ダイハツ ロッキー 新型。 ダイハツ 2019新型ロッキー/トヨタライズに試乗してきました!

【公式】ロッキーの安全性能|ダイハツ

ダイハツ ロッキー 新型

ダイハツ・ロッキーG 4WD 一部でやや沈静化の動きは見られるものの、SUVは依然として日本を含め全世界的に人気が高く、その裾野も徐々に広がりつつある。 「売れ筋国産SUV長距離実力テスト」と題したこの企画では、2020年1~3月の販売台数ランキングで上位につけた国産SUV4台をピックアップ。 SUVユーザーに多いであろうアウトドアレジャーや帰省での使用を想定し、各車とも約500kmを走行して長距離長時間での疲労度を測るとともに、都心の町中や高速道路、郊外の一般道やアウトドアスポット近隣の荒れた路面で走りの実力をチェックする。 1本目は2019年11月の発売以来、OEM車のトヨタ・ライズが登録車販売台数トップ10にランクインし続けている、ダイハツのコンパクトSUV「ロッキー」。 都内の首都高速道路から京葉道路を経由し千葉市内から銚子港、九十九里浜までの一般道を経て、千葉東金道路から東関東自動車道、首都高速道路へと戻るルートなどを走行した。 なお、今回テストしたのは、上から2番目のグレード「G」の4WD車。 メーカーオプションのブラインドスポットモニターとパノラマモニターパック、ディーラーオプションの9インチスタンダードメモリーナビなどに加え、スタッドレスタイヤのブリヂストン・ブリザックVRX2を装着していた。 ライズとロッキーの快進撃が止まらない。 自販連の「乗用車ブランド通称名別順位」を見ると、 【トヨタ・ライズ】 2019年11月… 7,484台(4位) 2019年12月… 9,117台(2位) 2020年 1月…10,220台(1位) 2020年 2月… 9,979台(1位) 2020年 3月…12,009台(4位) 総計 …48,809台 【ダイハツ・ロッキー】 2019年11月… 4,294台(16位) 2019年12月… 3,514台(16位) 2020年 1月… 3,153台(21位) 2020年 2月… 3,411台(24位) 2020年 3月… 5,011台(22位) 総計 …19,383台 ライズは登録車トップの座に2回つき、ロッキーもダイハツの登録車としては非常に好調に推移している。 ロッキーのDNGAプラットフォーム このロッキーとライズは、2019年7月発売の新型ダイハツ・タントに続き、新世代の「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」プラットフォームを採用。 これにより「取り回しのよいコンパクトな5ナンバーサイズながら、広い室内空間と大容量ラゲージに加え、17インチの大径タイヤを採用した力強いデザインを実現した」とダイハツは主張している。 確かに、DNGAが採り入れられたことで、タントでは室内空間が一段と広くなり、旋回性能も劇的に向上した。 その一方で内外装の質感に明確な割り切りが見られ、乗り心地や静粛性、新開発の「D-CVT」や「次世代スマートアシスト」に関しては熟成不足が目に付いた。 また、売れているクルマ=良いクルマ、とは限らないのが、特に登録車ではよくある話。 そのため今回ロッキーに試乗する前、筆者は少なからず不安を抱いていた。 が、RAV4と共通のモチーフを持つライズのフロントマスクはロッキーに対し要素が増え、そのボディサイズの許容量を超えてしまっているため、筆者としてはロッキーの方が好ましく感じられた。 ダイハツ・ロッキーG 4WDの運転席まわり。 「G」以下のグレードはウレタン製ステアリングホイールとなるがソフトな感触で滑りにくく操作性は良好 室内に目を移すと、インパネはやはりタントと同様に質感の高さを追求せず、安っぽく見られるのを巧みな表面処理で避けている印象。 Aピラーが細くヒップポイントが高いことで圧迫感は少なく、かつエンジンフードの左右前端が見えるため車両感覚は掴みやすい。 だが、インパネに分割線もデザイン要素も多く、フロントガラスが天地方向に狭いうえ9インチモニターがインパネ上部中央に鎮座するため、少々煩わしく感じられる。 2WD車のアンダーラゲージ寸法図。 4WD車より80mm深く、転がりやすい荷物を収納するのに重宝する ロッキーは荷室の広さもセールスポイントの一つに掲げているが、絶対的な容量(後席使用時・デッキボード下段時369L)だけではなく使い勝手の良さも大きな美点と言えるだろう。 デッキボードは上下二段可変式となっており、これを上側に配置すれば、後席を倒しても段差がほぼなくなる。 また下段でもボードの下に筆者のビジネスバッグとカメラバッグ、A4正寸のカタログが綺麗に収まる空間が得られるうえ、さらにボードを外せば2WD車なら高さ1mほどの荷物も積載できる。 またバックドアが樹脂製で軽く、開閉が容易なのも好印象だった。

