大 日本 印刷。 出版不況なのに...? 大日本印刷「就職人気」9位に急上昇した理由: J

大日本印刷(DNP)年収給料や20~65歳の年齢役職別年収推移|平均年収.jp

大 日本 印刷

7912 1957年 - 2012年1月2日 略称 DNP 本社所在地 1-1-1 設立 (27年) 事業内容 、、、、、、、 ほか 代表者 () (代表取締役) (代表取締役) 資本金 1,144億6,476万円 (2020年3月31日現在) 売上高 連結:1兆4,018億9,400万円 単体:9,848億8,800万円 (2020年3月31日現在) 営業利益 連結:562億7,400万円 (2020年3月期) 経常利益 連結:637億8,600万円 (2020年3月期) 純利益 連結:694億9,700万円 (2020年3月期) 純資産 連結:9,685億7,400万円 (2020年3月期) 総資産 連結:1兆7,217億2,400万円 (2020年3月期) 従業員数 連結:38,161名 単体:10,567名 (2020年3月31日現在) 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 、、、 主要子会社 関係する人物 (元代表取締役) (元代表取締役副社長) 外部リンク 大日本印刷株式会社(だいにっぽんいんさつ、: Dai Nippon Printing Co. , Ltd. 、略称 DNP)は、総合。 DNP五反田ビル(東京都) 本社は。 ライバルは。 連結売上高では劣るものの、財務内容において優位性を保っている。 (明治9年)の創業以来の印刷技術と情報技術を強みとして、より他分野進出「拡印刷」事業を展開し 、建材分野へ進出したのに始まって、情報産業や生活産業のほか、やなどの分野にも進出し、世界トップシェアを獲得している製品もある。 最近では、環境、エネルギー、ライフサイエンス分野にも事業を拡大している。 拠点は日本を中心にアメリカ全土やロンドン、パリ、オランダ、上海、台湾、シンガポール、シドニーなど全世界に広がる。 現在、国内拠点である地区を再開発中。 地上125mの高層棟と27mの低層棟に、企画開発、営業、本社機能などを集約し、既存の市谷工場は環境に優しい印刷工場へ進化させる。 その他、体育施設や文化施設などの建設を予定している。 さらに、これら諸施設の周囲には、緑地「市谷の森」を整備するなど、周辺の景観と環境に配慮しつつ、地域と調和した開発を進めている。 (平成21年)から工事に着手し、(平成29年)の竣工を目指しているが、2018年現在、いまだに工事中である。 主な事業部門と製品 [ ]• 部門 - 、一般、・・等の類、物、類、事務用類、類、事務用機器及びシステム、及び広告宣伝媒体の企画、設計、施工、監理、教育・出版流通事業など• ・部門 - 及び、包装用機器及びシステム、内外装資材、用資材、産業資材など• エレクトロニクス部門 - 、、用など• 部門 - 、非炭酸飲料など 一般生活者向けの主なウェブコンテンツ [ ]• - レシート読み取り対応のスマートフォン向け無料家計簿アプリ。 - 買い物メモアプリ。 レシーピ! の姉妹アプリとして2015年7月15日に配信開始。 - と紙の書籍、両方を販売するハイブリッド型総合書店。 - ケータイ小説配信サイト• - 販売サイト• - で楽しめるコミック、書籍、アニメ、映画、ドラマ、音楽などのコンテンツ配信サイト。 - フォトブック、フォトアルバム、写真集の作成サイト。 - 20代女性を中心ターゲットとしたライフスタイル提案型Webプラットフォーム。 - インターネット無料ポイントサービス。 - でのつぶやきからを応援。 - インターネットチラシサイト。 - オンライン・アートマガジン。 - とDNPによる美術作品の新しい鑑賞方法を提案する共同プロジェクト。 観覧予約も。 - フランスの美術館・博物館を紹介するサイト。 - (ggg)//(CCGA)の紹介。 - セルフプリント機の設置場所検索など。 - 丸善、ジュンク堂書店の店舗案内、在庫検索など。 - クラブ概要、予約案内など。 - mirai. DNP• - クリエイター共創サービス。 クリエイター向け教育コンテンツ配信、カスタマイズECサイト 他。 