ドラえもん視聴率。 テレ朝「ドラえもん」「しんちゃん」改編の大疑問

ドラえもん視聴率表

ドラえもん視聴率

金曜改革も大失敗!? ツイッターで「アニメ 左遷」と検索してみると、相当数のツイートが表示される。 近年、少子高齢化を背景に多くのアニメ番組がゴールデンタイムから消え、歎き悲しむ声が少なくないということだ。 *** 特に今年はテレビ朝日が、誰もが国民的アニメと認める「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」の放送時間を変更したことが大きな話題になった。 9月6日までは「ドラえもん」は金曜の午後7時、「クレヨンしんちゃん」は午後7時半から放送されていた。 この時間帯がゴールデンタイムにあたることは言うまでもない。 ところが10月5日から、前者は土曜の午後5時、そして後者は、より早い午後4時半からの放送となった。 テレ朝は、金曜夜のゴールデンタイムで視聴率が低迷している「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」を左遷。 視聴者の年齢層を上げ、アニメ2番組の後に「ミュージックステーション」が始まるミスマッチを解消。 悲願の「視聴率三冠王」、「打倒日本テレビ」を実現させようと、金曜改革の大なたを振るったのだ。 だが、テレ朝の目論見は、今のところは失敗に終わっているようだ。 ライバル民放キー局で番組制作に携わるスタッフが解説する。 「前提として、テレ朝の日テレ超えは決して夢物語ではありません。 『ナニコレ珍百景』(日・18:30)、『ポツンと一軒家』(同・19:58)、『相棒』(水・21:00)、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(木・21:00)と高視聴率番組が多く、朝の『モーニングショー』(平日・8:00)や、午後の『相棒』の再放送も手堅く数字を稼いでいます。 ところが続く「かりそめ天国」は深夜番組の良さが失われて8%台に低下し、「ミュージックステーション」が5%台に甘んじている。 例えば11月8日に放送された「Mステ」の視聴率は5・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だった。 「それでも3番組をテコ入れしたり、最悪の場合は新番組をスタートさせたりすれば、とりあえず何とかなるものです。 何しろ10年前は金曜夜で20%台を稼いでいた2番組が、土曜の夕方になってからは3%とか2%という数字も出ているわけですからね」(同・制作スタッフ).

次の

アニメ視聴率ランキングに異変! 1位「サザエさん」……6位「ちびまる子ちゃん」の間に入り込んだ4作品とは?

