センシティブとは。 センシティブってどういう意味?使い方から例文まで紹介!

センシティブの意味とは

センシティブとは

「センシティブ」の意味は? まずはじめに「センシティブ」の本来の意味から解説します。 語源は英語の「sensitive」 「センシティブ」の語源は英語の「sensitive」で、「名詞」と「形容詞」の2つの使い方があります。 ちなみに名詞で使う時は「傷つきやすい人」「感受性の高い人」「霊感のある人」というように「人」に対して使われるのが特徴です。 意味は「敏感な」「感覚がある」 センシティブ」の意味は一般的に外の刺激に対して「敏感な」「感覚がある」「傷つきやすい」「影響を受ける」となります。 また、芸術作品などが「繊細な」「微妙な」「感性溢れる」、他人に対して「親切な」「思いやりのある」、情報や技術が「機密である」、また問題が「公にできない」「慎重に取り扱うべき」、市場や金融分野において「不安定な」などのような意味もあるため、併せておさえておきましょう。 ちなみに、カタカナ語「センシティブ」の意味と使い方は、英語とほぼ同じになります。 センシティブな内容だから、時間をとってゆっくり話そう。 Nさんは人との付き合いでセンシティブな一面を持っている。 似た言葉「センシブル」の意味 「センシティブ」に似た言葉に「センシブル=sensible」があります。 「センシブル」は人が「思慮深い」「分別がある」、外のものごとに対し「感知できる」「理解している」という意味がある言葉です。 たとえば、「もっともセンシブルになるべきだ」という文章なら「もっと思慮深く、良識のある行動をとるべきだ」という意味となり、また「あの人はセンシブルだ」という文章なら「あの人はものごとをよく理解できている」という意味になります。 「デリケート」「ナイーブ」との違いは? 続いて「センシティブ」に意味が近い言葉「デリケート」「ナイーブ」との違いについて解説しましょう。 「デリケート」は「繊細な」「細かい」 「デリケート=delicate」は「繊細な」「壊れやすい」「細かい」という意味のあるカタカナ語です。 たとえば、洗濯機で「delicate」は傷みやすい素材のものや下着などを指し、衣服の形状が繊細であることを意味しています。 また、赤ちゃんの肌を表現する時にピッタリなのも「デリケート」です。 また、デリケートな顔立ちとは「優美で繊細な顔立ち」のことで、デリケートな仕事とは「細心の注意を払うべき、さじ加減が微妙な仕事」となります。 これらの使い方を見ると「センシティブ」の「感覚がある」「敏感である」とはややニュアンスが異なってくるのがわかるでしょう。 「ナイーブ」は「無知」「未熟」 カタカナ語の「ナイーブ=naive」は「感受性が高い」「繊細な」という意味合いで使われていますが、英語の「naive」の意味は「うぶ」「無知」「未熟」「世間知らず」「考えが甘い」などのように良い意味で使われることは少ないです。 もともと「naive」はフランス語であり、「素直な」「無邪気な」という良い意味と「鈍感」「ばか正直」という悪い意味とが混在した言葉です。 そして、カタカナ語の「ナイーブ」はフランス語の良い意味の部分が派生し「感受性の強い」という意味合いに発展したと考えられています。 そのため、国際環境において「ナイーブ」を使う時には十分注意が必要です。 同僚のことを「感受性の強い素直な人」と良い意味で説明しようと思っても「鈍感で無邪気な正直者」と悪い意味で受け止められてしまうことがほとんどだからです。 「センシティブ」の類語と反対語は? それでは「センシティブ」の類語についてみてみましょう。 類語は「感じやすい」「神経質」 「センシティブ」の類語はカタカナ語での意味「敏感」「感覚のある」の他に、「感じやすい」「「神経質」「過敏」「鋭敏」「多情多感」「短慮」などがあります。 言い換えをする時は文脈を見ながら状況に合わせて適切な類語を選んでみて下さい。 彼はものごとに対して神経質だ• 娘は多情多感な時期を迎えている。 反対語は「鈍感」「無感覚」 「センシティブ」の反対語にあたる言葉は「敏感」や「感覚のある」という意味と正反対にある「鈍感」「無感覚」「平然」「無神経」などになります。 まとめ 「センシティブ」は英語の「sensitive」のことで、意味は「敏感な」「感覚のある」となります。 「デリケート」と「ナイーブ」は似たような使われ方をするため混同しがちですが、ニュアンスが微妙に異なるため、使い分けをするようにして下さい。 ビジネスシーンでは「センシティブな取引」「センシティブな契約」「センシティブな交渉」など、さじ加減を調節しなければ上手く行かないような場面でで使われることが多いです。 そのような時は、全神経を集中させて上手にことを納めるように努めなければなりません。