May ii(メイアイ) - 手助けの可視化アプリ 社外からの評価 [ ]• (平成24年) - 日本科学技術連盟 第7回品質経営度調査 3位• (平成24年) - 日本経済新聞社 働きやすい会社ランキング2012 34位• (平成24年) - インテグレックス 第11回インテグレックスアンケート 企業の誠実さ・透明性(倫理性・社会性)調査 15位• (平成24年) - 日本総合研究所 わが国企業のCSR経営動向調査2011にて 「社会的責任経営の進んだ企業」• (平成23年) - Carbon Disclosure Project カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト2011 11位/国内214社• (平成23年) - 日本経済新聞社 働きやすい会社ランキング2011 27位• (平成23年) - インテグレックス 第10回インテグレックスアンケート 企業の誠実さ・透明性(倫理性・社会性)調査 8位• (平成23年) - 日本経済新聞社 第14回環境経営度調査 21位• (平成23年) - 日刊工業新聞社 第7回企業力格付け 7位• (平成22年) - 日本科学技術連盟 第6回品質経営度調査 5位• (平成22年) - 日本経済新聞社 働きやすい会社ランキング2010 13位• (平成22年) - トランスペアレンシー・ジャパン 2009年度、日本企業の倫理度上位30社 4位• (平成22年) - インテグレックス 第9回インテグレックスアンケート 企業の誠実さ・透明性(倫理性・社会性)調査 9位• (平成22年) - 日刊工業新聞社 第6回企業力格付け 24位 DNPは国内外のSRIインデックスに組み入れられている。 前身 [ ] 前身は(明治9年)に創立した 秀英舎である。 (昭和10年)にと合併し、大日本印刷となった。 その後も日本精版(現・大阪工場)、弘益印刷(現・DNP中部)、北日本印刷(現・DNP北海道)などと合併して全国規模に拡大した。 秀英舎はを中心に宏仏海、、保田久成が共同出資して、活版での印刷会社として東京京橋の弥左衛門町に創立した。 社名の名付け親はで、「英国よりもすぐれた技術を身につけよ」との思いから命名された。 佐久間がの教会新聞発行を引き継ぎ、その印刷のために活版所を買い取ったのが由来である。 秀英舎は主に新聞印刷や、中村正直の「西国立志編」の活版による再版などに代表される書物の印刷会社として発展した。 日清印刷は(後の)の印刷所として創立した。 しかし、一般の印刷も引き受けるようになり、(明治40年)に会社組織をつくり、工場も設置したのである。 創立に関わったのはらであった。 (大正2年)のオフセット印刷など、積極的な技術開発も試みた。 沿革 [ ]• (明治9年) - 前身の秀英舎創立。 (明治19年) - 市ヶ谷に約5,000坪の土地を入手し工場建設 新宿区における印刷工場の先駆け。 (明治40年) - がの 500 坪の敷地に出版部用の印刷工場「日清印刷」設立。 秀英舎の技術者がかなり入って同社を盛り立てた。 (昭和10年) - 秀英舎と日清印刷が合併、社名を大日本印刷へ変更。 (昭和24年) - に上場。 (昭和32年) - に上場(〈平成24年〉上場廃止)。 (昭和38年) - を設立。 (平成13年) - DNPグループ21世紀ビジョンを策定。 2002年(平成14年)6月 - フォトマスク事業でSTマイクロエレクトロニクス社(スイス)と提携。 合弁会社 DNPフォトマスクヨーロッパをイタリアに設立。 (平成16年)10月 - 株式会社DNP北海道、株式会社DNP東北を設立。 (平成17年)10月 - 株式会社DNP西日本を設立。 (平成18年)• 1月 - の証明写真事業等を買収。 9月 - DNP五反田ビルが完成(地上25階/地下2階、高さ118m)。 (平成19年) - と業務提携・資本提携。 (平成20年)8月 - の株式を取得し連結子会社化。 (平成21年)• 3月 - の株式を取得し連結子会社化。 11月 - を連結子会社化。 (平成22年)• 2月 - 図書館流通センターと丸善を統合しCHIグループ(現・)を設立。 4月 - インテリジェント ウェイブの株式を取得し連結子会社化。 5月 - の株式を取得し連結子会社化。 9月 - 迪文普企業諮詢(上海)有限公司を設立。 10月 - 株式会社DNPオフセットと株式会社DNP製本を経営統合し、株式会社DNP書籍ファクトリーを設立。 (平成23年)• 2月 - ジュンク堂書店とをCHIグループに経営統合。 2月 - 中部事業部と株式会社DNP東海を統合し、株式会社DNP中部を設立。 (平成24年)• 1月 - 市谷地区再開発1期棟「南館」完成。 4月 - DNPベトナム設立。 7月 - DNP IMSマレーシア(現・DNPイメージングコムアジア)設立。 8月 - の株式を取得し、持分法適用関連会社化。 2013年(平成25年)8月 - DNPタイ設立。 (平成26年)• 3月 - 株式会社の株式を追加取得し連結子会社化。 6月 - 日本の企業として初の「. dnp」の運用を開始。 