ドラえもん視聴率

苛烈な視聴率争いの中、国民的アニメの放送枠移動という勝負に出たテレビ朝日 長年、日本の子供たちを楽しませてきた国民的アニメが大ピンチを迎えている。 10月改編でそれぞれ放送日、時間が変更されたテレビ朝日系「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」が変更前の平均視聴率6%台後半から現在、「ドラえもん」が3~4%台、「しんちゃん」に至っては10月以降、8回のレギュラー放送中4回で2%台を記録する低空飛行を続けている。 土曜の夕方に新設された「アニメタイム」として放送されている。 改編の狙いは各局がし烈な視聴率争いを展開中の金曜日のゴールデン帯(午後7時~10時)の改革だった。 常勝・日本テレビの6年連続視聴率三冠王阻止を狙うテレ朝は、アニメ2作が陣取っていた金曜午後7時に長嶋一茂(53)、石原良純(57)、高嶋ちさ子(51)がMCを務める「ザワつく!金曜日」、午後8時にはマツコ・デラックス(46)と有吉弘行(45)の冠番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」を深夜枠から移動。 午後9時からは午後8時放送だった音楽番組「ミュージックステーション」を、それぞれセットした。 そもそも、9月の改編発表会見の段階で、私の頭にはいくつかの疑問が浮かんでいた。 長年、この2作品を親子で見続けてきたファンの視聴習慣は今回の移行にあたって、十分考慮されたのだろうか。 そもそも家族で出かけることも多く、外出率が高い土曜夕方への移行に勝算はあるのか。 「アニメタイム? リアルタイムでの視聴はしないですね。 そして、お引っ越し後の低迷。 国民的アニメの視聴率2%台はにわかには信じがたいと思ったから、11月26日に開かれた亀山慶二社長(60)の定例会見で編成担当の西新取締役に聞いてみた。 メガネの奥の目をギラリと光らせた西氏は「長年親しんでいただいた夜の19時から土曜に移行させていただいたということで定着に一定の時間がかかるかなと考えております。 その中でしっかりPRさせていただくと同時に朝の『グッド!モーニング』の天気予報や時報でキャラクターを出させていただいて、いろいろな側面で土曜日にアニメが定着できるよう考えて行きたいと思っています」と丁寧に答えてくれた。 確かに視聴習慣の定着まで長い目で見てもいいのではとも思う。 しかし、映画版も常に大ヒットする2作品の2%台は、やはり受け入れがたい。 思い出したのは、2か月前の定例会見でのやり取り。 その日、半年に1回の出席を果たした同局最大の実力者・早河洋会長・CEO(最高経営責任者、75)の私の質問への答えが脳裏をよぎった。 2大アニメの土曜移行に疑問を感じていた私は、会見の直前に「『ドラえもん』&『しんちゃん』、大人の事情で金曜から土曜にお引っ越し…揺れる国民的アニメの未来」と題したコラムを報知webにアップしていた。 この記事には数多くの読者からの率直なコメントが集まった。 「人気アニメも商品に過ぎない。 そんな思いで早河会長に質問をぶつけた。 その時、早河会長は、まず「タイムテーブルの改革というのは日曜から月曜までの7曜日、それこそ、もぐらたたきのように悪いところがあれば直し、改善し、強化していくものです」と説明。 日曜、月曜は改善していますが、金曜などの視聴率が大きく低下すると、週平均(視聴率)に影響してくる。 特に金曜日、『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』は(平均視聴率)6~7%まで落ち込んでいる。 かつて『ドラえもん』は1981年から1681回放送して平均視聴率14・7%、『しんちゃん』も1992年から1088回(放送)で平均12・8%をとっていた。 いい時は20%とっていました。 この(現在の)6~7%はタイムテーブルへの影響というのは非常に大きなものがありまして…。 なんとか、そこを脱却したいと、より見られる時間帯を探して、土曜日の夕方に移行するということにしました」と、細かい数字まですべて明かして経緯を説明してくれた。 さらに「長い間、支えていただいている広告会社、アドバタイザー(広告主)とか、あるいは権利者、関係者の皆さまには我々の事情を説明して理解を得ました。 視聴者もこれだけ長くやっていますから、移動することに違和感があるとは思いますが、その分、土曜日の放送以外にも映画、イベントなど今までやってきたものをさらに強化して新しい試みを作業中です。 視聴者、特に子供たちの期待を裏切らないように務めていきたいと思っています」と決意表明までしていた。 今思えば、早河会長の言葉には、低迷する国民的アニメ2作品に息を吹き返してもらおうという思いがあったことが分かる。 それが「ドラえもん」と「しんちゃん」の置かれたシビアな状況だった。 それがテレ朝サイドの正直な思いであることが、早河会長の丁寧な答えで理解できた。 しかし、その狙いは2か月を経た今、裏目に出てしまっている。 進む少子化と録画視聴の増加の中、リアルタイムでアニメ番組を楽しむ層は日々、減少。 そんな中、ビデオリサーチ社が日々調査する視聴率と、それを根拠にしたCM収入で民放テレビ局の経営が成り立っているのもまた厳然たる事実。 そこには「国民的アニメには触るべからず」なんてタブーは存在しない。 すべては視聴率競争に勝ち抜き、営業利益を上げるためという目的があった。 しかし、そんな思いで踏み切った放送日と時間の移行の結果がさらなる数字の低迷だった。 シビアなキー局間の視聴率争いと弱肉強食の論理の中、国民的アニメが今、崖っぷちに立たされている。

次の

VOL.26 2019年 6月24日(月)~6月30日(日)

