会社 コロナ 飲み会。 コロナ禍での会社の飲み会等、懇親会についての相談です。我が社では従...

【コロナ】東京・職場内クラスターの人材派遣会社の場所はどこ?

会社 コロナ 飲み会

コロナウイルスで分かるブラック企業の特徴1:社内感染の徹底をしない 新型コロナウイルスで分かるブラック企業の特徴として、社内感染を徹底して防止しようという努力が皆無の会社です。 従業員が密集するオフィスは、ウイルス感染のリスクが非常に高いです。 感染防止活動を役員をはじめとする管理職が中心となって行っている企業は、従業員を守るという意識が強く、社員からも信頼される(されていく・されている)会社です。 一方で、ブラック企業は、社員を守るなんて気持ちはないので、マスクの配布、消毒液の設置、換気の徹底なんて考えることはありません。 感染したら自己責任。 休んだら無保証なんて当たり前です。 もし、社内感染防止を何も行っていない企業であるなら、従業員を人財と思っていないブラック企業気質があるので転職を考えた方がいいかもしれません。 関連記事 コロナウイルスで分かるブラック企業の特徴2:テレワーク不可の企業 新型コロナウイルスで分かるブラック企業の特徴として、テレワークを導入する意識が皆無の会社です。 従業員を大事にする会社は、緊急事態宣言が発動する前から従業員への感染防止のことを考え、テレワーク導入を検討しています。 当然テレワークの導入が難しい企業もあると思いますが、それでも感染リスクを低減させるために、営業職はテレワーク導入などの部署単位でテレワークを導入したり、交代で出勤したりと検討がなされています。 現在は、Web会議システムもありますし、顧客とのコンタクトはメール、電話など色々手段があります。 しかし、ブラック企業気質の会社は、何の検討もせずに「内の会社は無理」の一点張り。 従業員、社会的配慮などは皆無です。 新型コロナウイルスが原因で失業する人も多いと思いますが、ブラック企業から逃げ出す所謂「転職」をする人も多いのではないかと思っています。 コロナウイルスで分かるブラック企業の特徴3:子育て世代の配慮が皆無 新型コロナウイルスで分かるブラック企業の特徴として、子育て世代の配慮が皆無です。 未就学児、小学生を持つ家庭で共働きであると、長期休校、休園が発生するため、子供を預ける必要がありますが、臨時で預けられる施設(学童等)は満員です。 そのため、有給休暇を使って子どもの面倒を見たり、親に預けに行くことを余儀なくされますが、そういった従業員に対しての配慮が皆無の会社はブラック企業気質であると言えます。 従業員を人財と思っている会社は、特別休暇などの一時的措置を行ってくれるところが多いです。 また、一時的措置を導入する前には、措置を利用する従業員に配慮し、全社的に説明をしっかり行ってくれます。 関連記事 コロナウイルスで分かるブラック企業の特徴5: 普通に飲み会実施 新型コロナウイルスで分かるブラック企業の特徴として、夜の不要不急の外出を控える呼びかけを無視して飲み会を行う企業は、完全にブラック企業です。 ナイトクラブなどでクラスターが発生していることが連日のように放送されている中で、時代に逆行する「飲み会開催」そして「キャバクラで豪遊」です。 コロナ疲れもあり、遊びたい気持ちもわかりますが、従業員一丸となって我慢して、騒動が終わったら飲み会でもやろう!と部下に声がけするような会社が本当にホワイト企業と言えるでしょう。 従業員を鼓舞するために、管理職がモチベーションを上げてくれる会社はとてもいい会社だと思います。 嫌々連れていかれて結果的に新型コロナウイルスに感染。 そして何の保証もなく欠勤扱いなんてやる企業は完全にブラック企業です。 いかがでしたか?もし今回の記事に皆さんの企業が当てはまるなら転職に対して少しでも行動に移すことをお勧めします。 今の世の中は、転職に対しても情報戦争です。 転職のノウハウを知っているか知らないかで転職活動の期間や労力が圧倒的に違います。 情報入手の為にも利用したい転職エージェント、転職サイトなどは過去記事に紹介していますので是非参考にしてみてくださいね。 そんな悩みに答えてくれる最強の転職ツールが 「転職エージェント」です。 南野弘明自身の4度の転職でキャリアアップができたのは 転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。 ハローワークや転職サイトだけで転職活動をしている人は、転職エージェントを利用して 企業選びから 面接対策、 雇用条件交渉をはじめとする手厚いサポートを受けてみよう!ライバルに圧倒的な差をつける スムーズな転職が可能です!!.