7月 - 株式会社DNP北海道、株式会社DNP東北、株式会社DNP中部、株式会社DNP西日本の4社を会社分割し、営業部門を当社に統合。 10月 - DNPすまいみらい研究所設立。 (平成27年)• 4月 - 紀伊國屋書店と共同で、出版流通イノベーションジャパンを設立。 8月 - 田村プラスチック製品株式会社の株式を取得し、DNP田村プラスチック株式会社として連結子会社化。 DNP市谷加賀町ビルが完成(地上25階/地下4階、高さ125m)。 (平成28年)• 1月 - 市谷地区再開発「DNP市谷鷹匠町ビル」完成。 3月 - インドネシアのWahyu Kartumasindo Internationalと共同でICカード発行の合弁会社PT. Wahyu DNP Bureauを設立。 10月 - 株式会社DNPメディアクリエイト、株式会社DNPデジタルコム、株式会社DNP映像センターを統合し、株式会社DNPコミュニケーションデザインを設立。 11月1日 DNPマルチペイメイトサービスでを先行導入。 (平成29年)• 2月 - 株式会社DNPデジタルソリューションズを設立。 2月10日DNPマルチペイメイトサービスを開始。 2018年(平成30年)• 4月 - SIG Combiblocグループ(スイス)と合弁で新会社 DNP・SIG Combiblocを設立。 証明写真事業等 [ ] (平成18年)、コニカミノルタホールディングスが・事業から撤退したのに伴い、これらの事業を譲り受けた。 現在は子会社のDNPフォトルシオを中心として同事業を行っている。 教育・出版流通事業 [ ] (平成20年)に丸善、ジュンク堂書店、図書館流通センターを次々に子会社化した。 また、(平成21年)には長きにわたって出版業界の目の敵だった新古書店最大手にし持分法適用関連会社とした。 その他、(平成21年)に出版社のを持分法適用関連会社に((平成26年)に連結子会社化)、(平成22年)には、洋書販売の雄松堂書店((平成28年)2月に丸善が合併し、現・)を相次いで連結子会社化するなど、出版流通業界再編のキーマンになりつつある。 (平成22年)には子会社の丸善、図書館流通センターを統合し、CHIグループ(現・)を設立した。 また、同じく子会社のジュンク堂書店及び雄松堂書店についても、(平成23年)にCHIグループに参加させた。 2010年(平成22年)、CHIグループと共同で国内最大級のハイブリッド型総合書店を開設した。 コミックから文芸・ノンフィクション、ビジネス書など、数多くのジャンルの本を取り揃え、PC・ 含む ・・ドコモ・ドコモのブックリーダーに対応している。 一般書籍向けに提供する電子書籍閲覧用ソフトは、電子書籍の標準的なフォーマットへの対応に加え、画像系電子書籍に対応する大日本印刷独自の「Image Viewer」を内蔵。 コミックについては専用の閲覧用ソフトを利用する。 hontoは、(平成23年)よりとの共同出資会社で運営している。 日本ユニシスとの業務提携 [ ] (平成24年)、が保有する日本ユニシスの普通株式の一部20,726,410株(発行済株式総数の約18. 急速に拡大するIT社会に対応するため、幅広いITリソース・ノウハウの強化が重要として、IT基盤の整備・強化の観点から総合的に検討した結果、三井物産の保有する日本ユニシスの普通株式を取得し、日本ユニシスとの間で業務提携を行うことが企業価値向上に資すると判断したもの。 秀英体 [ ] 過去には供給を手掛け、その書体は前身・秀英舎の名から 秀英体(秀英型)と呼ばれる。 活字の二大潮流としてによる 築地体と並び称され、制活字、母型といった変革を経て、書体や、、フォントとして覆刻・改刻され、使用され続けている。 秀英舎の創業当時、とから活字を購入していたが、(明治14年)、保田久成の創案のもと、字母(父型)を購入し活字の自家鋳造を開始、さらに(明治15年)、山下町に製文堂を設置、それを本格化させた。 秀英体という呼称には製文堂が整備した号数活字の書体に加えてポイント活字として新規開発された数種の書体、戦後ベントン向けに開発された書体の二種が該当する。 前者は、さらに初から四、六号の系と五号の系とに分類でき、前者は製文堂で開発された書体、後者は築地活版の明治10年代から20年代の五号活字をうけ、印刷局のかなを混合するなどして調整した書体であった。 父型の開発を始めたのが半ばであった。 まず四号の開発から始まり、明治30年中葉に大体の完成を見せるが、開発は大正にまで及んだ。 五号以外の初号から六号は、築地活版の活字をうけつつも、自社独自の風の書体であった。 五号の系は(明治35年)ごろ、新活字に改まった。 号数活字はサイズ毎に書体が全て異なっていた。 また二号から六号までには太かながあった。 