指 骨折 テーピング。 【突き指】をしてしまった時の自分で簡単にできるテーピングの巻き方

足の小指骨折時のテーピングと包帯の巻き方紹介【激痛体験から紹介!】

指 骨折 テーピング

指の剥離骨折の症状は?曲がらない? 剥離骨折とは腱や靭帯などが収縮することにより筋肉が引っ張られてしまい、その収縮動作によってくっついている骨の一部が剥がれてしまう骨折の事です。 つまり筋肉の収縮が多すぎて、過負荷が発生するとこの剥離骨折が発生する確率が高まるということなのです。 この 剥離骨折が発生する可能性が高いのが小中学生の激しいスポーツをやっている子供たちになります。 症状は、完全な骨折と違い骨の一部が剥がれている程度なので最初のうちは指を動かすことはできますし痛みも捻挫や突き指程度で済みます。 しかし、 だんだんと腫れてきて指が動かせなくなってくるでしょう。 この時になると動かすことはできたとしても痛みが強くなってくるのでなかなか辛い状況になってきます。 場合によっては発熱が生じるので、仮に骨折だと気が付かなかったとしても、発熱で普通ではないと気が付けるかと思います。 指の剥離骨折の診断はレントゲン? 基本的に剥離骨折の症状が出た場合は病院に行って検査を受けることになりますが、 その検査はレントゲン撮影を行い、CTやMRIへと移行することになります。 診察の際にはどのような過程でそのけがを負ったのかを説明する必要があるので、怪我した時の状況は覚えておくようにしておきましょう。 また、痛む個所や痛みの程度も伝える必要があるためそれも伝えられるようにしておくといいでしょう。 この剥離骨折はスポーツをする子供たちに多い骨折ではありますが、 カルシウム不足の高齢者でも剥離骨折を日常生活中に生じる可能性があるので、スポーツと離れているからと言って油断はしないようにしましょう。 指の剥離骨折はテーピングが有効? 剥離骨折の治療方法は指のどの部分が剥離骨折したかで異なってきます。 指の靱帯付着部という関節の内側や外側についている靭帯部分が原因で剥離骨折した場合は、固定やテーピングで対応することがありますのでテーピングが有効な場合もあります。 しかし、 指の伸筋腱付着部の剥離骨折だった場合は、テーピングでの治療を行いません。 基本は手術となっております。 基本的に、指の剥離骨折は完全骨折と違い気が付かないことがありテーピングで終わらせてしまう方がいますが、放置することで悪化してしまう可能性が高く、骨が異常な形で癒着してしまうこともあるので、テーピングが有効とは言えません。 結論から言うと、医師が検査をした結果行うテーピングは有効ですが、素人が行うテーピングは良くないということですね。 指の剥離骨折の治療方法は?針金で固定する手術? 先に記載していますが、指の靱帯付着部という関節の内側や外側についている靭帯部分が原因で剥離骨折した場合は固定やテーピングで安静にして自然に治るのを待つ形になるようです。 剥離骨折が指の伸筋腱付着部で発生しているのなら、基本的な対処方法は手術となるようです。 基本的にこの剥離骨折は筋肉に引っ張られて骨が剥がれていってしまっているものであり、くっつくことはできないものなので、手術が唯一の選択肢になるうようです。 ただし、剥離骨折した箇所によっては対処法も異なってくるので、針金を使うものもあるという風に覚えておくといいでしょう。 基本的にテーピングで治るものではないので、必ずおかしいと思った場合は検査をしてもらい骨折なのかどうか判断してもらいましょう。 Sponsored Link 指の剥離骨折治療後のリハビリ方法は? 指の剥離骨折が発生していた場合のリハビリは指を冷やしてから曲げたり伸ばしたりするものとなっております。 病院で数回試した後に自宅で行うことになるでしょうが、 剥離骨折は治りが遅いケースも多く、長期間リハビリを続けることになると思われます。 また、剥離骨折が発生した時は鎮痛剤を利用してしばらく動かさないように固定することも多く、固定具を当てて動かさないことに重きを置くこともあります。 この固定具が外れた後に、リハビリを行うようになるので、治療期間や方法については医師に相談して対応するようにしましょう。 