ご飯 カロリー 計算。 【炭水化物】ご飯一杯のカロリーは?カロリーを消費するための運動方法も紹介!

豆ご飯

ご飯 カロリー 計算

<目次>• カロリーの計算方法は? 自分で計算してみよう! 食品成分表は、すべて100gあたりの表記になっています。 気をつけたいのは可食部(皮や種や骨など、食べない部分を除いた量)だということです。 計量するときは、食べる部分だけにしてから量りましょう。 例えば、バナナ1本のカロリーを計算してみましょう。 ・皮付きの状態1本 160g ・皮をむいた状態1本分 100g(60g分の皮は食べない廃棄部分) この場合は、廃棄部分を無くした、100gの数値を使います。 100gあたり86kcalなので、バナナ1本の可食部は86kcalとなります。 家庭で料理したものを計算するときは、厳密にはすべての調味料を含めて、上記同様に可食部を足し算して行きます。 フルーツヨーグルトの材料を例にとり、計算してみましょう。 バナナ(可食部)……50g分• キウイフルーツ(可食部)……50g分• プレーンヨーグルト……100g分• 5(50g分)=43kcal• プレーンヨーグルト……62kcal(100g当)• 誤差を少なくするには全部の合計値の後で四捨五入するのがベターです。 カロリー計算で注意したい点 計算はあくまでもカロリーの目安を知ることが目的。 市販のカロリーブックなどで数字を知っておくのも手! カロリー計算は単純作業なのですが、料理の内容によっては複雑になることもあります。 また、食品成分表独特の表示方法が少しわかりにくい場合もあるかもしれません。 「米」「ごはん」……「穀類」>「 [水稲穀粒] 精白米」。 「炊き上がりのごはん」の場合は同じく「穀類」>「 [水稲めし]精白米」の値を使います。 片栗粉……「いも及びでん粉類」>「じゃがいもでん粉」の値を使います。 砂糖……「砂糖及び甘味類」>「車糖」>「上白糖」の値を使います。 グラニュー糖の場合は「砂糖及び甘味類」>「ざらめ糖」>「グラニュー糖」を使います。 かぼちゃ……産地に関わらず、出回っている品種はほとんどが「西洋かぼちゃ」となります。 市販の海苔……「藻類」>「あまのり」>「焼きのり」の値を使います。 黒豚は「ぶた[中型種肉]」に該当します。 カロリー計算を始めると、いつも食べている量がいったい何グラムなのかも気になりはじめますよね。 まずは、いつものごはん茶碗一杯の量や、いつも使うコップ1杯の量などを、一度量っておくと便利ですよ! 【関連記事】•

次の

ご飯のカロリーは茶碗1杯・1合・大盛りでいくら?糖質の量はどのくらい?

ご飯 カロリー 計算

100gのカロリー:168kcal ご飯 は、毎日のものですので、できれば秤で量ってみましょう。 写真はわかりにくいですし、、 子供茶碗一杯 100g。 中茶碗一杯 140g。 どんぶり一杯 240g。 ご飯、1膳分、140g。 同左、重さ:140g カロリー:235kcal ご飯、子供茶碗に 一杯分、100g。 同左、重さ:100g カロリー:168kcal どんぶり飯、これは 240g。 同左、重さ:240g カロリー:403kcal コンビニおにぎりの サイズのご飯。 重さ:約100g カロリー:168kcal 同左100gを海苔0. 5枚 に乗せました。

次の

ご飯

ご飯 カロリー 計算

ご飯のカロリーというのは、なかなか想像しにくいだろう。 そもそも、米1合からどれくらいの量のご飯ができるのかも、あまり料理をしない人からすればピンとこないかもしれない。 1合、2合というのは、基本的には米の量を表す単位だ。 米1合は180ml、重量換算すると約150gとなっている。 しかし、これがそのままご飯1合の分量になるわけではない。 ご飯は米に水を加えて炊きあげるため、炊きあがったご飯の分量は必然的に多くなるのだ。 一般的には2. 2倍程度になるといわれているので、米1合を炊いたご飯の分量は320~330g程度となる。 ご飯は100gあたり168kcalなので、単純計算すると米1合を炊いたご飯のカロリーは約550kcal程度。 ちなみに、炊く前の米自体のカロリーは100gあたり358kcal。 1合分は、単純計算で537kcalとなる。 精米したうるち米以外に日本で食べられる米といえば、まず思い浮かぶのは玄米だろう。 玄米は籾殻(もみがら)だけを取り除いた米のことで、一般的に出回っている米の中では最も手を加えていないものだといえる。 ここから糠や胚芽を取り除くことで、白米となるのだ。 玄米自体のカロリーは白米とほぼ同じだが、玄米は白米より水を吸いにくい。 白米は炊くことで2. 2倍ほどになるが、玄米は1. 8倍程度とやや控えめだ。 そのため、炊きあがった玄米ご飯の分量は約280gとなる。 玄米は100gあたり165kcalなので、単純計算で玄米1合を炊いたご飯のカロリーは約460kcalだ。 もちろん炊きあがりのグラム数を合わせればほとんど差はでないが、米1合分という条件であれば玄米のほうがヘルシーといえる。 また、玄米は白米に比べて非常に栄養が豊富なので、その点も健康にはうれしいだろう。 玄米と同じく、胚芽米という米についても聞いたことがあるだろう。 胚芽米、または胚芽精米と呼ばれるこの米は、胚芽だけが残るように精米した米のこと。 胚芽米には多くの栄養素が含まれていて、それでいて白米に近いことから食べやすく、いわば玄米と白米のよいとこどりのような米だといえるだろう。 そんな胚芽米のカロリーは100gあたり357kcal、1合だと536kcal程度だ。 炊いた場合は、100gあたり167kcalとなる。 胚芽米1合の炊きあがりの分量は定かではないが、基本的には白米とほぼ同じだと考えられるので、炊いた場合のカロリーも白米とほぼ同じとなるだろう。 食べやすく栄養も豊富な胚芽米だが、胚芽だけが残るようにするという特殊な精米が必要なことからやや高いところが難点だ。 ご飯は基本的に分量通りに米と水を加えて炊くだけなので、ご飯自体のカロリーを抑えるというのはなかなか難しい。 せいぜい食べすぎないようにする程度のものだろう。 そこでおすすめなのが、ご飯を別の調理法で食べるということ。 たとえば、おかゆや雑炊といった水分が多いご飯だ。 おかゆには水分量によっていくつか種類があるが、最も水分が少ない全粥でも100gあたり71kcalと非常に低カロリー。 雑炊はさまざまな具材も入ることからおかゆよりはカロリーが高めになるが、それでも100gあたり140kcal程度となっている。 水分が占める割合が多くなるため、カロリーも自ずと低くなるのだ。 ただし、通常のご飯に比べてサラリと食べられてしまうため、量が多くならないようには注意が必要だ。

次の