アミラーゼ 高い 食事 療法。 アミラーゼが高いってどういうこと?症状や原因、病気の可能性を知ろう!

血清アミラーゼ値は、どんな意味があるか : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

アミラーゼ 高い 食事 療法

アミラーゼとは? 唾液腺や膵臓から分泌される消化酵素です。 ジアスターゼとも呼ばれています。 血液中や尿の中のアミラーゼを測定することで、膵臓がん、急性膵炎、慢性膵炎などの診断ができます。 膵臓で作られる膵液には、アミラーゼ、リパーゼ、トリプシンなどの消化酵素が含まれています。 食事をすると、食べ物は食道を通り、胃で溶かされた後に十二指腸にむかいます。 そこで膵液と胆汁が加わって消化が始まります。 Sponsored Links 血液中のアミラーゼの割合は、膵臓由来が約40%、唾液腺由来が約60%です。 膵臓由来・・・P型アミラーゼ 唾液腺由来・・・S型アミラーゼ 血液検査の結果、どちらのアミラーゼ数値が高いか・低いかによって、膵臓と唾液腺のどちらに異常があるのかが分かります。 血中のアミラーゼは、3分の1が腎臓から尿として排泄させて、残りは網内系や肝臓で処理されます。 血液中のアミラーゼが高い場合は、膵臓や唾液腺に何らかの異常が起こったため、血液中へアミラーゼが流れ出したと考えられます。 Sponsored Links アミラーゼが高くなる病気 アミラーゼの測定値が高い場合は、主に、膵臓がん、膵炎、腎不全、唾液腺疾患などの膵臓疾患が疑われます。 膵臓がんや膵炎のようにすい臓に炎症が起こると、膵臓の組織内にあるアミラーゼが血液中に流れ出すことで高値になります。 また、耳下腺炎や唾石などの唾液腺疾患も組織障害や閉塞によって、アミラーゼが血中に流れ出し測定値が高くなります。 アミラーゼの3分の1は、腎臓の糸球体を通って尿として排泄されます。 腎不全によって排泄機能が低下すると、アミラーゼは血液中に残ってしまうため高値となります。 アミラーゼが低い原因 アミラーゼが低い原因は、体調による一時的な異常値の場合もありますが、慢性膵炎、肝硬変、糖尿病などの可能性もあります。 アミラーゼ測定の数値が低い場合は、慢性膵炎を示しているケースが多いと言われてます。 膵炎の初期症状では、アミラーゼの数値は高くなりますが、慢性化すると低い数値になります。 健康診断や人間ドックなどで、異常がみつかる場合が多いようですが、病気が原因になっていないか再検査をすることをお勧めします。 また、すい臓に負担をかけないように、アルコール摂取や高脂肪食品をなるべく控えるようにしましょう。 膵臓が弱っている時の食事で注意すること 膵臓由来のP型アミラーゼ数値に異常がある場合は、膵臓に何らかの問題があることが疑われます。 この場合は、膵臓に負担をかけないように食事にも気をつけるようにしましょう。 膵臓が弱っている場合は必ず避けるべきです。 その結果、膵臓自体をも消化していまい、膵臓の状態を悪化させることになります。 フルーツにも果糖が多く含まれているので食べ過ぎには注意してください。 辛い物は胃に刺激を与えることで、間接的ではありますが膵臓に負担をかけることになります。 1日1、2杯程度にしておきましょう。 急性膵炎の原因 アミラーゼが高い異常数値の原因で多くみられるのは膵炎です。 急性膵炎の原因のほとんどは、過労、ストレス、暴飲暴食などです。 過労によりストレスが溜まり、ストレス発散のために暴飲暴食をする・・・ そんな負のサイクルの結果、急性膵炎になるケースが多い。 そういった場合は、生活習慣の見直しが必要です。 アミラーゼ数値が高い・低い場合は、病院で診てもらうようにしましょう。 アミラーゼが高い・低い原因は?(食事・ストレス・血液検査・尿・基準値)アミラーゼ検査値の異常で疑うべき病気とは? Sponsored Links おすすめの記事 Sponsored Links 関連する記事.

