カリフォルニア ディズニー アトラクション。 スプラッシュ・マウンテンが『プリンセスと魔法のキス』のアトラクションに!カリフォルニアとフロリダでストーリーの変更が決定

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー

カリフォルニア ディズニー アトラクション

アナハイムのディズニーランド・リゾート、に隣接するは、ディズニーやピクサーのストーリーが忠実に再現されたカリフォルニアがテーマのテーマパーク。 一日ではとても周りきれないほどのアトラクションや見どころが満載の、まさに子供から大人まで時間を忘れて夢中になれる「地球上で一番ハッピーな場所」です。 映画『カーズ』の世界を時速約 65キロのオープンカーで走り抜ける、ハラハラドキドキのレースアトラクションです。 世間の人は学校や会社があるであろう 5月上旬の水曜日の午後でさえ、待ち時間はなんと 105分!途中、飲み物やチュロスを買いに列を外れた際には 135分待ち、戻った際には 90分待ち、と 1~ 2時間の間に待ち時間に少し差はありますが、だいたい 1時間半ほどは並ぶようです。 アトラクション自体はほんの数分ですが、終盤のレースは猛スピードで風を切りながらコースを突っ走ります。 大興奮と共にアトラクションは終了、髪の毛は風に吹かれてボッサボサ。 1時間半並んだことなんてすっかり忘れてしまうほどエキサイティングなアトラクションです。 ゲストは 2人ずつライドに乗り、 3D眼鏡を着用した後、シューターに付いているひもを引っ張って風船、的、お皿などのターゲットを目がけて発射します。 それぞれのターゲットには、 100、 500、 1000、まれに 2000などの数字が書かれており、最も高いポイントを獲得した人が勝ち、というシンプルなゲームです。 ターゲットが動き回るほか、音と共に風船が目の前に飛んできたりと、始終笑顔が止まりません。 最新のビジュアル&サウンドエフェクトを搭載し、上昇と降下を繰り返す臨場感あふれるライドに乗って、映画に登場するアライグマのキャラクター「ロケット」と共に宇宙冒険の旅へレッツゴー!という迫力満点のアトラクションなのですが… 絶叫系が好きな方「のみ」におススメします。 絶叫系が苦手な私とフォトグラファーさんは、数分間、生きた心地がしませんでした。 どちらも30代のいい大人ですが、アトラクションからフラフラと降りた後は、しばらく手の震えが止まらず、泣きそうでした(笑) 2018年6月リニューアルオープン!「ピクサー・ピア」の見どころチェック ディズニー カリフォルニア アドベンチャー パークの中心エリアである「パラダイス・ピア」が、2018年6月末より「ピクサー・ピア」として大リニューアルオープン! ピクサー大ファンの私は、一歩足を踏み入れた瞬間に大興奮でした。 私も大好きな『トイ・ストーリー』のメインキャラクターのお二人に会えた時には、あまりの嬉しさにデレデレしてしまいました。 フードスタンドだってピクサーだらけ ピクサー・ピア内のフードスタンドは、もちろんピクサーがテーマのものばかり。 インスタ映えしそうなスイーツを中心に、食べ歩きに最適なフードが充実しています。 特にイチオシは、「セニョール バズ チュロス」の「シナモン スーパーギャラクシー チュロス(4. 75ドル)」。 紫とシルバーの砂糖が銀河のようにキラキラと光輝きます。 「インクレディコースター」の出入り口付近にあるスタンドでは、「ジャックジャック ショートブレッドクッキー(6ドル)」を含むクッキーとドリンクを販売。 どちらもアトラクションの待ち時間のお供となること間違いなし。 レストランもリニューアル 『リトル・マーメイド』がテーマのレストラン「アリエルズ・グロット」が、ピクサー・ピアのオープンを記念して、ピクサー映画がテーマの「ランプライト・ラウンジ」に生まれ変わりました。 バーやオープンテラス席からは、湖と「ピクサー・パル・ア・ラウンド」の中央のミッキーフェイスを一望。 心地よい風を浴びながら、遊び心満点のカラフルなカクテル、アジア料理のフュージョンやクラシックなニューアメリカン料理が楽しめます。 SNS に即投稿したくなること間違いなし!自撮りスポットTOP5 ピクサー・パル・ア・ラウンドを背景にしたピア全体 ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークのシンボルと言えばコレ!ニッコリと笑うミッキーの顔が印象的な巨大観覧車は、一目で「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークにいる」と分かる写真スポットです。 