特に、固定具を付けて動かさない期間が長いと関節の可動域が骨折前と比べてかなり狭くなってしまうので、しっかりとリハビリをする必要があります。 指の剥離骨折が全治する期間は? 剥離骨折は通常の指の骨折よりも長くなることが多く、 ひどい人では骨がくっついてから完治まで半年ほどかかることもあるという記載もありました。 また、 ギブスを使っての固定治療期間はだいたい3~6週間とのことでした。 ちなみに、 骨折自体は1ヶ月程度で治るという話もあり、リハビリ期間が非常に長く半年もかかるという話もあります。 個人差もあるようで、色々と意見が分かれていますが、リハビリ期間のことも考えた場合、 半年は最悪の場合かかると見積もったほうがいいでしょう。 このように非常に長い期間がかかるので、人によっては 特殊タンパク質といったものを摂取して回復までの期間を短くすることもあると言われております。 スポーツ選手の場合、離脱期間が長いのは痛手になるので、早期回復方法はいろいろと試すことになるのでしょう。 剥離骨折を早く治す食事は? 骨折や筋肉の断裂といった重傷を負った場合、大切なことはリハビリや治療といったもの以外に食事内容といったものもあります。 大きなけがは食事の内容次第で治療期間が変わってくると言われているので、食事内容も細心の注意が必要なのです。 骨折の場合に必要な栄養素はコラーゲン・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンK・カルシウム・マグネシウムといったものになります。 骨は古い細胞が分解されて新しい細胞が作られ続けているのですが、骨折が発生することでこの骨代謝が加速するので、この骨代謝が潤滑に行われる状態がベストとなるため、 先ほど記載した栄養素はこの骨代謝を上げるものとなっているのですね。 コラーゲンはフカヒレ・ウナギのかば焼き・牛すじなど、ビタミンCはピーマン・パセリ・レモンなど、ビタミンDは鮭・くろかじき・あんきもなど、ビタミンKは納豆・パセリ・しそなど、カルシウムは乳製品・モロヘイヤ・大根・ししゃも・わかさぎ・小松菜など、マグネシウムは納豆・海藻類・ゴマ類などから摂取することができるでしょう。 ご参考にしてください。 ただし、コラーゲン合成量は老化が進めば進むほど低下していくので、年齢に応じて量は調整する必要があります。 また、コラーゲンを含む食品は脂質が多く太る可能性が大きいので、サプリに頼ることも考えたほうがいいかもしれません。 剥離骨折を起こしやすいタイプの人は? 剥離骨折は骨折の中でもなかなか特殊な例です。 根本的な原因として外的な刺激以外に 骨そのものが弱くなってしまっていることにあります。 つまり、普段から過剰なダイエットをしており カルシウム不足の人や、 栄養不足気味の人はなる可能性が高いということです。 特に、 骨密度が低下している人や骨粗鬆症の人はなりやすい骨折となっております。 しかし、あまりのも激しい接触や不意の衝撃があった場合に剥離骨折になってしまうケースも多く、接触があるようなスポーツを高頻度で実行している人は剥離骨折が発生してしまう確率も上がってしまうでしょう。 つまり、栄養不足気味の人が激しい運動をしたら危ないということです。 予防するためには、カルシウムやマグネシウムやビタミンの摂取、そしてそこそこの負荷の運動をこなすことが推奨されています。 剥離骨折に関しましては次のページも参考にしてください。 剥離骨折の指を治療する方法は?リハビリ方法や全治期間は?のまとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回は剥離骨折で指を治療する方法についてお伝えしました。 骨折や脱臼、靱帯断裂といった大けがは大変なことになったと、皆さん大至急病院に行くことを考えるでしょう。 しかし、この剥離骨折は一見して重症に見えない厄介なものであり、最初の処置で自己流の治療を行って、対処法を間違える確率が非常に高い危険なものなのです。 そのため、突き指といったものと違う痛みを覚えた場合、すぐに病院に行って診てもらうことを考えた方が良いでしょう。 カテゴリー•

