エスプレッソ。 エスプレッソ

「エスプレッソ」の魅力とは?本場の飲み方とアレンジを教わってきた

エスプレッソ

特徴的な抽出方法により、風味が濃厚である。 使用するコーヒー豆が深煎りのため、工程で揮発し、抽出時間も短いことから、の含有量はドリップコーヒーに比べて少ないとする意見があるが 、容量あたりのカフェイン含有量はエスプレッソの方がドリップコーヒーに比べて多い。 しかし、エスプレッソの一杯あたりの容量はドリップコーヒーに比べて少ないため、通常はエスプレッソ一杯あたりのカフェイン含有量はドリップコーヒーよりも少ない。 ただし、実際のカフェインの量はコーヒーの容量、コーヒー豆の産地、焙煎の方法やその他の条件によって異なる。 通常のエスプレッソは、一杯当たりコーヒー豆を7g程度使用する。 14g程度使用したものはドッピオ(doppio、ダブルの意味)と呼び区別することもある。 クリームなどを加えて、、、、などのバリエーションもある。 抽出方法 [ ] エスプレッソの抽出には、電気式の、もしくは、もっぱら家庭用のなどの専用の器具を用いた直火式がある。 電気式のエスプレッソマシンは、直火式に比べてより高い圧力をかけて抽出することができるため、より濃厚に淹れられると言われる。 容器になどを用いて濃縮原液を薄めて飲料を提供する方式の一部の飲料には、エスプレッソマシンに似た機構が内蔵されており、その都度豆を挽いていることを宣伝文句にしている場合もある。 ただし、エスプレッソほど濃厚に抽出されているわけではない。 抽出に用いる水は深煎りのエスプレッソでは、渋味の成分がなどに結びついて、苦み、渋みが除かれまろやかさが増してコクが加わるのでを用いる事が望ましい。 エスプレッソマシン [ ] 家庭用のエスプレッソマシン 電気式の自動エスプレッソマシンでは、まずエスプレッソ用に細かく挽かれた豆を、脱着可能なレバー形状の(社ではと呼称)先端に装着しておいた金属製のバスケットの中へタンパーで押し込める。 これをという。 均等に押し込めたらマシンにセットし、圧力でコーヒー液を抽出する。 マシンによって仕上がりは異なるが、エスプレッソには黄金色の泡が浮かぶことがある。 これはコーヒー豆の油分やに由来するもので「 」と呼ばれ、甘さの元であると言われる。 この上にを浮かべて飲み干す。 エスプレッソマシンには、抽出時間や圧力などを手動で調整するなど複雑な操作を必要とする物もあり、細かく要望に応じた味を引き出すことが出来る。 この技能に精通し、また以下に述べるバリエーションドリンクを淹れるにあたって、コーヒーに浮かべるフォームミルクに模様を入れる()など、専門の技能を持った者をと呼ぶ。 逆に、より簡便に利用できるように設計された、使い捨てカートリッジを用いるタイプのエスプレッソマシンもある。 このカートリッジタイプのエスプレッソマシンは、日本では社のが普及している。 欧州では複数の規格が存在し、互換性に問題が発生している。 イタリアの社が開発し特許を取得した(E. )規格のカフェポッド(エスプレッソポッド)は、日本でも普及している。 「ポッド」とはのさやを意味する。 カフェポッドはエスプレッソ1杯分に相当する約7gの豆を焙煎し挽いたものを紙パックにし適度な圧力をかけて整形されている。 適切に挽かれているだけでなくバスケット内部へのタンピングも不要であり、使用後も豆が散らずに片付けやすいため初心者にも扱いやすい。 バスケットは粉用と同じく金属製でフィルターホルダーより脱着可能だが厚みはより薄く、カフェポッド装着の上にゴム製の蓋を被せる。 メーカーによってはカフェポッドを個別包装して鮮度の面での差別化を図っている。 様々なロースターが味に工夫を凝らしたカフェポッドを発売している。 社や社では E. 規格(44mm径)、社では自社開発であるに対応したエスプレッソマシンを販売している。 エスプレッソマシンの種類 [ ] 抽出方法による分類 エスプレッソマシンは、抽出方法によりいつかの種類に大別できる。 蒸気式 比較的安価である。 抽出方式は直火式と同様である。 ポンプ式 エスプレッソマシンとして最も普及しているタイプである。 価格的には高級機から入門機まで、幅が広い。 エスプレッソに最適と言われるものは、9気圧の圧力をかけることができる。 レバーピストン式 レバー操作によって圧力をかけて抽出するため、抽出具合を見ながらの調整が可能である。 最も趣味性の高いマシンともいえる。 その分操作は難しく、高価なものが多い。 全自動式 本体にコーヒー豆を挽く機能が搭載されており、一連の抽出作業も含め全て単純なボタン操作のみで自動で行われる。 モバイル式(仮称) フランス・ハンドプレッソ社の独自仕様で「ハンドプレッソ・ワイルド」という製品が存在する。 器具に内蔵された手動ポンプを操作して16気圧に加圧し、E. ポッドを使用、タンク内に蓄えられた湯を一気にE. ポッドを通すことで抽出する。 