次の

【公式】ロッキー トップページ|ダイハツ

ダイハツ ロッキー 新型

今話題のダイハツの2019年新型ロッキー/ライズに試乗してきました! 見積もいただいたのでご紹介します!• 今回試乗した型番はロッキー G 2WDとなります。 ダイハツロッキー/トヨタライズの外観は… まずは試乗前に外観をチェックです! ロッキー/ライズを斜め前から見た状態です。 小型ですがほどよいインパクトのある顔つきをしています! 写真より現物はもーちょっとかっこいいですね! こちらはロッキー/ライズを斜め後ろから見た状態です。 小ぶりでいい感じです! トランク横にウィンドウがありますがこれはただのデザインで運転席から後方が見えるほどの大きさではないです。 サイズ感はコンパクトでほどよいです。 ダイハツのブーン/パッソに比べて少し長いのと、見た目はさらに大きく見えますが、他のSUVと比べるとかなり小型に感じます。 アウディQ2に似ているといわれますが、サイズ感や塊感はミニクーパーのクロスオーバーの車高が高い感じにも感じられます。 ロッキー/ライズのデザイン、私は気に入りました! サイズ感もピカイチだと思います! これは需要あるんじゃなかなー。 ダイハツロッキー/トヨタライズの内装は… 次に内装です! こちらはロッキー/ライズの運転席です。 ブーン/パッソと違い軽との共通部品は少なく感じます。 想像よりずっと広いですし、SUVとしてしっかりとしたデザインだと思います。 シートもおしゃれでいい感じでした。 想像より安っぽさはなく、軟派なSUVよりは硬派なSUV寄りなデザインに感じられました。 ロッキー/ライズの後部座席も想像よりずっと広いです! シートは前後のスライドはできません。 後ろにちょっとだけリクライニングします。 最後にロッキー/ライズのトランクです。 これがかなり広いです! ブーン/パッソのトランクは後部座席を後ろまでスライドしたタントと大差ないくらい狭いですが、ロッキーのトランクはかなり広いです! しかも、高さを2段階に調節可能です! これ、新型カローラツーリングにも同様のギミックがあって、トヨタとダイハツの技術の共有が進んでいるとのこと。 すごくいいことですね! トランク下にはさらに深いスペースがあります。 これはSUVデザインの恩恵が得られていますね! ダイハツロッキー/トヨタライズに試乗してみた! ということで試乗してみました! ちなみに、直前に新型タントカスタムターボも試乗したのでそちらとの違いも書いていきます。 走り出して感じたことは静かだなーということ。 新型タントカスタムターボも静かでしたが、あくまで軽自動車として静かという感じでしたが、ダイハツロッキー/トヨタライズはもう1段階静かな感じでした。 また、足回りが固め、ハンドルもしっかりしていてフワフワしておらず安心感があります。 これは新型タントカスタムターボでも感じたことで、うちのタントとの一番の違いとも言えました。 これはDNGAの一環でCSVの味付けが変わっていて、出足がぐっと出るようになっているようです。 正直ちょっと違和感がありましたが慣れればこーいうものなんでしょうね。 で、広い道に出たのでぐっと踏み込むと結構加速します! タントターボの加速とは明らかに違います。 ブーンの加速とも明らかに違います。 力強い加速です。 車体が1トンを切るという軽さもあるのかよい加速感です。 さすがに背中が仰け反るほどはないですが、そもそもダイハツロッキー/トヨタライズには必要ないでしょう。 高速道路での運転も支障がないように思います。 で、そのままカーブに入りましたが足回りが固めなので恐怖感なく踏ん張って曲がっていきます。 運転していて安心感があるのはよいですね! また、車体がコンパクトで軽いので軽快で正直楽しいです。 全体的に乗り心地、ハンドリング、静かさなど個人的にはかなり気に入りました! これを軽みたいに街中で狭い道も気にせずスイスイ走るのはそうとう楽しそうだと感じました。 本来の目的はブーンの点検で、前から気になっていた新型タントの試乗をお願いしていたのですが新型タントよりダイハツロッキー/トヨタライズの試乗のほうがずっと楽しく、正直欲しくなってしまいました笑。 うー、想像より高い…。 かなり高い…。 まだブーン車検一回も通してないどころかまだ車検までかなり期間あるし…。 ただ、この金額でこの出来なら売れるの間違いなしだと思います! ディーラーの店員さんがすでに何人か購入済みのようで、試乗後にお店第一号の成約もあったようです。 結論 ダイハツロッキー/トヨタライズの評価はかなり高いです。 コンパクトSUVだけど中が広くて走りもなかなかで普段使いの乗り心地もよい。 とっても実用的で楽しい乗り物だと思います。 でも、今からは買えない…。 ただ、今が乗り換えタイミングだったら間違いなく乗り換えていたと思います! オススメですので是非一度試乗だけでもしてみてください! iseise.

