五等分の花嫁 108。 【五等分の花嫁】第108話感想・考察!やっと一歩を踏み出せた四葉が正体を明かす!

『五等分の花嫁』108話

五等分の花嫁 108

五等分の花嫁【第108話】最新話のネタバレ・内容 四葉が倒れる少し前。 学園祭で上杉の幼なじみである竹林と遭遇した四葉は驚いていました。 四葉の顔をまじまじと見つめる竹林。 五つ子の方を拝見するのは今日が初めてで、と言いながら竹林は意味深につぶやきます。 「四つ子は見たことあるんですけどね」 学園祭の疲れでふらふらしていた四葉はその言葉に固まります。 その様子を見た竹林は唐突に言い当てるのでした。 「風太郎と会ったのはあなたですか」 京都で会った六年前の写真を上杉から何度も見せられていたという竹林。 二乃たちに四葉だけ、六年前にはぐれていたと聞いたのです。 さすが上杉の先生だ、と言いながら四葉はうつむきます。 上杉に秘密にしてほしい、という四葉に竹林は理由を問いかけるのでした。 「がっかりされたくないんです、上杉さんはずっと正しく努力してきたのに私は無駄なことに執着した意味のない五年間でした」 そんな四葉に竹林はそれだけなのか、と問いかけるのでした。 そして過労で倒れてしまった四葉は病院の廊下を歩いていました。 誰の役にも立てなかったと倒れたことを後悔する四葉の目の前に上杉が現れます。 迷惑をかけたみんなに謝らないといけない、と出ていこうとする四葉。 演劇部だけではなく、その後も色々な仕事を引き受けていたというのです。 私のせいで、と涙を浮かべる四葉に上杉は言います。 「ここを動くつもりはない」 絶対安静だと言われている四葉を通さないという上杉。 四葉が倒れたあとのことを話し始めるのでした。 演劇部に行った上杉は部長や代役の子に四葉に代わって謝罪します。 とんでもない、と謙遜する二人でしたがもともと舞台には人員の余裕がありませんでした。 やっぱり中止になってしまったのか、とうつむく四葉ですが上杉が取り出した今日の演劇部の舞台の映像を見て驚きます。 そこに映っていたのは以前、四葉がヘルプに入っていた陸上部の部長でした。 四葉に心酔していた彼女は初日の公演を見て、セリフまで覚えていたのです。 四葉に合わせて作ってあった衣装を手直ししたのもまた、四葉が以前助けた人たちでした。 「こいつらは全員、お前の世話になったやつらばかりだ」 上杉はそう言って四葉のせいではなく、四葉のために集まったのだと諭すのでした。 明日の仕事は自分に託してほしいという上杉。 真剣な表情で四葉に言います。 「俺もお前の世話になった一人だ」 その言葉に四葉は涙をこらえて頭を下げるのでした。 「私の分の仕事をどうかお願いします」 翌日、四葉は演技部や助けてくれた人たちにお礼をして回っていました。 最後に階段で休憩する上杉のもとを訪れます。 上杉の背中を見つめながら四葉は竹林の言葉を思い出すのでした。 無意味だと自分を思い込んでいた昔の上杉を変えたのは四葉なのだ、と。 前を向いて歩き始めているという上杉。 「あなたも過去から踏み出せますように」 竹林はにっこりほほえんで言ったのでした。 上杉の背中に向って四葉は呼びかけます。 風太郎君、と零奈として出会ったかつてのように。 上杉もそれに答えます。 上杉の位置からでは逆光で四葉の顔がよく見えないのです。 約束を守れなかったという四葉に上杉は気にするなと言うのでした。 「昔のことより大切なのは今だろ」 その言葉に四葉は笑みを浮かべて言います。 