ブラック マヨネーズ。 小杉竜一

ブラマヨ(吉田敬、小杉竜一)の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

ブラック マヨネーズ

出演者 [ ]• (、)• (、)• () ネット局 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ日数 (MBS) 23:59 - 24:59 制作局 (TBS) 同時ネット 主なスタッフ [ ]• 編成企画:山田陽輔(MBS)• ナレーション:(にんげんくん)、• TD:佐々木信一• SW:岡田和美• CAM:夏目利夫• VE:大橋楓• AUD:久馬邦一• LD:鈴木道隆• マルチ:大高貢• 美術プロデューサー:吉田敬• 美術デザイン:• 美術進行:三上貴子• メイク:仲田須加、井生香菜子• TK:後藤有紀• 編集:生駒良太、椿信人• MA:村田祐一• 音響効果:小田切暁• CG・イラスト:HORSTON• リサーチ:• 宣伝:(MBS)• 技術協力:、、MCRAY、マルチバックス• 美術協力:• 協力プロデューサー:松本彩夏(イースト・エンタテインメント)• AD:渡辺さくら、飯高未来、川合由起• AP:磯崎千絵• ディレクター:久保田集、山本慶太、大野寿之• 演出:長島翔• プロデューサー:天鷲裕到(MBS)、鈴木康祝(イースト・エンタテインメント)• 制作協力:• 製作・著作:MBS 外部リンク [ ]•

次の

ブラックマヨネーズ・吉田敬 コロナで得たもの|特別寄稿「私とコロナの日々」|文藝春秋digital

ブラック マヨネーズ

番組概要 [ ] 7月に放送された単発特番『ブラックマヨネーズのヘイヘイラジオ』が好評であったためレギュラー化。 このラジオは、ブラックマヨネーズの優勝前の数少ないレギュラー番組であるため、彼らの根強いファンの多くはこの番組のである。 また彼ら自身にとっても、2人でじっくり顔を合わせる場であり、毎週それぞれのコーナーの宿題を抱えるだけでなく、他の番組出演の際などに「ずぼりの感じで行こう」というキーワードになるなど、初のレギュラー番組というだけではない位置づけとの思いを最終回で語った。 放送回数は129回。 放送時間は日曜の23:30~24:30(2003年9月までは24:00~24:30)。 最終回のみ生放送。 フリートーク [ ] 基本的には、その週に2人が感じた事や、ハゲやブツブツをネタにトークを繰り広げている。 また、下ネタもふんだんに取り入れ、一時期は吉田のトークばかりの時もあった。 リスナーは、このフリートークこそがブラマヨの真骨頂だと感じている。 過去のゲストに、の中川貴志やが出演している。 コーナー [ ]• 小杉式ダイエット…毎週リスナーから送られてくる個性的なダイエット法に、中太りの小杉がチャレンジする番組の看板コーナー。 しかし、小杉がダイエット成功後もリバウンドを繰り返したため、「小杉式ダイエット」、「小杉式ダイエットDX」、「小杉式ダイエット スリー・タイムス・ブッタズ・フェイス(仏の顔も3度まで):TTBF」と名を変え3度にわたって行われた。 小杉式ナイスガイ…小杉式ダイエット終了に伴い行われた、小杉がナイスガイになるためのコーナー。 リスナーが提案する様々な試練に小杉がチャレンジし、小杉自身がに録音したミッション内容を聴き、スタッフ3人がナイスガイかバッドガイかを採点する。 バッドガイと判定された場合、次週持ち越しになることも。 最終回はのロケット広場にてバラの花をリスナーから貰うというもので、約1,000人近いファンに囲まれコーナーが終了した。 最終回にもかかわらず1人バッドガイの判定を下した番組構成作家の徳大寺からは、いつかずぼりらじおを復活させて真のナイスガイになれとの指令が。 吉田のずぼり党(後に「吉田のずぼり新党」)…架空の選挙に立候補するため、吉田党首がリスナーに向けての政見放送を発表し、リスナーも政策を発表するコーナー。 交通ルールやマナーなど、日常的に起こるトラブルへの改善策として政策を提案。 文中、提案前のとして「ずぼり(ずばり)」と入れるのがお約束。 政策が読まれると番組から党員バッジがもらえた。 番組中、本来は「党員」と呼ぶべきところを、吉田党首が「信者」と言ってしまうことも多かった。 勝手にアンサーブラックマヨネーズ…雑誌の相談コーナーに寄せられた悩みに、吉田が勝手に答えるコーナー。 先輩芸人ののにこのコーナーのパクリと思われるものを見つけたため、後に「元祖本家勝手にアンサーブラックマヨネーズ」となった。 勝敗判定は吉田自らが行っており、ほとんどの場合は吉田の勝ち(良いアンサー)となる。 しかし、先輩芸人には滅法弱く、冷や汗をかいて終わる事もかなりあると吉田自身も番組内でもらしている。 番組開始当初から続けられたコーナーで、後半になるとに掲載されていたの「バカチンたちに捧げるバラード」という人生相談の内容を毎週取り上げていた。 ヘイヘイブラックマヨネーズ…テーマに沿ったあるあるネタを、リスナーと小杉が対決するコーナー。 小杉のネタは、自身のギャグである「ヘイヘイオーライ」を語尾につけて披露。 熱闘伊藤園…のに応募するコーナー。 小杉の自作俳句と吉田が読むリスナーからの俳句とで勝負していた。 「ファジー式判定システム」で選ばれた一句は、小杉の作品の場合は本名で、リスナーの作品は「図堀小吉」の名前で投稿された。 ブラマヨ代理裁判所…小杉と吉田が様々な時事問題について、くじ引きで検事と弁護士に分かれて議論するコーナー。 「前日にうなぎ弁当を万引きした男」や「コンサートで女子高生姿に扮装した50歳の」、「14歳の生徒と関係を持った女教師」などを取り上げた。 全89戦中、小杉46勝、吉田41勝、1引き分け、1無効試合。 特番 [ ] 聴取率調査週間である14Daysに、通常放送に加えてサンデーミッドナイトスペシャル 日曜26:45~28:35 で特番を行った。 生放送。 ブラックマヨネーズのずぼりらじお スペシャル 2002年12月8日• ブラックマヨネーズのずぼりらじお ~ヘイヘイスペシャル~ 2003年12月21日• ブラックマヨネーズのずぼりらじお ~朝まで聴けば10万円 生スペシャル~ 2004年6月27日• ブラックマヨネーズのずぼりらじお ~生放送で10万円プレゼント 太っ腹スペシャル~ 2004年12月12日 復活 [ ] 2005年6月26日26:30~28:30に、で特番「ぶらまらじお」として1日だけ復活した。 日曜23:30枠(~) 前番組 番組名 次番組.