次の

買うならどっち!?ダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」に試乗

ダイハツ ロッキー 新型

ダイハツが、コンパクトSUV「ロッキー」の改良発売を発表しました。 改良により魅力をアップしたダイハツ・ロッキーのスペックや価格などを最新情報からご紹介します。 ダイハツ・ロッキーは、以前コンパクトサイズのクロスカントリー車として販売。 2019年11月、約20年ぶりに復活発売され、トヨタ「ライズ」の兄弟車となっています。 改良された新型ロッキーでは、最上級グレード「Premium」にモノトーンのカラーバリエーションを新設定。 従来「Premium」ではボディカラーが2トーンのみとされていましたが、「G」グレード同様のモノトーンを標準化し、2トーンカラーを価格据え置きでメーカーオプションに変更することで、充実した装備を低価格で選択できるようになっています。 改良されたダイハツ新型ロッキーは2020年6月1日に発売。 価格は1,705,000円~2,367,200円とされています。 最上級グレード「Premium」にモノトーンカラーを標準設定することで価格をダウン。 兄弟車となるトヨタ「ライズ」と差別化した専用デザインを採用• 最新プラットフォーム「DNGA」採用車第2弾として制作• パワートレーンに1Lターボ、「D-CVT」を採用• 4WD車に、発進時やタイヤスリップしやすい路面の走行時に、車両の状態に合わせて最適なトルクを後輪に配分するダイナミックトルクコントロール4WDを採用• LEDデジタルスピードメーターと7インチTFTカラー液晶ディスプレイをシームレスに表示する新デザインメーターを採用• 「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」や「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」を含む安全技術を採用。 「ブラインドスポットモニター」と「リヤクロストラフィックアラート」の2つの新機能を採用• L FF:170万5000円、4WD:194万48000円• X FF:184万8000円、4WD:208万6700円• G FF:200万2000円、4WD:222万4400円• Premium FF:214万5000円、4WD:236万7200円 新型ロッキーの価格は、最上級グレード「Premium」でモノトーンカラーが標準とされたことにより価格が5万5000円ダウンし、充実した装備が選びやすくなっています。 2トーンカラーはメーカーオプションとされ、従来と同じ価格で選択できるようになっています。 L FF:170万5000円、4WD:194万48000円• X FF:184万8000円、4WD:208万6700円• G FF:200万2000円、4WD:222万4400円• Premium FF:220万0000円、4WD:242万2200円 ダイハツ新型ロッキーを試乗動画でチェック! ダイハツ新型ロッキーは試乗動画が公開されています。 最新システムによりあがった質感が高い評価を受けています。 迫力+!ダイハツ新型ロッキーの外装(エクステリア)デザインは? 新型ロッキーの外装は、大型のグリルを採用し力強いスタイルに仕上げられました。 安心を感じさせる厚みのあるロアボディと、薄く軽快なキャビンを支える張り出したフェンダーと17インチの大径タイヤでSUVらしい力強さを強調。 デザイン要素をシンプルで明快にすることで、コンパクトでありながらクリア感と力強い存在感を表現されています。 ヘッドライトは全グレードでフルLED化するとともに、安全性と先進性を表現したLEDシーケンシャルターンランプを採用して周囲からの視認性が高められています。 ブラック塗装のエアロパーツやメッキ加飾により、存在感ある上質なスタイリングを表現する「エレガンススタイル」、サテンシルバーを基調色にレッド加飾付きのアンダーガーニッシュを装着してSUVの力強さを強調したスタイリングを表現する「パワフルスタイル」、車体色に対応したエアロパーツを装着することでスポーティさを強調した「スポーティスタイル」が用意されています。 