ドラえもん視聴率

と言えば「金曜夜7時」。 恐らく、どの世代の人に聞いても同じ答えが返ってくるのではないでしょうか。 この4月で放送開始から40周年を迎えた「」ですが、おなじみの「金曜夜7時」にその姿が見れなくなる日はそう遠くないかもしれません。 今回は、現在のアニメ「」及びアニメ作品全体を取り巻く環境から、「」の今後について考えていきたいと思います。 「」は前番組の「」を含めて2006年 10月から約12年、「」は1997年12月から約21年もの長期間同枠で放送をされ続けていました。 なのになぜ枠移動を余儀なくされたのか? 理由は明白。 視聴率がとれないからです。 これらのアニメは同時間帯の他局の番組に比べるとどうしても視聴率で苦戦していました。 私はテレビやスポンサー等のしくみには詳しくありませんが、テレビ局だってサービスで放映している訳ではないので、より視聴率が獲得できる番組を編成しようとするのは至極当然のことです。 さてここで、に話を戻しましょう。 だって例外ではありません。 では現在金曜夜7時から「」、7時半から「」を放送しており、ゴールデンに計1時間のアニメ枠を編成しています。 冒頭にテレ東のアニメ枠の時間移動の記事を持ってきたのは、いくら番組が長く続いていようがネームバリューがあろうが、視聴率で苦戦したり編成の邪魔になれば、ゴールデンの放送枠を取り上げられるということを皆様に知って欲しかったからです。 0 8. 8 7. 7 8. 1 8. 1 8. 7 7. 6 8. 1 8. 9(6. 7% 最低6. 8% 平均7. 6% となっています。 さらに「Mステ」の次に「ロンハー」を編成し、より多くの若い世代の視聴者を獲得しようとしていました。 これは若い視聴者がそのままテレビを見続けてくれることを期待したもので、いわば「流れ」を重視した編成でした。 しかし、この3月で「ロンハー」は深夜に移動になり、代わりにさん、さん、さんによる「ザワつく!金曜日」がスタートします。 この番組のターゲットはどう考えても「」~「Mステ」のとは違います。 早い話が若い世代をターゲットにすることを捨てたのです。 若い視聴者の「流れ」を捨て、より手軽に視聴率がとれる「毒舌おしゃべり番組」を編成したのです。 「」ファンからすると、これはじわじわと首を絞められているとしか思えません。 もしも「ザワつく!」が「ロンハー」よりも視聴率をとったならば、「やはり若い世代よりも、上の世代をターゲットにした番組の方が視聴率がとれる」という考えに行き着きかねません。 そもそも他の曜日で同じような番組が良い視聴率を獲得している以上、「常敗」状態であった金曜夜の編成にようやくメスが入ったと捉えるのが妥当でしょう。 ターゲットが比較的近い「Mステ」がそういった番組に取って代わられたとき、いよいよ19時代のアニメ枠も侵食される可能性も高くなってくるわけです。 これも随分と異例です。 現在、民放のゴールデンでの30分番組はこの2番組のみになってしまいました。 何が言いたいのかというと、「」か「しんちゃん」のどちらかが終了、または枠移動になった場合、片方の番組だけが現在の枠で存続するのは難しいということです。 1時間、2時間の放送時間が当たり前の現在のテレビにおいて、今さら新規に30分番組を製作するとは考えにくいです。 この2番組は一蓮托生。 もし枠移動するなら一緒に移動することでしょう。 そこで「しんちゃん」は前年の映画を放送していたのです。 しかし、今年はそのルを放送する予定は今のところ発表されていません。 代わりに「しんちゃん」の映画は4月14日と21日の日曜午前10時からの枠で放送されることが発表されました。 それだけでなく、日曜午前9時から放送中の「」と「騎士竜戦隊ソウジャー」とのプレゼント企画も発表されたのです。 つまり、ここにきて「流れ」を重視しているのです。 私は、現在の金曜夜のアニメ枠が日曜の朝に移動した場合の実験、予行演習のように感じてしまいます。 今年は「しんちゃん」のみですが、もし来年以降「」の映画も日曜朝の枠で放送されるようなら、枠移動も現実味を帯びてくると思います。 それは「放送回数が増える」ことです。 ご存知の方も多いと思いますが、「」は非常に休止が多いです。 「Mステ」や「ロンハー」のルなどの改変期の特番、スケートやサッカー、野球などのスポーツ中継を頻繁に編成されるからです。 昨年度の金曜19時の「」の放送回数は40回。 それに対して日曜朝の「ビルド」と後番組の「」の放送回数は49回。 このように日曜朝の枠は休止が少ないです。 もしも日曜朝に移動した場合、年末年始でもない限り放送が潰れることはありません。 の新作が毎週安定して視聴できるのは、ファンとしては非常にありがたいことだと思います。 正確には「金曜夜7時」は「」にしか任せられないんです。 メインターゲットである子供たちにとって金曜日というのは、5日間の学校生活が終わったという解放感に浸れる日。 また、これから迎える週末に思いをはせる日でもあるのです。 つまり特別な日。 「」はそんな特別な日のオープニングを飾るともいえる作品であり、見ている人にワクワクを与え、週末をさらに素敵なものにしてくれるのです。 こんな思い出、皆さんにはありませんか? その思い出を担えるのは、やはり「」しか考えられません。 そこには画面狭しと動き回る達のイキイキとした姿があります。 それは今も昔も変わりません。 毎週観ている人も、しばらくぶりで観る人も、きっと観る人全員が元気を貰えるはずです。 記事を読んで気を悪くされた方がいたなら非常に申し訳ありません。 ただ、私は「」が大好きです。 作品を批判しようと思ってこの記事を書いたわけではありません。 一人でも多くの方に現在の「」やアニメを取り巻く環境を知って欲しかったからです。 私は、少しでも多くの人が「」に触れてくれることを願っています。 毎週金曜の夜に「」が放送されているのは、もはや当たり前ではありません。 我々の思い出を、未来の子供達にも受け継いでいきましょう。 お願いします。 sa-doradora.

次の