ピクサー・ピアの出入り口 ピクサーボールがあちこちにディスプレイされ、赤、青、黄色に染まるピクサー・ピアの入り口は、思わず「かわいい~!」と叫びたくなるおもちゃのようなデザイン。 出口側はこんな感じ。 入口と比べて人が少ないので穴場スポット。 カーズランド カーズランドには、ポストカードのようなレトロでフォトジェニックな建物がたくさん。 夜になるとカーズランド全体がライトアップされ、カラフルなネオンが光り輝きます。 特に「フローのV8カフェ」は鮮やかなピンクと水色にライトアップされ、カメラを構えずにはいられません。 コレを見ずには帰れない!夜空が虹色に染まる「ディズニー・ペイント・ザ・ナイト・パレード」 1日パークで楽しんだシメは、やはりパレードでしょう。 これを観なければディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークに訪れた意味がないと言っても過言ではありません。 期間限定イベントの「ディズニー・ペイント・ザ・ナイト・パレード」は、『カーズ』や『Mr. ゲストリレーションズのカウンターでは、記念日にパークに来ていることを伝えるだけで、缶バッチがもらえます。 誕生日や結婚記念日、初めてパークを訪れた記念や卒業記念など、それぞれ缶バッチのデザインが違うので、ディズニーファンはコレクションしたくなってしまいそう! 私も今回は誕生日のお祝いでパークを訪れたので、もらった缶バッチを胸元に付けて歩いていると、一日で合計 30~ 40人くらいのキャストから、「プリンセス、お誕生日おめでとうございます!」と声をかけられました(笑)。 救急サービス 歩きすぎて靴擦れを起こしてしまったり、子供が転んでかすり傷をつくってしまった時などは、ゲストリレーションズのすぐお隣にある救急サービスへ。 緊急の処置だけではなく、絆創膏を持ち合わせていない時にもレスキューしてくれます。 ファストパスを利用 お馴染みのファストパスは、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークでも取得できるでのぜひ活用してください。 しかし、人気のアトラクションの場合、午前中にファストパスの発券が終了してしまったり、一度ファストパスを取ると、他のアトラクションのファストパスが2時間ほど間をあけないと発券できなくなってしまうこともあるので、お目当てのアトラクションを優先的に取るようにするといいでしょう。 ファストパスを発券するためには、パークチケットを発券機に差し込む必要があります。 朝は渋滞や混雑を考慮してパークまで移動 ロサンゼルスからレンタカーやタクシーで当日パークへお越しの方は、特に渋滞にかかる時間も考慮して移動するといいでしょう。 通常、6:00から10:30頃まではロサンゼルスのさまざまなエリアで通勤ラッシュが起こります。 更に、駐車場からパークまでは無料トラムに乗って移動するのですが、乗車前に手荷物検査があり、金属探知機を通る必要があるため、通過するのに長蛇の列ができることもまれではありません。 これらのことを踏まえて、開園同時にパークに入場したい方は、時間に余裕を持って移動するか、直営ホテルに宿泊するといいでしょう。 実際に、ハリウッドから11キロほど北にあるバーバンクより9:20頃出発した私達一同がパークに入れたのは、お昼ちょっと前の11:50頃でした。 水分補給はこまめに 日本の春の期間でも、ロサンゼルスでは特に昼間は夏のように気温が高く、燃えるように暑くなることがあります。 日本と比べると湿気が少なくカラッとした気候のため、汗はかきにくいのですが、体の水分は皮膚からも蒸発してしまうのでこまめに水分を補給するようにしましょう。 もちろん、パーク内でお水を購入することもできますが、売店やレジは混んでいることが多く、カフェテリアなどではソーダ用のカップに入った水を提供されるので、リュックサックやカバンに収納できる、しっかりと蓋が閉まる水筒やペットボトルを持参することをおすすめします。 ますます見どころ満載の夢の世界で、ぜひ時間を忘れて思い出に残る一日をお過ごしください。 ディズニー カリフォルニア アドベンチャー パーク( Disney California Adventure Park) 住所:1313 Disneyland Dr, Anaheim, CA 92802日本語公式サイト: 公式サイト(英語)*チケット(1デー・チケットの場合)の料金や開園時間は日ごとに異なります。 詳細は公式サイトをご参照ください。 写真:小山陽子(オフィシャル写真以外).