次の

コロナ禍での会社の飲み会等、懇親会についての相談です。我が社では従...

会社 コロナ 飲み会

会社の酷いコロナ対応:栄養ドリンクを送ってくる 会社のコロナ対応の初手として栄養ドリンクが送られてきました。 ええ、栄養ドリンクが何箱か届いたのです。 栄養ドリンク飲めば感染しないとでも思ってるのでしょうか? 無駄に栄養ドリンク買って送る暇があるなら、 もう少しまともなことをしてくれと思いました。 会社の酷いコロナ対応:リモートワークを認めない コロナの影響や危険性が拡大していけばしていくほど、 リモートワークを認めない方に舵を切り出しました。 普通は徐々に移行して影響が強まったら、 完全にリモートワークでも対応できるようにすると思うのですが、 都市封鎖の可能性が言及されるようになると、 リモートワークは原則禁止という考えを表明してきて引いてます。 会社の酷いコロナ対応:会社都合の休暇も保証なし 会社都合で休暇扱いになった人が、 欠勤や遅刻として処理されていました。 その分の保証はしないということですので、 この先、新型コロナウイルスで仕事ができない状況になったら、 収入が途絶えることが確定したと言えるでしょう。 たとえ会社の指示であったとしてもです。 会社の酷いコロナ対応:会議や飲み会を禁止しない 時期的に歓送迎会なタイミングなんでしょうけど、 禁止せずに開催されていました。 また、会議も通常通り行われています。 ちなみに 会議室には窓がないので密閉されています。 チャットツールを導入してるくせに、 普段から無駄に会議が多いと感じてはいるのですが、 会議を減らす方向に動かないのはなせなのでしょう。 会社の酷いコロナ対応:出張や出入りを禁止しない 出張も全然規制しませんので、 爆心地と化している 東京から移動し、 また、 東京に向かわないといけないという、 出張や出入りが平然と行われています。 全国各地に出向きウイルスを拾ったり撒き散らしたい、 という思惑があるのかと思うほどの酷さです。 会社の酷いコロナ対応:全社集会などイベントを中止しない 出張や出入りを禁じていないので、 当然の如く 全社集会などイベントを開催する気満々でいます。 ええ、この記事が公開されている時点でもです。 4月に200人から300人近くを集めた集会をやるそうで、 あからさまにクラスターや感染拡大の懸念があるのに、 普通にやろうとしていることに驚きを隠せません。 参加した人がまた 各地域に戻りクラスターを形成するのでしょう。 結果的にリスクの方がでかいという判断ができないようです。 会社の酷いコロナ対応:体温計を用意できない 体温計を用意します、と言ってきたきり、 2か月近く経ちますが、いまだに用意されません。 また、検温は 37度5分なければ正常と判断されます。 基準値として存在しているだけで、 新型コロナウイルスに関しては、 発熱がない場合もあるので気休め程度で無駄です。 会社の酷いコロナ対応:よくわからない除菌装置を用意する 新型コロナウイルスに効果がある除菌装置ではない、 とメーカーも指摘があったのか記載してある装置を、 注文し送ってくる予定だそうです。 その装置を着用することも義務付けようとしています。 新型コロナウイルスの予防装置ではないのですが、 謎の信頼を置いて対策したという気になっていて気持ち悪いです。 なんか変な妄想や詐欺に遭ってるんじゃない? とこっちが逆に心配になってしまうレベルです。 