「もう君との思い出に頼らない。 自分で自分の価値を探していくよ」 そしてこれが最後だと言って上杉にキスするのでした。 疲れがたまってぼんやりしていた上杉は夢か、と思い込んでいるようです。 校舎の陰に隠れながら、四葉はこれで前を向けると自分に言い聞かせるのでした。 こぼれる涙をひとりぬぐう四葉。 もう心配いりません、といつもの笑顔で上杉の目の前に現れるのでした。 最新話の掲載されている週刊少年マガジンを今すぐ無料で読む 『五等分の花嫁』【第108話】のネタバレをご紹介しましたが、やはり絵と一緒に読んだ方が断然!面白いですよ!! U-NEXTを使えば最新話の掲載されている週刊少年マガジンも、今すぐ無料で読めます。 また、違約金もかからず、解約自体も簡単ですのでご安心下さい。 五等分の花嫁【第108話】最新話の感想 人に頼ることが苦手な四葉が上杉のおかげで変わっていくところがよかったですね。 四葉もまた、上杉にキスしましたが他の三人と違ってお別れの意味合いが強いものだった気がします。 過去との決別を決意した四葉。 上杉の争奪戦からも抜けてしまったということでしょうか。 次回は五月のターンですね。 何を考えているのかイマイチわからない五月が楽しみです。 まとめ 以上、五等分の花嫁【第108話】のネタバレ・感想をご紹介しました。 次回が早く読みたいですね! 五等分の花嫁【第109話】は11月6日発売の週刊少年マガジン2019年49号に掲載予定です。 U-NEXTは31日間の無料トライアルと登録時に600円分のポイントが付与されます。 動画配信サービスとして有名ですが、実は電子書籍のラインナップも豊富にあります。 登録時の無料ポイントですぐに電子書籍を読む事もできます。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。 U-NEXTは動画配信サービス有名で、見放題作品がとても豊富にあります。 電子書籍も豊富にラインナップされており、スマホ専用リーダーを使って購入した本を快適に楽しむこともできます。 jpは音楽だけでなく動画・漫画・電子書籍など幅広く楽しめるサービスです。 漫画や音楽で使えるポイントは600ポイント、更に動画で使えるポイントが1000ポイントもらえます。 電子書籍購入時には10%のポイント還元があるため、10冊購入すると1冊お得に読めてしまいます。 jpは動画配信サービスに見放題がありませんが、その代わりポイントに力を入れています。 ポイントは漫画の購入にも使えますし、映画やアニメもポイントで視聴できる新作や人気作が多いので、漫画に限らず楽しめます。 動画ポイントは漫画には使えませんが、映画やアニメに使えば無料で視聴することもできます。 Amazonアカウントを使って登録すると、特典として2週間の無料期間が付き、その間に最大900ポイントを貯められます。 フジテレビの公式サービスなだけあって動画が充実していますが、電子書籍サービスも充実しています。 登録時100P、8の付く日(8日、18日、28日)各400Pで合計900Pがもらえます。 ちなみに継続利用時は8日にプラス100Pもらえるので、同じだけポイントがもらえます。 もらえるポイントが月額利用料より多いんですよ! 2週間は雑誌と動画が見放題なので、この期間に漫画が原作のドラマやアニメなども見つけて楽しめます。 漫画購入の際は20%のポイント還元を受けられます。 ぜひお得なサービスを試してみてはいかがでしょうか。