次の

【カリフォルニアディズニー旅行記】効率よく200%遊び尽くす攻略法まとめ!

カリフォルニア ディズニー アトラクション

概要 [ ] 計画 [ ] 新たなディズニーパークをカリフォルニアに作ることはによって1950年代から計画されていた。 しかし長年実現せず、話が動き始めたのはが成功した後である1990年代の事であった。 そしてディズニー社は1991年にのカリフォルニア版である『』を当時のディズニーランドの駐車場に建設する予定だったが、ののオープンによりテーマ性がかぶるとして、WestCOT計画は中止された。 そして1995年、当時のディズニー社のCEOであるらがカリフォルニアの第2パークのテーマについて話し合いを始めた。 そして結果としてカリフォルニア州をモデルとし、カリフォルニアのランドマークや自然などを体感できるテーマパークを造ることに決定された。 オープン [ ] に着工されたディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーは、に、の正門前の駐車場スペースにオープンした。 なお、同時にショッピングエリアであるや、公式ディズニーホテルである、もオープンした。 開園後 [ ] 「目玉のアトラクションの少なさ」や「テーマ性の無さ」が指摘され、オープン当初から来園者が伸び悩んでしまった。 そのため、新たにディズニー社のCEOとなったは、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの大規模改装を計画し、2007年から2012年まで、新エリアの建設やアトラクションのリニューアルなどパーク全体で工事を行って来た。 この改装には11億ドルが使われており、当初のパークの建設費が6億ドルだった事を考えると、いかに大規模なものかが分かる。 さらに大手の社とともに行った集客キャンペーンを行った結果、集客数が順調に増加し、2014年の来園者数はおよそ870万人になっており、これは世界のテーマパークの中で10番目の多さである。 2012年のカーズランド開業により大規模改装は終了したが、その後も再開発が続けられている。 2017年8月のD23 Expoにて作品をテーマにしたエリアを作ることを発表した。 これは2018年にパラダイス・ピアをリテーマリングする形で「ピクサー・ピア」として開業した。 さらに同時にをテーマにしたエリアを作ることも発表された。 これはバグス・ランドをクローズし、その跡地に建設される形で「 Avengers Campus 」として2020年開業予定である。 施設 [ ] ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの施設は、以下の7つのテーマランドで構成されている。 ブエナビスタ・ストリート [ ] 詳細は「」を参照 グリズリー・ピークは、カリフォルニアの大自然をテーマにしたエリア。 ラフティング型のアトラクション「」や、シアタータイプのアトラクション「」などがある。 2012年まではパシフィック・ワーフを含め「 ゴールデン・ステート」という名前だった。 また、2015年に旧「 コンドル・フラット」が「 グリズリー・ピーク・エアフィールド」というグリズリー・ピークのサブエリアとなった。 正面エントランスとは別に、直営ホテルのディズニー・グランド・カリフォルニアンからの入園口がある。 パシフィック・ワーフ [ ] パシフィック・ワーフは、モントレーのをモデルにし、サンフランシスコの漁村の雰囲気を漂わせているエリア。 他のエリアに比べ、かなり小さなエリアである。 ピクサー・ピア [ ] 詳細は「」を参照 「ピクサー・ピア」にあるアトラクション。 スタート直後にによって時速90キロまで加速したり、太陽のシンボルを一回転したりする人気の。 対応 「グリズリー・ピーク」にあるアトラクション。 8人乗りの円形ボートに乗って、滝つぼに落ちたりなどの激流を下っていくアトラクション。 ディズニー・ファストパス対応 「グリズリー・ピーク」にあるアトラクション。 タイプのライドに乗って、空中飛行を楽しめるアトラクション。 ディズニー・ファストパス対応 「ハリウッドランド」にあるアトラクション。 原作の映画「」がテーマで、2017年5月27日開業。 ディズニー・ファストパス対応 「ピクサー・ピア」にあるアトラクション。 映画「」のウッディやバズ達と共に、ライドに乗ってスクリーンの的を狙っていく4Dタイプのアトラクション。 「カーズランド」にあるアトラクション。 エンターテイメント [ ] ピクサー・プレイ・パレード の映画のキャラクターが登場するパレード。 スタート。 「ピクサー・ピア」のラグーンで行われるスペクタクル・ウォーターショー。 スタート。 様々な噴水、レーザー光線、巨大なウォータースクリーンを使って、様々なディズニー映画の1シーンを映しだす迫力のショー。 