フジ ファブリック 山内。 フジファブリックの新旧楽曲が相次いで話題に 体制変化後も継承されるグループの音楽性を探る

フジファブリック

フジ ファブリック 山内

ロックバンド「フジファブリック」が、ニューシングル「カンヌの休日 feat. 山田孝之」を15日にリリースした。 タイトル曲は、俳優の山田孝之さんが「カンヌ国際映画祭で賞をとる」という志を掲げて映画製作に奔走する姿を追ったドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」(テレビ東京系)のオープニングテーマとして知られるアップチューンで、同番組を手がける山下敦弘監督と松江哲明監督からのオファーを受けて制作された。 ミュージックビデオにも出演し、歌声を披露している山田さんと、バンドのボーカル、山内総一郎さんの声が似ていることから「カラオケでデュエットしよう」という話で意気投合したという。 フジファブリックの3人に、カンヌ映画祭の歴代受賞作品のタイトルで歌詞の全編が構成された今作の制作秘話や、山田さんとのエピソード、バンド結成当初の話などについて聞いた。 改めてバンド名の由来は? 山内総一郎さん(ボーカル&ギター):もともとフジファブリックのメンバーだったドラマーの実家が営んでいる繊維業の会社「富士ファブリック」からとったバンド名で、たぶん最初は何も考えずにつけたんだと思うんですけど、少し和風のバンド名が自分たちの雰囲気をよく表しているんじゃないかと思いますね。 金澤ダイスケさん(キーボード):僕はアジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のツアーを一緒にやらせてもらっている中で、メンバーやいろんな人から「僕が弾くとフジファブリックになるね」みたいなことを言ってもらえる機会があって、そういうふうに聞こえるってことは、今まで僕がバンドでやってきたことが反映されてるのかなと思って。 であれば、やっぱりバンドをやりたい、3人でやるべきだって。 加藤慎一さん(ベース):バンドがなくなってしまったら、今まで作ってきた作品が昔のものになって人の耳に届かなくなってしまう。 それは悲しいなと思ったんです。 バンドとして作る作品はどれも自信を持って世に出しているので、目で耳で触れてもらって、興味を持って聴いていってほしいな、というところで続けることを選んだんだと思いますね。 山内さん:怖くてしようがなかったですね。 でもやっぱり、歌を大事にして、同時に楽器の個性も大事にしているバンドなので、必ず歌はいるとは思っていたし、このバンドを続けさせるために……というその気持ちだけで恐怖心に立ち向かっていったような気がします。 山内さん:最近は僕の自宅に3人で集まって曲を煮詰めていくんですけど、金澤がパソコンで録音をするんですね。 MA(音声編集作業)前のドラマの(オープニング)映像が送られてきてたので、ダイちゃん(金澤さん)がそれを(パソコン画面で)見て、それに対して「こういう感じ?」っていうふうに僕がギターを弾いて、はめていって……。 加藤さん:画(オープニング映像)を見ながらそれに合うリフを作ったり。 金澤さん:フジファブリックを指名していただいたのは、「何か変わったことをやってくれるんじゃないか」みたいな期待もされていたとは思うので、そこは超えていきたいなっていう部分があって、みんなのテンションがちょっと上がるもの、耳に残るようなキャッチーなものができたらいいなって。 山内さん:ちょっとキッチュでうさんくさいようなギターのフレーズなんですけど(笑い)、それがああいうロックンロールの曲に入ることによって、聴いたことのないような音楽になるというか……。 そこは意識してます。 「パパ、どうしちゃったんだろうね」っていうような感じです(笑い)。 山内さん:受賞作の全タイトルをプリントアウトして部屋に並べて、いいワードを探したり。 (歌詞の映画タイトルの中で)実際に映画館に見に行ったのは「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000年受賞作)、「ライフ・イズ・ビューティフル」(1998年)とか。 高校生ぐらいだったかな。 あと、ここには(タイトルとしては)入れられなかったんですけど、「パルプ・フィクション」(94年)のテーマ曲が「ミザルー」というギターのインスト曲で、その一節を彷彿(ほうふつ)とさせるフレーズをギターソロで少し入れたりしてます。 山田さんの声やご本人の印象は? 金澤さん:声に艶がありました。 あと、山内くんと声が似ているなと思いました。 山内さん:セクシーさもあり、でも何か外したがるユーモアさとかも今回のドラマにすごく表れていると思うんですけれど、凜(りん)とした表情とは裏腹にすごく面白い人だったりするので、そういうのが声にも反映されてるんじゃないかなと思いながら、すごく刺激を受けました。 声質自体は、盤になったのを聴いたら、ホントにちょっと似ているなって。 今、2人で、ちょっとカラオケでデュエットしようっていうのは言ってます。 「(KinKi Kidsのデビュー曲)『硝子の少年』でも歌いましょうか」って(笑い)。 今後、カラオケボックス内でそういうコラボが実現するかもしれないです。 <プロフィル> 2000年に志村正彦さんを中心に結成。 04年、現メンバーであるボーカル&ギター(当時はギター担当)の山内総一郎さん、キーボードの金澤ダイスケさん、ベースの加藤慎一さんの3人を含む5人編成で、シングル「桜の季節」でメジャーデビュー。 06年3月に4人編成となり、09年12月に当時ボーカルだった志村さんが逝去。 11年から3人体制で再スタートした。 ボーカル&ギターの山内さんが初めてハマッたポップカルチャーは、スーパーファミコンのゲーム「MOTHER2 ギーグの逆襲」。 「糸井重里さんが作られたゲームで、小学校高学年から中学校1年生ぐらいの時、ホントに好きで夜な夜なやっていて、1年で20何回もクリアしてました。 音楽はムーンライダーズの鈴木慶一さんと田中宏和さんで、サウンドトラックCDをレンタルしてテープにダビングして……。 ゲームミュージックなので歌はないんですけど、自分なりに歌詞を書いてそれをテープレコーダーに録音してました」と話した。 (インタビュー・文・撮影/水白京).