次の

犬の膵炎は再発しやすい病気 食事療法が治療の基本!

アミラーゼ 高い 食事 療法

- 目次 -• 膵炎とはどんな病気でしょう? 膵炎とは、膵臓が作る膵液という消化酵素をたくさん含んだ分泌液が自分自身を消化してしまうことにより、膵臓に炎症が起こる病気です。 突然、激しい腹痛に襲われる急性膵炎と、繰り返し炎症を起こすことで徐々に膵臓にダメージを受ける慢性膵炎に大別されます。 急性の場合は、まず、絶飲食治療で原因となっている膵液の分泌を止めて、膵臓を安静にする必要があります。 それと同時に点滴で体に必要な水分と栄養分を補います。 回復してきたら徐々に食事治療に移行しますが、そこからは長い食事療法が始まります。 慢性膵炎への移行を防ぐためにも、食事療法は基本となっていきます。 膵炎に食事療法が必要な理由 膵液とは、炭水化物・脂質・タンパク質の三大栄養素を消化するための消化酵素が多量に含まれた分泌液です。 膵炎は、この膵液が自分自身を消化する病気ですから、病状を悪化させないためにも、膵液が大量に必要となるような食事は控えなければいけません。 消化吸収のよい食事で、膵液の分泌をおさえ、膵臓を刺激しないこと。 これが、膵炎の治療には必要不可欠なのです。 急性膵炎が治っても、同じような食事を続けていれば、また再発することが考えられますし、繰り返すことにより、慢性膵炎になってしまうリスクも非常に高いのです。 これが膵炎には食事療法が肝心な理由です。 何に気をつける?膵炎の人の食事 長時間胃にとどまる食事は基本NGとなります。 つまり、『消化吸収のよいもの』を食べる、この一択となります。 また、1回の食事量を減らし、その分食事回数を増やすといった分食も効果的です。 「おなかいっぱい」にせず、少しづつをちょこちょこ食べるスタイルで、膵臓の負担を軽くできます。 いずれにしても食べすぎは禁物です。 脂肪分の多い食事を避け、食べすぎに注意する、良質のたんぱく質をしっかりとる、刺激物を控えるなどが重要なポイントです。 一番大切なことは、禁酒です。 アルコールがやめられない方は慢性膵炎になり、悪化を繰り返す割合が高いことがわかっています。 予後は食事療法をきっちり行わなければ、慢性膵炎、糖尿病の併発など重篤になるケースがあるため、長いスパンで食事療法を実践していくことが必要です。 膵炎にいい食べ物とは 糖質中心のメニューにしましょう 糖質は胃の中にとどまる時間が短く、膵液の分泌をおさえられるのでオススメです。 食パン、白米、うどん、そうめんなどの炭水化物は少量でもゆっくり食べることで、満腹感・満足感が得られやすい食品です。 かぼちゃ、さといも、じゃがいもなどの根菜はビタミンやミネラルといった栄養素も含むため、しっかり取りたい食品です。 トーストはOKですが、バター、マーガリンは塗らない、うどんはOKですが、てんぷらうどんは避けるといった配慮をしましょう。 良質のたんぱく質をとりましょう いたんだ膵臓を修復するために良質なたんぱく質をとる必要があります。 豆腐などの植物性たんぱく質や鶏のささ身、胸肉(脂身なし)、豚のヒレ肉、白身魚、かまぼこ、たまごなどは積極的に取り入れましょう。 湯 豆腐や茶碗蒸し、煮魚、刺身、炊き合わせ、ちり鍋などはオススメです。 緑黄色野菜、果物をしっかり食べましょう 膵炎になると脂質制限がかかります。 そのため脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の不足が起こりがちです。 予防するために緑黄色野菜や果物をたっぷりとりましょう。 根菜のグリルや野菜スープ、温野菜サラダ、含め煮、おひたしなど野菜料理を多用しましょう。 ただし、ドレッシングやマヨネーズは控えましょう。 膵炎になると控える食べ物とは 消化に時間のかかる脂質は制限がかかります。 1日に30g~40gなど、摂取量に指示が出ます。 豆腐はオススメ食品に入っていますが、絹ごし豆腐で100gあたり3gと、実はけっこうな脂質があります。 そこで、油ものは積極的に控えていかないと食品に含まれている気づかない脂質で、結局とりすぎになってしまうのです。 てんぷら・フライなどの揚げ物はもちろん、スナック菓子、インスタントラーメンなどは控えましょう。 牛ロース、豚ロース、鶏皮、トロ(魚)、チーズなどもNGです。 調味料もマヨネーズ、バター、ドレッシングにも注意が必要です。 糖質中心の食事となるため糖尿病の併発を促進しやすくなるので糖分も控えめを心がけます。 ケーキ、アイスクリームは避けたほうが良いでしょう。 」 食物繊維の多いものもNGです。 たけのこ、ごぼう、れんこん、玄米、きのこ、海草などは消化に時間がかかるので避けましょう。 食事に気をつけ膵臓と仲良くしていきましょう 膵炎になると、食事療法で食べられないものが増えてきます。 一方でストレスも膵炎を悪化させる大きな要因です。 食事療法がストレスにならないように、メニューなどを工夫して膵臓と上手に付き合っていきましょう。 カテゴリから探す•