次の

【ネタバレ】五等分の花嫁 108話 『最後の祭りが四葉の場合②』のネタバレ、感想

五等分の花嫁 108

パンケーキ屋で二乃と五月から話を聞き、四葉だと推測したようです。 竹林は四葉に会えて良かったと言いこの事は風太郎に言っているのかと聞こうとしますが、四葉は秘密にして欲しいと訴えます。 竹林が理由を聞くと、風太郎は五年間正しく努力したのに、自分は無駄なことに執着した意味のない五年間だった、だから風太郎にがっかりされたくないからだと四葉は言います。 演劇部やお手伝いを引き受けながら手伝えなかった四葉は、皆に頭を下げて回ると言います。 自分のせいで迷惑をかけた人たちに、なんて言えば…、と四葉は涙目になりうつむいてしまいます。 四葉が過労で倒れたことを演劇部に説明し風太郎が代わりに謝罪すると、演劇部の皆は四葉がそこまで溜め込んでいたのを気づけなかった自分達も悪かったと言います。 しかし四葉の代役を探すのは難しいと話していましたが、結果的に初日の公演から観覧していた陸上部の部長が代役をする形で、演劇部の公演は二日目も行うことが出来ました。 公演の初日、陸上部の部長がカメラで撮影していますが、近くに勇也らしき人物も見えます。 実はらいは達の近くに陸上部の部長もいたようですね。 風太郎は持ちつ持たれつだろ…、たまにはお前が持たれたっていいんだ、仕事を託してやれと言います。 それを聞いた風太郎は、任せろと力強く返事をします。 そしてその後風太郎の所に行くと、風太郎は疲れて眠ってしまっています。 そこで四葉は竹林との会話を思い出します。 風太郎もかつて自分は無意味で必要のない人間だと言っていましたが、今では前を向いて過去から踏み出していると教えられます。 四葉は気にせず話続け、風太郎にずっと約束を覚えてくれてありがとう、自分は守れなかったよ、と謝ります。 風太郎は気にすんな、昔のことより大切なのは今だろ、と言います。 四葉も同意し、もう君との思い出に頼らない、自分で自分の価値を探していくよ、と話した後…。 風太郎は恥ずかしい夢を見たと心の中で呟いており、四葉?零奈?との会話やキスは、夢だったと思っているようです。 一方、四葉は思いきったなー、と先ほどのキスを恥ずかしがりながらも、これで私も前に進める気がすると独り言を言います。 今日は保健室で寝てなきゃいけないが、もう心配いりません!と笑顔で風太郎にこたえます。 結局、一花たち三人とは違い、四葉は風太郎に分かるようにキスをすることなく終わります。 しかし、皆が四葉の抜けた穴を助け合ってフォローしてくれている事を風太郎から聞き、四葉は無理をせず自分の仕事を皆にお願いします。 竹林や風太郎との会話から、昔を引きずるのをやめて前を向いていくと決めた四葉ですが、最後の思い出作りと風太郎にキスをします。 風太郎はそもそも四葉でなく、零奈と思っていたようですが、さらにキスは夢だと思い込んでいてとりあえず四葉とのキスは無かったことになっているようです。 風太郎と四葉との関係は今後どうなるのか、そしていよいよ最後の五月の番、そして風太郎が誰を選ぶか、と今後の展開が気になります。 次回、受験勉強を頑張っているが成果が出ず悩む五月です。 自分はアニメで五等分の花嫁にはまり原作を読み始めたのですが、ちょうどシスターズウォーのころでネットやTwitterでの誹謗中傷で荒れていて、好きな作品が荒れているのが嫌で一度読むのはやめてしまい、逃げてしまいました。 最終回になりまた読み始め、自分自身が三玖のような内気な性格で得意なものがなく、四葉のように自己評価が低く、自己犠牲で問題を抱え込んでもで周りに頼らず失敗した過去があったため、竹林の「かつて自分は無意味で必要のない人間だと、そしてその人は前を向いて歩き始めています」と風太郎の「昔のことより大切なのは今だろ」は、四葉と同じく失敗や後悔ばっかりでそれに縛られている自分自身も肯定され救われた気がして、しばらく涙が止まらなかったです、もっと早くこの漫画に出会えたらよかったです。 長々と暗い自分語りして、すみませんでした。

次の

五等分の花嫁108話最新話の確定ネタバレと感想|四葉は零奈となり風太郎にお別れのキス!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