秀英舎の活字書体は、明朝体のラインナップがよく知られるが、そのほかにも、電気版などの図版、罫、ゴシックや隷行草などから髭文字などの雑書体の開発もなされていた。 電気版はの号外などで用いられたし、雑書体は明治後期から第二次世界大戦前まで盛んに開発されていた。 明治終期に築地活版がポイント活字を提唱したのをうけ、ポイント活字の開発を行った同社は、外注などで号数を相当するサイズにほぼそのまま鋳込んだほかに、新設のサイズに書体を新しく作った。 (昭和23年)から60年後半に、四号・13ポイント活字を基にA1書体と呼ばれるベントンやパンチなどの機械式活字母型彫刻機向けの本文書体が新作された。 写植書体として、から初号活字を覆刻した「秀英明朝 SHM 」が発売されたほか(〈昭和56年〉)、から「秀英3号」、「秀英5号」のファミリーが発売された(モリサワの書体はコンピュータ・フォントとしても発売されている)。 戦後のベントン書体は大日本印刷の印刷物に幅広く用いられ、大日本で印刷を続けていた印刷物を電子化する際に書体も大日本のものを合わせた。 慣れた書体を使いたいという要望から電子書籍のソフトウェアに搭載したりするなどの展開が見られる。 またディスプレイ向けに低解像度用の書体も開発されている。 (平成19年)に「平成の大改刻」と称して、本文用の明朝3書体のリニューアル、見出し用書体「秀英初号明朝」のデジタル化に取り組んだ。 (平成21年)に「秀英明朝L」をモリサワから発売して以降、秀英体ファミリーが順次発売された。 現在はモリサワの他に、、、Monotype社MyFontsからも提供・販売されている。 DNPenguin [ ] 事業内容は多岐にわたっているが、一般に社名から「印刷物を作る会社」とイメージされていることが多かった。 電子書籍ストアなど生活者に提供するサービスが育ってきたこともあり、DNPのことを知ってもらう機会をつくることが課題となっていた。 社外への情報発信と社内を盛り上げることを目的として、社名のDとNとPの3つの文字からできているDNPenguin(ディー エヌ ペンギン)というオリジナルキャラクターを開発(キャラクター企画は)。 2012年5月からインターネット上の「DNPenguin広報室 」や、新聞・テレビ・駅・デジタルサイネージなどさまざまなメディアに登場し、DNPの「未来のあたりまえを作る。 」活動の情報発信をしている。 主な工場 [ ]• 榎町工場 ( )• 赤羽工場 (東京都 )• 王子工場 (東京都 北区)• 小豆沢工場 (東京都 )• 神谷ソリューションセンター (東京都 北区)• 高島平ソリューションセンター (東京都 板橋区)• 札幌工場 ( )• 北上工場 ( )• 仙台工場 ( )• 泉崎工場 ( )• 牛久工場 ( )• つくば工場 (茨城県 )• 宇都宮工場 ( )• 柏工場 ( )• 川口工場 ( )• 上福岡工場 (埼玉県 )• 狭山工場 (埼玉県 )• 鶴瀬工場 (埼玉県 )• 蕨工場 (埼玉県 )• 久喜工場 (埼玉県 )• 白岡工場 (埼玉県 )• 横浜工場 ( )• 川崎工場 (神奈川県 )• 小田原工場 (神奈川県 )• 愛川工場 (神奈川県 )• 中津川工場 ( )• 名古屋工場 ( )• 亀山工場 ( )• 太秦工場 ( )• 吉祥院工場 (京都府 京都市)• 田辺工場 (京都府 )• 奈良工場 ( )• 寝屋川工場 ( )• 門真工場 (大阪府 )• 小野工場 ( )• 姫路工場 (兵庫県 )• 岡山工場 ( )• 三原工場 ( )• 徳島工場 ( )• 福岡工場 ( )• 筑後工場 (福岡県 )• 北九州工場 (福岡県 ) 主な研究所 [ ]• 研究開発センター ( )• 技術開発センター ( ) 関係会社 [ ] DNPグループは、大日本印刷及び子会社139社、関連会社27社で構成されている。 連結子会社 [ ] 国内 [ ]• - ・の持株会社• hontoブックサービス - 電子書籍の取次及び販売• - 一般書・専門書の販売• 丸善出版 - 出版• - 洋書・一般書の販売、サポート業務• - 図書館向けの一般書の販売、図書館サポート業務• - の製造事業• - ・の開発及び販売• - ハイブリッド型総合書店の運営• - 事務代行サービス• - の製造、販売• DNPテクノパック - 製版・刷版・印刷・加工。 - 印刷用、化学製品の製造事業• - ・業、・業務• アセプティック・システム - 包装機械・充填機の製造、販売• 大口製本印刷 - 製本加工• サイバーナレッジアカデミー - セキュリティ技術者の訓練、養成• 相模容器 - ラミネートチューブの製造• 大日本商事 - 用紙、資材等各種商品の売買• ディー・エー・ピー・テクノロジー - との共同出資• DNPアイディーシステム - 運転免許証用・証明写真用機器の販売• DNPアートコミュニケーションズ - 美術品画像・映像の企画、制作、販売• DNPイメージングコム - 熱転写用サーマルカーボンリボン、昇華型転写印刷• DNPエス・ピー・テック - 各種広告宣伝物の企画、製造• DNPエリオ - 鋼板・アルミプリント等の金属板印刷、加工• DNPエル・エス・アイ・デザイン - 半導体製造用図面の設計、制作• DNPエンジニアリング - 印刷・工作機械の製造、販売• DNPグラフィカ - 印刷・製本• DNP高機能マテリアル - 太陽電池充填材の製造• DNPコミュニケーションデザイン - デジタルマーケティング支援、広告・宣伝物の企画・制作ディレクション、プリプレス及び画像・映像制作• DNP四国 - 製版・印刷及び包装用品の製造、販売• DNP書籍ファクトリー - 製版・印刷・製本• DNP住空間マテリアル販売 - 建材製品の販売• DNP情報システム - 情報システムの企画、開発• DNP生活空間 - 製版・刷版・印刷・加工• DNPソーシャルリンク - ダイレクトマーケティングサービスの提供• DNP田村プラスチック - 自動車用品・各種プラスチック製品の製造販売• DNP中部 - 総務・経理事務等代行サービス• DNPデータテクノ - 各種プラスチックカードの製造。 DNPデジタルソリューションズ - 情報システムの企画、設計、保守、運営• DNP東北 - 総務・経理事務等代行サービス• DNP西日本 - 総務・経理事務等代行サービス• DNPハイパーテック - ソフトウェア開発・販売• DNPヒューマンサービス - 人事事務代行サービス• DNPファインオプトロニクス - 電子精密部品の製造。 DNPファインケミカル宇都宮 - 写真用材料、医薬品の製造、販売• DNPファシリティサービス - ビル設備の管理運営、スポーツ・厚生施設運営、警備• DNPフィールドアイ - マーケティングリサーチ、コンサルティング• - ・事業• からフィルム事業を譲受、「センチュリア」ブランドを継承した((平成21年)製造終了済)。 - 液晶カラーフィルターの製造、検査• DNP包装 - 充填及び包装加工• DNP北海道 - 総務・経理事務等代行サービス• DNPマルチ プリント - 製版・印刷・製本• DNPメディア・アート - 製版• DNPメディアサポート - 印刷業、磁気カードの製造・販売• ディー・ティー・ファインエレクトロニクス - 半導体製造用フォトマスクの製造及び販売• メトロシステムズ - 情報システムの設計、開発、運用、保守• - 電子書籍の取次及び販売• ライフスケープマーケティング - 食品・飲食物の購買・消費等に関する各種情報の調査・収集・提供 海外 [ ]• DNP America,LLC (アメリカ ニューヨーク)- 印刷物・電子精密部品の販売• DNP Asia Pacific Pte. Ltd. ()- 東南アジア・オセアニア地域の統括• DNP Corporation USA ( )- 事業会社への投資• DNP Holding USA Corporation (アメリカ )- 事業会社への投資• DNP Imagingcomm America Corporation (アメリカ )- 熱転写リボンの加工、販売• DNP Imagingcomm Asia Sdn. Bhd. ( )- 熱転写リボンの加工、販売• DNP Imagingcomm Europe B. ( )- 熱転写リボンの加工、販売• DNP Photo Imaging Europe SAS ( ロワシー)- 写真用材料・部品の販売• DNP Photomask Europe S. A ( )- 電子精密部品の製造、販売• DNP Taiwan Co. ,Ltd. ( )- 電子精密部品の販売• DNP Vietnam Co. ,Ltd. ( )- 包装用品の製造、販売• Foto Fantasy, Inc. (アメリカ )- 自動写真撮影プリントシステムの開発・製造・運営、ファンフォトプリントの販売• PT DNP Indonesia ( )- 製版・印刷・製本及び包装用品の製造、販売• Tien Wah Press Pte. Ltd. (シンガポール)- 製版・印刷・製本• DNP Korea Co. ,Ltd 大韓民国 ソウル -営業 ディスプレイetc 非連結子会社 [ ]• ビジュアルジャパン - コンピュータソフトウェア開発・販売・保守。 も資本参加。 