次の

フジファブリック山内総一郎と女優平岩紙が出会いのきっかけとなった番組は?【結婚】

フジ ファブリック 山内

山内総一郎の実家はどこ? 山内総一郎さんの出身地は、大阪府茨木市です! 茨木市役所 山内総一郎さんのお父さんは、茨木市で歯医者さんをしているみたいです! 歯医者の名前は、 「山内歯科」との情報です! 現在も営業している歯医者さんかはわかりませんし、店舗自体が実家かもわかりませんが、 もしかしたらその 山内歯科が山内総一郎さんの実家かもしれません! 調査してみると現在も茨木駅西口徒歩1分のところに、「山内歯科医院」という名前の歯医者さんが存在します! 参考にこの歯医者の口コミを調査してみました! 歯の詰め物がずれて急に痛み始め、通勤に利用していた駅のすぐそばにあったこの歯医者さんに飛び込みました。 予約なしでの診察でしたが先生はとても親切に対応してくれ、歯の状態や治療の手順について詳しく説明してくれました。 自宅でのケアの方法も教えてもらえて良かったです。 今年、70歳になった母が、いつも利用しているのが、ここの歯医者さんです。 母は歳なので通院の際は私が車で送り迎えをしています。 平日が仕事なので土曜日に通うことができるのが便利だとおもいます。 老人に多い誤嚥性肺炎の予防にも力を入れてくれているようです。 こちらの歯医者には先日から虫歯の治療で通院してますが、平日仕事が終わってからでも受診できるので通いやすいです。 先生が治療方針や流れをよく説明して希望も聞きながら治療を行ってくれるため安心です。 他のスタッフも親切で細かな配慮が行き届いています。 大分評判良いですよね! こちらが山内総一郎さんのお父さんが経営する歯医者なのかは不明ですが、実家の場所的には遠からずな場所なのではないでしょうか! お父さんが歯医者だと子供の時から定期的に検診とかしてもらえそうですよね! そういわれてみると山内総一郎さんは歯並びが良いような気がします! 山内総一郎が通っていた大学や高校や中学校はどこ? 山内総一郎が通っていた大学はどこ? 山内総一郎さんの通っていた大学ですが、こちらは情報が見つかりませんでした! どうやら京都にある、「龍谷大学」を受験しているようなのですが、落ちてしまったようです・・・ 龍谷大学 どこの大学に通っていたかは不明ですが、 入ってすぐに大学を辞めてしまったようです! なんでも バンドをやる目的で大学に入ったから続かなかったそうです! 学を辞めるのは勇気がいることだったとは思いますが、今は人気ロッックバンドとして成功されていますから今思えばきっと良い判断だったのではないでしょうか! 山内総一郎が通っていたや高校や中学校はどこ? 山内総一郎さんが通っていた高校は、大阪府高槻市にある、 「金光大阪高等学校」です! 金光大阪中学・高等学校 こちらは中高一貫校なので、山内総一郎さんが通っていた中学校は、 「金光大阪中学校」になります! 山内総一郎さんは小学校から高校までサッカーをやられていたそうで、中学時代には選抜でアメリカに短期留学を経験しているそうです! ギター始めたのは、中学生の時にバンド経験者だったお父さんに家にあったギターを使い教わったのが始めたきっかけだったようです! お父さん歯医者でバンド経験者ってずいぶんアクティブな方ですよね! 山内総一郎のまとめ 今回は、「山内総一郎」さんの 実家や通っていた大学や高校や中学校を調査してまとめてみました!• 山内総一郎の実家は、 父親が大阪府茨木市で「山内歯科」を営業しているもしくはしていたので、店舗自体が実家なのかは不明だがその近くだと思われる• 山内総一郎が通っていた大学は不明だが、 バンドをやる目的で大学に入ったから続かなくすぐ辞めてしまった• 山内総一郎が通っていた高校は、大阪府高槻市にある 「金光大阪高等学校」• 山内総一郎が通っていた中学校は、 「金光大阪中学校」 いかがでしたでしょうか! 今後の「山内総一郎」さんの活躍に期待したいです!.