五等分の花嫁 108

お好きなところからどうぞ• 五等分の花嫁【第108話】のネタバレ 五等分の花嫁【第108話】のストーリーを見ていきましょう! 今回はストーリーを• 意味のない五年間• お前のために• これが最後 の3部に分けてお話していきます。 ではどうぞ! 五等分の花嫁【第108話】のネタバレ1:意味のない五年間 四葉がすごした学園祭初日、二日目。 自分が点検したたこ焼き屋は火事になってしまい、責任を感じていました。 学園祭の二日目は過労で倒れ病院に運ばれています。 「 あの、上杉さんは」 四葉は今風太郎が放送部にいないことを聞きました。 その間、じっと見つめられています。 四葉は顔に汗をかきます。 その様子に失礼なことをしたと謝りました。 「 5つ子の方を拝見するのは今日が初めてで本当にそっくり」 顔が似ている子は4人が最高でした。 6年前に京都で見かけています。 「 風太郎と会ったのはあなたですか?」 四葉は驚いて見つめます。 写真を見せられて、パンケーキ屋で二乃、五月にも話を聞いていました。 2人から京都旅行の時に一人だけはぐれたのを知ります。 「 さすが上杉さんの先生ですね」 四葉がうつむき加減で称賛をしました。 風太郎の同級生は嬉しそうに言います。 「 あなたとお会いできてよかった」 四葉は風太郎の同級生が言うのを阻止しています。 「 どうしてですか?」 四葉は顔を暗くしながら答えました。 「 がっかりされたくないんです。 私は無駄なことに執着した意味のない五年間でした」 それで話は終わります。 目覚めた後で病室から出ているときにこの話を思い出していました。 五等分の花嫁【第108話】のネタバレ2:お前のために 四葉が歩いていると目の前に風太郎がいます。 風太郎は自動販売機の前で飲み物を買おうとしていました。 「 起きたか」 風太郎は四葉が目覚めたのをみて嬉しそうにしています。 しかし、四葉が通ろうとするのを防ぎました。 「 行ってどうする」 風太郎は学園祭に戻っても帰っているのを説明します。 四葉は引き下がりません。 「 それならそこへ頭を下げてまわります」 四葉は演劇部のほかに迷惑をかけた子全員に謝ろうとしていました。 目に涙を浮かべています。 「 だが通せない、明日まで絶対安静と言われている」 風太郎は四葉を引き留めました。 学園祭でどうなったのかを説明していきます。 演劇部で風太郎は四葉の倒れた原因を説明しています。 病院に搬送されていました。 「 舞台に穴をあけてしまったことをあいつに代わって謝罪する」 マスク姿の女の子は謝罪は必要ないといいます。 「 助けてもらったのは私たちですから」 部長も同じ意見でした。 これから代わりの役者を決める相談をします。 ただ、演劇部は余裕がないから頼んでいました。 衣装も彼女にあわせて作ってあります。 そこまで聞いて四葉は公演が中止になったと思いうつむいてしまいました。 風太郎はスマホを出します。 「 なんで、いったい誰が」 そこまでよ勇者一行 四葉は陸上部の部長が演技をしている姿が映っています。 急ごしらえの役でも演技をしているのを見て混乱をします。 陸上部の部長は観覧していて、演劇部にきていました。 代役を買ったとのこと。 「 衣装は私を採寸して」 つづいて風太郎は被服部を登場させました。 彼らは衣装を直しています。 風太郎のカメラをみて女の子は笑いながらピースをしていました。 風太郎は次々に写真を見せていきます。 焼きそばだったり運搬だったり、四葉がやる仕事を代わっていました。 全員彼女が世話をした人たちです。 「 お前のために集まったんだ」 四葉はこんどはうれしそうな顔をしていました。 「 持ちつ持たれつだろ、たまにはお前が持たれたっていいんだ」 風太郎は四葉に世話になった一人として託してくれるように言いました。 四葉は服を握りしめます。 「 上杉さん、この度はご迷惑をおかけして申しわかりませんでした。 私の分の仕事をどうかお願いします」 五等分の花嫁【第108話】のネタバレ3:これが最後 朝になって四葉は学園祭を回ります。 陸上部、被服部、演劇部と主だったメンバーに逢いに行きました。 