リリカルなのは ss 転生。 暁 〜小説投稿サイト〜: 小説検索

SS投稿掲示板

リリカルなのは ss 転生

血反吐はきながら不利な特徴とか技能とかあーだこーだやってる姿がガープス経験者として見ててなんか和む。 割と題名詐欺に見せかけた何か、優秀な一発ネタ。 何となく感想欄を見て題名詐欺の一言で興味を持った作品。 トリッパーたちの暗躍によって魔都と化した海鳴市が舞台ですが、難易度ルナティックすぎです。 それぞれトリッパーたちは二度目のトリップで、一度目の世界で大抵異能を手に入れてて、能力を自分のモノにしているのが特徴。 何が凄いって、主人公が明らかに地雷能力でも迷わずに獲得してる所ですね。 好感度マイナスからとか、色々と面倒な状況から徐々に好感度上げてきているのは感心します。 代行者関係でぽしゃらず続いてるのはあまり見ないのでチェック。 割と原作が始まる前に色々終ってる作品、老婆が政治チートなので、その辺りで冷めなければ楽しめそう。 管理局アンチとか科学技術無双とかそう言う要素は少なめ、NIPPONとかJIEITAIとかはあるかも。 物語の焦点的には技術の運用方法論の管理世界輸入って感じですね。 研究所の実験体で、一緒に脱出した仲間の遺志を継ぎ弱い心に仮面を被って生きていく主人公。 と書けば王道に見えますが、主人公が妙に他人に熱を与えると言うか影響力が強すぎる結果・・・ 影響を受けた人たちが人としての幸福からどんどん遠ざかって行って破滅していく姿が鬱い。 意志を貫いた本人だけが満足していく姿は中々来るものがあります。 分類的には勘違いモノで転生モノ、真冥王降臨って感じのSSです。 まぁ、ギャグですねw ・グレアムJr. 神転系は原作知識が無いほうが楽しめる気がしますね。 修行シーンを適度に端折らないのが私の好みです。 転生オリ主モノで、チート主人公ですが、このジャンルに騙されずにチェックしてもらいたい良作です。 これも一種の勘違い系でしょうか、心因性か何かで言葉が喋れない幼フェイトがsts時間軸で和み化します。 最近、複数転生モノが増えてる気がします。 原作キャラが一部TSしてて、クロノの兄弟ポジに転生したらクロノがTSしてて自分の名前がクロノにな主人公。 ヘイトされやすいポジションのせいで苦労した転生キャラが主人公です。 この手の作品は最近めっきり減ってるので期待。 割と万能お助けキャラが六課に。 ・ViVidに転生した。 アインハルトと同年代で、sts編終了。 ・転生して喜んでたけど原作キャラに出会って絶望した。 序盤がかなり苦痛、兎に角孤独に修行描写が続くのでキャラが出てくるまで流し読み推奨。 登場後は結構読める転生オリ主モノに化けます。 複数転生者だが、色々な意味で犯罪者とストーカー気質だが、わりと普通に交流してる。 まぁ、普通に考えて一般人オタクがガチの殺し合いとか中々できないよねといった感想。 わりと地上贔屓だけど、安易なアンチじゃなく、誤解によるすれ違い的に原作をまとめてるのが好み。 魔法少女って本来こんなだよね、うん。 色々無理ゲーで酷い。 彼らには幸せになって欲しい物。 神様オリ主が観察の為にやってきたので銀河がヤバイ。 実は主人公補正って、異能生存体だよね。 ハゲヒロイン枠はフェイト。 とらハ3が原作時間軸、ケンイチがケンイチ大学生、妹のほのかが風ヶ丘に入学した事がきっかけに恭也達に関わる事になります。 なかなか原作再現率高くてオススメです。 戦闘機人経由してるせいか、流石にDies本編の流出レベルまでは行かないらしい。 