住之江競艇出目データ。 平和島競艇場の出目データ

競艇の出目買いとは?1

住之江競艇出目データ

三連単で一番来る出目は? 舟券を出目買いする人が良くいます。 三連単で一番よく来る出目は何と言っても120通り中1-2-3で、確率的にも一番多く出ます。 確率も5%台ですから、かなり当たる確率は高いのですが、買い続けた時の回収率は平均80%程度で、決して100%は超えません。 ただし、全国平均ではなく競艇場別では1年間の結果を集計してみると中には 100%を超える出目が存在します。 よく出る出目はオッズが低いので、なかなか回収率が100%を超えないのでは? と思うのですが、競艇場によっては1号艇が1着になったにもかかわらず、回収率が100%を超える出目が存在するのです。 検証したデータが、3年間に行われたすべてのレースと言うことで、サンプルが少ないため、傾向を掴む程度かもしれませんが、24競艇場で130通りを超える出目が回収率100%を超えたのには驚きました。 ただし、このデータは三連単の集計結果で、他の二連単、二連複、三連複では100%を超える出目は存在しませんでした。 競艇所別、回収率100%超えの出目 どの競艇場でも必ず一つくらいは回収率が100%を超える出目があります。 北から順に挙げてみると、桐生では4-2-5、4-5-6、5-1-4、5-2-4の4つで、5-2-4は116%の回収率です。 高配当で有名な戸田では1-5-2、2-5-1、4-2-6、5-4-6、6-1-4、6-5-2の6つで、6-5-2は118%になりました。 江戸川は2-1-6、2-6-3、2-6-4、3-2-5、3-6-1の5つで、2-1-6と3-2-5が115%を超えました。 平和島では3-5-2、6-4-1の二つ、多摩川では1-6-3だけが100%を超えました。 その他の競艇場の出目は以下の通りです。 津 4-3-5 140%、4-2-5 149% 住之江 5-3-4 131% 鳴門 5-3-4 148%、6-5-1 213% 児島 5-3-6 153% 下関 6-5-4 130% 芦屋 5-6-1 145% 大村 6-3-4 136% 出目買いは必勝法とは言えない この数字はあくまでもデータを集計したもので、過去3年の統計です。 これから先に同じことが起こるという保証はありませんから、仮に鳴門競艇所で3年間6-5-1の出目を買い続けても元金が2倍以上になるとは言えません。 だから出目は決して必勝法とは言えないのです。 ただ、荒れそうなレースを予想する際の一つの目安にはなりそうです。 どのようなケースに高配当になるか? どのコースが1着に来れば荒れるという傾向が分かると思います。 ただし、出目を頼って買うのならば、やはりよく的中する出目を買うのが儲ける近道だと思います。 1号艇の逃げが確実に決まりそうなレースの1-2-3、1-2-4、1-2-5、1-3-2、1-4-2、1-3-4が当たりやすいのは当然です。 だから少ない買い目で確実に鉄板レースを取っていくのが勝つための必勝法と言えます。 回収率100%を超えの出目が多い競艇場を狙う でも、競艇は鉄板レースばかりではありません。 1日の中には難解なレースも必ずあります。 そのようなレースは例え手広く買っても当たれば高配当の可能性が高く、万舟券の期待も来出来ます。 そのような時に過去に回収率が100%を超えたような出目に頼るのも悪くない買い方です。 100%を超えているということは、高額の払戻金があったために収支が黒字になったという証拠ですから、狙い目の一つになっても不思議ではありません。 このデータを見れば5コースが勝つと高配当になることが分かると思います。 出目買いをするならば、競艇場別の回収率が100%を超えた出目の多い競艇場を狙ってみましょう。 その競艇場は荒れるレースが意外に多いという証拠です。 1コースがへこんだ時に4コースが捲ったり、5コースが捲り差しで先頭に出るような展開になれば4や5が頭の出目が期待できそうです。 回収率80%超えの1絡みの出目データと荒れて高配当になりそうな出目をうまく組み合わせて、100%超えの回収率を目指してください。 競艇に必勝法は回収率に注目 パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。 競艇にしても同じことが言えます。 回収率100%を超える買い方 以下の回収率をご覧ください。 一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率 75%• 1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率 85・1%• 回収率100%を超えるには 方法は2つ。 鉄板レースの3連単 1つ目は1-2-3が確実に来そうな 鉄板レースの3連単を買うこと。 1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。 インコースが凹むレースの3連単 もう一つは 万舟券のレースを見極める方法。 それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。 インコース勢が凹むパターンとしては 4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。 先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで 554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。 4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。 結果、3号艇服部選手が犠牲になります。 2号艇もバランスを崩して外に。 5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。 4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。 競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ 実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。 選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。 つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。 こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。 予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。 大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。 以下は私が競艇予想サイト で購入した買い目(見事的中!)です。 徳山競艇 12月17日 (初日)10R 競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