次の

GUITAR MAGAZINE SPECIAL ARTIST SERIES フジファブリック 山内総一郎

フジ ファブリック 山内

J-WAVEの番組『GYAO! CLUB INTIMATE』。 アーティスト同士が本音で語り合うこの番組。 2月8日(金)のオンエアでは、藤巻亮太さんとフジファブリックの山内総一郎さんの対談をお届け。 藤巻:もともと僕はミュージシャンになりたいって思いはなくて、建築士になりたかったんです。 でも志望大学に受からなくて、土木科に入ったんです。 だからダムとかコンクリートとか道とか、そういう勉強をしているときに、音楽に目覚めました。 そのときに初めて作った曲が、理系・土木科なので『コンクリート』って曲(笑)。 山内:えー! それリリースされてるの? 藤巻:レミオロメンの結成前、大学の友だちとやっていたバンドだから。 すごく無機質な曲。 山内:ちなみに、どんな曲なの? 藤巻さんが『コンクリート』を披露すると、山内さんは「めちゃめちゃいい」と絶賛。 さらに、山内さんも「詞は忘れた」と言いつつ、初めて作った曲を披露しました。 「これ、フジファブリックでやったほうがいいんじゃない」と、そのメロディーのすばらしさに感動する藤巻さん。 「この番組がきっかけで、この曲を発表できたらうれしい」と盛り上がるふたりでした。 その後、山内さんが最初に覚えたギターコード「G」を使って作った、ふるさとの曲『手紙』のセッションを披露しました。 フジファブリックのニューアルバム『F』の収録曲です。 『F』は、「最高傑作を作ろう」というテーマを掲げて制作されました。 山内:バンドマンの亮ちゃん(藤巻さん)ならわかると思うんだけど、「最高傑作を作ろう」ってテーマを掲げるのは、なかなかハードルが高いじゃないですか。 藤巻:バンドを続けてくるとね。 でも、このアルバムはすばらしいですよね。 山内:自分たちが興奮するくらい、いい作品ができたので、ぜひ聴いてもらいたいですね。 フジファブリックは、3月からツアー「フジファブリックLIVE TOUR 2019 "FEVERMAN"」を、10月からは「フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019 『IN MY TOWN』」を開催します。 藤巻:レミオロメンとソロで曲は変わるんですけど、地続きなんですよね。 1曲1曲に向き合ってきて、みんなで頑張っていいアレンジをしてきて。 「そこにある曲の一番シンプルなエッセンスって何だろう」ってことに向き合ってみたいと思いました。 一番ミニマムだとアコースティックとか弾き語りなんだけど、レミオロメンの楽曲をリアレンジして、アルバムにして、みんなにもう一回聴いてもらいたいです。 オリジナルの曲をもう一回聴いてもらえる手助けになったらいいなと思います。 藤巻さんは、4月から弾き語りツアー「藤巻亮太 弾き語り LIVE TOUR 2019」がスタートします。 山内:亮ちゃんの弾き語りってすごく感動するんですよね。 歌に感情がグッと入ってるじゃないですか。 いつもすごいなと思います。 藤巻:ありがとうございます。 今思うと、バンドのときってすごく守ってもらってたなとか、助けてもらってたなってすごく思うんですよね。 それは感謝しかないです。 でもソロの場合、もちろんスタッフもいるので、1人でやってるとか大仰な気持ちはないんですけど、ただ、1人でやっていくことをすごく感じる時間が多い。 誰かに生かされているので、1人で生きているとは思わないけど、組織の中の自分もいる。 でも、本来は自分という人間として生まれたときに、「自分って何がしたいんだろう」とか「どういうふうに生きるべきなんだろう」とか、そういうことってまわりが教えてくれることでもないところがあるじゃないですか。 山内:そうやって自分で自分を掘っていかないと、自分の中になにか溜まってしまうよね。 藤巻:その戦いはその戦いであるような気がしていて、ソロになったときに「どっちの自分もいるよね」と思ったんです。 ある意味、羊の群れの中の自分と、一匹おおかみのように生きていく自分と、ソロ活動をはじめて、今でもそれがせめぎ合う感覚がありますね。 そんなソロとバンドの自分がせめぎ合う感覚の曲として、藤巻さんは自身の楽曲『オオカミ青年』を披露しました。 2019年も藤巻さんと山内さんの活躍から目が離せません。 ツアーやアルバムなど、ぜひチェックしてみてください! GYAO! の特設サイトではトークの様子を動画で配信中です。 こちらもぜひ、ご覧ください。 ・『GYAO! yahoo. jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。 番組放送後1週間は「radiko. jpタイムフリー」機能で聴き直せます。 【番組情報】 番組名:『GYAO! j-wave.

次の