トヨタ新型ライズでは上位モデルの「RAV4」などからくるバンパーデザインとなっていますが、ダイハツ・ロッキーではデザインの重心をあげることで独自のSUVスタイルがつくられています。 コンパーノレッド• レーザーブルークリスタルシャイン• マスタードイエローマイカメタリック• ファイヤークォーツレッドメタリック• ナチュラルベージュマイカメタリック• シャイニングホワイトパール• ブライトシルバーメタリック• このコンパーノレッドは1963年に発売したダイハツ初の小型乗用車「コンパーノ」に由来し、ダイハツのモノづくりを象徴するとともに、暮らしに寄り添うダイハツの姿勢が表現されています。 また、ブラックルーフの2トーンがコンパーノレッドのほか「シャイニングホワイトパール」「ブライドシルバーメタリック」に設定され、デザインを楽しむことができるようになっています。 ホイールベース:2525mm• 最低地上高:185mm• これにより、既存ユーザーの乗り換えも検討しやすい作りになっています。 新型ロッキーは最新の技術により最適化したシャシーで前モデルから軽量化し、走りと燃費を向上しています。 最新装備!ダイハツ新型ロッキーの内装(インテリア)デザイン 新型ロッキーの内装は、シルバー加飾を施した背の高いフロントコンソールや、高い位置にあるスポーティなシフトレバーとコクピットタイプのインパネデザインにより、SUVらしいワクワクする空間が表現されています。 装備には9インチのスマホ連携ディスプレイオーディオが設定され、SmartDriveLinkやApple CarPlay対応のスマホがディスプレイ上で操作できるように。 先進性とプレミア感のあるフル液晶を想起させるデザインを採用した「アクティブ マルチ インフォメーションメーター」をX、G、Premiumに設定。 4種類のデザインをステアリングスイッチの操作で選択できるようになっています。 フロントシートは背もたれサイドの形状を最適化して、ホールド性を向上。 座面を長くし形状を最適化することでフィット性を高め、安心感ある座り心地を実現。 さらに、豊富なポケッテリアを設定することで使い勝手を向上。 フロントコンソールの高さを生かしてサイド部分にもポケットを配置するなど、デザインと使い勝手のよさが両立されています。 ラゲッジスペースはコンパクトモデルながらFF駆動ベースとすることで広い空間がとられ、最大容量369Lの大容量ラゲッジと80Lの大容量アンダーラゲッジを実現。 さらに、デッキボードを取り外すと観葉植物など背丈の高い荷物も収納できるなど、様々なニーズに対応しています。 新サービス!ダイハツ新型ロッキーの「ダイハツコネクト」とは? ダイハツ新型ロッキーには、コネクトサービス「ダイハツコネクト」が初設定されました。 「ダイハツコネクト」は、クルマとユーザーのスマートフォンを連携させることで、手軽にコネクトサービスを利用することが可能に。 ドライバーや家族などのスマートフォンに、ダイハツコネクトアプリをインストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマとドライバーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4つのサポートをが利用可能となっています。 また、「ダイハツWi-Fi」にも対応し、車内にWi-Fiルーターを設置することで通信をサポート。 もしもの事故や故障時にスムーズな対応を可能とする「つないでサポート」 事故対応サポートでは、エアバッグの展開から事故を検知すると、コネクト対応車載機に連絡先ボタンを表示し、通話相手を選択することで電話発信が可能。 エアバッグの展開と同時に「事故・故障センター」へ「事故情報」「位置情報」「車両情報」などを自動通知して、事故状況の説明も簡潔に可能。 故障対応サポートでは、故障警告灯が点灯するとコネクト対応車載機に警告理由を表示。 故障情報は「事故・故障センター」に自動通知され、電話でアドバイスを聞くことも可能に。 