60周年の際には、「ワールド・オブ・カラー セレブレート!ワンダフル・ワールド・オブ・ウォルト・ディズニー」としてに関係する特別バージョンになった他、季節のイベントに合わせて映像の内容が変わることがある。 今までの拡張計画 [ ] ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーはオープン当初来園者が伸び悩んでいたため、2007年から2012年まで、新エリアの建設やアトラクションのリニューアルなどパーク全体で改装工事を行って来た。 工事費は約11億ドル。 エントランスとゲートの改修 2012年に「ブエナ・ビスタ・ストリート Buena Vista Street 」がオープンした。 今までの「サンシャインプラザ」に替わり、初めてウォルト・ディズニーが1920年代にカリフォルニアを訪れた際のロサンゼルスの雰囲気を再現したエリアになる。 また、当時ロサンゼルスを走っていた赤い路面電車「」もエリア内を走っている。 シンボルの建設 今までディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーには、ディズニーランドの眠れる森の美女の城のようなシンボルがなかったが、ブエナ・ヴィスタ・ストリートに「キャセイ・サークル・シアター Carthay Circle Theater 」が設置された。 ちなみにキャセイ・サークル・シアターは、アメリカの西海岸で「」が初めて上映された劇場である。 パラダイス・ピア パラダイス・ピアでは、アトラクションの新規導入やリニューアルが行われた。 また、デッキウォークなどの建設も行った。 トイ・ストーリー・マニア! Toy Story Midway Mania! 2008年6月にオープンしたアトラクション。 映画「」のウッディやバズ達と共に、ライドに乗ってスクリーンの的を狙っていく4Dタイプのアトラクション。 ゲーム・オブ・ザ・ボードウォーク Games of the Boardwalk 2009年4月にオープンした。 ディズニー映画をテーマにしたゲームセンターのようなアトラクション。 ミッキーのファン・ウィール Mickey's Fun Wheel 2009年5月にオープンした。 オープン当初からあった「サン・ウィール」をリニューアルした観覧車タイプのアトラクション。 観覧車の中心にあった太陽が、ミッキーの顔になった。 一部を除き、ゴンドラが固定されてないという特徴がある。 シリー・シンフォニー・スウィング Silly Symphony Swings 2010年5月にオープンした。 既存の「オレンジ・スティンガー」を、「」をテーマにリニューアルしたもの。 グーフィーのスカイスクール Goofy's Sky School 2011年7月にオープンした。 既存の小型「マルホーランド・マッドネス」をリニューアルしたもの。 リトル・マーメイド〜アリエルのアンダー・ザ・シー・アドベンチャー The Little Mermaid〜Ariel's Undersea Adventure 2011年2月にオープンした。 映画「リトル・マーメイド」をテーマにしたアトラクション。 映画の中での出来事を体験する事が出来る。 新エンターテイメント「ワールド・オブ・カラー World of Color 」 パラダイス・ピアのラグーンで行われている夜のショー。 2010年6月11日にスタートした。 ウォータースクリーンなどを使い、様々なディズニーキャラクターや、ディズニー映画の1シーンを映し出す。 また、このショーのための鑑賞エリアも建設された。 新エリア「カーズランド Cars Land 」 カーズランドは、この改修工事の目玉で、ピクサー映画「」をテーマにしている。 2012年6月にオープンし、広さは約12エイカー。 映画で登場する「ラジエーター・スプリングス」の街並みを再現していて、「ラジエーター・スプリングス・レーサー Radiator Springs Racers 」「メーターのジャンクヤード・ジャンボリー Mater's Junkyard Jamborees 」の2つのアトラクションが設置されている。 これらのアトラクションのイメージ図や建設風景などは、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー内にある「ブルースカイ・セラー Walt Disney Imagineering Blue Sky Cellar 」で見ることができる。 日本人向けのサービス [ ] ディズニーランドと同様に、向けのサービスが充実している。 公式ウェブサイトにはバージョンが用意されている。 日本語のマップが用意されている。 日本語を含む英語以外の言葉を話せるキャストはネームタグ(名札)に話せる国の国旗シールが貼られている。 パーク内にあるコインロッカーは操作画面で日本語を選択できる。 脚注 [ ] [].