合同会社マイアース・プロジェクト - トレーディングカードの企画・制作・販売• エムズコミュニケイト - 顧客会員制サービスに関するコンサルテーションおよび仲介• アットテーブル - 食品スーパー等の製造・販促に関する調査、コンサルティング、企画• 宇津峰カントリー倶楽部 - ゴルフ場の経営• DNPテクノリサーチ - 特許関係の調査、契約書の作成 持分法適用関連会社 [ ]• - コンピュータシステム、ネットワークシステムの開発• - 中古書籍・雑誌等の販売• - 事業会社への投資• - オンラインショッピング事業、専門家マッチング事業• - ・教材品の編集、販売• - 印刷インキ等の製造・販売 不祥事 [ ]• (平成19年)、同社が扱うカード会員の個人情報15万件がしていたことが明らかとなった。 警視庁は同社がソフト開発を委託した企業に勤務していた元プログラマを窃盗の容疑で逮捕している。 (平成19年)、同容疑者により、同社が販促用ダイレクトメール業務委託を受けて預かっていた個人情報の一部、43社分の個人情報863万件以上が流出していたことが明らかとなった。 (平成20年)、大手食品加工メーカーは、東京工場()にて製造された商品()の一部からトルエンが検出された問題で、大日本印刷の関連会社 狭山工場が製造した包装用フィルムにトルエンが残留していたことが原因と発表した。 2012年 平成24年 4月27日、大日本印刷の子会社のクレジットカード製造会社「DNPデータテクノ」(茨城県牛久市)から廃棄用として保管されていたカードを盗んだとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は27日までに、同社社員を窃盗容疑で逮捕した。 逮捕容疑は2010年8月、DNPデータの工場内でクレジットカード8枚を窃取した疑い。 DNPデータは07年、大手デパートの会員向けクレジットカード約1千枚を製造。 デパート名などが入ったカードの表面に誤記があったため、廃棄用に保管していた。 カードには顧客の口座情報などが入っていて使用できる状態になっており、容疑者はこのうちの一部を盗んだ。 同容疑者は盗んだカードで茨城県などのセルフ式ガソリンスタンドで約16万3千円分を給油していた。 日本人最高の報酬 [ ] (平成22年)期ので、在職30年社長のの(平成22年)期のが7億8700万円だったと明らかになった。 同社長は、前社長のの。 この報酬はこれまで明らかになった中では、日本人最高額である。 報酬の内訳は、大日本印刷からの基本報酬が7億1000万円で大半を占めた。 (平成22年)期決算は、最終は232億円と、直近ピークの(平成18年)期の3分の1程度の水準にとどまっているものの、前(平成21年)期の最終赤字からは大幅に回復してはいる。 また、トップと社員(従業員711万円)の「」は約100倍と、こちらも日本人トップとの差では最高であった。 関連人物 [ ]• 青木弘 - 大日本印刷社長(1941年〜1943年在任)• 北島織衛 - 大日本印刷社長(1955年〜1979年在任、青木弘の三男。 養子に入った北島家を継ぐ)• - 大日本印刷社長(1979年〜2018年在任、北島織衛の長男 )• - 大日本印刷社長(2018年就任、北島義俊の息子 )• - 大日本印刷常務取締役(北島義俊の息子 ) 関連事業 [ ]• - かつて存在した男子チーム。 、 - 2020年持続化給付金事業やマイナポイント事業等の受託に関する、等による媒介諸団体。 大日本印刷も再々々受託などの形で関わっているが、クローズアップされたサービスデザイン推進協議会経由の持続化給付金事業における同大日本印刷の外注費などは明らかになっていない。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• 3 2019年6月27日. 2020年3月20日閲覧。 大日本印刷 2010年7月30日. 2011年2月26日閲覧。 koueki. jiii. 公益社団法人発明協会. 2020年4月15日閲覧。 大日本印刷(2014年6月18日)• 株式会社• 大日本印刷 2006年7月10日. 2009年9月30日閲覧。 日刊サイゾー 2009年8月3日. 2009年9月30日閲覧。 大日本印刷 2009年9月29日. 2010年10月9日閲覧。 CHIグループ 2011年2月1日. 2011年2月26日閲覧。 大日本印刷 2011年1月11日. 2011年2月26日閲覧。 大日本印刷株式会社 2017年6月29日. 2018年6月28日閲覧。 大日本印刷 2007年3月12日. 2009年9月30日閲覧。 大日本印刷 2008年11月2日. 2009年9月30日閲覧。 