抽出に器具を動作・過熱させる電源や熱源が不要のため、湯があればどこでもクレマのあるエスプレッソを楽しむことができるとしている。 なお湯は保温性の良いで保温していたものでもかまわない模様である。 摂氏80度以上が理想らしい。 コーヒー豆の使用方法による分類 コーヒー豆の使用方法によっても種類がある。 手動式 コーヒー豆をひいた粉を自分でフィルターに詰める、最も一般的なタイプ。 豆の選択幅、汎用性が最も広い。 ポッド式 コーヒーの粉が紙フィルターにパックされているもの。 取り扱いが簡便。 手動式と兼用タイプのマシンもあり、対応する機種は比較的多い。 式 社の独自規格。 コーヒーの粉が特定のカプセルに詰められ、抽出には専用のマシンが必要となる。 またカプセルもネスレ社以外からはほとんど発売されていない。 その他エスプレッソマシンのサイズとしては、家庭用の小型のものから業務用の大規模なものまで多様にある。 直火式 [ ] 「」も参照 直火式の器具は電気式のエスプレッソマシンと比較した場合の特長として、器具が小さく構造が簡単であるため、総じて安価で置き場所も取らない点がある。 また、やアウトドアコンロ等でも抽出できるため、やなど屋外で淹れることも可能である。 一方、せいぜい1. 5気圧程度とエスプレッソマシンと比べると低い圧力で抽出しているため、多少抽出される成分に偏りがあり、香りの複雑さでは若干劣ると言われる。 器具によっては錘を利用した圧力弁により2~2. 5気圧程度を得られるものもある。 また、フィルターへのコーヒー豆のセットや水の充填・沸騰と、一回ごとに手間がかかる。 直火に器具を掛けて抽出する方式の器具の名称では、「」( macchinetta)や大手メーカー製品の商品名である「」( Moka Express)、「直台式」、「直火式」、あるいは単にエスプレッソメーカーなどと呼ばれている。 また、直火式の器具も含めてエスプレッソマシンと言われることもある。 マキネッタは元々、ナポリ式コーヒー用の転倒式抽出器()も含め小型のコーヒー抽出器を指す語だが、日本では2000年代頃からこの直火に掛ける簡便なエスプレッソ抽出器を指す語として使われている模様である。 なお、エスプレッソとは本来、マシンで高圧抽出されたものだけを指し、直火式で抽出されたものは「モカ」と呼ばれて両者は全く別の飲み物として認識されている。 歴史 [ ] エスプレッソロースト(エスプレッソ用に深く煎られた豆) 、が製品をボイコットするを発したことから、でやコーヒー豆が極端に不足した。 このことがきっかけで(やを焙煎した、を含まないコーヒー風味の飲み物)などの多くの代用品や、新しいコーヒー飲料が生まれることになる。 もイタリア滞在の際には寄ったと言われるの「」の3代目オーナー、サルヴィオーニは、苦肉の策としてそれまで出していたコーヒーの量を単純に3分の2にして、価格を下げることで当座をしのいだ。 これは多くの客に受け入れられ、グレコは多くの姉妹店を出した。 これがの起源である。 ドリップコーヒーや式のコーヒーのように圧力を一切かけずに抽出するのと違い、高圧力で抽出し濃厚なコーヒーを淹れる方法として、エスプレッソマシンはデミタスカップの誕生から1世紀後のにルイジ・ベゼラによって開発された。 この特許を買い取ったデジデリオ・パボーニがのにという名前で出品したのがエスプレッソの起源であり、1杯ずつ注文に応じて淹れる手法がで既に定着していたイタリアで広く受け入れられた。 現在多く用いられている電気式のマシンは、にエルネスト・バレンテによって開発された。 日本でエスプレッソドリンクが広く受け入れられるようになったのは、をはじめとするショップがチェーン展開されたことが大きい。 エスプレッソの語源は「急速」との説と、「特別に、あなただけに」との説、「抽出する」という意味の動詞の過去分詞形から派生したとする説がある。 誰が最初に名付けたのかははっきりしていない。 ただ、当時の時代背景からの図版を用いて宣伝活動を行っていたエスプレッソマシンメーカーもあったことから、「急速」のイメージは強く関わっていることがわかる。 また、イタリア語の鉄道用語でエスプレッソは「急行」をさす。 バリエーション [ ] アフォガート エスプレッソは本来ストレート、または砂糖だけで飲むものであるが、牛乳などと組み合わせる飲み方もみられる。 イタリアではカフェといえばエスプレッソのことを基本的に指すため、カフェ・ラッテとはエスプレッソに牛乳を加えたものである。 「ラッテ(latte)」はイタリア語で「牛乳」の意である。 日本ではドリップコーヒーに牛乳を加える飲み方を従来カフェ・オ・レと称した。 また、バリエーションドリンクに用いられる場合には、エスプレッソは「ショット」(shot)という単位で数える。 脚注 [ ] [].