また、事故や故障の際に事前登録しているメールアドレスへも自動でメール送信を行なうため、家族や大切な人の不安な状況をいち早く確認でき、ドライブ時の安心感を向上。 クルマの現在地をダイハツが運営する会員向けWebサイト「ダイハツポート」のマイページから確認することも可能。 ドライバーとクルマをつなぎ、離れた場所からクルマの状況を確認できる「見えるマイカー」 エンジンをOFFにした際、駐車した場所の位置情報を自動で記録。 スマホから確認できるほか、クルマに戻る際には地図アプリでルート案内も可能。 エンジンOFF時点における最新のクルマの状況(燃料残量、電子キーの電池残量[少量時のみ表示]、航続可能距離、積算距離、平均燃費)も自動で記録し、ダイハツポートのマイページで確認が可能。 ユーザーと店舗をつなぎ車両メンテナンスをサポートする「つないでケア」 車検や点検、リコールなどの車両メンテナンスに関する情報をコネクト対応車載機に表示し、スマホにメールを自動送信。 車両メンテナンスの情報を分かりやすく伝えることで、メンテナンス忘れを防止。 エンジン:直列3気筒1Lターボエンジン• 3kgm• トランスミッション:CVT「D-CVT」• 駆動方式:FF or 4WD 新型ロッキーには、新世代の1Lターボエンジンが搭載されています。 エンジン:直列4気筒1. 最大トルク:14. トランスミッション:4速AT この1Lエンジンは、ダイハツ「トール」のほか、トヨタ「ルーミー」「タンク」としても販売されているコンパクトカーにも搭載されています。 1Lターボエンジンを前モデルとなるビーゴの1. 5Lエンジンと比較すると、加速性能に大きく響くトルクは、最新の1Lターボエンジンが2000rpmも低回転で最大値が出るようになっています。 高速域では「ベルト+ギヤ駆動」となり、伝達効率を約8%向上。 変速比幅をロー側、ハイ側ともに広げ、従来の5. 3から7. 3まで拡大することで、低速域でのパワフルでスムーズな加速と、高速域での低燃費で静かな走りが実現されています。 駆動方式は前モデルでFRレイアウトをベースにしていましたが、FFと4WDに変更することで室内空間を拡大。 4WDシステムには、電子制御式カップリング機能を用いた「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用。 走行状態や路面状況を検知し、ECUで前後輪に100:0~50:50までシームレスにトルク配分を行なうことで、機械式カップリングを用いた4WDと比較して安定した走行性能を実現。 走行中のトルク配分は、マルチインフォメーションディスプレイで確認できるようになっています。 FF車 JC08モード:23. 4WD車 JC08モード:21. 4WD車でも燃費の低下が抑えられており、前モデルとなる「ビーゴ」の最高13. ビーゴ FR駆動:13. ビーゴ 4WD駆動:13. DNGAは「Daihatsu New Global Architecture(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の頭文字となっており、トヨタで採用されていた「TNGA」のダイハツバージョンとして制作。 ダイハツの新しい車づくりの進め方を示すものとされ、特徴は下記の通りです。 【軽自動車を基点に小型車まで、設計思想を共通化した「一括企画開発」を採用】 エンジンやサスペンションの取付位置、骨格配置、着座位置など、共通化できるサイズや位置をあらかじめ設定し、性能や仕様まで含め一括で企画し、良品廉価と開発の効率化を両立• 【「車両の進化」「パワートレーンの進化」「先進安全の進化」の3つの進化を実現】 新開発アンダーボディや新開発エンジン、全車速追従機能付ACC対応安全システムなどを採用• 【将来の電動化やコネクトサービスの実現など「CASE対応を見据えた設計構想」を織込み】 将来の電動化を見据えた諸元設定、スマートアシストの進化やコネクトサービスの提供を見据えた電子プラットフォームの設定など、「先進技術をみんなのものに」すべく今後さらに開発を加速 ダイハツは、幅広い新世代車に対応できるDNGAプラットフォームを採用することで、走行性能や燃費性能をアップ。 