次の

【海外ディズニー】マーベルエリアが世界3パークに登場!アトラクション、レストラン、日本上陸は?

カリフォルニア ディズニー アトラクション

2日以上カリフォルニアディズニーで遊ぶ方は、マルチデーパスポートを買いましょう。 「1日1パークずつのチケット」と「すべての日程で2つのパークを行き来できるパークホッパー」のどちらかを選べます。 チケットの選び方 どのチケットを買うかは、2つのことを基準に決めればオッケーです。 カリフォルニアディズニーのチケットは、1日券~5日券までが用意されています。 日数が多いほど、1日当たりの値段は安くなります。 「パークホッパー」とは、1日のうちに2パークを自由に行き来できるオプションです。 パークホッパー付きのチケットがあれば、「ディズニーランド」と「カリフォルニア・アドベンチャー」両方を1日で楽しむことができます。 2日以上ディズニーに滞在するのであれば、1日1パークずつ楽しんで、パークホッパーはなしで良いかと思います! 購入方法 カリフォルニアディズニーのチケット購入方法をご紹介します。 当日チケットブースに並んで買うことももちろんできますが、事前に公式サイトや公式アプリで買うこともできます。 発券機でパークチケットを読み取る形式です。 2017年7月から「Disney MaxPass(ディズニーマックスパス)」というアプリでファストパスを取得できるサービスが導入されていますが、あまりオススメしません。 カリフォルニアディズニーのアトラクションを攻略するために、公式アプリをダウンロードしておくことをおすすめします。 公式アプリでは、待ち時間やマップを見ることができます。 1泊1室30,000円~ほどと値段は高めですが、アクセスやスタッフの対応はとても良いです。 旅行に必要な日数や、ツアーと個人手配どちらが良いかなどの疑問を解決します! 滞在日数 カリフォルニアディズニーに行くためには、3泊5日以上のプランがおすすめ! 羽田空港からロサンゼルス国際空港(LAX)までは片道10時間のフライトで、時差は「マイナス16時間」です。 3泊5日のプランであれば、各パークに1日ずつ、そして1日はディズニー以外も楽しむことができます。 チケットやホテル、航空券をまとめて手配してくれるツアーは、とても魅力的ですよね。 大人2人で3泊5日の旅行をするのにかかる費用を計算してみました。 これからお伝えする値段は、1人あたりで計算しています。 ホテルやタクシーは、2人で割ったあとの1人分の値段です。 カリフォルニアディズニー:アメリカ旅行の注意点 カリフォルニア・アドベンチャー・パーク 最後に、アメリカ旅行全般に関する注意点・ポイントをお伝えします。 チップなど気になるお金の文化や、服装の注意点をチェック! お金 アメリカで必要な通貨は「アメリカドル(USD)」です。 両替をするときは20ドル紙幣以下で調整してもらうと使い勝手が良いですよ。 コンビニなどで50ドル札や100ドル札を使おうとすると断られることもあります。 チップはテーブルサービスのレストランでお会計の15%ほどを支払います。 チップは義務ではありませんが、あまりに悪いサービスを受けた場合以外は、必ず支払うものだと思ってください。 ファストフード店ではチップを支払う必要はありません。 11月~3月が雨季とされていますが、真夏は雨がほとんど降りません。 また、1日で気温ががらりと変わるのもカリフォルニアの特徴です。 Tシャツなどをメインに、羽織りものを1枚持っていくと良いでしょう! 乾燥しているので、保湿クリームを持っていくこともおすすめします。 まとめ いかがでしたか? カリフォルニアディズニーにある「ディズニーランド」と「カリフォルニア・アドベンチャー」の魅力をお伝えしました。 20万円と5日の休みがあれば、満喫できるカリフォルニア州アナハイムのディズニー。

次の