滅の刃 胡蝶 カナエ。 【鬼滅の刃】胡蝶カナエは柱だった?生い立ちと強さを解説!

『鬼滅の刃』受け継がれる胡蝶カナエの遺志、果たされる胡蝶しのぶの怒り|Real Sound|リアルサウンド ブック

滅の刃 胡蝶 カナエ

Contents• その中には、 胡蝶カナエとしのぶ姉妹の姿もありました。 現代ではカナエとしのぶは鶺鴒女学院という学校へ通っています。 善逸と禰豆子の子孫である善照は、いい匂いがするのだと鼻息を荒くしていましたね。 胡蝶姉妹ですが、現代でも姉妹なのかは明記されていませんでした。 炭治郎たちの子孫である炭彦たちと同じように、兄弟で登校しているところだったのでしょうか。 元々姉妹ということもあり、顔がそっくりなので、 今回も姉妹の可能性が高いと思います。 ただ、 先輩後輩の関係である可能性もありますね。 同じ部活や、同じ通学路など、共通のものがあれば年齢は違っても仲良く行動を共にするはずです。 どちらにせよ、 胡蝶カナエとしのぶが仲良く歩いている姿を見ることができて本当によかったですね! スポンサードリンク 胡蝶カナエとしのぶの学園生活は!? では、この美人姉妹は女学院ではどのように過ごしているのでしょうか。 カナエは花の呼吸の使い手でした。 それ関係だと、 花道部の部長をしていそうですね。 常に花と共にあるため、カナエ自身も花のいい匂いがするのかもしれません。 一方、 しのぶは蟲の呼吸の使い手でした。 鬼の頸を斬ることはできなくとも、毒を使って戦っていましたよね。 さらに 毒や薬を調合し、無惨との戦いやその後の展開に大きく貢献しました。 普段は蝶屋敷で傷を負った隊士たちの治療にもあたっていましたよね。 女学院では、保健委員をしているのかもしれません。 さねみは、転生。 だってね、玄弥も、転生。 転生組もたくさんってことだよね!!ね!!あー!!よかった!! — しらこ wataruer0 しのぶさんもカナエさんも現代では幸せそうで良かった… ;_; — 柚しお🍊🧂移行先 yuzusio0220 しのぶさんとカナエさんが幸せそうに微笑んでるの本当に泣けました。 現代では恨みの気持ちはなく、心からの笑顔を見せてくれています。 この二人が幸せそうな姿に泣いた、という声が多かったですね! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

滅の刃 胡蝶 カナエ

「剣掛け」オプション料金:別途580円。 「刀袋」オプション料金:別途430円。 [ 送料 ] 1点 1800円 2点目から1点毎に 500 円加算 九州・沖縄・北海道・離島は除く ca069c0c0w7• 詳しくは対象のをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。 「記載のないアクセサリー、小物等は付属しません」 注意事項 下記項目を必ずご一読頂き、ご了承の上ご注文をお願いします。 細部まで気になる方のご購入はご遠慮ください。 また、突然の欠品等で商品手配の遅れや手配ができない場合がございますので、ご了承ください。 期日以降はお受け致しかねます。

次の

【鬼滅の刃】元花柱・胡蝶カナエ(こちょうかなえ)はしのぶの姉でカナヲの命の恩人

滅の刃 胡蝶 カナエ

「花柱」胡蝶カナエの遺志 「慈愛」と「憎悪」は、『鬼滅の刃』を深く貫く2本の軸である。 主人公の竈門炭治郎は家族を鬼に殺され、「勿論俺は容赦なく鬼に刃を振るいます」と兄弟子に誓うと同時に、「鬼であることに苦しむ者を踏みつけにはしない」と情けをかけようとする(第43話)。 炭治郎がとある鬼に用いた「水の呼吸 伍ノ型 干天の慈雨」が、苦痛を与えない「慈悲の剣」であることによっても、彼の優しさは描かれてきた(第32話)。 一方で、彼の兄弟子である冨岡義勇は、「人を喰わない鬼」である炭治郎の妹・禰豆子の存在こそ許すものの、「人を喰った鬼に情けをかけるな」と忠告し、罪を犯した時点で「醜い化け物」に変わるのだという考え方を炭治郎に突き付ける。 それに対して前出のセリフを投げ返し、「醜い化け物なんかじゃない」と憐れむ炭治郎を見詰めた義勇は、「お前は……」と一瞬、言葉を失っている。 この時に義勇が連想したのは、かつて「花柱」だった胡蝶カナエ(「蟲柱」胡蝶しのぶの亡き姉)の面影だったのかもしれない。 しのぶは義勇と「鬼と仲良くすればいいのに」「無理な話だ」という問答をしていたが(第28話)、実の所、これはしのぶ本来の考えではない。 鬼にすら情けをかける優しさは姉・カナエのもので、彼女自身は鬼に対する怒りと憎悪だけを抱く剣士だったのだ。 『鬼滅の刃 片羽の蝶』 原作者の監修による小説版『鬼滅の刃 片羽の蝶』の表題作「片羽の蝶」は、胡蝶姉妹の前日譚。 オリジナルエピソード色の強い他の短編に比べ、原作者の考える過去設定が色濃く反映されていると思われるが、そこでは姉を喪った後のしのぶが、別人のように「カナエの口調や性格を模すようになった」と語られていた(実際、鬼殺隊で姉妹一緒だった頃のしのぶの性格は7巻収録の「番外編」でも見ることができる)。

次の