的!栄養効能に食べ過ぎで病気に? わかめのカロリーや栄養素について 江戸時代のあたりから 味噌汁などにも具として使われていたわかめ そのカロリーは 「100gあたり約117kcal」となっていまして 主な栄養は ・カルシウム ・カリウム ・マグネシウム ・亜鉛 ・ヨウ素 ・葉酸 ・ビタミンA、K ・EPA ・食物繊維 といった具合に主にミネラル成分が中心ですけど その他ビタミンやEPAといった 栄養素も含まれています。 ではそのあたりの栄養素が 体にどういった効果を与えてくれるのか 詳しく見ていきましょう。 あと、脂質に糖質の代謝の促進 脂肪燃焼を促す効果もあるので ダイエットしやすい体質に 変えていくことができます。 タンパク質の合成にも関わってきますので 皮膚や髪の毛を美しい状態に 維持する働きも持ちます。 あとは血中コレステロール値の減少に 動脈硬化の予防、美肌効果に アンチエイジング効果もあるといいますね。 「豊富な食物繊維で便秘の解消に」 不溶性食物繊維の一種である セルロースの成分が含まれており 胃では消化されない性質を持っているので 大腸まで届いて便のかさを増やします。 そうなると腸壁を刺激して 蠕動運動を促すので便秘の改善に繋がります。 更にセルロースにはコレステロールを吸着して 体外に排出する効果も含まれているので 大腸がんの予防にもなるといいますね。 更にわかめの表面のぬるぬる成分でもある 水溶性食物繊維の 「フコダイン」 という成分も食物繊維の一種。 こちらは腸内環境を整えて 善玉菌を増やし悪玉菌を減らしていく 効果があるとされています。 便秘の解消はそのまま ダイエット効果にも繋がりますから 積極的に摂取していきたいところです。 「わかめは髪の毛に良いって本当?」 結論から先に書いておきますと ミネラル、食物繊維などが豊富な わかめのみを食べていても髪の毛の増毛効果は あまり期待できないといいます。 そもそも髪の毛の主成分はタンパク質ですからね。 主成分のタンパク質も一緒に摂取していけば 髪の毛の栄養不足も補っていけるという事に なりますね。 主な食材の一例をあげると ・魚 ・うなぎ ・緑黄色野菜 ・豆類 ・たまご ・ナッツ類 ・牛乳 ・チーズ このあたりの食材と一緒に 摂取していきましょう。 「Sponsored link」 わかめの食べ過ぎは病気の原因にもなる? ただ、わかめを多く摂取しすぎると 逆に健康面に悪影響を及ぼす危険性が あるといいます。 その原因が 「ヨウ素」 先ほど肉体と精神面に 良い効果を与えると書きましたけど 過剰に摂取してしまうと それだけ過剰に甲状腺ホルモンが 作られる事になりますので そうなると甲状腺の病気リスクが 高まってしまうという事なんですね。 甲状腺の病気となると 「バセドウ病」あたりが有名でしょうか。 便秘の解消やダイエットのために と考えてわかめばかり食べてしまうのは こういった病気のリスクも高くなりますので 何事も程々な量にしておきたいですね。 今回のまとめ はい、今回はわかめの栄養効能に 食べ過ぎると病気になってしまう 理由などについてお送りしていきました。 わかめ単品で食べていくのは 味もしないので味付けが濃くなり 塩分の過剰摂取につながるので 他の食材と合わせてバランスの取れた 食事を心がけたいところですね。 さしあたりおすすめなのは わかめの味噌汁でしょうか。 わかめの栄養のみならず味噌汁の 大豆の栄養素もしっかり摂取できますよ。 ではでは、今回はこのあたりで失礼しますね。 また次回に~。 「Sponsored link」 カテゴリー•

次の