なかなか雰囲気出てる主人公に期待です。 三ヶ月ほど更新無いのが惜しい作品。 ・最弱で最凶の魔導師。 原作知識無しだけど、かなり現実的でない前世を持ってる女キャラ(TSでは無し)が主人公。 結構ダークなシーンとかも多目です。 A's編前後から開始ですけど結構オリジナル路線が良い感じです。 強いて言うなら聖王教会ルートですが、このままテロリストにもなりかねないなどと作品内で言われていたりします。 ・なのはの頭になんか住んでるの…。 なのはが脳内婿とらぶらぶしつつ(傍目には電波)、チート能力を使って外道ななのは様。 どちらかと言えばギャグ系、あの色気で女性陣撃墜しつつ、御神流男性陣の胃がヤバイ。 はやてサイドに居候しつつ色々干渉。 主人公がスケィス出してたり、なのはが元ネタ知ってたり。 能力は有っても性格に難ありの派遣魔導師(オリ)が繰り広げるカオスな日常。 相棒の性別に気付いてから読み直すと色々見る目が変わります。 ・【完結】雷落し【短編・転生・ネタ・恋愛? 無限書庫のオリ主、知識収集趣味。 文字通り雷落しな話。 ウルキオラ無双。 原作での決着後、あの世っぽい所からアリシアを連れてリリなの世界に。 プレシアとの第一次接近遭遇から目が離せない。 現代人が夜天の書(コピー)を手に入れたらどうなるか。 戸籍が無いと大変だねと言う話。 バグった本物との遭遇が楽しみ。 負の無限力、ケイサル・エフェスっぽい何かが生まれる。 リリなの世界南無。 管理局は地球に手を出したら終わる。 怯える管理局員と地球の一般人の温度差が良い。 なのはとはやてがジュエルシードで散々な目にあったり逆行したり暗躍する話。 序盤は結構、鬱だったりするので苦手な人は注意。 管理世界で父親世代の話ですね。 原作派とか改変派とかが入り乱れてどんどん物語が変わって行くのが魅力。 最近改定で全削除とかあったので以前の続きまで辿り着くのが待ち遠しい。 ユーノと一緒に無印介入。 魔法を使わない介入でどんどん展開がずれていくのが面白いですね。 題名通り説得力とかオリジナリティを出そうとしてるのが個人的には評価大。 レンズマンネタとか名作作品ネタとかかなり心くすぐられます。 なんともなしに読んでみたら予想外に面白かった。 ・現実来訪!リリカルダンジョン チラ裏より。 ダメなんだけどなんでか見ちゃう、自分の基準が良くわからない。 結構前からチェックしてたけど紹介してなかった気がするので紹介。 この手の設定は答え弓だったり色々でよくある設定だけど、面白いかはやっぱ作者次第だなぁと思います。 なんともいえない展開にドキドキしっぱなしです。 なんともなしに読んだら思ったより面白かったので紹介。 デバイスマイスターで会社設立、オタク垂涎の商品の数々。 空の境界経由で宝石翁で異世界トリップ。 原作知識ゼロの主人公がミスターブシドーでベルカ騎士やってる話。 最近、改訂されて個人的には期待度ダウン。 ・破壊少女デストロえるて オリ主・TS・多重クロス・転生? 曖昧?に言うとアクメツって感じですね。 ほのぼのでぐだぐだギャグ系SS。 ただしシャチを持っている。 完結後、短編更新中。 ・ 偽典 魔人転生(チラ裏より移転。 能力と言うか設定で若干メガテンの真3マニクロ他とクロスしてます。 次の変身は大僧正。 チート無しで彼はこの先無事に生きて行けるのか、オススメです。 はやてはヤンデレ、オリ主は殺人鬼。 GOTHとか嘘つきみーくんとかを参考にしてるそうな。 原作通りに徐々にこじれていく人間関係とバトルロイヤルがたまらない。 ・俺の名は高町なのは。 職業、魔王。