会社の酷いコロナ対応:プロ意識という精神論の押し付け 会社の新型コロナウイルスの対応として、 ようやく口を開いた経営者からは、 「 プロ意識を持って仕事をしてください」 というフワッとした精神論だけ頂きました。 何がプロ意識なのかわかりませんが、 リモートワークだとプロ意識がない働き方で、 リスクを抱えて出社し続けるのがプロ意識なんでしょうか? 経営者は働き手の安全や環境を整える義務があるので、 その部分をおざなりにしてるそっちのプロ意識がないのでは? としか思えないぐらいのアホさ加減で呆れました。 会社の酷いコロナ対応:自粛する気がひとつもない 自粛はあくまで自粛要請であって、 強制されない限りは自粛する必要はない、 というチンピラみたいな考え方を表明していました。 日本は法的に強制力を持つ法案がないので、 自粛要請をしている等の部分があります。 日本の法律を理解していないのでしょうし、 協力をする気はさらさらない、という 意思表示なのでしょう。 会社の酷いコロナ対応:マスクすれば大丈夫と思ってる 4月に入ってようやく、 マスクを着用しましょう、 というアナウンスがされました。 マスクは手に入りにくい状況が続いていますが、 マスクをしていれば大丈夫と思っているようで、 マスク着用義務を課してきました。 マスクがあれば言われなくてもするだろうと思いますが、 何を考えているのかよくわかりませんね。 会社の酷いコロナ対応:ロックダウンしても通常出社 仮にロックダウンが行われたとしても、 リモートワークは行わず通常出社を選択するようです。 ロックダウンが何か理解していないのでしょうか。 この宣言をしたということは、 家から絶対出るな!という何かが発動されない限り、 通常出社で行くという狂った考えであるということです。 今回の新型コロナウイルスに限らず、 家から出られるなら出社しろって言ってるのと変わりませんからね。 会社の酷いコロナ対応:エビデンスがないの一点張り なぜ自粛や中止、対応を進めないのか、という問いに対し、 科学的エビデンスがないから、という、 ご機嫌な解答をよこしてきました。 科学的エビデンス? 科学者でもない会社のアホが何言ってんだってのもありますし、 未知のウイルスだって言ってんだろ!って話です。 前例がないから世界が混乱して感染拡大しているわけで、 有効な手段が家にいて他人と接触しない、 ということしかないと世界が言っているわけですよ。 むしろそれがエビデンスだろって話なのに、 会社で仕事や会議、イベントをすることが感染に繋がる科学的エビデンスがない、 の一点張りで頑なにその意見を曲げません。 エビデンス、エビデンスいうなら、 通常出社で感染しないエビデンスだしてみろよって話なんですが、 その矛盾には頭が足りなくて気がついていないので、 現実逃避でもしてるのか、 変な言い訳してんじゃねえよと思いますね。 会社の酷いコロナ対応に疑問の声がほとんど上がらない 会社のコロナ対応や考え方は酷すぎるものであると感じましたが、 もうひとつ恐怖を覚えたことは、 このような狂った回答を連発する会社に対して、 疑問の声や怒りの声がまったく上がらないということです。 洗脳された社員が多いのだろうと判断していますし、 不要不急の社内交流イベントを自粛しなかったり、 爆心地の東京に出向くことを拒否しない人間ばかりで驚いています。 個人的には収入面はきつくなりますがクビになってもいいとの思いで、 東京行きや集会や飲み会をすべて拒否しています。 自分以外は何とも思っていないのかな? と思ってしまうほどに不満や疑問の声が聞こえてこないのが、 新型コロナウイルスと同じぐらい怖い状況だなと感じました。

