子供 赤い発疹 熱なし かゆみなし 画像。 子供の湿疹には正しい理解を!顔やお腹に出る湿疹、熱やかゆみの症状や薬の選び方【小児科医監修】

「子どもの皮膚にぶつぶつした発疹ができた」とき―熱、かゆみ、赤みは危険な症状?

子供 赤い発疹 熱なし かゆみなし 画像

目で見、手で触れることのできる皮膚や粘膜の病変を発疹(ほっしん)と呼びます。 特に子どもで、発熱とともに発疹が出るものとして、麻疹(ましん:はしか)、突発性発疹、猩紅熱(しょうこうねつ)、川崎病があります。 腸チフス、発疹チフス、パラチフスは、頻度は少なくなりましたが、特徴的な小さい赤い発疹が出ます。 全身性エリテマトーデス(SLE)では急に発熱し、赤い斑点様発疹が顔、手足、関節に生じ、全身にひろがります。 皮膚だけでなく、口の中などの粘膜にも発疹がみられることがあります。 麻疹のときのコプリック斑は、奥歯の脇のほおの粘膜にできる赤い発疹で、特徴的です。 ベーチェット病では、皮膚、粘膜、目がおかされます。 風疹(ふうしん)や水ぼうそう(水痘〈すいとう〉)は子どもに多くみられ、いずれも軽い発熱を伴います。 風疹では、顔に多くの発疹が生じ、からだや手足にも出ます。 水ぼうそうでは、小さな赤い斑点から水疱(すいほう:水ぶくれ)に、さらに黒いかさぶたになって、とれます。 梅毒では、陰部のしこりや潰瘍のほか、全身にいろいろなかたちで大小の発疹(バラ疹、潰瘍性梅毒疹)が出ます。 じんましんは、不定形の膨疹で、非常にかゆく、次々に新しいものができては消えます。 かゆみが強く、皮膚がただれた状態である湿疹は、あきらかな原因がわからないことが多いです。 いっぽう、ほとんどすべての薬が薬疹の原因になりうるといっても過言ではなく、発疹がみられたときに新しい薬をのみ始めていれば、疑ってみる必要があるでしょう。

次の

子供の赤い発疹で熱なし・かゆみなしの場合に疑われる病気は!?

子供 赤い発疹 熱なし かゆみなし 画像

目で見、手で触れることのできる皮膚や粘膜の病変を発疹(ほっしん)と呼びます。 特に子どもで、発熱とともに発疹が出るものとして、麻疹(ましん:はしか)、突発性発疹、猩紅熱(しょうこうねつ)、川崎病があります。 腸チフス、発疹チフス、パラチフスは、頻度は少なくなりましたが、特徴的な小さい赤い発疹が出ます。 全身性エリテマトーデス(SLE)では急に発熱し、赤い斑点様発疹が顔、手足、関節に生じ、全身にひろがります。 皮膚だけでなく、口の中などの粘膜にも発疹がみられることがあります。 麻疹のときのコプリック斑は、奥歯の脇のほおの粘膜にできる赤い発疹で、特徴的です。 ベーチェット病では、皮膚、粘膜、目がおかされます。 風疹(ふうしん)や水ぼうそう(水痘〈すいとう〉)は子どもに多くみられ、いずれも軽い発熱を伴います。 風疹では、顔に多くの発疹が生じ、からだや手足にも出ます。 水ぼうそうでは、小さな赤い斑点から水疱(すいほう:水ぶくれ)に、さらに黒いかさぶたになって、とれます。 梅毒では、陰部のしこりや潰瘍のほか、全身にいろいろなかたちで大小の発疹(バラ疹、潰瘍性梅毒疹)が出ます。 じんましんは、不定形の膨疹で、非常にかゆく、次々に新しいものができては消えます。 かゆみが強く、皮膚がただれた状態である湿疹は、あきらかな原因がわからないことが多いです。 いっぽう、ほとんどすべての薬が薬疹の原因になりうるといっても過言ではなく、発疹がみられたときに新しい薬をのみ始めていれば、疑ってみる必要があるでしょう。

次の

子供の発疹。 熱なし、かゆみなしの時に疑われる病気と対処法は?

子供 赤い発疹 熱なし かゆみなし 画像

目で見、手で触れることのできる皮膚や粘膜の病変を発疹(ほっしん)と呼びます。 特に子どもで、発熱とともに発疹が出るものとして、麻疹(ましん:はしか)、突発性発疹、猩紅熱(しょうこうねつ)、川崎病があります。 腸チフス、発疹チフス、パラチフスは、頻度は少なくなりましたが、特徴的な小さい赤い発疹が出ます。 全身性エリテマトーデス(SLE)では急に発熱し、赤い斑点様発疹が顔、手足、関節に生じ、全身にひろがります。 皮膚だけでなく、口の中などの粘膜にも発疹がみられることがあります。 麻疹のときのコプリック斑は、奥歯の脇のほおの粘膜にできる赤い発疹で、特徴的です。 ベーチェット病では、皮膚、粘膜、目がおかされます。 風疹(ふうしん)や水ぼうそう(水痘〈すいとう〉)は子どもに多くみられ、いずれも軽い発熱を伴います。 風疹では、顔に多くの発疹が生じ、からだや手足にも出ます。 水ぼうそうでは、小さな赤い斑点から水疱(すいほう:水ぶくれ)に、さらに黒いかさぶたになって、とれます。 梅毒では、陰部のしこりや潰瘍のほか、全身にいろいろなかたちで大小の発疹(バラ疹、潰瘍性梅毒疹)が出ます。 じんましんは、不定形の膨疹で、非常にかゆく、次々に新しいものができては消えます。 かゆみが強く、皮膚がただれた状態である湿疹は、あきらかな原因がわからないことが多いです。 いっぽう、ほとんどすべての薬が薬疹の原因になりうるといっても過言ではなく、発疹がみられたときに新しい薬をのみ始めていれば、疑ってみる必要があるでしょう。

次の