演劇部の子で心配していたのか四葉に抱きつく子もいます。 やがて風太郎を見に行きました。 その時、風太郎の同級生から言われたことを思い出します。 「 自分は無意味で必要ない人間だと」 風太郎は背中を向けて寝ています。 「 同じようなことを言ってた人を知っています、その人は今前を向いて歩き始めています。 あなたも過去から踏み出せますように」 四葉が声をかけたところで風太郎の目が覚めます。 「 れなまたお前かまた後にしてくれ」 風太郎は逆光になっていて顔がよく見えていません。 「 ずっと約束を覚えてくれてありがとう。 私は守れなかったよごめんね」 四葉は勉強の約束を破っていたのを謝罪しました。 「 昔のことより大切なのは今だろ。 」 四葉は過去に誓い合ったことを思い出していました。 「 もう君との思い出に頼らない。 自分で自分の価値を探していくよ」 四葉が風太郎の前に回り込みます。 「 だからこれが最後」 風太郎にキスをしました。 周りには人がおらず木陰になっています。 風太郎は大慌てで騒ぎました。 音を聞いて同じ学年の子がみるとだれもいません。 風太郎は夢を見たと思いました。 四葉は物陰に隠れて恥ずかしそうにします。 「 許してくれるよね、最後の思い出作りだもん」 四葉はふらりと歩くと泣き出します。 「 中野さん退院できたんだ」 同級生が四葉を見つけました。 今日は保健室で休むとのこと。 「 平気か?」 風太郎の声掛けに笑顔で言います。 「 もう、心配いりません」 四葉は幸せそうな子をして言いました。 五等分の花嫁【第108話】感想および考察 夢だと思われてる!不憫な。 四葉のキスは夢の中に行ってしまったんですね。 寝起きで顔がよく見えなかったのもあって仕方ないのかもしれません。 四葉はみんなとちがって吹っ切るためのキスでした。 泣いていたのはつらかったです。 四葉が勉強をがんばっていたら自信をもって話せたんでしょうね。 途中まではがんばったけれどなかなか成果がでず、部活の代役ににげてしまいました。 四葉は風太郎の恋人から外れてしまったようです。 んー、今のところ可能性が高いのって誰なんでしょう? 風太郎の顔を見ても判別がつきません。 というか、風太郎は全員とキスして会うのか。 修羅場を感じます。 次号が楽しみですね。 巻末コメント見てきました。 「 しもふりチューブおもしろい」 芸能人かな? しもふり明星の二人がyoutubeの企画に挑戦します。 漫才を100本アップを目標に投稿していました。 ポケモンジェスチャー、パチンコ、質問コーナーと様々ですね。 100本もあるなら毎日1本みて3ヵ月分。 趣味の合う動画がいっぱいみれるなんて羨ましいです。 動画は漫画を描きながらきけるので相性よさそうですね。 次回の週刊少年マガジンの発売日は11月6日。 五等分の花嫁【第108話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう! 前話はこちら! 埼玉県生まれ。 東京都八王子のとある大学卒のトークが苦手な社会人。 大学卒業後、東京のIT関連会社に就職しましたが、デスマーチの連続による残業過多と関連資格の休日勉強要請で精神的に限界を感じ転職。 以後、10年以上現在の会社で電話対応やデータ入力、時に配達等の仕事を継続しています。 このサイトを始めた理由は自分が興味を持っている日々の事柄についてまとめると共に他の方々の目にも留まっていただければ、と思ったからです。 またこのサイトを通じて世界で起こっているたくさんのことをアウトプットすることで自身の成長に繋げていきたいと思っています。 目標は「とてもたくさんの人に感謝して、とてもたくさんの人に感謝される」。 声を大にして言いたいことは「死ぬくらいなら辞めましょう」 趣味は温泉。 会社近くのスーパー銭湯で岩盤浴と炭酸浴を楽しむのが密かな癒しです。 今一番好きな漫画はキン肉マン。 好きな小説は「銀河英雄伝説」「燃えよ剣」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」 サッカーJリーグの浦和レッズのサポーターです。 毎回魂こめて応援しています!.

次の