次の

センシティブ情報(せんしてぃぶじょうほう)とは

センシティブとは

[スポンサードリンク] 基礎 英語表記 sensitive 意味 センス sence の形容詞形。 感じやすい、敏感である、神経質な、といったさまを表します。 肉体的、精神的な敏感さに対しても用いられますし、政治や交渉事、国家や思想においての慎重な話題、機密や重要事項を表すのにも使われます。 日常会話では主に 「壊れやすい、傷つきやすい」等、マイナスの意味で利用されています。 似た意味合いの言葉に『ナイーブ』『デリケート』等がありますが、センシティブは、それらより純粋に「感受性が高い」「刺激に敏感である」の意味が強くなります。 本来は良い意味での繊細、感覚が鋭いといった解釈もあるのですが、慣例的には決して手放しの 褒め言葉ではないので、「あなたはセンシティブだね」と面と向かって言うのは避けた方が良いかも知れません。 「神経質で面倒な奴だ」と捉えられてしまう可能性があります。 使い方・例文 政治、宗教、戦争などの話の時に 互いの宗教観に付いての話題はセンシティブだから控えよう。 仕事の用事で同僚に会いに行ったがテレビつけたまま爆睡中。 流れてたのが湾岸戦争のドキュメンタリー。 ひょっとしたら彼の祖父が参戦してたかも。 いろいろ聞きたいが、センシティブなテーマだし今日は断念。 政治的な話題はセンシティブであるはずの中国でこうした対抗言論がしっかりなされ、「言論の自由」があるはずの日本で冷笑がはびこる原因は何か、いい加減ちゃんと考えないといけないんではないですか。 「日本が悪かった」論は戦争に実際に参加した人が多かった当時には無理だったんだろうなあ。 あまりにセンシティブな問題だし。 問題はそれが戦後70年経ってもそのまんまだということかねえ。 タブーや神経質なことに気をつけたい時に この問題はセンシティブなので、慎重に取り扱うべきである。 不思議と人の評価というのは割れるもの。 あまりセンシティブになり過ぎるのはよくないかもしれない。 相手や自分の性格について話す時に センシティブな新入社員とは接するのが難しい。 十代の若者は何かとセンシティブだ。 傷つきやすい。 センシティブ。 超過敏。 周りの人が、えっこんなことで!?と驚くほど些細なことで深く落ち込む。 また個人的なご意見ご指摘を頂けるのも、わざわざ私の作品を観察して時間を割き言葉にしてくださっていることと思いますので真摯に受け止めたいと思います。 ただ作品の線を超えた無意味な恨み妬みのお言葉は、なにぶん作家ってセンシティブな生き物なので、見なかったことにしますけどね 質問をされたTさんは非常にセンシティブな感覚の持ち主で、相手の変化は間違いなく感じ取れてると思う。

次の

センシティブってどういう意味?使い方から例文まで紹介!

