ごはん 冷凍保存 方法。 目からウロコ!ねぎの冷凍保存方法いろいろ

【ごはん】の正しい保存方法。冷凍保存のコツと解凍のコツを解説

ごはん 冷凍保存 方法

冷凍保存が可能なねぎ 香り高い ねぎは、いろいろな料理に使える万能選手。 いつも冷蔵庫に備えておきたいものですが、家族の人数によっては少量しか使わず、うっかりするとしなびてしまうことになりがち。 最後までイキイキした状態でねぎを使いたいなら、 冷凍保存がおすすめなんです。 小ねぎと長ネギ、どちらでも冷凍が可能。 「ねぎ同志がくっついたり、霜がついたりするんじゃない?」という予測も、冷凍前に ちょっとひと手間かけることで避けられますよ。 試してみる価値のある方法をお伝えします。 最後まで快適に使える万能ねぎ 1度に少量ずつしか使わない万能ねぎは、そのつど切るより、時間のあるときにまとめて切っておくと、使うときが楽です。 冷凍保存前の秘訣は、キッチンペーパーにあり!最後まで、ぱらっと快適に使えますよ。 洗った水気をキッチンペーパーでとる ねぎを洗ったあと、水気をキッチンペーパーで取っておきます。 ねぎを切ってタッパーに入れ、冷凍庫へ。 入れた後、30分後と1時間後に数回、タッパーをフリフリします。 この手間でぱらぱらのねぎに。

次の

「残りご飯の冷蔵保存はNG!? 」残りご飯の【上手な保存方法】と保存期間

ごはん 冷凍保存 方法

冷凍保存が可能なねぎ 香り高い ねぎは、いろいろな料理に使える万能選手。 いつも冷蔵庫に備えておきたいものですが、家族の人数によっては少量しか使わず、うっかりするとしなびてしまうことになりがち。 最後までイキイキした状態でねぎを使いたいなら、 冷凍保存がおすすめなんです。 小ねぎと長ネギ、どちらでも冷凍が可能。 「ねぎ同志がくっついたり、霜がついたりするんじゃない?」という予測も、冷凍前に ちょっとひと手間かけることで避けられますよ。 試してみる価値のある方法をお伝えします。 最後まで快適に使える万能ねぎ 1度に少量ずつしか使わない万能ねぎは、そのつど切るより、時間のあるときにまとめて切っておくと、使うときが楽です。 冷凍保存前の秘訣は、キッチンペーパーにあり!最後まで、ぱらっと快適に使えますよ。 洗った水気をキッチンペーパーでとる ねぎを洗ったあと、水気をキッチンペーパーで取っておきます。 ねぎを切ってタッパーに入れ、冷凍庫へ。 入れた後、30分後と1時間後に数回、タッパーをフリフリします。 この手間でぱらぱらのねぎに。

次の

ご飯の冷凍方法!美味しく冷凍する3つのコツと上手な解凍の仕方

ごはん 冷凍保存 方法

炊きたてのごはんは、ふっくらやわらかくて美味しいですよね。 逆に冷めてしまったごはんはなんだかパサついてしまって美味しくない…と感じる方も多いのではないでしょうか? 炊きたてのごはんが美味しいのは、米の中にあるデンプンが水分を含んで膨張し、消化しやすい糊のような状態になっているからです。 ここから冷めていくと、水分がどんどん抜けてぱさつき、ごはんが固くなってしまいます。 こうなってしまうと、炊きたての状態に戻すことはできないため、ごはんを美味しく保存するには、デンプンに水分が保たれている状態で冷凍保存することが重要です。 この美味しさをキープするにはどうしたらよいか、理想の冷凍保存にたどり着くために検証してみました。 まず、炊いたごはんを冷凍保存するとき、何を使って保存すれば良いのでしょうか?一番手軽な方法はラップで包む方法です。 ラップで包めば、冷凍庫の場所を取らずに保存することができます。 ラップしたものをジッパー付き保存袋などに入れて保存すれば、空気に触れるのを防ぐことでさらに日持ちさせることが出来ます。 また、男性や食べ盛りの子どもなど人によってごはんの量を変えたいときにもラップで保存するのがいいでしょう。 ただし、やわらかいまま重ねて保存するとごはんがつぶれてしまうこともあります。 重ねてスペースを確保したい場合は最初に凍らせるようにしましょう。 現在、100円ショップや調理器具メーカーからプラスチック製で1膳ずつ保存が出来るごはん専用の保存容器が販売されています。 物によっては少し場所を取るかもしれませんが、重ねてもつぶれる心配がなく、加熱ムラを防ぐ構造になっているものもありとても便利です。 温めてそのまま食卓に出せるのも嬉しいですよね。 解凍するときは、電子レンジで解凍しましょう。 このとき、 解凍ボタンではなく、あたため機能で加熱をしてください。 解凍ボタンはあくまで「解凍」するための機能なので、食べる状態のごはんの加熱には合っていません。 加熱時間は600Wで3分前後が目安です。 もし、電子レンジに冷凍ごはんのあたため機能があれば、そちらを使うとより美味しく解凍することができます。 電子レンジは食品を均一に温めるのが苦手なため、加熱途中でほぐしたり、上下を変えるとムラなく加熱することが出来ます。 自然解凍はせず、冷凍状態のまま、加熱しましょう。 自然解凍してしまうと、先に水分が抜けてしまい、デンプンは固い状態のままになってしまいます。 保存容器なら、空気穴の部分のみ開けて加熱しましょう。 ラップで包んだ場合は、一度器に移してから温めると美味しく解凍することができます。 保存容器や、ラップで包んだ後にジッパー付き保存袋で保存した冷凍ごはんの賞味期限は長くて1か月と考えてください。 これは、ごはんに含まれる水分量が保たれる目安の期間です。 表面にカビが生えてしまったり、黄色に変色してしまっている場合は腐り始めている証拠です。 冷凍といっても、菌が死滅するわけではありません。 なるべく早く食べ切るように心がけましょう。 保存した日を忘れないように、日付がわかるようにメモしておくのもおすすめです。 今回は、冷凍ごはんを保存するための方法と美味しく食べるためのコツをまとめさせていただきました。 ごはんは毎日食卓に並ぶものですが、毎回の食事で炊くのは大変ですよね。 今回の記事を参考に、日々の食卓作りに活かしてもらえたらとても嬉しいです。 日本人はごはんが大好きなので、お米にまつわる便利なグッズや家電もたくさんあるので、選ぶときにチェックしてみるのもおすすめですよ。 記事監修:管理栄養士 宮﨑奈津季.

次の