次の

エスプレッソ・ドッピオとは?スタバの隠れ商品の意味

エスプレッソ

エスプレッソはコーヒーの抽出方法の一つで、コーヒーの一種と言えます。 違いは前途の通り、淹れ方にあります。 コーヒーは、挽いた浅煎りの豆をサイホンやコーヒーフィルターなどを使いますが、エスプレッソは、深煎りの細挽きにした豆を専用の器具を使い、蒸気圧で、お湯をコーヒーの粉の中に瞬間的に通し抽出したものです。 エスプレッソには、まろやかでトロトロした液体に、表面が「クレマ」と呼ばれるクリーム状の泡に覆われています。 良いクレマはきめが細かく、かき混ぜても消えません。 クレマは味をまろやかにし、香りを口の中に持続させてくれます。 短時間で抽出するため、コーヒーの雑味を出さず、うまみだけを引き出し深いコクも味わう事ができます。 コク、苦味、甘味や酸味のバランスが取れていて渋みはほとんどありません。 また、コーヒーとエスプレッソの違いは、同じ量のお湯に溶けだす成分の量が違います。 エスプレッソの方が成分の量が多く、濃厚な味に仕上がり、うま味成分も多くなります。 カフェインの量も違い、エスプレッソは使われる深煎り豆は焙煎の際に摘発しており、抽出時間的にも溶けだしにくく、コーヒーよりもカフェインの量が少ないです。 エスプレッソは、カフェラテ・カプチーノ・カフェマキアートなどミルクの配合によって色んな種類のエスプレッソを作ることができます。 エスプレッソはフランスやイタリアで最もよく飲まれるコーヒーであり、イタリアでカフェといえば普通エスプレッソの事を指すほどです。 コーヒーカップの半分ほどの大きさのカップに淹れるため、デミタスとも呼ばれます。 通常のエスプレッソは、一杯あたりコーヒー豆を7g程度ほど使用しますが、14g程度使用したものをドッピオ(ダブルの意味)と呼び、区別します。 エスプレッソの抽出には電気式のマシンまたは専ら家庭用のモカエキスプレスなどの器具を用いた直下式があります。 エスプレッソマシンの種類には、抽出方法により、いくるかの種類に分けることができます。 抽出方式は直火式と同様の、蒸気式。 もっとも普及しているエスプレッソマシンでポンプ式のもの。 レバー操作によって圧力をかけて抽出するため、抽出具合を見ながらの調節が可能で、趣味性が高く、操作も難しい、レバーピストン式。 本体にコーヒー豆を挽く機能が搭載されていて一連の抽出作業も含めて単純なボタン操作のみで自動操作できる全自動式。 と、エスプレッソマシンにも種類があります。 コーヒーは浅煎り、エスプレッソは深煎りでカフェインが少なめ、様々な抽出方法やエスプレッソのカスタムが多い、とエスプレッソは奥が深いコーヒーなのですね。

次の

イタリア流エスプレッソの楽しみ方

エスプレッソ

【重要】時短営業のお知らせ(コロナウイルス感染防止の為) 厚生労働省から発表された「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」をふまえ、感染拡大防止に向け、 当面の間、営業時間短縮と各部署の人員を複数チームに分けて日替わり出勤することと致しました。 お電話でのお問い合わせの場合、担当者が不在などにより、ご対応がすぐにできかねるため、メールでのお問い合わせをお願いいたします。 営業時間10:00~17:00 【メールでのお問い合わせ】 商品に関するご質問等: 修理・メンテナンス: また、新型肺炎の影響により、商品の生産・物流に遅延が発生しております。 輸入商品につきましては、納期に遅れが生じる可能性があります。 お客様には大変ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 マシン・浄水器を長期間使用しない時の処置方法 長期間マシンや浄水器を使わない場合、故障の原因になります。 下記の処置方法をご参照の上、対応をお願いいたします。 2020. 29 AmazonpPayはじめました。 Amazonアカウントでログインすることで、Amazonに登録済みの住所やカード情報でご注文いただけます。 2020. 25 やまのべ焙煎所の家庭用豆がリニューアルして新発売! やまのべ焙煎所の家庭用豆がリニューアルして新発売しました! 挽豆にも対応いたします。 2020. 19 ユーズドマシンSALE中です。 各一台限定です。 お早めにお買い求めください。 2020. 17 【コーヒーの秘密基地でバリスタ体験】7月18日 土曜 コーヒーの秘密基地でエスプレッソとラテアートを学ぶ ラテアートセミナー開催 東京 エスプレッソを使ったコーヒーの抽出やミルクのスチーミング、 多彩なラテアートの実習など。 ご希望の場合は、エスプレッソマシンの選び方などのポイントもお伝えします 2020. 09 「ブラガール」商品の取扱いを開始しました! 世界中から愛されるワーカーユニフォームブランド「ブラガール」のコックコートやエプロンをお買い求めいただけます! 商品カテゴリ•

次の