次の

アミラーゼが高い原因はなに?どこの部分が異常なの?

アミラーゼ 高い 食事 療法

アミラーゼとは アミラーゼとは、でんぷんを分解してブドウ糖にする消化酵素です。 唾液腺から分泌される唾液アミラーゼはプチアリンとも呼ばれ、中学の生物でも習う有名な酵素です。 その他にもアミラーゼは膵臓や耳下腺からも分泌され、でんぷんの代謝に重要な役割を果たしています。 アミラーゼは血液に混じって全身を巡った後、腎臓で濾過され尿に排泄されます。 血中や尿中に排出されるアミラーゼが増加した場合、膵臓や唾液腺の細胞に異常が生じて過剰分泌が起こっていると考えられます。 特に、膵臓に炎症があったり膵管の流れが悪くなったりしたときにアミラーゼは高い値を示すので、血中・尿中のアミラーゼ検査は膵炎や膵臓の腫瘍マーカーとして有効とされています。 アミラーゼの数値が高いのは膵臓の不調のサイン? アミラーゼは上記の臓器の中でも、膵臓から最も多く分泌されます。 アミラーゼが血中・尿中で高値を示す場合、膵臓の細胞が何らかの原因で破壊されたために、アミラーゼが漏れ出たと考えられます。 これを「逸脱」と呼びます。 これにより、膵炎の診断に血中アミラーゼ濃度の測定が利用されることもあります。 急性膵炎と血中アミラーゼ濃度 急性膵炎を発症していると、次のような症状があらわれます。 血中のアミラーゼをはじめとする膵酵素が基準値の10数倍の数値となる• 激しい腹痛 発症から1〜2日でアミラーゼの値が最高値の10数倍となり、その後は急速に低下して1週間程度でほぼ通常値に落ち着きます。 ただしアミラーゼの値だけで確定診断となることはなく、激しい腹痛の有無、他の血中の膵酵素の判定、腹部超音波、腹部CTなどの検査を併用して確定診断とします。 慢性膵炎と血中アミラーゼ濃度 慢性膵炎では、次のような症状があらわれます。 アミラーゼの値が基準値の2〜3倍の値を示す• 軽度の腹痛が長く続く 膵がんと血中アミラーゼ濃度 膵がんの場合は、アミラーゼの値が2〜3倍程度上昇するのが一般的です。 ただし膵がんに急性膵炎を合併した場合、急性膵炎の上昇値となり、10数倍の高値を示します。 血中・尿中アミラーゼ濃度の上昇は、急性および慢性膵炎・膵がんだけで見られる現象ではありません。 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)でも上昇しますし、唾液腺の疾患によって上昇する場合があります。 しかし、耳下腺や唾液腺に含まれるアミラーゼは「S型」と呼ばれるアミラーゼであり、膵臓に含まれるアミラーゼは「P型」と呼ばれるアミラーゼで、2つは異なります。 アミラーゼの「S型」と「P型」とは? アミラーゼの「S型」と「P型」は、 アイソザイム検査で鑑別することができます。 アミラーゼのS型 唾液腺や耳下腺に含まれる消化酵素であり、口から入った食物を咀嚼する際に食物と混ぜ合わされることで、でんぷんを分解する働きがあります。 また、S型は唾液腺や耳下腺以外の臓器にも多少存在するため、肺がんや卵巣がん、口の周りをなにかにぶつけた、胃カメラをした翌日などの場合にも血中S型アミラーゼ濃度が高くなることがあります。 