次の

目次&簡易紹介【魔法少女リリカルなのは】 その1 : 草葉の陰的な何処か

リリカルなのは ss 転生

SS投稿掲示板 SS投稿掲示板 No. 4894の一覧 [0] [走る鳥。 人間は脳ミソで物を考えているのであって、心という曖昧な心臓もどきで思考している訳じゃない。 まあ、脳ミソ自体がまだまだ地球の医学レベルでは解明出来ていないので、その中に魂の一つがあっても不思議じゃない。 たとえ魂という物が存在したとしても、死んでしまえば電気信号で物を考えている脳と共に消え去る。 それが少し前までの俺の中の常識だった。 つまり、何が言いたいのかというと。 「ふぎゃああああ……(え、何この状況?)」 気が付けば、白い天井を見上げて俺の口は勝手に泣き喚いていた。 俺はというと、巨大な人間(なんせ俺の10倍近くの大きさがあるように思える)に困惑しながら、自由の利かない身体を精一杯捩じらせることしか出来なかった。 状況がさっぱり理解できない。 「……初めまして、私の赤ちゃん。 あまりの慈愛に満ちた微笑に、見惚れてしまったのは仕方ないだろう。 げ、現実逃避じゃないんだからねっ!? ……とまあ、ツンデレごっこで誤魔化してみても、現実は変わらなかった。 というより、強制的に認識せざるを得なかった。 彼女……つまりは、現俺の母親となる訳だが、マリエル・コッペルの実子として俺は新たに生を受けた。 転生という奴である。 いや、死んだ記憶もないんですけどね? 徹夜の地獄ロード的な仕事から帰って、さあ丸一日寝るぞと自室のベッドに倒れこんだと思ったら赤ん坊だ。 寝ている間に心臓発作を起こして死んだのかもしれないが、少なくとも俺の主観では寝ていただけである。 前世の記憶、などと言うには俺は俺でありすぎて、いまいち転生やら生まれ変わりやらと言われてもピンと来なかったのが正直な所だ。 が、赤ん坊として何ヶ月も過ごしていれば、これが現実だと認めざるを得ない訳で。 「いないいないばー」 「あ~(顔近づけんな)」 「おお、手を叩いて喜んでるぞ」 「ふふふ。 お父さんと遊べて嬉しいのよ」 そして、その半年あまりの間、幸せ絶頂の新婚夫婦が何かというとイチャ付きやがる光景を俺は強制的に見せられていた。 確かクロエってのは女の名前だった気がするんだが、本人は女顔でもなんでもない、顎のお髭が逞しい大男だった。 一方、その妻であるマリエルは、絶世の美女……というか、絶世の美少女。 どう見ても10代前半にしか見えない。 いかつい赤髭の大男なクロエと並ぶと犯罪そのものな夫婦だった。 造詣がここまで整っているとちょっと……いや、大分羨ましい。 母親に抱く感想じゃないけどな。 この半年で、前の自分への未練が断ち切れた訳じゃないが、それなりに割り切ることは出来た。 田舎に家族がいたことはいたが、既に独り立ちした身であった俺には寂しいと思いこそすれ、肉親との永遠の離別はそれほど落ち込むような出来事ではなかったのだ。 まあ、ショックはショックだったんだが。 これが結婚でもしていたら落胆の一つもしただろう。 けれど、あいにく仕事が恋人だったので「これもまた人生(二度目だけど)」と自分への説得に成功してしまった。 しかし、である。 どちらかというと、不安なのはこれからの生活に付いてだった。 両親の横文字な名前とハイカラな外見から薄々察してはいたんだが、ここは日本じゃない。 ついでに言うと、地球ですらなかった。 「クロエさん、本当に気をつけてね。 最近は質量兵器を使う犯罪者だって増えてるんですから」 「なに、心配するな。 俺の腕前は知っているだろう?」 「でも……」 「伊達に空戦魔導師Aランクは取っておらんよ。 どちらかというと、部下達が心配だな」 がははは、と親父な笑い声を上げるクロエに対して、不安な様子を隠せないマリエル。 その台詞は死亡フラグですよ、と「だー」なんて声を掛けるしか俺には出来なかったが。 そう、魔導師。 信じられない事に俺が新しく生まれたこの世界には魔法があるらしい。 魔法だぜ、魔法。 最初クロエが「お父さんは魔法使いなんだぞー、強いんだぞー」と俺に高い高いをしながら告白してきた時は、電波が入った現父親に頭痛を覚えたんだが、それは真実だった。 そのまま空を飛んで、高度5mぐらいの位置で高い高いをされれば嫌でも信じるしかない。 クロエはどうも魔法を使った警察組織のような所で働いているらしく、妻であるマリエルの愚痴を何度となく聞いていた。 マリエルも元々そこの組織で働いていたらしいんだが、結婚を機に寿退社したという訳だ。 まあ、子供の前でそう難しい話をする訳もなく、夫婦の雑談を半年も聞いてようやく分かった事情なのだが。 「あーあー」 「あ、はいはい。 アイちゃん、お腹空いたのかな?」 生後半年となった俺は、ようやくまともに身体が動かせるようになった。 まともになったといっても腕一本、指一本動かせなかった何一つ自由のない状態から、手を親に向かって伸ばせるようになった程度の進展なんだが。 それでもこちらの意思を伝えやすくなったので、お腹が空いたぐらいは意思表示をするようにしている。 マリエルの方も慣れた物で「賢い子だねー」と実に嬉しそうに…あー、乳をくれる。 まあ、身体が赤ん坊のせいか、まったく欲情しないんだけどな。 下の世話に関してはオムツの中に漏らしても黙して語らず、クロエとマリエルは首を捻っていた。 勘弁してください。 だが、最大の問題はいずれ脱却出来るだろう下の世話じゃない。 「魔力量もそれなりにあるし、頭も良い。 さすが俺達の子だな」 「うふふ、それだけじゃないですよ。 ほら、見てください。 このぷにぷにな頬とつぶらな眼。 きっと美人になりますよ」 「ああ、きっと器量の良い娘になってくれるさ」 ……アイリーン・コッペル。 それが今の俺の名前だ。 そう、つまり女。 俺っ娘という訳じゃなく、前の俺はきちんと男だった。 それもどちらかというと、クロエのようないかつい男で。 仕事はシステムエンジニアだったが、パソコンに向かっている姿が似合わないと同僚によく笑われたものだ。 それが今じゃアイリーンである。 母親譲りの水色の毛髪に、繊細な白い肌。 赤髪褐色のクロエの血はどこにいったと問いたい。 育っていったら多少はクロエの血も表に出てくるだろうか? さすが異世界というか、水色の毛髪は不思議だ。 地球じゃ染めるか、さもなくばアニメの中にしかいない人種である。 クロエの方はアジアの方にいけばそれなりにいるんだろうが。 とにかく。 俺は転生という滅多にない出来事の上に性転換を重ねたレアイベントを経験しているらしい。 魔法が使えるようになったら、男に変身する魔法を探そう。 そう決意する。 「綺麗に育ってね、アイちゃん」 「お前にそっくりになるぞ、きっと」 「もうちょっと、大人っぽくなって欲しいんですけどね」 ……娘が男になったら親としてはショックだよなぁ。 女となったことそのものより、そちらの方が問題かもしれないと赤ん坊の俺はそっとため息を吐くのだった。 この作品にはオリジナル設定&オリジナル解釈が多々含まれます。 そういう物に拒否感を覚える方はブラウザの戻るボタンを押して下さい。