次の

足の指の打撲と骨折の違い見分け方!テーピングのやり方に放置はダメ!

指 骨折 テーピング

気づかないことも…放置は危険!中手骨骨折とは…完治までの過程 中手骨骨折とは、「手の甲の骨折」のことです。 スポーツ時や転倒の際、手をついた時にひねるなどして強い力が加わり、骨折することがあります。 強い痛みや腫れはあっても、指を動かすことはできるので、ただの打撲だと思ってしまうケースも多いようです。 今から中手骨骨折についてさらに詳しくご紹介しましょう。 中手骨とは 手の甲の骨で5本あり、親指側から小指側まで第1〜第5と番号がついています。 中手骨骨折の種類は、骨の中央部の骨折である 骨幹部骨折、骨の先端にある骨頭の根元部分の骨折である 頚部骨折、親指の根本が骨折し、関節がずれる 母指CM関節脱臼骨折の3種類があります。 症状と治療法 骨折した部分に痛みや腫れがあり、指を動かしにくくなります。 治療法は、まずは医師の手で骨を元の位置に戻す整復を試み、その後ギプスや添え木で固定したり、状態に応じて手術を行います。 完治するには、処置や手術の後、できるだけ速やかに理学療法士の元でリハビリを開始する必要があります。 中手骨骨折は、気づかないこともあり、放置してしまいがちですが、関節を元のように曲げられなくなるなど後遺症になる場合があります。 手が腫れて痛みが引かない時は、早めに整形外科を受診しましょう。 手の甲を骨折…完治まで2ヵ月かかった人の体験談 手の甲の骨折で、完治に2ヵ月を要したという人の体験談をご紹介しましょう。 受診〜治療まで 初めは骨折と思わず、少し痛みがあるくらいだったのが、次第に患部が変色し、額から脂汗も出てきて精神的にも追い詰められ、受診しました。 病院では、日曜でも救急の患者が多く、長時間待たされ辛かったです。 レントゲンをとった後、物理的処置を受けたものの、痛みが引かず、痛み止めの注射をした後、頓服薬として、ボルタレンやロキソプロフェンなどを処方されました。 治療の経過 医師には、骨折の部位が手の甲で、中心に向かってめり込んでいるので後遺症が出るかもしれないと言われショックでした。 結果的に治療は2ヵ月ほどかかりましたが、時々筋が突っ張るぐらいで、大した後遺症にはならずホッとしています。 ただ、その2カ月間は、ギプスは付けずに済んだものの、安静にするため、運転はもちろんのこと、食事も片手で手づかみだったのが苦痛でした。 骨折すると、完治するまでは何かと不便なことが多いものですが、早めに適切な処置をして安静にしていれば治すことが可能です。 痛みや腫れが引かない時は、早めに整形外科を受診することをおすすめします。 手の指の骨折…ヒビとの違いは?完治までの期間について 手の指が骨折した場合、どれくらいで完治するのでしょうか? また、骨折よりもヒビが入っただけの方が早く治りそうなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。 両者はほぼ同じようなもので、折れてズレているのか、いないのかで言い分けているだけだと言う医師もいます。 完治までの期間は、折れた部位や折れ方によって大きく異なります。 例えば、複雑骨折なのか単純骨折なのか、転移の有無や、手術が必要かどうかなどによって違ってきます。 最低でも3週間から長ければ3ヵ月以上かかる場合もあり一概には言えません。 気になるのであれば、主治医に確認したり、納得いかなければセカンドオピニオンで他の医師に聞いたりしてみてはいかがでしょうか? 手の骨折は、リハビリをしっかりやっていれば治療で150日もかかることはないでしょう。 骨折は気づかないこともある!その特徴とは?痛み・腫れ・変形 骨折の痛みはどれくらい? 部位や折れ方にもよりますが、患部を軽く押したり触れたりした時に、強い痛みを感じます。 骨折やヒビは、外見では判断できないので、整形外科でレントゲンをとり、確認してもらいましょう。 どれぐらい腫れる? 骨折すると、内出血や炎症が起こり、数時間以内に患部の周りが腫れてきます。 一般的な経過としては、2〜3週間ほどで腫れは引きます。 変形が明らかな場合の対処法 外から見てもはっきり分かるほど骨が曲がっていれば、まずは医師が手で元に戻す整復術を行い、テーピングや添え木、ギプスなどで固定します。 長期間固定していると、関節が固まってしまい元のように動かなくなる場合があるため、リハビリをしっかり行うことが大切です。 骨折は、部位や度合いによっては、脳梗塞などの原因になることもあります。 放っておかず、早めに病院を受診するようにしましょう。 骨折したらどうすればいいの?応急処置の方法 骨折した時は、内出血や炎症で腫れ上がるので、最初にできるだけ冷やすことが大切です。 冷やす時は、保冷剤や氷嚢を直接患部に長時間当てていると、凍傷の恐れがあるので、タオルやガーゼなどで包んで直接当たらないようにしましょう。 また、手や腕などを骨折したのであれば、心臓よりも高く上げると腫れを抑えることができます。 骨折箇所は、できるだけ動かさず、早めに固定しましょう。 腕であれば、添え木や棒、段ボールや丸めた新聞紙などを当てて固定し、三角巾で吊ります。 応急処置をする際、絶対にしてはいけないのは、患部を引っ張ったり伸ばしたりすることです。 特に指は、突き指だと思って引っ張ろうとする人がいますが、悪化するのでやめてください。 そして、骨折の状況を見て、救急車を呼ぶか、整形外科に連れて行くか判断します。 腕や脚が明らかに変形していたり、傷口から骨が見えていたりする場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

次の

足の指は骨折しても歩ける?全治までの治療期間を症状別に紹介!

指 骨折 テーピング

ずれかたや程度にもよりますが、質問にあるような亀裂骨折のような骨同士のずれがない足の指の骨折などでギプスを巻くことは一般的にはないと思います。 (足の指は小さいので、骨折のずれが大きくなること自体が少ないです) 通常は、指サイズの当て木のような固定具や、テーピングなどで処置を行うことが多いと思われます。 担当の先生や、けがの程度、受傷部位によっては湿布のみの事もあるかも知れません。 足の指は機能上、大きな問題となることが少ないことが理由とされているからでしょう。 ただし、痛みは別物です。 骨折がまだあるうちは痛みは残りますし、通常通り足を使っていれば治りも痛みも続きやすいと思われます。 現在腫れがひどくなったり、痛みが増しているようであれば主治医の先生と相談して、簡単な固定をしてもらうと多少楽になるかも知れません。 (局所の安静が保てますので。 ) ただし、歩行や生活の面では、多少不便を感じる可能性があります。 あとは、足の外側をつかないようにして、内側と踵で歩くようにしたり、松葉杖で完全に足をつかないようにするなどがあります。 最も重要なのは、しっかり主治医と相談してみることだと思います。 少しでもお役に立てれば幸いです。

次の