次の

【コロナ】東京・職場内クラスターの人材派遣会社の場所はどこ?

会社 コロナ 飲み会

「売れるもの・売れないもの」の急速な入れ替わり。 私たちはいま、時代の節目にいるのかもしれません。 一刻も早い終息を願うコロナウイルスですが、その後は以前と同じ世の中に戻らない可能性もあります。 なぜならすでに「 残るビジネス・残らないビジネス」がハッキリしつあるからです。 コロナ後の世界は果たしてどのようになっているのでしょうかー。 コロナの影響で「苦境に立たされる」業種 まずは、コロナ影響で「 苦境に立たされる」業種から見ていきます。 例えば下記の業種。 例えば「 旅行業」は国内外の旅行代理店など海外への航空券発券やホテル予約の産業。 それに直接関係している各国の「 旅館・ホテル業」も打撃を受けています。 Agodaなどの大手ホテル予約サイトは、本来キャンセル不可の予約に関しても全額返金するなど特別対応に追われています。 「 飲食業」も外出禁止・ロックダウンの影響をもろに受けている産業。 人々が外に出ないわけですから、お店は開店休業状態に。 外国人旅行者を対象にしていたようなインバウンド型のお店は大打撃です。 「 運輸業」では中国市場の停滞によりコンテナ貨物などの輸送量が激減。 コロナ以外の要因はもちろんありつつも、現在リーマンショック以上のインパクトが市場を襲っています。 復活の兆しにあった半導体業などの「 製造業」、また原材料の調達難が受注減に結びついている「 繊維・繊維製品業」も苦しい状況。 「 留学業」も旅行業同様、海外渡航の禁止・抑制の動きにより、留学に行きたくても行けない人たちを生み出しています。 受け皿となる各国の留学学校はストレートにダメージを受けている状態。 「 印鑑業」もしかり。 まだまだ続きそうだった日本の印鑑文化ですが、オンライン業務が急浮上で一般化してくると「ハンコ」「印鑑」というアナログかつ偽造も可能で紛失や盗難のリスクもある形式は衰退していくでしょう。 電子署名の採用企業が増えると、わざわざ会社に印鑑を押すために行く、という文化がナンセンスとも囁かれ始めました。 先日4月15日、このコロナ禍のなかでIT大手のGMO社が「ビジネス契約上での印鑑廃止」を打ち出すと発表。 また、5月29日にはサントリー社が「6月から業務のペーパレス化」の推進を決定。 電子決裁を段階的に導入していくことを発表し、グループ主要各社で2022年内までの導入を目指すことが大手メディアでも報道されています。 ノマドワーカーや個人事業主などを顧客にしていた「 コワーキングスペース業」も危ない兆候。 いましばらくは「人の集まるところに行きたくない」という層の客足が遠のく可能性があります。 筋トレ・健康ブームで追い風だった「 スポーツジム業」も、コロナ初期に政府から名指しでその危うさが警鐘されるなどモロに喰らったかたち。 今回のコロナの大きな問題は、上記の恐慌が日本だけでなく 世界中で同時に起きていることです。 当サイトのアクトハウスはセブ島にあるIT留学ですが、このコロナウイルスの被害を受けた「留学業」に入ります。 今回、その対応に追われ新入生の方々にご了承いただいたうえで、入学時期を予定より先に延ばしにするなど調整をしている状態。 セブ島での政府の動きやアクトハウスの対応は下記の記事にてご説明しています。 外出制限のあるコロナの属性から「 非対面産業/オンラインビジネス」が伸びている傾向。 アメリカはカリフォルニア州・サンノゼに本社を構える『ZOOM』はリモートワークには欠かせないウェビナー(WebとSeminarを組み合わせた造語)ツールとして大躍進。 「 コロナ需要」とも言われダウンロード数は平時の25万増を記録し話題になっています。 日本ではビジネス面以外でも「ZOOM飲み」なる言葉が早々に生まれ、プライベートの「オンライン飲み会ツール」としても機能する意外な一面も。 そのZOOMの好況を察知し、すかさずGoogle社がセキュリティ度の高いオンラインミーティングツール『Google Meet』をリリースするなど覇権争いもすでに始まっています。 そして先ほど、衰退産業の候補に「スポーツジム業」を入れましたが、反対に「自宅でやるオンラインフィットネス」として、アメリカでは今『Peloton(ペロトン)』はブームの兆し。 『Peloton』はちょうどコロナの猛威が襲ってきた2月から3月にかけてユーザーは40万人も増加し、現在は70万人を突破。 入会ユーザー100万人も目の前まで来ています。 これは室内で使用するエクササイズバイクを購入し、あとは動画でインストラクターのレッスンを視聴しながら運動するサービスで株価も急上昇(2020年4月18日現在)。 こちらの動画はそのコマーシャルです。 コロナがさらに売上を後押ししたかたち。 そしてニュースでご存知の方も多い、スーパーでの買いだめ・パニックバイイング、巣ごもり消費による「 スーパー/コンビニエンス/ドラッグストア」は急伸。 しかしこれはあくまで流通があってのこと。 品物がないことには売ることはできないため、長期的な活況とは言い難い状況です。 また、限定的なエリアのニュースではあるものの、意外なものとしてアメリカでは治安悪化を見越しての護身用の「銃」を買う人がいたり、どうせ外出禁止ならとオーストラリアでは自宅修繕のため「ペンキ」を買い込む層も出てくるなど、各国で思わぬジャンルの消費が伸びるケースも。 プログラミングを操り、 デザインをし、WEB上にサイトを作りあげて ビジネスを開始する。 英語も操れれば世界的なビジネスをパソコンひとつで運営できる。 完全自動化は難しいとしても、定期的なメンテナンスやアップデートで運用できればそれは大きな財産にもなります。 