歯を白くするペン。 「歯を白くするホワイトニング歯磨き粉」歯科衛生士が選ぶランキング

歯を白くする方法と、着色の原因について

歯を白くするペン

2-6. すでに炎症が強く、出血している場合には、あまりおすすめできません。 粗塩は避け、可能な限り、粒の細かい塩が良いでしょう。 通常の塩は、歯茎の引き締め効果があります。 塩に含まれるミネラルが働き茶渋などの汚れを除去することができます。 【歯医者編】歯医者さんで歯を白くする方法4選 自宅で歯を白くするには、効果に限界があります。 希望の白い歯に近づけたい方は、歯医者さんでケアをしてもらいましょう。 なぜなら漂白成分が強くて自宅でできる商品は現状、日本で発売されていないためです。 下記を参考に自宅でおこなうホワイトニングよりレベルアップした方法で歯を白くしてみて下さい。 4-2. こちらは歯を白くしたい要望に加え歯並びを治したい方へおすすめします。 ただ単に歯が白いだけでなく歯並びも綺麗だと白さも引き立ちますよね。 まとめ 最後までお読み頂き、ありがとうございます。 自分の都合に合った手法を見つけることはできましたか。 歯を白くする方法はたくさんありますが、効果を求める場合は歯医者さんでの施術が手っ取り早いでしょう。 下記記事を参考に理想の歯を手に入れて下さい。 必ず各院の治療方針をお確かめの上、ご自身の症例にあった歯医者さんをお選びください。

次の

歯マニキュアのおすすめ人気ランキング10選【ペンタイプからボトルタイプまで】

歯を白くするペン

丁寧な歯磨きこそが究極の着色予防となります。 市販の歯磨き粉、電動歯ブラシ、歯を白くする歯磨き粉の違いについてまとめたサイト「」も人気ですので読んでみて下さい。 紹介しきれなかった「」も参考にして下さい。 歯を白くする方法まとめ 「歯を白くする裏技」はホントに歯を痛めますので注意してください。 「0円で歯を白くする裏技」は意外な方法だったでしょうね。 失敗しない歯を白くする方法としてお伝えした「自宅で自分で歯を白くする方法」は知っておいて損はありません。 あなたの悩みである歯の黄ばみ・着色汚れを取り、白い歯を取り戻せば、明るい生活が待っているはずです。 早く始めることがポイントです。 歯の黄ばみやすい人は、食環境を変えることも禁煙も難しいので、「歯を白くする歯磨き粉」を使う価値はあります。 市販の歯磨き粉より高いデメリットはありますが、毎日使う必要はないんです。 3日に1回使うなど頻度を減らせば、高いデメリットもなくなり、お財布にも優しくなります。 やっぱり、きれいで白い歯をキープするには歯磨きが一番大切です。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 あなたの参考になれば幸いです.

次の

歯を白くする方法と、着色の原因について

歯を白くするペン

Contents• ホワイトニングペンとは? ホワイトニングペンは、ジェルの中に含まれている 亜塩素酸ナトリウムの効果で化学的に歯を白くします。 特徴は、なんといっても使い勝手がいいことです。 ペンタイプのため持ち運びが楽で、歯にジェルを塗るだけなのでケアも簡単。 マウスピースの使用もありません。 値段は2,500円程度です。 海外からの輸入など、 商品によっては2,000~5,000円と幅がでます。 ドラッグストアやAmazonで購入できます。 手軽に!安く!歯を白くしたい方には向いているかもしれません。 ホワイトニングペンの効果 ホワイトニングペンの概要がわかったところで、知りたいのは 「本当に効果があるのか」ですよね。 実際に使ってみると、 効果はいまひとつでした。 ここでは、その効果のメカニズムお伝えします。 2-1. 効果のメカニズム ホワイトニングペンは、 歯表面の汚れを浮かして落とすことで歯を白くします。 これは、 亜塩素酸ナトリウムの働きによるものです。 亜塩素酸ナトリウムは、漂白剤の一つで、酸性溶液中で生じた酸素の酸化作用によって漂白します。 しかし、含有量が少ないため 歯医者で使われる薬剤(過酸化水素)ほど漂白効果は高くなく、歯表面の汚れを浮かす程度となっています。 ちなみに、日本では亜塩素酸ナトリウムが使われていますが、海外では過酸化水素を使ったホワイトニングペンも販売されています。 過酸化水素とは、歯医者でのホワイトニングで使われる薬剤です。 日本では、過酸化水素を使ったホワイトニング商品を市販で販売できないため、興味のある方はAmazonなどのネット通販で探してみてください。 2-2. 今回使ったホワイトニングペンはこちらです。 ボディマジック ホワイトニングペン 【step1】3mL/【step2】3mL(ジェイディービーネットワーク、2,484円) 3. 実は危険?ホワイトニングペンを使う前に知っておきたいこと 亜塩素酸ナトリウムは、含有量によっては身体に害を及ぼす危険性があります。 実は、亜塩素酸ナトリウムは毒物なのです!食品添加物として使われていますが、危険性が高いので、限定的にしか認められていません。 毒物及び劇物取締法では劇物に指定されています。 ホワイトニングペンはつまり、塩素系漂白剤を歯に塗るようなものだということです。 このため、実際の数値がわからない限りおすすめはできません。 使用する際は、パッケージに表記されている含有量を必ず確認しましょう。 食品安全委員会では、亜塩素酸イオンとして1日に体重1kgあたり0. 029mgが摂取許容量とされています。 安全かどうか判断する指標としてください。 実際のところ、ほとんどの商品の内容量は2~3mLとなっていて、亜塩素酸ナトリウムの含有量は内容量よりもさらに少なくなっています。 がしかし、用法・用量を必ず守り、一度に大量のジェルを含まないように気をつけましょう。 ホワイトニングペンの使い方 <使い方> 1 歯にジェルを塗ります 薬剤のちょっと変な味がしました。 2 別のジェルを重ね塗りします シュワシュワしている感じがしました。 3 数分経った後、歯ブラシで汚れを磨き落とします 5. おわりに いかがでしたか。 ホワイトニングペンは安全面でちょっと不安が残ります。 効果もいまひとつでした。 やはり、値段は高くなるものの、安全で効果もでやすい歯医者でのホワイトニングがおすすめです! 参考 食品安全委員会「食品健康影響評価の結果の通知について」• カテゴリー• 歯のホワイトニングって本当に白くなるのかな? どうせホワイトニングをするなら実績のある医院で確実に歯を白くしたい、とお考えのあなたにくちラボではホワイトエッセンスをオススメします。 ホワイトエッセンスには3つの特徴があります。 ・都内をはじめ地方にも医院を構え、 全国最多185院以上を展開 と、安心してホワイトニングを受けることが出来ます。 歯の白さに満足が出来なければ、施術代金を返金してもらえる保証付です。 輝く白い歯を手に入れて、笑顔に自信を持ちましょう!.

次の