おたふくかぜは耳下腺にウイルスが感染して発症するため、耳下腺の腫れと痛みが主な症状ですが、このアミラーゼの「S型」が基準値の2〜3倍の値になっていることでも見分けることができます。 アミラーゼのP型 P型は、胃を通過した食物が十二指腸に送られた際、十二指腸に分泌される膵液に含まれる消化酵素で、食物と混ぜ合わされながら糖分を分解し、小腸での消化・吸収を助けます。 膵臓の組織が壊れるような膵炎や膵がんなどを発症すると血中濃度が高くなります。 アミラーゼが高値であることがわかっても、原因が膵臓の疾患によるものなのか唾液腺や耳下腺の疾患によるものなのかが血液検査以外の症状などによって特定できない場合があります。 そのときはアイソザイム検査によってS型・P型を鑑別します。 さらに エコーやCTなどで画像診断による精密検査を行い、確定診断を行います。 健康診断でアミラーゼの数値が高いといわれたら 膵臓は胃の裏側にあり、炎症などの疾患を発症しても自覚症状に乏しい臓器です。 よって、がんや慢性膵炎など、自覚症状が特にわかりにくい疾患の場合は早期発見が難しくなります。 検査でアミラーゼに異常値が出た場合は、早めに病院を受診し精密検査を行うことが大切です。 とくに膵炎や膵がんは近年発症率が高まっているため、背中の痛みや黄疸・体重減少などのわずかな異常を見逃さないようにしましょう。 健康診断でアミラーゼが高値だった場合 何回か検査してたまたま高値だっただけではないことを確認します。 同時に、S型・P型の区別なしの血中アミラーゼ濃度以外の膵臓に関する検査を行う必要があります。 膵臓に関する検査でも異常が見られた場合、S型・P型アミラーゼの区別を含めた精密検査を行いましょう。 アミラーゼ濃度を正常値に保つ方法 日常生活では、アルコール類を控えたり、暴飲暴食を避けたりすることが大切です。 特に、 高脂肪食の食事を多く摂取し続けていると膵臓に大きな負担がかかります。 脂質の多い食事は控え、普段からさっぱりと低脂質な食事を心がけましょう。 食事内容と食事の注意点 健康診断などでアミラーゼ濃度が高めと指摘された人は、膵臓に負担がかかりやすい病気を発症している可能性もあるため精密検査が必要です。 一方で、1000人に1人程度の割合で、病気ではないものの体質的にアミラーゼが高値になる人もいます。 いずれにしても、 アミラーゼ値の異常を指摘された場合は、脂肪分や糖分を抑えた食事やアルコールの多飲を控えることなどを心がけるようにしましょう。 食事は 3食ともに栄養バランスのよいメニューを選び、腹八分目に抑えるのがポイントです。 また、間食は完全に控える必要はありませんが、糖分やカロリーの摂りすぎとならないよう控えめにしましょう。 おわりに:血中アミラーゼ濃度は膵疾患の指標になりうる 血中アミラーゼ濃度が高いからといって膵疾患と断言することはできません。 しかし、血中アミラーゼ濃度が基準値の数倍〜10数倍という非常に高値を示していながらも、唾液腺や耳下腺の目立った症状が見られない場合は注意です。 膵炎や膵がんなどの可能性を考慮して病院で精密検査を行い、適切な治療を受けましょう。

次の