次の

競艇の出目買いとは?1

住之江競艇出目データ

ページコンテンツ• 「そんなの外れるに決まってるじゃん」 と思いますか? 実はそんなことはないんですよ。 最近、統計がすごくしっかりしてるんですよ。 だから、出目買いでも一定の勝ちは拾えちゃうんです。 そこで、レース場ごとにセオリーがあるんです。 出目買いであり、セオリー買いの要素です。 2着が来てるな」 とか、そういうのです。 結構、必勝法のサイトとかでは出目をおすすめしている予想サイトもありますね。 出目はどうやって知るの? たとえばですね 競艇場によっては、出目がすでにデータとしてあるわけです。 当然ながら、各競艇場は出目のデータを持っていますから、中には出してくれるところもあります。 たとえばこれはされてるんですよ。 これが出目ランキングです。 「自分の出目」を持とう そして、出目は自分だけのものもあります。 自分なりの出目買いは、縁起をかついでもいいですし、出目ランキングをベースにしてもいいですし、そのレース場の出目買いを極めても良いんじゃないでしょうか。 好きなアイドルの誕生日とか。 初心者向け出目買いのコツ そして初心者向けの出目買いのコツをお伝えします。 ドックから一斉にスタートして、スタート陣形を作って、トロトロと巡行しながら、大時計をみてスタートを待ちます。 そして、第一ターンマークで加速してさらに差を広げる!わけです。 仮に、加速がよいエンジンを引き当てると、アウトコース(外側)からのツケマイで大逆転も可能です。 選手の人気で買う あとは、選手の人気で買うのも面白いですよ。 競艇選手って、若くてちょっとチャラい系の若手選手が非常に多いんです。 体重が関係しているから線も細いし。 変な意味でなく、好みでとか、女性人気が高いとか、単純に若いとか、そうした人気要素で舟券を買ってみるのも、初心者のうちは楽しいんじゃないでしょうか。 出目買いのときに考えるべきこと そして大切なのは、勝率です。 トリガミというのを念頭におかないといけないんです。 トリガミというのは、「勝ちを取ったのにガミる(負ける)」という意味で、要するに手を広げすぎて負けるということです。 (イラスト) 初心者のうちは、あれもこれも買っちゃいたいわけじゃないですか。 そして、全舟券を買えば、そりゃあ当たりますよ。 でも、全部買うわけにいきませんよね。 だから、トリガミにならないよう意識する必要があるわけです。 あれも買って、これも買って、、、と、1レースで手を広げすぎないようにしないとダメですね。 競艇で本気の勝ちを狙うなら 注意してほしいのが、競艇で本気の勝ちを狙うなら、統計データを穴があくまで研究する必要があるってことです。 出目買いも最近は統計データが本格的になってきて、かなり勝ち筋がみえています。 でも疲れちゃうと。 競艇の出目買いは、そんな疲れてしまったときにもおすすめですよ。 楽しく出目買いしましょう。 勝つにはデータが必要ですが、縁起をかついで出目買いもいいものです。 各レース上には出目のデータが公開されている場合もありますので、チェックしてみてください。 (イラスト) 出目買いで実際に買ってみよう! ここまで、出目買いの理論についてみてきました。 では実際に、出目買いで買ってみると勝てるのでしょうか? まず、日本にはボートレース場が24会場あります。 そしてひとつの会場で12R行われます。 つまり1-2-3の3連単を買うとなると、全部で288回、購入チャンスがあるわけです。 インターネットでは、出目買いのデータを計算しているサイトがあります。 しかし最近では、競艇場が公式に出目のデータを公開しています。 それがこちらです。 リンクを貼りましたので、チェックしてみてください。 【関東地区】 【東海地区】 常滑(愛知県) 公開なし 【近畿地区】 【四国地区】 【中国地区】 児島(岡山県) 公開なし 宮島(広島県) 公開なし 下関(山口県) 公開なし 【九州地区】 若松(福岡県) 公開なし 大村(長崎県) 公開なし 1-2-3の勝率だけが高いのか? 競艇でもっとも有名な出目が、1-2-3の3連単です。 しかし、上記のリンクを全部よーくみてみてください。 