公衆無線LAN「コネクトフリー」、ユーザー情報を無断収集していたとして謝罪• 公衆無線LANを利用する生活者向けプッシュ型情報配信サービスを開始• 無料の無線LAN「connectFree」、ユーザーからTwitter IDや閲覧URLなど無断取得• - SankeiBiz 2010年6月29日• 2007年7月10日3面「トップ>社員 年収差100倍は3社」• 2020年6月6日. 2020年6月19日閲覧。 2020年6月19日閲覧。 参考文献 [ ]• 『七十五年の歩み 大日本印刷株式会社史』大日本印刷、1952. 5(執筆=川田久長)• 片塩二朗『秀英体研究』大日本印刷、2004• 大日本印刷『』2004• 内田明「秀英舎(製文堂)の五号平仮名は明治30年代半ばに急激なモデルチェンジを遂げる」『』2005• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

出版不況なのに...? 大日本印刷「就職人気」9位に急上昇した理由: J

大 日本 印刷

大日本印刷事件 採用内定の取消し 昭和54年7月20日最高裁 事件番号 昭和52 オ 94 総合印刷を業とするA会社は、昭和43年に、翌年3月卒業予定者の 新卒採用を行っていました。 Xは、これに応募し文書で採用内定の通知を受け、 誓約書に所要事項を記入し、提出しました。 ところが、A会社はXに理由を示さずに、 Xの入社2カ月前に内定の取り消しを行いました。 その後、取消しの理由が、 「当初から感じていたグルーミー(陰気)な 印象がぬぐえない。 」 ということをA社が明らかにしました。 Xは、取消しは無効で、従業員としての 地位にあることの確認を求めて訴えを提起した。 一審、原審、ともにXの請求を認容し、 A会社が上告をしました。 最高裁判所の見解 いわゆる採用内定の制度は、 従来わが国において広く行われているところであるが、 その実態は多様であるため、採用内定の法的性質について 一義的に論断することは困難というべきである。 したがって、 具体的事案につき、 採用内定の法的性質を判断するにあたっては、 当該企業の当該年度における採用内定の事実関係に即して これを検討する必要がある。 本件採用内定通知のほかには労働契約締結のための 特段の意思表示をすることが 予定されていなかったことを考慮するとき、 A会社からの募集(申込みの誘引)に対し、 Xが応募したのは、労働契約の申込みであり、 これに対するA会社からの採用内定通知は、 右申込みに対する承諾であって、Xの本件誓約書の提出とあいまって、 これにより、XとA会社の間にXの就労の始期を昭和44年大学卒業直後とし、 それまでの間、本件誓約書記載の5項目の採用内定取消事由に基づく 解約権を留保した労働契約が成立したと解するのが相当である。 採用内定期間中の留保解約権の行使は、 試用期間中の留保解約権の行使と同様に扱うべきであり、 採用内定の取消事由は、採用内定当時知ることができず、 また知ることが期待できないような事実であって、 これを理由として採用内定を取消すことが 解約権留保の趣旨、目的に照らして客観的に合理的と認められ 社会通念上相当として是認することができるものに限られると 解するのが相当である。 全文は ・ ・ ・ スポンサードリンク 関連記事• PV数ランキング• 民法初学者の部屋(民法総則・物権・債権総論) これから法律を勉強したい方、興味があるけど 何から手をつければいいのかわからないという方に向けて、 指針を示... 行政法総論(行政法の一般的な法理論) ・補助機関・執行機関・監査機関・参与機関・諮問機関とは? ・許可・特許・認可の違い ・不可争力・不可変更力とは... リラックス法学部 >リラックス解説 > 「又は」と「若しくは」、「及び」と「並びに」の違い 「又は」と「若しくは」 「又は」と「若しくは」は... 憲法の判例についてわかりやすく解説します。 ・マクリーン事件 憲法21条1項・外国人の人権 ・定住外国人地方選挙権訴訟 外国人の地方参政権 ・東京都管... 法令用語や、言い回し、わかったようでわからないモヤモヤしがちなところを リラックスヨネヤマが限界まで噛み砕いてわかりやすく解説します。 ・憲法判例 ・民法判例 条文別 ・民法判例 事例別 総則 ・民法判例 事例別 物権 ・民法判例 事例別 債権 ・民法判例 事例別 相... ・民法【総則】試験対策・要点まとめ ・民法【物権】試験対策・要点まとめ ・民法【債権】試験対策・要点まとめ... リラックス法学部 >民法をわかりやすく解説 > 法定地上権をわかりやすく解説 わかったようでわからない法定地上権を リラックスヨネヤマが限界まで噛み... リラックス法学部 >憲法判例>わかりやすい憲法判例 朝日訴訟(生存権)の概要と判決の趣旨をわかりやすく解説 わかりやすい憲法判例 朝日訴訟(生...