次の

ブラックマヨネーズ・吉田敬 コロナで得たもの|特別寄稿「私とコロナの日々」|文藝春秋digital

ブラック マヨネーズ

妄想と現実の狭間で、時に怒り、時に涙しながら、 人の世の不条理と栄枯盛衰を綴る、 天才コラムニスト・吉田敬(ブラックマヨネーズ)の 哀愁ただよう猛毒エッセイ58篇! 「初体験」 「卒業式で泣く奴の浅さ」 「アホかも知れない俺の後輩」 「選挙権を取り上げろ」 「不倫と浮気は別物論」 「2020 東京オリンピック」 「トランプの年収」 「角刈りの留学生を探して」 「生まれ変わるなら」 「一考して欲しい事」 「異常な街・東京」 「愚痴ることの大切さ」……ほか 『読み終えた後は「あぁ楽しかった」とか「ちょっと面白過ぎたぜ」とか「これについて自分も友人や恋人や妻と考えてみるのもワクワクしそう」という気持ちになると思います。 それくらい自信があります。 この本を読者の方が読み終えた後、「とても素敵な時間を過ごせたなぁ。 自分は今ろくでもない人生を歩んでしまっているけれど、この本を読んでいる時間は楽しかった!」 そう感じてもらえるように、全力を尽くしました。 』(「はじめに」より) 死生観やコンプレックスはコンテンツを生みだすトリガーになるとはよく聞きますが、これほどきれいなコンプレックスからの変換は稀なのでは?? 西野さんとは真逆ですね。 西野さんはものごとを単純化して見ることができる。 時代と自分の能力が乗っかりすたーに。 そして次はそのスターであった事実をもってそれよりも大きいことをしている。 吉田さんは単純化できない巨大なコンプレックスを抱えながら、時代にも乗れず汚さを洗練して爆発した。 そしてこの本は彼のキャラクターがあるからすごく映える。 おそらく吉田さんにしか伝えられないであろうし、この本の作者が西野さんだったとしたら、なんの感動もうまない。 本質をみる才能がある西野さんにくらべて、吉田さんは混雑、渋滞、非効率、具体化。 洗練された汚さは、人間の本質的な弱さや醜さへの共感を読んでそれが笑える。 笑い飯西田さんが、どこかの番組で言っていた、吉田さんより汚いことを言える人はおらんのやないかって。 本当にそのとおりだと思う。 加えて、書物として千原jrさんのものと少し似ていたものがあった。

次の