すると、住之江、平和島、丸亀だけ、最強の出目は1-2-3ではないということがわかります。 どういうことか、解説していきます。 住之江の一番人気出目は1-3-2 住之江は基本インが有利となります。 しかし、ビル風が強いのと消波装置が近すぎて2コーナーで出走の引き波を受けることとなります。 平和島の一番人気出目は1-2-6 平和島は向かい風が吹きやすいので、向かい風が強い時は外からダッシュする外枠のまくりが決まりやすく6番が3連対することとなります。 丸亀の一番人気出目は1-2-4 丸亀は、満潮時にインが差されやすいという事情があります。 このように、もっとも勝率の高い出目は1-2-3だけではないということを覚えておきましょう!そうしないと、住之江、平和島、丸亀では失敗しかねません。 1-2-3を買い続けたら勝てるか? では、この1-2-3(だけではありませんが)を全レースで買い続けたら、果たして勝つのでしょうか?1-2-3を出目買いし続けたら、勝率は100%を超えるのでしょうか? 3連単の一点買いで確かめてみましょう。 平均配当は100円買ったときに、どの程度の配当があるかを示しています。 100円ですので918円の配当でも、9倍になるわけです。 じゃあ、必ず勝てるか、というとそうではなく、この出目は12Rつまり12回のレース総合の結果となります。 よって、出目買いで勝てるかどうかは、12回買わないとわからないので、最低でも1,200円がかかります。 それが9会場分なので、10,800円かかりました。 桐生、戸田、江戸川、平和島、蒲郡、津、三国、住之江、尼崎…この9会場で、1-2-3(平和島は126、住之江は132)で買ってみます! 一番人気の出目買いで勝てるのか?結果。 では、実際のレース結果です。 戻ってきたお金は 14,710円となります。 よって、回収率は136% つまり「 出目買いでも勝てる」ということになります。 1-2-3出目買い実験の結果を考察 勝てた、という驚きの展開になりました。 実は、この出目買いの実験。 絶対にマイナスになると思ったんじゃないでしょうか。 私は負けると思っていました。 しかし、結果は回収率136%です。 私の友達の話になりますが、1R~12Rまで456のボックスに1枚千円入れ、1日で100万以上勝ったこともあるなど。 出目買いでも、とにかく当てたい場合は213のボックス、高配当狙いなら1を外した組み合わせなど色々とパターンがあり、面白いものです。 2019年4月6日、なぜ出目買いがプラスになったか考察します。 まず桐生の第1R、一番人気は4号艇のA1レーサー山本修一が絡む1-4-3でしたが、モーターのパワー不足で3号艇に競り負けて4位に。 10番人気だった1-2-3が3170円の高配当をつけました。 さらに桐生の第3Rでは2号艇の古田祐貴がスタートで出遅れましたが、追い風5mを味方につけて3番人気の1-2-3で1870円。 冬場は4号艇が圧倒的に強い桐生ですが、この日はイン勢有利のレースが多く春の訪れを感じさせる一日となりました。 戸田の第12Rでは直前のレースで好調だった1号艇の松田祐季と2号艇の山川美由紀が順当にフィニッシュし、3位争いは整備力に定評がある白水勝也が0. 6秒差で3位入賞。 5番人気の1-2-3で1800円となりましたが、白水の整備力を信じていれば順当な結果だったといえます。 三国の第1Rはスタートで優位を奪ったイン勢が順当にゴールして5番人気で1190円。 第3Rでも追い風3mを味方につけて好スタートを切ったイン勢がそのままフィニッシュして4番人気で1010円の配当でした。 追い風スタートのイン勢有利という三国のセオリーがみごとにハマった印象です。 尼崎の9RではA1級の都築正治が2位の井上大輔に2秒以上の差をつけて独走。 3連対率が60%を超えるモーターを積んだ2号艇と3号艇がトップグループを譲らず、9番人気の1-2-3は2430円の配当となりました。 弱い向かい風がありながらも波高0㎝の好条件で、モーターのパワーが素直に結果となって表れたレースでした。 このように、出目買いの回収率が上がるための要素はさまざまで、非常に複雑だといえます。