次の

大日本印刷、旅行・観光業界のDX推進でJTBプランニングネットワークを買収

大 日本 印刷

大日本印刷が採用する学生の学歴は決して高学歴にはこだわりません。 また選考情報によると採用人数は毎年約100人から200人の採用人数です。 大日本印刷の採用選考の内容と流れはこのようになっています。 インターネットからダウンロードしたエントリーシート(マイアピールシート)に手書きで記入して提出します。 内容は現在研究していることや大日本印刷で実現した夢などの設問です。 選考情報とは無関係ですが会社説明会があるのでスケジュールが合えば参加しましょう。 3次面接まであり志望順位や選考状況などを質問される 書類選考をパスした人はウェブテストを受けます。 数学、国語、漢字、性格テスト(SPI)の内容です。 その後グループディスカッションと面接に進みます。 面接は1次面接から3次面接まであります。 3次面接は役員面接です。 大日本印刷の志望順位や選考状況などの質問があります。 志望順位は大日本印刷が第一志望であることをしっかり伝えるようにしましょう。 その後OB訪問などを経て、採用人数を内定という選考情報の運びです。 また採用人数は毎年約100人から200人の採用人数です。 ヒューマンリソシアでは学歴や偏差値ではなく、人物重視の採用選考を行っています。 そのため筆記試験は実施されますが、それほど難しい内容の試験ではなく、SPI程度のレベルです。 そのかわり面接を重視する傾向があり、面接は1次面接から3次面接まで計3回行われます。 大学での研究内容や志望動機、大日本印刷に入ってから何がしたいか、他社の選考状況などが質問されます。 大日本印刷に在籍する社員の出身大学一覧 ちなみに大日本印刷に在籍する社員の出身大学を見てみると、東京大学や京都大学、大阪大学、九州大学、北海道大学、東北大学などの旧帝大をはじめ、早稲田大学、慶応義塾大学、青山学院大学、明治大学、中央大学などの大学が多くを占めています。 大日本印刷では例年100人から200人ほどの採用人数となっています。 選考情報からわかるのは、そこそこの数の採用人数なので、頑張って内定獲得を目指しましょう。 採用後の配属先について 配属先は、出版印刷、商業印刷、ICカード・DM・電子フォームなどの情報セキュリティ関連、IT関連、システム開発、販売促進支援、マーケティング、キャンペーンなどの情報コミュニケーション部門をはじめ、日用品・食品・飲料・医薬品等のパッケージ、住宅・オフィス・商業施設等の内外装材、デジタルフォトプリント関連、ディスプレイ用光学フィルム、太陽電池用部材、リチウムイオン電池用部材などを扱う生活・産業部門。 液晶ディスプレイ用カラーフィルター、半導体用フォトマスク、プリント基板を担当するエレクトロニクス部門などがあります。 多岐にわたる業務領域 配属先を見ても分かる通り、印刷業といってもその業務領域は多岐にわたります。 また、昨今のデジタル化の流れの中で業界全体としても大きな転換期を迎えているのが印刷業界です。 それぞれの事業について、正しく理解できていることは人物重視の大日本印刷の採用では非常に有利に働きます。

次の