一括企画開発の効果により新型車の投入ペースを約1. 5倍とし、新プラットフォームをベースに、2025年までに15ボディタイプ・21車種を展開する予定です。 最新システム!ダイハツ新型ロッキーの安全装備は? 新型ロッキーの安全装備には、これまで他モデルで採用されていたスマートアシスト3をベースに、ステレオカメラの特性を余すことなく使い切る独自の制御ロジックを構築することで機能をアップした新世代スマートアシストが採用されています。 歩行者や車両を検知対象とした「衝突警報機能および衝突回避支援ブレーキ機能」、 駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」も採用することで、運転がアシストされます。 また、隣接する車線の死角を走る車両を検知してミラーインジケーターを点灯させドライバーに知らせる「ブラインドスポットモニター」と、後方を横切る車両を検知してミラーインジケーターとブザー音で注意喚起する「リヤクロストラフィックアラート」の2機能が新たに追加され、後方確認時の安全性がアップしています。 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール) 先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車まで制御• 駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」 左右のカメラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシスト。 また、並列駐車・縦列駐車ともに対応可能• 「LKC(レーンキープコントロール)」 車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト• 「車線逸脱抑制制御機能」 クルマが車線をはみ出しそうになると、メーター内表示とともに、車線内に戻すようステアリング操作をアシスト• 「ADB(アダプティブドライビングビーム)」 ハイビームで走行中に対向車を検知すると、対向車の部分のみ自動で遮光• 「標識認識機能(進入禁止)」 進入禁止の標識をステレオカメラが検知すると、メーター内表示でお知らせ• 「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」 従来のエンジン出力抑制に加え、ブレーキ制御を付加することで、急発進を防止• 「サイドビューランプ」 夜間の右左折時、通常のヘッドランプに加え、左右方向を照らす補助灯を追加点灯させることで、ステアリングを切った方向を明るく照射 ダイハツ新型ロッキーの発売日は? 新型ロッキーは、現行モデルが11月5日に発売、改良モデルは2020年6月1日に発売されました。 前モデルと同じくトヨタにも「ライズ」としてOEM供給され、両ブランドのコンパクトSUVが強化されています。 車名の「Be-go」の由来は、英語の「be(ある・いる)」から「go(出る・行く)」への変化を意味し、積極的に行動できるクルマをイメージして命名されました。 ダイハツ「テリオス」の後継車として企画され、スズキ「ジムニーシエラ」や三菱「パジェロジュニア」などと同じく、本格的悪路走破性能を持つオフローダーとして開発されました。 この経緯からビーゴもヨーロッパなどでは2代目「テリオス」として販売されていました。 車体には、高剛性を確保できるラダーフレームとモノコックボディを一体化させた「ビルトインラダーフレーム式モノコック」を採用し、コンパクトカーでは希少な縦置きエンジン、FR駆動をベースにした4WDも用意。 トランスミッションには4速ATのほか、5速MTも用意され幅広いニーズに対応していました。 OEM車種としてトヨタから「ラッシュ」も販売され、実用性が高く、走行性能にも優れたコンパクトSUVとして人気になりました。 新型ダイハツロッキーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の