次の

競艇の出目買い

住之江競艇出目データ

必勝法を探せ 競艇は6艇しか出走せず、1枠がダントツで強い。 そんな特殊な競技であるからこそ、単純な買い方による必勝法がありそうだ。 そこで、必勝法を編み出す又はそこまではいかなくとも勝つヒントにするため、思いついた必勝法を検証してみよう。 私は競艇を買う場合は、予想するよりもオッズだけを見て買う場合が多い。 これは予想が下手なのは置いといて、競艇は不確定要素が多すぎて予想の想定を遥かに超えることが多く、極端に言えば「予想しても意味がない」とまで思っているからだ。 先日のSG第29回グランドチャンピオンの優勝戦も、5号艇がドカ凹み。 レースにあまり影響はなかったが、5号艇を買っていた者にとっては、最初のターンの前に試合終了である。 競艇はスタートでの後手はまず取り返せない。 ちなみに、柳沢一が初SGの戴冠を受けたそのレース、2連単の1番人気は1-2の4. 0倍で2番人気は1-3の4. そして結果は1-3であった。 これぞまさに「2連単1,2番人気のオッズが足して8倍」というレースである。 検証してみよう では、昨日の開催で検証してみよう。 昨日、2019年6月23日は、SG第29回グランドチャンピオンの優勝戦の行われた多摩川から、競艇発祥の地、大村までの11場で開催がなされていた。 そのうち、「2連単の1番人気と2番人気が足して8倍」というレースは何レースあるだろうか。 ちょうど8倍というのも、なかなかないだろうから、7. 5倍から8. 5倍までとしよう。 132レース中、該当するレースは23レース。 そのうち、1番人気と2番人気がきたのは、7レース・・・2分の1どころか、3分の1もきていない。 ちなみに、1番人気と2番人気を均等に買った場合の回収率は 58. これはダメだ。 私の感覚は間違っていた。 では、このデータが役に立たないのかというと、そうではない。 よく見てみると、使えそうなことが分かる。 データの分析 では、132レースのデータを分析してみよう。 1番人気と2番人気のオッズの合計が最も低いのは住之江の7R(2. 4倍、2. 4倍)と大村の6R(1. 7倍、3. 1倍)の4. 8倍であり、このレースはどちらも1番人気の1-2で決まっている。 そして、合計オッズ4. 8倍から6. 0倍までの20レースをみると、その内15レースが1番人気又は2番人気で決まっており、回収率は111. )ため、この日は本命決着が多かったのだろう。 となると、オッズ合計が6. 1倍以上のデータは、本命決着が多い日という事を考えると、回収率の悪いデータとなるはずだから、それで優秀な数字が出れば、それは必勝法の可能性のある買い方となる。 オッズ別回収率 そこで、オッズ別の回収率を計算してみたところ、以下の結果となった。 1倍〜 6. 9倍 59. 1倍〜 7. 9倍 39. 1倍〜 8. 9倍 61. 1倍〜 9. 9倍 59. 1倍〜10. 9倍 59. 傾向としては、7. 1倍〜7. 9倍がかなり悪い以外は特に目立つ数字はない。 少し倍率をずらしてみる。 5倍〜 7. 4倍 47. 5倍〜 8. 4倍 64. 5倍〜 9. 4倍 45. 5倍〜10. 4倍 55. これでは使えない。 次は132レースの出目別の回収率を計算してみよう。 出目別回収率 1番人気 2番人気 回収率 1-2 1-3 76. 特に1-3 3-1は酷いから、この2点が人気の場合は「消し」でもいいかもしれない。 また、4号艇がらみのうち、1-2が1番人気で1-4が2番人気の場合は買わないほうが良い。 まとめ ・当初の「2連単1,2番人気のオッズが足して8倍」あたりの回収率は悪い。 必勝法にはならない。 ・オッズ別の回収率にも有意な差はないため、使えない。 ・出目別の回収率では、1-4が1番人気のものが回収率が良い。 ・1-3 3-1 が人気の場合は、その出目は買ってはいけない。 ・1-4 1-3 が人気の場合は、買い。 データ.

次の