次の

SS投稿掲示板

リリカルなのは ss 転生

Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. search Search the Wayback Machine Featured texts All Texts latest T• syosetu. (作者:こいし) 原作:さくら荘のペットな彼女 神田空太に変化が起きた。 元々の性格は何処へやら、彼は才能云々の話に疲れてしまったのだ。 故に変貌した空太はさくら壮にて騒動を起こす。 さて、どうなる 話数:31話/評価:/更新日時:2014年01月31日 金 16:• 「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」などにある二次創作(二次小説、SS、サイドストーリー等)やオリジナルのお薦めWeb小説、オンライン小説、オンラインノベル、やる夫まとめサイト、Webマンガのリストです。 追加を希望する小説&Webマンガなどやリンク切れなどがあれば、 までメールをください。 追加希望については、読んで面白ければアンテナに追加します。 このページはリンクフリーです。 評価基準 S:頻繁に読む(傑作) A:更新ごとに読む(名作) B:時々読む C:昔読んでた 評価基準は、上記の通り管理者の主観的な評価になっていますので、ご注意ください。 用語の意味は、「」を読めばだいたいわかります。 <グループ分けのルール> ・「(2次創作を除く)VRMMO世界へのトリップもの」は、「VRMMO」に分類しています。 ・「オリジナル」関連小説のうち、ダンジョン関連の小説は「オリジナル ダンジョン関連 」に分類しています。 ・グループに作品名がない2次創作の作品は、まとめて「2次創作」に分類しています。 (機動戦艦ナデシコ、ガンダム、ヒカルの碁、風の聖痕、GS美神、とあるシリーズ、エヴァンゲリオン、レギオス、ログ・ホライズン、ゲート、デルフィニア、艦これ、魔法科高校の劣等生、ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか、など) ・3作品以上の世界クロスや複数作品の世界への連続トリップものは、「2次創作」に分類しています。

次の