センシティブとは

私たち日本人の多くは、日常的に 「センシティブ」という言葉をよく使います。 カタカナ表記のため、この言葉が外来語であろうことは容易に想像がつきますが、 「どのような意味かは正確に説明できない」 「英会話の時のセンシティブの使い方に自信がない」 という人は少なくないでしょう。 今、日本社会のみならず、世界的に「センシティブ」という言葉を使う、または耳にする機会・場面がどんどん増えています。 そのことがプラスかマイナスか、ということについてはさておき、そのような世の中になっている以上は、私たちももう一度この言葉の意味や使い方をおさらいしておくべきでしょう。 今回は、「センシティブ」の意味を間違って覚えていたり、間違った使い方をしている可能性も踏まえ、正しい意味、使い方、そして英語学習者の方が学べる、または実際に英会話で使えるような英語例文をご紹介したいと思います。 センシティブの意味 まずは「センシティブ」という言葉が日本語でどのように使われるのか、そもそもの意味を整理すべく、グーグル検索をしてみたところ、おおよそ以下のようにまとめることができます。 日本語におけるセンシティブ 外からの刺激に対して 「敏感な」 「感じやすい」 「神経質な」 といった状態・様子を表すのが一般的です。 これらの状態は、精神的、肉体的どちらの敏感さを表すのにも使われます。 日常会話の中で、人に対してセンシティブという言葉を使う時は、 「神経質な性格」「感受性が強すぎる」というニュアンスで、基本的にはネガティブな表現として使われることが多いです。 これは 「精神的な敏感さ」の例です。 一方、 「肉体的な敏感さ」の例で挙げられる例として、 「センシティブな肌」という言葉を時々聞きます。 化粧品や洗顔料、その他スキンケア製品を使用後に、肌がヒリヒリするなどの異常・トラブルを起こしやすい、つまり外からの刺激に「敏感」な肌であるという意味でのセンシティブです。 また、政治や歴史、文化、思想のような、価値観の違いなどを受け入れながら相手を尊重し、誤解を生じさせたり、相手を傷をつけたり、ということがないように慎重に言葉を選ぶことを求められるようなトピックなど、 「慎重に扱うべき」という意味でセンシティブを使うこともできます。 例えば、国際政治の世界においては、言葉一つ間違えるだけで相手国を卑下し、国民の敵対感情を煽ってしまう可能性もあります。 それが原因で国交関係の悪化になったり、情勢不安、はたまた最悪のケースとして戦争が起きてしまう可能性があります。 そのような「慎重さ」の意味でセンシティブという言葉が使われます。 さらに、機密情報など、「公にできない・すべきではない」「慎重に取り扱うべき」重要事項も「センシティブなもの」と言うことができますし、あまり状態の良くない金融市場や経済状況についても「不安定な」という意味でも使うことができます。 英語におけるセンシティブ 「sensitive」の意味を「Cambridge Dictionary」のサイトで調べたところ、以下の内容が書かれていました。 ナイーブ、デリケートとの違い センシティブという言葉の類義語として使われがちな「ナイーブ」と「デリケート」という言葉、実はそれぞれの正しい意味や違いを知らない、という人も少なくないでしょう。 ここでは、英語における「naive」と「delicate」の意味の違いを簡単にご紹介します。 delicateは、「慎重な扱いを要する」というような意味や、「敏感な」という意味があり、sensitiveと似たような使い方をすることもできますが、「繊細な」「もろい」という意味もあります。 (例) They are delicate plants. それらは繊細な植物です。 私のお腹はとても繊細です。 ツイッターにおける「センシティブな内容」とは ツイッターを利用している方なら、「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」という文言を一度は見たことがあるでしょう。 この文章が表示されている場合、元のツイート内容は隠されている状態になります。 これは、成人向けコンテンツや写実的な暴力描写、またはヘイト表現などの画像や動画を含むツイートに対しての警告メッセージを意味します。 つまり、ユーザーが見たくない、見るべきではないような、取り扱いに注意が必要な、慎重に判断すべきコンテンツを「センシティブな内容」として定義しています。 なお、センシティブな内容と判断される明確な基準は公開されていません。 ちなみに、この警告文はツイッターの言語設定を英語で使うと、以下のように表示されます。 This media may contain sensitive material. Your media settings are configured to warn you when media may be sensitive. 彼は、批判に対してとても敏感です。 I used to be a sensitive child. かつて、私は神経質な子供でした。 私の娘は、他の人たちの意見にとても敏感です。 私は、他の人たちが私をどう見ているのかに少し敏感です。 A lot of people say that most Japanese people are more sensitive than westerners. 多くの人が、日本人は西洋の人に比べてよりセンシティブであると言います。 私は常に、先生として生徒のニーズに敏感であることを心がけています。 HSP stands for Highly Sensitive Person. 私たちは、政治などのセンシティブなトピックについて話すことを恐れる傾向にあります。 それはデリケートな問題です。 We should shred sensitive documents. 私たちは機密文書はシュレッダーにかけるべきです。 Divorce is a very sensitive issue. 離婚はとてもセンシティブな問題です。 Our company has stored a lot of highly sensitive information. 私たちの会社は非常に機密性の高い情報をたくさん保管しています。 私は、敏感肌です。 I always use a special cream for sensitive skin. 私は、いつも敏感肌用の特別なクリームを使います。 私は、冷え性です。 My dog is sensitive to certain scents. 私の犬は、においに敏感です。 My cat is sensitive to sound. 私の猫は、音に敏感です。 これを機に、日常的に使っている他のカタカナ語の意味を一度調べてみてくださいね!.

次の