同時にブログやYouTubeのみのオンラインビジネス集中一本化は、Googleのアルゴリズムにその検索結果や露出を左右されるゆえ、自分で事業をコントロールできない リスクをはらむのが悩みどころ。 オンライン事業は決して甘くなく「情」も通用しない「WEBマーケティング」の世界。 競争力の高いコンテンツと 訴求力の高いUSP(ユニーク・セリング・プロポジション:他社にない強み)が求められることは忘れてはいけません。 「オフ」ラインビジネスがこれだけのダメージを喰らっているなかで、もし失敗しても多額の借金を背負うリスクも低いオンラインビジネス。 「オン」ラインビジネスはこれからますます魅力的であり、同時に 競争が著しく激しいフィールドにもなっていくことでしょう。 もちろんオンラインの一極集中を横目に、 あえてのオフライン特化という手法もビジネス戦略としては決してなしではありません。 ここがまた、ビジネスの面白いところでもあります。 しかし、ビジネスとはなかなか二匹目のドジョウは捕まえにくく、もし多角化できても、どのサービスも 同じような売上を出すのは困難を極める。 例えば「飲食業」でレストランがうまくいった場合。 同じようなノウハウで挑戦できる居酒屋を展開したとしても、それは「同じ飲食業での多角化」であり今回のようなコロナのような有事では 同時にダメージを喰らいます。 かといって、飲食業と全く異なるゲーム産業を両立しているような会社は少なく、ひとつの会社でやれることは限られる現実が立ちはだかる。 世界を相手に物流ビジネスや通販ビジネスをやっていた場合でも。 各国に同じ危機が訪れるリスクはほぼないと思われていたため、多角化としてはこれまでは「あり」だったとも言えます。 しかしまさかのこのコロナウイルスは「 世界同時多発」であり、このインパクトと長期化は誰も予想できないものでした。 言うなれば今回の世界的なコロナショックは、 グローバリズムゆえに発生したグローバリズム恐慌。 今回の出来事は間違いなく歴史に刻まれる1ページであり、これからのビジネスのあり方を変えるに十分な出来事となっています。 コロナ後の世界はどうなる? では、 コロナウイルス後の世界はどのようになっているのでしょうか。 予想されるのは、 働き方や人生のあり方を変える人が出てくること。 下記に「3パターン」で、予想される動きを書いてみます。 オンラインでの仕事や学習に否定的だった人たちや会社の考えが今回の事案でやっと変わり、ビジネスでも勉強でも 新しい波=オンライン化が加速するでしょう。 固定費がかかるオフラインビジネスは衰退し、ますますオンラインに注力する流れとなる。 将来は リアルのディズニーランドさえもなくなり、部屋でVRゴーグルをつけてディズニーランドで遊ぶ時代が来るかもしれません。 すでにその流れは「映画館に行かずNETFLIX」という現在からも想像できます。 「いやいや、コロナ不況くるのに、起業はないでしょ」と思う方もいるかもしれませんが、ここで言う起業やフリーランスというのは「 コロナ後1〜2年置いて」のイメージです。 すぐには無理でも「好きなことを仕事にしたい」「人生の質を上げよう」という方向に気持ちがシフトする・準備に入るイメージ。 コロナ禍においても、会社の指示通り・上司の希望通り出勤し続けることに違和感を持った人は「なりたい自分」を求め次の人生への情報収集をすると思われます。 プログラミングに代表されるスキルの本格的な習得も出てくると思われます。 「有事に備えて散財しない」という風潮になることは、 コロナ後の大不況がささやかれる一因ともなっています。 ミニマリストは「無駄がないからコロナ後にいつでも移動できる」と言い、蓄えを大切にする人は「蓄えがあるからまたコロナが来ても安泰だ」と言うかもしれません。 いずれにしろ 生き方・働き方の多様化は進み、枝分かれしていく。 コロナ以前もあったこの動きですが、今回の一件でより鮮明に顕在化してくると思われます。 時間差で出てくる「それぞれの生き方」 生き方の多様化、思考の多様化。 バラバラな個々の人生プラン。 これらの動きはコロナ終息後、少しづつ出てくると予想されます。 さすがにたった今は生きるのに必死であり、すぐ行動できる余裕がない人も多いはず。 しかし自宅謹慎の間に久々にじっくり人生を考える人や、自営業の方は必死の資金繰り対策を行うなど、多くの方々の人生が 想定外にものすごいスピードで変化していることは確かです。 すこし時間を経て、 「実はコロナのとき、いろいろ 考えが変わった」 「やっと 行動しようという気になった」 「 死ぬときに後悔したくない」 「いろいろ 備えることにした」 「自分の 無力さを知った」 「 人生は短い」 「 勉強するわ」 「 貯金する」 こんな方々が、それぞれの 新しい価値観の元、新しいライフスタイルを歩み始めると考えられます。 そしてこれは日本だけでなく、世界中で。 歴史の転換は突然やってくる 過去、天災や事故、あるいはスマートフォンの登場など、 歴史の転換は突然やってきました。 「トレンドの移り変わり」というような生易しいものでなく、先読み出来ない天変地異が急転直下でやってくる。 コロナ後の世界に待っている「 ニューノーマル」。 ここにどう個人として、企業として立ち向かうかが問われています。 ネガティブなニュースが日々飛び交うなかでどう冷静に判断し、次の自分を作り上げていくか。 どう会社を運営していくのか。 見えないコロナウイルスは過去数十年を振り返っても、最大の敵になりうる様相を呈している。 個人は今そして今後の 人生プラン、会社は喫緊の 経営手腕が問われています。

次の